1:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 22:12:25.88 :PrisNvL5o

千鶴「どうかした?ぼーっとしてる」 

P「?…ああ」 

P「悪い。なんでもないよ」 

千鶴「そう?」 

ライラ「お鍋はあったかくておいしくて、いいですねー」モグモグ 

晶葉「そうだな」 

ライラ「」ソウダ 

ライラ「…ライラさん今度はお鍋を目指しますです」ピーン 

晶葉「」ゴホッ 

P(平和だな) 

千鶴「さて。そろそろ具を足さないと……う、うどんはまだ早いかな…ふふふ……楽しみはとっておかないと……」フフフフ… 

P(平和だ)モグモグ 


2:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 22:14:39.99 :PrisNvL5o

晶葉「けほけほ」 

晶葉「ど、どうして急にそうなるんだ?」 

ライラ「あれ?」 

ライラ「わたくしなにかおかしなことを言いましたか?」モグモグ 

千鶴「ライラさん。口にものを入れたまま喋っちゃだめ」 

ライラ「…………」モグモグ 

P(食べるのに必死で喋らなくなったな)モグモグ 

千鶴「…あ、ごめ……その、べ、べつに喋っちゃいけないわけじゃ…」アワワ 

ライラ「あ、喋ってもかまいませんでございますか」モゴモゴ 

千鶴「だから飲み込んでから……もう、ふふ」 

晶葉「な、なべを目指すって…な、なにかの暗喩なのか?むむぅ」 

P(たぶん深い意味はないんじゃないかな…)モグモグ 


3:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 22:16:50.40 :PrisNvL5o

・・・・・・ 


ザー… 


P「…」カチャカチャ 

千鶴「手伝う?」ヒョコ 

P「ん?ああいいよ。作るのやってもらったしな」 

千鶴「そ、それはまあ」…ソウダケド… 

P「手があれちゃうとよくないし」 

千鶴「そっそれもまあ……た、大切にされてる…あぅ」 

P(大げさだ…)カチャカチャ 

ライラ「ライラさんもいますですよー」パパーン 

千鶴「わ…ら、ライラさん?」 

ライラ「はーい。ライラさんですよー」ニコー 

ライラ「なにかお手伝いすることはございますかー?」 

P「大丈夫だよ」 

ライラ「あら…大丈夫ですか。なにかお手伝いできれば節約の助けになるかと思いましたです……」ショボ… 

P(バイト感覚か) 

千鶴「ら、ライラさん。よだれよだれ」 

ライラ「むむぐ」 

P(現金だ) 


5:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 22:19:13.06 :PrisNvL5o

P「…」ザー… 

キュ 

P「じゃあ、えっと…食器を拭くのと、しまうのだけやってもらおうかな」 

P「そうしたらごほうびにアイスをあげよう」 

ライラ「!」アイスー 

千鶴「よだれよだれ…もう」 

ライラ「むぐむぐ」 

P「よろしくな」 

千鶴「はい。じゃあライラさん、やろっか」 

ライラ「おー、でございますー」ニヘー 

晶葉「助手よ喜べ!たったいま既存のロボに食器洗浄プログラムを実装したぞ!」ババーン 

P「いろいろおしい」 

晶葉「ん??」 


6:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 22:22:39.56 :PrisNvL5o

・・・・・・ 


晶葉「…」ペタペタ 

晶葉「むぅ……一歩間に合わなかったか。インストールに時間がかかるのが難点だなー…」アム 

ライラ「♪」アムー 

ライラ「アイスおいしいですねー」 

千鶴「そうね。…本来涼をとる食べ物だから、この季節にこたつで食べるのはなんだか……いいね」フフ 

ライラ「アイスはいいですよー」フフン 

P「なんでライラが誇らしげなんだ」モグ 

千鶴「ふふ」 

晶葉「……」アムアム 


7:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 22:23:50.01 :PrisNvL5o

晶葉「…うん、そうだな」パク 

晶葉「アイスの作れるロボでも考えた方が建設的かな」 

ライラ「おぉっそのような夢のようなことが」タラー 

晶葉「へへん♪天才にかかれば夢も夢ではないのだ!」フンス 

ライラ「おおぉー…では期待していますです。むむぐ」 

千鶴「……前掛けでもプレゼントしようかな」フム 

P(それはさすがにちょっと)モグモグ 


8:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 22:26:34.10 :PrisNvL5o

・・・・・・ 


ライラ「♪」ムフー… 

ライラ「なるほど、お年玉とはおいしいものでございましたかー。わたくし大変満足でございます」ペロ 

P「ん?」 

ライラ「え?」 

千鶴「みかん食べる?」 

晶葉「お、すまない…ふふ、こうしてみかんの皮をむいていると人の手というやつのすごさを思い知るな」モソモソ 

千鶴「そうね」モソモソ 

千鶴「…こたつでみかんって…不思議と、ほわほわってするから、そういうのも、人ってすごいなって思う……えへへ…楽しいし…」ニヘラ 

晶葉(…情報の管理は人が劣るか)モソモソ 

晶葉「…まあそれを可愛いと思わせるのも、思うのも人のすごさだな。うむ」アム 

千鶴「へ?な、なに?かわっ…可愛いとか??へ?」 

晶葉「なんでもないさ。ふふふ」 

千鶴「な、なにそれっ…もぉ…むぅ…あ、おいし」パク…ニヘ 


9:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 22:28:25.76 :PrisNvL5o

P「アイスはお年玉じゃないぞ。はい」 

ライラ「あ、そうでございましたか…そしてこれは??」カサ 

ライラ「!ぷ、プロデューサー殿っ」 

P「それがお年玉。はい、えっと、千鶴と晶葉にも」 

晶葉「おお。なんだかすまないな」 

千鶴「いいの?お給料以外でお金を渡すのは問題なのでは」 

ライラ「わわお金が入ってございますです!」ワーイ 

P「うん。それがお年玉」 

ライラ「?たまはどちらでしょう」キョロキョロ 

P「いやべつに玉では」 

千鶴「もともとはお餅だったとか」 

晶葉「現物支給か」 

P「表現が生々しいよ」 

ライラ「…そちらも捨てがたいですね…」タラー 

P「はは」 

千鶴「ふふ」 


10:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 22:30:32.15 :PrisNvL5o

・・・・・・ 


P「うちからじゃなくて、単に、俺が三人にあげたくてあげるだけだから気にしないでくれ」 

千鶴「そ、そう。……それもそれで逆に気にしちゃうけど…」 

P「正月まで仕事だったからな。大した金額も入れてないし」 

晶葉「いやいや。こういうのは渡すことに意味があるのだろう」 

P「かもな」 

晶葉「そ、そうだよな。へ、へへーん、天才も徐々に人びとの心の機微を掴めるようになって来たな…!」フフフ… 

P「そうだな」クス 


11:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 22:32:35.27 :PrisNvL5o

ライラ「これはライラさんの節約がはかどりますですよー」ニヘー 

P「使い道は人それぞれだからな。喜んでもらえてよかった」 

ライラ「よかったですー」ニコー 

千鶴「…」ピラ 

千鶴「お年玉かぁ……えへへ…」 

P(よかった)ウン 


12:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 22:34:20.27 :PrisNvL5o

