1:2014/03/11(火) 20:39:49.65 :249kV6zS0

※キャラ崩壊注意 


P「……デューサーってなんだ?」 

小鳥「えっ」 

P「いや、プロは分かりますよ。でもデューサーってどういう意味でしょう」 

律子「そういえば……なんでしょう?」 

P「律子、分かるか?」 

律子「私に聞かないでくださいよ」 

小鳥「ええっ」 

律子「うーん、でも改めて聞かれると気になりますよね」 

P「なんなんだろうな。デューサーって」


2:2014/03/11(火) 20:42:15.94 :249kV6zS0

小鳥「……あの、二人とも本気で言ってるんですか」 

P「当たり前ですよ」 

律子「もしかして小鳥さんは知ってるんですか」 

小鳥「いや、知ってるも何も――」 

P「マジか。小鳥さんは知ってたのか」 

律子「これは大変な事ですよ」 

P「ああ。事務員が知ってるのに、プロデューサーの俺たちが知らないなんて恥ずかしすぎる」 

律子「これは、何としても自力で答えを見つけないと」 

P「よし! さっそく相談だ」 

小鳥「え。あの、え?」 

律子「小鳥さんは黙っててください」 

小鳥「えええ」


3:2014/03/11(火) 20:44:28.84 :249kV6zS0

P「とはいえ、手がかりは業務内容くらいか」 

律子「企画を立てたり営業したり、後はアイドルの管理ですよね」 

P「あ! そういう色んな動作をする……動作……どうさ……でゅうさ……デューサー!!」 

律子「なるほど。ありそうですね」 

P「ふっふっふ。いきなり答えを見つけてしまったな」 

律子「では、さっそく小鳥さんに発表しましょう!」 

春香「あれ。プロデューサーさんに律子さん、二人で何を話してるんですか」 

千早「何か盛り上がってたみたいですけど」 

P「お、皆。いや、実は今、二人でデューサーって何かを話してたんだよ」 

伊織「は? デューサー?」


4:2014/03/11(火) 20:46:14.46 :249kV6zS0

律子「ええ。プロデューサーのデューサーってどういう意味なんだろうって意見を交わしていたの」 

春香「えっ?」 

雪歩「そういえば、あんまり考えた事なかったですぅ」 

真「雪歩?」 

亜美「あー。プロデューサーってにーちゃんの名前くらいにしか考えてなかったもんね」 

真美「あ、亜美?」 

あずさ「プロデューサーさんっていう呼び方に慣れて違和感はなかったけど、そう言われると気になるわね~」 

貴音「ふむ。貴方様と呼ぶのですっかり忘れていましたが、ぷろでゅうさぁというのは貴方様の名前ではなかったですね」 

響「……皆、それ本気で言ってるのか?」


5:2014/03/11(火) 20:49:06.67 :249kV6zS0

やよい「うー。皆はプロの意味は分かるのかな。伊織ちゃん?」 

伊織「プロってのは専門家って意味よ。……この場合は別だけど」 

美希「あふぅ。でこちゃんはまともで良かったの」 

千早「……それで、プロデューサー。答えは分かったんですか」 

春香「千早ちゃんまで!?」 

P「おお。今のところ有力な候補は動作が外国語っぽく変化したって説だ」 

律子「説得力あるでしょ。だから小鳥さんに発表しようと思うの」 

貴音「動作がでゅうさぁに……なるほど」 

響「いやいや貴音。信じちゃダメだぞ」 

律子「……響、その口ぶりだとまるで答えを知ってるみたいだけど」 

P「しかも俺たちが間違ってるって言いたげだな」 

響「当たり前だぞ! っていうか、プロデューサーも律子も……皆、おかしいぞ!」


6:2014/03/11(火) 20:51:26.82 :249kV6zS0

春香「だよねー」 

伊織「っていうか、なんで知らない人間の方が多いのよ」 

真美「さすがにこれは亜美が双子な事を疑うレベルなんだけど」 

真「正直どうかとは思う……かな」 

亜美「むしろ何で真美が知ってるんだろ」 

やよい「やっぱり伊織ちゃんは賢いなー」 

あずさ「皆頭いいのねー」 

美希「……頭の良し悪しは関係ないと思うな」 

貴音「では、響。答えを知っているのなら教えて頂けますか」 

真美「よっしゃ! ひびきん、ガツンと言っちゃえ!」 

響「任せて。いいか、よく聞くんだぞ。デューサーっていうのは、メデューサの事に決まってるぞ!」 

響以外「……」


