奈緒「おーっす……ってあれ、誰もいないのかな」 

菜々「……」 

奈緒「お、安部さん。なんだ、いたなら声掛けてよ」 

菜々「あいにくナナは席を外しておりましてぇ♪」 

奈緒「やめろぉ!」 



※こたつのアレです


3:2014/03/28(金) 23:58:22.37 :K3QqN4I8o

奈緒「しかし来るだろうとは思ってたけど、このタイミングで杏とはなぁ……」 

菜々「まぁ予想と言うか、来るのは確定ではありましたよね」 

奈緒「Pさんが『企画書全ボツだちくしょう!』っててんやわんやでさ」 

菜々「あー……」 

奈緒「ボツった企画書チェックしながら、ちひろさんに呪いの言葉吐いてたな」 

菜々「ちひろさん超とばっちりじゃないですか」 

ちひろ「その分絞っておいたので大丈夫ですよ!」ホクホク 

奈緒「今回は自業自得だから仕方ないな」 

菜々「ナナはなんにも聞いてません」


4:2014/03/29(土) 00:00:26.29 :tF3TkghDo

奈緒「しかし今回の杏は……なんだろう、あたしの目がおかしいのかな」 

菜々「どうしたんです?」 

奈緒「杏がやる気出してるように見えるんだよ」 

菜々「意外となんだかんだでやる時はやりますからね、杏ちゃん」 

奈緒「つまり、アレだな……」 

菜々「??」 

奈緒「普段口では嫌々言ってても、なんだかんだで仕事しちゃう……」 

奈緒「そう、ツンデレは杏の方だったんだよ!」 

菜々「な、なんだってー!」


5:2014/03/29(土) 00:02:27.18 :tF3TkghDo

菜々「いくらなんでもそれは無茶なんじゃ……」 

奈緒「前にこの説披露した時は、それなりに納得してもらえたっぽいけどなぁ」 

菜々「そうなんです? ちなみに一体誰に……」 

奈緒「加蓮だよ」 

菜々「あぁ……(察し)」 

奈緒「これであたしの荷も下りたなっ! ついにツンデレッテル返上だ!」フンス 

菜々(仮に杏ちゃんがそうだとしても、別に奈緒ちゃんがそうじゃなくなるわけじゃ……) 

奈緒「~♪」ニコニコ 

菜々(言わないでおきましょうか)


