1:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 22:23:08.38 :kj2COS900

春香「雰囲気が好きなんだよねぇ」 

真「うん、いいお店だね」 

 ボクは765プロという事務所に所属して、アイドルをやっている。 
 その事務所から電車で2駅ぐらいのところにある喫茶店に、友人のアイドル・春香と一緒にやってきていた。 

店員「こちら、メニューになります」 

真「あ、ありがとうござい……」 

店員「……? あの、なにか?」 

真「い、いえっ! なんでもっ」 

 店員さんからメニューを受け取ろうとして、手が何度も空を切った。 
 春香が苦笑いをして、メニューをかわりに受け取る。 


2:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 22:25:22.00 :kj2COS900

春香「あのバイトの店員さん、この間私が落としたお守り、取っておいてくれたんだ」 

真「へ、へぇ……そう、なんだ」 

春香「真? どうしたの?」 

真「いや……なんでも」 

 窓際の席、横においてある観葉植物を撫でる。 
 ボクは、初めて自分の耳が赤くなっていく音を聞いた。ような……気がした。 

春香「……暑いの?」 

真「ううん、大丈夫。メニュー、見ようよ」 

春香「それもそうだね」 


3:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 22:27:43.27 :kj2COS900

真「うーん、どれがおいしいの?」 

春香「私は、いつもアイスティーとレアチーズケーキだよ。 
   すっごく合うんだぁ」 

真「じゃあ、ボクはそれで」 

春香「私も、いつものメニューにしようっと。……すみませーん」 

店員「はい、少々お待ちください」 

 男の人だけれど、少し高めの声。 
 店員さんは、そんな声だ。 

春香「レアチーズケーキと、アイスティー2つずつ。以上です」 

店員「かしこまりました」 

 店員さんが真横で注文を伝票に書いている間、 
 ボクはずっと俯いていた。木のテーブルの模様を目で追っていた。 


4:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 22:29:18.18 :kj2COS900

春香「……真、もしかして体調悪いの?」 

真「へっ? い、いやいやっ! ぜーんぜん。元気は、有り余ってるよ?」 

春香「それにしては、あんまり元気そうじゃないけど……」 

真「気にしないでっ」 

春香「そう? ……事務所じゃあ、普通だったもんね。大丈夫か」 

真「そうそう」 

春香「そういえば、ついに来るらしいプロデューサーさん、明日の午後だって」 


6:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 22:31:36.53 :kj2COS900

真「へぇ」 

 765プロダクションは、アイドル候補生が多い中、 
 社長の気に入るプロデューサー候補が居ずに、ほとんどがデビュー出来ずにいた。 

春香「はやく私も、竜宮小町みたいになりたいなぁ」 

 竜宮小町というのは、同じ事務所で早くデビューしたユニットだ。 
 伊織、あずささん、亜美。プロデュースは、元アイドルの律子が行っている。 

真「そうだね、歌を歌って、踊って、いっぱいテレビに出て」 

春香「美希の言葉を借りるなら、”キラキラ”したい」 

真「そうだねぇ。美希は多分、プロデューサーが来たらすぐにデビューできると思う」 


7:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 22:33:24.52 :kj2COS900

春香「美希は才能があるけど、やる気があんまり……」 

真「やる気さえあればなぁ」 

春香「ヘンにやる気があって、他に移籍とかされても困るけどね」 

真「ははっ、確かに」 

 アイドルの事務所に入ったはいいものの、プロデューサーが居なければ 
 オーディションに出るための曲も、衣装も、決められない。 
 ボク達は正直、困っていた。 


8:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 22:35:53.72 :kj2COS900

 店員さんがやってきて、アイスティーをボクの目の前に置く。 
 春香は、アイスティーを置かれて軽く会釈をしていた。 

店員「お待たせしました、アイスティーです。ケーキは、もう少々お時間をいただきますね」 

春香「はーい」 

 店員さんがペコリと一礼して、離れていく。 

真「……顔が、見らんないや」 

春香「……ねえ、真。もしかしてさ」 

真「うん?」 

春香「あの店員さんに一目惚れでもしちゃったんじゃないの?」 

 春香はいたずらに笑う。”冗談”を言ったつもりなんだろうか? 


9:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 22:37:25.43 :kj2COS900

 これは一目惚れなのかな。 

真「わかんない、わかんないけど」 

春香「……」 

真「わけが分からない、胸の痛みってヤツがさ」 

春香「…………あるの?」 

真「うん」 

春香「…………」 

 春香がストローを使って、アイスティーを一口。 


10:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 22:39:34.54 :kj2COS900

春香「……そっ、か」 

真「……ボク、普段こんな気持ちにならないんだけどねぇ」 

春香「……恋、だと思うよ」 

真「正解がないと、安心出来ないんだよね。どんなことにも」 

春香「……正解?」 

 アイスティーの味が口の中に広がる。 
 ほんのりと、レモンの香りがした。 

真「……これって、恋なのかな?」 

 他のお客さんの上品な笑い声が聞こえる。 


11:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 22:42:07.13 :kj2COS900

春香「……私は、分からないな……。ごめんね、真」 

真「いや、いいんだ。ボクもよくわかってないし」 

春香「あっ、来たよ」 

真「…………」 

 店員さんがやってきた。顔は見ていないけれど、 
 腰の辺りに付いている『マキハラ』という手書きのネームプレートがある。 

店員「お待たせしました、レアチーズケーキです」 

 先に、ボクの目の前に置かれた。相手の顔も見られずに、軽く会釈をする。 
 春香は店員さんの顔をちらっと見ていた。 


12:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 22:43:37.77 :kj2COS900

 店員さんが去って、春香が「真」とボクを呼んだ。 

真「……なに?」 

春香「顔、見られた?」 

真「いや……見てない」 

春香「どうして……」 

真「なんだか、恥ずかしくて……」 

春香「ていうか、顔も見ていないのに一目惚れしたの?」 

真「声、で……」 


13:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 22:45:14.54 :kj2COS900

春香「声……」 

真「……いいよ、別に」 

春香「良くないよ!」 

真「食べよう? ケーキ」 

春香「むぅ…………いただきます」 

真「いただきます」 

 フォークを手にとって、さくっと切る。 
 一口。 

 甘みが口の中にスッ、と入ってきた。 
 上品な甘さだ。 


14:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 22:47:19.46 :kj2COS900

春香「やっぱり、美味しいなぁ。このケーキ」 

真「うん、美味しいね」 

春香「真、また一緒に来てくれない?」 

真「もちろん」 

春香「店員さんもいるし」 

真「…………」 

 急に恥ずかしくなった。 

真「恋をするつもりなんて、これっぽっちも無かったから」 

 自分の心に覚悟がないんだ。 

春香「……そういう時に限って、恋しちゃうもんらしいよ。学校で友達が言ってた」 


15:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 22:49:37.19 :kj2COS900

 アイスティーとレアチーズケーキは、おしゃべりと共に消えていった。 

春香「そろそろ、出ようか。事務所に戻ろうよ」 

真「そうだね。お仕事はないけれど……」 

春香「もー」 

真「あっ、これお代ね」 

春香「うん。じゃあ、2人分払っちゃうね」 

 春香と外食をした時は、ボクの分を事前に春香に渡すのが、 
 なんとなくのルールになっていた。 

 意識したこともなかったけれど、今回はとても助かる。 
 あの店員さんにお釣りを渡されると、手が震えてしまいそうだ。 
 ……顔も見ていないのに、おかしな話で。 


16:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 22:52:02.04 :kj2COS900

 春香がレジに立っているのを、喫茶店の入口から見る。 

 ふと、携帯電話に手が伸びた。 
 カメラ機能。ボクはほとんど、使ったことがない。 

 レジを打つ横顔だけでも、収めたい。 
 シャッターに指を伸ばす。 

 画面に店員さんが写って、少し手が震えた。 
 それと同時に、小さな小さな、シャッター音がした。 

店員「ありがとうございました」 

春香「また、来ます」 

 春香がこっちに向かってくる。 


17:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 22:54:29.02 :kj2COS900

春香「お待たせ」 

真「うん」 

 携帯の画面を見る。先ほど撮影した写真を、見る。 
 ……使い方を知らなかったから、ピンぼけだった。 

春香「……? それは?」 

真「……店員さんと、春香」 

春香「写真撮ったの?」 

真「ピンぼけだけどね」 

春香「……なんだか、真がとっても可愛く見えるよ」 


18:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 22:56:15.18 :kj2COS900

真「へっ!?」 

 変な声が出た。 
 駅の改札が見えてくる。 

春香「恋する乙女、って感じじゃん」 

 春香は冷やかすように、甘い声だった。 

真「あはは……」 

 ボクは携帯のふたを、ゆっくりと閉じた。 


19:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 22:58:49.77 :kj2COS900

 その後、事務所でも、家でも、あの写真を見ていた。 
 ピンぼけで、顔は見えない。あの時、少しだけ見た横顔から、 
 脳内で勝手にモンタージュを作る。 

 ……見ていないから当たり前だけど、思い出せない。 

 恋をしているのだろうか。 
 恋をしたことがないから、分からない。 
 分からないけど……。 

 ――もう一度、あの店員さんに会いたい、って思った。 

 次の日の朝、ボクは事務所に寄らず、直接喫茶店に行ってみた。 
 10時。春香は昨日、このお店は9時半からやっていると言っていた。 


20:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 23:01:06.14 :kj2COS900

