1:◆qEJgO2U6bM:2014/02/03(月) 21:15:00.85 :t/ZvfwKDO

P「フツウに今日は節分だ」 

比奈「はあ」 


・シリーズ 


2:◆qEJgO2U6bM:2014/02/03(月) 21:17:03.79 :SA4YxglXo

P「ということではい。比奈にもあげよう。ちゃんと歳の数だけ」ザラー 

比奈「あ、どもっス」 

比奈「投げないんスか?」 

P「うん。事務所汚れちゃうしな」ポリポリ 

比奈(発想がお母さんでス) 

P「それにどうせうちの事務所は代わりにいろいろ飛んでるしなぁ」ぽこぽこ 

比奈「それは関係ないことないっスか?」 

P「ないことないことはないだろ」 

比奈「…あ、こんらんしてきたっス…」ぐるぐる 

P「はやいな」 

比奈「徹夜明けで頭が回らないっス!でも髪はぼさぼさでス!」 

P(いい感じに疲れてるな。なに言ってんだこいつ) 

比奈「適当になでてくれまス?」 

P「はいはい」ナデナデ 

比奈「どもっス」 


4:◆qEJgO2U6bM:2014/02/03(月) 21:18:36.80 :t/ZvfwKDO

比奈「節分スねー」ポリポリ 

P「節分だな」ポリポリ 

比奈「個人的にはようやく新しい年になったなって。イベントの内容よりも、時期を報せる行事のイメージっスねぇ」 

P「ああなるほど」 

比奈「はい。正月も終わって、そろそろ頑張らなきゃって感じスよね!」モゾー 

P「まあこたつにもぐり込みながらいわれてもな」 

比奈「明日から頑張るっス!」 

P「だめ人間だ」 

比奈「だめひなっスよーへへー」だらーん 


6:◆qEJgO2U6bM:2014/02/03(月) 21:20:15.98 :SA4YxglXo

比奈「あー…」ごろごろ 

比奈「それにしても事務所は天国っス……こたつもあるし、豆でもコーヒーでもプロデューサーが餌付けってくれるし…うへへ」モゾモゾ 

P「自分から餌付けと言っていくのか…」 

比奈「えへへ」 

P「照れるな」 


7:◆qEJgO2U6bM:2014/02/03(月) 21:21:18.95 :t/ZvfwKDO

比奈「コーヒーおいしいでス」 

P「それはよかった」 

比奈「豆って案外お茶請けとして万能でスよね」モグモグ 

P「喫茶店で豆が出るところもあるしな。これとは全然別物だけど」ポリ 

比奈「あー。あれおいしいっスよねーちょっと甘いの…」 

P「そうそう」 

比奈「買ったことあるんでスけど。一度に食べ過ぎて鼻血を出したことが」 

P「子どもか」 

比奈「手がかかるのは同じでス」 

P「だから自分から言っていくのかよ」 

比奈「お世話してください!」 

P「これ以上どうしろと」ペチ 

比奈「あう」 


8:◆qEJgO2U6bM:2014/02/03(月) 21:23:05.97 :SA4YxglXo

比奈「へへ…」サスサス 

比奈「冗談っス。いまのままで十分でス。いつも助かってまス」 

P「おう」 

比奈「はい!」 

比奈「なのでこれからも私を見放さないで欲しいっス。優しくして欲しいっス」 

P「はいはい。少なくとも比奈がアイドルであるうちは」 

P「ちゃんとプロデューサーとして、責任をもってお世話するよ」 

比奈「…、はい」 

比奈「よろしくお願いするっスー」ニヘー 

P「お願いされます」 

P「…プロデューサーっていつからアイドルのお世話をする仕事になったんだろうなぁ」ハァ 

比奈「あはは」 


9:◆qEJgO2U6bM:2014/02/03(月) 21:24:05.80 :t/ZvfwKDO

こてん 


比奈「はふー…そんなわけで」 

比奈「…お仕事までちょっとだけ…二度寝してもいいでスかねー…?」 

P「うん。ちゃんと起こすよ」 

比奈「はい…えへへ、プロデューサーがいるなら安心っス……」コロコロ 

比奈「…やっぱ私、プロデューサーがいないとだめな子っス…ふふ」モゾモゾ 

