モバマスSSです。 

ちひろ「皆最近忙しいですねぇ…」 

P「そうですね」 

P(こりゃ、暫く穂乃香と東北には行けないだろうなぁ…) 

柚「それは今、暇なアタシに対するイヤミかなー?」 

P「いやいや、そういうわけじゃないって。柚だって今まで仕事してたじゃないか」 

柚「ま。そうだけどねー」 

柚「あ、そうだ。今からバトミントンしよーっ」 

P「今から?」 

柚「うん。丁度お昼時間だし、Pさん空いてるでしょ?」 

P「いや、俺は休みじゃないんだけどさ…」 

ちひろ「いいですよ。行ってきてください」 

P「いいんですか?」


2:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 20:02:21.23 :fmpK820S0

ちひろ「えぇ。柚ちゃんも昨日まで頑張ってたんだし」 

柚「へへっ!ありがとちひろさんっ!」 

P「それじゃ、ちょっとだけな」 

柚「うん。それじゃ、外行こっ!」 

P「って、バトミントンの道具持ってないぞ?」 

柚「ヘーキヘーキ。ロッカーの中にあるから」 

P「準備いいな」 

柚「備えあれば憂いなしってね!あ、使い方あってるよね?」 

P「そうだな」


3:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 20:05:32.39 :fmpK820S0

公園 

P「風が吹いてなくてよかったな」 

柚「ホントだよねー。風が吹いてたらまともに出来ないもん」 

P「それっ」 

柚「ほっ」 

P「やっ」 

柚「ていっ」 

P「そういやさー」 

柚「おっと。なにー?」 

P「これから二、三日は暇だよな?」 

柚「うんっ、暇だねー。それっ」 

P「おっとっと…。それならさ、柚の家に行ってもいいか?」 

柚「へっ?あいたっ!」ポコ 

P「お、ごめんごめん。大丈夫か?」 


4:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 20:07:31.01 :fmpK820S0

柚「平気だけど…。なんでアタシの家に?」 

P「柚の両親に柚の仕事具合を報告しようと思ってさ」 

柚「え。それはちょっと……」 

P「別に変なこと言う訳じゃないからさ」 

柚「ならいいけど。でも、アタシは実家から通ってるから、お母さんもお仕事のことは知ってるよ?」 

P「一応、プロデューサーとして報告しなきゃいけないことあるからさ」 

柚「そうだね。ならいいよっ。連絡しとくね」 

P「お、ありがとう。明日とかでも平気か?」 

柚「うん。それじゃ、聞いとくねー」 

P「そろそろ事務所戻るか」 

柚「そうだねー。ありがとっPさん!」 

P「俺も久しぶりに体動かせてよかったよ」 

柚「毎日やってもいいよ?」 

P「それは遠慮しておくよ…」 

P(毎日しようもんなら流石に筋肉痛になる気が…)


6:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 20:11:06.55 :fmpK820S0

事務所 

P「ただいま帰りました」 

柚「たっだいまー!」 

友紀「あ、おかえり二人ともー」 

巴「おぉ、どこに行っとったんじゃ?」 

P「ちょっとそこの公園でバドミントンをな」 

柚「柚と一緒にねー」 

友紀「えー、いいなー。それじゃ、Pさん今からアタシとキャッチボールやろうよ」 

P「流石に勘弁してくれ…」 

P「そう言えば、二人とも仕事終わりか?」 

友紀「あたしと巴ちゃんはレッスン終わりだよ」 

巴「そうじゃよP」 

P「あ、そうだったか」


9:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 20:18:31.10 :fmpK820S0

友紀「ちなみに今は、デイゲームの中継を見ようとしてたんだよ」 

巴「ナマーズとキャッツの試合じゃ」 

P「そうなのか」 

友紀「今日は広島で試合だから流石に球場に行けないんだよねー」 

P「……酒は飲むなよ?」 

友紀「もちろんだって」 

巴「一応、ウチが監視しとくけ、Pは安心しぃよ」 

P「そうかありがとな」 

巴「礼には及ばんのじゃ」 

柚「あ、返信来た。明日平気だってよーPさん」 

P「お、そうか。ありがとな。それじゃ、俺は仕事に戻るな」 

柚「分かったー。それじゃ、アタシはやることないし、帰るね。ばいばーい」 

友紀「あー、待ってよ!柚ちゃんも一緒に見ない?」 

柚「野球?」 


10:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 20:21:02.24 :fmpK820S0

友紀「あんまり見ない感じ?」 

柚「んー。テレビは見ないかなぁ」 

友紀「もしかして、スタジアムで見るの?」 

柚「西武ドームが家から遠いからあんまり行かないねー」 

巴「野球自体は好きけ?」 

柚「スポーツが好きだからねー。それじゃ、見て行こっかな」 

友紀「お、いいね!それじゃ、あたしと巴ちゃんの間に座ろうよ」 

柚「うん。それじゃ、お邪魔しまーす」 

P「三人共静かに見ててくれよー」 

P(まぁ、無理だろうけどな…)


12:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 20:21:58.58 :fmpK820S0

友紀「お、筋トレを封印された澤山田かー」 

巴「封印されてからは何をしておったんじゃろうな…」 

柚「野球選手なんだから野球でもやってたんじゃない?」 

友紀「どうなんだろうねー」 

巴「ま、それくらいでウチのナマーズが負けないけ」 

友紀「前回見た時は、惜しくも負けちゃったからねぇ」 

柚「前にも見たことあるの?」 

友紀「うん。あるよー。Pさんの家でね」 

柚「ん?二人共Pさんの家に行ったことあるの?」 

巴「ついでに手料理もごちそうになったこともあるけぇ、な、友紀さん」 

友紀「料理というかおつまみだけどね」 

柚「いーなー、Pさん、アタシも食べたいよー…って仕事中かぁ」 

友紀「多分言えば連れていってくれると思うけどね」 

柚「でもさー、行く用事が見つからないなぁ…」 

巴「野球見たい言うたらええと思うよ喜多見さん」 

柚「柚でいいよー。そっかぁ、うーん」 

友紀「ま。今は試合見ようよ」


14:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 20:24:03.40 :fmpK820S0

巴「そうじゃな。あー早く、助っ人が実践デビューせんかのぉ…」 

友紀「もう今ボロボロだもんねー。いや、ぽろぽろかな?」 

巴「当たってるだけに反論できないんじゃ…」 

柚(二人とも仲いいなー)


15:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 20:24:36.82 :fmpK820S0

友紀「…澤山田もう筋トレしなくていいんじゃない?」 

巴「むしろ今までなんで筋トレしてたんじゃろうな…」 

柚「あれじゃない?しないと落ち着かないみたいな」 

友紀「まぁ、確かに、奥さんより筋肉を取ったしね」 

柚「そんな人なんだ…」 

友紀「というかさ巴ちゃん」 

巴「……なんじゃ?」 

友紀「いい加減表ローテを当ててよ」 

巴「ウチに言ってもしょうがないんじゃ」 

巴(実際、当てて欲しいもんじゃのぉ…) 

