1:2014/10/12(日) 19:58:58.91 :xmhNlbkro

モバP「机の上系アイドル?」 

幸子「そうです!」 

モバP「なんで机の上? 何するつもりだ、幸子? というか、お前何があったんだ!?」 

幸子「そんなの決まってるじゃないですか! 輝子さんたちは机の下系アイドルでしょう? だったら、ボクは逆に机の上系アイドルになろうと思いまして!」 

モバP「思いましてって……」 

乃々「も、森久保はそんなこと名乗った覚えはないんですけど……」 

輝子「フ……フヒ……同じく……」


2:2014/10/12(日) 19:59:40.48 :xmhNlbkro

幸子「フフーン、どうですか! 良いアイディアでしょう!」 

モバP「あ~~……それで、まさかとは思うが、なんで靴を脱いで……いや、やめろよ?」 

幸子「モバPさんの机の上はカワイイボクの物になるんです! 感謝してくださいね!」 

モバP「おいっ!」 

幸子「フフーン。これでボクは机の上系アイドルです! モバPさんより高い視線というのもなかなか新鮮ですね!」ドヤァ 

モバP「こらっ! 幸子降りなさ……」 

乃々「あっ、あの輿水さん……」 

輝子「つ、机の上に立つと……ス、スカートが……」 

幸子「へっ? あっ、ああああぁぁぁぁぁ!」カアア


3:2014/10/12(日) 20:00:11.21 :xmhNlbkro

モバP「いや、見てないぞ! ここからは見えないからなっ! 落ち着けっ!」 

幸子「モバPさんのスケベ! 変態! 変態っ!!」 

モバP「ちょ! まてっ! 書類を投げるな! 乃々も輝子も隠れてないで幸子を止めてくれっ!!」 

乃々「む、むーりぃー……」 

輝子「が、頑張れ、親友……」 

モバP「おいっ! ちょ、幸子……それダメッ! ギャーッッ!」


4:2014/10/12(日) 20:00:50.83 :xmhNlbkro

幸子「はぁ……はぁ……」 

モバP「よし、どうどう、どうどう」 

輝子「お、落ち着け……さっちゃん……」 

幸子「うぅ……」 

モバP「それで、だ。ついさっきまで平和な事務所だったはずだったのに、この惨状は何なんだ……」 

幸子「そ、それは……モバPさんがボクのスカートの中を覗くからいけないんですよ!」 

モバP「なぁ、幸子。下から覗いていた二人と違って、俺は立っていたんだけど? 本当に見えるような角度だったか?」 

幸子「う……で、でも、もしかしたら……」 

モバP「そもそも、いきなり机に登りだしたお前が悪いんじゃないか。そのあげくまとめてあった書類をぐちゃぐちゃにして。自分が何をしたのか分かってるか?」 

幸子「……ゴメンナサイ」


5:2014/10/12(日) 20:01:36.42 :xmhNlbkro

モバP「はぁ……まったく、余所でこんな事するんじゃないぞ。お前だけの問題じゃなくて事務所の他の仲間にも迷惑がかかるんだから」 

幸子「はい……反省してます……」 

モバP「うーん、それにしても……何かあったのか? いきなり机の上に上り出すなんて、幸子らしくな……くはないか。去年も箱の中に入り込んでいたし」 

幸子「あ、あはは。それはもう済んだことで」 

モバP「でも、今回の事はたった今の出来事だからな。……なあ、幸子。なんか悩みでもあるのか?」 

幸子「っ……それは……」 

モバP「いや、俺に言いにくい事なら無理に言おうとしなくても良いぞ。そういう事ならちひろさんか、そうだな、相談に乗ってくれそうな、あいさん美優さんあたりに……」 

幸子「モバPさん!」 

モバP「っおぉ、どうした!?」 

幸子「……いえ…………」 

モバP「?」


6:2014/10/12(日) 20:02:11.90 :xmhNlbkro

幸子「あ、あの……散らかしちゃった机、かたすのは、ボクがします……」 

モバP「ん、そうだな。本来なら散らかした本人が元に戻すってのが当然の罰なんだろうけど、幸子は元々どうなってたのか分からないだろう?」 

幸子「あっ……」 

モバP「な、そういう事だから」 

幸子「で、でもそれならお手伝いを!」 

モバP「いいからいいから、まだ時間があるとは言えお前たちはこれからレッスンだろ。真面目にやらないとトレーナーさんに怒られるぞ」 

幸子「うっ……」 

モバP「この会議室には人が来ないと思うから、今のうちに気持ちを切り替えておくんだぞ。それじゃあな」 

幸子「モバPさん……」 

モバP「……幸子、ごめんな。俺もそろそろ仕事に戻らないといけないんだ」 

幸子「いえ……ボクの方こそ、ゴメンナサイ……」 

モバP「そんなに一人で悩むなよ? 誰かに話せば楽になることもあるからな?」 

幸子「はい……」


7:2014/10/12(日) 20:02:40.45 :xmhNlbkro

幸子「…………」


8:2014/10/12(日) 20:03:30.46 :xmhNlbkro

ーーーーーーーーーー 

幸子「フフーン、カワイイボクが来ましたよ!」 

幸子「って、あれ? 何だ、誰もいないんですか?」 

乃々「い、いちおう森久保がいます……けど」 

幸子「えっ、乃々さん? どこに……って、あっ……」 

乃々「あぅ……そ、その……輿水、さん?」 

幸子「……なんですか?」 

乃々「その……こっちに、きます?」 

幸子「こっち、というと……」 

乃々「い、今は輝子さん、いませんから……」 

幸子「……ダメです」 

乃々「えっ? でも……」 

幸子「ダメです!」 

乃々「ひゃう」ビク


9:2014/10/12(日) 20:04:02.36 :xmhNlbkro

幸子「あっ……すいません、突然大声出しちゃって……」 

幸子「……」 

乃々「……」 

乃々「……あ、あの……」 

幸子「っそういえば、モバPさんとちひろさんはどうしたんですか?」 

乃々「モバPさんは、外で打ち合わせがあるって、その……ちひろさんも……さっき、買い物に……」 

幸子「……そうですか。せっかくカワイイこのボクが相手をしてあげようと思ったのに、モバPさんもずいぶん運がないですね! きっと日頃の行いが悪いんですよ! まったく」


