1:2013/12/31(火) 23:37:35.66 :zJ3GdvMS0

 春香はいつか、自分にこう言ったよね。 
 孤高が強いんじゃない、って。 

 その意味は全然分かっていなかった。しかも、何言ってるんだコイツ、って聞こうともしなかった。 

 でも――いま分かったよ。 

「プロデューサーさん! 私達、勝ったんですよ!」 

「落ち着け春香! まだ舞台の上なんだから!」 

 結束が人を強くする。人はひとりじゃ、いられない。 



2:2013/12/31(火) 23:38:04.33 :zJ3GdvMS0

 ―――― 
 ―― 

 クリスマスの合同ライブから一日が経った。 
 同時に、961プロを解雇されてからも一日、経った。 

「……寒い」 

 お気に入りのコートを着て、ひとり外に出る。 
 寒さを和らげるのはこのコートと、変装用のマスクだけ。 
 特に何をするわけでもない。散歩ってやつだ。 

 家族は連れてきていない。なんとなく一人になりたかったから。 


3:2013/12/31(火) 23:38:43.29 :zJ3GdvMS0

 なんとなく電車に乗って、適当な場所で降りる。 
 電車に乗るだけで良かったのに、地下鉄では景色が見えなかった。 

「なんか食べながら歩こうかな」 

 駅から少し離れたところにあるコンビニに入った。 

『自由な色で……描いてみよう……』 


4:2013/12/31(火) 23:39:35.21 :zJ3GdvMS0

 思わず身体がこわばる。 

 店内で流れていたのは『Colorful Days』。 
 765プロが全員で歌った――自分たちに勝利した曲だった。 

「……肉まん、ひとつください」 

 本当はジュースなんかも買おうと思っていたけれど、すぐにレジに向かってしまった。 


5:2013/12/31(火) 23:40:06.99 :zJ3GdvMS0

 コンビニを出て、マスクを外す。 
 自分はもうアイドルじゃないんだから、変装なんて必要ないんだ、とゴミ箱に捨てた。 

「風が強いな」 

 これからどうしようかな。トップアイドルになると言って飛び出した手前、すぐに戻るわけにもいかないぞ。 
 いろいろと考えながら肉まんの包み紙を剥がして、思いっきりかぶりつく。 
 つもりだった。 

