1:2013/11/09(土) 16:53:47.48 :XEqHQ1jI0

春香「今日もレッスン、疲れたな」 

春香「お腹空いたけど……もう深夜か。早く寝ようっと」 

P「とぅううううううううっ!!」パリーン! 

春香「っ!?」


2:2013/11/09(土) 16:57:54.89 :XEqHQ1jI0

P「吉野家で牛丼特盛を買ってきた! これに卵を入れてだな!」 

春香「ぷ、プロデューサーさん、何を……!?」 

P「もちろん七味はかける。紅ショウガもマシマシだ」 

春香「プロデューサーさん、何をっ!」


3:2013/11/09(土) 17:01:14.17 :XEqHQ1jI0

P「はふっ、はふはふっ! んぐっ、もりもり」 

春香「止めてっ! 止めてください!」 

P「牛丼はすきっ腹にずどんと来るなぁ! ガツガツ食べてもなお腹が減る」 

春香「イヤ……イヤ……!」フルフル 

P「んぐっ、もぐもぐっ、ずるる」 

春香「あ、ああ」


4:2013/11/09(土) 17:04:18.01 :XEqHQ1jI0

P「最後に飲むお茶が、また美味いんだ」ニコッ 

春香「――――」 

P「ごきゅっ! ごきゅっ! ごきゅっ! ぶはーーーーっ!」 

春香「」 

P「ああ、美味かった! じゃあな、春香! また明日!」シュバッ! 

春香「……あ゛ぁ゛あ゛あぁ゛ああ゛あ゛あ゛ぁぁぁああ!!!!」


8:2013/11/09(土) 17:11:28.07 :XEqHQ1jI0

~二日目~ 

あずさ「クッキーぐらいなら……いけない、我慢よ、私」 

あずさ「アイドルなんだもの。余計なお肉は天敵よ」 

あずさ「ここは早く寝て、朝ごはんをたっぷり食べましょう」 

P「あずささーん! あずささん、起きてますかーっ!?」ドンドン 

あずさ「あら? プロデューサーさん、こんな時間に何かしら。はーい」ガチャ 

P「ミックスフライを買ってきました! 炊き立てご飯も、ほら!」 

あずさ「」


11:2013/11/09(土) 17:14:57.97 :XEqHQ1jI0

P「白身魚のフライにはね、タルタルソースをたっぷりかけて」 

あずさ「ぷ、プロデューサーさん?」 

P「一口カツにはウスターソースをかけましょうね」 

あずさ「プロデューサーさん、何を」 

P「エビフライにはレモン塩がいいですよ。エビの揚げ物はやっぱり塩です」 

あずさ「何を、しているんですか……」


12:2013/11/09(土) 17:18:24.66 :XEqHQ1jI0

P「炊き立てご飯を丼によそって……それでは、いただきます!」 

あずさ「あ、あぁっ」 

P「シャクッ! はふはふ、んぐ。シャクシャクッ! はむ、ほふ」 

あずさ「ああ、そんなっ……! そんなにご飯を頬張って……っ!」 

P「いやあ、揚げ物とご飯って、もぐ、最高の組み合わせですよね」 

あずさ「でも……でもっ!」


13:2013/11/09(土) 17:19:41.67 :XEqHQ1jI0

P「最後に飲むビールが、また美味しいんですよね」ニコッ 

あずさ「――――」 

P「ごきゅっ! ごきゅっ! ごきゅっ! ぶはーーーーっ!」 

あずさ「」 

P「ああ、美味しかった! それじゃあ、あずささん! また明日!」シュバッ! 

