1:2014/07/16(水) 15:34:31.24 :vgz2NF4cO

事務所 


ガチャ 


律子「たたまいまぁ~。あ~暑かったぁ…」 

P「暑かったよなぁ…直ぐにエアコンを入れようか」 

伊織「汗でベトベトォ…タオルタオル…」 

伊織「ん…?」 

伊織「な、何……これ…?」 

律子「伊織、どうしたの?」 

伊織「………こ、これ」ピッ 

律子「…………何この綿の塊みたいなの……」


2:2014/07/16(水) 15:40:34.47 :vgz2NF4cO

綿の塊「……………」 

P「どうした?………うわぁ!」 

P「な、なんだよこれ….」 

律子「私の方が聞きたいですよ……」 

P「あ、アフロか?次のステージの衣装とか……」 

伊織「んなわけないでしょ!」 

律子「と、とりあえず、邪魔になるから移動させましょうか」 

伊織「おねがいね、プロデューサー」 

P「えっ俺?…まぁ、男1人だからな、今は…」 

P「汚くはなさそうだし、持ち上げて移動させるか……」 


P「よいしょっ……ん?なかなかの重さだな…」 

綿の塊「!?」 

綿の塊「め、めぇ!?」 

P&律子&伊織「!!?」


3:2014/07/16(水) 15:51:48.94 :vgz2NF4cO

綿の塊「めぇ!!めぇ!!」バタバタ 

P「しゃっ、喋って…」 

律子「動いたぁ……」 

伊織「あ、あの塊……」 

伊織「羊…かしら?」 

P「ひ、羊!?何でこんなとこに!?……くっ、暴れないでくれぇ!」 

伊織「というか、聞き覚えのある声なんだけど……」 

P「くっ……えいっ!」 

P「よし、腕を掴んだぞ!羊ちゃ………ん………」 

貴音(羊)「めぇ……」 

P「」 

律子「」 


伊織「ひ、羊の格好した…貴音……」 


貴音「めぇ……」


5:2014/07/16(水) 15:58:50.84 :vgz2NF4cO

2分後 

貴音「めぇ…」 

伊織「ど、どうなってんのよ、これ」 

律子「この状況を把握してる人がこの中にいると思う?」 

P「な、何でこんな…貴音?俺だ。わかるか?」 

貴音「めぇ…」 

P「……………」 

伊織「意思疎通は無理ね……」 



ガチャ 

響「はいさーい!」 

律子「あ、おはよう響」 

伊織「!?そうよ、響よ!?」 

響「えっ?じ、自分が、何だ?」 

P「そうか…響なら、動物達と話せるから……」 

伊織「響!貴音から、なんでこうなったか聞いてちょうだい!」 

貴音「めぇ」 

響「!?」


7:2014/07/16(水) 16:12:08.56 :vgz2NF4cO

響「この子!!うちの家族にするぞ!!」 

律子「即決ね」 

伊織「それはいいから、早く聞きなさいよ!」 

貴音「めぇ」 


響「ふんふん」 

響「私の名前は、『たかめぇ』だって」 

響「この子、名前以外記憶がないらしいぞ」 

伊織「わかんないのは、お互い様ってことね…」 

律子「765プロのことも覚えてないのね…」 

P「うーむ…どう見ても貴音なのは間違いないと思うんだよなぁ……」


8:2014/07/16(水) 16:20:23.74 :vgz2NF4cO

響「貴音……じゃない、たかめぇの仕事は大丈夫なのか?」 

伊織「さすがに、これじゃぁね…」 

P「あぁ、それは大丈夫なんだ。しばらく仕事を入れてないんだ。貴……たかめぇは」 

律子「えっ、そうなんですか?」 


