1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 15:21:45 :P5eEqeGx0

P(俺と765プロのアイドルたちは今、バスでとある場所に向かっている) 

P(765プロのアイドルたちが全員参加し、ゲームを行うという企画のためだ) 

P(マイナーな地方テレビ局の番組だが、これからみんなを売りこむ為の良いチャンスになるだろう) 

P(絶対、成功させなきゃな・・・) 

春香「プロデューサーさん、山ですよ、山!!」 

千早「こんな山奥まで来るのね・・・ただゲームをするだけなのに」 

やよい「うっうー! 美味しいものがいっぱいありそうです!」 

響「自分は山じゃなくて海の方が好きだぞー」 

雪歩「熊とかでそうで怖いですぅ~」 

真「ははは、雪歩は心配性だなあ! 何かあったら僕が守ってあげるよ!!」 

亜美「ねー真美ー、キノコ狩りしよーよー」 

真美「いーねー! どっちがたくさん取れるか競争だよー?」 

P「こらこらお前たち、今日は撮影に来てるんだからな」


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 15:29:31 :P5eEqeGx0

貴音「よいではありませんか、あなた様」 

あずさ「そうね~。山なんて都会じゃ珍しいですもんね~」 

律子「まあ、撮影まで景色を見て楽しむのも悪くはありませんよ」 

伊織「そうそう。この伊織ちゃんがいるんだから、何も問題ないわよ」 

P「うむ・・・。まあ確かに山の中だなんて珍しいもんな」 

貴音「これもまた、英気を養ういい機会になるでしょう」 

P「だけどな、やっぱりちゃんと撮影のことを考えないとだな・・・」 

やよい「うー、プロデューサは山とか楽しくないんですか?」 

P「そういうわけじゃあないんだがなあ・・・」 

律子「プロデューサーが焦るのも無理ないわよ。765プロのアイドル全員を、いっぺんにアピールできるチャンスなんだからね」 

真「大丈夫ですよ! 僕、ゲームとか意外と得意なんです!」 

春香「そういえば、今日はゲームの企画なんでしたよね。どんなゲームなんですか?」 

P「うーん。ゲームの内容は現地に到着してから詳しく説明があるみたいだが」 

P「汝は人狼なりや? というゲームらしい」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 15:34:24 :P5eEqeGx0

千早「汝は人狼なりや…?」 

亜美「きいたことなーい」 

真美「真美もー」 

響「どんなゲームなんだー? 全然分かんないぞー」 

P「うーん、俺もやったことないんだよな。一応軽く調べたけど、推理ゲームらしい」 

貴音「じんろうですか。私は昔、嗜んだことがあります」 

伊織「私も少しだけ齧ったことがあるわね」 

あずさ「あら~。それじゃあ、ルールを教えてもらいたいわ~」 

美希「Zzzzz」 

貴音「そうですね。まず、じんろうというのは……」キキーッ 


P「!! バスが止まった……着いたのかな?」 

運転手「到着しました。それでは、目の前に見えます小屋の中へお入りください」 

律子「ルールはまた後でのようね。みんな、降りる準備をするわよ」 

『はーい』


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 15:41:09 :P5eEqeGx0

――小屋の中 

P「あれ、誰もいない……」 

律子「変ですね。ディレクターどころか、カメラや音声スタッフの姿もないなんて」 

P「うーん……。とりあえず、ここで待ってればいいのかな」 

律子「そうですね。山の中を不用意に歩き回ると迷うかもしれませんし」 


やよい「うっーうー! 広いですー!」 

春香「木のいい匂いがするねー」 

真美「壁にでっかいテレビがあるよー! これでゲームするのかなー?」 

響「すごいなー! 人数分の椅子とでっかい円卓もあるぞ!!」 

亜美「ねーねーお姫ちん、いおりん!! 人狼ってどんなゲームなの?」 

伊織「そうね。まあ、私たちが説明しなくても、すぐにアナウンスか何かあるんじゃないかしら」 

ピーンポーンパーンポーン 

あずさ「あら~? テレビがついたわ~」 

???「本日はようこそおいでくださいました、765プロの皆様」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 15:49:45 :P5eEqeGx0

???「私、人狼テレビの武田と言います」 

P「あのー、すみませんが、打ち合わせなどは……」 

武田「それには及びません。今すぐ、ゲームを開始させていただきます故」 

律子「え、今すぐって……私やプロデューサーも出演するんですか?」 

武田「はい。あなた方全員14名でゲームを開始させていただきます」 

武田「配役は村5、狼2、占1、霊1、狂1、狩1、共2、狐1となります」 

真「え? 配役とかいきなり言われても全然わかりませんよ!!」 

雪歩「そうですよ~、ルールを教えてくださいー」 

武田「それでは簡単なルールを説明します」 

武田「あなた方の中に、人狼が二匹います。」 

武田「人狼は毎晩一人ずつ、村人を食い殺します」 

武田「その為、村人たちは昼に集まり、話し合いと投票を行い、人狼と思しき人物を処刑します」 

千早「食い殺すとか処刑とか……怖いゲームね」 

武田「なお、人狼は昼間、人間の姿をしているので村人と見分けがつきません」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 15:56:59 :P5eEqeGx0

伊織「それで、昼間の投票で人狼を処刑しきれば村人の勝ちってことよ」 

貴音「ちなみに、村人の数と人狼の数が同数以上になれば人狼の勝ちとなります」 

美希「え、でも人狼って14人の中で2匹しかいないんだよね? 不利だと思うな……」 

やよい「そうですよね~。誰が狼さんかなんて、どうやって判断するんですか~?」 

武田「そこで鍵となるのが役職です」 

あずさ「さっきのムラゴオオカミニウラナイなんたら~ってやつね~」 

武田「配役をもう一度言いますが、村人5人、狼2匹、占い師1人、霊能者1人、狂人1人、狩人1人、共有者2人、妖狐1匹です」 

武田「私が一つずつ説明していも良いのですが、あなた方の中に人狼経験者がいらっしゃるご様子」 

武田「ゲームの説明はおまかせしてもよろしいでしょうか?」 

貴音「まあ、問題はありません」 

伊織「ってゆーか、説明はあんたの仕事じゃないわけ?」 

武田「私が一方的にしゃべるよりは、面識のあるあなた方が話した方が分かりやすいだろうと考えました」 

律子「まあ一理あるけど……」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 16:05:02 :P5eEqeGx0

