1:2014/01/04(土) 01:03:40.07 :5JU5xn5z0

クリスマス後~年末にかけて。 


P「うひぃ~さぶ~っ。ただいま戻りましたぁ」ガチャ 

…。 

P「あれ……誰もいないのかな。ちひろさー…」 

ちひろ「…」Zzz 

P「(おや珍しいな、机でうとうと居眠りしているだなんて。――ま、暖房ガンガンきいているもんなあ)」 


ちひろ「ムニャ…Pさん…一年の計はガチャにあり…福袋ガチャはいかがですかあ…ムニャムニャ」 

P「あはは…財布に余裕があれば、考えときますよ」ファサッ


3:2014/01/04(土) 01:17:02.69 :5JU5xn5z0

卯月「ただいま戻りました!」 

未央「ふぅー寒かったあ!」 

凛「でも、これで私たちもようやく仕事納めだね」 


P「みんな、おかえり。どうだった、年末最後の収録は?」 

未央「もちろんバッチリの出来だよ。元日を楽しみにしていてね?」 

凛「クリスマスも終わったばっかりなのに、振袖姿ってのは凄く不思議な気分だったけどね」 

卯月「そうだね――って、あれ、ちひろさんは?」 

P「ちひろさんなら、そっち」 


ちひろ「……」Zzz 

凛「寝てる」 

未央「っていうか…いたんだ。気づかなかった」 

卯月「いつもの黄緑色が隠れてたから、かな? これはプロデューサーがいつも着ている…」 

P「ああ…風邪を引いたらいけないし…かといって、ブランケットみたいなもの、見当たらなかったからさ」 


凛・未央・卯月「!」


6:2014/01/04(土) 01:28:07.93 :5JU5xn5z0

卯月「ふふっ、羨ましいなあ。何だか暖かそうだもの、プロデューサーさんのコート」 

未央「へっへっへー、プロデューサー、さっすがあ。やるねェ!!」グイグイ 

P「茶化すなよ…別にそれ以上の意図はないっての」 

凛「…」 


ちひろ「…えへへ…Pさんって…暖かいんですね」ムニャ 

凛「!」 

卯月「あ、プロデューサーさん、プロデューサーさんについて寝言を言ってますよ?」 

P「本当に? 確かさっきも言っていたな…」 


未央「これはプロデューサーのコート効果ですなあ。しかし、それにしてはちょっと親密過ぎやしませんかね?」ニヤニヤ 

P「だーかーらー茶化すなってばー」 

未央「誤魔化したって顔が赤いz――あうっ、で、デコピン?!」ビシッ 

凛「…」 

ちひろ「…ふふふっ」Zzz


7:2014/01/04(土) 01:44:55.14 :5JU5xn5z0

ちひろ『プロデューサーさん! 元旦ガチャを逃しても、福袋ガチャもありますよ!』 

P『何だって?! それは本当かい――って何だアイツら?!』 

他P達『俺だ俺だ俺だいや俺だ』ドタドタドタ 

P『うおああああ?!』 


・・・ 


P『い、痛っ…野郎め…思いっきり踏みつけやがってぇ……』ピクピク 

ちひろ『ごめんなさい…もうキャンペーンは終了なんです』 

P『そ…そんなあ…』 

ちひろ『あ、でも実は一つだけ、一回限りのガチャが残っているんですよ…その名も「千川ガチャ」! 

