■道民出身シリーズ
モバP「北へ還れ!」
モバP「初雪だってよ」


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18 19:48:11 :creozD2R0

双葉杏「えー……」 

柳瀬美由紀「今年は遅かったなぁ」 

黒川千秋「もうそんな時期なのね」 

相川千夏「私の故郷はあまり雪の降らない場所なのよね」 

梅木音葉「こっちは、家の中が寒くて辛いです……」 

P「お前らこたつから出てくれよ、俺入れないじゃん」 


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18 19:54:15 :creozD2R0

杏「嫌だよ、寒いもん」 

千夏「千秋、あなたの隣を空けなさいよ」 

千秋「無理よ、満員だわ」 

音葉「……」 

美由紀「私は杏ちゃんと一緒に入ってるから余裕無いし……」 

杏「ひらめいた」 

千秋「いい予感はしないけど」 

杏「兄貴、杏を膝抱っこするのだ」 

P「なんでよ」 

杏「場所の節約にもなるし背中も温かい。 最高じゃない?」 

P「杏はいいだろうけど俺は嫌だ」 

美由紀「じゃあみゆきを……」 

P「んー……そうするか?」 

千秋「……不潔」


6:>>2 続きっぽい:2012/11/18 19:58:16 :creozD2R0

P「なんで不潔とか言われないといけないの」 

千夏「年端もいかない女の子を成人が膝抱っこしちゃだめよね」 

音葉「じゃあ……私を……」 

千秋「……余計だめな気がするのは私だけ?」 

P「奇遇だな、俺もだ」 

杏「兄貴ー背中寒いー」 

美由紀「抱っこしてほしいな……」 

千夏「……□リコン」 

千秋「……最低」 

杏「やーい兄貴のシスコンー」 

音葉「えーと……やーい」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18 20:02:13 :creozD2R0

P「お前ら好き勝手言いやがって……もういい」 

美由紀「お兄ちゃん……怒っちゃ、やだな」 

P「別に怒ってるわけじゃないんだけどな」 

杏「やーいやーい」 

むんず 

杏「え?」 

P「ふん」 

ぽいっ 

杏「ぬわー」 

P「はー、温かい」 

杏「兄貴ー寒いー」 

P「調子に乗った罰だ」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18 20:10:33 :creozD2R0

千夏「仕方ないわね……杏、いらっしゃい」 

杏「ちなっちゃんは話がわかるねー……よっこいしょっと」 

P「やめろ、じじくさい」 

杏「はー……ぬっくい」 

音葉「Zzzz……」 

千秋「……音葉が寝ちゃったわ」 

P「そっとしておけよ?」 

千秋「わかってるわよ……」 

P「美由紀もじっとしててくれよ」 

美由紀「んー……」 

千夏「美由紀も眠そうね」 

美由紀「……んぁ? ねてないよ?」 

P「眠かったら布団で寝なさい」 

美由紀「みゆきお布団よりここの方がいい……」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18 20:16:16 :creozD2R0

千夏「あら」 

P「それはちょっと困るんだよ美由紀……」 

美由紀「……だめなの?」 

杏「ひとでなしー」 

P「ぐ……まぁいいさ、寝てもいいぞ」 

美由紀「……えへへ……」 

千秋「……」 

ぎゅううう 

P「痛ぇ! 誰だつねったの」 

杏「杏じゃないよー」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18 20:21:01 :creozD2R0

P「わかってるよ、手出してるじゃん」 

音葉「Zzzzz……」 

千夏「音葉でもないわね、私でもないけど」 

P「ということは……」 

美由紀「ふぇ? みゆきじゃないよ?」 

P「だろうな、ということは」 

千秋「……」 

ぷい 

P「……」 

杏「……」 

千夏「……」 

美由紀「……」 

音葉「Zzzz……」 

千秋「…………何よ」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18 20:25:59 :creozD2R0

P「なぜつねった」 

千秋「……ふん」 

千夏「……あなたね……」 

P「ちょっとトイレ、美由紀一旦降りてくれ」 

美由紀「ふぁい……」 

ばたばた 

杏「……で」 

千秋「……」 

千夏「嫉妬?」 

千秋「違うわ」 

音葉「Zzzzz……」 

美由紀「ふわぁ……」 

千夏「……はぁ」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18 20:33:23 :creozD2R0

杏「これはだめですなぁ」 

千秋「だめって何よ」 

千夏「……奥手ね」 

千秋「関係ないわ」 

美由紀「……」 

うつら うつら 

千夏「美由紀、寝たらプロデューサーの膝抱っこはなくなるわよ」 

美由紀「ふえ!? 起きてますっ」 

千秋「……」 

美由紀「千秋さん、何怒ってるんですか?」 

千秋「怒ってないわよ」 

美由紀「あぅぅ……」 

じゃー ばたん 

P「ふぅ……何この空気」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18 20:38:05 :creozD2R0

音葉「……おはようございます」 

P「おはよう」 

音葉「お手洗いを借りますね」 

P「はいよ、勝手は……わかってるか」 

音葉「はい……」 

杏「音葉達も大分入り浸るようになったもんね」 

千夏「ことある毎にここに来てる気がするわ」 

P「アイドルの仕事も増えてきて安定してきたな、苦労はしたけど」 

杏「まぁリーダーがしっかりしてるからね」 

千秋「しっかり……?」 

P「自覚してきた気はするけどまだまだだな」 

杏「もっと褒めてくれてもいいじゃん」 

P「まだまだだ」 

杏「じゃあもっと飴くれ」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18 20:43:01 :creozD2R0