武田「本日は、一日目の昼となります」 

武田「時間制限は、昼二時間、夜一時間となります」 

武田「配役につきましては、本日の昼が終了次第各自お知らせいたします」 

武田「それでは、ご武運を」ピッ 

亜美「あっ、きえちった……」 


律子「いくら地方のテレビ局だからって、この扱い……プロデューサー、この企画大丈夫なんですかね?」 

P「うーん、そういえば珍しく765プロに直接来た依頼だったからなあ……。でも、相手も企業だし、悪いことはないだろう」 

響「とりあえず、ゲームの説明をお願いしたいぞー」 

真美「そうだよー。昼とか夜とか言ってたけど、何日もゲームかかるの~?」 

伊織「昼っていうのは、投票について話し合う時間のこと。夜っていうのは、役職者が能力を使ったりする時間よ」 

伊織「でも昼夜あわせて三時間って……どう考えても今日中には終わらないわよね……?」 

雪歩「着替えとか何も持ってないです~」 

ザワザワ 

貴音「……皆、時間に限りがあります。とりあえず、じんろうというゲームについて、少し説明しておきましょう」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 16:11:19 :P5eEqeGx0

貴音「まず先ほど述べたように、じんろうとは村人に紛れた人狼を、昼間の投票で処刑していくげーむです」 

貴音「では、どうやって人狼と思しき人物を割り出すのか。そこで重要なのは、占い師です」 

真「何を占うの?」 

伊織「占い師は、毎晩一人を、人狼かそうでないか占えるの」 

春香「え、じゃあ占い師に従ってれば人狼に負ける要素はないよね?」 

貴音「そういう訳にはいかないのです。狼も処刑されたくない故、占い師を騙るのです」 

やよい「かた……る?」 

あずさ「占い師のフリをするのね~」 

伊織「そう。そうすることで、どちらが本当の占い師かわかりにくくなり、無駄な処刑を増やすことができるわ」 

P「じゃあ、占い師になったらどうしたらいいんだ?」 

貴音「占い師はとにかく、朝になったら自分の占った人物と、判定を即座に出すべきです」 

貴音「例え騙りがいようと、その中に本物がいるのに違いはないのです」 

美希「でも、どれが本物かわからなきゃ意味ないんじゃないの?」 

伊織「そこで鍵になるのが、霊能者よ」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 16:20:22 :P5eEqeGx0

貴音「霊能者は、前日に処刑された人間が人狼だったか判定できます」 

響「じゃあ、占い師の出した判定と霊能者の判定があっていれば、本物ってこと?」 

伊織「そうね。でも、霊能者ももちろん騙られるケースがあるわ」 

伊織「騙り占い師と語り霊能者があたかも本物のように判定ラインを維持し、村が乗っ取られるということもあるわ」 

やよい「こんがらがってきました~……」 

貴音「霊能者になったら一日目はまず、様子を見ることを勧めます」 

貴音「かみんぐあうとのタイミングは、私と伊織で実際に補佐しましょう」 

伊織「そうね。まあ、私と貴音が両方人狼サイドになるなんて可能性は低いでしょうしね」 

千早「あとは、ゲームに沿って推理するしかないってことなのね」 

貴音「そうですね。占い師と霊能者を主軸にして進めていくゲームと言って過言ではないでしょう」 

春香「わたしもうだめーわかんない」 

真美「まみもー」 

亜美「あみもー」 

伊織「じゃあ、後の役職についても簡単に説明だけして、あとは実戦でつかみましょう」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 16:26:20 :P5eEqeGx0

狩人・・・夜に、指定した一人を人狼の襲撃から守れる。 
     自分は守れない。普通は*COしない。 

狂人・・・人狼サイド。占いでは村人判定となるが、人狼サイドの勝利で勝つ。 
     狼を勝ちに導くため、騙り行為などをする。 

共有者・・・夜に共有者同士で会話ができる。 

妖狐・・・村人サイドにも人狼サイドにも属さない単独陣営。 
     狼に噛まれても死なないが、占われると死ぬ。 

*CO カミングアウト 


貴音「ちなみに、夜間は人狼と共有者以外は会話をすることができません」 

貴音「推理は、基本的に昼間の話し合いからするのです」 

伊織「まあやってみるのがはやいわよ」 


ピーンポーンパーンポーン 

武田「一日目昼、終了です。これより、車で各自をそれぞれの小屋へと案内します」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 16:32:23 :P5eEqeGx0

P(そのまま俺たちは各自、小屋に案内された) 

P(小屋は各陣営にわかれているそうだ。ちなみに俺は一人小屋。村人サイドということだろう) 

P(配役のカードは……どれどれ) 

ピラッ 

P(……なるほど) 

P(それからどうやら、本当に何日かに渡って撮影をさせられるらしい) 

P(俺たちは激しく文句を言ったのだが、人狼テレビは耳を貸す様子もなかった) 

P(まあ、今は全然売れてなくて仕事もないからいいんだが……腑に落ちない) 

P(この横暴な撮影態度。まさか本当に、狼にかみ殺されたりなんてしないよな)ハハハ 

ギィイイィ…… 

P(!? 扉が……!) 

P(え、まさか俺、初日にいきなり……ウソだろ!?) 