私がプロデューサーさんだけのアイドルになります……しかも今なら無料ですよ…、な、なんてっ』 


P『それでお願いします!!』ギュッ 

ちひろ『あっ、もう…Pさんったら大胆♪』 

P『ちひろさん、いや、ちひろ…俺、前々からちひろの事が――アウッ!!』 

ちひろ『えっ』 


犬R『…プロデューサー…一緒に初日の出散歩に行く約束、したでしょ?』ガブガブ 

犬M『そうだぞーこの浮気者ー』ガブガブ 

犬U『ご、ごめんなさいちひろさん…』 

P『ち、ちひろォー』ズルズル 

・・・ 
・・ 
・ 

ちひろ「Pさーん!!」ガバッ 

ちひろ「あれ…夢…?」


8:2014/01/04(土) 01:55:36.54 :5JU5xn5z0

P「珍しく、結構寝てましたね」 

ちひろ「あっ…プロデューサーさんっ…これはその…」 

P「まあまあ、コーヒーどうぞ」コト 

ちひろ「ど、どうも…」ズズッ 


ちひろ「…ところでプロデューサーさん、私が寝ている間に…何かしませんでしたか?」 

P「えっ…?! いや…別に…その…」 

ちひろ「…」 

P「…いや、風邪引いたらいけないって思って、コートをかけていたんですけど…」 


ちひろ「ああ、道理でプロデューサーさんの匂いがしたわけです」 

P「何だか…すみません」 

ちひろ「あ、謝らなくっていいんですよ。別に…悪くない匂いですし」 

P「そ、そうなんですか? うーん…自分のだから、あんまり自覚が無いんですよね」 


ちひろ「男の人特有の匂いって感じでもないんですよ。不思議な感じです」 

P「は、はあ…」 

ちひろ「ところでそのコートは? …私が起きた時にはもうかけてなかったようですけど」 

P「それが――」


9:2014/01/04(土) 02:01:15.59 :5JU5xn5z0

凛「ふーん、これがプロデューサーのコートか……まあ、悪くないかな」ヌクヌク 

未央「しぶりん次私だからねー…ってさっきから何度も言っているんだけど」 

卯月「ねねっ? 不思議な匂いがするでしょ?」 

凛「うん。お父さんとかの匂いとは違う……言葉では表せない感じだね……でも、それがいい」 

未央「しーぶりーん…」 


P「…という具合です」ハァ 

ちひろ「あらら……」 


10:2014/01/04(土) 02:13:28.23 :OZyj7JdJ0

・・・ 

凛「…じゃあ、私たちはこれで」 

未央「結局少ししか着れなかった…」ムスッ 

卯月「プロデューサーさん達はこの後どうされるんですか?」 


P「俺もちひろさんも今日で仕事納めだよ。でもその前に…あと、もう一人回収だな」 

凛「回収?」 

ちひろ「美嘉ちゃんですよ」 

卯月「ああ、そう言えば」 

P「そっ。あと少しで年末ライブが終わるだろうから……お迎え&そのまま家へ送り届けってわけ」 


未央「い、いいなぁ~私も送ってほしいなぁ~」 

P「はいはい…また来年、な?」 

凛「うん。良いお年を」 

未央「良い年末を!」 

卯月「おつかれさまでした!」


11:2014/01/04(土) 10:29:56.47 :RzzcTGmi0

美嘉「おつかれさまでしたー★」ガチャ 

P「美嘉」 

美嘉「あっプロデューサー! 来るの遅いよ? もうライブ終わっちゃったんだから」 

P「すまない、これでも急いだつもりだったんだけどな…」 

美嘉「冗談、冗談だってば★ でも後でビデオのチェックはしといてよね?」 

P「もちろん。それじゃあ、着替えたらロビーの方に来てくれ。家まで送っていくから」 

美嘉「うんっ♪ ありがとねプロデューサー」


12:2014/01/04(土) 10:42:57.07 :RzzcTGmi0

・・・ 

P「ん……美嘉、来るの遅いなあ。どうしたんだろ?」 

美嘉「ぷ、プロデューサー…」 

P「美嘉……その恰好。お前、上着はどうしたんだ?」 


美嘉「それが…楽屋中探したんだけど、見つからなくって……」 

P「それは本当か?」 

美嘉「うん……どうしよう……あれ、最近莉嘉に選んでもらったものなのに…」 

P「まあまあ…ちょっと待ってな」ピポパ 


・・・ 
・・ 
・ 

P「――ありがとうございます。彼女にもよろしくお伝えください。では失礼します」ピッ 

美嘉「…どうだった?」 


P「ひとまずは大丈夫。ほら今日、楽屋が一緒だった、別プロダクションのアイドルいただろう? 