P「笑いながらいう台詞なのか、それ」 

比奈「えへへへ」 


10:◆qEJgO2U6bM:2014/02/03(月) 21:25:19.75 :SA4YxglXo

比奈「お休みなさい」 

P「お休み」 

比奈「……」…クゥ 

P(静かに仕事しよう。うん) 

比奈「あの、私気づいたっス。あ…これ寝言っスけど」 

P「つっこみ待ちですか」 

比奈「寝言っスよー」 

P「…了解」 


11:◆qEJgO2U6bM:2014/02/03(月) 21:25:55.93 :t/ZvfwKDO

比奈「私は……プロデューサーがいないとだめな子なので…たぶん、事務所が落ち着くのって、一番はプロデューサーがいるからなんでスよね」 

P「…」 

比奈「だから私の天国なのはプロデューサーがいるってことで…えっと」 

比奈「…さっきアイドルだからって言ってましたけど、それじゃあ困るというか…だから…その、もし私が……――」 

P「…?」 


12:◆qEJgO2U6bM:2014/02/03(月) 21:26:42.35 :SA4YxglXo

ガチャ 


柚「おはよーございますっ節分っ柚おにだよ!がおー」 

P「おはよう。うるさい」ビシッ 

柚「ああっ、き、来て早々反撃にあうとは予想外カモ!?」 

P「比奈が寝てるからしずかに」 

柚「あ…ご、ごめんね。それはよくなかったねー……」 

P「いや、こっちこそ。わざわざお面をつけて来てくれたのに悪いな」 

柚「へへっいいよいいよ!その代わりーじゃーPサンはアタシのお口にお豆を投げ込む係をするのだ♪」 

P「はいはい。福はうちー」 

柚「福は柚ー♪へへーうまー」ポリポリー 


13:◆qEJgO2U6bM:2014/02/03(月) 21:28:02.44 :t/ZvfwKDO

柚「おこたあったかー」 

P「…」チラ 

比奈「……」すぴー・・ 

P(…本当に寝言だったって…そんなわけないよな) 

P「……うん。よし。聞かなかったことにしよう」ゲシッ 

P「いってぇ」 

柚「??」 

比奈「このへたれ」 

P(反論できない) 

柚「比奈サンおはーかナ?」 

比奈「寝言っスよー」 

柚「あー寝言かーなるほどぉ」コクコク 

P(納得するのかよ) 


14:◆qEJgO2U6bM:2014/02/03(月) 21:28:54.08 :SA4YxglXo

比奈「私も同じなのでお相子っス」 

比奈「それにやっぱ…みんながいるのも、大事だし」 

P「……」 

P「そっか」 

比奈「はい。…むにゃ。なのでまたそのうち……ちゃんと話すっスよ。むにゃむにゃ」 

P「おう。むにゃむにゃって可愛いな」 

比奈「えへへーどもっス。今度こそお休みなさい」 

P「お休み」 

柚「Pサンあーんっあーんっ」パタパタ 

P「あーん」ゲシッ 

P「…痛い」 

柚「??」モグモグ 

比奈「…」クス 

比奈「……ふふっ…えへへ…」モゾモゾ 


21:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 17:25:21.70 :Zi+LT8Efo

P「柚のはなし」 

柚「柚のはなし」 


22:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 17:27:38.48 :p9FICW7DO

P「はいコーヒー」コト 

柚「アリガトっ」 

柚「こくこく♪」 

P(…おいしそうに飲むなぁ)ズズ… 


23:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 17:28:27.47 :Zi+LT8Efo

柚「お仕事までお時間がありますので」 

柚「えっとPサンには柚の話を聞いていただきたく」 

P「うん。いいよ」 

P「…ところでその喋り方は?」 

柚「みようにまめにね!」ペカー 

P(煮豆…) 

