4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/01 22:14:57 :yVkdX2/E0

ちひろ「えぇ!?め、目が見えなくなったってそんな……え、えっと……大丈夫なんですか?」 

P『えぇ。どうやら疲労による一時的な失明だそうで、1週間ほど休養すれば見えるようになるそうです』 

ちひろ「よかった……ドリンクの副作用じゃなかったんですね……」ボソッ 

P『え?何か言いました?』 

ちひろ「なんでもないです、こちらの話です!」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/01 22:16:36 :yVkdX2/E0

P『そ、そうですか……とりあえずそういうわけで1週間ほど休みをもらいますね』 

ちひろ「分かりました!ところで、目が見えなくて生活とか大丈夫なんですか?」 

P『自分の家くらい目が見えなくったって大丈夫ですよ!』 

ちひろ「わかりましたーではアイドル達には出張とでも言っときますね(棒)」 

P『え?ちょっちひろさn――ガチャッ 




ちひろ「これは面白いことになりそうね」フフフ


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/01 22:19:37 :yVkdX2/E0

―――― 
――― 
―― 


P「ちひろさんのあの反応……嫌な予感がする……」 


ピンポーン 


P「ほら来た……」 

P「はーい、鍵は開いてますよー」 

P「えっと確か玄関はこっちのほう……」 

ゴンッ 

P「あっやば……」グラッ 

ドスン! 

P「あいたたた……」 

???「プ、プロデューサー、さん……え、えっと……だ、大丈夫?」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/01 22:21:55 :yVkdX2/E0

P「その声……小梅か……?」 

小梅「う、うん……ちひろさんに、言われて来たらお、おっきい音がしたから、その…」 

P「ちょっと転んでしまっただけだから大丈夫だよ。……頭はここか?ありがとう、小梅」ナデナデ 

小梅「えへへ……」 

P「ところで小梅の隣にいる子は誰だ?」 

小梅「え?」 

P「え?二人で来てくれたんだろ?」 

小梅「プ、プロデューサーさん……あ、あの子が、分かるの……?」 

P「え?」 

P「なにそれこわい」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/01 22:24:03 :yVkdX2/E0

小梅「い、今あの子が……どこにいるか、わかる?」 

P「俺のななめ右のほうにいる?」 

小梅「せ、正解……」 

P「」 

P「なにこれこわい」 

小梅「……め、目が見えなくなった代わりに……か、感覚が鋭くなってそ、それであの子のことがわ、わかるようになったのかも……」 

P「」 

小梅「あ、あの子もプ、プロデューサーさんに……わ、わかってもらえて……嬉しいって……」 

P「」 

小梅「プ、プロデューサーさん……?」 

P「」 

小梅「き、気絶……してる……」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/01 22:26:19 :yVkdX2/E0

―――― 
――― 
―― 


P「あとは寝るだけか、来てくれてありがとう小梅、おかげで助かったよ」 

小梅「い、いつもの、お礼……」 

P「もう遅いから送って……は無理だったな、タクシー呼ぶよ」 

小梅「ありがとう……ん?」 

小梅「あ、あの……プロデューサー、さん……あ、あの子は今日はここに残るって……」 

P「」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/01 22:28:26 :yVkdX2/E0

P(医者の言う通り1週間ほどで視力は回復した) 

P(だが俺はあれ以来霊とかを感じれるようになってしまったようだ) 

P(今ではあの子の姿もはっきり見えるし声も聞こえる……) 

P(だけどまぁ……) 

小梅「ね、ねぇ、プロデューサーさん……つ、次はこの心霊スポットに行かない?」 

P「あまり危険なところはやめてくれよ?」 

P(小梅が嬉しそうだからいいか……) 

小梅「~♪」 


短いけどおわり誰でもいいから幸子はよ





56:まぁ投げるで:2013/06/02 01:20:02 :Pc6uUfDJ0

李衣菜「プロデューサー、資料まとめ終わりました!」 

P「ありがとう李衣菜。アイドルに手伝いさせちゃってごめんな」 

李衣菜「えへへ、いいですよこのくらい。次はなにをすれば?」 

P「ああ、いや……あとは俺がやるよ。レッスン行って来い」 

李衣菜「え、なに言ってるんですか! 眼が見えないのに出来るわけないでしょ?」 

P「んー、なんとかなるだろ……よっこいせ、うおっと!」フラッ 

李衣菜「ちょ、危なっ……!」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 01:22:11 :Pc6uUfDJ0

がしっ 

李衣菜「ふーよかった……。もう! ダメですよ、座っててください!」 

P「す、すまん李衣菜……はは、眼が見えないと平衡感覚まで狂ってくるなぁ」 

李衣菜「笑いごとじゃないですってば……」 

P「ははは……はは」 

李衣菜「プロデューサー?」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 01:24:59 :Pc6uUfDJ0

