■関連SS
千早「春香と喧嘩してしまった」
響「サッカー?」


1:◆RY6L0rQza2:2014/04/06(日) 15:31:36.73 :UmAqle4zo

―事務所― 

響「はいさーい!」 

P「おはよう、響。」 

真「あ、響!丁度良かった!」 

響「ん?どうした真?」 

真「響、今日は午後オフだろう?予定なかったらサッカーの試合見に行かない?」 

響「へ?あぁ…確かに、特に予定は無いから良いんだけど…。」 

真「本当に!?良かった!チケットが一枚余っちゃって、他のみんなは仕事だし、どうしようかと思ってたんだ。」 

P「俺も仕事が無ければ行きたかったんだけどな…。」 

響「そ、そっか…自分、サッカー全然知らないけどいいの?」 

真「もちろん大丈夫だよ!」 

響「そっか、じゃあ仕事終わったらすぐに事務所戻ってくるね!」 

真「うん、分かった。」


2:◆RY6L0rQza2:2014/04/06(日) 15:32:11.56 :UmAqle4zo

・ 

・ 

・ 

響「ただいまー!」 

貴音「おかえりなさい、響。急いでいるようですが、どうしたのです?」 

響「あー、真にサッカー観戦に誘われてさ。急いで戻ってきたんだ。」 

貴音「なるほど、さっかー…ですか…。はて、さっかーとは、一体何なのでしょうか…。」 

響「うーん…ボールを蹴るスポーツ…?自分もよく分かんないぞ。」 

貴音「蹴鞠に似たような物なのでしょうか?」 

響「蹴鞠とはちょっと違うと思うけど…。」 

真「あ、響。もう帰ってきてたんだ。」 

響「うん、いつ行くんだ?」 

真「開場が大体3時間くらい前だったから…3時に出ればいいかな?指定席だからそんなに焦らなくても大丈夫だよ。」 

響「なんだ、結構時間あるんだな…急いで損したぞ…。」 

真「あはは、まあいいじゃないか。それより、ご飯食べに行かない?」 

貴音「らぁめんですか?」 

真「ラーメン限定じゃないんだけど…あはは、貴音さんが来るなら、ラーメン食べようか。」 

響「そうだな。じゃ、早くいくさー!」 

貴音「ふふ…心が躍りますね。」 


3:◆RY6L0rQza2:2014/04/06(日) 15:33:22.95 :UmAqle4zo

・ 

・ 

・ 

響「貴音ぇ…食べ過ぎだぞ…。」 

貴音「いえ、まだ腹五分目です。しかしこの後の仕事に間に合わなくなってしまうので、我慢する事に致します。」 

真「相変わらず、貴音さんの食欲はすごいなぁ。…っと。響、良い時間だしそろそろ出発しようか?」 

響「おっ、分かった。じゃあちょっと準備してくるね!」 

貴音「楽しんでくるのですよ、響、真。」 

真「はい、貴音さんもお仕事頑張ってください!」 

響「うん、ありがとー貴音!そっちもちばりよ!」


4:◆RY6L0rQza2:2014/04/06(日) 15:34:49.93 :UmAqle4zo

―駅― 

真「降りるよ、響。」 

響「あれっ?スタジアム最寄りはもう一個先の駅じゃないのか?」 

真「あっちはスタジアムに行くまでの通り道にコンビニが無くてさ。」 

響「へぇ、そうなんだ。…って言うか、周りのみんな、同じ服着てるけど、自分達は着なくていいのか?」 

真「別に着るルールは無いから、気にしなくて平気だよ。」 

響「そっか…。」 

真「それに、欲しくなったらスタジアムで売ってるからさ。」 

響「真、詳しいんだな。」 

真「父さんとたまに来るんだ。今日も父さんと来る予定だったんだけど、予定が合わなくなっちゃったんだ。」 

響「そうなんだ。ありがとな、真。」 

真「へへっ…気にしなくて良いよ。余らせちゃうの勿体なかったし。」


5:◆RY6L0rQza2:2014/04/06(日) 15:37:01.38 :UmAqle4zo

―スタジアム― 

響「おっきいスタジアムだな。」 

真「うん、ここは2002年のワールドカップ決勝でも使われた事があるんだよ。」 

響「そう言えば、日本でワールドカップやってたのは知ってたけど、全然覚えてないぞ。」 

真「まぁ、確かに…ボクら6歳とか5歳とかだったもんね。」 

響「って事は……亜美と真美に至っては1歳か2歳って事!?」 

真「やよいの弟は産まれてないし、そりゃ覚えてる訳がないか。」 

響「自分はサッカーに興味無かったし、覚えてなくても当然なんだけどな。」


6:◆RY6L0rQza2:2014/04/06(日) 15:38:16.52 :UmAqle4zo

