1:ミガサ:2013/06/09(日) 22:25:45.98 :pNbjTskk0

乃々SSです。 
オリジナル設定が出てきますのでそういうの苦手な人は注意。


2:ミガサ:2013/06/09(日) 22:26:19.18 :pNbjTskk0

―――事務所――― 

P「只今戻りました~」 

乃々?「お、お帰り~」 

P「……?」 

乃々?「どしたの?そんな顔して」 

P「お前、乃々か……?その話し方はどうした……?」 

乃々?「やだなぁ。私の顔、忘れちゃったの?」 

P「いや、乃々……だよなぁ……?」


3:ミガサ:2013/06/09(日) 22:27:07.53 :pNbjTskk0

乃々「あの……やめて欲しいんだけど……」 

乃々?「あ、やっほー」 

P「んなっ?!の、乃々が二人……?!」 

乃々「この人……私の妹ですけど……」 

乃々(妹)「ネタばらししちゃうなんて、乃々姉はつまらないなー」 

乃々「つまらなくても……いいけど……」 

乃々(妹)「はぁ、もうちょっと乃々姉は積極性持とうよ。こう、悪ノリしたりさぁ?」 

乃々「悪ノリなんて……むーりぃ……」 


4:ミガサ:2013/06/09(日) 22:27:59.34 :pNbjTskk0

P「い、一体どういうことなんだ?」 

乃々(妹)「えーっと。まずはごめんなさい。乃々姉をいつもありがとうございます!」ペコッ 

P「い、いえいえこちらこそ……(元気な子だなぁ)」 

ノノ「私、妹のノノって言います。今後とも、よろしくお願いしますっ!」 

P「ノノさん、ですか。よろしく……ん?」 


5:ミガサ:2013/06/09(日) 22:28:42.79 :pNbjTskk0

ノノ「なんですか?」 

P「いや、今後ともって」 

ノノ「あ、えっと言ってませんでしたっけ?」 

ノノ「私、今日からここでアイドルしますんで、よろしくお願いします!」 

P「……は?」 

乃々「……え」


6:ミガサ:2013/06/09(日) 22:30:20.26 :pNbjTskk0

―――数分後――― 

ちひろ「はい。乃々ちゃんにあまりにもそっくりだったので、声をかけてみたんです」 

ちひろ「話を聞くと、妹さんだそうで」 

ちひろ「美嘉ちゃんや莉嘉ちゃん、それに765さんのところの双海ちゃん姉妹みたいで面白いかなと思って、スカウトしてみたんです」 

ちひろ「そしたら、本人も乗り気でして。二つ返事でOKをもらいました」 

P&乃々「……」アゼン


7:ミガサ:2013/06/09(日) 22:31:15.52 :pNbjTskk0

ノノ「いやー。急に声をかけられた時はびっくりしましたよ」 

ノノ「いきなり、アイドルに興味ありませんか?ですもん」 

ノノ「まぁでも、面白そうだったんでOKしちゃったんですけど」 

ノノ「まさか乃々姉と一緒の事務所になるなんてねー」 

乃々「うう……妹がすみません……」 

P「あ、ああ。いや、本人がいいならいいんだ……」 


8:ミガサ:2013/06/09(日) 22:33:11.95 :pNbjTskk0

ノノ「それにしても、貴方が乃々姉がよく話題に出してたPさん?」 

P「そう、だけど。ってか話題に出してた?」 

ノノ「うんうん。よく電話越しでねー?」 

乃々「の、ノノ!」 

ノノ「なぁに乃々姉?」 

乃々「しょ、書類とか、あると思うんだけど……」 

ノノ「……ふふっ。そういえばそうだね。ちひろさん、書類とかって」 

ちひろ「はいこちらに。えっと、こっちが女子寮の使用についてで―――」 

乃々「ほっ……」 