・・・・・・ 


P「お疲れさま」 

千鶴「はい」 

晶葉「うむ」 

ライラ「お疲れ様でございました」ペコ 


パタン・・ 


13:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 22:36:32.57 :PrisNvL5o

P「明日も冷えそうだな」 

千鶴「うん」ハー… 

千鶴「んぅ…ライラさん、白衣だけだときっと寒いし…なにかまた、上着でも貸してあげなきゃ……」クシクシ 

P「…」 

千鶴「…?な、なに?」 

P「ああ、いや」 

P「鼻の上が赤くなってるなと。ライラの心配もいいけど、お前も寒くないようにな」キュ 

千鶴「ふぁ……ふ、は、はな…つかまないでっ」ブンブン 

千鶴「…あ、でもこうやってプロデューサーが暖めてくれるなら……べつにちょっとくらい寒くても、平気だし……ふふっというかその方が…へへ」フフフフフ… 

P「……」プニプニ 

千鶴「ふぎゅ」 


晶葉「その白衣にも内側にポケットがあってな。この小型カイロを仕込むとそれで十分ひと冬は越せるぞ」 

ライラ「おおなんと。これなら公園でもへっちゃらです」ポカー 

晶葉「へへん♪」 


14:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 22:38:29.29 :PrisNvL5o

P「千鶴がいいならいいけど」 

P「風邪はひかないようにな」 

千鶴「う、うん。気をつける」コクコク 

千鶴「…あ、あの」 

P「ん?」 

千鶴「…」エヘヘ 

千鶴「お年玉も、うれしかったけど。…その…それより」 

千鶴「これからも、私のこと、…ちゃんと……」 

P「…」 

P「うん。大丈夫。ちゃんと見てるよ」 

千鶴「…あ……、ふふっ」 

千鶴「ふふ、ふふ。不思議。言わなくても通じた……ね」 

P「そうだな」 


ライラ「あったかあったかですー」 

晶葉「喜んでもらえてなによりだ」ウム 

晶葉(まあ私は自分用のカイロの充電は忘れちゃったんだけどな!) 

晶葉「…くしゅ。うぅ…」ブル… 

ライラ「??」 


15:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 22:41:19.62 :PrisNvL5o

がやがや 


P「まだ人がたくさんいるな」 

千鶴「うん」 

P「そうだ、お雑煮とか売ってるかな」 

P「せっかくだしなにかお餅が食べられるなら、探してみようか」 

千鶴「あ、いいかも。ライラさんは喜ぶんじゃないかな…たぶん」 

P「そうだな。おーい」 


ライラ「? お呼びでございますかー?」 

晶葉「……、…」ムギュ 

P「…なにしてるんだ?」 

ライラ「アキハさんがおさむいそうですのでー」ギュー 

晶葉「……だそうだ。はぁ」 

P「…そうか」 

千鶴「仲良しね」クス 

ライラ「はい。さむいのはよくなくございますので、です」ギュゥ 

晶葉「……まあ…寒いよりは、ずっといいが……。ふふ」 

千鶴「そうね」 

P「そうだな」 


16:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 22:43:21.10 :PrisNvL5o

P「せっかく通りかかったし、なにか食べ物でも買おうかって」 

晶葉「いいな。じゃあ暖かくなれるものをだな」ズル 

P「そうだな」 

ライラ「おもち……きっともちもちなのでございましょう」ワクワク 

ライラ「…しかし、おいしいならきっとお高いものです……さっそくお年玉の出番というところでありましょうか…うぅ、でもごほうびのアイスはすでに先ほど……」ウアー… 

千鶴「な、悩んでるね。……悪いけどちょっと可愛いけど…ふふ」 

P(たしかに) 

ライラ「あうー」 

P「…いや、まあ買い食いくらいなら俺が出すぞ」 

ライラ「!!」ピコーン 

千鶴(可愛い…) 


17:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 22:45:55.30 :PrisNvL5o

ライラ「あっ…い、いえしかし」 

ライラ「これ以上プロデューサー殿のおさいふをあっぷくさせるわけにはです…」 

P「えらいけどよだれを拭いてから言おうな」 

晶葉「あっぷくってなんだ?」 

千鶴「あっぱく、じゃない?」 

晶葉「おぉなるほど…千鶴はかしこいな!」ウム 

千鶴「い、いやそんな」テレテレ 

ライラ「あっぷあっぷくでございます。むぐ」 

P(ちょっとうまいこと言いやがった) 


19:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 22:50:04.78 :PrisNvL5o

P「俺も食べたいんだけど、ライラにだけ我慢をさせたっておいしくないからな」 

ライラ「…おぉ、なるほど」 

ライラ「そうでございますね。ご飯は、おいしいですが、みなさんで囲むともっとおいしいです。お鍋です」 

P「うん。最後のはちょっとよく分かんないけど」 

晶葉(??…そういえば鍋になりたいとか、なんとか……、そういうことか。まあなんとなくだが) 