あずさ「……あ゛ぁ゛あ゛あぁ゛ああ゛あ゛あ゛ぁぁぁああ!!!!」


16:2013/11/09(土) 17:35:08.12 :XEqHQ1jI0

~三日目~ 

雪歩「ああ、お腹すいたな」 

雪歩「でも、我慢、我慢。夜食はおでぶちゃんへの第一歩ですぅ」 

ジュージュー 

雪歩「……? 庭から変な音が……?」ガラッ 

P「よう、雪歩。先にいただいているぞ!」 

雪歩「プロデューサー!?」


17:2013/11/09(土) 17:38:23.87 :XEqHQ1jI0

P「家焼肉もそんなに捨てたもんじゃない。肉が良ければ十分食える」 

雪歩「プロデューサー、何を」 

P「ホットプレートでも美味しくいただけるが、ここはあえて炭火コンロにした」 

雪歩「何を」 

P「これか? これはカルビだ」


20:2013/11/09(土) 17:42:02.52 :XEqHQ1jI0

P「両面にさっと火を通してな。焼けたカルビを濃厚なタレにつける!」 

雪歩「ダメです、ダメですぅ……」フルフル 

P「すかさずカルビを口の中に入れる。弾ける肉汁と脂のハーモニー」 

雪歩「ああっ!」 

P「ここでご飯の登場だ。焼肉と白飯は不可分。肉をおかずにもりもりご飯を食べるんだ」 

雪歩「あ、ああ……お肉と、ご、はん……」フラフラ


21:2013/11/09(土) 17:43:06.15 :XEqHQ1jI0

P「最後に飲むウーロン茶が、また美味いんだ」ニコッ 

雪歩「――――」 

P「ごきゅっ! ごきゅっ! ごきゅっ! ぶはーーーーっ!」 

雪歩「」 

P「ああ、美味かった! じゃあな、雪歩! また明日!」シュバッ! 

雪歩「……あ゛ぁ゛あ゛あぁ゛ああ゛あ゛あ゛ぁぁぁああ!!!!」


22:2013/11/09(土) 17:50:19.07 :XEqHQ1jI0

~四日目・幕間~ 

P「……」 

千早「ぼりっ、ぼりっ」カロリーメイト 

P「……」 

千早「ごくっ、ごくっ」ミネラルウォーター 

P「……」 

千早「さくっ、さくっ」カロリーメイト 

P「……」 

千早「……プロデューサーも食べますか? 晩ご飯」スッ 

P「いや……いい……」


26:2013/11/09(土) 18:21:43.07 :XEqHQ1jI0

~五日目~ 

やよい「……」 

やよい「…………」 

やよい「……お腹が空いて、眠れない」 

やよい「もやし、食べちゃおうかな?」 

やよい「でもでも、夜食は習慣化するから気をつけなさいって、伊織ちゃんが言ってたし……」 

やよい「うーん……う?」 

やよい「この匂いは……」フラフラ


27:2013/11/09(土) 18:24:18.71 :XEqHQ1jI0

P「ズルっ! ズルルルルルーッ!!」 

やよい「プロデューサー!?」 

P「シャキッ! シャキシャキッ! ズルルーッ!」 

やよい「何でうちの居間に……」 

P「ずずずずずー」 

やよい「うっうー! 話を聞いてくださいー!」


28:2013/11/09(土) 18:27:03.95 :XEqHQ1jI0

P「マルタイ棒ラーメンを、茹でるだろう?」 

やよい「う? は、はい」 

P「スープを入れた後に、もやしを一袋、ドバっと入れるだろう?」 

やよい「贅沢ですー!」ウッウー! 

P「ネギはあえて冷凍ネギだ。いい意味でネギ臭さが増すからな」 

やよい「たっぷり入ってますー!」ウッウー!


31:2013/11/09(土) 18:33:48.24 :XEqHQ1jI0

P「野菜と麺だけだから、どこまでも食える」 

やよい「はい、どこまでも飽きませんー!」 

P「もやしと麺の」 

やよい「ステキなハーモニーですー!」 

P「はい」 

やよい「ターッチ!」 

P・やよい「「イエイ!」」 

P「ごちそうさまでした。それじゃ、また明日な」シュバッ! 

やよい「はーい!」


38:2013/11/09(土) 19:04:38.89 :XEqHQ1jI0

~六日目~ 

伊織「……お腹空いたなぁ」 

伊織「アイスクリームが食べたい気分」 

伊織「……はっ!? ダメよ! スーパーアイドル伊織ちゃんが夜食だなんて!」 

伊織「完璧なスタイルを維持するためには、夜食は大敵。我慢よ、我慢」 

伊織「お水だけ飲んで、このまま寝ちゃいましょう」 

P「伊織いいいぃぃぃぃ」パリーン! 