柚「てーねーでかしこそーかと!」 

P「てーねーでかしこそーという台詞がぶっきらぼうでバカっぽいな」 

柚「あれっ?」 

P「可愛いけど」 

柚「おおっ」 


24:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 17:30:57.34 :p9FICW7DO

柚「うれしいなー」ニパー 

P「そっか」 

柚「うんっへへー」//ニパニパ 

柚「でもでもっとりあえず話をもどすよっ」ころん 

P「そうだな」 

柚「うん。えとーもうずいぶん前の話なんだけど」 

柚「Pサン覚えてるカナ?アタシPサンに相談したことがあるんだけど」 

P「…柚って人に相談するほどなにか悩むようなタイプだっけ」 

柚「あれっ」 


25:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 17:32:33.34 :Zi+LT8Efo

柚「アタシだって人並みに悩んだりするよっ」 

柚「ふとーな扱いにはダンコするぞーがおー」 

P「断固なにをするのか言えよ。冗談だよ」ペチ 

柚「ふに。あー冗談かー」 

P「覚えてるよ。人生ってなんだろうなって…ああ、だいぶ前だな…」 

柚「だいぶ前だねー」 

P「うん」 


26:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 17:36:16.83 :p9FICW7DO

P「まだ悩んでるのか?」 

柚「ン?うんっそれはもうもう♪」 

P「今日は牛柄のパーカーじゃないみたいだが」 

柚「気持ちは牛さんだよー♪」 

P「台詞だけな」 

柚「ふふー。それより今日は柚子色のパーカーなんだー」パッ 

P「へー」 

柚「それにほらっ。牛さんならこの缶バッチに!」ウシペカー 

P「牛いた」 

柚「てへー」 


27:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 17:45:40.91 :Zi+LT8Efo

P「話が逸れた」 

柚「それたねー」 

P「柚と話をすると必ず話が逸れるなぁ」ペチ 

柚「ふに。へへっPサンとお喋りするのが楽しくて!つい!」 

P「楽しいと話が逸れるのか」 

柚「うんっ。真面目にお喋りしてもつまんないでしょ?」 

P「……、それ、俺とフツウに喋るのがつまらないから」 

P「話をいつの間にか逸らしちゃうってことじゃないか?」 

柚「ねがてぃぶ!Pサンねがてぃぶだよ!」 

P「人生について悩んでるやつにいわれたくねえよ」 

柚「あー」 


28:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 17:49:15.41 :p9FICW7DO

柚「でも楽しいのはほんとだよ?だからこうやって」ぱたぱた 

柚「はやめに事務所に来てるんだしっ。お仕事の前のおしゃべりが、柚のげんきのもとなんだよ?へへ」ニパー 

P「そっか」 

柚「うんっ」 

P「うん」 

柚「うん!」 

P「…やっぱり悩みなんてなかった?」 

柚「そんなことないよ??」 


29:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 17:52:22.41 :Zi+LT8Efo

柚「えっと」 

柚「まだ悩んではいるんだけど、なんとなく分かったってゆーか」 

P「分かった?」 

柚「うん。…きっとアタシが悩んでることって、とっても難しくて」 

柚「アタシだけの悩みじゃないんだよねー」 

P「……うん」 

P「まあ、そうかもな。人の数だけ人生があるんだし」 

P「同じ言い方じゃなくても、同じことを悩んでる人はたくさんいるのかもな」 

柚「うん。だよね」 


30:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 17:55:12.92 :p9FICW7DO

柚「だからまーいいかなーっ」パッ 

柚「って。へへっアタシには答えらんないからさーてきとーに生きてくよー」ぱたふ 

P「…はあ」 

柚「うへへっへーこたつって気持ちいーよねっ」ゴロロー 

P「いや、だからってそこまで盛大に現実逃避せんでも」 

柚「あんがい不器用だよ!」ペカー 

P「なぜ誇らしげに」 

柚「てへっいっそ猫の気持ちになるのだーごろごろー♪」ゴロゴロ 

P(…楽しそうだ) 


31:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 17:58:43.58 :Zi+LT8Efo

P「……」フム 

P「いや、まあ、それでいいのかもな」 

柚「ン?」ゴロゴロー 

P「うん」 

P「俺だってだれかに向かって偉そうに言って聞かせられるような人生を送ってるわけじゃないから」 

P「柚には柚の生き方があって、」 

P「柚らしいのはそういう適当で、楽しくて、眩しくて、適当な生き方…――ってことなのかなと」 

柚「な、なんでてきとーをくり返したのカナ?」 

P「気のせい気のせい」 

柚「気のせいかー。じゃあよいよ!」ペカー 

P(まぶしいな)クス 


32:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 18:02:32.78 :p9FICW7DO

P「それにさ」 

柚「??」 

P「俺はそういう柚がアイドルをしているのを見ていたいから」 

柚「……」 

柚「へへ。うん」 

柚「てきとーで楽しくーが柚らしいかー…」 

柚「うんっ。やっぱそーだよね!Pサンはアタシのことよく分かってくれてるなぁ」 

P「そうか?」 

柚「うんうんっさすがだよ!へへっひょっとして柚のことが好きなのかナ!」 

P「いや、そりゃ好きだよ。嫌いなわけないだろ」 

柚「あっ……そ、そか。…そか。ふにへへ」 

P「あ?」 


33:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 18:05:25.50 :Zi+LT8Efo

柚「…」ペター 

P「…なにしてんだ、机に顔ひっつけて」 

柚「れいきゃくちゅう!」 

P「すごくまぬけだな」ペチ 

柚「ふにぅ」 


34:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 18:07:17.90 :p9FICW7DO

ころん 


柚「…えへー。でもやっぱりPサンだなー」 

P「は?」 

柚「うんっ。柚のことよく分かってくれてるよね」 

柚「“だから”柚は現実とーひなんかじゃなくって、これでいーかなって!」ニパ 

P「……」 

P「悪い、ちょっとよく分からん。ど、どういう意味だ?」 

柚「へへーどういう意味だろうねぇ」コロコロ 

P「ごまかすなよ」 

柚「てへっ」 


35:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 18:08:10.09 :Zi+LT8Efo

柚「へへ。えへへ」 

P「…楽しそうだな」 

柚「楽しいよ?ふふ」 

柚「うん。アリガトっPサン。また悩んだら相談するねー」 

P「おう。…まあ俺はなにもしてないけどな……」 

柚(そんなことないよー)ヘヘー 

柚「へへっ。ごろごろ♪」 

P「楽しそうだな」 

柚「たのしいよっ」 

P「そっか」 

柚「うんっ」 


36:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 18:10:02.91 :p9FICW7DO

・ 
・ 
・ 


37:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 18:12:07.68 :Zi+LT8Efo

比奈「…♪」スヤスヤ 

柚(よく寝てる)ナデナデ 


ガチャ 


ライラ「おはようございますですー」 

P「おうライラ。おはよう」 

ライラ「はい。おはようです」ニコ 

飛鳥「やあプロデューサー。今日も冷えるね」 

P「そうだな」 

柚「二人ともおはよー」 

飛鳥「うん」 

ライラ「はい」 


38:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 18:14:27.12 :p9FICW7DO

P「珍しい組み合わせだな」 

飛鳥「そうかい?ふふ。まあキミがそう思うのなら、そうなのかもしれないね」 

P「うん」 

ライラ「アスカさんがわたくしにアイスをご馳走してくださったのですよー」 

柚「おおっやさしいね!」 

飛鳥「ほんのきまぐれだよ。柚さんも食べるかい?」ガサ 

柚「たべるっ」ハイッ 

P「あんまり甘やかすなよ。ライラも柚も」 

飛鳥「言ったろう?ただのきまぐれさ」 

飛鳥「それとこの季節にアイスを食べるというのはある種のレジスタンスだよ」 

P「でもこたつで食べるんだろ?」 

飛鳥「寒いからね」 

P(それじゃあ意味がない気が…) 

