1:2013/12/16(月) 22:58:00.13 :5DXZQMAUo

すごく短いSSです。では


2:2013/12/16(月) 22:59:13.77 :5DXZQMAUo

ガチャッ 


響「ただいまだぞ!」 

美希「ただいまなのー!」 

貴音「ただいま戻りました」 


シーン 


美希「あれー?真っ暗だ」 

貴音「はて、誰もいないのでしょうか」 

響「……クンクン」 

貴音「響?」 

響「いるぞ……」 

美希「だれが?」 

響「プロデューサーのにおいがするさー」 

貴音「面妖な…」 

美希「まるで、犬なの…」


3:2013/12/16(月) 23:00:15.88 :5DXZQMAUo

美希「ハニー!ミキだよー」 

響「おーい、プロデューサー」 

貴音「プロデューサーの机には、いないようですが」 


ガタッ 


響「んっ……なーんだ、そこにいたのかプロデュー……あっ」 

美希「ハニー!……むぐむぐっ」 

貴音「美希、静かに」 

美希「ぷはっ…貴音!なにするの!……あっ」 

P「……スー……スー……」 

貴音「静かに」シー 

美希「ごめんなさいなの…」 

響「でも、プロデューサーが寝てるなんてめずらしいなー」 

貴音「ふふっ、そうですね」


4:2013/12/16(月) 23:00:57.18 :5DXZQMAUo

美希「ごめんね、ハニー」 

P「……スー……スー……」 

響「ぜんぜん、起きそうにないぞ」 

貴音「余程、疲れがたまっていたんでしょう」 

美希「ハニー…」 

美希「!」ピコーン 

美希「……」トテテテ 

美希「あふぅ……」 

響「なにしようとしてるんだ」ジトー 

貴音「美希?わかっていますよね」 

美希「ミキも眠たいから、ハニーと一緒に寝るの!」 

響「プロデューサーが起きちゃうだろー」 

美希「むー……」


5:2013/12/16(月) 23:01:55.60 :5DXZQMAUo

美希「ミキが添い寝してあげれば、ハニーもぜーったい喜ぶって思うな」 

響「だめだぞ」 

美希「じゃあ、響は、ハニーに何かしてあげられるの?」 

響「えっ、そ、そんなこと言われても…」 

美希「あはっ、やっぱりミキが添い寝してあげればいいよね」 

貴音「美希……いけません」ガシッ 

美希「貴音!止めないでほしいの!」ジタバタ 

貴音「ですが、プロデューサーに何かしてあげたい……それは真、よい提案ですね」 

貴音「こういうのはどうでしょうか」 

美希「?」 

貴音「プロデューサーが起きたときに、暖かいお茶と、おにぎりがあれば喜ぶと思いませんか?」 

美希「!……わかったの、じゃ、ミキはおにぎり作るね!」 

美希「待っててね、ハニー。ミキ、愛情たっぷり込めちゃうから」 

貴音「ふふ、では、響。プロデューサーを見ててもらえますか」 

響「うん!わかったぞ!自分にまかせるさー!」 


6:2013/12/16(月) 23:03:26.48 :5DXZQMAUo

響「……」 

P「……スー……スー……」 

響「おーい、プロデューサー」ボソボソ 

P「……スー……スー……」 

響「あははっ、気持ちよさそうな寝顔さー」 

響「にしても…やっぱりプロデューサーって、ほんとに、兄貴に似てるよね」 

響「兄貴に似て…優しくて……ちょっと、おせっかいすぎるって思うこともあるけど」 

響「でも、自分は、プロデューサーのそういうところが……って、何考えてるんだ…っ!」ブンブン 

響「……」 

響「……起きないよね……?」 

響「そーっと…そーっと…」ガシッ 

響「プロデューサーの手……」 


7:2013/12/16(月) 23:04:01.78 :5DXZQMAUo

響「頭にもってきて……」ナデナデ 

響「ふへへ……」 

響「ぷ、プロデューサーが、優しすぎるのが悪いんだからな…っ!」 

響「はっ……大丈夫、起きてないぞ…もう少し」ナデナデ 

響「ぬへへ……」 

響「もうちょっとだけ…もうちょっとだけ…」 

美希「あーっ!!!」 

響「うぎゃっ!?」ビクッ 

美希「なにしてるの!響!!」 

貴音「響……?」ゴゴゴゴ 

響「こ、これは……っ!その、あうぅぅ……」 

美希「照れたって、ごまかせられないの!」


8:2013/12/16(月) 23:05:28.78 :5DXZQMAUo

