■関連SS

・モバマスSS 
・池袋晶葉、古澤頼子 
・月が綺麗ですね 

それでは、よろしくお願いします。 


2:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 22:46:03.96 :N0hbP1yw0

ブロロロロ…… 

P「んー……打ち合わせに挨拶に、時間かかったな……」 

P「だが、どうにかスケジュールの最終調整も終わった。ずっと前から打診した甲斐があったもんだ」 

P「……もうこんな時間か。事務所に着くのは10時頃かな」 


prrrr! prrrr! 

P「ん、電話だ。どこか路駐できそうなところは……あそこでいいか」 


ピッ 

P「もしもし」 

??『もしもし……Pよ、事務所に戻るまでどれほどかかりそうだ?』 

P「ん、晶葉か。着くのはだいたい10時頃じゃないか?」 

池袋晶葉『そうか。事務所に着いたら屋上まで来るように』 

P「屋上?」 

晶葉『ああ、ちひろに頼んで開けてもらった。問題ないぞ』 

P「そうか、分かったよ」 

晶葉『……運転中にすまなかったな。では、待っているよ』 


3:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 22:47:29.87 :N0hbP1yw0

ブロロロロ…… 

P「屋上か……何かあったかな?」 

P「……まあいいか。面白そうだし、着いてから考えよう」 

P「あー、軽く飯食っておくか……丁度いい、そこにコンビニが……」 


バタン 

P「……にしても」 

P「今日はいい天気だな。こんな都会の夜空でも――」 


P「――月が、綺麗じゃないか」 


4:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 22:49:09.01 :N0hbP1yw0

――事務所 

晶葉「……」カチャカチャ 

古澤頼子「……」ペラッ 

晶葉「……」チラッ 

晶葉「むぅ……」ショボン 

頼子「……?」ペラッ 


頼子「……晶葉ちゃん?」 

晶葉「ど、どうした、頼子」 

頼子「さっきから……時間、気にしてるのかな、って」 

晶葉「そ、そうか……?」 

千川ちひろ「そんなに気にしてても、プロデューサーはすぐには帰ってこれませんよ?」 

ちひろ「打ち合わせにスケジュール調整で、かなり長引いてるみたいですから」 

晶葉「……うむむ……」 


5:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 22:51:23.11 :N0hbP1yw0

晶葉「……そうだな。よし、今日のためのロボの様子でも見てこよう」 


バタン 


ちひろ「気になって仕方がないみたいですね」 

頼子「……晶葉ちゃんとPさんは、仲良しですから」ペラッ 

ちひろ「ええ、事務所のソファで添い寝するくらいには」 

頼子「ふふっ……あれは、微笑ましかったですね……」 

ちひろ「でも、私が言ったのは頼子ちゃんのことだったんですけどね」 

頼子「えっ……?」 

ちひろ「頼子ちゃんもプロデューサーさんや晶葉ちゃんと仲良しですからねぇ」 

ちひろ「それくらい、私にだって分かりますよ」 

頼子「え、えっと、その……」カァァァ 

ちひろ「ふふっ、それでは私はこの辺で。三人で楽しんでくださいね」 

頼子「……ちひろさん、いいんですか……?」 

ちひろ「ええ。アイドルのために空気を読むのも、事務員の仕事です。戸締まりだけは気を付けてくださいねー」 


頼子「……ふふっ、そうですね……」 

頼子「楽しい夜に、なりますように……」 


6:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 22:52:18.93 :N0hbP1yw0

――事務所研究室 

晶葉「……スイッチ、オン」 


ガタガタガタ…… 

ゴゥンゴゥンゴゥン…… 


晶葉「……ふむ、動作に異常なし」 

晶葉「生産も……ばっちりだな」 

晶葉「……」 


ヒョイッ 

パクッ 

晶葉「……問題ない。問題ない、けど」 

晶葉「あんまり、おいしくない……」 


7:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 22:53:58.16 :N0hbP1yw0

――事務所 

P「はぁ、やっと着いた……」 

P「かなりかっ飛ばしてきたからな、時間は……9時40分か」 


ガチャ 

P「お疲れ様です、ただいま戻りましたー」 

頼子「……お疲れ様です、Pさん。予定より、早かったですね」 

P「ああ、なるべく早く帰れるようにかっ飛ばしてきたからな」 

頼子「危険な運転は……やめてくださいね?」 

P「ははは、気を付けるよ。ちひろさんは?」 

頼子「ちひろさんは……私達のために、空気を読むと言って……帰りました」 

頼子「そうだ、プロデューサーさん……晶葉ちゃんを、呼んできてください」 

P「晶葉?屋上か?」 

頼子「いえ……研究室で、ロボの様子を見ているはずです……」 

P「そうか、ありがとな。それじゃ、行ってきますかね」 


8:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 22:56:28.41 :N0hbP1yw0

――研究室 

ガチャッ 

P「ただいまー。晶葉、帰ってきたぞー」 


晶葉「……んぅ……P、まだ……?」スヤスヤ 

P(……また机に突っ伏して寝てるのか) 

