1:2014/01/15(水) 23:43:04.51 :UXEJqjv5o

紗南「えー今厳選中だから待っててよー」 
ポチポチ 

P「返事だけならすぐだろ、パっと答えてくれよ」 

紗南「んーそりゃ返事だけならすぐだけどさ、そもそもあたしとプロデューサーが……結婚…って………」 

P「そうそう、さくっと答えてくれ…お、どうした?」 

紗南「…………………」 

P「…………………」 

紗南「えええええええええ!?」 

P「おう?」


2:2014/01/15(水) 23:47:09.73 :UXEJqjv5o

紗南「いいい、いつのまにフラグ成立してたの!?ていうかまだあたし達そういうイベント一切発生してないよね!?」 

P「何の話だ?」 

紗南「あ、それとも、結婚を前提にして付き合うとかそういう話?…いや、違うよ!そうだとしてもおかしいよ!!」 

P「そうか?」 

紗南「そりゃあたしも嫌かそうでないかって言えば吝かではないと言えない事もなくはないけど」 

P「ほら、ネトゲのさ」 

紗南「どう考えても早すぎるけどPさんがどうしてもって言うならあたしは………ん?」 

P「お前が紹介してくれた奴で今イベントやってるじゃん」 

紗南「………………………」 

P「それで相手がいな」 

紗南「弱P・弱P・→・弱K・強P」 
ドーン 

ガシッ 
P「あっ」 


4:2014/01/15(水) 23:55:30.41 :UXEJqjv5o

P「」 
チーン 

紗南「紛らわしいんだよ!もう!」 

P「紛らわしいって…お前ならあのゲームやってるんだし通じるかと思って…」 

紗南「アレは最近inしてなかったから…というかあんな爆弾発言されたら誰だってフリーズするよ!!」 

P「俺とお前じゃ結婚できないじゃん…年齢的に考えて」 

紗南「そ、れ、で、も!びっくりするに決まってるじゃん!ちょっとは考えてよ!」 

P「す、すまん」 

紗南「あーもう、頭痛いよ…驚いて損した」 

P「すまんかったってば…だけど」 

紗南「何さ」 

P「確かに俺の言葉が足りなかったとはいえあそこまで取り乱すとは、意外だな意識でもされてたのか俺?」 

紗南「え゛っ…ん、んな訳ないじゃん、驚いただけだよ、Pさん相手で意識とか有り得ないってば!」 

P「…そこまで否定されると傷つくぞ」 

紗南「う………まあ、ちょっとくらいは、ね」 

P「………………ほう」


5:2014/01/16(木) 00:10:00.73 :oo1SJfV8o

P「成る程なあ」 

紗南「ううぅ…も、もうこの話おしまいね!」 

P「えぇー?どうせだしもっとしないか?」 

紗南「しーない!あたしはゲームに戻る!」 
クルッ 

P「背まで向けるか、寂しいな」 

紗南「いーっだ」 
ピコピコ 

P「まあそう言わずに」 

紗南「………………」 
ピコピコ 

P「おーい」 

紗南「………………」 
ピコピコ 

P「さーなーっ!」 

紗南「うるさいっ!しつこ…え?」 
クルッ 

P「紗南」 

紗南「あ…?」 

紗南「(振り返ったら、直ぐ目の前にPさん…が)」


7:2014/01/16(木) 00:26:54.61 :oo1SJfV8o

紗南「え、ええと…何してるのさ?」 

P「……………」 

紗南「それと近い、かな…えっと離れてよ」 

P「思ったんだがな」 

紗南「あ、え、え、?だからその近いってば、この距離はえっとアレな関係の距離っぽいから」 

P「聞いてくれ、真面目な話だ」 

紗南「あ……うん」 

P「紗南、お前ってさ」 

紗南「っ!」 






P「意外と女らしい所があるんだな、可愛い顔するじゃないか」 

紗南「………は?」 

P「いや、こういう話題も振ってみるもんだなーさっきもそうだったし今も俺に何言われるかって思案してる顔とかいい顔で」 

紗南「632146S、P、K、S、HS、D、K、S、63───」 

P「おっと、流石にこれ以上ダメージ食らったらお仕事できなくなる、エスケープしよう」 
タタタタタタ 

紗南「もう戻ってくるなー!!!」 


8:2014/01/16(木) 00:40:00.41 :oo1SJfV8o

紗南「ったく乙女心を何だと思ってるんだよ!」 

ちひろ「全くですね、どういう神経してるんでしょうか」 

紗南「!?」 

ちひろ「自分がどういう目で見られてるのかってのを自覚して欲しいものです…まあ自覚されたらされたで困るんですけど」 

紗南「い、いつのまにいたのちひろさん!?この部屋あたしとPさんしかいなかったのはずなのに!!!」 

ちひろ「まあ私の事など気にしないでください、それよりなぜかこんな所にこんな物があるんですよ」 
カチッ 

『紗南、結婚してくれないか?』 

紗南「はうっ!?」 

カチッ 

『紗南、結婚してくれないか?』 

カチッ 

『紗南、結婚してくれないか?』 


ちひろ「んふふ」 

紗南「え、な、ちょ、わっ、どぅ」 


9:2014/01/16(木) 00:46:14.50 :oo1SJfV8o

ちひろ「今だけのお徳なショップ紹介しますね…」 

ちひろ「このドリンクセットを買うと先着一名様に!たまたまさっきのプロデューサーさんの声を録音しちゃったテープレコーダをプレゼントです!」 

紗南「そ、そんな物いらない!」 

ちひろ「………………」 