「……響ちゃん!」 


6:2013/12/31(火) 23:40:39.45 :zJ3GdvMS0

 肉まんから顔を上げた時、丁度反対方向から歩いてきたのは、昨日自分たちに勝った相手。 
 センターの天海春香その人だったからだ。 

「響ちゃん、どうしてここに居るの?」 

「は、春香こそどうして」 

「えっ? だってここは、ほらっ」 

 春香に手をひかれる。 

「ちょっ、ちょっと」 


7:2013/12/31(火) 23:41:12.22 :zJ3GdvMS0

 すぐに大通りに出てきた。 
 春香が指をさした先にあった小さなビル。その窓にはガムテープで「765」と文字が作られている。 

「私達、765プロの事務所があるからだよっ」 

 こんなところにあったのか。 

「知らなかった」 

「え、美希に聞いたりしなかったの?」 

「うん。あんまり765プロの話は、しなかったからな」 


8:2013/12/31(火) 23:42:22.09 :zJ3GdvMS0

「だ、だよねぇ」 

 春香は申し訳無さそうに笑う。 

「それに……社長の方針で、あんまりプライベートで会っちゃいけなかったんだ」 

「……そうだったの?」 

 春香が765プロの方向へ歩き出す。真横とはいかないまでも、春香の少し斜め後ろについた。 


9:2013/12/31(火) 23:42:53.22 :zJ3GdvMS0

「うん。王者は孤高だから、って」 

 ふと、我に返る。 
 なんで自分は春香にこんなことを話してるんだ? 
 春香はライバルなんだ。黙ってりゃいい。帰ればいい。 

 どうせ春香だって、今まで戦ってきたアイドルと同じだ。同じなんだ。 
 961プロと自分たちをひたすら貶して、蔑んで、泣きながら帰っていく。 


10:2013/12/31(火) 23:43:45.55 :zJ3GdvMS0

 自分の弱みなんかを話したら、つけこまれて――。 

「……響ちゃん、無理してたんだね」 

 あいていた右手を、握られる。 
 ……強がっていた、春香の気持ちを無碍にしかけた自分の心が、ずきんと痛んだ。 

「私、全然気づかなくて……ごめん、ごめん響ちゃん」 

 ……ライバルだった、だけだ。自分はアイドルじゃなくなった。 
 無理に虚勢を張る必要はないんだ。 


11:2013/12/31(火) 23:44:11.48 :zJ3GdvMS0

「……春香」 

 春香の横に進んでいく。肉まんをまた包みなおして、鞄にしまった。 

「自分、春香と友達になりたい」 

 そんなことを言って、ちょっと笑ってみる。 
 この娘は、たぶん。 

「――――私なんかで、響ちゃんの友達がつとまるかな……?」 

 アイドルである前に、ひとりの女の子だ。 


12:2013/12/31(火) 23:45:40.16 :zJ3GdvMS0

「あらためて、よろしくね。響ちゃん!」 

 春香はそう言って笑顔で自分のことを抱きしめてくれた。 
 沖縄から東京に出てくるときに母親にもらった以来のぬくもり。 

 ユニットのメンバーと仕事はしても、気持ちはひとりのままだった自分には、あまりにも、温かくて。 

「響ちゃん……どうして泣いてるの?」 

「……え」 


13:2013/12/31(火) 23:46:58.33 :zJ3GdvMS0

「ご、ごめんっ、私響ちゃんになにかしちゃったかな……」 

 春香の優しさで、視界が揺れる。 
 喋ろうとしても、うまく言葉が出てこなかった。 

 でも、一言だけちゃんと伝えることが出来た。 

「ありがとう」、って。 


14:2013/12/31(火) 23:47:56.77 :zJ3GdvMS0

 春香は自分の手をとって、765プロへと招いてくれた。 
 そこは今まで見下していたアイドルのみんなが、優しく自分を迎え入れてくれる場所で。 

 あんなに酷いことをしたのに。酷いことを言ったのに。 
 そんなこと気にすんな、って頭を撫でてくれた。 

 だから自分は、いま――。 


15:2013/12/31(火) 23:49:26.49 :zJ3GdvMS0

「いけるか、響?」 

「えへへ、任せておいてよ!」 

「なら大丈夫だな。なにぶん初めてのカウントダウンライブだから、大きな舞台の経験者じゃないと、って」 

 12月31日のアイドル事務所合同カウントダウンライブ。 
 765プロは年越しの前、1分前から始まるカウントダウンの直前の時間を託された。 

 本当は春香がセンターだったんだけど……緊張でちょっと空回りしちゃって。 
 それで大舞台の経験が豊富な自分が抜擢された、ってわけ。へへっ。


16:2013/12/31(火) 23:51:15.52 :zJ3GdvMS0

「みんな、ちょっといいかな」 

 舞台袖で自分は、765プロのみんなを集めて言った。 

「どうしたの、我那覇さん?」 

「ちょっと言いたいことがあって。……大丈夫、すぐ終わらせるから」 

 一度咳払いをして、気持ちを落ち着かせる。 
 自分だけじゃなく、美希と貴音も迎えてくれたみんなに、どうしても伝えたいことがあった。 


17:2013/12/31(火) 23:54:33.80 :zJ3GdvMS0

「自分、今年は本当に忙しない年でさ」 

 美希、真、やよいが真面目な顔で自分を見つめている。 
 伊織も、あずささんも、亜美も真美も、じっと聞いてくれていた。 

「961プロをクビになって、どうしようもないときに、765プロに入れてもらって」 

 ――春香を見る。 
 自分の手を、最初にひいてくれた人。


18:2013/12/31(火) 23:57:20.63 :zJ3GdvMS0

 美希と貴音が頷いた。 
 フェアリーがこうしてユニットとしてやっていけてるのは、みんなのおかげだ。 

「本当に、本当に……みんなには感謝してる」 

 してもしきれない。 
 千早の、雪歩の、律子の、ぴよ子の瞳が、自分の背中を後押ししてくれる。 


19:2013/12/31(火) 23:59:28.72 :zJ3GdvMS0

「だから……自分、センターとして本気で、みんなに恩返しするつもりで演りたいんだ!」 

 言えた。 
 恩返しは、最高のステージで魅せたい。 

 円陣を組んだ時も、一言頼むとプロデューサーに託された。 


20:2014/01/01(水) 00:00:02.70 :7PWndSay0

「みんな、ありがとう! 全力でやろう、輝きの向こう側へ!」 

 さあ、リスタートだ!


21:◆K8xLCj98/Y:2014/01/01(水) 00:00:41.11 :7PWndSay0

 今年もよろしくお願いします。 
 お読みいただき、ありがとうございました。お疲れ様でした。


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1388500655