P「ま、まぁ、貴音も早めの夏休みをとりたかったんだよ」 

P「…………………」 

伊織「?」 

伊織「で、それで、た……たかめぇは、どうするの?」 

響「そっかー…名前あるなら、それにしとかないとな。家族になるなら、貴の助とか付けたかったな」 

たかめぇ「めぇ……」 

律子「そこ!勝手に話をすすめない!」 


9:2014/07/16(水) 16:39:35.38 :vgz2NF4cO

話し合った結果、夕方になっても解決策がなければ、響の家に泊めることに 

響「泊めるんじゃなくて、家族になってもいいのに…」 

伊織「諦めなさい」 


グゥ~~~~~~ 

たかめぇ「めぇ…」 

伊織「食欲は、前のままらしいわね」 

律子「羊って何食べるんだろ……草のイメージしかない…」 

響「うん、あってるぞ。他にもウサギの餌もいいぞ」 

伊織「へぇ、飼ったことあるの?羊?」 

響「沖縄で飼ってた友達がいたんだ」 

響「夏は毛を剃って惨めな姿になってね……」 

響「ん?なんか、いい匂いだぞ」クンクン 

律子「本当、味噌の匂いが……」 

伊織「あれ?たかめぇは?」 


キッチン 

ピピピピピピピピ←タイマー音 

たかめぇ「めぇ」 

響「か、カップラーメン……」 

律子「ラーメン好きは変わらないのね…」 

伊織「本当に記憶ないの?」 


10:2014/07/16(水) 16:51:26.36 :vgz2NF4cO

2時間後 

響「ふさふさで気持ちいぞ…….」もふもふ 

雪歩「し、四条さんが……羊に……」 


千早「信じ難い光景ね……」 



たかめぇ「めぇ」ジーッ 

雪歩「四条……た、たかめぇちゃんが窓見てるね……」 

響「どうやら、散歩に行きたいらしいぞ」 

響「千早、たかめぇを散歩に連れてって欲しいぞ」 

千早「えっ!?な、何で私が?」 

響「雪歩と自分は今からレッスンだからな。」 

響「散歩に必要な物は机の上に置いとくぞ」 

千早「で、でも私、動物の散歩のやり方は…」 

千早(というか…分類するなら人間じゃないのかしら……) 



ガチャ 

春香「戻りました!」 

千早「あっ、春香」 

春香「レッスン疲れたよ~…わっ?」 

春香「どっどうしたの!?それ?!」 

千早「びっくりするわよね…」 

春香「その大量の埃!!」 

千早「」 

たかめぇ「」


11:2014/07/16(水) 16:59:03.68 :vgz2NF4cO

春香「ま、まさか羊だったなんて…しかも、貴音さんだったとは……」 

たかめぇ「めぇ….」 

響「少し怒ってるぞ」 

春香「ご、ごめんなさい、貴……たかめぇさん」 

響「じゃっ、千早!自分と雪歩はレッスンに、行くから、散歩の方を頼んだぞ!」 

千早「え、ま、待って我那覇さん!」 



千早「も、もう行ったのね……」 

春香「千早ちゃん、私も一緒に行くよ!」 

千早「春香……ありがとう、助かるわ」 

千早「えっと…必要な物は、確か机の上に……」 


リード 

水(ペットボトル) 

糞を入れるビニール袋 

軍手 

千早「春香、私には無理みたい」 

春香「ち、千早ちゃん!!」


12:2014/07/16(水) 17:10:36.51 :vgz2NF4cO

千早「………いい?春香?準備は?」 

春香「本当は出来てないけど、出来たことにしとくよ……」 

千早「いくわよ!たかめぇさん!」 

たかめぇ「めぇ」 

散歩スタート!! 





