P「あー…何とか日付が変わる前に帰れた……」 

P「せめて今日くらいはゆっくりしたかったなー…」 

ガチャ 

P「ただいまー…っても誰も居な…」 

泰葉「お帰りなさいPさん。ちょうどお蕎麦が茹であがった所なんですよ」 

P「…………は?」 

杏「プロデューサー遅ーい!」 

イヴ「お腹ぺこぺこです~」 

ブリッツェン「ブモブモ」 

P「………はぁーっ」ハハッ


3:2015/01/01(木) 01:07:30.55 :Mpe5CseeO

泰葉「Pさん、海老はいくつ入れますか?」 

P「………じゃあ二本」 

泰葉「はーい♪あ、カバン持ちますね」 

P「ああ、うん」 

杏「ほらほら、いつまでも突っ立ってないでこっち来なよ」 

イヴ「コタツ暖かいですよ〜。お茶もありますよ〜」 

P「なぁ、一応俺の家なワケなんだけど…」  

杏「何を今更」 

P「まあ、いいけどさぁ」 

杏「大丈夫。泰葉を見た時に一瞬ニヤけたのは内緒にしてあげるから」 

P「………どうも」 

泰葉「呼びましたか?」 

P「なんでもないなんでもない」 

泰葉「そうですか?もうちょっとで出来ますからね」


4:2015/01/01(木) 01:15:13.01 :Mpe5CseeO

泰葉「はい、お待ちどうさまです」 

杏「わーい!」 

イヴ「美味しそうですね〜」 

P「あ、いい匂い」 

泰葉「じゃあ、いただきましょうか」フフッ 

杏「いただきまうまうま」ズルズル 

イヴ「うまうま〜」ズルズル 

泰葉「来年は未年ですよ?」チュルチュル 

P「いや、そっちの午じゃなくて…あー、美味い」ズルズル


5:2015/01/01(木) 01:23:24.90 :Mpe5CseeO

P「ところで泰葉さんや」 

泰葉「なんですか?」 

P「なんでメルヘンアニマルの衣装着てんの?」 

泰葉「未年ですから」 

P「はい?」 

泰葉「はい」 

杏「プロデューサー、今更だと思うよ?」 

イヴ「泰葉さん可愛いです〜」 

泰葉「ふふっ。せっかくですから仁奈ちゃんと小春ちゃんとめぇめぇめぇを結成したいですね」 

P「…考えとく」 

泰葉「めぇ」


9:2015/01/01(木) 01:36:14.62 :Mpe5CseeO

ゴーン… 

P「お」 

イヴ「何の音ですかぁ?」 

P「除夜の鐘だな」 

杏「あー、もうそんな時間か…」 

泰葉「Pさん」 

P「ん?」 

泰葉「今年も一年お世話になりました」ペコリ 

イヴ「なりました〜」ペコリ 

杏「した」 

P「こちらこそ。杏以外はお世話になりました」 

杏「おい」 

P「本当の事だろ?」 

杏「…まあねー」 

ゴーン…ゴーン…


10:2015/01/01(木) 01:44:42.86 :Mpe5CseeO

ゴーン…ゴーン… 

P「それにしても一年なんてあっという間だよなー」 

杏「プロデューサーオヤジ臭い」 

P「うるさい」 

泰葉「ふふっ。色々ありましたよね」 

P「まさか一年中コタツにいるとは夢にも思わなかったけどな」 

杏「そういえば春先には必死でしまおうとしてたよね」 

イヴ「懐かしいですね〜」 

泰葉「今ではすっかりPさんもコタツ党ですけれどね」 

P「気付いたらそうなったな…」 

杏「これで今度はしまうとか言わないでしょ?」 

P「はぁ…。またちひろさんに怒られるのか…」 

イヴ「Pさんふぁいとです〜」  

泰葉「私達のコタツの為に」 

ゴーン…ゴーン…


11:2015/01/01(木) 01:52:43.63 :Mpe5CseeO

ゴーン……… 

泰葉「改めまして」 

P「うん?」 

泰葉「あけましておめでとうございます。今年も一年宜しくお願いします」 

イヴ「お願いします〜」 

杏「まあ、ヨロシク」 

P「はい。おめでとう」 

杏「さあ、プロデューサー」 

P「あん?」 

杏「出すもん出そうか」 

P「出すもん?………ああ。ねえよ」 

杏「はあ!?」 

P「あっても杏にはない!」 

杏「はああ!?」


12:2015/01/01(木) 02:06:55.32 :Mpe5CseeO

P「まったく…。何かと思えば」 

