1:2014/08/01(金) 14:01:22.01 :FXnW7sa80

P「…」カタカタ 

愛海「ふーん」 

P「…」カタカタ 

愛海「文香さん、美嘉さん、志希さんかぁ…」 

P「…」カタカタ 

愛海「亜里沙さん櫂さん礼子さん風香さんもいるんだぁ」 

P「…」カタカタ 

愛海「いいなぁ、まるで天国みたいだなぁ」 

P「…」カタカタ 

愛海「…」 

P「…」カタカタ 

愛海「で?」 

P「…」カタ… 

愛海「何で私を行かせないだよッ!!」 

P「うるさい」 


2:2014/08/01(金) 14:18:46.97 :FXnW7sa80

P「お前が行ってもあいつらとの差が激し過ぎるんだよ」 

P「それに暴走する事は目に見えているからな」 

愛海「ぐぬぬ…」 

P「妥当な判断ですぅー騒ぐならあっち行ってろ、卯月もいるから」 

愛海「今卯月先輩はいいや」 

P「(ひどくない?)」 

愛海「暴走ったってね、あたしだってそんなむやみやたらに登頂する訳じゃないんだよ」 

P「そうか」 

愛海「ちゃんとお山の持ち主の体調とかに気を付けてね?少しでも辛そうな時は登らないよ」 

P「そうか」 

愛海「いってもすれ違いざまに気付かれないレベルで触れるだけだから」 

P「そうか」 

愛海「それを理解してきた娘達は最近私に出会うと体調が悪いフリをするけど、あたしがそんなのに騙される訳ないよね」 

愛海「そういう時はいつもよりえぐくしてるから」 

P「そうか」 

愛海「…」 

P「そうか」 

愛海「聞けよ」 

P「冷蔵庫にメロン入ってるからそれでも揉んでろよ」 

愛海「とばすぞ」 


3:2014/08/01(金) 14:30:30.23 :FXnW7sa80

愛海「おいしい」 

P「俺の実家から送られてきた夕張メロンだ」 

愛海「あまい」 

P「そうかそうか」 

P「他の娘達にあったら冷蔵庫に入ってるって伝えてやれよ」 

愛海「ふぁい」 

P「じゃ俺は仕事に戻るから」 

愛海「ふぁい」 

愛海「…」 

愛海「じゃないよプロデューサー!」 

P「ん?」 

愛海「そう!私がお山パラダイs…バカンスに行きたいのはお山の為だけじゃないよ!」 

愛海「暑いから!そう、暑いから!!!」 

P「お前の熱意が一番熱い」 


4:2014/08/01(金) 15:25:10.22 :FXnW7sa80

愛海「それほど私は涼しみたいって事だよ!」 

P「屋上でも行ってこいよ朝から周子がビニールプール出してたぞ」 

P「メロンもってってやれ、乃々もいるだろうから二人分な」 

愛海「ビニールプール…」 

P「冷たいと思うぞぉー」 

P「冷水に浸りながら爽やかな太陽の光を浴びちゃうぞぉー」 

P「女の子もいるぞぉー」 

P「行きたくなってきただろぉー?」 

愛海「冷水…太陽…女の子…お山…お山……」 

P「よーし…ほぉらメロンだ、行ってこい」 

愛海「で……でも…お山ので言うなら今からでも志希さん達の所に行った方が…でも……」 

P「…」 

愛海「そ、そうだよ…!屋上行ってもお山は二つしかない!向こうに行ったらお山が2…4…6…14!!14個もあるんだ!私はそっちに行くよ!残念だったねプロデューサー!」 

P「ちくしょ」 


5:2014/08/01(金) 15:28:04.28 :FXnW7sa80

P「分かった分かった…もういいよ、行ってこい」 

愛海「ほんと!?やったああああああああ」 

P「まぁお前今日はオフだしな……ただし、撮影中には割り込むなよ」 

P「怒るぞ」 

愛海「分かってるってー!さすが、プロデューサー!話が分かるね!おっとこまえ!」 

P「おいおいあんま褒めんなって」 

愛海「ツンデレプロデューサー!偶に見せる優しい顔!シャチク」 

愛海「一人で200人近くプロデュースするその腕前!シャチク人間離れした体力!」 

P「HAHAHAHA」 

愛海「ていうか人間に成せる所業じゃねえ!人間やめてる!」 

P「煽てても何も出ないぞぉ出るのは汗だけだーはっはっはっはっ」 

愛海「じゃあ行ってくるよシャチkプロデューサー!!」 

P「おう行ってこーい気を付けるんだぞー」 

ガチャ 

バタン 

ドタタタタタタタタ 


7:2014/08/01(金) 15:48:34.05 :FXnW7sa80

P「さて仕事に戻りますか…っと」 

P「…」 

P「?」 

P「あいつどうやって沖縄まで行くつもりだ?」 

P「けーたいとりだしポパピプペーでーとしてくれまっすっかっ」ピッピッピッ 

prrr 

prrr 

ピッ 

P『おい』 

愛海『なにー?急がないといけないから手短にねー』 

P『お前どうやってあっち行くつもり何だ?』 

愛海『走る』 

P『!?』 

愛海『走る』 

P『…』 

愛海『大丈夫だよプロデューサー!私も人間やめてるようなもんだから!』 

愛海『じゃあ切るよ!あ、終わり次第周子さん達の所にも行くから!じゃね!』 

ピッ 

P「…」 

P「こわい」 


9:2014/08/01(金) 15:59:18.06 :FXnW7sa80

その約三十分後、美嘉がモンスターから逃げるような走行音と声を荒げながら電話を寄越してきたが無視した 
その他撮影に行ったアイドル達からはメールやら着信が届いたが無視した 
おれはなにもしらない 
なぜだろうしきからはおれいのめーるがきたよ 

更に1時間後、愛海が事務所に帰ってきた 
満足げな彼女にどうやって海を渡ったか聞いたら 
「そんなの水に浸かる前に片方の足を上げればいいだけじゃん」 
などと言われ、俺は 
「それもそうだな」 
と返しておいた 
屋上からは二つの悲鳴が聞こえた 





おしり


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406869271