1:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:28:59.83 :/dHVSdBE0

渋谷凛6歳シリーズになります 


3:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:31:00.45 :/dHVSdBE0

チュン…チュン… 

りん「……ぅ…」 

P「……zzz」 

りん「んぅ……あさ…かーてん、あけないと……」クシクシ 

トテトテ 

シャーッ 

P「……ぅ…眩しい………」 

りん「……!」 

P「凛……カーテン閉めて……もう少し寝かせてくれよ……」 

りん「ぷろでゅーさー!!」ゴスッ 

P「ヌフゥ」 


4:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:32:02.86 :/dHVSdBE0

P「い、痛い……やめて…引くから……回すから……」 

りん「おきて!!」ペシペシペシペシ 

P「…ぅ……超級武神覇斬やめて……超級武神覇斬やめてぇ…」 

りん「おきてーっ!!」グイグイグイグイ 

P「……?…あ、凛……おはよう」 

りん「ぷろでゅーさーみてみて!おそと!!」グイグイ 

P「んー?」 

りん「ゆきーーー!!」 

P「お、ほんとだ」 


5:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:32:54.31 :/dHVSdBE0

りん「あそんできていい!」ピョンピョン 

P「いいけど、まずは着替えて」 

りん「なにしよっかなー!ゆきだるまさんつくろうかなー!」 

P「あと、顔洗って、歯磨いて、朝ご飯食べて」 

りん「てぶくろどこにあるの!?あとぼうしと、ながぐつと、えっとねえっと」 

P「お話聞いて」 


8:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:35:05.65 :/dHVSdBE0

りん「きがえた!」 

P「ちゃんと履いて」 

…――――― 

りん「かおあらった!」 

P「顔べちょべちょだぞ」 

………――――― 

りん「はみがいた!」 

P「口の周り歯磨き粉まみれだが」 

………――――― 

りん「あさごはんたべた!」 

P「食器片付けて」 

――――――――――――――― 
―――――――――― 
――――― 

りん「いってきます!」モコモコ 

P「ん、いつもの公園より遠くには行くなよー」 

りん「ん!」 

ガチャッ 

りん「いってきます!」フリフリ 

P「いってらっしゃい」フリフリ 


9:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:36:49.34 :/dHVSdBE0

りん「ほわぁ……!まっしろだぁ」キラキラ 

ザクッザクッ 

りん「わっ、うわっ」グラグラ 

ザクッザクッ 

りん「…………たのしい……!!」 

りん「はっ、そうだ」 

りん「ここからこうえんまでおっきなゆきだまつくっていこう……!」 

りん「ふふん、われながらいいはっそ―――」 

「はっ、そうだ―――我ながら良い発想……なーんて…ふふっ」 

りん「!?」 

りん「……」キョロキョロ 

りん「いまのは……」 

りん「……!」 

りん「ゆきのようせいさん……!?」 


10:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:38:09.42 :/dHVSdBE0

りん「んしょ……んしょ……」 

ゴロゴロ 

りん「う……おもいー……」ググ 

りん「うぅ……わたしのちからじゃげんかいなの……?」 

「なにしてるのー?」 

りん「?」クルッ 

「こんにちわ★」 

りん「だれですか」 

美嘉「アタシ?城ヶ崎美嘉っていうんだー★」 

りん「…」 


11:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:39:24.85 :/dHVSdBE0

りん「…」ジー 

美嘉「(めっちゃ睨まれてる)」 

りん「……へんたいさん?」 

美嘉「!?」 

りん「ようじょにこえをかけるやつはもれなくへんたいって、はぁとせんせぇが」 

美嘉「違う!違うよ!?アタシは普通の人!」 

りん「…」ジトー 

美嘉「そこに住んでる普通の女子高生だよ!?」 

りん「ふーん……」 

美嘉「う……信じてもらえてない?」 


12:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:40:13.24 :/dHVSdBE0

りん「まぁ……へんたいさんじゃないってことはわかったかな」 

美嘉「そ、そっか……よかった…あ、お嬢さんはなんていうの?」 

りん「……ぷろでゅーさーが、しらないひとにかってになまえおしえちゃだめだって」 

美嘉「で、でもでも、アタシ悪い人じゃないよー★」 

