1:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 00:50:51.11 :nARjcAE60

・結構短め 
・ギャグにするかほのぼのにするか迷った挙句、中途半端な感じになってしまいました。 
 貴音が慌てる姿を可愛く思うSS、とでも思ってやって下さい。 
・普段はしなさそうな事もするかもしれません。キャラ崩壊とまではいかないと思いますがご了承下さい。 

よろしければお付き合い下さい


2:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 00:52:09.48 :nARjcAE60

貴音(あの方と出会った最初の頃……懐かしいですね) 

貴音「『プロデューサーとして日は浅いけど、とにかく一生懸命がんばります』」キリッ 

貴音「『夢はみんなまとめてトップアイドル! どうかよろしくお願いします!』」グッ 

春香「四条さん、どうしてプロデューサーさんの真似を?」 

貴音「天海春香! どうして此処に!」ガタッ 

春香「どうして、ってひどいなぁ。だって、ここ事務所ですし……」 

春香「それで、急にプロデューサーさんの事を真似したりしてどうしたんですか?」 

貴音「これは違うのです! これは……」 



貴音「私も『あいどる』ですから、物真似の一つや二つ、何か芸を持たねばと!」 

春香「で、でも、プロデューサーさんは765プロ関係の人しか分かりませんよ?」 


3:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 00:53:16.37 :nARjcAE60

貴音(あの方の机……)スッ 

貴音(いつもこのように座って、私たちの為に頑張って下さってるのですね、あなた様) 

貴音「ふふっ……」スリスリ 

千早「四条さん?」 

貴音「き、如月千早! どこから来たのですか!」ガタッ 

千早「何処と言われてましても、普通に入口から来ましたけど……」 

千早「で、プロデューサーの机に座ってどうしたんですか?」 

貴音「こ、これは違います!」 



貴音「『プロデューサー』としての視点を得る為に、同じ事をしようと思ったのです!」 

千早「でも、プロデューサーは机に頬擦りはしてないと思います……」 


4:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 00:54:40.88 :nARjcAE60

貴音(椅子にあの方の上着がかかっていますね) 

貴音(誰も居ないようですね……)キョロキョロ 

バサッ 

貴音(ああ、あなた様に包まれている感覚がします) 

貴音(あなた様の香りも仄かに……) 

雪歩「し、四条さん、何してるんですか?」 

貴音「萩原雪歩! あなたはどこから湧いたのですか!」 

雪歩「湧いた、なんてそんな、ひどいですぅ……」グスッ 

貴音「いえ、違います! 物の表現としてであり……」 

雪歩「グスン……それで、四条さんは何してたんですかぁ?」 

貴音「それも違うのです! これは誤解でして……」 



貴音「『すぅつ』がどのようなものなのか、知りたいと思いまして!」 

雪歩「えぇっ! そうだったんですか……変な勘違いしちゃうダメダメな私は、穴掘って埋まってますぅ!」 

貴音「どちらにしろ、ばっどこみゅにけぃしょんですか! おやめなさい、萩原雪歩!」 


5:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 00:56:24.06 :nARjcAE60

貴音(あの方の机の上に眼鏡が置いてありますね。予備でしょうか?) 

貴音(……丁重に扱って) 

貴音(眼鏡)「少しは知的に見えますかね」メガネクイッ 

真「おっはよーございまーす!」バン! 

貴音(眼鏡)「ま、真!」ビクッ 

真「あれ、貴音。眼鏡なんかかけてどうしたの? それに、なんかプロデューサーの眼鏡と似てるね」 

貴音(眼鏡)「これは違います! これはあれなのです!」 



貴音(眼鏡)「私は目が悪いので、よく見える新しい世界を見ようかと!」 

真「新しい世界……なんかカッコいいね! 貴音、次貸してよ!」 


6:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 00:58:40.38 :nARjcAE60

貴音「あなた様、あそこにらぁめん屋が」 

貴音「なんだ貴音、ラーメン屋に行きたいのか?(低音)」 

貴音「あなた様、そこまで乙女に言わせるのは無粋というものです」 

貴音「ふっ、それもそうだな。こんな綺麗な子に……(低音)」チラッ 


あずさ「あ、あらあら~」 
やよい「お、おはようございます」 

貴音「……こほん」 

貴音「見ましたか?」 

あずさ「え~っと、その~」 

やよい「……ごめんなさい」 

貴音「いえ、勘違いなのです。これは……」 



貴音「そうです! どのような役柄もこなせる様、稽古をしていたのです!」 

やよい「はわー! そうだったんですか! すごいです貴音さん!」 

あずさ(『そうです!』って言っちゃってるわよ、貴音ちゃん……) 


7:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 01:00:11.47 :nARjcAE60

貴音(あの方の机の上に、飲みかけのお茶のぺっとぼとるが) 

貴音(いえ、いけません! 私は四条貴音。銀色の女王です)ブンブン 

貴音(そんな、はしたない行為、許されません……)キョロキョロ 

貴音(……誰も居らっしゃらないですよね?)ドキドキ 

貴音(……)ゴクゴク 

貴音「……ぷはぁ」 

亜美「あれれ→? お姫ちん、何してるの→?」ガバッ 

貴音「双海亜美! 一体何処から!」ビクッ 

真美「いや~、亜美とお姫ちんを驚かそうとしてたんだけど、それ兄ちゃんのじゃないの~?」ニヤニヤ 

貴音「その、違います! これは違うのです!」 



貴音「私は至高のお茶を求め日々探求しており、その一環で少々拝借したのです!」 

亜美「へぇ~、そうなんだ→初めて聞いたな~」ニヤニヤ 

真美「ま、そういう事にしておいてあげるよ。真美達大人だかんね~」ンッフッフー 

貴音(ふ、不覚……)カアァ 


8:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 01:01:34.63 :nARjcAE60

貴音(今日、あの方はいつ帰ってくるのでしょうか) 

貴音(私は寂しいです……) 

貴音「……」 

貴音「あなた様、嗚呼あなた様、あなた様」 

伊織「何よ突然」 

貴音「水瀬伊織! 一体何処から生えてきたのですか!」バッ 

伊織「さっきから居たわよ! 失礼ね! それより、急にアイツの事なんか呼んでどうしたのよ?」 

貴音「い、今のは違うのです!」 



貴音「俳句に興味が湧いたので、試しに詠んでみたのです!」 

伊織「……もし本当だとしたら、センス無いからやめた方がいいわよ」 


9:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 01:03:25.16 :nARjcAE60

美希「この前、ハニーとデートしたの!」 

貴音「なんと」 

響「けどそれ、ロケ終わりに無理やり連れまわしたんじゃ……」 

美希「それでも! デートはデートなの!」 

響「プロデューサーも大変だな」 

貴音「真、羨まし……」ハッ 


美希「貴音でもハニーは渡さないの!」 

響「へぇー、貴音は羨ましいのかー」ニヤニヤ 

貴音「ち、違うのです! これは……」 



貴音「新しく出来たらぁめん屋に連れていって頂こうと!」 

美希「ラーメン奢らせる前提なの」 

響「やっぱりプロデューサーは大変だぞ」ハァ 


10:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 01:05:02.15 :nARjcAE60

貴音(ああ、私はあなた様の事を思うと……) 

貴音(……ふふ)ニヘラ 

貴音(はっ! いけません、私は四条貴音。あの方と頂点を目指すのが目的です) 

