1:◆5/VbB6KnKE:2015/01/16(金) 20:09:08.38 :Si+c52u60

紗枝「な、な、いきなり何いうて……」 

雪美「……家族……私たち…?」 

周子「そやねー」ナデナデ 

雪美「ん……♪」 

紗枝「周子はん!」 

周子「雪美ちゃんはかわいいなぁ」ナデナデ 

雪美「……ふふ…ありがとう…♪」 

紗枝「……んもーー!!」ペシペシ 


2:◆5/VbB6KnKE:2015/01/16(金) 20:09:54.57 :Si+c52u60

周子「あははっごめん紗枝ちゃん」 

紗枝「うちの話ちゃんと聞いとるん!?」 

周子「ん?んー。紗枝ちゃんも雪美ちゃん撫でたいって?」 

紗枝「ちゃいますっ!ええ加減にしないとうちかて怒るんよ!」 

雪美「紗枝……紗枝は、撫でないの……?」 

紗枝「へっ……」 

雪美「……撫でても、いいんだよ…?」 

紗枝「あ、あぅ…」ナデナデ 

雪美「ふふっ……♪」 

周子「雪美ちゃんやるやん」 


3:◆5/VbB6KnKE:2015/01/16(金) 20:10:28.78 :Si+c52u60

紗枝「もぅ……ほんで、家族ってどないなことどすか?」ナデナデ 

雪美「……♪」 

周子「ん。ほら、ユニット三人で組んだじゃん?」 

紗枝「あぁ、そうどすなぁ」ピタッ 

雪美「ぁ……」シュン 

周子「京都親善大使ね」 

雪美「周子……撫でて…」 

周子「はいはーい」ナデナデ 

雪美「くるしゅうない……」 


4:◆5/VbB6KnKE:2015/01/16(金) 20:11:08.05 :Si+c52u60

周子「それで三人映ってるところ見直してたんやけどー」 

雪美「うん…」 

周子「何かこういう家族にしか見えなくなってきちゃった」 

紗枝「なに言うとんのこの人ほんまに……」 

雪美「……家族…私、こども……?」 

周子「そうだねぇ」 


5:◆5/VbB6KnKE:2015/01/16(金) 20:11:40.36 :Si+c52u60

周子「んで、私がお父さんかなー」 

雪美「周子…お父さん……」 

紗枝「じゃあうちは…」 

周子「お母さん!」 

雪美「……お母さん…!」 

紗枝「……も、もー!//」 


7:◆5/VbB6KnKE:2015/01/16(金) 20:12:29.72 :Si+c52u60

周子「塩見一家だよ!」 

紗枝「……うちがかあちゃん…ちゅうことは」 

雪美「……?」 

紗枝「しゅ、周子はんのよめはん……?」 

周子「そう!紗枝ちゃんは私のものだー」 

紗枝「え、えへへ……周子はんはウチの旦那さんなんやー//」 

雪美「紗枝……さっきは、あんなに怒ってたのに…」 

周子「にこにこやんね」 


8:◆5/VbB6KnKE:2015/01/16(金) 20:13:17.50 :Si+c52u60

紗枝「…」ピトッ 

周子「お?」 

雪美「ずるい…私もくっつく……」ピトッ 

周子「すごい。しあわせ」 

紗枝「…」クイクイ 

周子「何だい紗枝ちゃん」 


紗枝「えへ……あんさん♪」ニコー 


周子「 」 


9:◆5/VbB6KnKE:2015/01/16(金) 20:14:03.57 :Si+c52u60

雪美「周子……?」ユサユサ 

周子「――はっ!危ない危ない……」 

紗枝「あんさん……♪」ギュッ 

周子「この紗枝ちゃんは危険だね」 

雪美「むぅ……紗枝ばっかりずるい……」 

周子「雪美ちゃんももっと甘えてええんよー?」 

雪美「ほんと…?じゃ……おひざ…」 

周子「ん、おいでおいでー」 


10:◆5/VbB6KnKE:2015/01/16(金) 20:14:59.99 :Si+c52u60

雪美「うん……ん…ん」ヨジヨジ 

ポスン 

周子「よしよし」ギュー 

雪美「ん……ふふ…」 

紗枝「雪美ちゃんかぁいらしなぁ……」 

周子「紛うことなき天使だよ」 

紗枝「何や、周子はんとうちの娘かて思たら、余計かぁいらしく見えてきたわぁ」ナデナデ 

雪美「ふふ……二人とも…ほめ過ぎ……♪」 

周子「幸せ……」 


11:◆5/VbB6KnKE:2015/01/16(金) 20:15:39.71 :Si+c52u60

キャッキャウフフ 

卯月「あばばば……」ガクガク 

卯月「何ですかあの幸せ空間は……!?」 

卯月「……うらやましい…!」 

卯月「私だって……私達だって…!」 

卯月「島村卯月、頑張ります!!!」 

――――――――――――――― 
―――――――――― 
――――― 