りん「…」ジー 

美嘉「悪い人に見える?」 

りん「……むむ」 

美嘉「ただのJKだよー」 

りん「……でも」 

美嘉「ん~?」 

りん「でもC-C-Bみたいなかみのいろしてるし……」 

美嘉「何で知ってるの!?」 


13:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:41:28.91 :/dHVSdBE0

りん「まぁでも、みかはわるいひとにはみえないね」 

美嘉「でしょー★」 

りん「わたしはしぶやりんだよ」 

美嘉「凛ちゃん?」 

りん「うん」 

美嘉「じゃあ、凛ちゃんは何してたの?」 

りん「えっとね、ゆきがいっぱいだから、こうえんにむかってるの」 

美嘉「そっかー★実はアタシも遊びにいこうとしてたんだー。珍しいもんね」 

りん「そう」 

美嘉「うん★で、これは?」 

りん「これは、おうちのまえからこうえんまで、おっきくしてこうとおもったんだけど」 

美嘉「あー、でも重くなってきちゃったとか?」 


14:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:42:23.63 :/dHVSdBE0

りん「そうだよ、なんでわかったのみかすごい」 

美嘉「JKだからね★」 

りん「じぇーけーすごい」 

美嘉「まあどうみても凛ちゃんには大きいし……よし、アタシが手伝ってあげる★」 

りん「ほんと」 

美嘉「ホント★」 

りん「ありがとう」 

美嘉「うんうん★よし、じゃあ頑張って公園まで運ぼう!」 

りん「まぁわるくないかな」ワクワク 


15:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:43:39.09 :/dHVSdBE0

――――――――――――――― 
―――――――――― 
――――― 

りん「……ついた…!」 

美嘉「ついたー!けっこうおっきくなったねーこれ」 

りん「わたしとおなじくらい」 

美嘉「りんちゃんちっちゃいもんね★」 

りん「む……そのうちみかよりおっきくなるもん」 

美嘉「どうかなー★」ナデナデ 

りん「…」ペシペシ 

美嘉「きゃーいたーい★」 

りん「……むぅ」 


16:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:44:20.96 :/dHVSdBE0

トテトテ 

りん「…?……あ、まゆ!」 

まゆ「りんちゃん、さがしましたよぉ」モコモコ 

りん「うん」 

まゆ「りんちゃんさそいにいったら、もういってるっていわれてびっくりしちゃいましたぁ」 

りん「ごめんね」 

美嘉「お友達?」 

りん「うん」 


17:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:44:52.37 :/dHVSdBE0

まゆ「……りんちゃん、このろまんてぃっくがとまらなさそうなおねえさんは……?」 

美嘉「流行ってるの?」 

りん「みかだよ、じぇーけーだよ」 

まゆ「じぇ……?」 

美嘉「アタシ、城ヶ崎美嘉★さっきりんちゃんとお友達になったんだー★」 

まゆ「ふぅん……わたしは、さくままゆ、ななさいです」 

美嘉「よろしく★」 

まゆ「よろしくおねがいしまぁす♪」 


18:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:46:27.19 :/dHVSdBE0

美嘉「なにして遊ぼっか?」 

りん「うーん」 

まゆ「このゆきだまは……?おっきいですねぇ」ポフポフ 

りん「ふふん、わたしとみかでつくりながらはこんできたんだ」 

まゆ「すごい……!」 

美嘉「あ、せっかくだからこれで雪だるま作るってゆーのはどう?」 

りん「……!みか、ないすあいであ」 

まゆ「いいですねぇ♪」 

美嘉「へへ、そーっしょー★」 


19:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:47:11.11 :/dHVSdBE0

美嘉「あ、でもまた結構大きい雪玉もう一個作らないとね」 

りん「む……がんばる」 

まゆ「たいへんそうですねぇ」 

「おねえちゃーん!」 

美嘉「あっ!莉嘉おそーい★」 

莉嘉「お姉ちゃんが置いてくから……それに雪玉作りながら来たからさー……あれ?」 

りん「?」 

まゆ「…?」 

莉嘉「お姉ちゃん……ついに手出したの?」 

美嘉「出してないよ!」 


20:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:47:46.22 :/dHVSdBE0

――――――――――――――― 
―――――――――― 
――――― 

りん「ふーん……みかの、いもうとの、りかね」 

まゆ「よろしくおねがいしまぁす♪」 

莉嘉「かわいー!これはおねえちゃんが手出しちゃうのも仕方ないね」 