6:2014/03/29(土) 00:04:41.18 :tF3TkghDo

奈緒「でもまぁ、WMってほぼ共通衣装だから正直いじりにくいんだよなぁ」 

菜々「そうですねぇ、みんな枠の中でしっかり個性出してはいますけど」 

奈緒「安部さんもそろそろだっけ?」 

菜々「ナナも一応撮影はしましたけど、出るのかどうかはまだ……」 

奈緒「あー、そういうのもあるのか」 

菜々「人数が人数ですからねぇ」 

奈緒「まぁ、あたしは安部さんの晴れ姿を楽しみにしておくよ」 

菜々「ありがとうございます♪ なんかいじられそうで怖いですけどね」 

奈緒「安部さんはいじらなくても自爆するから、心配しなくても大丈夫だって」 

菜々「それなんにも大丈夫じゃないんですけどねぇ!」


7:2014/03/29(土) 00:06:35.91 :tF3TkghDo

菜々「うぅ……こ、今度はナナのターンですよ! ドロー!」 

奈緒「うっ」 

菜々「ふっふっふ、思い当たるところがいっぱいありそうですねぇ♪」 

奈緒「むしろ思い当たるところしかない」 

菜々「どんだけ恥ずかしがってきたんですか……」 

奈緒「杏と加蓮がそれぞれ一日数回『メイドにゃん』メール送ってきたりな」 

菜々「それもう嫌がらせのレベルじゃないですか」 

奈緒「安部さんも送ってきたよな? 『メイドぴょんはどうですか?』って」 

菜々「き、記憶にございません」


8:2014/03/29(土) 00:08:13.73 :tF3TkghDo

菜々「それにしても今回はやけにノリノリでしたよね、ご奉仕メイド's」 

奈緒「今回、ステージじゃ恥ずかしがる余裕もなかったからなぁ……」 

菜々「恥じらい乙女返上……ってわけじゃなさそうですね、その表情だと」 

奈緒「あたしとしてはそっちの方がいいんだけどな」 

菜々「と言うと?」 

奈緒「……あたしが気をつけてないといつポロリするかわかんないんだよ、愛梨ちゃん」 

菜々「あぁー……」 

奈緒「実際楽屋でやらかしたからな……スタッフさんも愛海もいない時でよかったよ」 

菜々「お疲れさまです……お茶でも入れましょうか?」 

奈緒「あ、いただこうかな」


9:2014/03/29(土) 00:10:01.77 :tF3TkghDo

菜々「はーい、お茶が入りましたよー♪」コトッ 

奈緒「ありがと安部さん。ん、うまい」ズズッ 

菜々「ナナもいただきますかね、よっこいしょっと」 

奈緒「杏にやろうと思って持ってきたんだけど、お茶請けにTPキャンディ出そうか?」 

菜々「あれはなんか涙の味がするのでちょっと……」 

奈緒「そっか……じゃあ予定通り杏にやるかな」 

菜々「それがいいですね」 

奈緒「まぁ『杏も飴ならなんでもいいってわけじゃないんだよ?』って言ってたけど」 

菜々「杏ちゃんが飴拒否するってよっぽどですよ……」 

奈緒「前にアレは嫌がってたな、なんだっけ……アルミサッシみたいなの」 

菜々「確か世界一まずいってアレですよね。なんでしたっけ…サラミス改じゃなくて」


10:2014/03/29(土) 00:11:53.43 :tF3TkghDo

菜々「一つだけ、どうしてもツッコんでおきたい事があるんですよね」 

奈緒「うん?」 

菜々「トライアドプリムス-N.R-」 

奈緒「あー……あたしも凛も、新ユニット名で行った方がいいって言ったんだけどな」 

菜々「実際のところ、商業的な事情ですかね?」 

奈緒「さすが安部さん、ご明察」 

菜々「看板背負っちゃうと大変ですねぇ」 

奈緒「あたし、実際こうなるまで意識してなかったなぁ」 

菜々「まぁ、ホンジャマカみたいにずっと二人になるってわけでもないですしね」 

奈緒「え、ホンジャマカって最初から二人じゃなかったのか?」 

菜々「ナナなんにも言ってません」


11:2014/03/29(土) 00:15:49.46 :tF3TkghDo

奈緒「まぁでも凛とデュオとかデビュー直後以来だからさ。なんだか懐かしかったよ」 

菜々「奈緒ちゃん懐かしがるような歳でもないじゃないですか、これからですよ♪」 