9:ミガサ:2013/06/09(日) 22:34:06.85 :pNbjTskk0

P「どうした乃々?」 

乃々「な、なんでもないですけど……」 

ノノ「そういえば」 

P「ん?なんだい?」 

ノノ「Pさんって……話に聞いてたよりも、イケメンだねっ」 

P「え?そっか、嬉しいよ」 

ノノ「私、彼女に立候補しようかなー?」 

乃々「!!」 


10:ミガサ:2013/06/09(日) 22:35:44.10 :pNbjTskk0

P「残念ながら、アイドルになったら俺の彼女にはなれないな」 

乃々「えっ……」 

ノノ「そうなのー?ざんねーん」 

乃々「……しょぼん……」 

ノノ「(乃々姉、残念だったね?)」ボソボソ 

乃々「(べ、別に残念とかじゃ……ないし……)」ボソボソ 

P「(二人共仲いいなぁ)」


11:ミガサ:2013/06/09(日) 22:36:34.04 :pNbjTskk0

ノノ「(あ、あとね。乃々姉)」ボソボソ 

乃々「(な、何?)」ボソボソ 

ノノ「(もう一人のお姉ちゃんも……こっち、来てるみたいだよ?)」ボソボソ 

乃々「(!……で、でも、姉さんがアイドルとか……ありえませんし)」ボソボソ 

P「そうしてるとホント、どっちがどっちだかわからないな」 

ノノ「んー?そう?」


12:ミガサ:2013/06/09(日) 22:37:47.07 :pNbjTskk0

乃々「は、話し方で……わかると思うんですけど……」 

ノノ「じゃーこうしよっか」シュルッ 

ノノ「じゃん!サイドテール、似合う?」 

P「おお、似合う似合う」 

乃々「……(サイドテール……してみようかな……)」 

ノノ「それじゃ、これからよろしくねPさん♪森久保ノノ、頑張るよ~!」 


14:ミガサ:2013/06/09(日) 22:40:37.43 :pNbjTskk0

―――数日後 事務所――― 

P「おーい。ノノー?どこ行っ……」 

乃々?「……あ」 

P「……デジャヴ……」 

乃々?「こんにちは。お邪魔しています。貴方がPさんですか?」 

P「えぇっと……もしかして」 

乃々「……のの姉さん……」 

のの「あら乃々ちゃん。久しぶりね~」


16:ミガサ:2013/06/09(日) 22:42:02.87 :pNbjTskk0

P「乃々のお姉さま、ですか」 

のの「はい。二人の姉の、ののと申します~」 

乃々「姉さん……どうしてここにいるの……?」 

のの「ふふ、それはね」 

のの「私も、アイドルやってみることにしたのよ~」 

乃々「……?!」 

P「もしかして、蛍光色の事務員さんに」 

ちひろ「誰が蛍光色の事務員ですか、誰が」 

P「あ、いたんですかちひろさん」 


17:ミガサ:2013/06/09(日) 22:42:55.93 :pNbjTskk0

ちひろ「最初からいましたよ。でもプロデューサーさんの反応が見たかったので隠れてました」 

P「いやびっくりですよ。ドッペルゲンガーか何かですか」 

のの「私達三つ子でして~」 

乃々「ね、姉さん。なんで……アイドルなんて……?」 

のの「ノノちゃんの様子見てて、楽しそうだなって思って~」 

乃々「ほ、本当に……それだけ……?」 

のの「うーん……」チラッ 


18:ミガサ:2013/06/09(日) 22:44:34.81 :pNbjTskk0

P「え?」 

のの「実はね~……ノノちゃんから、Pさんの写真が送られてきて~」 

のの「一目惚れ、しちゃったの」ポッ 

P「うぇ?!」 

乃々「!?」 

ちひろ「(本当によくモテますねこの人)」 

ノノ「えっ、のの姉マジ!?」バン! 