柚「へへー。こたつで食べるアイスもおいしいよねー」パクー 

ライラ「ユズさんの仰る通りでございますです。アイスはおいしいです」パクー 

飛鳥「さて。プロデューサーとボクの分は残ったどちらかということになるけれど…」 

P(……まあいいか) 


39:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 18:15:14.34 :T2BvtV1fo

P「悪いな。ありがとう」パク 

飛鳥「気にすることはないさ。あむ」 

ライラ「こたつは素晴らしいでございますね…」フニャー… 

柚「まったくだよー…」フニャー 

P「だれてるな」 

飛鳥「くすくす…いいね。来れば必ずだれかがこたつでだれているなんて」 

飛鳥「不思議なところだよ、ここは。ホントに」 

P「そうだな」 


40:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 18:17:56.19 :p9FICW7DO

飛鳥「さて。小休憩もできたしそろそろレッスンに行こうか、ライラさん」 

ライラ「あと五分でございます……わたくしこたつには勝てないのですよ…」ハニャー 

柚「こたつは暖かいから仕方ないカモー」コロコロ 

飛鳥「それは認めるけれどね……はふ」モゾモゾ 

P「ライラは部屋にこたつは置いてないんだな」 

ライラ「はい。なので事務所で入りだめしていかないとでございますですよ」モゾモゾ 

P「入りだめってなんだ」 


41:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 18:19:07.80 :T2BvtV1fo

飛鳥「普段の防寒はどうしているんだい?」 

ライラ「ふふっ。その点抜かりはありませんです!」フンス 

ライラ「チヅルさんとアキハさんに衣服の提供を受けておりますので、わたくしいつでもぱかぱかなのです」 

P「ぽかぽかな」 

ライラ「あら?」 

柚「お馬さんカナ?」 

ライラ「ぱか?ぽか?」 

P(混乱しとる)カワイイ… 

飛鳥「着込むのにも限界があるんじゃないかな?」 

ライラ「カイロもございますですよ!」フンフン 

柚「おおー」 

P(カイロは屋外とか職場で使うものだろうと思うが…) 


42:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 18:19:59.69 :p9FICW7DO

P「もう遅いかもしれないけど、ストーブとか、こたつとか、買った方がいいんじゃないか?」 

ライラ「えっ…こ、こたつなど…わたくしの節約生活には縁遠い高級品では……」 

P「…いや、ライラさんの給料なら十分買えると思うけど…」 

P「なんなら買ってやろうか。というか、そうか。買いに行こうにも配送とか面倒だしな。うん。今度俺が連れてってやるよ」 

ライラ「えっい、いえいえっその…」 

柚「楽しそう!」ペカー 

飛鳥「それならボクの休みともあわせてくれると嬉しいな」 

P「はいはい」 

ライラ「あうー……し、しかし、ライラさんの節約は、決してだれかに頼むことでは…」 

P「いやいや。風邪を引いてもらっても困るしな。それに、これで家でもこの季節でもおいしくアイスが食べられるぞ」 

ライラ「!そ、それはまたいたく魅力的な……むむぐ」ヨダレガ… 

P「はは」 


43:◆qEJgO2U6bM:2014/02/04(火) 18:21:12.99 :T2BvtV1fo

ライラ「……」アウー… 

ライラ「…あの、その…ではお言葉に……甘えさせて頂いて…」 

P「うん」 

柚「おでかけだー」 

飛鳥「そうだね。楽しみだね」フフ 

ライラ「はい。ふふふ……」 

ライラ「プロデューサー殿はお優しいですね」 

P「そうか?」 

ライラ「はい!大変そう思います。あむ」パク 

ライラ「…ふふ♪今日もアイスがおいしいでございますよ♪」 


50:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:01:38.54 :T2tCTjLdo

ガチャ 


楓「…」 

楓「?」 

柚「…」スヤー 

比奈「…」クゥ… 

楓「…よく寝てる」ナデナデ 

楓「ふふ…私も混ざろうかな…あ、いやせっかくだし……それならお酒を少し入れてから…」フフ… 

P「真っ昼間です」ペチ 

楓「きゃう」 


51:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:02:46.04 :BwflBkVDO

楓「??」サスサス… 

楓「あ…プロデューサーさん。どうもこんにちは。お仕事お疲れさまです」 

P「はい」 

楓「……でもほら、私今日はオフなので…」 

P(事務所は家じゃないですよ) 

P(…と言いたいところだが) 

楓「?」 

柚「くかー」 

比奈「くぅ…」 

P(…こたつを出したのは俺だからな…)ハァ… 

P「…酔わない程度でよろしくお願いします」 

楓「はい。まかせてください。ふふ」 


52:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:05:44.13 :T2tCTjLdo

P「…」カタカタ 

楓「…」ゴト 

P「買って来たんですか?」 

楓「はい。事務所に来る途中、ふらっと…お昼ごはんを食べたところの側にお酒屋さんがあって」 

楓「あ、ちなみにお昼はお蕎麦だったんですよ」フフフ… 

P(側の蕎麦屋か) 

楓「今日は柚子こしょうの効いたあったかいお蕎麦を…ふふふ……」 

P(…今日は案外ちゃんとかかってるな…) 

柚「…」ムニャー 

楓「…」ナデナデ 


53:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:07:19.81 :BwflBkVDO

P「蕎麦か…」 

P(食べたくなって来た。買い置きのカップ麺にあったかな) 

楓「…」サスサス 

P(…もう少しだけ、終わらせてから昼飯にするか…ああいや、でも比奈を仕事に連れて行くときついでに…)ウーン… 

楓「…」サス… 

P「?」 


54:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:10:33.84 :T2tCTjLdo

P「…開けないんですか?」 

楓「え?…ああ、えっと」 

楓「…どうしようかと。その、…」 

P「?」 


55:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:11:37.65 :BwflBkVDO

P「…ああ」 

P「俺のことなら気にしないでください。隣でお酒を飲まれていても、ちゃんと仕事しますから」 

楓「…あ、はい」 

楓「……」サスサス… 

P「…?」 


56:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:14:24.06 :T2tCTjLdo

楓「あの…やっぱりお酒は、またあとにします」 

楓「その代わり、一緒にコーヒーを淹れて頂けませんか?」 

P「…ええ、まあ」 

P「いいですよ。けど、せっかく買って来たのにいいんですか?」 

楓「はい」 

P「分かりました。じゃあ淹れましょうか」 

楓「はい」ニコ 


57:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:16:23.47 :BwflBkVDO

・・・・・ 


コポポ… 


P「はい」 

楓「ありがとうございます。…ん」コク 

楓「ふふ。おいし…」 

P(なにも狭い給湯室でそのまま飲まなくても…) 

P(……まあ、たまにはこんなのもいいか…)ズズ… 

楓「……」ハフー… 

P「……」…ズズ 


58:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:18:17.88 :T2tCTjLdo

楓「あのプロデューサー」 

楓「じつは私ブラックのコーヒーをそのまま飲むのって…少し苦手で」 

P「ああ」コク 

P「そうですね。苦いから。俺も仕事中に飲むのが癖になるまでは、そのまま飲むことってあんまりなかったです」 

楓「はい」 

P「あ…それならなにか入れましょうか。ガムシロップとか、ミルクとか、普段使いませんけどたぶんどこかに…」 

楓「あ、いえ。そうじゃなくて」 

P「?」 


59:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:20:51.83 :BwflBkVDO

さっ 


楓「…えっと」 

楓「…チョコを…買ってみたんです、よ?」 

P(なぜ疑問形?) 

