多分短い 
書き溜めないです 
本当は昨日書きたかった


2:2014/09/10(水) 12:14:32.12 :K/0dh+/Do

P「ただいま戻りました」ガチャ 

小鳥「あ、プロデューサーさん、お帰りなさい」 

P「はい、音無さんもお疲れさまです」 

小鳥「お茶淹れますね」 

P「ありがとうございます」 

小鳥「ちょっと待っててくださいね」 

P「はい、さて、残りの書類を片付けるかな」 

――― 
―― 


3:2014/09/10(水) 12:21:36.84 :K/0dh+/Do

小鳥「はい、どうぞ、プロデューサーさん」コト 

P「ありがとうございます。……あれ?書類が少なくなってる……?」 

小鳥「あ、あたしが処理できるものは少しですけどやっておきました」 

P「え?そうなんですか?」 

小鳥「はい、プロデューサーさんは大変ですから」 

P「音無さんも忙しいのにすみません」 

小鳥「ふふ、気にしないでください」 

P「ありがとうございます」 

――― 
―― 


4:2014/09/10(水) 12:26:58.21 :K/0dh+/Do

P「うーん……」グルグル 

小鳥「?どうかしたんですか?」 

P「あ、いえ、最近ちょっと肩が重い気がして……」 

小鳥「ちょっと失礼しますね」ギュ 

P「え?」 

小鳥「あー、やっぱり、結構こってるみたいですね」 

P「は、はは、そうですか?」 

小鳥「はい、あ、そうだ」グッグッ 

P「あ……ありがとうございます」 

小鳥「ふふ、いえいえ」


5:2014/09/10(水) 12:30:45.51 :K/0dh+/Do

P「終わったら次は俺がやりますよ」 

小鳥「いえ、大丈夫ですよ」グッグッ 

P「してもらうだけってのも悪いですから」 

小鳥「ふふ……それじゃあお願いしちゃいますね」グッグッ 

P「はい、任せてください」 

小鳥「ふふ……」 

P「……」 


高木「(おや……これはこれは)」 

――― 
―― 


6:2014/09/10(水) 12:36:15.98 :K/0dh+/Do

小鳥「え?お休みですか?」 

高木「うむ」 

P「どうして急に?」 

高木「なに、君たちはいつもがんばってくれているからね、私からのちょっとしたプレゼントだよ」 

P「はぁ……」 

小鳥「でも、あたしたち二人が休んだらお仕事のほうは……」 

高木「それは私に任せておきたまえ、何も心配はいらないよ」 

P「大丈夫なんですか?」 

高木「ああ」


7:2014/09/10(水) 12:41:44.48 :K/0dh+/Do

P「まぁ、そういうことなら……」 

高木「それで休みの日だが、九月九日で大丈夫かな?」 

小鳥「九月九日……」 

P「ん?それって……」 

高木「おお、そういえばその日は偶然にも音無君の誕生日ではないか!」 

小鳥「……」 

P「……」 

高木「うむ!ちょうどいいことだし、二人で出かけてみたりしてはどうかな?」 

――― 
―― 


9:2014/09/10(水) 12:48:04.10 :K/0dh+/Do

~九月九日~ 

 ―どこかの駅前― 

P「あ、音無さん」 

小鳥「プロデューサーさん、おはようございます」 

P「すみません、待たせちゃいましたか?」 

小鳥「いえ、私も今来たところなので」 

P「それなら良かったです、それじゃあいきますか」 

小鳥「はい」 

――― 
―― 


10:2014/09/10(水) 12:57:33.72 :K/0dh+/Do

P「しかし、社長にも困ったものですね」 

小鳥「ふふ、そうですね」 

P「絶対わざとですもんね」 

小鳥「でも、そのおかげでこうやってプロデューサーさんとお出かけできて、あたしは嬉しいですよ」 

P「……は、はは、そうですか」 

小鳥「はい!」 

P「せ、せっかくですから今日は思いっきり楽しんじゃいますか」 

小鳥「ふふ……はいっ」 

――― 
―― 


11:2014/09/10(水) 13:04:18.56 :K/0dh+/Do

~映画を観ました~ 

P「いやーなかなか良い映画でしたね!」 

小鳥「はい、思ってたよりも良かったです。特に最後のあのシーンが良かったです!」 

P「ああ、あそこは良かったですね!ボブが隕石の落下を止めるためにロケットに乗って……あれ?」 

ポツポツ…… 

小鳥「あ、雨……」 

P「あちゃ、降ってきちゃいましたね」 

小鳥「あたし、折り畳み傘もってきました」 

P「うーん、俺も持ってくればよかったな……」


12:2014/09/10(水) 13:07:59.85 :K/0dh+/Do