・ 

・ 

・ 

響「お、こっからだと良く見えるんだな。」 

真「うん。全体が見れるからボクはこの席が好きなんだ。まぁ、本当に好きな人はゴール裏に行くんだけどね。」 

響「ゴール裏…なんか、最近聞いた事あるな。えっと…。」 

真「あー…その話は、また今度しようよ。ほら、そろそろ選手の紹介だよ。」 

響「うん…。………あっ!この選手は知ってるぞ!いつだったか…お正月のテレビでさ、バスの窓の中にボール蹴り込んでたよね。」 

真「あぁ、そう言えばそんな企画あったね!ボクも見てたよ、あれは。凄かったなあ…。」 

響「うんうん!………お、そろそろ試合始まるな!」 



7:◆RY6L0rQza2:2014/04/06(日) 15:38:53.45 :UmAqle4zo

・ 

・ 

・ 

真「あっちゃあ…いきなりPK取られちゃってるよ。」 

響「PK?」 

真「えっと、ゴール近くの白い線の中…ペナルティエリアって言うんだけどね。」 

響「うんうん。」 

真「あそこで守ってる側がファールしちゃうと、ペナルティキックって言って…ほら、あんな感じでゴールの目の前にボール置いて、キーパーとキッカーが一対一の勝負をするんだよ。」 

響「へぇ…あ、入った。」 

真「しょうがないよ。PK取られたら、まず点が入ったと考えた方が、ね。」 

響「確かに、あんな近い距離から蹴られたらキーパーは大変だよな。」 

・ 

・ 

・ 

真「お、コーナーかぁ。一点取られてるし、早く取り返したい所だよなぁ。」 

響「真が凄く真剣な顔だぞ…。」 

真「…っ来た!!………ああっ、キーパーの真っ正面か…。」


8:◆RY6L0rQza2:2014/04/06(日) 15:40:07.32 :UmAqle4zo

・ 

・ 

・ 

響「なかなかゴールが決まらないなー。」 

真「そうだね、決め手があれば…あっ!」 

響「おおっ?」 

真「繋がった!行けるっ…やったああ!!」 

響「ゴールが決まったぞ!同点だな!」 

真「綺麗なループシュートだったなぁ!やったやった!!いえーい!」パシン 

響「いえーい!あはは!ゴール決まると面白いな!」 

真「でしょ?特に相手は海外のチームだし、日本代表って感じだからね!」


9:◆RY6L0rQza2:2014/04/06(日) 15:41:36.92 :UmAqle4zo

・ 

・ 

・ 

響「コーナーキックが続いてるんだけどなかなか入らないもんなんだな。」 

真「逆転して欲しいんだけどなぁ。」 

響「うんうん、あ、中にボール蹴ったぞ。」 

真「うーん、キーパーに近い…あっ取れなかった!…っ!チャンス…お、おおお!!!」 

響「逆転したぞーー!!あはは、真、やったな!」 

真「やったね!いい位置にいたなぁ!」


11:◆RY6L0rQza2:2014/04/06(日) 15:42:35.48 :UmAqle4zo

・ 

・ 

・ 

真「ふー…最後に点決められたときはひやりとしたけど、でも勝って良かったよ。」 

響「そうだな!意外と楽しかったぞ!」 

真「そう言ってもらえると、誘ったかいがあったよ!」 

響「また来てみたいぞ!」 

真「そうだね。…あ。響は、地元のクラブを応援するといいんじゃないかな?」 

響「地元?沖縄にサッカーのチーム、あったっけ?」 

真「今年から新しく出来たリーグに沖縄が本拠地のチームがあるんだよ。」 

響「おおっ、そうなのか!今度はそっちの試合を見てみたいぞ!」 

真「うん、その時はボクも一緒に行くよ!」 

響「にふぇーでーびる!」 

真「沖縄で試合やるときに行こうか!」 

響「そうだな!なんだか、わくわくしてきたな!」 

真「そうだね!よし、駅まで競争だ!」 

響「えっ、自分駅の方向、知らないぞ…。」 

おわり


12:◆RY6L0rQza2:2014/04/06(日) 15:47:59.83 :UmAqle4zo

ワイP、鞠サポ 
ACLようやく勝ったから勢いで思いついてさっき書き上げた系。 
今日引き分けたけどね 

横酷の近くは劇場版で出てきた橋とか川とか、アリーナも近くにございますので聖地巡礼にどうぞ 
そんでついでにスタジアムに足を運んでやってください。ピッチめちゃくちゃ遠いけど楽しいですよ 

見てくれてありがとう


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396765896