■だりやすかれんシリーズ(仮)
モバP「悪い夢のあとに」
モバP「疲れたときの特効薬」
モバP「だりやすかれんと年始め」
モバP「だりやすかれんの日常」
モバP「だりやすかれんと恵方巻き」
モバP「だりやすかれんの贈りもの」
北条加蓮「煌めくセカイが鮮やかに」
モバP「だりやすかれんがだらだら」
加蓮「かわいいね」李衣菜「うん、かわいい!」
多田李衣菜「理想なんて飛び越えて」
モバP「だりやすかれんととある夏の日」
岡崎泰葉「虹を作っている場所が在る」
モバP「やすはすやすや」
モバP「だりやすかれんと秋の空」
加蓮「こたつと」泰葉「みかんと」
加蓮「まだ?」李衣菜「うん、まだ」


1:2014/08/13(水) 00:48:38.20 :VTdjZCklo

―――事務所 

李衣菜「むー……。この公式かなぁ……?」カキカキ 

「これで合って――あ、違うかぁ……」 

李衣菜「うーん……難しー……」ケシケシ… 

がちゃ 

P「おーい、李衣菜。勉強はかどってるかー?」 

李衣菜「むむぅー……」 

P「りーなー? 麦茶持ってきたぞー」 

李衣菜「うぐぐ、分かんないー……」 

P「……キンキンだぞー、冷え冷えだぞー」 

李衣菜「あ゛ー……」グデー 

P「……ほい」 

ぴとっ 

李衣菜「みゃっはぁああ!? つめったぁぁあああッ!!?」ガターン! 

P「おおー」


2:2014/08/13(水) 00:52:57.36 :VTdjZCklo

李衣菜「な、んなっ、なぁにをすんですかPさんっ!?」 

P「ちょっと飛び上がったぞ李衣菜」 

李衣菜「そりゃ飛びもしますよビックリしたぁ!」 

P「あはは、ごめんごめん。ほれ、麦茶」 

李衣菜「ったくもー……いただきますけど」 

P「ん、どうぞ」 

李衣菜「ども。くぴくぴ……」 

P(飲み方かわいいなぁ)