貴音(……ふふ)ニヘラ 

小鳥「ふふっ、どうしたの、貴音ちゃん?」 

貴音「こ、小鳥嬢!」ビクッ 

小鳥「いえ、何だかニヤついちゃって、どうしたの?」 

貴音「いえ、これは、その……」 



小鳥「やっぱり、お昼時は妄想が捗るわよね!」グッ 

貴音「」 


12:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 01:08:58.95 :nARjcAE60

貴音「あなた様、机で寝てしまって……」 

貴音「いつも、私たちの為に頑張って下さっているのですね」 

貴音「……」スッ 

チュッ 

貴音「……頬位ならば、許してくださいますかね?」クスッ 

律子「……貴音?」 

貴音「おや、どう致しました、律子嬢」 

律子「全員揃ってる事務所で何やってるのよ……」 


真美「お姫ちん、だいたーん!」 亜美「ヒューヒュー!」 

美希「貴音だけズルいの! 美希も!」 響「ほら、美希、落ち着けってー!」 

伊織「事務所で何してんのよ!」 やよい「急に目隠ししたけど何があったの伊織ちゃん?」 

雪歩「す、凄いですぅ……」 真「雪歩しっかり!」 あずさ「あらあら~」ウフフ 

春香「まさかのダークホースが……」 千早「春香?」 

ワイワイギャーギャー 

貴音「そうですね、これは……」 



貴音「日頃の感謝、とでもしておきます」クスッ  


13:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 01:13:26.18 :nARjcAE60

これで終わりです。 
見て下さった方、ありがとうございました。 





17:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 02:16:48.10 :nARjcAE60

以下、おまけ 
他のキャラバージョン


18:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 02:18:52.08 :nARjcAE60

天海春香編 

春香「おっはようございまーす!」アマミハルカデス! 

春香「って、珍しく誰も居ない……プロデューサさんも居ないのかぁ」 

春香(けど、机の上にペットボトル発見!) 

春香(って、さすがにそれはマズイよ! さすがに……)キョロキョロ 

春香(ごめんなさい、プロデューサーさん! 恋する乙女は猪突猛進!)ゴクゴク 

春香(……ぷはぁ、やっちゃった……) 

ガチャ 
P「ただいま戻りましたー」 

春香「プロデューサーさん!」 

P「おお、春香おはよう。って、それ俺のお茶じゃないか?」 

春香「あ、え~っとこれは……」 



のヮの「えへへ、自分のと間違えちゃいました~! 私ドジっ子~☆」テヘッ 

P「はは、そうか。じゃ、ほら」 

春香「え?」 

P「いや、俺も外から帰ってきたから喉渇いてさ。それ俺のだし」 

春香「あ、は、ハイ……」 

P「?」ゴクゴク 

春香(うわー! プロデューサーさん、気付かずに、か、間接……あう)カアァ 


19:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 02:20:34.63 :nARjcAE60

如月千早編 

ガチャ 
千早「ただいま戻りました」 

千早(誰も居ないみたいね……あら) 

千早(プロデューサー、上着置いたままで) 

千早(……)キョロキョロ 

ゴソゴソ 

千早(……何だか、プロデューサーに抱きしめられている感じ) 

P「千早、何してるんだ?」 

千早「プ、プロデューサー! 居たんですか!?」アタフタ 

P「ちょっと席外しててな。で、なんで俺の上着を?」 

千早「いえ、その、違うんです! これは……」 



P「もしかして寒いのか? もうすぐ冬なんだから、薄着はやめておけよ?」 

千早「……はい」シュン 

春香(後で愚痴聞いてあげるよ、千早ちゃん)ホロリ 


20:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 02:21:42.21 :nARjcAE60

星井美希編 

P「……」 

美希「……」ニコニコ 

P「なあ、美希、どうして俺の家の前にいるんだ?」 

美希「アハッ! どうしてだと思うハニー?」 

P「ストーカー?」 

美希「もう、違うの! これはね?」 



美希「通い妻、って言うの!」 

P「あー、はいはい、分かったから早く家に帰りなさい」 

美希「もう家には友達の家に泊まるって言っちゃった!」アハッ 

P「」 


21:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 02:23:05.94 :nARjcAE60

萩原雪歩編 

P『自信を持て、雪歩。お前なら大丈夫だって』 

雪歩「えへへ……」 

P『雪歩、お前は演技もできるし可愛い! ちゃんと俺が保証する!』 

雪歩「う~……」カァァ 

雪歩(プロデューサー、凄い優しくしてくれて、もしかして……) 