ペラッ 

P「何か落ちた……ん、メモか?」ピラッ 

P「ふむ……」 

P「なるほどな。よいしょっ」ヒョイッ 


P「全く、寝る時は仮眠室に行けって言ってるのにな……」 

晶葉「んっ……あれ……?」パチッ 

P「ん?起きたか?」 

晶葉「あれ、P……はっ!?な、何故君がここに……!?」カァァァ 

P「屋上に来いって言っといて、帰ってきたら寝てるもんだからな」 

晶葉「おっ、降ろせ!やめろ、恥ずかしいじゃないか!」ジタバタ 

P「ほーら、あんまり暴れるなって。コーヒーでも飲むか?」 

晶葉「だからっ!降ろせって言ってるじゃないか……!!」アタフタ 


9:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 22:59:12.22 :N0hbP1yw0

P「一名様ごあんないー」 

頼子「……ふふっ。おはよう、晶葉ちゃん」 

晶葉「こ、このっ……!!」 


P「あーはいはい。悪かった悪かった」 

晶葉「馬鹿者っ!!私が寝ているからって、お、お姫様抱っこで運ぶやつがどこにいる!!」 

P「ここに」 

晶葉「君というやつは……!私の気持ちくらい知りたまえ、どんなに待ちくたびれたことか……!!」 

P「へぇ、そんなに待っててくれたのか。ありがとう、晶葉」 

晶葉「あ……っ!!」カァァァ 


頼子「……微笑ましいです。ふふっ」 

晶葉「よ、頼子も笑うんじゃない!」 


10:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:01:45.89 :N0hbP1yw0

晶葉「ふん……まあいい。君が早く帰って来れたのは嬉しい誤算だ」 

P「そうか。屋上って言ってたが……何をするんだ?」 

晶葉「なんと。P、君は今日が何の日か知らないのか?」 

P「アナスタシアとキャシーの誕生日」 

晶葉「……プロデューサーの鑑だな」 

P「担当が違うから、軽く挨拶したくらいだけどな」 

晶葉「確かにそうだが……そうじゃない」 

頼子「あの、Pさん……帰られる途中で、月は見ましたか?」 

P「月?見たぞ、今日は満月だったな――ああ、そういうことか」 

頼子「ええ……今宵は、仲秋の名月……ですから」 

晶葉「そういうことだ。Pよ、先に屋上に向かっていてくれ」 

P「了解。ある程度こっちでも準備しとくよ」 

晶葉「ああ、頼んだぞ」 

頼子「それでは……私達も、準備しましょう」 


11:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:03:49.90 :N0hbP1yw0

――屋上 

P「レジャーシートと、防寒対策くらいかな」 

バサッ 

P「これでよし、と。あとは……これだな」 

P「コップとお茶も用意したし……」 

P「んー、二人とも成人ならお神酒と称して持ってきたんだがなぁ……」 


ゴロンッ 


P「まあいいか。一人お先に、月でも堪能するかな」 


P「飲みたくなるが……我慢だな」 

P「誰か大人がいれば飲んでただろうが……たまにはこういうのも、乙だろう」 


12:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:05:01.96 :N0hbP1yw0

――事務所研究室 

晶葉「うむ。量もばっちりだ、これならいけるだろう」 

晶葉「といっても、こっちは飾るための団子だがな……まあいい」 

晶葉「ウサちゃんロボ!これを屋上まで運びたまえ!」バッ 

ヒョイッ 

ガシャンガシャン…… 



晶葉「おっと、大事なものを忘れていた……うむ、私にしては上出来だ」 

ヒョイッ 

パクッ 

晶葉「……うむ。おいしい」 

晶葉「少し、不格好だがな」 


13:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:06:45.49 :N0hbP1yw0

晶葉「おや、頼子。それは薄か」 

頼子「ええ……懐かしいな、昔はお母さんと一緒に、取りに行ってたの……」 

晶葉「そうなのか……」 

頼子「晶葉ちゃん……?」 

晶葉「……いや、なんでもない。それより急ごう、Pが待っているからな」 

頼子「ええ……」 


ガシャンガシャン…… 

頼子(ウサちゃんロボ……晶葉ちゃんのお手伝いをして、偉いなぁ) 