友紀「このままじゃワンサイドだなぁ…」 

巴「むぅ…」


17:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 20:25:19.12 :fmpK820S0

P「お、終わったか?」 

友紀「うん。中継時間が終わっちゃったね。まぁ、キャッツの勝ちっぽいから消しちゃった」 

P「そうか。それじゃ、気をつけてな」 

友紀「じゃあねーPさん」


18:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 20:28:26.78 :fmpK820S0

柚「あ、ねぇねぇPさん?」 

P「ん?どうした?」 

柚「えーとさ、Pさんって野球好きなの?」 

P「好きだなぁ」 

柚「ふーん。それじゃあねー。今度アタシも家に誘ってね」 

P「うん?分かったよ」 

柚「それじゃ、明日どこにいればいい?」 

P「駅で待っててくれると嬉しいな」 

柚「うん。分かった。それじゃあね」


19:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 20:30:25.39 :fmpK820S0

翌日 

事務所 

P「仕事終わっただろ、柚の資料も持った。よし、行ってきます!」 

ちひろ「近いっていいですね」 

P「えぇ。財布にも優しいですし、時間が計算出来て本当に」 

ちひろ「それじゃ気を付けてくださいね」 

P「はい。それじゃ」


20:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 20:32:42.37 :fmpK820S0

駅 

P「久々に埼京線とか乗ったなぁ…」 

柚「あ、Pさんこっちこっちー」 

P「お、大丈夫か?」 

柚「ん?何が?」 

P「変な人に声掛けられたりしてないか?」 

柚「あ…。もしかして心配してくれてたり?」 

P「まぁな。アイドルだしね」 

柚「それじゃ、柚とのデートにしゅっぱーつ!」 

P「いやいや、目的が違うだろ…」 

柚「もう、釣れないなー。こういうのは雰囲気が大事じゃん」 

P「悪い悪い」 

柚「まぁ、Pさんだしね。特別に許してあげるよ。それじゃ、アタシの家に行こっか」 


21:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 20:33:20.19 :fmpK820S0

車内 

柚「あ、運転手さんそこの角右で」 

運転手「はーい」 

P「意外に近いのか?」 

柚「まぁね。でも、車だからかもしれないけど」 

柚「あ、運転手さんそこで止まってー」 

運転手「あいよー。今日は彼女の家に行くのかい彼氏?」 

P「えっ」 

柚「ん!?」 

運転手「いや、お嬢ちゃんがウキウキしてるからそうなのかなぁってさ。あ、もしかして兄妹とか?」 

P「いや、その…」 

柚「そうなんだよねー。おじさんどう思う?柚の彼氏」 

P「お、おい…」 

運転手「いいんじゃないかな。しっかりしてそうだし」 

柚「だよねー。分かってるよおじさん。それじゃあねー」


22:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 20:37:38.44 :fmpK820S0

柚「うーんっ!天気いいなぁ」 

P「なんであんなこと言ったんだよ」 

柚「ちょっとした悪ふざけだってー。嫌だった?」 

P「そうじゃなくてさ、もし柚のこと知ってたら問題になっちゃうかもしれないだろ?」 

柚「あ、そうだね…。ごめん」ペコリ 

P「まぁ、いいけどさ」 

柚「でもさっ、Pさんカッコいいって言われてたね」 

P「そうだっけか?」 

柚「うんっ!流石アタシのプロデューサーだよねっ!」 

P「褒められて悪い気はしないけどさ…」ポリポリ 

柚「あ、照れてる可愛いー」 

P「う、うるさい!早く行くぞ」 

柚「はーい」ギュ 

P「うん?」 

柚「いいじゃんいいじゃん。雰囲気だよ雰囲気」 

P「まぁ、いいか…」


23:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 20:39:27.17 :fmpK820S0

柚の家 

柚「ただいまー」 

P「お邪魔します」 

柚の母「お帰りなさい。あ、ご無沙汰してますプロデューサーさん」 

P「ご無沙汰してます」 

P「あ、こちら、つまらないものなんですが…」 

柚の母「あら、なんですか?」 

P「えぇ、この間少し大阪に行く予定がありまして…安直ですがたこ焼きを」 

柚の母「あらあら、ありがとうございます」 

柚「気が利きくねぇ、Pさん」 

柚の母「こら、柚…」 

柚「あ、すみませーん。それじゃ、柚は部屋に行ってるよ」


24:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 20:42:16.86 :fmpK820S0

柚の母「本当にすみません…」 

P「いえいえ。元気でいいですよね」 

柚の母「そうですか?そう言って貰えると嬉しいです」 

P「最近は活躍が増えてきてまして、特にひな祭りなどは柚らしさが出てたと思いますよ」 

柚の母「柚も楽しかったって言ってましたよ」 

P「それは良かったです」ホッ 

柚の母「最近はお仕事が上手く行ってるみたいでその話をよくしてます」 

P「それはなによりです」 

柚の母「最初いきなりスカウトされたって話を聞いた時は胡散臭いと思ってましたけど、 

今思うと杞憂でしたね」 

P「そう言って頂けると嬉しい限りです」 

柚の母「あぁ、後ですね、最近なんですが…」 

P「はい?」 

柚の母「最近ですね、プロデューサーさんの話をよくされるんですよ」 

P「私の話ですか?」 

P(どうしよう…実は嫌だとか?)


25:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 20:43:48.98 :fmpK820S0

柚の母「プロデューサーさんは――」 

柚「ちょ、ちょっとストーップ!」ガバッ 

P「って、柚どうしたんだ?」 

柚「なんか嫌な予感がしたから聞いてたんだよーっ!」 

柚の母「あらあら」 

柚「もうっ、お母さんも秘密って言ったでしょ!」 

柚の母「いや、お母さんもいい人だなぁって思ってね」 

柚「なっなっなっ……」カァァ 

柚「…Pさん聞いてた?」 

P「聞いてないよー」 

柚「嘘だねっ!ふーんだっ」 

柚の母「そんなにヘソ曲げなくっていいじゃない」 

P(そんなこと言ってる割に俺から離れないんだな…) 

柚の母「そんなこと言ってる割には仲良さそうね。これからもウチの娘を頼みます」 

P「あ、はい。これからもよろしくお願いします」 

柚「よろしくねPさん!」


26:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 20:46:53.83 :fmpK820S0

柚「そういやさーPさんはこの後予定とかあるの?」 

P「ないな。何かあるのか?」 

柚「それじゃあさー…えーっと…」 

P「ん?」 

柚「あれだよね、Pさんって野球好きなんだよね?」 

P「好きだよ」 

柚「なんとなーく西武ドームに行ってみたいんだよねっ」 
柚「いやさっ、一人で行くより二人で行った方がいいと思うし…」ゴニョゴニョ 

P「そうだな。行くか」 

柚「言ってみるもんだね!へへっ!」 

P「というか、そろそろ行かないと試合に間に合わないかもな。行くなら急ごう」 

柚「うん!柚いっきまーす♪」


27:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 20:49:35.78 :fmpK820S0

球場 

P「なんとか間に合ったみたいだな」 

柚「意外に近かったね」 

P「そうだな。まだそれじゃ入ろうか」 

柚「うんっ」


28:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 20:51:58.04 :fmpK820S0

P「さて…今日はどことどこだろう…?」 

柚「えーと…A59だから…えっここなの!?」 

P「おう。折角見るんだったらいい思い出にしないといけないと思ってな。 

大体そんなに来ないだろ?球場に」 

柚「気が利くねーPさん」 

柚(まぁ、Pさんと見れる時点でいい思い出なんだけどね) 