10:2014/10/12(日) 20:04:51.23 :xmhNlbkro

乃々「あ、あの……輿水さん……」 

幸子「幸子でいいですよ、同い年じゃないですか。ボクも乃々さんって呼んでますし」 

乃々「えっと……幸子さん……」 

幸子「はい」 

乃々「これは、その……森久保の考え、なんです……けど……」 

幸子「はい?」 

乃々「輝子さんは、その……気にしない、とその……思うん、ですけど……」 

幸子「……」 

乃々「ぁーぅー……その……忘れてください……」


11:2014/10/12(日) 20:05:26.52 :xmhNlbkro

幸子「……だからこそ、ですよ……」 

乃々「……」 

幸子「……」 

ちひろ「ふぅー、ただいまー乃々ちゃん」 

幸子「あ、お疲れさまです、ちひろさん」 

ちひろ「あら、幸子ちゃん。ちょうど入れ違いかしら、ごめんなさい事務所を空けちゃってて」 

幸子「いやいや、乃々さんもいましたし」 

ちひろ「そうだ。幸子ちゃんも来たことだし、そろそろ乃々ちゃんもそこから出てきてお茶にしましょ」 

幸子「いいですね。じゃあボクがいれてきますよ。何がいいですか?」 

ちひろ「いやいや、幸子ちゃんにそんな事させられないわよ」 

幸子「いいんですよ。立ってる者は親でも使えって言うじゃないですか」 

ちひろ「うー、そこまで言うなら……それじゃあ午後ティーを頼んで良いかしら。冷蔵庫の中にまだあったと思うけど」 

幸子「乃々さんは?」 

乃々「も、もりくぼもそれでいいです」 

幸子「はい、分かりました。それじゃちょっと待っててください」


12:2014/10/12(日) 20:06:04.40 :xmhNlbkro

ちひろ「……いつもの幸子ちゃん、に見えるけど」ボソ 

乃々「……」


13:2014/10/12(日) 20:06:36.55 :xmhNlbkro

幸子「お待たせしました」コト 

ちひろ「ありがとう。ごめんなさいね、お茶くみなんてさせちゃって」 

幸子「いいんですよ。ボクたちいつもちひろさんにお世話になってるんですから」 

ちひろ「お世話って、私は大したこと……」 

輝子「ゴォォォートゥゥゥ、ヘェェェールゥゥゥゥゥ!!!」 

ちひろ「!?」ビク 

乃々「!」ビク 

幸子「あ、輝子さんこんにちは」 

輝子「あっ……こ、こんにちは。フ、フヒ……」 

ちひろ「あ、ああ……輝子ちゃん。こんにちは」 

乃々「あ、あんまり驚かせないで欲しいんですけど……」 

輝子「ご、ごめんな……お隣さん……」 


14:2014/10/12(日) 20:07:10.47 :xmhNlbkro

幸子「まあまあ、輝子さんもこっちに来てお茶にしましょう。ボクの分はまだ手を付けてないので、輝子さんどうぞ」 

輝子「えっ……でも、さっちゃんの分は……」 

幸子「ボクはまたいれてきますから。さあどうぞ」 

ちひろ「ダメよ幸子ちゃん、そういうのは私の仕事なの。ほら、輝子ちゃんはこっち。私もまだ手をつけてないから大丈夫よ」 

輝子「あっ、はい……」 

幸子「でも」 

ちひろ「いいのいいの、三人で先にお菓子も開けちゃってて~」


15:2014/10/12(日) 20:07:43.23 :xmhNlbkro

輝子「ヒャッハァァァーー! キノコだぜぇぇ!!」 

幸子「ちょっ、いきなりキノコの山を独り占めしないでください!」 

乃々「森久保は森久保らしくタケノコを貰います、はい」 

幸子「あっ、乃々さんまで! うぅ……それじゃあボクはこの『きこりの切株』で」 

乃々「!?」 

幸子「……いや、いまさら欲しがったって……はぁ、それじゃあ交換しましょうか」 

乃々「そ、その……ありがとう、ございます」 

幸子「もう、いちいち敬語にしなくていいですよ、友達なんですから」 