――どうやらその子が自分のと間違って、お前のコートを着て行ってしまったらしい」 


美嘉「な、なんだそうだったんだぁ…良かった、盗まれちゃったかと思ったよ」 

P「そのアイドルにはマネージャーを通じて連絡済みだけど、もうこんな時間だからなあ…返ってくるのは、明日以降だ」 

美嘉「ううん、良いよ。盗まれたわけじゃなかったんだし。――あ、でもこのまま帰るのはちょっと…」 


13:2014/01/04(土) 10:50:45.74 :RzzcTGmi0

P「だったら、これで良ければ使ってくれ」ファサ 

美嘉「ええっ?! …プロデューサーのコートを?」 

P「うっ…それは我慢してくれよ。さっきもちひろさんに変なこと言われたんだから」 

美嘉「変って…どんな?」 

P「不思議な匂いがする…だとか」 

美嘉「ふぅん…」クンクン 


美嘉「あ、確かに」 

P「やっぱり!? …返してくれ。代わりの上着を借りてくるか、買って来るなりするから…」 

美嘉「あははは★ナイーブだなあ、プロデューサーは……別に嫌じゃないよ? それにとっても暖かいし…」ギュッ 

P「…そうか?」 

美嘉「そー言うもんなのっ★ほら、帰ろうよ……ってプロデューサーはどうするのさ? 風邪引いちゃうよ?」 


P「俺は大丈夫さ。元々寒さに強い方だし、今はマフラーがあるし」 

美嘉「ああそうなのって…そのマフラー長くない?」 

P「それがな――」


14:2014/01/04(土) 10:59:48.22 :RzzcTGmi0

まゆ『知ってますかぁPさん? 寒い時でも首や鼻元をマフラーやマスクで押さえておけば、寒さを感じにくいそうですよぉ?』アミアミアミ 

P『…そうなのか…まゆは物知りだなぁ』ナデナデ 

まゆ『うふふふふ……♪ もっと撫でてくださぁい…もう少しで出来ますから』アミアミアミアミアミ 

P『(撫でるたびに編む速度が上がる……っていうかまゆよ、どこまで編むつもりなんだッ?!)』 

ちひろ『暖房の設定温度、下げときますね』ピピッ 

・・・ 
・・ 
・ 

P「――という具合に作ってもらったんだよ」 

美嘉「ふぅーん…仲良いんだ」 

P「いや…そんなんじゃないってば。だからその目は止めなさい」 

美嘉「その割には満更でもなさそうだけど?」 

P「うっ」 


美嘉「ふふっ、何だか妬けちゃうなあ。でも…次のバレンタインは…覚悟しといてね?」 

P「はいはい…それじゃ、いい加減帰るとしますか」 

美嘉「OK★」 

美嘉「(そう言えば前もこうやってかけてもらったっけ? コレ、しばらく借りても良いのかなあ…)」ギュ…


15:2014/01/04(土) 11:15:08.75 :RzzcTGmi0

年が明けて… 


P「おー混んでる混んでる……」 

ちひろ「お賽銭箱に着くまでは、時間がかかりそうですよ?」 

P「だったら、しばらく散策でもしてますか?」 

ちひろ「そうですね…もしかしたら、うちのアイドルに会えるかもしれませんよ?」 


P「ですね…あ、それと言い忘れていましたけど」 

ちひろ「?」 

P「似合ってますね、着物…」 

ちひろ「…! えへへ……ちょっと頑張っちゃいました♪」


16:2014/01/04(土) 11:22:35.17 :RzzcTGmi0

梨沙「あ、プロデューサーにちひろじゃない。どうしたのよこんな所で」 