美嘉「だから違うってー……てゆーか莉嘉ナイス★」 

莉嘉「え?」 

りん「ちょうどいいおおきさだね」 

まゆ「これでゆきだるまさんつくれますねぇ♪」 

莉嘉「あ、雪だるまー?つくろつくろ~☆」 

りん「…」ワクワク 


21:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:48:24.57 :/dHVSdBE0

――――――――――――――― 
―――――――――― 
――――― 

莉嘉「できたー!」 

まゆ「できましたぁ♪」 

美嘉「おー、なかなか★」 

りん「わぁ……!すごい―――あっ」グー 

まゆ「あら」 

美嘉「凛ちゃんお腹すいたかー★」 

りん「……うるさい」ペシペシ 

莉嘉「アタシもお腹すいたー!」 

まゆ「もうおひるですからねぇ」 


22:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:49:13.43 :/dHVSdBE0

りん「……みんな、おうちきていっしょにごはんたべよ」 

美嘉「え、いいの?」 

りん「だいじょうぶ、ぷろでゅーさーならなんとかしてくれる」 

莉嘉「やったー!凛ちゃんのおうちいこー☆」 

まゆ「……あ、でも…ゆきだるまさん」 

りん「あ……」 

美嘉「うーん、そうだねー……ここにいてもらっていいんじゃないかな?」 

りん「でも」 

美嘉「近所の子供たちだって、これみてよろこんでくれるかもしれないよ?」 

りん「…」 

美嘉「雪だるまって、そういうものだからねー……」 

莉嘉「いつまでもとっておくのは、難しいよね」 

美嘉「もし無くなっちゃったら、また雪が降った時一緒に作ろ★」 


23:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:49:57.01 :/dHVSdBE0

りん「……うん、わかった」 

まゆ「ざんねんですけど、わかりましたぁ」 

美嘉「うんうん★それじゃ凛ちゃんのおうち、案内して?」 

りん「うん」 

莉嘉「わーい☆」 

まゆ「ゆきだるまさん、ばいばい」フリフリ 

りん「…」バイバイ 


24:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:50:32.73 :/dHVSdBE0

――――――――――――――― 
―――――――――― 
――――― 

りん「ここだよ」 

美嘉「すごい近所」 

莉嘉「ホントだね」 

まゆ「まゆのおうちもおとなりさんですよぉ♪」 

美嘉「えー!羨ましいっ」 

ガチャッ 

りん「ぷろでゅーさー!ただいま!」 

スタスタ 

P「あ、おかえ……り………なんか増えてる」 

美嘉「お邪魔しまーす★」 

莉嘉「おじゃましまーっす☆」 


25:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:51:08.17 :/dHVSdBE0

――――――――――――――― 
―――――――――― 
――――― 

P「へー……そんなことが」 

りん「おなかすいた」 

まゆ「おなかすきましたぁ」 

P「分かった、今から作るよ。美嘉さんと莉嘉さんも同じのでいい?」 

美嘉「うん★呼び捨てでいいよ!プロデューサー★」 

P「ん、わかった」 

莉嘉「アタシもね!Pくん☆」 

P「あぁ……ていうかプロデュー――」 

ガチャッ 

P「へ?」 

ドタバタ 

加蓮「りんちゃーん!雪降ってるよー!ゆきー!!」 

奈緒「加蓮!風引くから!もっと厚着っ!!着込めっ!!……あ、お邪魔しまーっす」 

P「どんだけ増え―――」 

ガチャッ 

P「マジかよ」 

ドタドタ 

ちひろ「プロデューサーさん!数日考えたんですけどっ……や、やっぱり…先生がいつ家庭訪問にいらしてもいいようにっ!奥さんとか必要じゃありませんか!? 」 


26:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:51:49.54 :/dHVSdBE0

ちひろ「……はぁ…はぁ…」 

P「えっ」 

りん「かれん、かいろはってあげる」ペタペタペタペタ 

美嘉「あ、どうもー★アタシ城ヶ崎美嘉です★」 

莉嘉「妹の莉嘉でーす☆」 

加蓮「あ、いえいえこちらこそ」 

奈緒「アタシは神谷奈緒、でこっちは北条―――」 

ちひろ「……ふぅ…」 

P「…」 

ちひろ「………ふふっ…なんだか、大家族みたいですねっ///」 

P「ちょっとぷろでゅーさーおそとであそんでくる」 

ガチャッ 

ちひろ「逃がさん」 

ドタタタタタタタ 



おしり


27:◆5/VbB6KnKE:2014/12/26(金) 21:52:45.30 :/dHVSdBE0

ネタ提供有り難いです。もっとくれてもいいのよ 
前作です 


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1419596929