 ドアを押して、店内へ。 
 若い女性が「いらっしゃいませ」と、席へ案内してくれる。 

 店内を見渡す。若い男性の店員さんが居なかった。 

真「すみません」 

女性店員「はい」 

真「アイスティーを、ひとつ」 

女性店員「かしこまりました」 

真「あと……すみません、マキハラさんっていう店員さんは」 

女性店員「マキハラ君は、昨日で辞めちゃったんですよ。 
     お仕事の出来る人だったから、大変です。……お知り合い、ですか?」 

真「い、いえっ!」 


21:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 23:03:11.21 :kj2COS900

 女性の店員さんの「ごゆっくりどうぞ」という声は、あまり響かなかった。 
 ほとんどお客さんの居ない、店内。 
 モーニング用のメニューがテーブルにおいてある。 

真「はぁ……」 

 思わず、溜息が漏れた。 

 ボクのハートを盗んだあの店員さんは、もうどこかへと行ってしまった。 

 運ばれてきたアイスティーを、考え事をしながら4分ほどで飲み干し、 
 ゆっくりと店を出た。 


22:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 23:05:02.18 :kj2COS900

 ホームで電車を待っていると、携帯が震えた。 
 春香からの着信だ。 

真「もしもし」 

春香『もしもし、真? 今、どこ?』 

真「駅だよ。これから、事務所に行くよ」 

春香『今日は新しいプロデューサーさんが来るんだからねっ!』 

真「ああ、そうか」 

 今日だ、プロデューサーが来るのは。 
 すっかり忘れていた。それほどまでに、店員さんのことで頭がいっぱいだったんだ。 


23:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 23:06:31.80 :kj2COS900

春香『事務所で、待ってるからね』 

真「うん」 

 電話が切れる。 
 携帯のふたを閉じると、電光掲示板の文字が変わり、接近音がした。 

 ……忘れよう。 
 そのほうが、きっといいんだ。 


24:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 23:08:12.40 :kj2COS900

 事務所に着くと、新しいプロデューサーに心躍るアイドルたちが 
 いろんなところで騒いでいた。 

真「おはよう」 

千早「おはよう、真」 

美希「あ、真クンなの! おはよー!」 

春香「おはよう」 

真「……新しいプロデューサー、って言うのは?」 

春香「もうすぐ、社長に電話がかかってくるよ」 

亜美「メッチャ楽しみだよねっ!」 


25:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 23:10:30.77 :kj2COS900

社長「時間的には、ちょうど……おっ、かかってきた!」 

やよい「うっうー! 楽しみですっ!」 

雪歩「で、でも男の人なんだよね……」 

響「大丈夫さー。雪歩なら、すぐに慣れるよ」 

社長「うん、うん……うん? キミぃ、そこは違うビルだよ。いいかね、 
   そこで待っているんだぞ! すぐに迎えに行く!」 

貴音「高木殿。わたくしも、同伴してもよろしいでしょうか?」 

美希「ミキも、早く会いたいって思うな」 

社長「うん、いいぞ。では、全員で行こうか」 


26:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 23:12:50.00 :kj2COS900

社長「あー……でも、事務所を開けるのは……。 
   音無くんは買い出しだから、音無くんが帰ってきた時に誰もいないと、少し……」 

真「じゃあ、ボクここで待ってますよ」 

社長「え、いいのかい?」 

真「ええ。……来たばかりで、動きたくなくて」 

社長「では……留守番を任せてもいいかな?」 

春香「真ー、一緒に行こうよー」 

真「あはは、ボクは疲れてるから、ちょっとここで待ってるよ」 

社長「では……頼むよ。みんな、行こう」 

真美「レッツラゴー!」 

伊織「どんなやつかしらね」 


27:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 23:13:55.71 :kj2COS900

律子「やーっと、楽になれるわ……」 

あずさ「律子さん、手をつないでも……?」 

律子「もちろん、むしろ繋がせて下さい、迷っちゃいますから!」 

 ドアが閉まる。一気に、静かになった。 

真「……ふぅ」 

 ソファに深く腰掛け直すと、眠気が襲ってきた。 
 少し、眠ろうか。 


28:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 23:15:55.57 :kj2COS900

 ピンポーン、とインターホンが鳴った。 
 この間社長がつけたばかりの、真新しいインターホン。 

 それで、目を覚ました。 
 どうしよう、来客だとしても、ボクだけだ。待ってもらうしかないのか。 

真「はーい」 

『すみませーん、今日からここでプロデューサーをやらせてもらうんですけどー』 

 ボクの好きな声だ。 

真「えっ? あの……さっき社長が迎えに行ったはずじゃあ」 

『なんだか着いちゃったので……』 

真「とりあえず、開けますね」 

『お願いします』 


29:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 23:18:05.90 :kj2COS900

 ガチャリ、とドアを開ける。 
 そこにいたのは…………。 

P「今日からここでプロデューサーをやります、マキハラです。 
 って……あれ、キミは」 

 ボクがモンタージュに失敗した……。 

P「……昨日、あの喫茶店に居なかった?」 

 横顔すらも写真に収められなかった……。 

真「……はい、居ました」 

P「ああ、やっぱり。可愛いお客さんだ。そうか、アイドルだったのか」 

 ボクのハートを盗んだ犯人は、微笑んだ。 


30:◆K8xLCj98/Y:2013/03/25(月) 23:19:26.03 :kj2COS900

 原曲は槇原敬之の「モンタージュ」です。 
 後半の展開は歌詞から多少それてますが、許してください。 

 真は恋する乙女が一番似合うと思います。 
 お読みいただき、ありがとうございました。お疲れ様でした。 

 
元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1364217787