伊織「きゃああああああっ!?」


39:2013/11/09(土) 19:06:52.09 :XEqHQ1jI0

P「よかった。起きてたか」 

伊織「なっ、なに、ななな!?」 

P「今日はな、ちょっとここで食べようと思ったんだ」 

伊織「何よ、あんた、何を……」 

P「アイスクリーム」 

伊織「」


40:2013/11/09(土) 19:10:12.91 :XEqHQ1jI0

P「やっぱりスーパーカップのバニラ味だよな。大安定だよ」 

伊織「ちょ、ちょっとあんた……止めなさいよ」 

P「そのまますくって一口。うーん、この人工的な高級感」 

伊織「止めなさいってば!」 

P「半分ぐらい食べたら、ブラックの缶コーヒーを注ぐんだよ。うーん、カフェバニラ!」 

伊織「止めてぇ……止めなさいよぅ」ポカポカ


41:2013/11/09(土) 19:15:27.69 :XEqHQ1jI0

P「最後によーく練って、水あめみたいにねっとりと食べる。たまらんな」 

伊織「うう、ううぅ……」 

P「あー、美味しかった。じゃあな、伊織。夜更かしするなよ」シュバッ! 

伊織「ううう……」 

伊織「……新堂ー!」 

新堂「ここに」 

伊織「すーぱーかっぷ? 買ってきてー!」 

新堂「ははっ!」シュババッ!


45:2013/11/09(土) 19:38:16.86 :XEqHQ1jI0

~八日目~ 

美希「あふぅ。今日も疲れたの」 

美希「こんな日は早めに寝るの」 

美希「じゃ、おやすみなさーい」 

P「よう、美希」ガラッ 

美希「あっ、ハニー!」 


46:2013/11/09(土) 19:46:38.05 :XEqHQ1jI0

美希「泊まりに来てくれたの? ハニー」 

P「いや、そうじゃなくてだな」 

美希「あっ! おにぎりいっぱい持ってるの!」 

P「おっ、目ざといな。おにぎり屋で買ってきたんだ」 

美希「いただきますなのー!」 

P「おう、いただきます」


47:2013/11/09(土) 19:49:12.72 :XEqHQ1jI0

美希「美希ね、おにぎりは生たらこが好きなの」 

P「そうか。俺は味噌カツとかが好きだな」 

美希「変わり種なの」 

P「おにぎり屋にはこういうのがあるからいいよな」 

美希「なの」


49:2013/11/09(土) 19:54:09.95 :XEqHQ1jI0

美希「だし巻玉子のおにぎりも美味しいね、ハニー」 

P「しょっぱいご飯と、甘い玉子の組み合わせがいいよな」 

美希「それにね、おにぎり屋さんのおにぎりは、のりがしんなりしているのがいいの」 

P「そうだな。パリッとしたのもいいけど、やっぱりのりはしんなりだな」 

美希「さすが、ハニーはわかっているの」 

P「ふふふ、そうだろう、そうだろう」 

P・美希「はははははは……!」 

こうして、二人の夜は更けていく。


51:2013/11/09(土) 20:03:19.06 :XEqHQ1jI0

~九日目・幕間~ 

P「小鳥さーんwwww お菓子買ってきましたよーwwwww」 

小鳥「あら、プロデューサーさん」 

P「ミックスナッツとかwwww 買ってきましたwwww」 

小鳥「わー! リッツのチーズサンドもあるじゃないですか! 私、これ、好きなんですよね」ガサガサ バリボリ 

P「えっ」 

小鳥「飲み物はビールでいいですよね? あっ、ポテチ開けてもいいですか?」バリバリ 

P「ひっ……!」 

小鳥「あっ、お酒入りのチョコ、バッカスまであるじゃないですか~。私を酔わせてどうするつもりだったんですか~?」グビグビ 

P「いえ、いいぇ」 

小鳥「あっ、サバ味噌の缶詰があるんです。持ってきますねー」 

P「ひええ……!」


57:2013/11/09(土) 20:23:19.58 :XEqHQ1jI0

~失われた七日目~ 

P「今日は誰の家で夜食を食べるか……ん? あれは貴音?」 

P「コンビニにいるなんて珍しいな。声をかけてみるか。おー……っ!?」ビクッ 

貴音「これと、これと、これと。このらぁめんも、捨てがたいですね」ポイッ ポイッ ポイッ 

P(カップラーメンの棚が……一掃されていく……!) 