ライラ「ふんすです」ドヤァ 

P(胸は張ってるけど表情は変わってないから、そこまでどやってないな)クス 

晶葉「やはりライラにも千鶴にも学ぶことは多いな。ふふっ」 

千鶴「??」// 


20:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 22:54:24.36 :PrisNvL5o

千鶴「じゃあ、えっと…買って来よっか。普通のお餅もあるといいけど…」 

ライラ「わたくし探しますですよー。アキハさんアキハさん、早く行きましょう、…おやあちらからなにやらよい香りが…」モゾモゾ 

晶葉「く、くっついたまま行くのか?これだと少し動きが…こ、こら。それはともかく、なんでもかんでも匂いにつられた方に行くんじゃないぞ」 

P「…」…ハハ 

ガヤガヤ 

P「さて。俺も行こうかな」 

千鶴「あ、…」タタッ 

千鶴「プロデューサー」 

P「ん?」 


21:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 22:56:39.66 :PrisNvL5o

千鶴「こ、今年もよろしく」 

P「おう」 

P「…、なんでこのタイミングなのかはよく分かんないけどな」クス 

千鶴「な、なんでもいいじゃない、……照れ臭くて。二人きりじゃないと言えないから…」 

P「そっか」 

千鶴「うんっ」ニコ 

千鶴「……」 

千鶴「――じゃなくって!あわわ、いまのはちがっ……ああうぅなんで聞いて……!?」 

P「大丈夫か」 

千鶴「じゃない!」 

P「お、おう」 

千鶴「はうううぅぅ」シュウウウウ… 

P(丸くなってしまった…) 


22:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 22:59:08.00 :PrisNvL5o

千鶴「はぁー…いま私、すごい笑顔で……」ブツブツ… 

千鶴「……」ペタ 

千鶴「……」ハゥ… 

P「……」ダイジョウブカナ… 

千鶴「……」 

千鶴「…プロデューサー」 

P「ん?」 

千鶴「…その」 

千鶴「大丈夫じゃ、ない、から……今年も…私のこと、よろしく、お願いします……あっ」ペコロン 

P「おっと」ガシ 


23:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 23:02:49.77 :PrisNvL5o

千鶴「あ、ご、ごめ……ありがと…」 

P「いえいえ」 

P「ぷ、はは、丸まって、頭を下げる拍子に転がりそうになるって…お笑いみたいだな」 

千鶴「そ、そんなに笑うことっ……もぉ」フイ 

千鶴「……、まあけど」 

P「??」 

千鶴「いまのって、初笑い……だよね。なんでも、なにか」 

千鶴「…プロデューサーの初めてが私って、それはそれで、…悪くはないかな……ふふ」エヘヘ 

P「……」 

P「……」 

千鶴「??ど、どうかした…?」 

P「…ああ、いや。なんでも」 


24:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 23:05:11.74 :PrisNvL5o

P「…」ウン 

P「えっと、こちらこそ、よろしく。今年も頑張ろうな」 

千鶴「はい…うん。ふふ…ふふ」ニヘニヘ コロコロ 

P(でも丸まったままなのか…)クス 


25:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 23:09:01.05 :PrisNvL5o

ライラ「ぜんざいも捨てがたいですねー……むむぅ」 

晶葉「みんなで分けるのも手だろうな」 

ライラ「おぉ、なるほどです。では四種の味が楽しめますですねー」ヘヘー 

ライラ「あ、プロデューサーどのー、チヅルさん。お二人はなにがよいですかー」ブンブン 

晶葉「こ、こら。あまりはしゃぐと恥ずかしいぞ……」 

晶葉「い、いや?お正月とはそんなものか?」 

ライラ「聞こえてないですかねー。アキハさんもお手伝いをお願いできますか?」 

晶葉「う、うむ。分かったぞ。じゃあ、わ、私も少しくらい…」 

ライラ「おーい。プロデューサーどのぉー」ピョンピョン 

晶葉「お、おーい」ピョン 

ザワザワ 

P(ものすごい聞こえてるから待ってくれ!) 

千鶴「……」エヘヘヘ… 

P「……」…クス 


26:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 23:12:00.34 :PrisNvL5o

P「千鶴」ポン 

千鶴「?」 

P「ほら。二人が呼んでるよ。行こう」 

千鶴「…あ」 

千鶴「…はい。うん、分かった」ギュ 

P「うん」 


27:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 23:15:14.84 :PrisNvL5o

P「よし。じゃあ餅食って明日からまた頑張るか」 

千鶴「うん。そうね。…みんなと一緒にね。ふふっ」 



・・・・おしまい 


28:◆qEJgO2U6bM:2014/01/01(水) 23:16:43.75 :PrisNvL5o

おわりん 

千鶴ちゃんSR愛でたい可愛いじつに可愛い 
そしてこの組み合わせがまた素晴らしい


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1388581945