1:2014/09/28(日) 03:53:12.78 :yPV+2AXGo

※キャラ崩壊注意です

みく「はあ...」 

智香「どうしたのみくちゃん?ため息なんかついて」 

みく「智香...聞いてほしいにゃ...みくが出演してる番組、知ってるかにゃ?」 

智香「もちろん!『満点星空restaurant』だよね?」 

みく「妙にレストランの発音が良いのが気になるけどそうにゃ...」


2:2014/09/28(日) 03:55:06.52 :yPV+2AXGo

悠貴「あっ、私、毎週見てますよ!みくさんの食べっぷりと「うまーいにゃー!」というシンプルな感想が見ていて気持ちいいんですよねえ」 

みく「悠貴ちゃんありがとにゃ。みくもあの番組は楽しくて大好きなのにゃ。美味しいものいっぱい食べれるし。でも...」 

智香「でも?」 

みく「つ...次の......次のの収録が、ふニャアああ!」 

悠貴「みくさん!?」 

智香「ちょっとみくちゃん、落ち着いて!発○期の猫みたいになってるよ!?」 

みく「...はっ!? ご、ごめんにゃ...でもアイドルに発○期とか言うなにゃ...」


3:2014/09/28(日) 03:56:23.40 :yPV+2AXGo

悠貴「でも、次の収録に何があるんですか?あんなにほのぼのとした番組なのに...」 

智香「ま、まさかみくちゃん...」 

みく「そう智香、そのまさかなのにゃ...次の企画はなんと...」 

悠貴「なんと?」 

みく「魚なのにゃ!!!」 

智香「ギョギョ!?」 

みく「さかなクンはいいのにゃ!」


4:2014/09/28(日) 03:57:06.09 :yPV+2AXGo

智香「いやスシ王子だよ。昨日再放送やっててね。遅くにやってたからちょっと眠いんだ☆」 

みく「知らないのにゃ! そんなことよりみくにとって魚を食べるのは死活問題なのにゃ...」 

悠貴「そんな大げさな...」 

みく「大げさでもなんでもないのにゃ! みくは一度だけ魚を食べたのにゃ...そしたら...」 

智香「ど、どうなったの?」 

みく「しんだにゃ」 

智香「超ウソじゃん! めっちゃ生きてるじゃん!」


5:2014/09/28(日) 03:58:07.15 :yPV+2AXGo

みく「まあちょっとゴヘイはあるにゃ。とにかくみくは魚だけは駄目なのにゃ...」 

悠貴「じゃ、じゃあ次の収録どうするんですか?」 

智香「いっそ終始嫌な顔して「こんなもん食えんにゃ!」とか言ってみたらどう?」 

みく「そんなことしたらみくは干されるにゃ...みりん干しにゃ...魚だけに」 

悠貴「け、結構よゆうありますね」 

みく「ないにゃ! でもなんとかしないとまずいんだにゃ」


6:2014/09/28(日) 03:58:44.54 :yPV+2AXGo

智香「そしたら、今からでもちょっとずつ慣れていくしかないね」 

悠貴「何か考えがあるんですか?」 

智香「ちょっと待ってて! 準備してくる!」バタン 

みく「ちょっとどこいくにゃ! 何だか嫌な予感がするにゃ...」 

ーー数十分後 

智香「はあ...はあ...お待たせ」 

みく「遅いにゃ! で、その両手に抱えた袋は何なのにゃ?」


7:2014/09/28(日) 03:59:46.40 :yPV+2AXGo

智香「みくちゃんにとって、魚を食べることっていうのハードだよね?」 

みく「ハードどころかエクストラ嫌なのにゃ!」 

智香「そうだね...いきなりエクストラモードに挑戦するから駄目なんだよ。初心者はまずイージーから始めて徐々に慣らしていくの」 

悠貴「あ、もしかして」 

智香「そう、名付けて『魚に似ているものを食べさせていって最終的に魚を食べられるようにしよう』大作戦だよ!」 

みく「名付けが下手すぎにゃ!」 

悠貴「あずきさんみたいになってますね...」


8:2014/09/28(日) 04:00:38.42 :yPV+2AXGo

智香「まあ名前の通り、魚に似てるなーっていうものから少しずつ慣れてもらって、最終的に魚を食べてもらうよ」 

みく「そんなの上手くいくのかにゃ...正直モノのチョイスも不安にゃ...」 

智香「私を信じて! さっそく始めるよ! レベル1はこれ!」ジャン! 

