1:まゆの血が飲みたい:2014/04/18(金) 12:37:01.95 :ON8a2U9Qo

アイドルマスターシンデレラガールズ 佐久間まゆのSSです 


2:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:40:48.97 :ON8a2U9Qo

モバP(以下P)「いや~休みなんて久しぶりだな~」 

P「とはいっても独り身の寂しさよ、出かける相手もいやしない」 

P「こういう時はやっぱり家でゆっくりするに限r」ピンポーン 

P「こんな朝早くに誰だ?」 

P「・・・まあいいや、重要な用事なら電話が来るだろうしここは居留守を」ガチャ 

???「Pさぁん・・・おはようございます、うふふ・・・」 

P「」 

???「もう・・・お休みだからってお家でゴロゴロしているのは駄目ですよぉ・・・?」 


3:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:43:22.47 :ON8a2U9Qo

P「ま、まゆ・・・お前どうして、か、鍵は」 

まゆ「うふふ・・・ちひろさんがドリンクを買ったらおまけでくれましたぁ・・・♪」 

P「あのフ○○キン鬼グリーンめ・・・」 

まゆ「Pさぁん・・・?」 

まゆ「ひょっとして、ご迷惑でしたかぁ・・・?」ウルウル 

P「・・・・・・」 

P(涙目のまゆが可愛すぎてやばいんですがどうしましょう) 

P(というか普段は押せ押せなのにいざとなったら意外にメンタル弱いまゆ可愛いよまゆ) 

P(こんな天使をプロデュースできるとか前世の俺はどんな善行を積んだんだ) 


4:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:44:06.38 :ON8a2U9Qo

まゆ「ぴ、Pさぁん・・・ごめんなさい、ご迷惑でしたよねぇ・・・」 

まゆ「ごめんなさい、Pさんせっかくのお休みなのに・・・今日はまゆ、もう帰ります・・・」 

P(まずい、このまままゆを返してはまた事務所で病みのオーラを撒き散らすに違いない) 

P「はぁ・・・迷惑ではないけど、まゆはアイドルなんだからもう少し気をつけないと駄目だぞ?」 

まゆ「はい・・・」 

まゆ「あ、あのPさん・・・」 

P「ん?」


5:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:44:47.31 :ON8a2U9Qo

まゆ「ま、まゆの事嫌いになりましたかぁ・・・?」 

P「いや別にそんなことは」 

まゆ「まゆ、Pさんに嫌われたら・・・もう、生きていけませんよぉ」ウルウル 

P「いやだから」 

まゆ「まゆのこと、ずっと見ていて欲しかったですけど・・・」 

P「いやあの」 

まゆ「もうPさんがいない人生に意味なんて・・・」 

P(アカン話聞かないモードやこれ) 


6:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:45:14.78 :ON8a2U9Qo

まゆ「まゆは・・・どこに行ってもずっとずっとPさんを見てますから・・・」グスッ 

P(かくなる上は!) 