P「う、うわああああああああああああああああああああ」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 17:36:23 :P5eEqeGx0

――数時間後、会議小屋 

ガラッ 

響「はいさーい!」 

貴音「響!!」 

伊織「これで、決まりね……」 

響「え? どうしたんだみんな、暗い顔して……。っていうかあれ、自分以外はみんないるんだな……ん? プロデューサーは?」 

千早「一日目の、犠牲者……」 

雪歩「そ、そんな……」 

ビュン 

武田「おはようございます。2日目の朝となりました」 

律子「ちょっと、武田さん。うちのプロデューサー、どうしたんですか」 

武田「そう焦らずに。では、早速ですが」 

武田「Pさんは無残な姿で発見されました」 

スクリーンから武田の姿が消える。 

次に映ったのは、血だまりの中に倒れるプロデューサーの姿だった。


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 17:40:10 :P5eEqeGx0

真「う、うわあああああああ!!!!!!!」 

雪歩「え……?」 

真美「にーちゃん? え、死んでるの……これ……」 

亜美「そんなわけないっしょー……? フェイク……だよね……?」 

やよい「…………」ポカーン 

春香「そんな……ウソでしょ……」 

千早「あ……、あ……」 

美希「ウソ……なの……」 

律子「冗談でしょ……本当に死ぬなんて……」 

響「え……? え?」 

あずさ「こんなことって……」 


武田「それでは、二日目の昼となります。制限時間は二時間。開始してください」 

プツン


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 17:47:04 :P5eEqeGx0

伊織「……落ち着きなさい」 

美希「お、落ち着いてなんかいられないの!!! ハニー……死んじゃった……んだよ!?」 

真美「そうだよ!! いおりん……なんで落ち着いてんの!? ハクジョーだよ!!」 

亜美「わかったぞ!! いおりんが狼なんだ!!」 

伊織「いい加減にしなさい!! 私は狼じゃないわよ!!」 

貴音「……私が思うに、あれはふぇいくでしょう」 

真「フェイクって……! 何か根拠あるの!?」 

春香「そうだよ……。グスッ……こんなのってないよ……」 


貴音「いいですか。じんろうというのは個人戦ではありません」 

響「貴音……」 

貴音「村人陣営、人狼陣営、妖狐陣営の、三陣営の戦いです」 

貴音「ぷろでゅーさーは狼に噛まれた……。つまり、少なくとも村人陣営の可能性がかなり高いのです」 

伊織「村人陣営がもし勝利したら、死んだプロデューサーも勝ったことになる。決着がつく前に、殺したりなんかしないでしょ」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 17:56:46 :P5eEqeGx0

伊織「第一、局は横暴な態度だけどあくまでこれ番組よ。本当に死者なんか出るわけないわよ」 

律子「でも、私もプロデューサーも、こっちについてから本当に何も説明とか受けてないのよ?」 

貴音「おそらく、律子も巻き込んだドッキリか何かでしょう。プロデューサーが初日に犠牲になるあたり、ハメられたのですよ」 

亜美「よく考えたらそーだよね……。本当に人が死ぬわけないよね……」 

真美「でも、もしドッキリだったら兄ちゃん許せないー!」 

響「本当だぞ……。心臓止まるかと思った……」 

やよい「プロデューサー……。生きてるんですよね?」 

千早「冷静に考えればそうね。殺人なんて犯罪よ」 

パンパン 

伊織「とにかく、ゲームを始めましょう。時間制限あるしね」 

貴音「小屋に自分の役職のガイドブックがありましたね。それぞれ、役については把握できていることでしょう」 


伊織「じゃあ、二日目の昼、開始しましょう。COある人、どうぞ」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 18:01:51 :P5eEqeGx0

貴音「私は占い師になりました。亜美は○です」 

響「貴音が占い師かー。心強いぞ!!」 

美希「……それ、おかしいと思うな」 

真「え? どういうこと、美希?」 

美希「だって、占い師はミキだよ? 伊織は○だったの」 

伊織「…………」 

千早「どちらかが、騙り……!?」 

あずさ「あら~? 占いは私なんだけど……。響ちゃんは○だったわ~」 

春香「占いが……」 

雪歩「三人もいます~……」 

やよい「ど、どうなってるんですか……」 

律子「人外サイドの騙りがあるということね」 

伊織「内訳は、真-狼-狂といったところかしらね」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 18:10:33 :P5eEqeGx0

亜美「亜美に○くれたお姫ちんが本物じゃないの~!?」 

真美「誰が本物なの~……」 

伊織「今は考えていても仕方ないわ。今の段階では、推理の要素がないもの」 

貴音「今日の投票は、ぐれーらんだむとなるでしょう」 

真「ぐれーらんだむ?」 

貴音「役職者と占い師の暫定○以外を処刑することです」 

律子「つまり、貴音と○の亜美。美希と○の伊織。あずささんと○の響以外……ってこと?」 

伊織「そういうことね。無駄に役職を吊りたくないから、もし霊能者がいるなら出てきてもいいわよ」 

律子「わかったわ。私が霊能者よ」 

貴音「対抗しーおーする者はいませんか」 

シーン…… 

春香「えっと、誰もいないってことは……律子さんは本物の霊能者ってこと?」 

雪歩「それなら、村人陣営が勝ちやすくなります~!」 

伊織「一概にそうとは言えないわ……。プロデューサーが何か役職を持っていた可能性もあるからね」 

貴音「ともかく対抗がいないということは、今の段階では真と見ても良いでしょう」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 18:22:29 :P5eEqeGx0

