1:2014/06/27(金) 01:38:02.60 :0HOYFfXVo

真「これは、ボクがお父さんから聞いた話なんだけどね」 

春香「う、うん」 

真「晴れた昼下がり、ある青年が道を歩いていると」 

春香「……怖い話?」 

真「違うよ、笑い話。……前の方から、赤い洗面器を頭に乗せた男の人が歩いてきたんだ」 

あずさ「……」コソコソ 


2:2014/06/27(金) 01:38:33.01 :0HOYFfXVo

春香「ふむふむ。それで?」 

真「洗面器の中には水が入ってて、男の人はそれをこぼさないようにゆっくり歩いてたんだ」 

春香「なんでお水……」 

真「青年は勇気を出して、『すいません』って声をかけた」 

あずさ「……っ」 

律子「あずささーん」 


3:2014/06/27(金) 01:39:43.18 :0HOYFfXVo 

あずさ「は、はいっ」 

律子「ちょっと良いですか? 確認したいことがあって」 

あずさ「分かりました」 

真「あれ、あずささん。そこに居たんですか?」 

あずさ「ええ、休憩をしていて」 

春香「お疲れ様です、あずささん!」 


4:2014/06/27(金) 01:40:18.94 :0HOYFfXVo

真「お疲れ様でーす!」 

あずさ「ありがとう、春香ちゃん、真ちゃん。ところで」 

真「えっ?」 

律子「あずささーん!」 

あずさ「ああ、急がなくちゃ……ごめんなさい、なんでもないわ」 

真「は、はい……?」 


5:2014/06/27(金) 01:40:47.72 :0HOYFfXVo

律子「OKです。それじゃあ、伊織を迎えに行ってきます」 

あずさ「はい、気をつけてくださいね」 

律子「ありがとうございます。一緒に来ますか?」 

あずさ「え、えっと……いえ、今日は」 

律子「ですよね、疲れてるかと思いますし。夜は生放送ですから、よろしくお願いしますね」 

あずさ「はい」 


7:2014/06/27(金) 01:41:18.04 :0HOYFfXVo

真「――って!」 

春香「あはは、なにそれ! すごく面白いっ」 

真「でしょでしょ!」 

あずさ「……あの、真ちゃん?」 

真「あっ、どうしました?」 


8:2014/06/27(金) 01:41:49.99 :0HOYFfXVo

あずさ「そのお話、最初から聞かせてもらっても良いかしら」 

真「もう、気になってたんですか?」 

春香「あずささんも聞いてれば良かったのにー」 

あずさ「隣ですごく面白そうなお話をしていたから、気になって」 

真「しょうがないなぁ。トクベツですよ?」 


9:2014/06/27(金) 01:42:22.59 :0HOYFfXVo

ガチャ 

P「真、いるか!」 

真「ある晴れた……って、どうしたんですか、プロデューサー?」 

P「大変だ、今日は1時から遊園地のステージの仕事が入ってたんだ!」 

真「えっ!? もうすぐお昼ですよ!」 

P「悪い、完全に俺のミスだ……春香も来てくれ!」 


10:2014/06/27(金) 01:42:55.40 :0HOYFfXVo

春香「え、私もですか!?」 

P「申し訳ないけど、2人必要なんだ」 

春香「分かりました、頑張ります!」 

真「ごめんなさい、あずささん。また今度で良いですか?」 

あずさ「ええ、頑張ってきてね、ふたりとも」 


11:2014/06/27(金) 01:43:33.85 :0HOYFfXVo

真「行ってきます!」 

春香「行ってきまーす」 

P「あずささん、事務所をよろしくお願いします」 

あずさ「はい、気をつけてきてくださいね~」 

ガチャン 


12:2014/06/27(金) 01:44:07.76 :0HOYFfXVo

あずさ「……洗面器を頭に乗っけた、男の人」 

【青年は、勇気を出して男の人に問いかけました】 

あずさ「それから先は、どうなるのかしら?」 


13:2014/06/27(金) 01:44:53.81 :0HOYFfXVo

あずさ「インターネットで調べても、出てこないわねぇ」 

あずさ「ふたりが帰ってくるまで、しばらくかかりそうだし」 

ガチャ 

小鳥「ただいまでーす」 

あずさ「そうだ!」ガタッ 


14:2014/06/27(金) 01:45:30.57 :0HOYFfXVo

小鳥「あれ、あずささんだけですか?」 

あずさ「はい。おかえりなさい、小鳥さん」 

小鳥「ただいまです。トイレットペーパーが安くて、買いすぎちゃいましたよぉ」 

