1:2014/04/01(火) 23:26:10.66 :2EgRvRfr0

ちひろ「やってくださいね!」 

P「あー、今ルシウスさんプロデュースするのに忙しいんです」 

ちひろ「やってくださいぃ……ぐすん」 

美優「Pさん……ちひろさんを泣かせたんですか……?」 

P「いやだって、美優さん……」 

美優「だってもへちまもありません。ちひろさんだって、Pさんの為を思って……」 

ちひろ「うう……くすん。チラッ」 

P「ほら今チラッって」 

美優「もう、Pさん」 

P「はいはい……やります。やりますから」 

ちひろ「えへ♪ やったぁ♪」 

P「こいつ……可愛い……!」 


2:2014/04/01(火) 23:30:19.20 :2EgRvRfr0

美優「あ、難易度が選べるみたいですよ」 

P「初めてだし、とりあえずマスターにしようかな」 

美優「えっ、初めてなのに……?」 

P「スタートっと」 


『ういっすー☆ このハンマーちょー手に馴染むっつかマジハマりー?』 


美優「あら。可愛いですね」 

P「里奈か。意外だな」 

美優「ふふ。進めてみましょう」 


『ひっひっひ! 合法的に嫌がらせも足の引っ張り合いもできるのよ!』 


P「バトルか。ええい、麗奈め……」 

美優「か、可愛い……!」 

P「まあ、悪魔っ子が似合うアイドルも珍しいですね」 


3:2014/04/01(火) 23:36:30.05 :2EgRvRfr0

美優「早速ダイス、投げましょう」 

P「……おっ。スキルで倍率4倍ですね」 

美優「ええ、このまま勝っちゃいましょう」 

P「悪いな麗奈、今回も俺の勝利で……」 


ドゴッ 

GAMEOVER 


P「……え?」 

美優「……え?」 


5:2014/04/01(火) 23:40:33.14 :2EgRvRfr0

P「……いま一撃でしたよね?」 

美優「そうですね……」 

P「おかしいな……里奈のHPは最大だったんだが」 

美優「もう一回やってみませんか?」 

P「はい」 


『ふ、ふふ……喚ばれちゃった……私も……たくさん喚んでいい……?』 


美優「か、かか可愛い……!」 

P「やっぱり袖が余るんだな……」 


6:2014/04/01(火) 23:42:08.79 :2EgRvRfr0

P「よし、再戦だ」 


『ひっひっひ! 合法的に嫌がらせも足の引っ張り合いもできるのよ!』 

ドゴッ 

GAMEOVER 


美優「……」 

P「……」 

美優「……こ、これなら仲間を先に集めませんか?」 

P「賛成です……」 


7:2014/04/01(火) 23:48:35.53 :2EgRvRfr0

『ういっすー☆ このハンマーちょー手に馴染むっつかマジハマりー?』 

『よばれてー飛び出てーきらりんさんじょーう☆』 


P「きらりがいれば百人力だな」 

美優「きらりちゃん……可愛いのですけど、右手のそれは……?」 

P「モーニングスター☆っていって、太古の昔可愛いアイドルだけが持てたレアグッズですよ」 

美優「あ、そうだったんですか。ふふっ」 

P「…………」 

美優「あ、3人目が仲間になりますよ」 


『えー……喚ばれたのー? 仕方ないなー、でも働かないよ?』 


P「杏! 働け!」 

美優「ふふふ……杏ちゃんはゲームでも働きたくないそうですよ?」 


8:2014/04/01(火) 23:53:58.71 :2EgRvRfr0

P「とりあえず同じメンバーでやってきました」 

美優「今度は、4人目と5人目を先に集めましょう」 

P「箱幸子 皆で囲めば 怖くない、ですね」 

美優「ちょっと可哀想ですけど、それしかないですね……」 


『私、勇者役にチャレンジです! 卯月の活躍、見てくださいね!』 


P「そ、そんな……」 

美優「Pさん?」 

P「ぽ……ポーズがダブルピースじゃない……ッ!」 

美優「そこ大事なんですか……!?」 