ガチャ 

あずさ「ただいま戻りましたぁ」 

あずさ「……あら?誰もいないのかしら…」 

ガチャ 

あずさ「あっ…千早さんと春香ちゃん、お帰りなさい」 

千早「あ、あずささん。戻りました」 

春香「戻りましたぁ!」 

たかめぇ「めぇ」 

あずさ「あ…あらあらぁ~、貴音ちゃん、凄い衣装ねぇ」 

春香「あ、あずささん、実は…ゴニョゴニョ」 

あずさ「まぁ~、そんなことが…」 

千早「今、散歩から帰って来たんです」 

あずさ「散歩…えっ!?さ、散歩って、犬とかにするような…?」


13:2014/07/16(水) 17:18:16.36 :vgz2NF4cO

千早「私も、その感覚でするものだと思ってました…」 

千早「フンの処理など…覚悟の上でした…」 

あずさ「ふ、フンって…貴音…たかめぇちゃん、まさか外で!?」 

春香「いえ、フンなど排泄は行いませんでした」 

あずさ「そ、そうなの…」 

千早「リードを付けようとすると嫌がるので、危ないですがリード無しで散歩させたんです….」 

春香「事務所じゃ、4足歩行何ですけど、外に出た瞬間2足歩行になりだして…」 

あずさ「じゃ、じゃあ、普通に3人で散歩してきたのかしら?」 

春香「行動やモラルは大丈夫だったんです……」 

千早「でも……格好が……」 

あずさ「あぁ…」 

たかめぇ「めぇ」 

春香「羊のコスプレした人と一緒に何してんだ、みたいな視線を向けられちゃいました…」 

千早「どうか、番組企画か何かと勘違いしてくれるのを祈るだけです…くっ」 

あずさ「た、大変だったのね….」


14:2014/07/16(水) 17:25:55.65 :vgz2NF4cO

30分後 

真「信じられないなぁ~、この羊が貴音だなんて…」 

真美「左もふもふ~!」もふもふ 

亜美「右もふもふ~!」もふもふ 

たかめぇ「めぇ」 

やよい「柔らかくて、気持ちよさそうですね!真さん!」 

真「ぼ、ボクも混ぜさせてもらおうかなぁ……」 



ガチャ 

美希「あふぅ…仕事終わったの……」 

美希「眠いの……ゆっくり事務所で寝るの……」 

亜美&真美「!!」 

亜美&真美「………」 

亜美&真美「んっふっふ~!」ニヤニヤ 


18:2014/07/17(木) 05:39:46.33 :nixblFHY0

亜美「お姫……たかめぇちん!!」 

たかめぇ「めぇ?」 

亜美「疲れてない?ゆっくり休みなよ!」 

亜美「ほら!ソファの上でゆっくりと!ね!」 

たかめぇ「めぇ…」 

たかめぇ「……」スヤスヤ 

亜美「………」OKポーズ 

真美「………」ラジャーポーズ 

真美「ミキミキ~!」 

美希「?何ぃ?」 

真美「疲れたっしょ~?」 

真美「ほら、でっかい枕用意したYO~!」 

美希「!」 

美希「おっきいの……」 

真美「ほらほらぁ、せっかく用意したんだから、これ使ってYO」


19:2014/07/17(木) 05:53:48.81 :nixblFHY0

美希「じゃあ、遠慮なく……」 

美希「ダイ~~ブ!」ボフンッ 

たかめぇ「めぇっ!!!???」ビクぅッ 

美希「!!!???」ビクぅっ 

たかめぇ「めぇ!めぇ!」どんがらがっしゃーん 

やよい「た、たかめぇさんが…」 

真「めちゃくちゃ焦って暴れてる……」 

美希「…………」呆然 

真「うわぁ!!美希がフリーズしてるよ!?」 

やよい「め、目が点になってますぅ…」 

真美「んっふっふ~」 

亜美「大成功ですな~……ん?」 

律子「…………」ゴゴゴゴゴ 

亜美&真美「あ、詰んだ」


20:2014/07/17(木) 06:01:45.56 :nixblFHY0

やよい「たかめぇさん、怖くないですよぉ~」 


真「ほら、棚から降りてきてよ~」 

たかめぇ「め、めぇ…」 


美希「枕と思ったら、貴音と思ったら、たかめぇだったの……」 

律子「一応、わかんないけどわかってくれたのね」 

律子「さ、あんた達は謝る!」 

亜美「は~い」 

真美「ごめんね、ミキミキ~」 

亜美「ごめんね、たかめぇ~」 

美希「別にいいの。でも、お願いがあるな」 

亜美「なに?」 






真美「スー……スー……」スヤスヤ 

亜美「スー……スー……」スヤスヤ 

美希「スー……ハニー…」スヤスヤ 

たかめぇ「めぇ……」スヤスヤ 

律子「たかめぇを枕にして寝たいだなんてね…」 

真「い、いいなぁ…」 

やよい「気持ちよさそうですね!」


23:2014/07/17(木) 07:36:42.62 :nixblFHY0

夕方 

たかめぇ「めぇ」 

P「結局、戻らないな…」なでなで 

律子「仕方ないわね、響の所に泊めさせてもらうしかないわね」 

響「やったぁ!たかめぇ!今夜は何食べたい!?」 

たかめぇ「めぇ」 

響「えっ、お、多いな…」 

P「多いのか」 

響「とりあえず、今日は上がるぞ。おつかれ~!」 

たかめぇ「めぇ」 




律子「行っちゃいましたね」 

P「…………」 

律子「早く戻るといいんですけど……」 

P「…………」 

律子「………聞いてます?」 

P「えっ、あ、聞いてるよ。そうだな。早く戻るといいな…」 

P「………」 

律子「?」


24:2014/07/17(木) 07:43:11.14 :nixblFHY0

夜の残業組 

小鳥「た、貴音ちゃんが、たかめぇちゃんに…」 

P「はい…そうなんですよ」 

小鳥「た、大変だったんですね……」 

小鳥(こんな時に、外に出かける用事の私って….) 