19:ミガサ:2013/06/09(日) 22:46:29.42 :pNbjTskk0

P「うおっ!?どっから出てきたノノ!」 

ノノ「そんな事より、今の話はマジなの?」 

のの「う~ん……たぶん♪」 

P「た、たぶんって」 

のの「私も初めてだからよくわからないんですよ~」 

ノノ「うん、私ものの姉が一目惚れなんて初めて聞いた」 

乃々「……そん、な……」orz 

P「おーい乃々、大丈夫か?」 

のの「乃々ちゃんも、ノノちゃんも……あと、Pさんも……」 

のの「これから、よろしくお願いしますね~?」 


20:ミガサ:2013/06/09(日) 22:48:55.19 :pNbjTskk0

―――数週間後――― 

ちひろ「乃々ちゃん達、いい感じですね」 

P「ええ……そうですね」 

ちひろ「あれ、どうしました?」 

P「いや、今まで担当アイドルが乃々だけだったじゃないですか」 

ちひろ「そうですね」 

P「三人に増えた途端、ものすごく忙しくなって……」 

ちひろ「まぁ、そりゃそうでしょうね」 

P「人ごとみたいに言わないでくださいよ」


21:ミガサ:2013/06/09(日) 22:49:24.06 :pNbjTskk0

ちひろ「でもその程度でプロデューサーさんがヘタるとは思えないんですけど(スタドリ飲んでますし)」 

P「いや、それがですね。ノノとののさんが……」 

―――数日前――― 

ノノ「ねぇねぇPさん」 

P「ん?」ズズーッ 

ノノ「いつのの姉と付き合うの?」 

P「」ブッ 

乃々「げほっ!」 

のの「あらあらまぁまぁ~」


22:ミガサ:2013/06/09(日) 22:50:23.13 :pNbjTskk0

P「い、いきなり何を言い出すんだ?!」 

ノノ「いや、結構のの姉アタックしてるのに、Pさん避けまくりだしー」 

P「そりゃあ、アイドルとプロデューサーだからな」 

ノノ「じゃあじゃあ、この中で誰が一番好み?恋人にしたいっ?」 

P「おいおい……」 

乃々「私も……聞きたいんですけど……」 

のの「私も興味あります~」 

P「え、ちょ」 


23:ミガサ:2013/06/09(日) 22:51:14.70 :pNbjTskk0

ノノ「ほらほら~。さっさと言っちゃいなよYOU~」 

P「……うーん……」 

P「言っちゃ悪いかもだけど……ノノ」 

乃々&のの「!?」 

ノノ「……えっ?」 

P「いやだからお前だよ」 

ノノ「な、ななななな///」 

P「自分でふっかけておいてなんで照れてんだよ」 


24:ミガサ:2013/06/09(日) 22:52:16.02 :pNbjTskk0

乃々「ノノ……Pさんは□リコン……」orz 

P「そこ。変なこと言わない」 

のの「……私、アイドルやめようかしら」 

P「いやいやいやいや!!」 

P「冗談に決まってるだろ。正直、みんな魅力的だよ」 

ノノ「な、なぁんだ冗談かぁ……ちぇっ……」 

乃々「じょ、冗談とか……やめて欲しいんですけど……」 

のの「あらあら。安心したわ~」 

P「まったく」


25:ミガサ:2013/06/09(日) 22:53:01.30 :pNbjTskk0

のの「じゃあこうしたらどうなります~?」ギュムッ 

P「おうふ」 

ノノ「わぁ~……のの姉だいた~ん……」 

乃々「ね、ねねね姉さん!」 

のの「これでも、乃々よりも、ノノよりも3cmくらい大きいんですよ~?」 

P「し、知ってます」 

乃々「結局……胸ですか……」 

P「そうじゃな「えいっ」おうふ」 

ノノ「Pさんさいてー」 

P「ちょ、ちょっとののさんいい加減に「えいえい」おぅ……」 


26:ミガサ:2013/06/09(日) 22:54:30.89 :pNbjTskk0

乃々「……こうしたらいいんですか」ギュッ 

P「お、おい乃々?!」 

ノノ「あ、私もやる~!」ギュゥゥ 

P「首!首しまってるノノ!!」 

のの「ふふ、楽しいですね~」 

P「楽しいですけど!すっごく楽しいですけどね?!」 


27:ミガサ:2013/06/09(日) 22:55:33.84 :pNbjTskk0

―――事務所――― 

ちひろ「プロデューサーさんってエ□ゲかなんかの主人公なんですか?」 

P「そんなわけないでしょう……」 

ちひろ「(結構近いとは思うんだけどなぁ)」 

ノノ「やっほーい!」 

乃々「あの……帰りたいんですけど……」 

のの「ダメよ乃々ちゃん。Pさんに嫌われちゃうわよ~?」 