菜々「……はっ! も、もちろんナナもそうなんですけど!」 

奈緒「セーフかな」 

菜々「ナナは17歳のリアルJKなのでセーフもアウトもありませんよ」 

奈緒「そうですね」 

菜々「あ、そう言えばいいとも終わっちゃうんですよね……ナナ呼ばれてみたかったです」 

奈緒「レギュラーじゃないのか……」 

菜々「そこまで高望みはしないですよ、タモリンピックとかもやってみたかったですけど」


12:2014/03/29(土) 00:17:09.90 :tF3TkghDo

菜々「ところで、加蓮ちゃんはどうして抜けてたんです?」 

奈緒「普通にスケジュールの都合だよ」 

菜々「そんなもんですよね」 

奈緒「加蓮は加蓮で忙しいからなぁ。たまには調整合わない事もあるって」 

菜々「ナナ、てっきり衣装の問題かなぁと思ってました」 

奈緒「うん、まさにその衣装の関係でロケ行ってたんだよ加蓮」 

菜々「なるほど」 

菜々「凛ちゃんがバレンタイン、加蓮ちゃんがジューンブライドと来ましたし」 

菜々「奈緒ちゃんはクリスマスで来るものだと思ってたんですよね」 

奈緒「いやクリスマスはあたしデビュー間もなく出てるから」 

菜々「そうでした」


14:2014/03/29(土) 00:19:05.63 :tF3TkghDo

菜々「それにしても、加蓮ちゃんがいないとなると……」 

奈緒「うん?」 

菜々「瑞樹さんが『代わりのKに私はどうかしら! いけると思わない?』とか言いそうですね」 

奈緒「すごいな安部さん。一字一句同じ事言われたよ、マジで」 

菜々「えっ」 

奈緒「川島さん入ると主役食われるから、って言ってなんとか納得してもらってさ」 

菜々「何やってくれてるんですか瑞樹ちゃん」 

奈緒「その後『ラブリー♪マジカル♪ミズキ……可能性を感じるわ』って」 

菜々「止めてあげてください、どちらのためにも」


16:2014/03/29(土) 00:21:13.59 :tF3TkghDo

奈緒「加蓮と言えばさ」 

菜々「なんです?」 

奈緒「こないだ、トライアドのライブ映像チェックした時なんだけど……」 

奈緒「なんか知らないけど、加蓮のソロパートだけ映像が異様にぬるぬる動くんだよ」 

菜々「ダンスのキレがよかったとかですかね?」 

奈緒「そういうんじゃなくて……こう、加蓮だけ動画枚数が倍以上になってる感じでさ」 

菜々「なにそれこわい」 

奈緒「毎年一人だけ異様にぬるぬる動く変身バンク見てるみたいだったよ」 

菜々「結局なんだったんですかね?」 

奈緒「スタッフさん達もさっぱりらしいんだよな……なんだったんだあの謎現象」


18:2014/03/29(土) 00:24:51.39 :tF3TkghDo

菜々「そう言えば、話は変わるんですけど」 

奈緒「うん?」 

菜々「杏ちゃんから動画届きませんでした?」 

奈緒「あぁうん、765の横山さんからのメッセージだよな?」 

菜々「そうそうそれです」 

奈緒「最初は杏なにしてくれやがるんだと思ったけどさ、いざ見るとこう……熱くなるよな」 

菜々「杏ちゃんの予想そのまんまのリアクションですねぇ」 

奈緒「この状況ならみんな大体こうなると思うぞ」 




19:2014/03/29(土) 00:26:29.37 :tF3TkghDo

奈緒「あたしもいずれ共演してみたいと思ってたからさ。励みになるよな、うん」 

菜々「頑張らないといけませんね♪」 

奈緒「おう! やるぞーっ!って思ったよ」 

菜々「いい刺激になったみたいで何よりですよ♪」 

奈緒「うん、安部さんにもお礼言っておかないとな。ありがとう、安部さん」 

菜々「いえいえ♪ 次は、あっちの奈緒ちゃんにも言わないとですね♪」 

奈緒「直接じゃないけど、あたしもあっちに知り合いいるからお礼伝えてもらったよ」 

菜々「そうだったんですか?」


20:2014/03/29(土) 00:28:08.13 :tF3TkghDo

奈緒「うん。ひなただよ、木下ひなた」 

菜々「またとんでもなく予想外な組み合わせなんですけど」 