ヒョイッ 

パクッ 

頼子「!?」 

晶葉「どうした、頼子?」 

頼子「……ウサちゃんロボが、つまみ食いを……?」 

晶葉「なんだ、そんなことか。どうだった、ウサちゃんロボ」 

ビシッ 

晶葉「うむ。ウサちゃんロボお墨付きの味だそうだ」 

頼子「……どういうこと、ですか……?」 

晶葉「味見機能を搭載したんだが……そんなにおかしかったか?」 


14:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:07:59.53 :N0hbP1yw0

――屋上 

晶葉「待たせたな、P」 

頼子「お団子と薄……持ってきました」 

ガシャンガシャン…… 

P「ウサちゃんロボは偉いな。そいつは泳がないのか?」 

晶葉「彼は料理担当ウサちゃんロボだからな。泳げないが、ひと通りの料理なら作れるぞ」 

P「ははは……ウサちゃんロボは、どれくらいいるんだ?」 

晶葉「正確な数は私でも把握していないからな……ざっと数百はいるんじゃないか?」 

頼子「……やっぱり晶葉ちゃん、凄いなぁ……」 

P「凄いけど、把握していないのは製作者としてどうなんだ」 

晶葉「ぱっと閃いたらその場で機能を追加して作っていたからな。思いつきの産物だ、仕方がない」 


15:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:10:34.85 :N0hbP1yw0

P「二人とも、コップは持ったか?」 

晶葉「……ああ。大丈夫だ」 

P「それじゃ……って、一体何に乾杯するんだ?そもそも乾杯でいいのか?」 

頼子「ふふっ……乾杯、でもいいかもしれませんね……」 

頼子「それでは……美しい月に、乾杯」 


晶葉「偶にはこういうのも、いいものだな」 

P「ああ。大勢でやると、何故だか騒がしくなるからな」 

頼子「ふふっ……みんなで楽しむのもいいですが、こうして静かに楽しむのも……素敵です」 

P「そうだな。普段はもっと人がいるから、賑やかになるのも仕方ない」 

晶葉「ああ、確かにな」 

P「『あの月に向かって、ダッシュです!!』とか、『シャドームーン、俺はお前を許さん!!』とか……」 

頼子「……誰だか、とても鮮明にわかりますね……ふふっ」 

晶葉「そうだな、私にも分かるぞ。そういうのも好きだが……三人だけというのも、私は好きだぞ」 


16:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:11:54.00 :N0hbP1yw0

晶葉「こうしてお月見をするのは……初めてだな」 

P「ん?去年もやっただろう」 

晶葉「いや、確かにそうだが……あの時は、私達は仕事で忙しかったからな」 

頼子「そうですね……でも、あのお仕事があったからこそ……こうして、晶葉ちゃんと仲良くなれました」 

晶葉「ああ、今では頼子は……私の親友だ。欠かせない大切な友人だよ」 

晶葉「去年も去年で、楽しい月見だったが……こうして、のんびりと月を見るのも、悪くないな」 

P「そうだな」 

晶葉「……なあ、P、頼子。聞いてくれるか」 

P「ああ、いいぞ」 

頼子「……うん」 


17:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:13:45.37 :N0hbP1yw0

晶葉「……Pは知っているだろうが……私の家は、根っからの研究者の血筋でな」 

晶葉「両親も工学者で……毎日、忙しい生活を送っている。今でもだ」 

晶葉「だから……去年が、初めてだったんだ。お月見自体が」 

晶葉「……今年は、去年とは違う。お月見のLiveも仕事もない」 

晶葉「こうして、のんびりと月を見ていられる……なんとも表現しがたいが、ずっとこうしていたいと、私は思うんだ」 