あずさ「ところで、小鳥さん」 

小鳥「はい?」 


15:2014/06/27(金) 01:46:06.19 :0HOYFfXVo

あずさ「赤い洗面器の男の人の話、ってご存知ですか」 

小鳥「赤い洗面器……?」 

あずさ「真ちゃんが喋っていて」 

小鳥「……ああ! 知ってますよ」 

あずさ「本当ですか! あの、話してくれませんか」 


16:2014/06/27(金) 01:46:51.80 :0HOYFfXVo

小鳥「ええ、分かりました。それにしても珍しいですね」 

あずさ「えっ?」 

小鳥「あずささんが、笑い話を聞きたがるなんて」 

あずさ「やっぱり、笑い話なんですね」 

小鳥「やっぱり、って?」 


17:2014/06/27(金) 01:47:29.93 :0HOYFfXVo

あずさ「春香ちゃんが大笑いしていたんです。 
    それで、私も聞いてみようと思ったら、ふたりとも急なお仕事で」 

小鳥「そっか、それでプロデューサーさんがメールを」 

あずさ「メール、ですか?」 

小鳥「はい。プロデューサーさんからメールをもらったんですけど、 
   手がふさがっていたからまだ読めてないんです」 

あずさ「お仕事のことかもしれないですね」 


18:2014/06/27(金) 01:48:00.93 :0HOYFfXVo

小鳥「まあ、いいや。それじゃあ、お話しますね」 

あずさ「はいっ」 

小鳥「ある青年が道を歩いていると、 
   向こうの方から赤い洗面器を頭に乗せた男が歩いてきました」 

あずさ「うんうん」 


19:2014/06/27(金) 01:48:45.64 :0HOYFfXVo

小鳥「なんとその洗面器、水が大量に入っているではありませんか! 
   青年は勇気を出して、『あの』と男を呼び止めました」 

あずさ「うんうん!」 

小鳥「『あの、すみません。どうして貴方は頭に、赤い洗面器を乗せているんですか?』」 

あずさ「そ、それでどうなったんですか!」 


20:2014/06/27(金) 01:49:21.45 :0HOYFfXVo

小鳥「すると」プルルル 

あずさ「あっ……」 

小鳥「はい、765プロです。……社長! どうされたんですか?」 

あずさ「……」ソワソワ 

小鳥「えっ、大変じゃないですか! 分かりました、すぐに連絡します」ガチャン 


21:2014/06/27(金) 01:50:13.08 :0HOYFfXVo

あずさ「あの、小鳥さん。どうされたんですか?」 

小鳥「社長の話だと、フェアリーのみんなのお仕事が、急にキャンセルになったみたいで」 

あずさ「そ、そんな……961プロですか!?」 

小鳥「まだ分かりませんけど、ちょっとメールをしてみます」カタカタ 

あずさ「分かりました……」 


22:2014/06/27(金) 01:50:43.45 :0HOYFfXVo

『星井美希の! シューティング☆スター!』 

あずさ「あら、美希ちゃんのラジオの時間ね」 

『ラジオネーム、リボン大戦争さんからのお便りなの。 
 美希ちゃん、こんにちは。こんな笑い話を知っていますか?』 

あずさ「えっ……」 


23:2014/06/27(金) 01:51:14.91 :0HOYFfXVo

『うーん、ミキは知らないなぁ。でも、とりあえず読んでみるね』 

あずさ「っ!」 

『ある男の人が道を歩いていると、目の前に赤い洗面器を頭に乗っけたおじいさんが歩いてきた』 

あずさ「間違いないわ、あのお話ね」 

『男の人は気になって、おじいさんに尋ねたんだって』 


24:2014/06/27(金) 01:51:50.07 :0HOYFfXVo

『すみません、貴方はどうして、赤い洗面器を頭に乗せて歩いているんですか? ってね』 

あずさ「それで、それでどうなったの……!?」 

『するとおじいさんは、こう答えたんだって。……あはっ、これ面白いの!』 

あずさ「どう答えたの、教えてっ、美希ちゃん」 

『それは君の……あっ、ここでニュース速報が入ったみたいなの!』 


25:2014/06/27(金) 01:52:33.92 :0HOYFfXVo

あずさ「え……?」 

『ここで臨時ニュースをお伝えします。アメリカの経済政策……』 

あずさ「ど、どうしてオチが聞けないのかしら?」 

小鳥「もしもし、765プロの音無と申します。はい、はいお世話になっております……」 


26:2014/06/27(金) 01:53:05.62 :0HOYFfXVo