まゆ「じゃあPさん・・・お別れですねぇ・・・」 

P「ああもう畜生可愛いなあまゆは!」ナデナデ 

まゆ「きゃ・・・も、もうPさん・・・いきなり撫でるのは・・・」 

P「だーめだ!これは俺の貴重な休みを奪ったまゆへのおしおきだからな!というわけでもっと撫でるぞ!」ナデナデナデナデ 

まゆ「うふふ・・・Pさぁん・・・♪」


7:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:45:54.47 :ON8a2U9Qo

~数十分経過~ 

P「まゆ・・・落ち着いたか?」 

まゆ「Pさぁん・・・Pさぁん・・・」スリスリ 

P「やっぱり俺のまゆは可愛いなあ(ほら、一旦離れてくれよ)」 

まゆ「うふふ・・・本音と建前が逆ですよPさぁん?」 

P「当たり前だろうこんなに可愛いのに(何のことだ?)」 

まゆ「うふふ・・・♪」 

P「ハッ・・・!いかんいかん、ちょっと正気を失っていたみたいだ」 

まゆ「まゆはそのままでいてくれたほうがよかったんですけど・・・」 

P「な、なんのことかな?」


8:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:46:29.49 :ON8a2U9Qo

P「そ、それよりもまゆ、今日はどうした?一応オフだったはずだけど」 

まゆ「あ、はい・・・実は凛ちゃんとお買い物に行く予定だったんですけど」 

P「渋谷さんと?」 

まゆ「はい、凛ちゃんのPさんの予定が急に空いたらしくて・・・」 

P「あーそういえば渋谷さんとこのP、昨日やたら張り切って残業してたな・・・それでか」 

まゆ「はい・・・私ふられちゃいましたぁ」 

P「まあ渋谷さんとこはなあ・・・前々から堂々といちゃついてたしなあ・・・」 

まゆ「いくらお友達とはいえ、まゆもあそこにはちょっと割り込めません・・・」 


9:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:47:10.81 :ON8a2U9Qo

P「つまりまゆは暇になっちゃったわけだ」ナデナデ 

まゆ「んぅ・・・はい」 

まゆ「折角だからと思って事務所に行ったらPさんまでいなくて」 

まゆ「まゆ、なんだか寂しくなってしまって・・・」 

P「そしたら悪m・・・もといちひろさんが俺の家の合鍵をくれたと」 

まゆ「はぁい・・・♪」 

P(フ○○キングリーンだの鬼だの言ってすみませんでしたちひろ様超グッジョブです) 

ちひろ(誠意は言葉ではなく金額) 

P(せやな) 


10:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:47:40.53 :ON8a2U9Qo

まゆ「Pさぁん・・・?ぼーっとしてどうしたんですかぁ・・・」 

まゆ「まさかまた他の女の子の事考えてるんですかぁ・・・?」ゴゴゴゴ 

P「い、いや、違うぞ?」 

まゆ「そうですかぁ・・・それならいいですけど・・・」 

まゆ「Pさんはずっと、ずうっと私だけを見ててくれればいいんですよぉ・・・他の女の子なんてPさんにはいらないんです、邪魔なんです・・・」 

まゆ「私だけ・・・Pさんにはまゆだけいればそれでいいんですもんねぇ・・・ね、Pさぁん」 

P「まゆ・・・」 

まゆ「Pさぁん・・・」 

P「まゆ・・・!」 

まゆ「Pさぁん・・・!」


11:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:48:17.98 :ON8a2U9Qo

P「そこまで言ってくれるのは嬉しいけどあんまりそういうことを人前で言うんじゃないぞ?」 

まゆ「もう・・・Pさんってば、いじわるです」 

P「ごめんな、でも・・・」 

まゆ「でも、なんですかぁ?」 

P「・・・いや、なんでもないよ」ナデナデ 

まゆ「もう・・・すぐにそうやってごまかすんですから」 

P(正直まゆが俺のことを慕ってくれて・・・慕いすぎてる気もするけどまぁそれ自体は嬉しいんだが) 

まゆ「Pさぁん・・・?」


12:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:49:23.87 :ON8a2U9Qo

P(まゆはまだ未成年だし、色々と恋に恋してるところもあるんだろうな・・・はぁ) 

まゆ「聞こえてますか・・・Pさぁん」 

P(今はすごく懐いてくれてるけどいつか他の男に・・・やっぱりアイドルだしなあ、選びたい放題だよなあこんなに可愛いんだしなあ) 

まゆ「Pさぁん・・・」ムッ 

P(はぁ・・・ちょっとむっとした顔のまゆもやっぱり可愛いなあ」 

まゆ「ぴ、Pさぁん・・・恥ずかしいですよぉ///」 

P「いかん声に出てたか」 

まゆ「バッチリですねぇ・・・うふふ♪」 


13:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:50:05.76 :ON8a2U9Qo

P「あー、今のはだな・・・」 

まゆ「もう、ごまかさなくてもいいんですよ?」 

P「え?」 

まゆ「だって・・・まゆのココロも、カラダも、ぜぇんぶPさんの物なんですから・・・」 

P「ま、まゆ・・・」 

まゆ「それとも、Pさんはまゆのこと嫌いですかぁ・・・?」 

P「それだけはない断じてない」 

まゆ「ほんと!?嬉しい・・・」 

P(ちょっと子供っぽくなるままゆ最高に可愛いよままゆ可愛いよままゆ) 


14:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:50:44.26 :ON8a2U9Qo

P「そ、そういえばまゆは今日一日暇なんだよな?」 

まゆ「はい、そうですけど・・・?」 

P「だったらちょうどいい、どこか出かけないか?」 

まゆ「そ、それって・・・もしかしてデートですか・・・?」 

P「で、デートというかお出かけだけどな?」 

P「最近まゆも仕事すごくがんばってくれてるし、今日は特別にどこでもまゆの行きたい所に連れてってやるぞ?」 

まゆ「デート・・・Pさんと、デート・・・」プルプル


15:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:51:10.67 :ON8a2U9Qo

まゆ「Pさん!」クワッ 

P「は、はい!」ビクッ 

まゆ「あの、あの、まゆ、まゆね、ずうっと行きたかったところが・・・」 

P「お、おう・・・どこだ・・・?」 

まゆ「Pさんのご実家にご挨拶に」 

P「却下だ」 

まゆ「なんでですかぁ!どこでも連れてってくれるって言ったのにぃ!」 

P「お、落ち着けまゆ」 

まゆ「うう~っ」ポカポカ 

P(あー涙目ですがり付きながらこっちの胸を叩いてくるままゆ可愛い可愛過ぎる大天使か) 


16:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:51:43.35 :ON8a2U9Qo

P(でもなあ・・・ちょっといきすぎな気がしないでもないんだよなあ) 

P(・・・よし) 

P「あのな、まゆがそうやって俺のことを好きだって言ってくれるのはすごく嬉しいんだが・・・」 

まゆ「当然ですよぉ・・・だってPさんはまゆの・・・」 

P「運命の人、だろ?」 

まゆ「そうですよぉ・・・♪」 

P「でもな、今はそれでいいかも知れないけどこれから先はどうするんだ?」 

まゆ「え?」


18:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:52:50.45 :ON8a2U9Qo

P「これから先、俺よりいい男なんてそれこそ何人も出てくるぞ?」 

まゆ「Pさぁん・・・?何を言ってるんですかぁ・・・?」 

P「そのままの意味だよ」 

P「俺じゃあまゆに相応しくないだろ、絶対もっといい奴がまゆには・・・」 

まゆ「・・・・・・」ズキッ 

まゆ「・・・Pさんはいつもいつもそうやってはぐらかしたりごまかしたりして」 

P「まゆ・・・?」 

まゆ「わかってます、Pさんからしたらまゆはまだまだ子供ですから」ズキン 

まゆ「まゆの好きって気持ちが、ただの憧れだと思ってるんですよね」ズキン 


19:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:53:19.97 :ON8a2U9Qo

まゆ「でも、まゆは本気なんです」 

まゆ「私の、佐久間まゆの運命の人はあなただけなんです」 

まゆ「Pさんしか・・・いないんです・・・」ズキン 

P「まゆ・・・」 

まゆ「・・・ごめんなさいPさん、今日は失礼しますね」 

P「ま、待ってくれまゆ」 

まゆ「・・・っ」パシーン!


20:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:53:47.71 :ON8a2U9Qo

P「!?」 

まゆ「お邪魔・・・しました」 

P「待っ・・・!」バタン 

P(まゆ・・・まさかあんなに思いつめていたなんて・・・) 

P「それも考えずに俺は・・・くそッ!」 

P「とにかく追いかけないと・・・!」 

ガチャ バタン


21:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:54:41.03 :ON8a2U9Qo

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

まゆ「・・・Pさぁん」 

まゆ(Pさんの手、叩いちゃいました・・・) 

まゆ(まゆの気持ちがちゃんと伝わってないのは薄々わかってはいましたけど・・・) 

まゆ(でも、でも・・・) 

まゆ「うっ、ううぅ~」ポロポロ 

まゆ「Pさん・・・Pさぁん・・・」 

まゆ(とっても・・・辛いですねぇ・・・) 

???「・・・まゆ?」 

まゆ「え?」 


22:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:55:22.15 :ON8a2U9Qo

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

P「ハッ、ハァッ」バタバタ 

P「ここにもいない・・・まゆ、一体どこまで行ったんだ・・・」 

P(女の子の足だ・・・そう遠くには行ってないはず) 

P「まゆ・・・どこだ・・・どこにいる・・・?」 

P(まゆの好意に甘えて、まゆの気持ちも考えずに俺はなんてことを・・・) 

P(くそっ、最低だ俺は!プロデューサー以前に男として失格じゃないか!) 