頼子「私も……三人で、いつまでも月を見ていたいです……」 

頼子「……今宵は、月が綺麗……ですからね」 

P「それは、どっちに向かって言ってるんだ?」 

頼子「二人とも……です。私だって……ふふっ、偶には欲張りですから」 

晶葉「……?」 


18:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:15:55.87 :N0hbP1yw0

晶葉「確かに月は綺麗だが……どういうことだ?」 

頼子「夏目漱石の、逸話です……。"I love you"の、意訳ですよ」 

P「本当に言ったかどうかは定かではないが……まあ、そんな話があるって程度に思ってくれ」 

晶葉「回りくどいな……単に『私は君を愛している』などでよかったではないか」 

P「日本人らしい表現ってことさ。はっきり言わなくても、それだけで伝わるからな」 

晶葉「難しいな……いくら聞いても、月の美しさを表現しているようにしか思えん」 

頼子「晶葉ちゃんも……いつか、わかるよ」 

晶葉「そうか……?言いたいことは、素直に言えばいいと私は思うぞ」 

P「お前がそれを言うか、晶葉」 

晶葉「な、なんだと!?」 

P「はいはい、あーよしよし」ナデナデ 

晶葉「だから……!私は子供じゃないぞっ!」 

P「14歳は子供だっての」 

頼子「……」ジーッ 


19:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:18:27.94 :N0hbP1yw0

P「ん、どうした頼子」 

頼子「……Pさん、私も子供……ですか?」 

P「ああ、17歳は子供だな」 

頼子「……」ジーッ 

P「よしよし」ナデナデ 

頼子「ふふっ……ありがとうございます……えへへ」 


晶葉「むっ……」 

P「んー、どうした晶葉」 

晶葉「な、なんでもないぞっ!」プイッ 

P「そうか。なんでもないなら、いいんだけどな」 

晶葉「むぅ……」ショボン 


P「よしよし」ナデナデ 

晶葉「あっ……なんだ、その。……ありがとう、P」 

晶葉「――っ」カァァァ 

P「素直でよろしい」 


20:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:19:52.76 :N0hbP1yw0

晶葉「なあ……先程、頼子はその、つ、月が綺麗だ……と言ったが」 

頼子「……?」 

晶葉「そ、それはどういう……」 

頼子「……Pさんは、とても大切な人……」 

晶葉「……っ」 

頼子「まるで私の、お兄さんみたいな……ふふっ」 

晶葉「……え?」 

P「まあ、兄でいいんなら、それでいいんじゃないか。俺は嬉しいぞ」 

晶葉「よ、頼子、それはつまり、どういう……」 

頼子「だって……Pさんは、晶葉ちゃんの助手……ですから」 

頼子「だから、私は……こうやって、時々外の世界に連れ出してもらえるだけで……十分だよ」 

晶葉「むぅ……頼子も冗談を言うようになったのか……」 

頼子「……ふふっ」ナデナデ 

晶葉「な、撫でるんじゃないっ」アタフタ 


21:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:22:14.48 :N0hbP1yw0

晶葉「……こうして、三人で月を見られるのもいいものだな」 

P「ああ、本当だな」 

頼子「ええ……これも、晶葉ちゃんと、Pさんと一緒にいるから……」 

P「誰かと一緒にいるってだけで、物の見方も何も、変わってしまうからな」 

晶葉「……誰かと一緒、か……」 


晶葉「二人とも、これを見てくれないか」 

頼子「あら……月見団子?でも、そこにも飾っていますけど……」 

P(……ああ、そういうことか) 