杏「可愛い可愛いアイドルにお年玉の一つもないの!?」 

P「………仕方ないな」ゴソゴソ 

杏「なんだよ、用意してるんじゃん」 

P「ほら、手出して」 

杏「へっへっへっ」 

P「はい」コロン 

杏「……………なにコレ?アメ?貰うけど」 

P「落とし玉」 

杏「オヤジギャグか!」 

泰葉「ふふっ」クスクス 

イヴ「どういう意味ですかぁ?」 

泰葉「つまり…」 

P「やめて!冷静に解説されると恥ずかしくなるから!」


14:2015/01/01(木) 02:27:25.63 :Mpe5CseeO

泰葉「Pさん、お茶のおかわりは…?」 

P「ああ、貰う」 

泰葉「はい」 

P「って、泰葉そろそろ寝なくて大丈夫か?」 

杏「ん?何かあるの?」 

P「明日朝からかくし芸の生放送があるんだよ」 

イヴ「そういえば泰葉さん最近よくどこかに練習に行ってましたね〜」 

杏「え?あれって生放送なの?」 

泰葉「はい。でも大丈夫です。たっぷりお昼寝しましたので」 

P「それなら良いけど…」


15:2015/01/01(木) 02:47:20.92 :Mpe5CseeO

泰葉「Pさんの匂いに包まれてぐっすり眠れました」フフッ 

杏「ホントぐっすりだったよね」 

イヴ「幸せそうに寝てました〜」 

P「待って、ちょっと待って」 

泰葉「はい?」 

P「え?昼寝って何処でしてた?」 

泰葉「Pさんのベッドで」 

P「お前らいつからいたの?」 

杏「んー…昼過ぎ?」  

イヴ「お昼食べてからでしたから〜」 

泰葉「それくらいですね」 

P「……………そう」 

杏「喜べプロデューサー。今夜は泰葉の匂いに包まれて眠れるぞ」フヒヒ 

P「ああ、はい。なんかもういいや…」


16:2015/01/01(木) 06:54:25.10 :Mpe5CseeO

P「そうは言っても少しは寝ておくように」 

泰葉「はい。でも、せっかくなのでみんなで初詣は行っておきたいです」 

杏「え?行くの?」 

泰葉「行きましょう?」 

杏「ブリッツェンに乗っていいなら」 

イヴ「おっけ〜ですよ〜」 

ブリッツェン「ブモッ!?」 

P「相変わらず大変だな…」 

ブリッツェン「ブモー…」 

P「って、泰葉その服のまま行くつもりか?」 

泰葉「いえ、ちゃんと着替えは用意してますよ?」


17:2015/01/01(木) 07:01:53.38 :Mpe5CseeO

P「で、どうする?行く?」 

杏「動きたくなーい」 

イヴ「もうちょっとこのままで〜」 

泰葉「食後にみかんはいかがですか?」 

P「食べる」 

杏「それで、泰葉は何の芸をするの?」 

P「いや、それ言っちゃったら…」 

泰葉「独楽回しです」 

P「言っちゃったよ。まあいいけど」 

イヴ「頑張ってください〜」 

泰葉「はい。師匠にもお墨付きを貰いましたから、きっと成功させてみせます」 

杏「師匠?」 

泰葉「茄子さんです」 

杏「なーる」


18:2015/01/01(木) 07:11:36.39 :Mpe5CseeO

杏「他は誰が出るの?」 

泰葉「私と茄子さんと」 

P「あと悠貴と葵だな」 

杏「その二人は何すんの?」 

P「内緒」 

杏「けちー」 

泰葉「ふふっ。でも楽しみは多い方がいいですから。ね」 

杏「仕方ないなあ」 

イヴ「杏さん、一緒に見ましょうか〜」 

杏「そだね」 

泰葉「それなら私も!」 

P「泰葉は出る側だろうが」オイ 

泰葉「…そうでした」テヘッ


19:2015/01/01(木) 07:14:10.50 :Mpe5CseeO

泰葉「では私はそろそろ着替えて着ますね」 

P「おーう」 

泰葉「覗いてもいいですよ?」   

P「覗きません」 

泰葉「そうですか?」 

杏「へたれ」 

イヴ「へっぽこ?」 

P「あのなぁ…」 

泰葉「ふふっ。待っててくださいね」 

P「まったく…」 

杏「覗けば?」 

P「しつこい!」 

イヴ「うふふ」


20:2015/01/01(木) 07:15:14.58 :Mpe5CseeO

P「そうだ。イヴ新居はどうだ?」 