楓「一緒に食べませんか?」 

P「……」 

楓「…?」 

P「…あ、いえ…」 

P「ありがとうございます。いただきます」 

楓「はい」 


60:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:23:44.09 :T2tCTjLdo

楓「はい。ハッピーバレンタイン。あーん」 

P「むぐ」パク 

P「……」モグ… 

P「あ、やっぱりこれバレンタインのチョコなんですね」 

楓「あ、はい。ですです。…やっぱり?」 

P「っと。すいません。なんでもないです」 

楓「は、はい。…えっと…その」 

楓「…おいしそうなので私も食べたくて……いけませんか?」 

P「いえいえ。どうぞ」 

楓「ふふ、ありがとうございます。では…ぱく」 

楓「…♪」むぐむぐ 

P(…おいしいな)モグ 


61:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:25:47.92 :BwflBkVDO

楓「こくこく」 

楓「コーヒーがおいしいです」 

P「そうですね」 

楓「はい」ニコ 

楓「あむ…ふふ。甘くて、苦いけど、いまきっと私は甘い味がしますね」 

P「??」ズズ… 

P「甘くて苦いのに、甘いんですか」 

楓「はい。甘くて苦いけど、甘いんです」 

P「なるほど」 

楓「はい」 


62:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:27:23.07 :T2tCTjLdo

楓「…ふふ」 

楓「おいしいですね、コーヒー」 

P「はい」 


63:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:29:54.17 :BwflBkVDO

・ 
・ 
・ 


P「…」カタカタ 

P「…」チラ 


楓「くぅ…」 

柚「むにゃー」 

比奈「……すぅ…」 


P(コーヒーを飲んですぐ寝れるのはすごいな) 

P「……今日はいつも以上に平和だな…」 


64:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:31:13.60 :T2tCTjLdo

ガチャ 


仁奈「おはよーごぜーます!」 

P「おう仁奈。おはよう」 

仁奈「はい。おはようですよー」モフモフ 

仁奈「??おや…お姉さん方が寝てやがりますね。こいつは大人しくしなきゃならねーです」コソモフ… 

P(相変わらず気の遣える子だ…) 


65:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:33:24.76 :BwflBkVDO

仁奈「こたつあったけーですー」ハフー 

P「うん」 

P「…そうだ。仁奈はいま、なにか欲しいものはあるか?」 

仁奈「??欲しいもふでごぜーますか?」 

P(選択肢が消えた) 

仁奈「もふっふっふ。仁奈のモフ費は限られてごぜーますので、よくぼーはいつだって消えることはねーのです……」ふ・・ 

P(九歳の子どもにあるまじき遠い目だ…) 


66:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:35:52.34 :T2tCTjLdo

仁奈「冗談でごぜーます」 

P「冗談かよ」 

仁奈「はい。えへへ。たまにお仕事で着たキグルミはいただいたりしやがってますし」 

仁奈「がまんは大切です。もちろん欲しいキグルミはありやがりますが、ちゃんとお小遣いでまかなえるよーに考えてやがるのです」モフモフ 

P「…仁奈はえらいなぁ」 

仁奈「そ、そうでごぜーますか?ぴ、Pは仁奈をほめる…?」 

P「ほめるほめる。よしよし」ナデナデ 

仁奈「あぷ。…えへへー」ニパ 


67:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:38:05.70 :BwflBkVDO

P「そっか。じゃあきぐるみとかは、俺があげなくても平気か」 

仁奈「はい!…あれ?Pが仁奈にキグルミをくれよーと思ってたです?」 

P「欲しかったか?」 

仁奈「はい!――じゃ、なかったです!に、仁奈は平気ですよー!」ワタワタ 

P「いい返事だったなぁ」 


69:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:40:23.44 :T2tCTjLdo

仁奈「あぅ……ほ、本音はもちろん…いただいていやなことはねーですし…Pがくれるならうれしいです…」 

P「うん。そっか」 


なでもふ 


仁奈「もふ」 

P「けどまあ、きぐるみはちゃんと自分でどうにかできるんだな。それならなにかべつのものにするか」 

仁奈「??なにがです?」 

P「なにがだろうなぁ」 

仁奈「あっ仁奈をごまかそーたってそうはいかねーですよ!とんやーがおろさねーです!」 

P「若干アクセントがおかしいな」 

仁奈「あれ?」 


70:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:42:14.44 :BwflBkVDO

仁奈「どこがおかしいですかーおしえてくだせー」ユサユサ 

P(ごまかせた) 