乃々「……う、嘘ですけど……」  


28:ミガサ:2013/06/09(日) 22:56:20.33 :pNbjTskk0

ちひろ「噂をすればですね」 

P「おう、お疲れ様」 

ノノ「噂ってなになに~?何の話~?」 

P「別になんでもないよ……」 

乃々「あの……う、嘘ですからね……?」 

P「わかってるよ」 

のの「Pさん、今日もお疲れ様です~」ギュムッ 

P「さりげなく抱きついてくるのやめてください」 


29:ミガサ:2013/06/09(日) 22:57:03.19 :pNbjTskk0

ノノ「最近Pさん、のの姉のアタックにも動じなくなってきたよね~」 

P「そりゃあな……」 

のの「私に飽きちゃったんですか~?」 

P「その言い方はどうかと思うんです!」 

乃々「あの……Pさん」 

P「なんだ?」


30:ミガサ:2013/06/09(日) 22:57:51.56 :pNbjTskk0

乃々「……大事な話があるので……仕事終わりに……事務所にいてほしいんですけど……」 

P「大事な話?」 

ノノ「(おっ、これは……)」 

のの「(あら、先を越されちゃうかしら)」 

乃々「本当に大事な……話ですから……」 

P「わかった。残ってるよ」 

乃々「ありがとう……ございます……」


37:ミガサ:2013/06/10(月) 20:12:40.59 :jUJR2nDl0

―――レッスン場――― 

ノノ「ねぇねぇのの姉、これでよかったんだよね?」 

のの「ん~……乃々ちゃんの幸せは祝ってあげたいんだけど……」 

ノノ「……え?」 

のの「最初は、乃々ちゃんを応援するために……後押しに来たんだったわね……」 

のの「でもね?どうやらね?」 

のの「……私、本当に好きになっちゃったみたいなの~」 

ノノ「えええええ!?じゃ、じゃあどうするの?!」 


38:ミガサ:2013/06/10(月) 20:14:00.46 :jUJR2nDl0

のの「諦めるのが……普通、なんだろうけど……」 

ノノ「……諦めるつもり、ない?」 

のの「うん、私の……初恋だし」 

ノノ「ううう、私どっちを応援したらいいかわからなくなってきたよー!」 

のの「……応援、してくれるの?」 

ノノ「え?」 


39:ミガサ:2013/06/10(月) 20:15:32.31 :jUJR2nDl0

のの「だって……ノノも、Pさんのこと、好きなんじゃないの?」 

ノノ「そんなわけ……」 

のの「一緒にいて、楽しくない?」 

ノノ「……楽しい」 

のの「Pさん、イケメンだと思わない?」 

ノノ「……思う」 

のの「最後に……あの人の笑顔を、ずっと近くで見てたいと思わない?」 

ノノ「……っ!///」ボンッ 


40:ミガサ:2013/06/10(月) 20:16:31.74 :jUJR2nDl0

のの「ほらやっぱり」 

ノノ「だ、だだだだって!今のは質問がずるい!」 

のの「そうかしら?」 

ノノ「そうだよ!誘導尋問だよ!」 

のの「それじゃ、どうするか決めましょうか~」 

ノノ「無視?!無視なの?!この変な気持ち、一体どうすればいいんだよー!!」 


41:ミガサ:2013/06/10(月) 20:19:04.92 :jUJR2nDl0

―――夕方 事務所――― 

P「……」 

乃々「……こんにち、は」 

P「挨拶からかよ」 

乃々「あう……」 

P「まぁいいけどさ。で、大事な話って?」 


42:ミガサ:2013/06/10(月) 20:19:56.77 :jUJR2nDl0

乃々「……その、Pさん」 

P「なんだ?」 

乃々「……え、ええっと……その……」オロオロ 

P「落ち着けって」 

乃々「う、うー……」 

P「ほら、深呼吸深呼吸」 

乃々「は、はい……」スゥハァ


43:ミガサ:2013/06/10(月) 20:20:27.57 :jUJR2nDl0

P「落ち着いたか?」 

乃々「多少は……」 

P「それじゃあ、準備が出来たら話してくれ」 

乃々「……はい」 

乃々「Pさん、私は……」 


乃々「私、は。Pさんの事が……好き……です///」 


P「……そっか」


44:ミガサ:2013/06/10(月) 20:21:10.10 :jUJR2nDl0

乃々「……」 

P「……」 

乃々「……その、返事……とか、は」 

P「……ごめん、残念だけど俺はお前の気持ちには―――」 

ノノ「ちょっと待った!!」バン! 