奈緒「あー……まぁイメージ違うのは自覚してるし、知り合ったのも偶然だしなぁ」 

菜々「実はネトゲで同じギルドに所属してたとかですかね?」 

奈緒「どこから出てきたその発想……あの子ネトゲとかやんないだろ、多分」 

菜々「まぁそんなイメージは無いですねぇ……なんでそんな事思い浮かんだんでしょう」 

奈緒「あたしに聞かれても……あれだろ、電波でOK受信でOK」 

菜々「ウサミン電波は混線とかしないですからね?」 

奈緒「単にあれだ、聖來さんのわんこ、頼まれて散歩してたら偶然バッタリとな」 

菜々「なるほど」


21:2014/03/29(土) 00:29:51.63 :tF3TkghDo

奈緒「道に迷ってたみたいでさ、なんか放っとけなくて」 

菜々「趣味つながりとかではないんですね」 

奈緒「そうだなぁ……まぁそっちでガッツリは安部さんと杏いるしな」 

菜々「嬉しいこと言ってくれますねぇ♪」 

奈緒「それじゃとことん?」 

菜々「よしなさい(真顔)」 

奈緒「ディープな北海道あるある聞いてきたから、今度杏に言ってビビらせてやるんだ」 

菜々「……多分、あっちにいた頃から外に出なかった杏ちゃんには通じないんじゃ」 

奈緒「あっ」


22:2014/03/29(土) 00:31:26.28 :tF3TkghDo

菜々「きっかけは偶然にしても、やっぱり意外な組み合わせですねぇ」 

奈緒「あっちがどう思ってるかは知らないけど、あたしは気に入ったよ」 

菜々「こっちで言うと美由紀ちゃんとか沙織ちゃん的なタイプですよね?」 

奈緒「大雑把に分けるとな。いい子だったよ、素朴であったかい感じでさ」 

菜々「妹にして溺愛したい的な、とかですか?」 

奈緒「いや美嘉じゃあるまいし」 

菜々「奈緒ちゃんも結構ひどいですよね」 

奈緒「どっちかって言うと……うーん……妹って言うよりは、孫に欲しいタイプかなぁ」 

菜々「孫て」


23:2014/03/29(土) 00:33:03.75 :tF3TkghDo

菜々「また話は変わるんですけど」 

奈緒「今度は一体何が来るんだ」 

菜々「曲名ついに決まったんですね♪ 『2nd SIDE』ですか」 

奈緒「おう! ……いやまぁ、まだあたしもどんな曲か知らないんだけどさ」 

菜々「曲名からすると、奈緒ちゃん待望のクールでかっこいい系じゃないですかね?」 

奈緒「いや油断出来ないぞ……前に杏と安部さんがやった予想、あたし以外はドンピシャっぽいし」 

菜々「まぁ、奈緒ちゃん以外は元々既定路線みたいなものでしたしねぇ」 

奈緒「それはそれでショックな話だな……」 

菜々「まだあきらめるような時間じゃないですよ!」 

奈緒「期待はしないでおこう」


24:2014/03/29(土) 00:35:28.77 :tF3TkghDo

菜々「総選挙も始まりますし、頑張っていかないといけませんね」 

奈緒「選挙かー……」 

菜々「あれ、あんまり乗り気じゃないですか?」 

奈緒「いや、なんか去年も大体同じ流れで選挙の話した気がするんだよな」 

菜々「奈緒ちゃんストップですよ」 

奈緒「おかしいよな……16歳のあたしはまだアイドルじゃなかったはずなのに」 

菜々「それ以上言うと我が『世界』に入門する事になりますよ!」 

奈緒「安部さん石仮面かぶったのか……」 

菜々「ナナはウサミン星人をやめたつもりはないですよ!」


25:2014/03/29(土) 00:37:10.22 :tF3TkghDo

奈緒「うん、これ以上言うとなんかえらい事になる気がするから帰ろうか」 

菜々「そうしましょうか……ちひろさんからの視線が刺さりますし」ヒソヒソ 

奈緒「そういや安部さん、グフ出来た?」 

菜々「出来ましたよー♪ 今のってすごいですねぇ、組み立てただけでかっこいいですし」 

奈緒「そりゃまぁ、一個300円の時代と比べたらなぁ」 

菜々「そこまで昔じゃないですよぉ!」 


おわり 
お付き合い感謝


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396018645