P「あぁ、今日はパンサーズとオリオンズか」 

柚「それは埼玉のチームと千葉のチームなんだね」 

P「そうだな。柚は野球は詳しいのか?」 

柚「ルールくらいだよっ」 

P「そっか。それじゃ細かいことは気にしないで見ていこうか」 

柚「そうしよそうしよっ!」 

P「試合始まる前にちょっと何か買いに行くか」 

柚「ご飯買いに行くの?柚も行くよーっ」


29:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 20:59:22.33 :fmpK820S0

柚「色々あるね」 

P「球場によって選手がプロデュースした弁当があるんだ」 

柚「なんだか面白そうだねっ、柚たちも作らないの?そういうのって」 

P「アイドルプロデュースの弁当かぁ…それも球場で置いて貰うってのもアリだな」ブツブツ 

柚「仕事モードに入らないでよー」 

P「あぁ、ごめんな。それでどれがいい?」 

柚「えーとね…一杯あるなぁ…」 

?「あ、おじちゃんこれちょーだい!」 

店員「あいよー」 

?「あれ?二人とも悩んでるの?」 

P「え、あ、まぁ…」 

?「それじゃあさ、う~な~ぎがおすすめだよ!」 

P「それじゃ、俺はそれで」 

?「あとねっ、おかわり焼きとかいいかもねっ」 

柚「それならアタシはそれにしよっと。ありがとね」 

?「いいっていいって。あ、それより早くしないと始まっちゃうから戻らないとねっ。ばいばーい☆」 


30:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 21:00:32.81 :fmpK820S0

P「元気な人だったなぁ」 

柚「いい人だったよねっ」 

P「おすすめ教えてくれたしな。それじゃ俺たちも戻るか」 

柚「そうだねっ」 


31:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 21:04:07.99 :fmpK820S0

ウグイス嬢「大変長らくお待たせいたしました。これから、パンサーズ対オリオンズの試合を始めます」 

P「お、始まった」 

イマツキススメー モエロアバレロー 

柚「お、応援って凄いだね…」 

P「慣れないとびっくりするよな」 

柚「でも、なんか楽しいよ」 

P「それは良かった」 

柚「パンサーズって選手が若い気がするなぁ」 

P「言われてみれば若いよな」 

柚「アタシが知ってる選手があんまりいないよ」 

?「あ、こんないいところで見てたんだー!」 

P「ん?あ、さっきの」 

?「うん。あたし大槻唯って言うんだー。よろしくね!」 

柚「よろしくー」 

唯「よろしくねー。話戻すけどさっ、バックネットで見てるなんて凄いよねっ! 

アタシは自由席だもん」 

P「大槻さんはパンサーズファンなんですか?」 

唯「唯でいいってー。うん。そうだよ」 

P「それだったらちょっとここに座って解説してくれません?」 

唯「いやいや、いくら隣が空いてるからって座っちゃダメっしょ」 

P「だから、私の所に座ってください」


32:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 21:04:44.28 :fmpK820S0

柚「え、Pさんはどこに?」 

P「ちょっとだけ出てくるから待っててな」 

唯「えー、でも悪いってぇ」 

P「分かりました。それじゃ、ちょっとここで柚を見てて下さい。あ、柚っていうのはこの娘ですから」 

唯「それならいいよ!」 

唯「えーと…柚ちゃん。アメ食べる?」 

柚「えーっと、今はいいかな…」


33:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 21:05:33.87 :fmpK820S0

P「ただいまー。あ、大槻さんありがとうございます」 

唯「だから唯でいいってー。それでなにしてきたの?」 

P「流石にただで座るのは悪いと思って席もう一席買ってきました」 

唯「お金持ちなんだね!本当に座っていいの?」 

P「えぇ、何かの縁ですし」 

唯「それじゃ、柚ちゃん、Pちゃん、唯の順番ですわろっ」 

唯「…名前Pちゃんで合ってるよね?」 

P「はい。それじゃ、席を交換してと…。これでいいですね」 

柚「Pさん太っ腹だね」 

P「まぁ、悪い人じゃないだろうし、アドバイス貰ったしな」 

柚「Pさんらしいや」 

唯「あっ、そうだ。それだったら、唯、試合の途中でたこ焼き買ってくるね。ちゃんと人数分をねっ!」 

P「いいんですか?」 

唯「ここで見られるからねっ、それくらい安いって」 

P「ありがとうございます」 

柚「ありがとー」 

唯「いぇい☆」


34:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 21:06:47.99 :fmpK820S0

カキーン 

唯「あ、見てなかった!誰打った?」 

P「麻村じゃないかな…背番号的に」 

柚「麻村?なんかあの人六番っぽいよね」 

唯「ナイスバッティーング麻村ちゃん!」 

柚「あ、こっち見たよ!」 

唯「やっぱりこんだけ近いと声が届くんだねっ!いやぁ、嬉しいねっ」 

P「確かに臨場感はあるなぁここは」 

P(ファール飛んできたら思わず避けるくらいに近いし) 

柚「そう言えば、一つ聞いていい?」 

P「ん?細かい話は唯さんにな」 

唯「なになにー?」 

柚「柚あんまり知らないんだけどさ、ショートって仲島とかじゃなかったっけ?」 

P「あー……」


35:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 21:13:04.59 :fmpK820S0

唯「うん。そうだったよー。でも今メジャー…いや、3Aに移籍しちゃったんだよね。残念だよねー」 

P(てっきり巴の新居に対する当たり位厳しいかと思ったけどそんなこともないのか) 