小鳥「よいしょっと……」バサッ 

P「ちょっと、俺そこのコンビニで傘買ってきますね」 

小鳥「あ、プロデューサーさん」 

P「はい、何ですか?」 

小鳥「せっかくですから、一緒に使いませんか?」 

P「え?」 

小鳥「わざわざ買うのももったいないですし」 

P「そ、そうですね……」 

小鳥「ふふ、どうぞ」 

P「あ、俺が持ちますよ」


13:2014/09/10(水) 13:09:41.90 :K/0dh+/Do

小鳥「ありがとうございます」 

P「いえいえ、これくらいは」 

小鳥「ふふ、それじゃあ行きましょうか」 

P「はい!」 

――― 
―― 


14:2014/09/10(水) 13:13:49.74 :K/0dh+/Do

ザーザー 

P「雨、強くなってきましたね……」 

小鳥「うーん、そうですね……」 

P「早めにどこかのお店に入りますか」 

小鳥「はい、あ、プロデューサーさん、あたしのほうに傘を傾けてくれなくても大丈夫ですよ」 

P「え?でもそれじゃ……」 

小鳥「気持ちは嬉しいですけど……それじゃプロデューサーさんが濡れちゃいます」 

P「俺は別に……」 

小鳥「ダメですよ」 

P「はい……わかりました」


15:2014/09/10(水) 13:21:24.77 :K/0dh+/Do

小鳥「それに、こうすれば」スッ、ピト 

P「お、音無さん?」 

小鳥「ほら、こうやって近づけば、二人とも濡れなくてすみますし」ニコッ 

P「……そうですね」 

小鳥「もしかして……嫌でしたか?何だか難しそうな顔してますけど……」 

P「そ、そんなことないです!その……ちょっと緊張しちゃって……はは」 

小鳥「緊張?」 

P「お、音無さんがこんなに近くにいるので……」 

小鳥「あ……そ、そうなんですか……」カァァ 

P「はい……」カァァ 

――― 
―― 


16:2014/09/10(水) 13:30:30.03 :K/0dh+/Do

~食事中~ 

P「うん、おいしいですね」 

小鳥「ふふ、こっちのも食べてみますか?」 

P「あ、それじゃちょっとだけ」 

小鳥「はい、ちょっと待ってくださいね」 

P「え?」 

小鳥「はい、プロデューサーさん」スッ 

P「あ……いただきます」パクッ 

小鳥「どうですか?」 

P「お、おいしいです……」 

小鳥「ふふ、良かったです」 

P「(正直味なんてよくわからなかったけども……)」 

――― 
―― 


17:2014/09/10(水) 13:38:53.30 :K/0dh+/Do

ザーザー 

P「うーん……なかなか止まないですね」 

小鳥「そうですね……」 

P「この後は、いろいろと見て回ろうかなと思ってたんですけど……」 

小鳥「ふふ、傘があるから大丈夫ですよ」 

P「そうですか?」 

小鳥「はい、プロデューサーさんとこうして歩くのも楽しいですし」 

P「そうですね……雨も悪くないかな」 

小鳥「はい、ふふ」 

――― 
―― 


18:2014/09/10(水) 13:43:48.32 :K/0dh+/Do

~ショッピング中~ 

P「お、これなんかどうですか?」 

小鳥「あ、うわぁ可愛いですね」 

P「うんうん、これにこれをあわせて……」 

小鳥「ふふ、何だかプロデュースしてもらってるみたいですね」 

P「はは、そうですね、それじゃあ今日は音無さんをプロデュースしてみようかな」 

小鳥「ふふ、はい、よろしくお願いします」 

P「よーし、うんうん、この組合わせもよさそうだな」 

小鳥「ふふふ……」 

――― 
―― 


19:2014/09/10(水) 13:48:08.38 :K/0dh+/Do

~試着しました~ 

小鳥「ど、どうですか?」 

P「うん、すごくよく似合ってますよ」 

小鳥「ふふ、それじゃあこれ買っちゃおうかな」 

P「あ、俺が出しますよ」 

小鳥「え?そんな、悪いですよ」 

P「音無さん、今日は音無さんの誕生日なんですよ」 

小鳥「でも……」 

P「俺からのプレゼントだと思って受け取ってください」 

小鳥「……いいんですか?」 

P「はい!もともとそのつもりで選んでましたし」 

小鳥「ふふ……ありがとうございます、プロデューサーさん」 

――― 
―― 


20:2014/09/10(水) 13:52:32.56 :K/0dh+/Do

~夕方~ 

ポツ……ポツ…… 

小鳥「あ、雨止んできましたね」 

P「そうですね」 

小鳥「……」 

P「……」 

小鳥「……あの」 

P「はい」 