7:2014/03/11(火) 20:54:01.93 :249kV6zS0

美希「あふぅ。ま、期待はしてなかったの」 

春香「結局響ちゃんも向こう側かぁ」 

伊織「うちの事務所、大丈夫なの……?」 

響「えっ? えっ?」 

あずさ「メデューサって、人を石に変える怪物だったかしら」 

雪歩「でもプロデューサーとどう関係するんでしょう」 

亜美「あ、もしかして海の神ポセイドンの愛人って部分が関係してるんじゃない?」 

やよい「宝石のような目っていうのが怪しいかなーって」 

真美「……なんでそういう事には詳しいんだろね」 

真「というか皆、響の言葉信じてるんだね」 

P「待てよ? メデューサは人を石に変える……プロデューサーは一般人をアイドルに変える……」 

律子「繋がりましたね!」


9:2014/03/11(火) 20:55:50.92 :249kV6zS0

千早「さすがプロデューサー」 

貴音「響、そうなのですか?」 

響「え? う、うん。そうだぞ」 

真美「ひびきん、間違いなく知ったかぶりだよね」 

美希「見てるこっちが恥ずかしくなるの」 

雪歩「疑問が解消されて良かったですぅ」 

真「今ので終わり!? もうちょっと考えようよ!」 

美希「これで終了は無いの」 

千早「……? 知ってる組は不満そうね」 

春香「不満だらけだよ千早ちゃん」 

やよい「これが正解じゃないって事かな」 

伊織「……そうね」


10:2014/03/11(火) 20:57:54.06 :249kV6zS0

P「違うのか」 

律子「だいぶ正解に近づいてるとは思うんですが」 

亜美「うーん。後一歩何か足りないのかなー」 

真美「そもそもスタート地点から動いてないけど」 

真「いや、スタート地点自体が間違ってるんだよ」 

雪歩「最初から間違ってる? ……あ!」 

あずさ「雪歩ちゃん、何か分かったの?」 

雪歩「そうです! 私たち、とんでもない勘違いをしてたんですぅ!」 

P「勘違いだって!?」


11:2014/03/11(火) 21:00:36.94 :249kV6zS0

真「あぁ、やっと気付いてくれたみたい」 

伊織「ちょっと考えれば分かる事だものね」 

律子「一体、なにが勘違いなの?」 

雪歩「あの、プロデューサーってそもそもプロデュースする人って意味じゃないですか」 

千早「なるほど! デューサーではなく、デュースの意味を考えなければならなかったのね!」 

雪歩「その通りですぅ!」 

真「えっ」 

春香「えっ」 

P「という事は、一から考え直す必要が――」 

アーダコーダドーシタコーシタ


12:2014/03/11(火) 21:02:44.18 :249kV6zS0

美希「……あふぅ。また議論が始まったね」 

真美「もうツッコんでられないYOー!」 

春香「あれ。小鳥さん……そんな隅っこで何してるんです?」 

小鳥「うう……皆とは違ってド初っ端から蚊帳の外に放られたのよぉ」 

伊織「その方が良かったんじゃない?」 

真「だよね」 

春香「それにしても、皆あんなに英語に疎かったなんて」 

美希「今まで歌詞をちゃんと読めてたのが奇跡なの」 

伊織「ほんと。これまでよく何とかなってたわね」 

小鳥「百歩譲ってアイドルの皆はともかく、プロデューサーさんや律子さんまでがああだったなんて」 

真美「ん?」


13:2014/03/11(火) 21:05:12.37 :249kV6zS0

春香「真美? どうかした?」 

真「ボクも……ちょっと今気になったことが」 

美希「真君も?」 

真美「真美たちってファンの人たちに愛を振りまくアイドルだよね?」 

小鳥「まぁ、そうね」 

真「アイドルのアイが愛ってのは分かるけど、ドルって何だろう」 

小鳥「えっ」 

美希「そういえば……」 

春香「考えた事なかった!」 

伊織「ドル……お金のことじゃないわよね?」 

真美「うあうあ~! 亜美たちの事笑えないよ~!」 

真「よし、皆で考えようよ!」 

小鳥「えええええっ!?」 


終わり


14:2014/03/11(火) 21:11:24.53 :249kV6zS0

見紛う事なき出オチSSでした。 

読んでくれた方、ありがとうございます。


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1394537989