のの「待ってもらえますか~?」 

P「え」 

乃々「ふ、二人共!?」


45:ミガサ:2013/06/10(月) 20:22:00.10 :jUJR2nDl0

ノノ「ぜぇ、はぁ」 

のの「ま、間に合ってよかったわ~……」 

P「間に合ったって……っていうか、なんでここに」 

乃々「え、あ、う……///」 

ノノ「乃々姉!固まってる場合じゃないよ!」 

のの「これを、用意してきたんです~」ピラッ 


三人の辞表


46:ミガサ:2013/06/10(月) 20:23:50.26 :jUJR2nDl0

P「……はい?」 

乃々「え、あの、何やってるんですか……!?」 

ノノ「へっへっへ~。これを出せばみんな、アイドルじゃなくなるよね~」 

のの「そういうわけで、私達と恋人として付き合えますよね~?」 

P「……いやいやいやいや!!仕事!俺の仕事!!」 

のの「はい?」 


47:ミガサ:2013/06/10(月) 20:24:23.17 :jUJR2nDl0

P「三人が三人共やめちゃったら、俺の仕事どうなるんですか?!」 

ノノ「そりゃ……ヒモとか?」 

のの「最悪ニートね~」 

P「……」サァァァァ 

乃々「し、しっかりしてほしいんですけど……」 

ノノ「で、ここであたしらから提案」 

のの「Pさん、私達とアイドルとプロデューサーの関係でも、恋人になることはできませんか~?」 


48:ミガサ:2013/06/10(月) 20:27:35.51 :jUJR2nDl0

P「そ、それはさすがに」 

ノノ「じゃあ私達、これ出してくるね!」 

P「やめてえええええ!!」 

乃々「あの、二人共、そういうのは」 

のの「でも乃々ちゃん。このくらい強引じゃないと、この人は付き合ってくれないわよ?」 

乃々「そうかもしれない……けど……」 

ノノ「乃々姉はこのままでいいの?」 

乃々「……嫌、だけど」


49:ミガサ:2013/06/10(月) 20:28:07.68 :jUJR2nDl0

ノノ「でしょ?」 

乃々「……P、さん」 

P「な、なんだ?」 

乃々「……ごめんなさい。私も、二人の仲間です」 

P「」 

ノノ「ささ、どうするのPさん?」 

のの「ふふ、三人とも、大事にしてくださいね~?」 

乃々「……よろしく、お願いします……」 

P「」 

P「」 

P「」 


50:ミガサ:2013/06/10(月) 20:28:55.23 :jUJR2nDl0

―――数日後――― 

P「ということがありまして」 

ちひろ「それで?」 

P「……付き合いましたよ。仕方なく、三人と」 

ちひろ「……」ジトーッ 

P「その目やめてくれませんか?」 

ちひろ「いやだって、担当アイドルに手を出した上に三股って……」 

P「やめてくださいしんでしまいますそれ以上言わないで」


51:ミガサ:2013/06/10(月) 20:30:22.92 :jUJR2nDl0

ちひろ「ま、結局バレてもプロデューサーさんの責任ですもんね」 

ちひろ「(そもそも私が提案した作戦ですし)」 

P「そもそもちひろさんが二人を拾ってきたのがいけないんですよ?」 

ちひろ「受け入れたのはどこの誰でしょうね」 

P「……どうすればいいですかね?」 

ちひろ「彼女たちに聞いてみたらいいですか?」 


52:ミガサ:2013/06/10(月) 20:30:56.82 :jUJR2nDl0

ノノ「Pさん、今日お休みだよね?」 

P「目の前で仕事してるのが見えないのか?」 