 ―― 

伊織「何よ、そんなことで悩んでたの?」 

あずさ「だって、誰もオチを教えてくれないから……」 

伊織「全く。生放送の前に浮かない顔をしてると思ったら」 

亜美「あずさお姉ちゃんらしいよね」 


27:2014/06/27(金) 01:53:41.00 :0HOYFfXVo

あずさ「ふたりとも、知っているの?」 

亜美「亜美は知らないなー」 

伊織「知ってるわよ、それ」 

あずさ「本当!? 話してもらっても良いかしら?」 

伊織「仕方ないわね。モチベーション上げるためなんだからね」 


28:2014/06/27(金) 01:54:15.49 :0HOYFfXVo

あずさ「ええ」 

亜美「亜美も聞きたい!」 

伊織「ある大学生が道を歩いていると、遠くから老人が歩いてきたの」 

亜美「ほう」 

伊織「その老人は、水が満杯に入った洗面器を頭に乗せて、ゆっくり歩いていたわけ」 


29:2014/06/27(金) 01:54:47.10 :0HOYFfXVo

亜美「なんで?」 

伊織「だから、そこがジョークのオチなの。ちゃんと聞いてなさい」 

亜美「りょーかい!」 

伊織「大学生はすごく気になって、老人を呼び止めた」 

あずさ「……」 


30:2014/06/27(金) 01:55:16.08 :0HOYFfXVo

伊織「『すみません。どうして赤い洗面器を頭に乗せて、歩いているんですか』って聞いたのよ」 

亜美「うんうん」 

あずさ「それで、どうなったの!?」 

伊織「食い付くわね……。老人は指をピンと立てて、こう答えたのよ。『それは君の』」 

ガチャッ 

AD「竜宮小町さん、スタンバイお願いしまーす」 


31:2014/06/27(金) 01:55:45.72 :0HOYFfXVo

伊織「あっ、はーい」 

あずさ「もう本番の時間?」 

亜美「よーし、頑張ろう!」 

あずさ「え、ええ……」 

伊織「続きはまたあとでね、あずさ、亜美」 


32:2014/06/27(金) 01:56:36.27 :0HOYFfXVo

亜美「気になるけど、しょうがないよね」 

あずさ「そ、そうよねぇ……」 

伊織「さぁ、新曲『キミ*チャンネル』の初披露よ!」 

亜美「765プロ、ファイトっ」 

「「「オー!」」」 

 ―― 


33:2014/06/27(金) 01:57:16.66 :0HOYFfXVo

あずさ「ふぅ」 

律子「お疲れ様です、あずささん」 

あずさ「ありがとうございます……」 

律子「……なにかお悩みでもありますか? すごくモヤモヤした表情ですよ」 

あずさ「笑い話のオチが聞けなかったんです」 


34:2014/06/27(金) 01:57:44.66 :0HOYFfXVo

律子「はい?」 

あずさ「赤い洗面器の笑い話、です。真ちゃんも、小鳥さんも、美希ちゃんも、伊織ちゃんも話してくれたのに」 

律子「どうしてオチが聞けなかったんです?」 

あずさ「ちょうどお仕事が入ったり、電話だったり、ニュース速報で」 

律子「あはは、なんですかそれ」 


35:2014/06/27(金) 01:58:27.71 :0HOYFfXVo

あずさ「律子さんはご存知ですか、その笑い話?」 

律子「ええ、一応知ってますよ」 

あずさ「それじゃあ、話していただけたり……?」 

律子「え? ああ、良いですよ、分かりました」 

あずさ「本当ですか、ありがとうございます!」 


36:2014/06/27(金) 01:58:59.02 :0HOYFfXVo

律子「あ、でも確か、プロデューサーがもっと詳しく知っていた気がします」 

あずさ「プロデューサーさんが?」 

律子「ええ。……すみません、プロデューサー。ちょっと良いですか?」 

P「おう、どうした?」 


37:2014/06/27(金) 01:59:28.02 :0HOYFfXVo

律子「実は……って、え…………?」 

P「ん、なんだよ」 

あずさ「あ、あのっ、プロデューサーさん」 

P「はい?」 

あずさ「どうして……その、頭に赤い洗面器を乗せているんですか?」 

 おわり


38:2014/06/27(金) 02:01:03.73 :0HOYFfXVo

 http://urx.nu/9Ftg に詳しく書いてあります。オチが知りたいです、ありがとうございました。 


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1403800682