乃々「あぅ……」


16:2014/10/12(日) 20:08:14.39 :xmhNlbkro

輝子「フヒ……さっちゃんも敬語……丁寧語?」 

幸子「ボクはいいんです! このしゃべり方もボクのカワイイ個性なんですから!」 

ちひろ「ふふっ……乃々ちゃんのしゃべり方も乃々ちゃんらしい個性よね?」 

乃々「そ、そんな事言われても……その……困るんです、けど……」 

輝子「フヒ……お隣さん、照れてる」 

乃々「うぅぅぅ……むぅーりぃー……」


17:2014/10/12(日) 20:08:51.51 :xmhNlbkro

ちひろ「さて、私は仕事に戻りますけど、三人はもう少しゆっくりしていてくださいね」 

幸子「はい、お仕事頑張ってくださいね」 

輝子「あっ……さっ、さっちゃん……」 

幸子「? 何です?」 

輝子「……フ、フハハハー! マイフレンズの処へ招待するぜぇぇ!!」 

幸子「へ? ……あ、それって、輝子さんのキノコの……?」 

輝子「フ、フヒ……そ、そう……親友同士、ちゃんと紹介したい……どう、かな?」


18:2014/10/12(日) 20:09:23.09 :xmhNlbkro

幸子「あ、あの……、輝子さんいいんですか?」 

輝子「? さっちゃんは親友だから……キノコ達にも……会ってくれると……うれしい」 

幸子「しょ、しょうがないですね! 他ならぬ輝子さんの頼みですから! ほら、カワイイボクを案内してください!」 

輝子「フヒ、こっちこっち」 

乃々「……森久保も自分の巣に戻ります」 

ちひろ(机の下がすっかり住処になってるわね……)


19:2014/10/12(日) 20:09:54.42 :xmhNlbkro

幸子「こ、ここが輝子さんの……!」 

輝子「フヒヒ、いらっしゃーい」 

幸子(モバPさんの机の下……ちょっと臭い気がしますが、それはそれで……!) 

輝子「フヒ……みんな、親友のさっちゃんだぞ。……うん、キノコ達もさっちゃんを歓迎してくれてる」 

幸子(この上でモバPさんはいつも仕事をしているんですよね……) 

輝子「さ、さっちゃん……? 二人は……せ、狭かった?」 

幸子「へっ? あ、ああ……そんなことありませんよ! それより、これが輝子さんのキノコ達なんですね」


20:2014/10/12(日) 20:10:21.63 :xmhNlbkro

輝子「そう……さっちゃん、触ってみる?」 

幸子「えっ、いいんですか?」 

輝子「うん……さ、さっちゃんは特別だから……きっとキノコたちも……喜ぶ」 

幸子「特別って……」 

輝子「さっちゃんは……し、親友だからな……」 

幸子「輝子さん……」 

輝子「さっちゃんは……最近元気がないみたいだから……」


21:2014/10/12(日) 20:10:58.47 :xmhNlbkro

幸子「そ、そんなことありませんよ! ボクはいつでもカワイイですから!」 

輝子「フ、フヒ……そ、それじゃあ……勘違い? あ、はい……ボッチノコはボッチノコ……フヒヒ……」 

幸子「あっ、ち、ちがくてですね! その……ボクも気がつかなかっただけで、その……確かに元気がなかったのかもしれません。それに気がつくとは、さすが輝子さんはこのボクの親友ですね!」 

輝子「フヒ?」 

幸子「キノコに触らせてくれたのも、元気づけようとしてくれたんですね。ありがとうございます」 

輝子「さ、さっちゃん……元気でた?」 

幸子「元気でました。これも輝子さんとキノコの友情パワーですね!」 

輝子「ヒャッハーーー! 友情キノコパワァァー!!」 

幸子「あっははは、そうです! 友情キノコパワーです!」 

輝子「ヒャッハーーー! マァァァイフレェェェンズッ!!」 

乃々(お、お隣さんがうるさいんですけど……でも、良かった)