P「美味そうだな。もらっていいか?」 

晶葉「ま、待てP!あっ……」 

ヒョイッ 

パクッ 

P「うん。美味いよ」 

晶葉「……!!」 


22:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:24:35.18 :N0hbP1yw0

P「これ、晶葉の手作りだろ?」 

晶葉「そうだが……どうして?」 

P「ウサちゃんロボの団子はほぼ完全な球体だからな。というか、あれどうやってんだ」 

晶葉「特殊技術だ。なかなか頑張ったぞ。三日はかかった」 

頼子「……お団子自身の重さで、変形してしまうはずでは?」 

晶葉「特殊技術だからな。食感はそのままに数日は形を保てるぞ」 

P「それでだが……まあ、そこにいい例があるからな。見た目に手作りってのはわかるよ」 

晶葉「……まあ、上手く丸められなかったのは認めよう」 

P「それに、晶葉が寝てた時に、レシピのメモがあったのを見たからな」 

晶葉「なっ!?」 

頼子「……つまり、最初から知っていたのですね……?」 

P「そういうこと。すまなかったな、見るつもりはなかったんだが……」 

晶葉「うぅ……まあいい、いいんだ」 


23:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:27:02.01 :N0hbP1yw0

P「晶葉が料理するのは、珍しいなって思ったんだが」 

晶葉「……作ってみたかったんだ。ロボと同じだよ、誰かが喜んでくれたり、誰かの役に立てばと思っただけだ」 

頼子「……そのために、事務所の皆さんの元に、レシピを聞きに行っていたんですね」 

晶葉「よ、頼子!?見てたのか」 

頼子「ふふっ……偶然、ですけどね」 

晶葉「……誰かの為に作るのも悪くない、ということだな。ロボも、団子も」 

晶葉「皆に聞きに行って……分かったよ」 

P「そうか。頑張ったな」 

晶葉「ロボと違うのは……Pが最後に締めるためのネジがないことだな」 

P「流石にネジ入りは食いたくないぞ」 

頼子「そういうことでは……ない、と思いますが」 

P「ははは。まあ、料理もそんなに出来ないからな。手伝えることが少ないから、仕方ないさ」 


24:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:30:27.25 :N0hbP1yw0

頼子「でも……最後のネジがないから、いいんじゃないかな、って……」 

晶葉「む?どういうことだ?」 

頼子「……晶葉ちゃんが一人で作ったから、その分……思いがこもっているんじゃないかな、って……」 

晶葉「なっ……」カァァァ 

頼子「非科学的……かな?」 

P「いや、いいんじゃないか。この世界は0と1だけじゃないからな」 

晶葉「そ、そうだ!さあ、頼子も食べてくれ!」サッ 

頼子「……私、少食ですから。ふふっ」 

P「おっ、それじゃあ全部もらおうかな」 

晶葉「ま、待て!た、確かにPのためだったが……うっ……」カァァァ 

頼子「ふふ……冗談、でしたけど……本当に食べていいのかな……?」 

P「そうしてやってくれ。その方が、晶葉も気が楽だろう」 

晶葉「いざとなると、こんなに恥かしいとはな……」モジモジ 

頼子「ふふふ、晶葉ちゃん、かわいいなぁ……」ナデナデ 

P「そりゃあ、晶葉だからな」ナデナデ 

晶葉「な、撫でるんじゃないっ……うぅ……」カァァァ 


25:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:33:10.94 :N0hbP1yw0

パクッ 

頼子「うん……美味しいね、晶葉ちゃん……」 

晶葉「そ、そうか……?」 

頼子「これも、みんなで食べるから……かな?」 

晶葉「……ああ、そうだな。Pと、頼子がいるからだな……」 

晶葉「実感したよ。やはり……一人では美味しいものも美味しいと感じられなくなるのだな」 


晶葉「それに……ロボの大量生産よりも、自分で作ったほうが……美味しい、かもしれないしな」 


P「……そうか」 

晶葉「しかし!手作りのほうが美味しいと思えるのは……工学者として負けた気分だ!」 

晶葉「手作りよりも美味しく作れるよう、料理担当のロボは明日からアップデートだ!!」 

頼子「……ふふっ」 

P「頑張れよー。ネジ締めくらいなら手伝うぞ」 

晶葉「ああ、ロボもPも、覚悟したまえ!」 