のの「今日は遊園地に行きましょう~」 

P「休みなの三人だけだからね?!」 

乃々「……」ジヒョウ 

P「すみませんでした。ちひろさん休みもらえませんか?」 


53:ミガサ:2013/06/10(月) 20:34:24.13 :jUJR2nDl0

ちひろ「10000mcになります♪」 

P「……」スッ 

ちひろ「毎度有り♪」 

ノノ「これでPさん休みだよね、いこいこ!」 

のの「ふふふ、観覧車、一緒に乗りましょうね~?」 

乃々「私も……一緒に乗りたいんですけど……」 

P「俺、これからどうなるのかな……」 

ノノ「だいじょーぶ。もしもの時は、私達が養ってあげるから~」 

のの「ふふ、その代わり、ですけど」 

乃々「……私達三人……大事に、してください……ね?」 


おわり


54:ミガサ:2013/06/10(月) 20:36:13.82 :jUJR2nDl0

正直、タイトルだけ真っ先に思いついてその後よく考えてなかった。 
とりあえず、ここまで読んでくださった方々に感謝を。 

明日にでもHTML化出してきます。 
……需要があるなら、おまけでも書きます。 

それではお疲れ様でした。 


55:2013/06/10(月) 21:14:50.06 :D2ohF1QZ0
乙 
これが伝説の森久保パラダイスか

56:2013/06/11(火) 02:29:34.70 :ha7mQcfgo
おまけ読みたいです


60:ミガサ:2013/06/11(火) 20:11:00.61 :Vq8weu6R0

おまけ 「乃々ぱにっく!」 


乃々「……プロデューサーさん」 

P「なんだ?乃々」 

乃々「その……ノノについて、どう思いますか……?」 

P「え?ノノ?」 

乃々「はい……その、前に好きって言ってたじゃないですか」 

P「あれは冗談だって……まぁ真面目に答えるなら、元気な子だよな」 

乃々「そ、そうですよね!」 

P「え?」 

乃々「……あの、続けてください」


61:ミガサ:2013/06/11(火) 20:13:01.59 :Vq8weu6R0

P「それでいて、本当は人の事を気遣える優しい子だ」 

乃々「そ、そうですか……///」 

P「なんでお前が顔を赤くするんだ?」 

乃々「べ、別に。なんでもないですけど……」 

P「でもなぁ」 

乃々「な、何か不満が?」 

P「まぁ、元気なのはいいんだが、あまり悪戯はしないで欲しいな」 

乃々「そ、そうですか……善処します」 

P「……なぁ、乃々」 

乃々「な、なんですか」


62:ミガサ:2013/06/11(火) 20:15:54.09 :Vq8weu6R0

P「……俺な、実はあまりノノの事好きじゃないんだ」 

乃々「!」 

P「正直、乃々よりも年下は―――って」 

乃々「……」ポロポロ 

P「あちゃー。からかいすぎたか」 

乃々「ひ、酷いよPさん……」 

P「ごめんなノノ。たまにはお返ししたくてな」ナデナデ 

乃々→ノノ「あうう……私のこと、嫌いなの?」 

P「んなわけないだろ。大好きだよ」ナデナデ 

ノノ「……えへへ……///」


63:ミガサ:2013/06/11(火) 20:18:18.85 :Vq8weu6R0

―――別の日――― 

ノノ「PさんPさん!」 

P「んー?」 

ノノ「ぶっちゃけ、のの姉の事どう思う?」 

P「どうって……」 

ノノ「ほら、恋人になったじゃん?そこから新しい意見も出るかなって」 

P「そうだなぁ、まず胸大きいよな」 

ノノ「……最初からそこなんだ」 