3:2014/08/13(水) 00:55:46.31 :VTdjZCklo

李衣菜「ぷはー……おいし」 

P「で、どうだ。勉強は捗ってるか?」 

李衣菜「んー、ぼちぼちです。今、けっこう難しいとこに入ってて……」 

P「そっか……あんまり無理しないでな。ただでさえ、レッスンやライブがあるってのに」 

李衣菜「あはは、それこそ勉強も頑張らないと、ですよ!」 

李衣菜「アイドルだからって、学業を疎かにはできませんからねっ」


4:2014/08/13(水) 00:58:22.05 :VTdjZCklo

P「おお、言うじゃないか」 

李衣菜「……っていう、泰葉の受け売りなんですけど……」 

P「なーんだ」クス 

李衣菜「えへへ。とにかくやることはちゃんとやって、それからですよ」 

P「うんうん、いい心がけだ。……はぁ、あいつにも見習ってもらいたいよ」 

李衣菜「か、加蓮だって頑張ってますよ?」 

P「その割に、テスト期間になると二人に泣きついてるようだけど」 

李衣菜「あ、あはは……」


7:2014/08/13(水) 01:32:41.99 :VTdjZCklo

P「ま、みんながきゃいきゃい言いながら勉強してるのは、目の保養にはなるけどさ」 

李衣菜「で、でしょ?」 

P「うん。お前たちが楽しそうならいいんだ、俺は」 

李衣菜「……へへ。私たちが一緒にいられるのも、Pさんのおかげですね」 

P「んー、そうかなぁ?」 

李衣菜「そうですよ。みんなと巡り逢わせてくれたこと、ずっと感謝してます!」


8:2014/08/13(水) 01:36:28.29 :VTdjZCklo

P「感謝、か……なんだか照れるなぁ、へへへ」 

李衣菜「ふふ、こんなふうにPさんとお喋りするのだって幸せですよ?」 

P「……そっか」 

李衣菜「いつも言ってるんです。加蓮も泰葉も、Pさんに出会えて良かったって」 

李衣菜「私もそう。夢を後押ししてくれて、挑戦する勇気をもらえたから」 

李衣菜「だから……」 

李衣菜「だから私たち、Pさんのことが大好きなんです!」


9:2014/08/13(水) 01:41:57.73 :VTdjZCklo

P「…………」 

李衣菜「って、なんか告白みたいになっちゃいましたね……あはは」 

P「…………」 

李衣菜「……あの、Pさん?」 

P「……涙出そう」 

李衣菜「え、ちょっ、大丈夫ですかっ?」 

P「あ、あぁ平気平気……ぐす」


10:2014/08/13(水) 01:45:58.17 :VTdjZCklo

李衣菜「へへ、泣くのはまだ早いですよ」 

P「え……?」 

李衣菜「Pさん。トップアイドルになるまで、ずっと見ててください」 

李衣菜「私たちだけの想いを、歌とダンスに込めて伝え続けます」 

李衣菜「いつかきっと、キラキラ輝く姿をたくさんの人に魅せられるようになりますからっ!」 

李衣菜「……そしたら、思う存分泣いてください。ねっ?」 

P「李衣菜……」 

P「……あぁ! 分かった!」


11:2014/08/13(水) 01:48:53.40 :VTdjZCklo

李衣菜「……ということで、この話はおしまい! 勉強の続きするから出てってくださいっ!」グイグイ 

P「え、あっなんだよ押すなって!」 

李衣菜「うぅ、言ってて恥ずかしかったんです! もう限界なんですよっ!」 

P「ちょ、落ち着けって!」 

李衣菜「もう! 大好きとかなんとか……こんなのロックじゃないです、Pさんのおバカ!」 

P「俺のせい!?」 

李衣菜「い、い、か、ら! 出てってってばーっ!」 

P「わ、分かった! 出てく、出てくからっ!」 

がちゃ 

ばたんっ!


12:2014/08/13(水) 01:55:26.53 :VTdjZCklo

李衣菜「……はぁー……」 

李衣菜「もー、何言ってんだろ私……あー恥ずかし」 

李衣菜「加蓮も泰葉も、こういうことはサラッと言っちゃうタイプだしなぁ……」 

李衣菜「変なとこ影響されちゃったかも……」 

李衣菜「……へへ。ま、それもいいかな……♪」 

李衣菜「よーし、勉強頑張るぞー!」 

――― 
―― 


13:2014/08/13(水) 01:58:58.00 :VTdjZCklo

――― 

がちゃ 

泰葉「ただいま」 

加蓮「もどりましたー」 

P「おー、二人ともおつかれさまー」 

泰葉「あ、Pさん。おつかれさまです」 

加蓮「おつかれさまー。ふふ、撮影うまくいったよっ」 

P「そっか、よく頑張ったな二人とも!」 

加蓮「えへ、褒められた♪」ニコニコ 

泰葉「ふふっ、うん♪」ニコッ 

P(かわいい)