イヴ「はい〜。とっても快適です〜」 

P「何か足りないものがあったら言えよ?」 

イヴ「ありがとうございます〜。でも寮の皆さんが親切にしてくださるので大丈夫ですよ〜」 

杏「こないだ行った時も色んな人が顔出してたよね」 

P「ヨロシクとは言っておいたけど…。まあ、仲良きことは、って言うしな」 

イヴ「あとブリッツェンが大人気です〜」 

P「ブリッツェンが?」 

ブリッツェン「ブモー…」 

杏「年少組のもふもふの餌食になってた」 

P「ああ。事務所でも見つけたら寄ってきてたな…」


21:2015/01/01(木) 07:15:51.70 :Mpe5CseeO

イヴ「まだ起きた時に違う天井でビックリする時はありますけど〜…」 

P「引っ越したばかりの時はよくあるよな…」 

イヴ「はい〜。でも、すぐに幸せな気持ちになれちゃうんです〜」 

杏「よかったよかった」 

イヴ「えへへ。Pさん、改めてありがとうございます〜」 

P「なんのなんの」


22:2015/01/01(木) 07:18:05.11 :Mpe5CseeO

P「って言うか泰葉遅くない?」 

杏「女の子は準備に時間がかかるのさ」 

P「杏以外は」 

杏「うん。……うん?」 

P「ってもかかり過ぎじゃない?」 

杏「覗く?」  

P「だからー…」 

泰葉「お待たせしました…」 

P「お、おおう!」 

イヴ「お着物です〜!」 

杏「それで時間がかかってたんだね」 

泰葉「どうですか?」 

P「うん。いいんじゃないか?」 

杏「と、泰葉に見とれながら言うプロデューサーである」 

P「うるさい」


23:2015/01/01(木) 07:19:56.74 :Mpe5CseeO

杏「泰葉って着付け出来たんだ」 

泰葉「いえ。茄子さんと葵さんに教わって最近覚えたばかりなんです。なので、色々怪しい箇所もありますが…」 

イヴ「泰葉さん、綺麗ですよ〜♪」 

P「ん?っていうか着物まで持ってきてたの?」 

杏「今日の泰葉は大荷物だったね」 

イヴ「ブリッツェンが大活躍でした〜」 

P「どんだけだよ…」 

泰葉「お蕎麦の材料とメルヘンアニマルとお着物と…」 

P「おいおい」 

泰葉「あとみかんとおせんべを1箱ずつ」 

P「そこは我慢しようよ」 

泰葉「無理です」 

P「無理かー」


24:2015/01/01(木) 07:21:04.75 :Mpe5CseeO

P「………じゃ、そろそろ準備するか」 

泰葉「はい」 

杏「えー……」 

P「あんまり遅くなっても泰葉が大変になるからな」 

杏「仕方ないなぁ…」モソモソ 

イヴ「遠いんでしょうか〜?」 

P「いや、歩いてちょっとの所にあるよ」 

泰葉「そういえば除夜の鐘聞こえてましたね」 

P「うん……お。マフラー!」 

泰葉「ふふっ。Pさんからのものですから」 

イヴ「大切に使ってます〜」 

杏「まあ、使わないとプロデューサー泣くしね」 

P「お前はホントに…」


25:2015/01/01(木) 07:21:40.96 :Mpe5CseeO

泰葉「では、行きましょうか」 

P「だな」 

杏「ブリッツェンごー!」 

イヴ「ご〜♪」 

ブリッツェン「ブモン」 

P「マジでブリッツェンで行ってるし…」 

泰葉「ふふっ。…ねえ、Pさん」 

P「ん?」 

泰葉「今年も、みんなで一緒に笑顔で過ごしましょうね」 

P「そうだな」ナデナデ 

泰葉「はい♪」 




終わるっちゃ!


26:2015/01/01(木) 07:25:28.82 :Mpe5CseeO

以上。読んでくださった方ありがとうございました! 
だから忙しいっ言ってるのにこんな時期に泰葉が来ても全力疾走するしかないじゃないですかね。おまけに上位茄子とか、ね 
はい。需要とか気にせずだらだら書いていく予定ですので、今年もよろしくお願いします

27:2015/01/01(木) 09:16:43.62 :/oVkDp8So
新年早々乙 
それにしても、先輩は和服が似合うよね(一部を凝視しつつ


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420041433