貴音「かっぷぬぅどるは、これだけでは足りませんね。すみません、箱でいただけますか?」 

P「箱っ!?」 

貴音「なにやつ!」 

P「しまっ」 

◇ ◇ ◇ 

アイドルの家で夜食を食べると決めてから七日目。この夜の記憶だけが、なぜかすっぽりとPの頭から抜け落ちていた。 

P「何があったんだ……」 

貴音「トップシークレットですよ、あなたさま♪」


58:2013/11/09(土) 20:39:13.23 :XEqHQ1jI0

~十日目~ 

P「鍋を食べよー!」 

亜美「いえー!」 

真美「ひゅーひゅー!」 

響「鍋なんて久しぶりだぞ!」 

真「こたつと鍋の組み合わせはいいですよね……って、何でこのメンバーなんです?」 

P「いや、亜美真美は夜食とか気にしなさそうだし、響んちは俺が餌にされそうだし、真は(基礎代謝が)半端ないから意味なさそうだし……」 

真「??? わけ分かりませんよ、プロデューサー」 

P「まあ、深く考えるな」 

真「はあ」


59:2013/11/09(土) 20:46:03.07 :XEqHQ1jI0

亜美「兄ちゃん、兄ちゃん! もう開けていい?」 

P「言いながら開けるな。もうちょっと待て」 

真美「まだかな? まだかなー?」 

P「だから待てというに」 

響「自分、お腹ぺこぺこだぞ!」 

真「ボクもトレーニングがハードでお腹ぺこぺこです。まだですか、プロデューサー」 

P「うむ。そろそろ、かな?」


60:2013/11/09(土) 20:47:40.27 :XEqHQ1jI0

亜美「はい、決まり!」 

真美「んでは、ご開帳~!」 

響「おおー!」 

真「……って、んん? 白菜と、豚肉だけですか?」 

P「ふふふ、これが美味いんだ、これが」


61:2013/11/09(土) 20:53:50.45 :XEqHQ1jI0

P「大きな土鍋に豚バラと白菜をぎっちり詰めてな」 

P「少量の出汁、酒、醤油、塩を入れて、ふたを閉めて火にかけるんだ」 

P「待つことしばし。白菜から出る水分で、蒸し焼きのようにしてだな」 

響「なんだこれ!? すっごく美味しいぞ!」 

真「ほんと! 白菜はとろけるし、お肉はとってもジューシーで!」 

亜美「本当に白菜と豚肉だけ?」 

真美「隠し味があるんじゃないのー?」 

P「ないない。素材も味付けもシンプルなもんだ。柚子なんかを散らしてもいいけど、それは変化球みたいなもんで、やはりこの鍋は白菜と豚バラだけで……」 

響「うまうま」 

真「はふはふ」 

亜美真美「おかわりー!」 

P「聞いてないな、こいつら。まあ、いいや」


62:2013/11/09(土) 20:57:32.97 :XEqHQ1jI0

P「あー、よく食べたなー」 

響「自分、もう食べられないぞー……」 

真「あっさりしているのに、充実感がありましたねー……」 

亜美「もうこのまま」 

真美「眠りたい……zzz」 

P「デザートもあるんだがな」 

アイドルたち「っ!?」 

P「人気店の杏仁豆腐だ。鍋の後にはぴったりだぞ」 

アイドルたち「わーい!」 

P「やれやれ、現金なもんだ」


63:2013/11/09(土) 21:01:12.48 :XEqHQ1jI0

~十一日目・午前一時~ 

P「と、まあ、晩飯はこんな感じだったんだよ」 

春香「止めてください! 止めてください!」グゥゥ 

P「そういえば、前に貴音と行ったラーメン屋もよかったなあ。濃厚魚介豚骨がさ、こってりで」 

春香「……あ゛ぁ゛あ゛あぁ゛ああ゛あ゛あ゛ぁぁぁああ!!!!」 

おしまい


66:2013/11/09(土) 21:03:22.68 :XEqHQ1jI0

春香さんのように、みんなも夜食の誘惑には打ち勝とうな!(ゲス顔) 

それじゃ、次回も違うSSにて(・ω・)ノシ


67:2013/11/09(土) 21:08:43.19 :XEqHQ1jI0

P「律子ー! ローソンでおでん買ってきたぞ、おでん!」 

律子「私は大根と白滝で」 

P「何だ、女子大生みたいな組み合わせだなw」 

律子「……年齢的にはおかしくないはずですが?」 

P「ひっ!?」 

とか、事務所でいちゃいちゃしていた模様


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1383983627