貴音「共有者も片方出てきてよいでしょう。無駄な処刑は避けたいです」 

響「そうなのか? じゃあ、COするぞ!! 自分が共有者だー!」 

伊織「……相方は生きてる?」 

響「え、相方って……。ああ! うん。生きてるぞー!!」 

あずさ「あら~。私は共有者を占っちゃったのね~」 

千早「ということは、響に○を出しているあずささんが本物……?」 

伊織「早まるのはやめなさい。それだけで真が決まるほど単純なゲームじゃないわ」 

真美「……共有者はもう一人でなくていいの?」 

貴音「共有とらっぷというものがあります。今は出なくてよいでしょう」 

春香「じゃあ今日は、占い師3人、○3人、律子さん以外の誰かを処刑……?」 

真「そうなるのかな……。処刑……か」 

やよい「うっうー……」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 18:28:09 :P5eEqeGx0

ブン 

武田「投票の時間となりました。各自、投票用紙に処刑する人物の名前を書いてください」 

…………ガラッ 


響(武田の言葉と同時に、男の人が3人入ってきて、投票用紙と鉛筆を配った) 

響(誰か一人を処刑する……) 

響(これが本当にドッキリなら、ためらうこともなく書けるけど……) 

響(……。ドッキリに、決まってるよね) 

響(ごめんね。君は多分、このゲームについていけそうにないから……)カキカキ 



武田「集計の時間となりました。投票用紙を回収します」 

……。 

武田「開票が終了しました。それでは、投票結果を開示します」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 18:37:40 :P5eEqeGx0

2日目 投票結果 

春香  1票 投票先 → やよい 
千早  2票 投票先 → やよい 
やよい 7票 投票先 → 千早 
伊織  0票 投票先 → 春香 
真    1票 投票先 → やよい 
雪歩  2票 投票先 → やよい 
律子  0票 投票先 → やよい 
あずさ 0票 投票先 → 雪歩 
真美  2票 投票先 → 雪歩 
亜美  0票 投票先 → やよい 
美希  0票 投票先 → やよい 
響    0票 投票先 → 千早 
貴音  0票 投票先 → 真 


武田「村民会議の結果、やよいさんは処刑されることになりました」 

やよい「……え? 私……?」 

みんな「…………」 

やよい「え? なんで私なんですか? え? え?」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 18:43:23 :P5eEqeGx0

やよい「やだ……私、死にたくない……」 

やよい「いっぱいお金を稼いで、家族を助けないと……」 

やよい「家族が待ってるんです……やだ……死にたくない、死にたくない……」 

伊織「落ち着いて、やよい! これはゲームよ!」 

スッ 

男1「高槻さん。こちらに来て頂きます」 

響(やよいは男2人に両腕を抱えられて、この会議室の横の部屋に入っていった) 

響(横の部屋へのドアは鍵が閉まっていて、誰も入れなかったんだ……) 

響(ドア越しから、かすかに声が聞こえる……) 


やよい「いやだ!! 離して!! 離してよ!! 私死にたくない!! 死にたくないいいいい!!!」 

やよい「え? え……? な、なんですか、それ……? え、嘘……いや、いやあああ!!!」 


やよい「いやああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 18:49:05 :P5eEqeGx0

響(やよいの悲鳴が聞こえた後、会議室の玄関側の扉が開いて、また男が何人か入ってきた) 

男「これにて2日目昼は終了となります。各自、それぞれの小屋にお戻りいただきます」 

伊織「ちょっと……。あんたたち、やよいに何をしたの……」 

男「処刑いたしました」 

あずさ「しょ、処刑いたしましたって……。嘘、でしょ……」 

真美「え……え……」 

亜美「ド、ドッキリだよね~?」 

男「早く、小屋にお戻りください」 

律子「あんたたち、本当にテレビ局の人間……? カメラも見当たらないし、私たちをハメたの……!?」 

男「カメラは部屋の壁に取り付けてあります。この映像は、もちろん放送いたしますよ」 

男「そういった趣味の方々に、ですがね」 

真「うわああああああああああああ!!!!!! やよいを返せええええ!!!」 

春香「真!!!」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 18:53:59 :P5eEqeGx0

パシッ 

ヒュン 

真「ぐあっ!!!」ドガッ 

響(真が男に殴りかかったけど、簡単に投げ返されたぞ……) 

男「高槻さんを処刑なさったのはあなた方です。それでは、2日目夜に移ります」 


響(それからはもうみんな放心状態で) 

響(車の運転手の男に抱えられて、それぞれの小屋に戻ることになったんだ……) 

響(自分も気づいたら小屋にいたって感じで……) 



響「うう……やよい……。本当に死んじゃったのか……?」 

響「もしかしたら、自分もいつか……死ぬのか……?」ブルッ 

響「グスッ……うう、ハム蔵……。怖いよぉ……」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 18:59:31 :P5eEqeGx0

ブンッ 

伊織「ちょっと、響!! 大丈夫!?」 

響「グスッ……伊織……」 

響の小屋にはテレビがあり、そこには伊織の顔が映し出されていた。 

音声も、向こうに届いているようで、会話ができる。 

夜間に会話できる「共有者」の特権だ。 


響「やよい……死んじゃったんだぞ……」 

伊織「そんなわけないでしょ!! だから、これはゲームだって……」 

響「でも、凄い悲鳴、伊織も聞いただろ!! ドッキリで、あんなこと……!!」 

伊織「ッ……」 


しばし、沈黙。


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 19:08:50 :P5eEqeGx0

伊織「とにかく、落ち着くこと。人狼は、感情的になった人間ほど処刑されやすいゲームよ」 

響「……うん」 

伊織「やよいが処刑される前、少し間があったわ。えっ、えっ……? って」 

伊織「おそらく、ドッキリだから悲鳴あげて!! とかそんなカンペを見せられたのよ」 

響「そうかな……」 

伊織「それより、時間が惜しいわ。明日のことについて話し合うわよ」 


伊織「まず、占いの内訳だけど……。真-狂-狼と私は見てるわ」 

響「妖狐っていうのも騙りをしたりするんだろ? いないのかな……」 

伊織「狼2匹、狂人1人、狐1匹の配役よ。占いを真以外の2人が騙っているとして、狼が2匹とも吊りリスクの高い騙りをするとは考えにくい」 

伊織「おそらく、律子は本物の霊能だと思うわ。狐と狼もう一匹は潜伏ってところかしらね」 

伊織「万が一、律子は狐でプロデューサーが霊能だったりしなければいいんだけど……」 

響「うーん。推理のしようがないぞー」 

伊織「とりあえず、明日になってみてってところね」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 19:17:25 :P5eEqeGx0