紗南「あんな人の心も知らない様な馬鹿な…人の…」 

ちひろ「………………」 

紗南「………………」 








紗南「お願いします」 

ちひろ「いい返事です」 


10:2014/01/16(木) 00:50:18.62 :oo1SJfV8o

……… 
…… 
… 

カチッ 
『紗n』 

紗南「……………」 

カチッカチッ 
『紗南、け、紗n』 

紗南「………………」 

カチッ 

『紗南、結こ」 

紗南「…う」 

カチッ 

『紗南、結婚して』 

カチッ 

カチッ 


『紗南、結婚してくれない』 
カチッ 

紗南「うああああああああ!!!もうやめ!!何やってんのさあたしは!!!」 


13:2014/01/16(木) 00:56:44.42 :oo1SJfV8o

紗南「こんなのもう捨て…」 
グッ 

紗南「…………………」 

紗南「…………………」 


カチッ 

『紗南』 

紗南「…………………」 

紗南「るのは勿体無いよね、お小遣い結構使っちゃったしさ」 
コトッ 

紗南「歌の練習とかにも使えるしね、うん、捨てるまでもないよ」 

紗南「…………………」 

カチッ 
『紗南───』 








14:2014/01/16(木) 01:04:43.23 :oo1SJfV8o

紗南「ふう」 

紗南「あ、そうだ、でもテープ一本じゃ練習も出来ないし」 

紗南「新しいテープ買ってこなきゃ、カセットテープ何て置いてないしさ」 

紗南「…後ダビング機能ってのも試さないと駄目だしね、セーブデータのバックアップ大事だから」 

紗南「………………」 

カチッ 

『紗南、結婚してくれないか?』 

紗南「…へへへっ」


17:2014/01/16(木) 01:20:32.04 :oo1SJfV8o

ここで終わってればちょっとしたあたしとPさんのイベントだったんだ… 
でも、浮かれてたあたしはこのテープを事務所に置いたままでかけちゃって 



……… 
…… 
… 


ナタ「ン?コレって何だロ?」 

乃々「カセットテープ…?」 

晶葉「ほう、また随分とレトロな物があるな」 

幸子「今時珍しいですね、でもどうしてこんな所にあるんでしょう」 

光「…っは!わかった!きっと誰かがコレで秘密特訓してるんだ!アタシ見た事あるぞ!」 

ナタ「へーコレ歌が入ってるノ?聞いてみたいナ!」 

乃々「で、でもぉ…勝手に聞いちゃうのは悪いんじゃ…」 

晶葉「何、聞くだけならたいした問題でもないだろ、丁度ロボもいる再生してみようじゃないか、頼むぞ」 

ロボ「ウサッ」 







ロボ『紗南─』 

一同『』


18:2014/01/16(木) 01:32:11.76 :oo1SJfV8o

後日 



P「」 

幸子「プロデューサーさん犯罪ですよ犯罪!!この可愛いボクと同じ歳に興奮するのは解りますけど犯罪です!!!」 

ナターリア「ナターリアの国なら14歳でも結婚できるんだヨ…だから、プロデューサーが良かったら、その二人目は…」 

光「おめでとう…って言うべきなんだけどさ…どうしてだろ、何だか…胸が苦しいんだ…」 

乃々「むー……りぃ………プロデューサー…変態だったんですねぇ…うぅ…」 

晶葉「ふ、ふふふ…私の、私のロボから私の助手が…私が…ふふ、ふふふふふ…」 

P「いや、その、だ」 

ちひろ「この際責任取ったらどうです?」 

P「何の!?というかちひろさんのせいじゃないですか!?」 

ちひろ「実際あんな事言ったんですし割と真面目に取っちゃうべきですって」 

P「そりゃ確かに言いましたけど!」 

紗南「Pさん」 

P「さ、紗南!頼む、お前からも何か言ってやってくれ!!」 

紗南「この声、聞き飽きちゃった」 

P「…ん?」 


19:2014/01/16(木) 01:47:57.36 :oo1SJfV8o

カチッ 

『紗南、結婚してくれないか?』 

カチッ 

『紗南、結婚してくれないか?』 

カチッ 
カチッ 
『紗南、結婚してくれないか?』 
『紗南、結婚してくれないか?』 

カチッカチッカチッカチッカチッ 

『紗南、紗南、紗南、紗南』 

紗南「えへ、やっぱりいいねこれ…♪」 

14歳組一同『』 

ちひろ「すげえ事になってんぞ」 

P「」 


20:2014/01/16(木) 01:51:32.96 :oo1SJfV8o

紗南「でもずっと聞いてたら飽きちゃったんだ…だから、新しいPさん、セーブしたい」 

P「ああああ、あの、正気に戻ってくれないか?」 

紗南「正気だよ?バグ何てひとつも無いしバッチリだよ?」 
ニコッ 

P「わあ、可愛い顔するようになったなあ」 

紗南「へへっこれもPさんのおかげかな?」 

P「そうかもなあ」 

紗南「じゃ、お願い」 

P「………………おう」 

P「紗南、俺と結婚───」 










おしまい


21:2014/01/16(木) 01:52:24.85 :oo1SJfV8o

読んでくれた方ありがとうございました 
紗南はPボイスを聞き続けてたら覚醒しちゃったって事で 
後オチが見つからなかったので14歳組に出てきてもらった、無理やりでごめんなさい


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1389796984