P「どうしよう……やる気が……もう……」 

美優「あ……あの、Pさん、ほら! 上顎中切歯とか、チラリとしてますから! すごくキュートですよ!」 

P「あ、それもそうですね。よし。プロデューサー、頑張ります!」 

美優「ほっ……」 


9:2014/04/02(水) 00:07:07.73 :8v39MSZI0

『マギヤ&ミェーチ…魔法も剣もアーニャにお任せ、ですね』 


美優「アーニャちゃんは可愛いのに格好よくて……素敵ですね」 

P「確かに。他にはない魅力がありますね」 

美優「これで5人揃いましたし、麗奈ちゃんにリベンジしましょう」 

P「よーし。麗奈め、待ってろよー……」 


『ひっひっひ! 合法的に嫌がらせも足の引っ張り合いもできるのよ!』 


美優「里奈ちゃんの4倍、アーニャちゃんの3倍、卯月ちゃんの3倍……」 

P「これでも足りないか……でも、麗奈の攻撃にも耐えられたぞ」 

美優「あ、きらりちゃんの2倍と卯月ちゃんの3倍で……?」 


『勝ったアンタたちにあげるわ! あれ? イカサマダイス、どこに……』 


P「た、倒した……?」 

美優「やりましたね、Pさん!」 

P「おお、5人がかりならこんなに楽なのか」 

美優「このまま一気にクリアしちゃいましょう!」 

P「ええ! ちひろさんにぎゃふんと言わせてやりますよ!」 


10:2014/04/02(水) 00:19:40.44 :8v39MSZI0

P「さて、大体レベル上げしたし、そろそろボスに挑みますか」 

美優「ええ。でも、Pさんは用心深いんですね……ボスの前にこんなに強くするなんて……」 

P「さっき痛い目に遭いましたからね……念には念を押して、行きましょう」 


『フフン♪ 悪魔でもカワイイボクが最後の相手になってあげます!』 


P「やっぱり幸子か」 

美優「つ、角……いいなぁ……!」 

P「……今度着けますか?」 

美優「えっ!? そ、そんな……恥ずかしいです……!」 

P「似合うと思いますけど……」 


『負けたことにしておきますから次は空気を読んでください! フン』 


P「ふはは、華麗に勝利!」 

美優「て、典型的な捨て台詞でしたね……」 

P「そこも可愛いですね」 


11:2014/04/02(水) 00:31:03.36 :8v39MSZI0

P「おっ、もうひとつマップがあるみたいですね」 

美優「意外とボリュームがあるんですね……」 

P「ちひろさんも他のところに努力すれば良いのに……」 

美優「まあまあ……あ、また麗奈ちゃんが出ました」 

P「フフン、今の里奈たちに敵うとでも……」 


ドゴッ 


P「……あれ、ちょっと待って、攻撃力高い?」 


ドゴッ 


P「待っ、ストップストップ、あと2撃……」 


ドゴッ 

GAMEOVER 


美優「……」 

P「……」 


14:2014/04/02(水) 00:36:14.12 :8v39MSZI0

P「あれー……?」 

美優「あの……もしかして、ライブをほとんどしてなかったからじゃ?」 

P「ふむ、なるほど……よし、次はそれで行きましょう」 


───。 


P「宝箱がぜんぜん開かない!?」 

美優「ファイトです、Pさん!」 


───。 


美優「美玲ちゃんが……可愛すぎて……はうっ」 

P「ライブが……2連続失敗だと……?」 


───。 


美優「莉嘉ちゃんと美嘉ちゃんの姉妹コンビですね!」 

P「これ……クマなのか……? あっ、ダイス間違え……あああ!」 


───。 


18:2014/04/02(水) 00:45:42.72 :8v39MSZI0

P「菜々のHPは一番低いのかー」 

美優「あれ? でも年齢はこの中で一番……むぐっ!?」 

P「フレデリカが年長です。それ以上言うと……ウサミン星人にされますよ?」 


───。 


P「紗南は火力高くていいな」 