ちひろ「あ、梨沙ちゃん。あけましておめでとう」 

P「新年早々開口一番がそれか…あけましておめでとう、だろ?」 

梨沙「…あけおめ」ボソ 


P「まあいいや…それよりも、寒くないのかよ、その恰好は」 

梨沙「ハァッ!?さ…寒くないし! オシャレには我慢も必要なの!」 

P「我慢って…やっぱ寒いんじゃねーか!」 

梨沙「アタシはアイドルなんだから! こういうプライベートでもキメなきゃダメなの! プロデューサーならそれくらいわかってよね!」 


P「だからってなあ」ジー 

梨沙「もう、ジロジロ見るのはヘンタイっぽいからやめ…はっくちゅん!」 

ちひろ「あっ」 

梨沙「! …はっ…なによ!なによ?!」 

P「ほうら、言わんこっちゃない」スッ 


17:2014/01/04(土) 11:31:46.10 :RzzcTGmi0

梨沙「肌を見せるのが大事ってオシャレな雑誌に書いてあったんだもん……って、何これ」 

P「使えよ。風邪を引いたらたまったもんじゃないぞ?」 

梨沙「だから寒くなんか…ん、よく見るとアンタのコートあったかそうn――っくちゅん!」 

ちひろ「…梨沙ちゃん」 

P「梨沙」 

梨沙「確かに…か、風邪ひくと迷惑かかるし…借りてあげてもいいわ! アンタが言うから仕方なくよ! 仕方なくなんだから!」グイッ 


P「まったく…少しはマシになったろ?」 

梨沙「…少しは、ね。でも…ギューってしてくれたら…」ボソ 

P「えっ」 

梨沙「ちちち違うわよ、パパによ?!」バタバタ 

ちひろ「ふふっ、すっかり馴染んじゃってますね」


18:2014/01/04(土) 11:54:22.74 :RzzcTGmi0

2,3日後 

P「うー紗南のやつめ……いくらゲームで勝った方の言うこと聞く約束だったからって…… 

何も正月からゲーセンで遊ぶことはないだろうに。っていうかこの時期に開いているゲーセンもすげーな」ブルブル 

P「紗南はまだ来てないのかな……おや…あれは」 

穂乃香「あと少し、あと少し……ああ、またっ?! でも結構使っちゃったし…このまま負けるわけには…っ!」 


P「穂乃香」 

穂乃香「Pさん! こんな所で会うだなんて…奇遇ですねっ。 それから…あけましておめでとうございます」 

P「ああ、今年もよろしくな。――にしても…ははっ、穂乃香もすっかりゲーセンの魅力の虜になってしまったな?」 

穂乃香「あ…いや…これは…でも、お稽古は怠けていませんからっ」カアア 


P「休みなんだから、息抜きくらい当り前だろ? ――で、狙いはやっぱり……」 

穂乃香「はい。やはり、あの右奥の……変ですかね? ぴにゃこら太」 

P「いや…それはいいんだ別に」 

ぴにゃこら太「…」 

P「…」 


20:2014/01/04(土) 12:40:47.65 :RzzcTGmi0

・・・ 
・・ 
・ 

穂乃香「ありがとうございます。ずっとほしかったものなので…」 

P「そりゃ頑張った甲斐があるよ。でも、こないだ獲った奴とそれは、どう違うんだ?」 

穂乃香「それがですね、つい最近声が実装されたんです。いいですか、このおなかを押すと…」ギュッ 

ぴにゃこら太『二対一は卑怯だろ…?!』ボソ 

P「…」 

穂乃香「ね? 可愛いでしょっ?」ニコニコ 

P「お、おう…」 


穂乃香「さてと…まだ時間ありますから……プリクラ、撮っていきません?」 