14:2014/08/13(水) 02:00:09.75 :VTdjZCklo

ちひろ「どうもプロデューサーさん、ただいまです♪」 

P「ちひろさんも、おかえりなさい。二人の付き添い、ありがとうございました」 

ちひろ「いえいえ、たまには現場に出ないと。いい勉強になりましたよ!」 

P「はは、それなら良かったです」


15:2014/08/13(水) 02:03:55.44 :VTdjZCklo

泰葉「ふふ、ちひろさんのアドバイス、とても参考になりましたよ」 

P「へぇ、そうなのか?」 

加蓮「そうそう。どんなふうにポーズ取れば写真写りが良くなるとかね」 

P「おぉ……やっぱり、さすがちひろさんだなぁ」 

ちひろ「い、いえ! そんなことありませんって……!」 

加蓮「ううん、謙遜しないでちひろさん。今日はありがとうっ」 

泰葉「私からも、ありがとうございます、ちひろさん」ペコリ 

ちひろ「あ、あはは……ど、どういたしまして……」 

ちひろ(い、言えないわ……全部コスプレ関連の知識だなんて、絶対……!)ビクビク 

P「?」


16:2014/08/13(水) 02:06:56.11 :VTdjZCklo

加蓮「李衣菜にも教えてあげないとね、撮影のコツ」 

泰葉「うん、そうね。……あ、Pさん、そういえば李衣菜はどちらに?」 

P「あぁ、向こうの部屋で勉強中だよ。見てきたらどうだ?」 

加蓮「ん、行ってこようかな。……Pさんと二人きりでどんなこと話したか気になるしねっ」 

泰葉「ねっ」 

たたたっ! 

P「……そんな深い話はしてないつもりだけどなぁ」 

ちひろ「うふふ、乙女ですねっ♪」 

P(ほんとはちょっと言いにくいだけだけど……はは)


18:2014/08/13(水) 02:09:08.04 :VTdjZCklo

――― 

李衣菜「んー……」カリカリ… 

李衣菜「……よし、もう少しで範囲終わり――」 

がちゃっ 

加蓮「李衣菜ー? 勉強ちゃんとやってる?」 

李衣菜「あ、加蓮! お仕事終わったんだ、おかえりっ」 

泰葉「ふふ、ただいま李衣菜」 

李衣菜「泰葉もおつかれさま! へへ、私ももうすぐ勉強終わりだよっ」


19:2014/08/13(水) 02:11:46.44 :VTdjZCklo

加蓮「ふーん、どれどれ……うん、よく分かんない記号がいっぱいだね!」 

李衣菜「あはは。一応私、学年上だしね」 

泰葉「私も分からないけど……ふふ、意外と几帳面なのね、李衣菜って」 

加蓮「あ、確かにそうかも。けっこう綺麗な字書くよね、李衣菜。意外すぎ」 

李衣菜「意外意外って……私のことなんだと思ってんのさ」ジトー 

加蓮「…………」 

泰葉「…………」 

李衣菜「なんで目を逸らすの!?」


20:2014/08/13(水) 02:14:26.91 :VTdjZCklo

泰葉「……ふ、くすくす……♪」 

加蓮「ふふ……♪」 

李衣菜「な、なんだよぅ……何笑ってんの?」 

加蓮「ふふっ、ううん。李衣菜はかわいいなって」 

泰葉「うん、やっぱり李衣菜は李衣菜よね」 

李衣菜「それこそ意味分かんないよ……ていうか二人の方がかわいいでしょっ」


21:2014/08/13(水) 02:17:29.92 :VTdjZCklo

泰葉「いいえ、李衣菜が一番よ。ねっ」 

加蓮「そうそ、李衣菜のかわいさは天下一品っ」 

李衣菜「うぅ、なんでこんなこといきなり言われなきゃ……!」 

泰葉・加蓮「うーん……」 

「「気分?」」 

李衣菜「気分で人を恥ずかしがらせないでよぉ!」 

李衣菜「んもう、二人なんか知らないっ!」プイッ 

加蓮(もう、こういうところがかわいいんだってば♪) 

泰葉(ふふっ、そうよね♪)