響「自分たちに○を出してる美希かあずさが本物なのかな……」 

伊織「一日目は人外も無難に○を出すものよ。でも、二人とも暫定○になるとトラップは使えるかわからないわね」 

響「伊織は、共有COしなくてよかったのか?」 

伊織「私は潜伏する。出るべきところで出るわ」 

伊織「それよりも、共有っていうのは確定○なの。だから、まとめ役になる必要があるわ」 

響「えー、自分がまとめ役!?」 

伊織「私がさりげなくサポートするから、どうにか乗り切ってちょうだい」 

響「ううう……自信ないけど、伊織がサポートしてくれるならわかったぞ……」 

ピピッ 

伊織「……どうやらそろそろ時間のようね。明日、頑張りましょう」 

プツン 


響「……やってやるぞ」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 20:15:41 :P5eEqeGx0

――3日目 昼 

ブン 

武田「今回、開始前に秋月君から話がある」 

律子「はい」スクッ 

律子「みんな、昨日わたしもう我慢の限界で」 

律子「武田さんをとっちめて聞いたら、全部ドッキリだったみたいよ」 

律子「アイドルたちの素の反応を見たかったんですって」 

真「律子、それ本当!?」 

雪歩「騙り……じゃないですよねぇ?」 

律子「武田さんが私に振ってるんだから嘘なわけないでしょ。そういうわけだから、安心して楽しみましょう」 

春香「よかったぁ……プロデューサーさんもやよいも、生きてるんですね」 

千早「それじゃあ、今日いない……」 

真美「亜美も……」 

伊織「…………」 

貴音「…………」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 20:20:01 :P5eEqeGx0

武田「亜美さんは、無残な姿で発見されました」 

スクリーンには、血だまりの中に体をうずめる亜美の姿があった。 

あずさ「これも……ドッキリ……なんですよね?」 

律子「ええ、そういうこと」 

貴音「それでは、もう気兼ねすることもなくなりました。げーむを始めましょう」 

響「そう……だな」 



あずさ「占いCOよ~。真美ちゃんは○だったわ」 

貴音「占いCOです。千早は○でした」 

美希「占いCO。春香は○だよ」 

律子「霊能COよ。やよいは○だったわ」 

伊織「今日も相変わらずの○進行……。決め手に欠けるわね」 

響「ねーねー、占い師の人たちは、なんでその人を占ったか理由を聞いていいか?」 

真美「そーだね……。真美も気になるな」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 20:31:01 :P5eEqeGx0

あずさ「私が真美ちゃんを占ったのは、昨日の昼に共有の二人目も炙り出そうとしてたからよ~」 

真美「ちょ、なにそれ!? 真美、別に炙り出そうなんて……!!」 

伊織「真美、落ち着いて。少しでも怪しいと思われれば占われるのが人狼よ」 

美希「ミキが春香を占ったのは、発言がすごい無難かなって思った人の中から勘でだよ」 

春香「勘って……」 

響「まあ、昨日の段階じゃ推理も何もないからな……仕方ないさー」 

貴音「私が千早を占ったのは、共有に○を出したあずさが本物だという発言が引っかかったからです。もしや、囲いではないかと」

千早「ちょ、そんなことで私は疑いをかけられるの!?」 

伊織「だから、落ち着きなさいって!!」 

真「そうだよ……。占い師それぞれ、ちゃんと理由があって占ってるんだ……」 

雪歩「そしたら、今日はどうなるんですか~?」 

律子「響は共有者……確定○なのよね。なら、響に指示してほしいわ」 

響(ゲッ、きた~……。伊織、助けて!!)チラッ 

伊織「……」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 20:38:11 :P5eEqeGx0

伊織「とりあえず、今日はまたグレーランダム安定じゃないかしら」 

響「そ、そうだな! 自分もそう思うぞ!!」 

貴音「そうですね……。潜伏の狐か狼がいるであろう今、グレーな人物は潰しておきたいのが本音です」 

律子「今グレーなのは……」 

真「僕と、雪歩だね」 

雪歩「ひ~~ん!! い、嫌です~~!!」 

伊織「そういう、吊られたくないというアピールは狼のあがきに見えるわよ、雪歩」 

雪歩「だ、だって! ドッキリってわかってても処刑されるのは……。それに私村人なのに~~!!」 

真美「ともかく、今日はまこちんかゆきぴょんを処刑でいいのかな……?」 

美希「それでいいと思うの。ミキもグレーは減らしておきたいかな」 

あずさ「私も同感ですね~」 

雪歩「そ、そんな……」 

真「仕方ないよ、雪歩。僕たちが死んでも、陣営が勝てば未来はあるさ」


83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 21:36:50 :P5eEqeGx0

貴音「今日をぐれらんにするなら、私は今晩、対抗の○を占いたいところですね」 

伊織「そうね。今日グレーを吊ったら、もう完全なグレーは一人になるものね」 

真美「占いが全員そのグレー占っちゃったらもったいないもんな~」 

律子「響、異論はない?」 

響「……自分も、特に異論はないぞ」 

美希「わかったの」 

あずさ「私も構わないわ~」 

雪歩「残りの処刑がまだ5回も猶予があるし、いいと思います~」 

千早「妖狐が潜んでいる可能性もあるものね」 

真「思い切って占っていくしかないね! 頼みますよ!」 

春香「妖狐……。村人が勝っても、そいつがいたらダメなんだもんね……」 



ブン 

武田「投票の時間となりました。各自、投票用紙に処刑する人物の名前を書いてください」


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 21:41:39 :P5eEqeGx0

3日目 投票結果 

春香  0票 投票先 → 雪歩 
千早  0票 投票先 → 雪歩 
伊織  0票 投票先 → 雪歩 
真    2票 投票先 → 雪歩 
雪歩  9票 投票先 → 真 
律子  0票 投票先 → 雪歩 
あずさ 0票 投票先 → 雪歩 
真美  2票 投票先 → 真 
美希  0票 投票先 → 雪歩 
響    0票 投票先 → 雪歩 
貴音  0票 投票先 → 雪歩 