美優「ふふ……いつも元気ですものね。私もいつかあんな子を……」 

P「……なんでこっち見つめながら頬染めるんですか、ねえちょっと?」 


───。 


P「珠美はかわいい、ちいさい、つかいやすい」 

美優「わ、私も……おいたをするPさんに……えいっ」 

P「かわいい」 


───。 


P「フレデリカはライブに最適だな。ダイス集めにももってこいだ」 

美優「……フンフンフフーン♪」 

P「……フレデリカ~♪」 


───。 


美優「あ、未央ちゃんですよ!」 

P「うおお! ちゃんみお! ちゃんみお! シューティングスター!」 


───。 


20:2014/04/02(水) 01:01:46.92 :8v39MSZI0

P「ありすか……」 

美優「すっかりイチゴ大好きになったみたいですね……?」 

P「本人は子供っぽいと思ってるみたいですけどね。でも俺もイチゴは好きですよ」 

美優「あの、良かったら……今度私と一緒にイチゴ狩りに……!」 

「いちご大明神」 

P「誰だ今の」 


───。 


P「うう……そろそろくじけそう……」 

美優「ま、まだ諦めちゃだめです、Pさん……!」 

P「でも……辛い……主にミミック幸子が……」 

美優「それは、まあ……攻撃は物理的にもカワイイですけど……」 

P「こんなとき……あいつがいてくれたら……ん?」 


『アタシの名前を呼んだのは……アンタかい? ああ、任せろ!』 


美優「光ちゃん……!」 

P「ああ……光! 俺たちのヒーロー! 頼む! 俺たちを助けてくれ!」 


ドゴッ 

GAMEOVER 


───。 


『ふーん、剣士か。……ま、私はどんな役でも務めるよ』 


P「じゃあ[Pのお嫁さん]渋谷凛でもいいってことかなー? ん?」 

美優「Pさん……やさぐれないで……!」 

P「だって……幸子が!」 

美優「凛ちゃんも幸子ちゃんも、カワイイですから!」 

P「うう……!」 


24:2014/04/02(水) 01:18:07.78 :8v39MSZI0

P「はあ……はあ……やっとここまで来ましたね」 

美優「遠い道のりでしたね……」 

P「美優さん、ダイスは?」 

美優「交換も見据えて、90個ですね」 

P「ファンの数は?」 

美優「多くて困ることはありませんから……50万人ほど……」 

P「アイドルのレベルは?」 

美優「百戦錬磨の50です……!」 

P「準備は良いですか……?」 

美優「はいっ……!」 

P「いざ、ラスボスへ!」 


27:2014/04/02(水) 01:23:42.54 :8v39MSZI0

『我が呪われし右手には炎! 我が聖なる左手には氷を!』 


P「魔王蘭子! 勝負だ!」 

美優「まずは……合計100の出目です!」 


バリーン 


美優「バリアー……!?」 

P「まだまだ!」 


バリーン 


P「まだいける!」 

美優「6が3つで……出目90!」 


バリーン 


美優「また……!」 

P「くっ……これが魔王蘭子の力!?」 

美優「蘭子ちゃんの攻撃は3回とも通ってしまいました……このままじゃ!」 

P「俺は……蘭子には勝てないのか……!?」 


───。 


『決して諦めるな! 自分の感覚を信じろ!』 


───。 


P「はっ……光!」 

美優「光ちゃん……!」 


29:2014/04/02(水) 01:32:49.29 :8v39MSZI0

P「そうだ……まだ負けてない!」 

美優「Pさん、初期ダイスがふたつとも1です!」 

P「よし! 杏、出番だ!」 

美優「倍率150で……出目450!」 

P「どうだ!?」 

美優「通っ……た?」 

P「通る! バリアは破れたぞ!」 

美優「でも……私たちのHPが!」 

P「まずい、次の蘭子の攻撃が通るとっ……」 

美優「そんな、ここまで来て……」 

P「くっ!」 


ガキーン 

ファンがダメージを受け止めた! 