P「やらん」 

美由紀「飴いいなぁ……」 

P「いるか?」 

美由紀「うんっ」 

P「じゃあ杏、冷凍庫からアイスの実を人数分だ」 

杏「えー」 

P「追い出すぞ」 

杏「あい」 

とてとて 

音葉「ありがとうございました……杏ちゃんは?」 

P「冷凍庫までおつかい」 

音葉「そうですか……」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18 20:45:12 :creozD2R0

とてとて 

杏「6個でいいんだっけ」 

P「ご苦労さん」 

よしよし 

杏「よし、もっと撫でるんだ兄貴」 

千秋「……」 

げしっ 

P「いってぇ!」 

美由紀「どうしたの?」 

P「足を蹴られるか殴られるかしたぞ……」 

音葉「……物騒な……」 

千夏「千秋……」 

千秋「知らないわ」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18 20:51:02 :creozD2R0

千夏「はぁ……」 

P「ほい、アイス」 

杏「うまうま……コタツdeアイスは素晴らしい」 

音葉「……おいし」 

千夏「しゃっこいわね」 

千秋「むぐむぐ」 

美由紀「おいしー☆」 

P「んー、たまらんな」 

千夏「ゴミはどうすればいいかしら」 

P「ああ、このゴミ箱に」 

千夏「投げればいいのね」 

P「おう」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18 20:57:05 :creozD2R0

千秋「……Pさん」 

P「どうした」 

千秋「……なんでもないわ」 

P「……は?」 

杏「ほう……?」 

千夏「……」 

音葉「……ふふっ」 

美由紀「Zzzz……」 

P「え? 何これ」 

音葉「~~~♪」 

杏「むふふ」 

千夏「……はぁ……」 

美由紀「ん……おにぃちゃん……」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18 21:04:12 :creozD2R0

P「ん? 起きたのか?」 

美由紀「……んむ……」 

P「なんだ寝言か……」 

音葉「……美由紀ちゃん、幸せそうですね……」 

P「色々苦労してるみたいだからなぁ」 

千夏「いずれ、話してもらえるかしら?」 

P「美由紀の口から直接で、俺が言うのは筋違いだからね」 

千夏「それもそうね……」 

杏「……ねむ……」 

P「眠いなら布団で寝てくれよ」 

杏「……兄貴、ちょっと」 

P「美由紀いるから動けないんだけど」 

杏「仕方ないな……ちょっとちなっちゃんごめんよ」 

千夏「どうするつもり?」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18 21:07:37 :creozD2R0

杏「よいせっと」 

P「無理に入ってくるなよ……」 

杏「気にしない気にしない」 

P「えぇ……」 

杏「ほら、手回して」 

P「横から抱きつきやがって……」 

杏「んー、兄貴は抱き心地がいいなぁ……」 

千秋「……」 

ぎりぎりぎり 

P「いたいいたいいたい! つねるな!」 

千夏「……」 

音葉「……」 

杏「……」 

千秋「……ふん」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18 21:12:53 :creozD2R0

杏「やっぱり兄貴は最高だ……このまま杏を養っておくれ」 

P「断る」 

杏「けちー」 

P「ケチで結構、いい加減俺に洗濯任せるのやめろよ……下着入ってたぞ」 

杏「兄貴ならいいかなって」 

P「俺も男なんだけどなー」 

杏「なに、兄貴は杏を襲うの?」 

P「ねーわ」 

杏「ちぇー」 

P「今の発言は結構危ないぞ?」 

千秋「……□リコン」 

P「違うってーの……」 

千秋「……」 

すくっ 

P「なんだ?」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18 21:15:18 :creozD2R0

千秋「……」 

P「え? 狭いってば」 

ぎゅう 

千秋「……」 

P「……え?」 

千秋「……ね……眠いからこのまま寝るわ……」 

P「いやちょっと千秋さん?」 

千秋「眠いから……しょうがないのよ……ええ……」 

P「膝上に美由紀、右手に杏、左手に千秋……なんじゃこりゃ」 

千夏「千秋ってば……もう……」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18 21:19:05 :creozD2R0

P「身動きが取れん……それに千秋のが……」 

杏「……」 

ぎゅうぎゅう 

P「杏、あんま強く抱かないでくれ」 

杏「……バカ兄貴」 

千夏「……モテモテね」 

音葉「……ええ……」 

P「千秋、寝てないだろ」 

千秋「……寝てるわ……ええ……眠いもの……だからPさんに抱きつくのも仕方ないわ……」 

P「意味があわからんぞ?」 

音葉「ふふ……」 


ちくり 


音葉「……?」 

おわり


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/18 21:22:34 :creozD2R0

初雪が降ったよ 
車の上に薄く積もってたさ 

一応前回から設定は変わってないです 
変わったのはハロウィンでの音葉さんくらいで……? 

北海道組はこれで終わりかなーって

 
元スレ
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1353235691