武田「村民会議の結果、雪歩さんは処刑されることになりました」 


雪歩「ひ~ん、死にたくないよ~!!」 


ガタッ 

響(また男たちが入ってきたぞ) 

響(雪歩は隣の部屋に連れて行かれたぞ)


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 21:46:29 :P5eEqeGx0

響(かすかに声が聞こえる……) 


雪歩「え? え? え? ドッキリじゃなかったんですか!?」 

雪歩「え……ウソでしょ!? 嫌……嫌……!!!」 

雪歩「ま、待って! 私まだ死にたくない!! う、嘘つき!! 律子さんの嘘つき!!!」 

雪歩「うあ、うああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!」 



真「……ねえ、律子。ドッキリ……なんだよね?」ヒソヒソ 

律子「そうよ。臨場感を出すために、裏でも演技してもらってるだけ」 

伊織「じゃあ、なんでドッキリってバラしたのよ」 

律子「死ぬのが怖くて、ゲームに集中できなかったりしてメタ推理とかが出るのが嫌だったから……らしいわよ」 

春香「律子さん……信じていいんですよね?」 

律子「はぁ。私があんた達に嘘ついてどうすんのよ。とりあえず、番組を見る人は編集して私たちがドッキリを理解してること知らないようにするらしいから」 

律子「あんたたちも、リアクションちゃんとしてよね」


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 21:54:45 :P5eEqeGx0

――3日目、夜 

響「なあ伊織……。律子はああ言ってるけど、本当にドッキリなのかな?」 

伊織「プロデューサーの律子がそういうんだから間違いないでしょ? それより、明日のことを考えるわよ」 

響「うー。わかったぞ」 



伊織「うまい具合に対抗○占いの流れが出たわ。これで私に●を出す占いがいたら儲けものね」 

響「共有トラップってやつだな」 

伊織「そう。確定○の響が、私の○を証明してくれるからね」 

伊織「ただ、それを警戒して明日も○進行……という可能性も捨てきれないわ」 

響「そうなったら、またグレランかー?」 

伊織「妖狐の呪殺も出なかったら……。でも、グレーはもう真しかいないわ。どうなるかは、明日の話し合いで決まることよ」 

伊織「まあ占いからしたら、対抗占いを吊りたいところだろうけど……。誰が噛まれるかもわからないしね」 

響「そうだな。また明日、だな……」


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 22:02:39 :P5eEqeGx0

――4日目、昼 

武田「真美さんは無残な姿で発見されました」 

春香「真美……」 

千早「大丈夫、本当は生きてるんだから」 


あずさ「占いCOです~。伊織ちゃんは○ね~」 

貴音「占いしーおー。伊織は○です」 

美希「……占いCO。真美は○だよ」 


あずさ「私の理由は、知識があるからかもしれないけど多弁で、共有を誘導する発言も見られたからね~」 

貴音「私は初日に囲いのある可能性を考えました」 

美希「ミキも囲いを考えたの。発言が無難で、薄っぺらい気がしたから安心してるのかなって」 


真「伊織が見事に真っ白だね」 

伊織「当然よ。で、律子……霊能の結果はどうだった? 