P「……ごめん。迷惑ばっかりかけちゃって」 

李衣菜「そんなこと……そんなことないです。迷惑だなんてこれっぽっちも……!」 

P「はは……こんな役立たず、さっさと辞めるべき――」 

李衣菜「ッ、プロデューサー!!」 

P「!」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 01:26:44 :Pc6uUfDJ0

李衣菜「……次に同じこと言ってみてください。殴ります」 

P「…………でも」 

李衣菜「でもじゃないっ!」 

P「……っ、不安なんだよ! いくら一週間くらいで治るって言われても!」 

P「……本当に元に戻るのか、不安で仕方ないんだ」 

李衣菜「プロデューサー……」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 01:30:22 :Pc6uUfDJ0

P「怖いんだよ……。二度と、李衣菜たちの顔を……キラキラした姿を見れないんじゃないかって」 

P「だから、諦めがつくうちに……」 

李衣菜「プロデューサー、聞いて。聞いてください」 

P「なんだよ……」 

李衣菜「私はあなた以外の人をプロデューサーだなんて認めたくない」 

P「…………」 

李衣菜「一緒にトップ目指すって約束したじゃないですか」 

李衣菜「ロックなアイドルにしてくれるって言ったじゃないですか!」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 01:34:47 :Pc6uUfDJ0

李衣菜「プロデューサーだけ逃げるんですか! そんなの、そんなの許さない!」ポロッ 

李衣菜「絶対、絶対! 治りますから!」 

李衣菜「たとえっ、ぐす、治ら、なくてもっ! 一緒にいますから!」ポロポロ 

李衣菜「辞めるとか、そんな悲しいこと……言わないで……!」 

P「…………ごめん。ありがとな」 

李衣菜「ひぐぅ、うぅ……」


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 01:37:00 :Pc6uUfDJ0

P「そうだよな、李衣菜を立派なロックアイドルにしなきゃな」 

李衣菜「ぅぐ、そうです……プロデューサーが、プロデューサーじゃないとやです……」 

P「泣かないでくれ李衣菜……。撫でてやりたいけど頭がどこか分からん」 

李衣菜「ん、ここです、ここ……」ギュ 

ぽふ 

P「お、李衣菜の頭の感触……よしよし」ナデナデ 

李衣菜「ん、ん……へへ。プロデューサー、辞めちゃダメですよ?」 

P「うん。李衣菜をほっとくわけにもいかないし」 

李衣菜「なんでもいいです、Pさんがいてくれるなら!」 

李衣菜「Pさんがいるだけで、私は前を向いてまっすぐ突き進めるんだからっ!」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 01:40:15 :Pc6uUfDJ0

―――視力戻ったよ 

李衣菜「あの、Pさん?」 

P「ん? どうした李衣菜」 

李衣菜「どうした、じゃなくて……」 

李衣菜「なんで! なんで可愛い服のお仕事しか取って来ないんですか!?」ヒラヒラー 

P「だって李衣菜が言ったんじゃないか。たまには可愛いのもいいなぁって」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 01:42:04 :Pc6uUfDJ0

李衣菜「あ、あれは! しょうがないじゃないですか、Pさんが落ち込んでるんだもん!」フリフリー 

李衣菜「喜ばしたら元気になるかなーって思っただけで……その」モジモジ 

李衣菜「に、似合ってます……?」 

P「ばっちし。李衣菜はかわいいなぁ」ナデナデ 

李衣菜「え、えへ……そ、そんなこと言ってもダメですようへへ」クネクネ 

P「あ、もしもしわたくしCGプロの者です」 

P「はい、多田李衣菜の件で……ええ、御社のゴシック系の……」 

李衣菜「待ってー!?」 



おわり





81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 02:44:07 :l6uYpDEv0

美優「わ、私がプロデューサーさんのお世話を……?」 

ちひろ「はい、是非。あの人放って置いたら自宅でも仕事し始めそうですし」 

ちひろ「医者に無理言って自宅療養にしてもらったんですから、せめて安静にして貰わないと」 

美優「……でも、どうして私を…」 

ちひろ「未成年には任せられないですし、丁度スケジュールも空いていたので。引き受けてくれますか?」 

美優「はい…頑張ってみます…」 

ちひろ「じゃあこれ鍵です。住所は―――」


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 02:54:42 :l6uYpDEv0

美優「……」 

美優(…ここがプロデューサーさんの家ですね。表札もあってる…) 

美優(イ、インターホンがいいでしょうか?……あ、でもプロデューサーさん目が見えないから……) 

美優(鳴っても出れないんじゃ……) 