P「まゆー!どこだー!まゆー!」 


23:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:56:02.76 :ON8a2U9Qo

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

???「やっぱりまゆだ・・・どうしたの、こんなとこで」 

まゆ「凛、ちゃん・・・」 

凛「そうだ、今日はごめんねまゆ・・・いきなりPさんが今日デートしようって・・・」 

まゆ「凛ちゃぁ~ん・・・」 

凛「うわっ、どうしたの?あ、ひょっとして私が今日ドタキャンしちゃったから・・・?もしそうだったらごめん」 

まゆ「ううん、違うの・・・」 

凛「・・・何があったか知らないけどさ、話してみてよ」 


24:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:56:57.13 :ON8a2U9Qo

凛「力になれるかは分からないけど、友達が落ち込んでるのを放ってはおけないから」 

まゆ「凛ちゃん・・・ううう」 

凛「話してみたらすっきりすることもあるかも知れないし、さ」 

まゆ「ぐすっ・・・ありがとう」 

まゆ「あのね・・・」 

~ままゆの事情説明中~ 

まゆ「・・・というわけなの」 

凛「ああ・・・こっちのPさんもなかなかアレだったけど、まゆのPさんもなかなかだね」 

まゆ「・・・・・・」 

凛「もちろんまゆのPさんをバカにしてるわけじゃないよ怖いからその顔やめよ私たちアイドルだから今のまゆの顔アイドルがしていい顔じゃないよヤバイよ」 


25:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:57:25.86 :ON8a2U9Qo

まゆ「うう・・・Pさぁん・・・」 

凛「・・・でも、私もまゆのその悩み分かるよ」 

まゆ「凛ちゃんも?」 

凛「うん」 

凛「実は私のPさんも最初はまるでアプローチに反応なくてさ・・・」 

まゆ(さりげなく匂いつけたいからって擦り寄ったりデートの口実がいつもハナコちゃんだった凛ちゃんが遠い目をしてる・・・そっとしておいてあげましょう) 

まゆ「でも凛ちゃん、今は担当のPさんと、その・・・」 

凛「う、うん、まあね」テレテレ


26:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:58:17.57 :ON8a2U9Qo

まゆ「・・・どうやったの?」 

凛「うーん・・・特別なことは何もしてないかな、多分」 

まゆ「そうなの?」 

凛「・・・強いて言うなら、きっかけは今回のまゆと同じかな」ポチポチ 

まゆ(凛ちゃん・・・急に携帯をいじり始めて・・・やっぱり私の話なんか誰も) 

まゆ「・・・どういうこと?」 

凛「ないしょ」ポチポチ 

まゆ「もう、凛ちゃん!」 

凛「じゃあ、まゆに一つアドバイスしようか」 

まゆ「え?」 

凛「自分から行くだけじゃなくて、たまには二人でしっかり話すこと」チョイチョイ 

まゆ「どういう・・・えっ!?」 

P「まゆ・・・!」


27:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:58:47.74 :ON8a2U9Qo

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
P(当てもなく走り回ってた時に届いた渋谷さんからのメールには) 

凛(まゆならCG公園だよ、一緒にいるから早く来ないと持ち帰っちゃうからね) 

P「ってあったけど・・・CG公園、ここか!」 

まゆ「・・・えっ!?」 

P「まゆ・・・!」 

まゆ「P・・・さん」 

凛「じゃあ、お邪魔虫は退散しようか・・・二人とも、ゆっくり話しあってね」 

P「渋谷さん・・・ありがとう」 

凛「別にいいよ、それよりまゆを泣かせたら承知しないからね」 

P(そういうと渋谷さんは颯爽と歩き去っていった・・・さすがCoolのアイドルだな)


28:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:59:14.89 :ON8a2U9Qo

まゆ「Pさん・・・わたし」 

P「すまなかった!」ドゲザー 

まゆ「えっ?」 

P「その・・・まゆの気持ちを踏みにじるような事を言ってしまって・・・」 

P「とにかく・・・本当にごめん」 

P「お詫びなら何でもするから・・・許してくれないか」 

まゆ「ぴ、Pさん顔を上げてください・・・!」 

P「まゆ・・・」 

まゆ「まゆの話を聞いてもらえますか・・・?」 

P「ああ、もちろん」


29:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 12:59:46.50 :ON8a2U9Qo

まゆ「まず・・・私、佐久間まゆはあなた、Pさんのことが好きです」 

P「・・・ああ」 

まゆ「初めて会った時には、もう好きでした」 

まゆ「一目惚れなんて、正直信じてませんでした」 

まゆ「でも、Pさんに声をかけられた瞬間にわかっちゃったんです」 

まゆ「ああ、まゆのこれまでの時間はここでこの人と出会うためにあったんだって」 

まゆ「それから、Pさんにまた会えるまでがんばりました」 

まゆ「まぶたの裏にはいつもPさんがいてくれて」 

まゆ「Pさんにプロデュースしてもらえるって決まった時、幸せなんてものじゃなかった」 


30:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 13:00:44.58 :ON8a2U9Qo

まゆ「今は毎日が夢みたいです」 

まゆ「大好きな人が、Pさんがいつでもそばにいてくれる」 

まゆ「Pさんが、まゆのことをいつでも見てくれている」 

まゆ「大好きな人の手で輝けることが、どれだけ幸せかなんて」 

まゆ「今まで想像もしてませんでした」 

まゆ「Pさん」 

まゆ「私は、あなたのことが」 

まゆ「大好きです」 

まゆ「愛しています」 


31:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 13:01:11.43 :ON8a2U9Qo

P「・・・・・・」 

まゆ「・・・・・・」 

P「まゆ」 

まゆ「はい」 

P「ありがとう」 

P「それが・・・まゆの本心なんだな」 

まゆ「・・・はい」 

まゆ「この気持ちは、一生変わりません」 

まゆ「ううん、一生かけて強くなっていくと思います」 


32:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 13:01:57.04 :ON8a2U9Qo

P「まいったな・・・」 

まゆ「やっぱり、まゆがアイドルだから・・・?」 

P「違う」 

まゆ「え?」 

P「確かにファンや応援してくれる人たちのことも大事だが、今は違う」 

P「俺が今聞いたのは『アイドル』佐久間まゆの言葉じゃない」 

P「一人の女の子、佐久間まゆの言葉だ」 

まゆ「Pさん・・・じゃあ、参ったって」


33:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 13:02:23.21 :ON8a2U9Qo

P「ん、ああ・・・」 

P「まゆの言葉が情熱的すぎてな・・・正直、色々考えてたのが全部吹き飛んじまった」 

まゆ「そんな・・・Pさんの言葉なら、まゆは何でも嬉しいに決まってますよぉ」 

まゆ「それに・・・ちょっとスッキリしました」 

P「スッキリ?」 

まゆ「はい。Pさんにずっとずっと言いたかった事が言えて、まゆはそれだけでも満足です」 

P「そうか・・・まゆ?」 

まゆ「はい?」


34:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 13:02:49.95 :ON8a2U9Qo

P「俺もまゆのことが好きだ」 

まゆ「・・・え?」 

P「愛してる」 

まゆ「・・・・・・うそ」 

P「本当だよ、ここで嘘なんかつく奴がいるか」 

まゆ「Pさん、Pさんがまゆのこと、すきって」 

P「ああ、ホント我ながらプロデューサー失格だとは思うけど・・・うわっ」 

まゆ「Pさぁん!」ガバッ! 

P「なんだ?」


35:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 13:03:16.93 :ON8a2U9Qo

まゆ「Pさん・・・Pさん・・・」 

P「まゆ?」 

まゆ「はぁい・・・あなたのまゆですよぉ・・・♪」 

P「うっ・・・ちょ、ちょっと照れくさいな」 

まゆ「いいじゃないですか、うふふ・・・♪」 

まゆ「Pさん?」 

P「ん、どうした?」 

まゆ「もう一回、さっきの言葉聞かせてください」 

P「えっと・・・愛してるぞ、まゆ」 

まゆ「うふふ・・・まゆもですよぉ」


36:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 13:03:57.05 :ON8a2U9Qo




「だって・・・まゆのココロもカラダも、とっくの昔にぜぇんぶあなたのものなんですからぁ・・・♪」 



37:◆klx9zSJI.g:2014/04/18(金) 13:04:26.75 :ON8a2U9Qo

くぅ疲 まゆへの愛があふれすぎて若干キャラ崩壊してる感があるけど愛ゆえに許して!


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397792221