律子「……霊能の結果。雪歩は、人狼だったわ」


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 22:12:08 :P5eEqeGx0

春香「!! 狼、雪歩だったんだ……」 

千早「信じていいのかしら。律子は、本当に霊能?」 

あずさ「今の段階では、真霊能で濃厚だと思うわ~」 


美希「ミキ、狐が怖いって思うな」 

伊織「そうね……。雪歩が狼と考えて、まだどこかに潜んでいる可能性が高いものね」 

真「妖狐か……。もし残ってたら、勝っても負けちゃうんだもんね」 


貴音「そういえば響……。共有は無事なのでしょうか?」 

響「え? あ、うん。無事だぞ! 相棒はピンピンしてるさー!」 

伊織「……もう隠す必要もなさそうね。私がもう一方の共有よ」 

律子「響、あってる?」 

響「そうだぞ! 伊織と自分が共有さー!」 

美希「共有の生存能力半端ないの!!」


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 22:22:32 :P5eEqeGx0

あずさ「雪歩ちゃんを狼と考えて、その日の投票なんだけど~」 

あずさ「占い3人とも雪歩ちゃんに投票してるのよね~」 

美希「身内切りじゃないの?」 

あずさ「狼2人しかいない状況で、身内切りなんかするかしら~? どっちが吊られるかわからないし、真ちゃんに入れても良かったわけだし……」 

千早「つまりあずささんは、占いの中には狐がいると?」 

あずさ「あくまでも可能性の話だけどね~」 

響「う~ん、わかんないぞ~……」 


春香「とりあえず今日は、共有にリードしてもらいたいかな……」 

伊織「そうね。律子はもう●出したし、用済みな気もするわ」 

律子「……」 

あずさ「狐のことを考えると、もし占いにいたらグレランは危ないんじゃないかしら~?」 

響「呪殺……占いにしてもらわないとわからないな」


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 22:32:11 :P5eEqeGx0

美希「ミキは仕事終わってるし、律子吊ればいいと思うの」 

貴音「私は完全ぐれーの真を吊りたいです。あずさの言うとおりに狐を考えるなら、明日は、対抗占いをしておきたいです」 

律子「私は、村のためになるなら処刑されても構わないわ。まあ、共有に任せるわ」 

伊織「……そうね。確かに狐を考えると、グレー要素の真を吊っておきたい気もするわ」 

真「……わかった。村のために、僕は処刑されるよ」 

春香「え、ちょ、真!?」 

真「グレー要素を残すより、狐探しをした方がいいと思うんだ」 

真「なーに、どうせドッキリなんだし! 大丈夫だよ!!」 

響「真が村人なら、狐は明日の占いに出やすくなるかな……?」 

千早「私は律子を吊るべきだと思うんだけど……」 

伊織「わかったわ。今日は真を吊りましょう」 

あずさ「いや、でももし占いが真狂狐だったら、万が一真ちゃんが狼だった時――」 


武田「投票の時間となりました」


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 22:35:05 :P5eEqeGx0

4日目 投票結果 

春香  0票 投票先 → 真 
千早  0票 投票先 → 律子 
伊織  0票 投票先 → 真 
真    6票 投票先 → 貴音 
律子  2票 投票先 → 真 
あずさ 0票 投票先 → 律子 
美希  0票 投票先 → 真 
響    0票 投票先 → 真 
貴音  1票 投票先 → 真 


武田「村民会議の結果、真さんは処刑されることになりました」 



真「まっこまこりーん」


118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 22:42:57 :P5eEqeGx0

――4日目、夜 

伊織「響、私は多分今夜噛まれるわ」 

響「え!? な、なんで!!」 

伊織「占い2人から○貰ってて、経験者で、しかも共有。グレーの真も消えたし、噛むならもうここよ」 

響「そんな……。伊織なしじゃ、自分やってける気がしないぞ」 

伊織「自信持ちなさいよ。確定の○は、あんただけになるんだからね」 

響「そういえば、狩人は生きてるのかな……。生きてれば、守ってくれるかも」 

伊織「わからないわね。グレーも結構吊っちゃったし」 

伊織「とりあえず明日は、どう出してくるか分からないけど対抗占いをさせたいわ。貴音はするって言ってたけど」

響「占い同士の占い、だよな」 

伊織「明日の占いの発言を見て考えてちょうだい。それから、響――プツッ」 

響「え……。伊織……?」 


響「襲撃……されたのか?」


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 22:51:18 :P5eEqeGx0

――5日目、朝 

武田「伊織さんは無残な姿で発見されました」 


あずさ「占いCO。春香ちゃんは○よ」 

貴音「占いしーおー。美希は○でした」 

美希「占いCOなの。千早さんは○だったの」 


あずさ「対抗占いしても良かったんだけど、真ちゃん吊って終わらないし、占いに狐が混じってるかも不確実だし~」 

あずさ「というわけで、ちょっと私のグレーの中から狼探しをしてみたわ~」 

貴音「私は占いに狐が混じっていると思いましたので、美希を占いました。どうやら、狂人のようですね」 

美希「美希にとって、もう対抗の○は千早さんしか残ってなかったの」 


律子「ちなみに霊能だけど、真は○だったわ」


130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 23:07:35 :P5eEqeGx0

貴音「私目線ですと、あずさ、律子、春香の誰かが妖狐となります」 

美希「ミキ視点ではやよいか真美なの。で、占いに最後の狼が隠れてるって感じかな」 

あずさ「私視点だと、千早ちゃんか美希ちゃんか……。もちろん、律子さんかもしれないけど」 


千早「もし春香が○なら、狼は占いの中ね」 

律子「まあ、私も狼はほぼ占いの中だと思うわ」 


春香「それで、今日はどうするの? 響、指定お願いしていい?」 

響「うん。もうここまできたら、対抗占いをしてほしいぞ」 

響「あずさは美希を占ってほしいぞ」 

響「貴音はあずさ、美希は貴音……大丈夫かな? 

貴音「いいでしょう。私視点では、ここは確実に狼か狐です」 

響「とりあえず、今日は律子を吊ろうと思う」 


武田「投票の時間です」


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 23:09:47 :P5eEqeGx0

5日目 投票結果 

春香  0票 投票先 → 律子 
千早  1票 投票先 → 律子 
律子  6票 投票先 → 千早 
あずさ 0票 投票先 → 律子 
美希  0票 投票先 → 律子 
響    0票 投票先 → 律子 
貴音  0票 投票先 → 律子 


武田「村民会議の結果、律子さんは処刑されることになりました」 


律子「はは……」 

律子(本当は武田に脅されてドッキリとか言ったけど、どうなるか私にもわかんないのよねー……) 

律子(あー……死にたくない)


135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 23:14:52 :P5eEqeGx0

――5日目、夜 

響「真占いならここで狼か狐をひいてくれるはず……」 

響「でも狂人……いるよなぁ」 

響「もし狂人がいたら、狐は死んでるのかな……」 

響「伊織―、たすけてくれよー」


137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 23:17:24 :P5eEqeGx0

――6日目、朝 

響「あれ……死体がないぞ」 

春香「これってつまり」 

千早「狐を噛んだか、狩人がいるか」 

あずさ「狩人がいるのならCOするべきよ~」 

シーン 

貴音「どうやら、いないようですね。ということは」 

美希「狐が生存してるの」


139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 23:27:18 :P5eEqeGx0

貴音「ともかく占いしーおーです。あずさが●でした」 

あずさ「ふ~ん……。私は、美希ちゃん○だったわ」 

美希「貴音は○だったの。美希視点、あずささんが最後の狼なの」 

あずさ「狩人もいないようですし、私の中で占いの内訳は真-狂-狼で決定よ~」 

千早「私か春香が妖狐ってことね」 

春香「そういうことになるね……」 

貴音「狐は潜んでいる可能性が高いですね。私は春香を占えば狐容疑者は消えるわけですが」 

あずさ「私目線は千早ちゃんね~。今晩、貴音ちゃんが春香ちゃんを占って、私が千早ちゃんを占えば村視点安全じゃないかしら?」 

貴音「わかりました。では、今日は美希を吊りましょう」 

響「春香か千早が狐なら、美希は破綻してるもんな……」 

美希「……」 

貴音「霊能はおそらく真でしょうから、もう狼囲いの線は薄いでしょう」 


武田「投票の時間です」


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 23:30:35 :P5eEqeGx0

6日目 投票結果 

春香  0票 投票先 → 美希 
千早  0票 投票先 → 美希 
あずさ 0票 投票先 → 美希 
美希  5票 投票先 → あずさ 
響    1票 投票先 → 美希 
貴音  0票 投票先 → 美希 