22:2014/08/13(水) 02:19:45.70 :VTdjZCklo

李衣菜「……それで? 私をイジりに来たの? それとも勉強の邪魔かな?」プクー 

泰葉「ええ、それもあるんだけど……」 

李衣菜「あるって言ってほしくなかったんだけど……はぁ」 

加蓮「ずばり、Pさんと何の話してたのかなーって、ね?」 

李衣菜「……へ?」


23:2014/08/13(水) 02:22:03.46 :VTdjZCklo

加蓮「ほら、今日は李衣菜、Pさんと二人きりだったじゃない?」 

泰葉「まぁ、私たちとしては情報を共有したいと言うか……」 

加蓮「色々、」ズイ 

泰葉「話して、」ズイズイ 

「「くれるよね?」」ズズイッ 

李衣菜「」


24:2014/08/13(水) 02:23:34.29 :VTdjZCklo

李衣菜「……あの、……その、ね?」 

泰葉「うん」 

加蓮「うんうん」 

李衣菜「…………えーと」 

――― 

李衣菜『だから私たち、Pさんのことが大好きなんです!』 

李衣菜『Pさんのことが大好きなんです!』 

李衣菜『大好きなんです!』 

―――


26:2014/08/13(水) 02:27:28.94 :VTdjZCklo

李衣菜「……ううぅわああああああ!!!」 

泰葉「!?」 

加蓮「え、え!? 李衣菜どうしたの!?」 

李衣菜「なんでもない! なんでもないから聞かないでぇ!」カァァッ! 

加蓮「……ん?」 

泰葉「顔が真っ赤に……これは」 

加蓮「もしかして……」 

「「……ふっふふ……♪♪」」ニマァァァ… 

李衣菜(あ、やばい)


27:2014/08/13(水) 02:30:48.01 :VTdjZCklo

加蓮「ねーぇ、李衣菜ぁ? Pさんとどんなお話したのかなぁ?」ニヤニヤ 

泰葉「私たち親友でしょう? 少しだけでいいから教えてほしいな……♪」ニッコリ 

李衣菜「や、やだ! 絶対話さないからっ!」 

加蓮「ふぅん、いいのかなー?」 

加蓮「もしかしたら私、口が滑って李衣菜のお気にの下着柄、Pさんに言っちゃうかもよ?」 

李衣菜「はぁぁぁぁあああああ!!??」 

泰葉「ほら、正直に話してみて? 私たちの仲も格段に良くなると思うの♪」 

李衣菜「んなわけなーい! むしろ亀裂が入るレベルだよ!」


28:2014/08/13(水) 02:33:22.00 :VTdjZCklo

李衣菜「絶対話さないんだからぁーっ!」ダッ 

加蓮「あ、逃げた!」 

泰葉「私は出入り口を守るから、加蓮は李衣菜をお願いっ」 

加蓮「了解っ!」 

李衣菜「そのコンビネーション、ライブで発揮しようよぉ! うわぁぁぁぁんっ!」 

加蓮「逃さないんだからー♪」 

泰葉「根掘り葉掘り聞くからね♪」 

李衣菜「いやぁぁぁあああっ!!」


29:2014/08/13(水) 02:38:00.39 :VTdjZCklo

――― 

<ぎゃーぎゃーっ! 

P「……隣の部屋で一体何が」 

ちひろ「ふふ、いつものじゃれ合いだと思いますよ」 

P「あはは、でしょうね。女の子が三人集まれば姦しいと言いますけど……」 

ちひろ「あの娘たちにはぴったりかもしれませんね♪」 

P「これからも、のびのびと自分らしさを追求して……」 

P「あの娘たちだけの、オリジナルの誇れる未来……見届けてあげましょう!」 

ちひろ「うふふ……そうですねっ。私も全力で、サポートさせて頂きます♪」


30:2014/08/13(水) 02:39:58.27 :VTdjZCklo

「「待って李衣菜ーっ♪」」 

「もぉぉお、あっち行けーっ!」 


おわり


31:2014/08/13(水) 02:42:10.64 :VTdjZCklo

というお話だったのさ 
だいぶ間が空いちゃったけど、だりやすかれんの李衣菜編ってことでひとつ 
加蓮編は『北条加蓮「煌めくセカイが鮮やかに」』だよー


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1407858508