美希「むー!ミキも、やっちゃうから」 

美希「いいよね!貴音」 

貴音「仕方ないですね…」 

響「み、右手は渡さないぞっ!」 

美希「なの!?じゃあ、左手はミキがもらうの!」 

貴音「(わ、わたくしは……)」 

美希「『美希、大好きだよ』」ナデナデ 

美希「ふふ、なんちゃって」 

響「えへへ……」ナデナデ 

響「気持ちいいさー…」 

貴音「わ、わたくしにも……」


9:2013/12/16(月) 23:06:43.87 :5DXZQMAUo

プルルル 

響「んぁっ、電話だ。ちょっと外出てくるね」 

貴音「!」 


バタン 


美希「あはっ」ナデナデ 

貴音「(あれが……なでなで……)」ゴクリ 

貴音「す、少しくらいなら……」 


ピーピーピー 


美希「あっ貴音、お湯沸いたよ?」 

貴音「はゃっ!?そ、そうですね」 

貴音「くぅ……」


10:2013/12/16(月) 23:07:17.78 :5DXZQMAUo

貴音「はぁ……」 

響「あれ?どうしたんだ貴音。ため息なんかついて」 

貴音「いえ、なんでもないのです…」 

響「?」 

貴音「お茶を淹れましたよ、二人とも」 

響「ありがと貴音!」 

美希「ありがとうなの」 

響・美希「ズズー」 

響「ふぁ……」 

美希「あったかくて、おいしいの」 

P「……スー……スー……」 

響「それにしても…」 

美希「?」 

貴音「?」


11:2013/12/16(月) 23:08:25.21 :5DXZQMAUo

響「これだけ騒いでも、起きないんだな」 

貴音「ええ…」 

響「自分、気がつかなかったぞ…こんなに、プロデューサーが疲れてたなんて」 

美希「……ハニー、ずっと無理してたのかな」 

貴音「わたくしたちに、余計な心配をかけまいと、していたのかもしれませんね」 

響「余計なんて、そんなことあるわけないぞ!」 

美希「そうなの!……そうだよ……ハニーのバカっ」 

響「自分たちが、もっと仕事も、レッスンも頑張れば、きっとプロデューサーに楽させることができるよねっ!」 

美希「うん!美希もそう思うなっ!」 

貴音「二人とも、えらいですね」 

響「へっ?そ、そうかな?これくらい、当然さー!」 

美希「ハニーのためなら、ミキ頑張るの!」


12:2013/12/16(月) 23:09:18.21 :5DXZQMAUo

P「……スー……スー……」 

美希「……」ウトウト 

美希「あふぅ……なんだか、ミキ、眠たくなってきちゃったの…」 

響「あははっ、隣でこんなに気持ちよさそうに、寝られるとね…」 

美希「貴音、ちょっと肩かりるね…ふぁぁっ」 

貴音「美希、プロデューサーが起きるまで、待つのではなかったのですか?」 

美希「もう、眠くて眠くて…待ってられないの……」 

響「じ、自分も……だめかも」 

貴音「響まで…」 

P「……スー……スー……」 

貴音「……」ウトウト 

貴音「……はっ!わたくしも……プロデュー…サー……」


13:2013/12/16(月) 23:10:10.25 :5DXZQMAUo

P「……んっ……」 

P「……はっ!寝ちまってたのか」 

P「!」 

響「……スー……スー……」 

貴音「……スー……スー……」 

美希「……スー……スー……」 

P「なんだ…寝てるのか」 

貴音「……んん……ん……」 

P「ははっ、響と美希に挟まれて、貴音が苦しそうだ」 

P「…ん、これは」


14:2013/12/16(月) 23:11:27.09 :5DXZQMAUo

P「どれどれ……」 

美希『ミキが作ったおにぎりだよ?起きたら食べてね、ハニー』 

貴音『暖かいお茶も淹れておきました。おにぎりと一緒にどうぞ』 

響『自分たち、これから、もっともっと頑張るから!あんまり無理しないでね、プロデューサー』 

P「……なるほど」 

P「どうやら、心配かけてしまったみたいだな…」 

P「みんな、ありがとな」ナデナデ 

響「むふふ…」 

美希「えへへー…」 

貴音「ふふふっ…」 







おわり 


15:2013/12/16(月) 23:12:54.01 :5DXZQMAUo

終わりです。フェアリーのSSって案外ないよね


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387202279