武田「村民会議の結果、美希さんは処刑されることになりました」 


美希「ちくしょうなの」 

美希「来世でもおにぎり食べたいの」


144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 23:34:56 :P5eEqeGx0

――7日目、昼 

武田「春香さんは無残な姿で発見されました」 

武田「千早さんは無残な姿で発見されました」 


貴音「占いしーおー。春香○です」 

あずさ「占いCO。千早ちゃん○です」 

響「呪殺……か」 

響「…………」 

あずさ「とにかく、貴音ちゃんを吊って終わりよ」 

あずさ「途中で真狂狐と勘違いしたけど、身内切りだったみたいだしね~」 

貴音「ほう……。なるほど、あずさ視点ではもう狐が誰か分かっていたのですね」 

あずさ「あら~? わかっていたのは貴音ちゃんの方じゃないの?」 

貴音「昨日昼の占い誘導……。自分が千早を占い、私が春香を占う。そうすれば村視点は安全」 

貴音「こうすれば、確かに千早を占って噛めば、あたかも自分が呪殺したようにもなるわけです」 

あずさ「それは、貴音ちゃんにも言えることじゃないかしら?」


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 23:40:01 :P5eEqeGx0

響「なんかいろいろ引っかかるぞ……」 

あずさ「4日目、占いが真狂狐の可能性もあるのに、貴音ちゃんは完全グレーの真ちゃんに投票したわよね?」 

あずさ「これって、内訳が狼って分かってたからじゃないのかしら~?」 

貴音「その可能性は否定できません。しかし、真が人外だった可能性も十分にあります」 

貴音「そして、私は真っ先に対抗占いを占っています。狐が占いに出ていることを考えて」 


貴音「……」 

あずさ「……」 


貴音「響」 

響「は、はいさーい……」 

あずさ「この村は、響ちゃんの判断にかかってるわ」 

響「う、うん……」 

貴音「どちらが狼か。よく考えるのです」 


武田「投票の時間です」


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 23:46:16 :P5eEqeGx0

響(どっちだ……) 

響(どっちなんだ、一体……) 

響(あずさの言うことも、貴音の言うことも、もっともらしくは聞こえる) 

響(だけど同時に、苦し紛れにも聞こえる) 

響(…………) 

響(6日目の占い誘導) 

響(確かに気になる……) 

響(あと、真) 

響(もし人外なら、あんな風に自分から吊られに行こうなんてしないハズ) 


響(…………うーん) 

響(自分は……) 


響(貴音を信じてみよう……)


152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 23:48:46 :P5eEqeGx0

7日目 投票結果 

あずさ 2票 投票先 → 貴音 
響    0票 投票先 → あずさ 
貴音  1票 投票先 → あずさ 


武田「村民会議の結果、あずささんは処刑されることになりました」 


響「……」 

あずさ「…………」 

貴音「…………終わり、です」 



武田「人狼の血を根絶することに成功しました! 村人陣営の勝利です!!」


157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 23:52:13 :P5eEqeGx0

あずさ「私、どうなるのかしら」 

貴音「……。陣営の敗北。それはすなわち死を意味します」 

響「じょ、冗談よすさー! 律子、ドッキリって言ってたじゃん!!」 


ガタッ 

男「お疲れ様でした。あずささんはこちらへおいでください」 

あずさは隣の部屋に入っていった。 

その中には、困り顔をした雪歩と春香の姿も見えた。 


引き換え、会議室の中には村人陣営のメンバーが続々入ってきた。 




久しぶりに再会した仲間と静観を喜び合う最中、三発の銃声。


160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 23:55:11 :P5eEqeGx0

忘れてたかのように、もう一発銃声が鳴る。(美希忘れてた) 

プロデューサーが咄嗟に隣の部屋へのドアを開く。 


その光景は、後ろにいた私たちの方からも良く見えた。 

頭から血を流して倒れる、春香、あずささん、雪歩、それから美希。 


冗談ではなかった。 

銃口から上る煙。 




響「う、うわあああああああああああああ!!!!!!!!!!!!」


164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/29 23:59:59 :P5eEqeGx0

監督「はい、カーット!!!」 

響「ふー、やっと終わったさー」 

貴音「ゲームを題材にした映画の撮影とはいえ、仲間を疑っていくのは面白ものではありませんでしたね」 

真美「ほんとだよー! 兄ちゃん、もっと楽しい仕事とってきてよー!」 

亜美「そうだそうだー! もっと楽しいゲームしたいよー」 

律子「まあいいじゃない。これであんたたちの名が売れれば、オファーがいっぱい来るかもよ?」 

千早「それは楽しみね。歌える機会も増えるかもしれない……」 


あずさ「でも、人外サイドは本当に踏んだり蹴ったりね~」 

雪歩「私狼なのにすぐに吊られました……。ひんそ~だからです~穴掘ってうまってます~」 

やよい「本当に一番最初に吊られたのは私です……」 

美希「でもミキ、楽しかったな」 

真「僕も!! 久々にドキドキしたよ!!」 

貴音「終わりよければすべてよし、ですね」 

P「完」


元スレ
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1333002105