P「……」 

美優「……」 

P「ははは……」 

美優「ふふふ……」 


30:2014/04/02(水) 01:42:11.28 :8v39MSZI0

P「美優さん!」 

美優「はいっ!」 

P「5を3つ!」 

美優「もちろんです!」 

P「魔王蘭子……これで終わりだ!」 

美優「555……みんなまとめて、おしまいです!」 


『ぐはっ……我が覇道は消えぬ……何度でも蘇るわ……! きっと!』 


P「やったか……?」 

美優「……はい、はい!」 

P「倒した……ラスボスを倒したのか……」 


31:2014/04/02(水) 01:44:48.63 :8v39MSZI0

美優「やりましたね、Pさん!」 

P「美優さん。これは美優さんのおかげです」 

美優「そんな、私はお手伝いをしただけで……」 

P「そんなことありません。美優さんがいなかったら、俺は諦めてたかもしれません」 

美優「Pさん……」 

P「美優さん……」 

ちひろ「いやあ、見事でしたね! プロデューサーさん!」 

P「ちひろさん!?」 

ちひろ「大分苦労してましたけど……これから先が思いやられますねー?」 

美優「むっ」 

P「それはないですよ。俺には美優さんがいますから」 

美優「あ……」 

ちひろ「フフフ……これを見ても同じことが言えますかね?」 


33:2014/04/02(水) 02:07:16.41 :8v39MSZI0

『こんこーん。しゅーこも弓の扱いはうまいよー』 

『さくらは戦士、亜子は商人、私は……ハッカー?』 

『ふぇぇ……くるみまだひっさつわざ考えてないよぉ……』 

『どうしてそこで諦めるんですかそこで! ボンバーですよボンバー!』 

『信ずる心と愛する心が交わるとき……全ては優しい光に包まれるのです……』 

『うふふ、ゲームの中でも幸運だといいですね♪ お願い事するなら今ですよ♪』 

『真実と現実は、似ているようで違う……あなたの瞳には、何が映っているの』 

『ごめん未央、卯月……まだ私、闇の呪縛から捕らわれ凛々姫だったよ……』 

『ちょっぷは……痛いかもしれないです。だから……なでなで、しちゃいます』 

『歌を聴きましょう。人と人が通じ合えば、あまえびのように……美しく生きられますっ』 

『アイドルたるものこの程度で根をあげてはいかんな。さあ、地獄の特訓は始まったばかりだ!』 

『4姉妹の末っ子だからって甘く見ちゃだめですよ! だから、るきちゃんって呼ばないでください!』 

『私、気付いたんです。無理して特別じゃなくていい。普通のアイドルで、普通の恋して、普通の女の子でいたいんです!』 



P「なんだと……」 

美優「なんてこと……」 

ちひろ「正規版……覚醒要素とパーティ編成、イベントシステム実装……」 

P「バカな……」 

美優「でもあくまでエイプリルフール企画ですし……」 

ちひろ「もちろん美優さんも出ます。Pさんといちゃいちゃできます」 

美優「あ、今から予約してもいいですか……?」 

P「美優さん!?」 


34:2014/04/02(水) 02:11:21.90 :8v39MSZI0

ちひろ「さて、本題に入りましょう」 

P「ちひろさん……」 

ちひろ「買うか、買わないか。二つに一つですよ」 

P「……」 

ちひろ「……」 

P「……ちひろさんは、出るんですか?」 

ちひろ「……隠しキャラで」 

P「買います」 

ちひろ「ありがとうございます!」 

P「美優さん、一緒にやりましょうね」 

美優「はいっ!」 


37:2014/04/02(水) 02:19:37.48 :8v39MSZI0

おしまい 


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396362370