美優「……」 

美優「鳴らして……すぐ入りましょう」


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 02:56:56 :l6uYpDEv0

美優「……じゃ、じゃあ鳴らして……」 

美優(……) 

美優(……入ったら、何て声かけたらいいのかしら……) 

美優(…ちひろさんは伝えてるって言ってたけど……私が来るっていうのも伝えてくれてるかな……) 

美優(プロデューサーさんが…私を待っててくれて…) 

美優(……な、なんだか緊張してきました……ただお世話するだけなのに…)


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 03:04:28 :l6uYpDEv0

美優(……そう、ただ部屋の片付けしたりプロデューサーさんの介助をしたり…) 

美優(…あ、お食事も必要ね……材料あるのかしら……) 

美優(……そういえば何も持って来てない……お見舞いの品ぐらい気を利かせて…) 

美優(…買ってくる時間はないし、諦めましょう……ごめんなさいプロデューサーさん) 

美優(……その代わり精一杯お世話しますから……食事とか…街へ出かけたりとか……) 

美優(…後は……お、お風呂……?……) 

美優(……///)カァッ 


ドンッ!! 


美優「ひゃいっ!?」ビクッ


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 03:10:07 :l6uYpDEv0

美優「い、今の……中から……?」 

美優「ひょっとしてプロデューサーさん……」 

美優「……か、鍵っ!」 


ガチャッ 


美優「プロデューサーさん!?」 

P「……だ、誰ですか……?…痛っ」ズキッ 

美優「大丈夫ですか?……ああ、ちょっと出血してます」 

P「…その声……三船さん?」 

美優「落ち着いて…私の手を取って歩いてください……」 

P「は、はい……」ガシッ


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 03:16:01 :l6uYpDEv0

美優「一歩一歩確かめるように……」 

P「……大丈夫、です」 

美優「……」 

美優(足取りがおぼつかない……目が見えないなら当然よね……) 

美優(……あの頼りがいのあるプロデューサーさんが……) 

美優(……この怪我も…私がもうちょっと早く入ってれば……)


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 03:23:46 :l6uYpDEv0

美優「ここに座っててください。今消毒します」 

P「はい……うっ……」 

美優「あっ……沁みるとは思いますが動かないでください…」 

P「す、すいません…」 

美優「……」ペトッ 

美優(弱々しいプロデューサーさん……いつもの元気も無い……) 

美優(私が、頑張らないと…!)


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 03:29:46 :l6uYpDEv0

美優「…はい、もう大丈夫ですよ」 

P「ありがとうございます。美優さんが来てくれて本当助かりました」 

美優「か、勝手に鍵空けてしまいましたけど……」 

P「いいんですよ、緊急時だった訳ですし」 

P「でもちひろさんが人を寄こすとは言ってましたが、まさか三船さんが来るとは思いませんでした」 

美優「…ほ、他の人が良かったですか?」 

P「いえ、三船さんで嬉しかったですよ。何だか安心できます」 

美優「……そ、そうですか…」


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 03:33:54 :l6uYpDEv0

美優「あ、そ、そういえばプロデューサーさん。食事はどうしました?」 

P「この状態じゃ流石に無理でしたね。水だけでも飲もうと思って台所に向かってたんですが…」 

P「自分の家だからって憶えてる訳じゃないんですね。結果こうなってしまったんです」 

美優「…じゃあ、私が作ります」 

P「……嬉しい申し出ですけど、お願いしてもいいんですか?」 

美優「任せて下さい……材料は持って来てないですけど」 

P「…何があったかな…レトルトぐらいはあった筈……」


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 03:39:41 :l6uYpDEv0

美優「…本当にレトルトばっかり……こんなのじゃ栄養偏っちゃいますよ?」 

P「はは…仕事が忙しくて……」 

美優「買ってきてもいいんですが……プロデューサーさんを残していくのも……」 

P「……そうですね。なるべく一緒に居てほしいです」 

美優「……じゃ、じゃあレトルトにしましょうか……」 

美優(……一緒に居て欲しい、か……多分他意はないんだろうけど……) 

美優(…治っても一緒に……)


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 03:49:16 :l6uYpDEv0

美優「……出来ました。レトルトカレーですけど」 

P「じゃあ食べましょうか」 

美優「……食べられるんですか?」 

P「…流石にスプーンぐらいは……あっ」ポロッ 

美優「……」 

P「飯を食うにも一苦労か…どうしたもんかな」 

美優「…プ、プロデューサーさん……」 

P「どうしました?」 

美優「……あ、あーん……」 

P「!?」


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 03:55:20 :l6uYpDEv0

P「ど、どうしたんですか?」 

美優「こ、これが一番かと……思いまして……」 

P「…いや……でも…」 

美優「…だ、大丈夫です……プロデューサーさんは嫌ですか……?」 

P「……嫌じゃないです」 

美優「…そ、そうですか……じゃあ口を開けて下さい……」


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 03:57:36 :l6uYpDEv0

美優「……あ、あーん…」スッ 

P「……あ、あーん…」パクッ 

美優「……も、もう一口……どうですか…?」 

P「は、はい……」 

美優「……あーん」 

美優(は、恥ずかしいけど……不思議な気持ち……) 