P「ごめんって」


64:ミガサ:2013/06/11(火) 20:21:42.53 :Vq8weu6R0

P「あとは、流石お姉さんって感じだよな」 

ノノ「どういうこと?」 

P「たまになんだけど、甘えたくなるんだよ」 

ノノ「たまには甘えるのもいいんじゃないかな?」 

P「そうかな」 

ノノ「うんうん、のの姉、甘えられるの好きだから」 

P「ふーん。じゃあさ」


65:ミガサ:2013/06/11(火) 20:24:29.86 :Vq8weu6R0

P「今、甘えてもいいですかね」 

ノノ「え?」 

P「こんなふう、に」ギュッ 

ノノ「……ふふ」 

P「バレバレですよ。だから最初に胸を指摘したんです」 

ノノ→のの「似てました?ノノの真似」 

P「ええ、ですがののさんはののさんですから」 

のの「ふふ、嬉しいです~」ギュッ 

のの「じゃあ今日は、存分に甘えさせてあげますね?」


66:ミガサ:2013/06/11(火) 20:27:38.50 :Vq8weu6R0

―――更に別の日――― 

のの「こ、こほん。Pさん」 

P「(絶対乃々だよ……) 

のの「あ、あの~。の、乃々についてどう思います~?」 

P「(ちょっとからかってやるか)」 

P「そうだなぁ。まずひんそーでちんちくりんだよな」 

のの「」


67:ミガサ:2013/06/11(火) 20:29:25.89 :Vq8weu6R0

P「それでいて、俺の言うことあんま聞いてくれないし」 

のの「」 

P「それになんだ。泣き虫なところもあるからなぁ、とっつきにくい」 

のの「……」ポロポロ 

のの「わ、私……そんな酷いですか……?」 

P「ん?なんでののが泣いてるんだ?」 

のの「Pさんの……意地悪……っ」


68:ミガサ:2013/06/11(火) 20:31:26.46 :Vq8weu6R0

P「……」ギュゥッ 

のの「あ……」 

P「全く、本当に可愛いなお前は」 

のの→乃々「……意地悪。許しませんけど」 

P「じゃあ仕方ないな。こうすればいいのか?」 

乃々「な、何を、んむっ?!」 

P「……」 

乃々「ん、ふぅ……はぁ……Pさん、い、今」 

P「さーて、仕事するか」 

乃々「Pさん!」


69:ミガサ:2013/06/11(火) 20:33:37.34 :Vq8weu6R0

P「んー?」 

乃々「そ、その……あの」 

P「なんだ?」 

乃々「もっかい……して欲しい……です」 

P「……」 

乃々「ダメ……ですか?」 

P「……ああもう!!本当に可愛いなぁ乃々は!!」 

乃々「ちょ、P、さんんっ!?」 



ノノ「……いーなぁ、乃々姉」 

のの「私も積極的に行きましょうかね~?」 

おわり


70:ミガサ:2013/06/11(火) 20:34:25.23 :Vq8weu6R0

というわけでおまけでした。 
読んでくださった方々、ありがとうございました。


71:2013/06/11(火) 23:31:05.41 :9aB760wzo
乙! 
いいもの見せてもらったぜ!

72:2013/06/12(水) 01:26:04.55 :Opw8kQNLo
乙。 
ノノだったらSR+は満面の笑みなんだろうなぁ

73:2013/06/12(水) 01:29:43.57 :GjmXKFdXo
乙 
でもノノでもののでもなく乃々がいいんだよなぁやっぱり


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1370784345