唯「まぁ、夢を追うってのはいいよね。自分をより表現したいって出て行ったならさっ」 

唯「やっぱり、皆輝きたいもんね」 

唯「いやーしかし、麻村はいいバッティングするよねっ。これにおかわりくんが四番に戻れば最強なんじゃないかな!」 

P「そう言えば、キーター選手も帰ってきますよね」 

唯「そうそう。キーターさん帰ってくるんだよねぇ、飛ぶ球になったしさ」 

P「私も、彼が言った『勝者と敗者の間には、1センチの差しかない。俺たちはチャンピオンを目指すチームだ。きょうはチャンピオンのように闘おう。チャンピオンは、あきらめない』って言葉が大好きなんですよ。プロの世界は板子一枚下は地獄ですからね」 

唯「あの言葉聞いた時は思わず涙が出そうになったよっ。…って二人共なにかのプロ?」 

柚「えーと…プロなの…?」 

P「当たり前じゃないか。アイドルやってるんですよ柚は」 

唯「へー凄い!」


36:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 21:16:48.58 :fmpK820S0

P「まぁ、今日はオフで見に来てるんで特に何か仕事というわけじゃないんですけどね」 

唯「それでもアイドルって凄いよっ!」 

P「そう言って貰えると嬉しい限りです。あ、これ名刺渡しておきますね」 

柚「スカウトするの?」 

P「いや、まだ、分からないけど縁は大事にしておこうかなって」 

唯「へー、Pちゃんも凄そうだね。ま、今はそれよりも試合見よっか。折角、巻田が投げてるんだしねっ!」 

柚「あの下から投げるのってカッコいいよねっPさん」 

P「そうだな」 

P(李衣奈辺りならロックですね!とかいいそうだな) 