ビシッ 

頼子「あら……ウサちゃんロボも、本気なんですね」 


26:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:35:50.20 :N0hbP1yw0

P「流石に、肌寒くなってきたな……」 

晶葉「……ん、そろそろ、12時か……ふぁぁ……」 

P「どうした?眠たいか、晶葉?」 

晶葉「いや、眠くは……うむ、さすがに、眠たいな……」 

頼子「……私達も、Pさんも、明日は早いですから……お開きにしましょう」 

P「そうだな。晶葉は事務所でゆっくりしてていいぞ、後は俺と頼子で片付けておくから」 

晶葉「それは……さすが、に……んぅ……」ポワー 

P「あー、段々まどろんでるな。頼子、先に片付けててくれ。晶葉を寝せてから、俺も手伝う」 

頼子「分かりました……ふふっ、お休みなさい、晶葉ちゃん……」 

P「よいしょっ」ヒョイッ 

頼子「……お姫様抱っこ、ですか」 

P「頼子もしてほしいか?」 

頼子「今日は……晶葉ちゃんに、譲ります。いつか、その時には……お願いします」 

P「分かったよ」 


27:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:37:52.61 :N0hbP1yw0

――事務所 


P「ひとまずソファでいいか……」 

晶葉「ん……Pか……?」 

P「あー、起こしちゃったか?寝てていいぞ、晶葉」 

晶葉「……ここからでも、月、見えるんだな……」 

P「……本当だな。丁度、ビルの隙間から見える」 

晶葉「ふふふ、なあ、P……」 


晶葉「月が……きれい、だな……」 


P「……ああ」 

P「はっはっは、嬉しいもんだね。プロデューサーとして」 

P「……もう少しだけ、待っててくれ。片付けてくるからな」 

晶葉「ん……すぅ……」 


28:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:39:09.90 :N0hbP1yw0

――屋上 

P「頼子、遅くなった……あれ?」 

頼子「あら、Pさん……」 

P「片付け終わってる……どうしたんだ」 

頼子「……Pさんが晶葉ちゃんを連れて行った後……ウサちゃんロボが、自分でやる、って……」 

P「そうだったのか」 


ガシャンガシャン…… 

P「お、帰ってきた」 

ビシッ 

頼子「これは……?」 

ガシャンガシャンガシャン…… 

P「……敬礼して、帰って行った」 

頼子「ふふっ、素敵な紳士ですね……誰に、似たんでしょう」 

P「さあな。ネジを締める程度で親と呼べるかは微妙だ」 


29:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:41:12.97 :N0hbP1yw0

頼子「……Pさん、もう少しだけ……月を見ていても、いいですか?」 

P「ん?いいぞ」 

頼子「ありがとうございます……今日は、なんて素敵な日……」 



頼子「だって……月がとっても、青いから……ふふっ……」 



P「……ありがとな。プロデューサーとして、光栄に思うよ」 

頼子「それでは……Pさん、もう少しだけ、こちらへ……」 

頼子「これからも、一緒ですよ……もちろん、晶葉ちゃんと……三人で」 

P「ああ、そうだな」 

頼子「ふふっ……こんなに嬉しいことはありません……もちろん、アイドルとして、ですよ……?」 

P「俺だって、プロデューサーとしてな」 

頼子「ええ……そろそろ、帰りましょうか。晶葉ちゃんも、待っていますし……」 

P「ああ。送っていくから、少し待っていてくれ」 


30:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:44:11.32 :N0hbP1yw0

P「起きてた大人組に連絡入れたからな。それじゃ、晶葉を頼むぞ」 

頼子「ええ……分かりました」 

P「想像は付いていたが……女子寮でも月見をしていたらしい」 

P「……まあ、なんとなくは分かるよな?」 

頼子「そう、ですね……でも、その方が、らしいと思いますよ……?」 

P「ああ。レッスンや仕事にさえ響かなければだが」 

頼子「ふふっ……想像も、難しくないですね……」 



P「……ん、頼子か。ちゃんと部屋まで送ってきたのか?」 

頼子「はい……大丈夫です。皆さんにも、手伝ってもらいました」 