22:2014/10/12(日) 20:11:33.94 :xmhNlbkro

ーーーーーーーーーー 

まゆ「……」 

まゆ「そこ……居心地いいですか……?」 

輝子「……え、う、うん。け、けっこう……いいぞ」 

輝子「き、興味あるなら……入ってみる……か?」 

まゆ「いいの?」パァァ 

まゆ(プロデューサーさんを近くに感じます……♪) 

まゆ「輝子ちゃん……♪ お願い……ここシェアしません?」 

輝子「いいけど……二人は……せ、狭くないか……?」 

まゆ「私は気にしませんよぉ♪」


23:2014/10/12(日) 20:12:22.56 :xmhNlbkro

ーーーーーーーーーー 

まゆ(ふふーん♪ 最近なんだか調子がいいですねぇ。やっぱり、輝子ちゃんにあの場所を借りているから、なんでしょうねぇ) 

まゆ(本当はモバPさんがいる時がいいですけど、流石にお仕事の邪魔になってしまいますからダメですね。それにあくまで場所を借りてる身ですからねぇ) 

まゆ「輝子ちゃん、またいいですか?」 

幸子「えっ?」 

輝子「あっ……まゆさん?」 

まゆ「あらぁ、どうして幸子ちゃんがそこにいるんですかぁ?」 

幸子「ま、まゆさんこそっ……なんでこんな所に!?」 

まゆ「『こんな所』って、モバPさんの机の下をそんな言い方して欲しくないですねぇ」


24:2014/10/12(日) 20:12:53.72 :xmhNlbkro

輝子「フ、フヒ……? あ、わ、私がどけば……」 

幸子「だ、ダメですよ!」 

まゆ「そうですよぉ、そこは輝子さんの場所なんでしょう?」 

幸子「そ、そうですよ! ここは輝子さんの場所です!」 

まゆ「ええ、でも、幸子ちゃんはそこにいますねぇ?」 

幸子「ボ、ボクは輝子さんにキノコを見せてもらってたんです!」 

まゆ「ほんとうですかぁ?」 

輝子「ほ、本当……さ、さっちゃんとは時々……ここで話してる……から」


29:2014/10/12(日) 20:22:59.72 :xmhNlbkro

幸子「そういうまゆさんこそ、ここに用なんてないはずじゃ」 

まゆ「あらぁ、私も輝子ちゃんに時々入れさせてもらってるんですよ」 

幸子「えっ、そうなんですか?」 

輝子「う、うん……この前……入ってみたいって……」 

幸子「そ、そうですか……」 

まゆ「納得してもらえましたか?」 

幸子「うっ……分かりました。で、でも……」
 

25:2014/10/12(日) 20:13:48.85 :xmhNlbkro

まゆ「そこは輝子ちゃんの場所、なんでしょう? まゆはさっき、言いましたよねぇ」 

幸子「えっ……はい……」 

まゆ「まゆは家主がいないのに勝手に上がり込んだりはしませんよぉ。幸子ちゃんはどうなんです?」 

幸子「ボ、ボクも輝子さんが居ないときは入りませんよ!」 

輝子「えっ? さ、さっちゃんには今度……親友たちの世話を……」 

まゆ「輝子ちゃん? 少し、静かにお願い出来ます?」 

輝子「あ、はい……」


26:2014/10/12(日) 20:14:17.00 :xmhNlbkro

まゆ「その約束、守れますよねぇ?」 

幸子「と、当然です!」 

まゆ「ならいいんです。もちろんまゆも約束を破るような事はしませんよ。輝子ちゃん」 

輝子「フヒ?」 

まゆ「さすがに三人は入りませんから、私はまた今度にしますね。キノコさん達にもよろしく伝えといてください」 

輝子「あ、はい……」


27:2014/10/12(日) 20:17:05.76 :xmhNlbkro

幸子「ま、まゆさん!」 

まゆ「……なんですか?」 

幸子「まゆさんは…………今日はお仕事ですか?」 

まゆ「ええ、もう少ししたら出る予定ですけど。幸子ちゃんは?」 

幸子「ボクはこの後レッスンです、次のお仕事の練習をしなければいけないので」 

まゆ「そうですか」


28:2014/10/12(日) 20:17:38.52 :xmhNlbkro

幸子「まゆさん……」 

まゆ「?」 

幸子「お互い、頑張りましょうね、正々堂々」 

まゆ「ふふっ。ええ、頑張りましょう。でも、まゆは負けませんよぉ?」 

幸子「ボクだって負ける気はありませんよ!」 

まゆ「うふふふふ、まゆ、何だかやる気が出てきましたよぉ♪」 

幸子「ボクだって同じです!」 

輝子「フ、フヒ……? えっと……?」 

乃々(あぅ……そ、それでも最後に勝つのはきっと森久保なんですけど……) 

         おわり


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413111528