小鳥「もう少しだけ……このまま歩きませんか?」 

P「はは……俺もちょうど同じことを考えてました」 

小鳥「ふふ、それじゃあもうちょっとだけ」 

P「はい、このままで」 

――― 
―― 


22:2014/09/10(水) 13:59:47.52 :K/0dh+/Do

P「俺、音無さんと出会えて本当に良かったです」 

小鳥「ふふ、急にどうしたんですか?」 

P「いえ、何だか言いたくなって」 

小鳥「……」 

P「音無さん、覚えてますか?始めの頃、俺が仕事で落ち込んでた時のこと」 

小鳥「……はい」 

P「あの時、音無さんがいてくれたから俺はここまで頑張ってこれたんだと思います」 

小鳥「……」 

――― 
―― 


23:2014/09/10(水) 14:05:45.66 :K/0dh+/Do

P「……くそ!」ガンッ 

小鳥「プロデューサーさん」 

P「え?お、音無さん?帰ってたんですか?」 

小鳥「はい、ついさっき」 

P「……」 

小鳥「……いいんですよ」 

P「え?」 

小鳥「我慢しなくても大丈夫ですよ」 

P「……」 

小鳥「アイドルの子たちの前でそんな顔できないのはわかります」 

P「……」 

小鳥「でも……私の前でまで我慢しなくてもいいんですよ」


24:2014/09/10(水) 14:14:14.37 :K/0dh+/Do

P「音無さん……」 

小鳥「辛い時は辛いって言ってください」 

P「……」 

小鳥「プロデューサーさんは頑張りすぎなんです」 

P「でも……」 

小鳥「一人で悩まないでください、あたしでよければ、力になりますから」 

P「……ありがとうございます」 

小鳥「ふふ、いえいえ」 

――― 
―― 


25:2014/09/10(水) 14:23:30.37 :K/0dh+/Do

P「だから、言っておきたくて」 

小鳥「……」 

P「音無さん、今まで本当にありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いします」 

小鳥「……はい、こちらこそ……よろしくお願いします」 

P「それから……」 

小鳥「……?」 

P「……実は、もう一つ伝えたいことがあるんです」 

小鳥「……はい」


26:2014/09/10(水) 14:29:02.67 :K/0dh+/Do

P「今日一日音無さんと一緒にいて、俺はすごく楽しかったです」 

小鳥「……はい、私も楽しかったです」 

P「それで改めて思ったんです」 

小鳥「……」 

P「俺は、音無さんが好きです」 

小鳥「……はい」 

P「音無さんともっと特別な関係になりたいと思ってます」 

小鳥「……」 

P「ですから……俺と、結婚を前提にお付き合いしていただけませんか?」 

小鳥「……はいっ」 

――― 
―― 


28:2014/09/10(水) 14:34:28.71 :K/0dh+/Do

~数年後~ 

高木「おお!元気な子が産まれたようだね!」 

P「はい」 

小鳥「ふふ」 

高木「うんうん、君たちに良く似ているな」 

小鳥「ふふ、そうですか?」 

高木「ああ」 

P「はは、目元なんかは小鳥そっくりだよな」 

小鳥「口元はPさんそっくりですよ」


29:2014/09/10(水) 14:38:49.44 :K/0dh+/Do

高木「うむ、幸せそうでなによりだよ」 

P「社長のおかげでもありますよ」 

小鳥「ふふ、そうですね」 

高木「なぁに、私は何もしてはいないさ。それよりも、これから君は父親になるわけだが、大丈夫そうかね?」 

P「ええ、何も心配いりません」 

小鳥「ふふ」 

P「小鳥がいますから」 

――― 
―― 


30:2014/09/10(水) 14:40:01.14 :K/0dh+/Do



P「これからもずっと、小鳥に癒される幸せな日々が続きますように」 



                                 おしまい


31:2014/09/10(水) 14:40:52.14 :K/0dh+/Do

以上で終わりになります短くてすみません可愛い小鳥さんが書きたかっただけなんです反省します


32:2014/09/10(水) 14:44:01.52 :K/0dh+/Do

ちなみに今回の最後は小鳥に呼び方変わってるからタイトルも小鳥にしようかなと思っていたんですが…… 
なんとなくタイトルは音無さん呼びにしたかったのでこうなりました特に深い理由はありません


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410318506