卯月「ということで、私達も家族になろう!ぶい!」 

未央「しまむー大丈夫?お薬飲もっか?」 

凛「バファリンならあるけど」 

卯月「違いますー!!病気じゃないもん!」 


12:◆5/VbB6KnKE:2015/01/16(金) 20:16:52.67 :Si+c52u60

凛「大体、私達じゃ家族にはならないでしょ?」 

未央「だよねー、年齢的に」 

卯月「む……むむ!じゃあ姉妹ですよ!姉妹!」 

凛「姉妹か……私と未央は双子ってこと?」 

未央「何それちょー楽しそう!」 

卯月「でも、私はお姉ちゃんって感じしないです……」 


13:◆5/VbB6KnKE:2015/01/16(金) 20:17:36.02 :Si+c52u60

未央「えー?そんなことないよ!」 

卯月「そうかなぁ……?どっちかって言うと、凛ちゃんの方が…」 

凛「わ、私?いや…卯月がお姉ちゃんでいいよ?」 

卯月「……!」ガタッ 

凛「卯月?」 

未央「どしたのしまむ」 

卯月「凛ちゃん、もう一回お姉ちゃんって言ってみて」 

凛「えっ?」 

卯月「お願いだから!」 

未央「あーあ……何かスイッチ入っちゃったねこりゃ」 


14:◆5/VbB6KnKE:2015/01/16(金) 20:18:08.05 :Si+c52u60

卯月「ね、凛ちゃん!」 

凛「………や、やだ」 

卯月「なんでさー!いいじゃんかー!」 

凛「何かいやなの!」 

卯月「ふぬぬ」 

未央「しまむー私みたいになってるね」 

卯月「あっ!出来れば未央ちゃんも!あわよくば名前付きでっ!!」 

未央「ん?いいよー☆」 

卯月「ほんと!?」 


未央「うん!卯月お姉ちゃーん♪」 


卯月「きゃああああきゅんきゅんするううううう!!?」 


15:◆5/VbB6KnKE:2015/01/16(金) 20:18:41.38 :Si+c52u60

未央「何だかテレるねこれはずかし」 

卯月「さぁ!凛ちゃんも!早く!!」 

凛「……やだ!何かやだ!言いたくない!!」 

卯月「お願いだからーー!!凛ちゃんにお姉ちゃんって言われたいのー!!」 

未央「卯月お姉ちゃん必至だね」 

卯月「未央ちゃん……未央ちゃんは言ってくれるんだね…」 

未央「卯月お姉ちゃーんお菓子ちょうだーい☆」 

卯月「未央ちゃんだいすき何でも買ってあげる」 


16:◆5/VbB6KnKE:2015/01/16(金) 20:19:17.04 :Si+c52u60

未央「お?ほんとー!私も卯月お姉ちゃん大好きだよーっ!」ガバッ 

卯月「はふん」ギュッ 

凛「……ちょっと近くない」 

未央「ん?あれあれ?どしたのかな?」ニヤニヤ 

卯月「あ、凛ちゃん……!嫉妬だね!!」 

凛「なっ……!違うから!」 

未央「しぶりんも呼んじゃえば楽になるってー!」 

卯月「お願い!お願いりんちゃん!おーねがいーりーんちゃんー♪」 

凛「ぐ……い、一回だけだから」 

未央「おおっ!!」 

卯月「やったーー!!!」 

凛「………いくよ」 


17:◆5/VbB6KnKE:2015/01/16(金) 20:19:48.33 :Si+c52u60

凛「……卯月、お姉ちゃん」 



卯月「 し あ わ せ 」バタン 

未央「う、卯月おねえちゃああああーーーん!!!」 

凛「……っ…くぅ……!///」 


のあ「…」ジー 


のあ「………成程」 


――――――――――――――― 
―――――――――― 
――――― 


のあ「今からにゃん・にゃん・にゃん姉妹談合を開始するわ」 


アナスタシア「アー……シマイダンゴ…?美味しいもの、ですか?」ワクワク 

みく「なんにゃこれ」 



おしり


18:◆5/VbB6KnKE:2015/01/16(金) 20:20:43.67 :Si+c52u60

今日はアニメ二話ですよ 
前作です 


20:2015/01/16(金) 20:52:36.67 :ubYOWswwo
最近さえしゅうのよさが分かってきた 
乙。
 
21:2015/01/16(金) 21:35:48.59 :stNqQdp+o
大好きなさえしゅうと大好きな雪美ちゃんが合わさりさらにうづりんも加わり最強にみえる 
とても素敵でした… 最高です 幸せです 

紗枝の「あんさん♪」は破壊力高すぎ
 
22:2015/01/16(金) 21:45:16.85 :OBrN5WFCO
この紗枝はんは様子がおかしい関西人っぽい。


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421406548