1:2013/07/08(月) 18:03:59.31 :eTb/UWfwo

ブゥゥゥゥゥン…… [扇風機の音] 



のあ(暑い……) 

アーニャ(ジャルカ……) 

雪美(あつい……) 



みく「アツゥイにゃあー!」 


2:2013/07/08(月) 18:04:30.29 :eTb/UWfwo

のあ「……雪美、大丈夫?」 

雪美「……うん」フゥ 

アーニャ「扇風機じゃ、足りないです……」 

みく「にゃーんでこの時期にクーラー壊れるかにゃあ……」 


スタスタスタ 


ガバッ 


みく「何か冷たいもの……冷たいものはなかったかにゃあ……」 ガサゴソ 


みく「――お?」 


3:2013/07/08(月) 18:05:15.94 :eTb/UWfwo

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 



みく「――と、いうわけでここにチューペットが三本あるにゃ」 

のあ「私、アーニャ、雪美のちょうど三人分ね」 

アーニャ「ダー」 

みく「二人共、あとでちょっとツラかすにゃ」 ダー、ジャナイニャ ダー ジャ 

のあ「とりあえず、一本は雪美に、残り二つを私たちで、ということでいいかしら」 

アーニャ「ジャンケン、ですね」 

みく「……のあチャン、そこは大人として譲ってくれてもいいんだにゃ」 

のあ「私はアイスもみくも、狩るのに全力を尽くすわ」 

みく「なんて大人げないライオンだにゃ。同じネコ科として嘆かわしいにゃ」 


4:2013/07/08(月) 18:05:42.35 :eTb/UWfwo

雪美「………」ジーッ 


トコトコトコ 


雪美「私も、する……」 

アーニャ「雪美?」 

雪美「ジャンケン、する……」 

みく「雪美チャンには一本あげるから、参加しなくても大丈夫だにゃ?」 

雪美「……する」 


のあ「……いいわ、四人でやりましょう」 


5:2013/07/08(月) 18:06:15.81 :eTb/UWfwo

のあ [ココハ イチジキュウセン ヨ] パクパク 

みく [リョウカイ ダニャ] パクパク 

アーニャ [ミンナデ グー ヲ ダシマショウ] パクパク 


6:2013/07/08(月) 18:06:56.82 :eTb/UWfwo

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 



みく「――せーのっ」 

のあ「最初はグー」 

アーニャ「ジャンケーン……」 


のあ・みく・アーニャ・雪美『『ポン!』 


のあ [グー] 

みく [グー] 

アーニャ [グー] 

雪美 [チョキ] 


のあ・みく・アーニャ・雪美『あ……』 


7:2013/07/08(月) 18:07:22.77 :eTb/UWfwo

雪美「………」ジワッ 

アーニャ「三本勝負にしましょう」 

のあ「賛成よ」 

みく「賛成だにゃ」 


8:2013/07/08(月) 18:08:00.35 :eTb/UWfwo

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 



アーニャ「………」← 一抜け 


のあ・みく・雪美『ジャンケーン……』 


のあ・みく・雪美『ポン!』 


のあ [パー] 

みく [パー] 

雪美 [グー] 


雪美「………」グスッ 

みく「五本勝負だにゃ」 

のあ「望むところよ」 


9:2013/07/08(月) 18:08:36.21 :eTb/UWfwo

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 



のあ「――あっちむいて、ホイ!」 [←] ピッ 

雪美「……!」 [→] プイッ 



アーニャ(結局、あっちむいてホイで、決めることになりました) 

みく(雪美チャン、ジャンケン弱すぎだにゃ) 



のあ・雪美『ジャンケーン……』 


のあ・雪美『ポン!』 


のあ [チョキ] 

雪美 [グー] 


のあ(……来た!)


10:2013/07/08(月) 18:09:07.13 :eTb/UWfwo

雪美「……!」 グッ 

雪美「……あっちむいて――」 


のあ(ゴクリ) 


雪美「――ホイ!」 [↑] ピッ 


のあ「!」 [↑] グッ 


雪美「……やった……」ニコッ 


のあ(……終わった……!) 


みく(雪美チャンの思考を読むことに集中しすぎて途中カ○ジみたいな顔になってたにゃ) 

アーニャ(あんなに疲れてるのあさん、初めて見ます) 


11:2013/07/08(月) 18:09:33.80 :eTb/UWfwo

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 



のあ「……おめでとう、雪美。貴女の勝ちよ、受け取って」 スッ 

雪美「うん……」 


雪美「………」 


ポキッ 


のあ「……?」 

雪美「半分……あげる」ニコッ 

のあ「雪美……」 


フワッ 


雪美「……?」 

のあ「ありがとう……貴女は優しい子ね……」 ナデナデ 

雪美「……ふふっ」 ニコニコ 


12:2013/07/08(月) 18:10:15.69 :eTb/UWfwo

アーニャ「………」 


ポキッ 


アーニャ「それじゃあ、私のを半分、雪美にあげます」 

雪美「アーニャ……」 


みく「……しゃうがないにゃあ~」 


ポキッ 


みく「みくの半分を、アーニャチャンにあげるにゃ」 

アーニャ「みく……」 

のあ「残り半分は私が」 

みく「はいにゃ……あれっ!? みくの分がないにゃ!? うわーん! 返すにゃっ、返すにゃあ!」 ポカポカポカ


13:2013/07/08(月) 18:10:41.74 :eTb/UWfwo

ガチャッ 



P「ふぃぃぃ~……外あっぢぃぃぃ~……」 グデー 



のあ・みく・アーニャ・雪美『………』 ジーッ 



P「……えっ、なに……?」 


14:2013/07/08(月) 18:11:12.68 :eTb/UWfwo

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 



「いらっしゃいませー!」 



P「うう……なんでこんなことに……」 トホホ…… 


雪美「うーん……うーん……」ジーッ 

P「雪美、慌てなくていいぞ。ゆっくり選んでいいんだからな」 

雪美「……うん」コクッ 


P「ははは……あっ、コラ、そこの猫ども! なに五段重ね頼もうとしてんだ! 二段までだ二段まで! 
 ていうかのあさん、あなた大人なんだから金出してくださいよ! ねえ! ちょっと!」 





おわり 


15:2013/07/08(月) 18:11:54.40 :eTb/UWfwo

以上です。仕事中、アイス食いてぇ、と呻きながら考えたお話です。 

なんだかんだで60円のイチゴの袋かき氷選手は、毎シーズン1軍1番打者に置いておきたい存在。 



ここまで読んで下さりありがとうございました。 
HTML依頼出しておきます。白いワンピに麦わら帽ののあさんと縁側で涼みたい。傍らには雪美ちゃんと猫二匹。 


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1373274239