P「えっ…俺も? ちょっと恥ずかしいよ…」 

穂乃香「新年の思い出一枚目に…ダメですか?」ジッ 

P「うっ…分かったよ。考えてみたら穂乃香って、こういうのはあんまりやったことないんだもんな…まあ、俺でよければ」 

穂乃香「ありがとうございますっ♪」 

ぴにゃこら太『えらいな、一杯願いを聞いてあげて』ボソ 

P「……どういたしまして」


24:2014/01/04(土) 15:04:14.62 :RzzcTGmi0

P「よっと…これでいいのかな」 

穂乃香「お邪魔します」ギュッ 

P「うわっ、ほ…穂乃香…さん?!」 

穂乃香「ふふふ……こうしないと二人共、写らないですよ?」ギュー 

P「いや、あはは…(バレエやっているからなのか? 何だか体の感触までもが柔らかいぞ……)」 


穂乃香「んっ……何だかPさんの匂いがする。このコートでしょうか」 

P「お、お前もなのか穂乃香…」 

穂乃香「何だか良い香りですね……その…ちょっと失礼します」ズイッ 

P「ってオイオイ(こ、コートの中に穂乃香が入ってきた…だと…?!)」 


穂乃香「この距離なら、もう逃げられませんね」ギュウ… 

P「…いやいやマズいよ穂乃香…色々当たっているし……これ以上は…」 

ぴにゃこら太『よせと言っている…これ以上、暴走する気はない…!』ウゥゥ 

P「」


25:2014/01/04(土) 15:13:39.86 :RzzcTGmi0

穂乃香「Pさんのお陰で、私…バレエ以外のいろんな事を学んできましたけど…その、遊びらしい遊び…知らなくて」 

P「…顔が近いよ…」 

穂乃香「こういうこと頼めるのって、私にとってはPさんしかいないから……勇気、出しちゃいます」スゥ… 

P「穂乃香、俺は……」 

穂乃香「お願いです。私にもっと経験、積ませてくださ――」 


『Pさーんっ!!』 


P・穂乃香「!!」ビクッ 

P「あ、あの声は…紗南か?」 

紗南『おっかしいなあ……さっきこっちから声がしたんだけどなあ。もしかして、待たせたから…帰っちゃったのかな』 


P・穂乃香「…」 

紗南『え、あっちにいるかも? そうなんだ、ありがとう。探してみるねっ』タタッ 

P「…誰か知り合いが一緒にいるのか?」 

穂乃香「もう行っちゃったみたいですよ? じゃあ、続きを……」 

シャッ 

P・穂乃香「!!」


26:2014/01/04(土) 15:23:28.18 :RzzcTGmi0

早苗「…見ィつけた♪」ニヤァ… 

穂乃香「あっ…早苗さん…」 

P「…」 

P「紗南が居なくなったと思ったら…早苗さんが現れた……ッ?!」ガクガク 


早苗「紗南ちゃんとたまたま会ったと思ったら、Pくんがいて…… 

しかも自分のコートの内側に穂乃香ちゃん……これはどういうことかしら……?」 


P「…こ、これはまずいぞ…穂乃香……ふぉふぉ、フォローを」 

穂乃香「私…Pさんにもっとアイドルらしくしてもらおうと、ご指導を…」ポッ 

P「」 


早苗「Pくぅん…」ギリギリ 

P「うわああああ、ま、まだ死にたくないッ」ダッ 

穂乃香「あっ、Pさん」 

早苗「なんという見苦しさよ…」ダッ 


27:2014/01/04(土) 15:32:15.87 :RzzcTGmi0

紗南「あ、あれはPさん! 早苗さん見つけてくれたんだっ、おーい…ってあれは…何?」 

P「ウウゥオオッ!!」(Pの怯える声) 