P「そうか、ありがとな。……で、見てきたのか?」 

頼子「……明日のレッスンは、厳しくなりそうですね……ふふっ」 

P「ははは、それも仕方ないだろうさ」 

頼子「ええ……明日が、楽しみです」 

P「俺もだ。……それじゃ、お疲れ様」 

頼子「……ええ、おやすみなさい、Pさん……」 

P「おやすみ、頼子」 


31:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:47:17.91 :N0hbP1yw0

――翌日、事務所 

ちひろ「おはようございます、プロデューサーさん……眠そうですね?」 

P「いえ、昨日はなんとなく眠れなかったもので……二人を送った後に、月見酒を少々」 

ちひろ「大丈夫ですか?無理そうなら仮眠室ですよ」 

P「ははは、身から出た錆ですから。お気遣いありがとうございます」 


ガチャッ 


頼子「おはようございます、Pさん、ちひろさん……」 

ちひろ「おはようございます、頼子ちゃん」 

P「おはよう、頼子……ふぁぁ……」ノビー 

頼子「あら、Pさん……」 


32:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:48:47.88 :N0hbP1yw0

P「ああ、大丈夫だぞ、頼子。夜更かししただけだ」 

ちひろ「プロデューサーさんったら、頼子ちゃんと晶葉ちゃんを送った後、月見酒をしていたそうですよ」 

P「なんとなく月を見ていたら……二人のことが浮かんだだけさ」 

頼子「……ふふっ」 


頼子「――名月や 池をめぐりて 夜もすがら」 


頼子「……ですね」 

P「ん?どういう意味だ……?」 

頼子「池はなくとも、晶葉ちゃんが……ふふっ、まるで、楓さんみたい……」 

頼子「それじゃあ……晶葉ちゃんに映る月は……私で、いいのかな……?」 

P「おいおい……流石に俳句までは詳しくないぞ?」 

頼子「ええ……そうですよね、忘れてください」 


ガチャッ 


晶葉「おはよう……ん、どうしたんだ?」 

頼子「おはよう、晶葉ちゃん……ふふっ、なんでもないよ……?」 

P「おはよう、晶葉。なんでもないから忘れてくれ……ああ、それより」 

P「今日の夜は空けておくように。仕事もレッスンも、ちゃんと調整済みだからな」 

晶葉「……?まあいい、わかった」 


33:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:51:45.37 :N0hbP1yw0

prrrr! prrrr! 

晶葉「む……私の携帯か……っ!」 

P「ん、どうしたー?」 

晶葉「いや、なんでもない……ちょっと、失礼する」 


バタンッ 


P「はっはっは、時には俺だって、粋なことをしたいものさ」 

頼子「……?」 

ちひろ「プロデューサーさん、晶葉ちゃんのご両親のスケジュールまで、上手く調整したそうです」 

P「どうにも当日には出来なかったが……一日遅れでも、まあいいだろう」 

頼子「なるほど……十六夜もさぞ、素敵でしょう……今宵もちゃんと、晴れるそうですから……」 

頼子「流石は……Pさんですね。かっこいい、助手さんです」 

P「ははは。出来ると思ったから、やっただけさ」 


34:◆.FkqD6/oh.:2013/09/19(木) 23:57:51.83 :N0hbP1yw0

ガチャッ 


晶葉「……ふふんっ」ニコッ 

頼子「どう……だったの?」 

晶葉「積もる話もあるし、見せたいロボも、会わせたい助手もいるからな……」 

晶葉「たまには家族で、というのも……悪くない」 


晶葉「何よりこれも……また、初めてのお月見だからな……!」 



晶葉「P、君ってやつは……本当に、本当に……流石だな」 

P「一日遅れでも、趣があっていいんじゃないか?団子はちゃんと手作りするんだぞ」 


晶葉「ああ、もちろんだ……ありがとう、P。やはり君は最高の――」 

P「なんたって、俺は晶葉の――」 



「――助手だからな」 





おわり。 


35:◆.FkqD6/oh.:2013/09/20(金) 00:00:43.98 :T6Dqz4Sn0

月が綺麗だったので。 

それでは、ありがとうございました。 


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1379598155