仁奈「…」ユサ… 

仁奈「…えへへ。ねえP、このままもう少しくっついてもいいですか?」 

P「ん?いいよ。まだコアラの気持ちなのか?」 

仁奈「はい。えっと…コアラの気持ちは難しいのです。もっともっと練習しなくちゃいけねーです。なので、もう少しPにくっつくです」 

P「そっか」 

仁奈「はい」 


71:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:44:48.76 :T2tCTjLdo

ぎゅむ 


仁奈「…」エヘヘ 

仁奈「あったけーですね」 

P「そうか?」 

仁奈「はい」 

P「そっか」 

仁奈「はい!」 


72:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:46:50.64 :BwflBkVDO

・ 
・ 
・ 


73:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:49:04.63 :T2tCTjLdo

比奈「…ん」モゾ 

比奈「…はふ……ん…」・・こてん 

柚「…」 

比奈「」ビクッ 

柚「…」ニヘ 

柚「ぱしゃー」カシャッ 

比奈「ひう」 

柚「やたっ比奈サンの寝顔写真をゲットかも!」ペカー 

比奈「……」ぼー・・ 

比奈「はっいや、え」 

柚「へへっPサンに見せて来よっ」タタッ 

比奈「ちょっ!?」// 


74:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:50:17.15 :BwflBkVDO

P「?」 


柚「きゅ」 

比奈「…はー…ま、全く、い、いきなりなんでスか……」ゼェ 


P「おう。起きたんだな」 

比奈「あ、はいっス」 

P「うん」 

P「…髪ぼさぼさだぞ。まだ仕事まで時間はあるけど、どうする。送りがてらどこか飯に寄るか」ナデナデ 

比奈「…」 

比奈「はい。お願いしまス」ニヘ 

P「うん」 

柚「ねーPサンっほら見てー」 

比奈「はいはい」グイ 

柚「きゅっ」 

P(…鶏か) 


75:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:52:56.99 :T2tCTjLdo

仁奈「仁奈がチェックしてる新作キグルミはこいつでやがります。このもふもふのもふもふがですね」 

楓「なるほど……もふもふがもふもふ…」モフモフ 

仁奈「ですです。もふもふがもふもふなのです」モフモフ 


P(あれは会話として成立しているのか?) 

P「おーい。二人とも行きますよ」 

楓「はーい」 

仁奈「はーいです」 


76:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:54:58.89 :BwflBkVDO

P「向かう先の近場になにかあったっけ」 

比奈「どうでしたっけ。まあそれまでにあるファミレスとかでいいでスけど」 

P「そうか?」 

柚「おっいいねぇファミレスったまにはどぉかなー?」 

楓「うん。いいね。仁奈ちゃんはどう?」 

仁奈「仁奈はみんなで行けるならどこでもかまわねーですよー」モフン 

P「そっか」 

P「じゃあファミレスでいいか」 

比奈「はーい」 

柚「はーい♪」 

楓「はい」 

仁奈「ですよー」 



・・・・おしまい 


77:◆qEJgO2U6bM:2014/02/05(水) 02:56:29.37 :T2tCTjLdo

おわりん 
短編集的な回でした 


私事ですが、ようやくやらないといけないことに目途が立ちまして 
なんとか新年度を迎えられるかも…みたいな。てきとーに生きれる人間になりたい 

お読み頂きありがとうございました、レスも感謝、画像ニキもどうもでした


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1391429700