雪歩(いや、多分勘違いだよなぁ。プロデューサー凄い鈍感だし)ハァ 

P「雪歩、どうした?」 

雪歩「きゃあ! ぷ、プロデューサー!」ガタッ 

P「そ、そんなに驚かなくても」 

雪歩「きゅ、急に話しかけられましたから」ドキドキ 

P「それで、ため息なんかしてどうしたんだ?」 

雪歩「ち、違うんですぅ、それは、その~……」 



雪歩「はうぅ……」バタ 

P「雪歩!? どうした雪歩、ゆきほぉぉぉぉ!」 


22:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 02:25:19.85 :nARjcAE60

菊地真編 

真「はぁ……」 

真(僕ももうちょっと、みんなみたいにプロデューサーから女の子扱いされてもいいと思うんだけどな) 

真(たとえば、どんなだろう……) 

真(頭撫でたりとか、抱きしめたりとか!)ギュウ 

真(こう、お姫様だっこされちゃったり! うわ~っ!)クルクル 

P「真、大丈夫か?」 

真「うわあ! プロデューサー!」バッ 

P「な、何してるんだ、一体?」 

真「違いますよプロデューサー! い、今のは……」 



真「これをやると、色々トレーニングになるんですよ! アハハ……」グルグル 

P「そ、そうなのか」 

P(両手前にして、手のひら上に向けて回るトレーニング……不思議だな)ウーン 


23:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 02:26:24.40 :nARjcAE60

高槻やよい編 

やよい「~♪」フキフキ 

やよい「~♪」ゴシゴシ  

やよい「~♪」トテトテ 

P「なあ、やよい?」 

やよい「どうしました? プロデューサー」 

P「やよいも、もうそれなりに有名なアイドルだ。わざわざ雑用する必要もないんだぞ?」 

やよい「それは違いますプロデューサー!」 



やよい「プロデューサーやみんなへの、『ありがとう』のお返しです!」ペカー 

P(大天使降臨)


24:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 02:27:17.38 :nARjcAE60

双海亜美編 

ガチャ 
P「おはようございまーす」 

P「誰も居ないか……うわっ!」ズテッ 

亜美「だーいせーいこー!」 

P「いてて……ロープが張ってあったのか。亜美、お前の仕業か」 

亜美「足元注意だよ兄ちゃん!」 

P「亜美、お前はそんなに俺を困らせたり邪魔したいのか?」 

亜美「違うよ兄ちゃん!」 



亜美「亜美は兄ちゃんの事、大好きだかんね! にーちゃーん!」ダキッ 

P「冗談だよ、まったく」ナデナデ 

亜美「んっふっふ~」ギュウ 


25:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 02:29:40.76 :nARjcAE60

双海真美編 

P「……」カキカキ 

P「あの書類何処だっけ……うわっ!」ガタッ 

真美「だーいせーいこー!」 

P「……真美、お前の仕業かコレ」 

真美「『びっくり箱』ならぬ、『びっくり机』だよ兄ちゃん!」 

P「真美、お前は俺を困らせたり仕事の邪魔して楽しいか?」 

真美「ち、違うよ! 兄ちゃん……」 



真美「真美は、その……兄ちゃんの事……大好きだかんね?」 

P「冗談だよ、まったく」ナデナデ 

真美「えへへ」ギュウ 


26:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 02:32:21.09 :nARjcAE60

水瀬伊織編 

亜美「兄ちゃん! 遊園地行く約束どうなったのさー!」ブーブー 

真美「デートの約束破るなんて許さないかんね!」ブーブー 

伊織「デ、デート!?」ガタッ 

P「いや、まあ約束はしたけど……」 

亜美「ゲームで負けたんだから」 

真美「遊びに連れてってくれる約束だよ!」 

P「俺も結構忙しいから、もうちょっと待っててくれよ」 

伊織「ちょっとアンタ達、何よそれ!」バンッ 

亜美「おやおや~、いおりん?」 

真美「真美たちに妬いちゃってるのかな~?」 

伊織「ち、違うわよ! この伊織ちゃんがそんな訳ないじゃない!」 



伊織「コイツに、エスコートの仕方なんて知らないだろうから教えてやろうとしたのよ!」 

伊織「ほ、ほら! さっさと行くわよ!」ギュッ 

P「いや、ちょっと待てって! 何処行くんだよ!」グイグイ 

伊織「どっかでランチでも食べて、レディのエスコートの仕方を教えてあげるわ!」ニヒヒ 


真美「行っちゃったね」ニヤニヤ 

亜美「そーだね」ンッフッフー 

律子(あの人、まだ仕事残ってるんだけどな……) 


27:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 02:34:07.33 :nARjcAE60

三浦あずさ編 

あずさ「あらあら~」 

P「……」 

あずさ「どうしてでしょうね?」 

P「さっき、一緒に事務所出て、事務所前であずささんと別れましたよね?」 

P「どうして俺の家の前に?」 

あずさ「違うんですよ~、私も駅に向かってたんですけど……」 



あずさ「駅に着いたと思ったらプロデューサーさんがいまして……」 

P「はぁ、まったく……ほら、あずささん行きますよ? 送ってあげますから」ニコ 

あずさ「あらあら、すいません、プロデューサーさん」 

あずさ(迷子も悪い事ばかりじゃないわね)ウフフ 


28:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 02:35:09.63 :nARjcAE60

秋月律子編 

P「律子、俺ちょっと出てくる」 

律子「はい、頑張ってきて下さい」 

ガチャ  バタン 

律子「あ、あの人財布忘れてるじゃない。まったく」 

律子(あれ? 眼鏡もある。予備とかかしら) 

律子(……ちょっと位、いいわよね)スチャ 

律子(あー、プロデューサーも結構目が悪いのね) 

ガチャ 
P「やばいやばい、財布忘れてた」 

律子「プ、プロデューサー!」 

P「おお、律子、財布に気付いてくれて……ん? 律子、それ俺の眼鏡じゃね?」 

律子「あ、あの違います! これはですね……」 



律子「ほら! 人が眼鏡かけてると、かけたくなりませんか!?」 

P「でも律子、お前元から眼鏡かけてるだろ?」 

律子「……」 


29:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 02:40:21.65 :nARjcAE60

我那覇響編 

響「なーなー二人とも。どうしてプロデューサーの事、呼び方がみんなと違うんだ?」 

美希「ミキはハニーの事を愛してるの! だからハニーはハニーなの!」 

貴音「私はあの方を信頼して、お慕いしているからです」 

響「へぇ~……」 

響(うーん、これは自分も変えた方がいいかな?) 

響「ま、まあ、二人とも、プロデューサーと仲が良いからみたいだし、自分も変えてみようかなー」 

美希「響可愛いの!」 

響「べ、別に深い意味はないぞ! たとえば、その……にぃに、とか?」 

P「話は聞かせてもらった!」バッ! 

響「うわぁ! プロデューサー! 何処から!」 

P「いや~、良かったよ年下の女の子達とちゃんと仲良くなれてて」アハハ 

響「別に変な意味はないぞプロデューサー! 今のは……」 



響「えっと、その……うがー! プロデューサーのバカー!」ダダダ 

P「おい、響! 何処行くんだよ!」 

美希(ハニーが気付くのは……) 

貴音(まだまだ時間がかかりますね……) 


30:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 02:43:24.47 :nARjcAE60

音無小鳥編 

小鳥(……) 

小鳥(はるちは、ゆきまこ、やよいお、ひびたか。どれも甲乙付け難いわ~)ウィヒヒ 

小鳥(今年も本が薄くなりそうね~)ニヤニヤ 

P「何ニヤニヤしてるんですか、小鳥さん。早く仕事して下さい」 

小鳥「ピヨッ! 違うんです、プロデューサーさん!」 



P「いつも通り、妄想ですよね? 早く仕事して下さい」 

小鳥「はい、そうです、すいません……」 


31:◆XGtBsmhr0TnO:2014/06/29(日) 02:51:46.59 :nARjcAE60

おまけ終了 
ちょっと主旨がズレてるのもありますけど、そこはお許し下さい。 

雪歩の口調が少し自信がないです。特に心の声。 
こんな感じで合ってますかね?


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1403970650