悠貴「こ、これは...たい焼き?」 

智香「正解! まずは形が似たものを食べて苦手意識をなくしてもらおうと思って」 


10:2014/09/28(日) 04:02:21.54 :yPV+2AXGo

みく「なんにゃ...これならみくでも食べられるにゃ」ヒョイパク 

悠貴「みくさんってたい焼き、お腹から食べるんですか? 珍しいですね」 

みく「通は腹からなのにゃ」 

智香「レベル1はちょっと簡単だったかな? 次はこれ! じゃん! 魚肉ソーセージ?」 

悠貴「これはちょっとレベルが上がりましたね...」 

みく「ううむ... さすがにすぐには手が出なおえええええ」 

悠貴「み、みくさんがえづいた」 

智香「仮にもアイドルがえづいていいの!?」 

みく「仮ってなんにゃ!」


11:2014/09/28(日) 04:03:22.74 :yPV+2AXGo

みく「ごめんにゃ...でもギョニソ(※魚肉ソーセージ)はかなりグレーゾーンなのにゃ...」 

智香「みくちゃん! 苦手を克服するいい機会だよ! 収録までに魚を食べられるようになるんでしょ!?」 

みく「そ、そうにゃ... みくは変わるのにゃ... 鼻をつまんで...うっ」ヒョイパク 

悠貴「お?...すごいです」 

みく「おえええ」 

悠貴「やっぱりえづいた!」


12:2014/09/28(日) 04:04:16.74 :yPV+2AXGo

智香「でもちゃんと食べられたね!」 

みく「や、やったにゃ... 人として何か大きくなれた気がするにゃ。うっぷ」 

智香「よーし、この調子でレベル3いっちゃいましょう!」 

みく「ギョニソを越えられたのはでかいにゃ! なんでもこいにゃ!」 

智香「いい感じだね! レベル3はこれ! 『秋刀魚のはらわた』だよ!」 

みく「ちょっと待つにゃ!」 

智香「え?」


13:2014/09/28(日) 04:04:58.98 :yPV+2AXGo

みく「こんなもん、魚を食べられる人でも好き嫌いが出てくるにゃ!」 

悠貴「私も正直にがてですね...」 

智香「みくちゃん、これを乗り越えたらこの作戦は無事成功だよ」 

みく「無理にゃ! 仮に食べたとしても無事じゃすまないにゃ! しぬにゃ!」 

智香「みくちゃん...もし仮にしんだとしても、天国にエールをおくるよ...」 

悠貴「話が死ぬ前提になってますね」


14:2014/09/28(日) 04:06:41.29 :yPV+2AXGo

みく「もういいにゃ! 正直、さっきのギョニソでみく的にはエンディングを迎えたのにゃ! あとはもう、みく自身のポテンシャルにかけるのにゃ!」 

智香「口だけは達者なテスト前の学生みたいなこと言ってる...」 

みく「はらわたを食べるくらいなら、自分のはらわたを抉られる方がマシにゃーー!!」バタン 

悠貴「とんでもないこと言って逃げた!?」 

智香「まあ魚肉ソーセージ食べれたからちょっとは成長したかな?」 

悠貴「でもレベル3であれっていきなりレベル上がりすきですよ... 袋にはあと何が入ってたんですか?」 

智香「ああ、これ? ...悠貴ちゃんって生野菜が苦手なんだよね?」 

悠貴「...え...ま...まさか」ダラダラ 

智香「悠貴ちゃんもこの際だから生野菜嫌いを治そうよ! レベル1は『セロリ』!」 

悠貴「おええええ」 

おわり


16:2014/09/28(日) 04:22:39.91 :yPV+2AXGo

お読みいただきありがとうございます 

ちなみに人選に関しては完全に私の好みでしたww 
なので智香に若干の鬼畜要素が入ってしまう形に…


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411843982