唯「この間のWBCでも凄かったよねー」 

P「あの飛び込みは凄かったよ」 

唯「侍だったよねー!」 

柚「あー、あの人だったんだ」 

唯「そうそう、その人だよっ!打たれないから見てて楽しいしねー」 

柚「確かにさっきから点数入ってないよね」


37:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 21:18:09.00 :fmpK820S0

唯「ここら辺でさらに追撃したいねー」 

カキーン 

唯「おぉ!、スピナー打ったぁ!」 

P「こりゃ入ったな」 

柚「ホームランって凄いねっ!」


38:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 21:20:48.86 :fmpK820S0

柚「Pさん暑くない?」 

P「この球場は暑いよなぁ」 

唯「そこは慣れるしかないよねー。あ、唯、たこ焼き買ってくるねっ」 

P「ありがとうございます」 

唯「いいんだってー!」 

* 

唯「はい!Pちゃん、柚ちゃんたこ焼きだよ」 

柚「ありがとっ唯さん」 

P「そろそろ面白い記録が見れそうですよ」 

唯「んー?あ、巻田完封しそうだね」 

柚「そう言えば、なんだっけ、三振取ってないよね?」 

唯「三振0で完封だったら凄いよねー」 

P「見たことないですね。あ、試合が終わりました」 


39:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 21:24:06.86 :fmpK820S0

ウグイス嬢「本日の試合は、8-0でパンサーズの勝利です」 

P「圧倒的な試合だったなぁ」 

唯「やったー!勝ったよPちゃん」 

柚「行った試合で勝ってよかったよっ」 

唯「そう言えば、二人ともこれからもう帰るの?」 

柚「Pさんどうする?」 

P「俺は柚を家に送ってくよ?」 

柚「あ、それは、ありがと」 

唯「んー、それじゃ唯も帰ろっかなぁ」 

P「それじゃ、途中まで一緒に帰りますか」 

唯「ありがとねーっ!それじゃ、帰ろっか」 


40:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 21:24:39.66 :fmpK820S0

P「えーと、柚は…」 

柚「こっちだよ」 

唯「あっ、唯はこっちなんだー。今日は楽しかったよ!あ、Pちゃんと、柚ちゃんちょっといい?」 

P「ん?」 

唯「はいっ、これあげる。またなんかあったら連絡してねっ!」 

P「そっちもアイドルに興味があれば連絡待ってますから」 

唯「あははは。それじゃーね。ばいばーい!」


41:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 21:35:26.50 :fmpK820S0

P「元気な人だったなぁ」 

柚「そうだねー。それじゃ柚たちも行こう?」 

P「そうだな。遅くなったら親御さんに悪いし」 


42:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 21:36:12.45 :fmpK820S0

駅 

柚「どうせだったら歩いて帰らない?」 

P「まぁいいけど…」 

柚「やった。それじゃ、しゅっぱーつ」


43:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 21:39:03.95 :fmpK820S0

柚「最近思うんだけどさー」 

P「うん」 

柚「アタシって結構幸運だと思うんだ」 

P「なんかいいことあったのか?」 

柚「んー?いいことって言うかさ」クルッ 

P「ん?」 

柚「面白いことないかなーってブラブラしてたらPさんに声掛けて貰ってさ」 

P「運がいいのかそれ?」 

柚「いいに決まってるじゃん!」


44:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 21:45:45.45 :fmpK820S0

柚「だってさー、女の子なんて一杯いるじゃん?それこそ星の数ほどにさ」 

柚「でも、アタシを見つけてくれたのってPさんだけなんだからっ!」 

柚「聖夜に見つけてくれるなんてロマンチックだよねー」ギュ 

P「お、おい。誰かに見られたら」 

柚「ヘーキ、ヘーキ。今だけだし」 

P「ま。いいか…」 

柚「それでねっ、アタシは他の子にも負けないよ」 

柚「いつか、Pさんにとってもアタシが最高のプレゼントだって思わさせてあげるんだからねっ!それじゃっ」 

P「あ、おい!」 

柚「もう、家、目の前だし!じゃねっ♪」バタンッ 

P「……聖夜の贈り物か」ポリポリ


45:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 21:54:13.07 :fmpK820S0

柚(やばいよー、まだ心臓がドキドキしてる…)ドキドキ 

柚「考えてみたら、明日顔見れるのかなぁ…」 

柚「あーミスったかなぁ…」ピロリロリーン 

柚「ん、メール?」 

柚「あ、Pさんからだ」 

P『そんなこと言わなくて、柚は俺の大切なアイドルで、クリスマスの最高のプレゼントだと思ってるよ』 

柚「~っ!」カァァ 

柚「そうなんだけど、そうじゃなくて!あーっもう!」 

柚(でも、こんなことで嬉しくなるアタシがいるよ…)カァァ


46:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 22:03:39.46 :fmpK820S0

翌日 

事務所 

P「おはようございます」 

ちひろ「おはようございます。今日も頑張りましょうね!」 

P「はい。そうですね。頑張りましょう」 

友紀「おはよー!」 

柚「おはよっ!」 

友紀「あ、柚ちゃん柚ちゃん」 

柚「なになに?」 

友紀「巻田選手ちょーだい!」 

柚「いや、ダメだって」 

友紀「えー、ダメかー」 

P「友紀、欲しい選手をファンに言うのは止めなさい」 

友紀「はーい」


47:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 22:16:36.13 :fmpK820S0

柚「あ、そうそうPさん」 

P「ん?どうした?」 

柚「昨日唯さんからメールがあったよ」 

P「そうなのか」 

柚「今からメール送るね」 

P「分かった。ってかこっち向いてくれ」 

柚「いやー、空が綺麗だなぁーって」 

友紀「今曇ってるけどね」 

柚「う…」 

P「ま。いいか。えーとメールは…」 

柚「なんか、やりたいみたいだよアイドル」 

P「おー、そうか。『一センチを超えてみせるよ!』かぁ…。分かった。日程調整をしてみるよ」 

友紀「なになに?また新しい人増えるの?」 

P「かもしれないな。あ、ちなみにパンサーズファンだぞ」 

友紀「げっ、巻田強奪が難しくなるじゃん、なにしてるんだよーPさん」 

P「おいおい」 

友紀「嘘だよー。そっか、また野球好きな人が増えるんだね。嬉しいよ」 

P「野球の話が出来る人が増えたせいで、友紀の仕事が減るかもな」 

友紀「ちょ、それは洒落にならないって!」 


48:◆RfwyoP3XQY:2013/06/21(金) 22:22:30.02 :fmpK820S0

終わりです。 
見てくださった方ありがとうございます。


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1371812498