小鳥(カメラならあったのになぁ……) 

P「小鳥さん……」 

小鳥「え!?いや、あの、変なことは考えてなんて…」 

P「俺が……原因なのかもしれないんですよ……」 

小鳥「えっ、何の……?」 

P「……貴音が、たかめぇになったのは」 

小鳥「ええっ!?な、何で……?」 

P「……貴音がたかめぇになる前の日の話です……」


25:2014/07/17(木) 07:48:02.49 :nixblFHY0

たかめぇになる前日 


貴音「では、お先に失礼いたします」 

P「おつかれ、貴音」 

貴音「………はい…」 

P「……貴音?」 

貴音「……なんでしょうか?」 

P「何か、最近元気ないな」 

貴音「……そう、でしょうか」 

P「と、いうか、何かあまり俺と話をしないような…」 

貴音「……いえ、そのような事は…」 


P「…………」 


P「……貴音、ちょっと休みでもとろうか」 

貴音「休み……ですか?」


26:2014/07/17(木) 07:55:33.17 :nixblFHY0

P「あぁ、明日はレッスンだけだし…」 

P「少し先の仕事は、正直貴音じゃなくて他の皆でも大丈夫な仕事だ」 

P「貴音じゃないといけない仕事はまだ先だし…」 

P「少し、早めの夏休みだよ」 

貴音「……あなた様、私は大丈夫ですよ」 

貴音「無理など、してはいません」 

貴音「それに、休みといわれても何をしたらよいか…」 

P「………じゃあ、俺がどっかに連れてくよ」 

貴音「え?」 

P「俺なら明後日くらいから仕事休めそうなんだ」 

P「だから、一緒にどこかに行ってさ、リフレッシュしよう」 

貴音「…………」 

P「……な、何て、ダメかやっぱり…」 

貴音「………ふふっ」ニコッ 

P「?」


27:2014/07/17(木) 08:04:42.20 :nixblFHY0

貴音「あなた様は、優しいのですね」 

P「い、いやぁ…そんなこと」 

貴音「……わかりました」 

P「?」 

貴音「しばらく、休暇をいただきましょうか」 

P「そ、そうか。よかったよ。」 

貴音「楽しみにしておりますよ」 

P「えっ?……あ、どっかに連れて行くのを?」 

貴音「はい、あなた様」 

貴音「共に過ごす明後日からの休日、よろしくお願いします」ニコッ 





小鳥「え、それ、たかめぇちゃんに関係ある話なんですか」 

小鳥「惚気なら、他でやってもらえませんかねぇ?」 

P「い、いやぁ、関係あるかはわからないんですが」 

P「そのあと直ぐに貴音は帰ったので…」 

P「多分、俺が最後にあったんだし…」 

P「何か関係あると思っちゃって……」 


30:2014/07/17(木) 09:29:42.89 :r66Kd04pO

小鳥「いやいや全く関係ありませんよ!!」 

小鳥「プロデューサーさんは責任を背負いすぎですよ!?」 

P「は、はぁ….」 

小鳥「とりあえず、たかめぇちゃんが明日には戻ってるといいですね」 

P「そうですね…本当だったら、明日貴音をどっかに連れて行く約束でしたけど…」 

P「この状況じゃ、そんなこと言えませんよね…」 

小鳥「か、代わりに私なんてどうでしょうか?」/// 

P「小鳥さん、明日仕事でしょ」 

小鳥「ピヨぉ……」


31:2014/07/17(木) 09:38:11.67 :r66Kd04pO

次の日の事務所 

P「休みだけど、貴音が気になって来てしまった…」 

小鳥「まだ、貴音…たかめぇちゃんは来てませんよ」 

伊織「戻ってるといいんだけどね…」 

貴音「真、その通りですね」 

小鳥「大丈夫ですかねぇ……」 






小鳥「えっ」 

伊織「えっ」 

P「えっ」 


貴音「所で、今は何の話を…?」 

P「た、貴音ぇ!」 


伊織「戻ったのね!」 


小鳥「たかめぇちゃんじゃなくて、貴音ちゃんなのね!!」 


貴音「な、何の話でしょうか……」 


響「お、おはよう皆…」 

P「お、おぉ、響」 

伊織「響、貴音はちゃんと戻ったのね!どうやったの!?」 

響「…………それが、わからないんだ」


32:2014/07/17(木) 09:46:40.92 :r66Kd04pO

伊織「え?」 

響「昨日は普通に、おでんを大量に食べて…」 

響「枕にさせてもらって寝たら…」 


響「朝起きたら貴音のお腹の上で寝てたぞ」 

伊織「そ、そうだったの…」 

響「貴音のお腹の鳴り声で起きちゃったぞ」 

貴音「ひ、響!!」/// 

小鳥「見たかったなぁ…」 

P「と、とりあえず、よかったよかった」 

貴音「……あなた様」 