早苗「逃がすかーっ!!」ダダダ 


紗南「どうなってるの…? あ、穂乃香さん。それって…Pさんのコート?」 

穂乃香「はい。何だか……あんなに遠くに行ってしまったのに、まるで近くにPさんがいるような気持ちになります」ポー 

紗南「マジで?! 次、あたしにも貸してよ! ね、お願ーい!」 

穂乃香「あと五分だけ…」ギュー 

ぴにゃこら太『やめてくれ…誰か…誰か助けてくれェ』ウオオ…


28:2014/01/04(土) 15:49:23.89 :RzzcTGmi0

次の日 


凛「もしもし、CGプロです。うちのプロデューサーのPですか? 
 ――申し訳ございません、本日休みとなっております。ええ、それでは――」ガチャ 

卯月「プロデューサー風邪引いたんだって?」 

未央「そうみたい。珍しいね、あんなに元気だったのに…」 

凛「うん…何でも昨日、コートも着ずに走り回っていたみたいで」 


卯月「そう言えば、美嘉ちゃんや梨沙ちゃんからも聞いたけど……ここのところ、コートなしで外にいることが多かったみたいだね」 

凛「プロデューサーったら、すぐ調子に乗るから……」ハァ 

卯月「で、プロデューサーさんの机に今のっているのが…」 

ぴにゃこら太『俺の実力だ』ボソ 

未央「代理人だってさ」 


29:2014/01/04(土) 15:56:51.90 :RzzcTGmi0

P「うー怠い。まさか自分が風邪引いてしまうとは…」 

ちひろ「Pさんらしいと言えば、らしいですけどね」クス 

P「元はと言えば俺のコートがあったから……いや、無かったから風邪を引いたんですけどね…」 


ちひろ「ああ、Pさんのコートですか。そうそう…その、こないだのコートの匂いの話ですけどね、なんとなく秘密が分かった気がするんです」 

P「えっ」


30:2014/01/04(土) 16:19:52.83 :RzzcTGmi0

ちひろ「Pさんの周りにはいつも色んな子たちがいますから……たまにPさんも、ああやってコートを貸したりもしているじゃないですか」 

P「それで色んな香りが混ざり合って、その匂いが? なるほど……でも、何と言ったら良いのか困る答えですねソレ…」 

ちひろ「良いじゃないですか。それだけアイドルの子たちから慕われているんですから……」 

ちひろ「…あ」 


P「?」 

ちひろ「でも、そう考えると、やっぱり私個人としては……あんまり良い気分はしないですね……」ズイッ 

P「あの……ちひろ…さん?」 

ちひろ「いつもはPさんの匂いばっかりでしたから…」 



ちひろ「今度は逆に……私の匂い…感じてもらえませんか、Pさん?」 


お し ま い


32:2014/01/04(土) 16:45:18.61 :RzzcTGmi0

・・・ 

凛「あ、ところでプロデューサーのコートって、穂乃香さんに預けたままだよね…」 

未央「確かね。でも、それから紗南ちゃんが借りて、その次にまゆちゃん、その次に――」 

卯月「えっ…転々としているんだ…」 

未央「最後は確か――」 


バタン 


きらり「Pちゃーん☆コート返しに来たよーっ! …ってあれれ? いないのかなぁ?」ギチギチ 

凛・未央・卯月「」 

きらり「あっ、凛ちゃん達! どうかな、似合ってるかな? Pちゃんのコート☆」ギチチ 

卯月「うん、すごくお似合いだと思うよきらりちゃ――」 

きらり「うきゃー☆恥ずかしー」ミシミシ 

きらり「でも☆うれし――」パアン!!! 


凛・未央・卯月「えっ」 

きらり「あっ」 



 その後、破壊されたコートに代わる新しいコートがPに贈られるも、既にアイドル達の様々な匂いがついていたり、 
千川がPの体臭から作った香水を化粧品会社へ売り込んだり、 
梨沙の結婚式に向かう途中、Pが最近出没の通り魔に刺されたりするのだが、それはまた別のお話…… 


<今度こそおわり> 


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1388765019