美優(こんな状況じゃなきゃ出来ない事だからかな……) 

美優(若い子達は臆面も無くやろうとするんだろうけど……はぁ…)


113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 03:59:33 :l6uYpDEv0

P「ご馳走様でした」 

美優「……この後はどうしますか?」 

P「そうですね……三船さんは何かしたい事ありますか?」 

美優「わ、私がですか?」 

P「俺は今こんなで出来る事限られてますし。三船さんに傍に居て貰えればいいので」 

美優「……じゃ、じゃあ……このままお話でも……」 

P「はい、いいですよ」


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 04:02:32 :l6uYpDEv0

P「でも、三船さんと居るとこの前の雨の日を思い出しますね」 

美優「あ……」 

美優(そういえば私、あの時結構とんでもない事言っちゃってたな……) 

美優(間違って安産祈願のお守り買っちゃったり……) 

美優「……っ」カアッ 

P「…三船さん?聞いてますか?」 

美優「あっ…ご、ごめんなさい……」


116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 04:08:23 :l6uYpDEv0

P「あの時三船さんは自分を頼って欲しいとは言ってましたが、まさかこんな形で助けて貰うとは思いませんでした」 

美優「…プロデューサーさんはいつも頑張りすぎです……この目だって疲れからって聞きました……」 

P「……耳が痛いです」 

美優「…も、もっと甘えてもいいんですよ?私の方が年上なんですから…」 

P「……そうですね。今くらいは甘えましょうか……ふあ…」 

美優「…眠いんですか?」 

P「…ずっと目を閉じてるからですかね…さっきから眠気が……」 

美優「……」 

美優「……プロデューサーさん…ここで横になってもいいですよ?」 

P「……それじゃあ……」 

フニッ 

P「……ん?」


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 04:11:17 :l6uYpDEv0

P「こんな柔らかいクッションあったかな……クッション?」フヨフヨ 

美優「……んっ……あ、あまり触らないでください……」 

P「……これ、ひょっとして……」 

美優「……ひ、膝枕ですけど……」 

P「…!」ガバッ 

美優「…あ、起きちゃ……」 

P「……ふ、普通の枕持ってきてくれますか…?」 

美優「……甘えてくれるって…言いました…」 

P「…う」 

美優「……そんなに嫌でしたか…?……それなら……」 

P「……」


119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 04:17:08 :l6uYpDEv0

P「……で、では改めて……失礼します……」 

美優「は、はい……どうぞ…」 

P「……」フヨンッ 

美優「……か、固くないですか…?」 

P「いえ、すっごい柔らかくて……いい匂いもするし……」スン 

美優「……は、恥ずかしいので……あまりそういうことは……」 

P「すいません!」


121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 04:24:48 :l6uYpDEv0

P「……」スー スー 

美優「……もう寝ちゃった……疲れてたんでしょうか……」 

美優「……こんなプロデューサーさん……新鮮だな……」 

美優「こんな顔近くで見れるのも…初めてだし……」 

美優「……こんな無防備なプロデューサーさんも…この時くらいしか……」 

美優「……」 

美優「……」スッ


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 04:28:32 :l6uYpDEv0

… 
…… 
……… 


P「……ん」 

美優「……あ、お、起きましたか?」 

P「…そうか……俺寝ちゃってたんですね…脚、大丈夫ですか?」 

美優「ほ、ほんの15分程度でしたので……」 

P「……どうしたんですか?声が何か落ち着かない様子ですけど……」 

美優「い、いえ……何でもないです……」 

美優「あ、今日はもう遅いので……わ、私…帰りますね…」 

P「は、はぁ…」 

美優「…あ、明日も来ますから……そ、それまで…怪我の無いように……」 

P「わ、分かりました。ありがとうございます」


125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/02 04:32:06 :l6uYpDEv0

美優「……」 

美優(……キス、しちゃった……) 

美優(…ま、まともに顔見れなかった……絶対変に思われてた……) 

美優(……明日から……どうしよう…) 

美優(…誰か別の人に………でも勿体ないし……) 

美優(……別の人も同じ事考えるかも……) 

美優(…………) 

美優(…私、頑張ろう) 




   - おわり -


元スレ
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1370092426