P「?」 

貴音「少々、お時間よろしいでしょうか?」 

P「あ、あぁ。大丈夫だぞ。どうした?」 


貴音「ここでは少し…お話しにくくて…」


33:2014/07/17(木) 10:01:23.24 :r66Kd04pO

屋上 

P「それで、話って…?」 

貴音「……あなた様」 

貴音「私は、たかめぇ、について知っております」 

P「!?たかめぇの時の記憶があるのか!?」 

貴音「いえ、たかめぇの時の記憶はありません」 

貴音「たかめぇになった時も、私の記憶はありません」 

P「じゃ、じゃあ何で……」 

貴音「……これが、初めてでは無いからです」 

P「そ、そうなのか?」 

貴音「はい…前に変身した時は、幼少の頃でした…」 

P「な、何で、変身するんだ?」 

貴音「変身する条件は……」 





貴音「私が、恋をする事です」 

P「えっ!?」 

貴音「私が、恋をしたら1日だけ、たかめぇに変身してしまうのです」 

P「そんな事が……し、信じられない…」 

P「あっ!と、ということは、貴音は幼少の頃に恋をしてたのか!?」 

貴音「……はい。」 

P「あ、相手は誰だ!?まだ、そいつの事を!?」 

貴音「……幼少の頃、恋した相手は……」


36:2014/07/17(木) 14:26:00.64 :CGXHDAujO

貴音「てんどんまん、です」 

P「…………」 

P「えっ……」 

貴音「てんどんまんさん、です」 

P「えっと……?曇 万(てんどん まん)さん?中国人?」 

貴音「いえ、平仮名です」 

P「………あの、『てんてんどんどん、てんどんどん』のやつか」 

貴音「はい、『てんてんどんどん、てんどんどん』のです」 

貴音「その時は、天丼を気に入っていたので」 

P「あ、アニメキャラか……」 

貴音「幼い頃、とても好きで好きで……」 

貴音「今はもちろん、現実の殿方が好きですよ」 

P「それはよかっ……いや、アイドル的に危ない発言だな」 

貴音「それで、てんどんまんさんに恋した私は」 


貴音「次の日、子羊と化しておりました」 

P「ん~、何とも面妖な……」


37:2014/07/17(木) 14:31:42.98 :CGXHDAujO

貴音「……ここまで話したのならば」 

貴音「いくら、いけずなあなた様でも、私の気持ちに、お気付きですよね」 

P「…………」 

貴音「あなた様……」 

貴音「私は、先日たかめぇになった時の事を全部話します」 

貴音「全部話し終えた後に…」 

貴音「お返事を、私にお聞かせくださいませ」 


貴音「………あなた様」ニコッ 


39:2014/07/17(木) 14:43:14.51 :CGXHDAujO

昨日の朝 

貴音「………」 

貴音「まだ、夜が明けたばかりなのに」 

貴音「誰もまだ来られていない事務所に来てしまいました…」 

貴音「…………」 

貴音「なかなか、昨日は寝床につけれませんでした…」 

貴音「あの方と、明日から、俗に言われる、『でぇと』というものをするというと」/// 

貴音「気持ちが高翌揚してしまい……」/// 

貴音「…………」/// 

貴音「…………」 

貴音「あなた様………」 

貴音「あなた様とあまり、話をしないのは…」 

貴音「この気持ちが、とても高翌揚し、心地よい気持ちになる反面……」 

貴音「あなた様が、この気持ちに応えてくださらないという気持ちも、湧き上がってしまい」 

貴音「とても、苦悶してしまうのです……」 

貴音「……本当に、いけずな御方です……」


41:2014/07/17(木) 14:51:39.69 :CGXHDAujO

貴音「…………」 

もふっ 

貴音「………!?」 


貴音「こ、これは……綿毛!?」 

もふっもふっもふっ 

貴音「あ、あの時の…羊に……」 

貴音「…………」 

貴音「ふふっ……」 

貴音「この気持ちに、偽りはないようですね」 

貴音「たかめぇの事、よろしくお願いしますね、765プロの皆」 

貴音「そして、明日には、私の気持ちは、あの方に話さなければなりませんね…」 

貴音「お返事、お待ちしております…」 

貴音「あなた様」 


もふっもふっもふっもふっもふっもふっもふっもふっもふっもふっもふっもふっもふっもふっもふっもふっもふっもふっもふっもふっ……… 






たかめぇ「めぇ」 

たかめぇ「………」 

たかめぇ「………」スヤスヤ 


おしまい 


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405492471