1:2013/06/12(水) 02:17:11.77 :vOZgx1xq0

奈緒「ん?」 

P「デレデレ加蓮。略して、デレん」 

奈緒「……は?」 

P「いやいや、『コイツ…、とうとう頭おかしくなってしまったか』みたいな視線は、やめてくれ!」 

奈緒「ここ最近忙しかったからな。…やっぱり疲労って溜まるもんだろ?」 

奈緒「あまり無理するなって。休めるときに休まないとな?Pさん」 

P「おう、お気遣いどうも!」 

奈緒「おう!それじゃ、また明日なーっ」 

P「…」手ギュ 

奈緒「なっ、な、なに掴んでんだよP!///」 

P「奈緒、ちょっと聞いてくれ」 


2:2013/06/12(水) 02:20:46.90 :vOZgx1xq0

奈緒「え、えぇ…?」 

奈緒(めんどくせぇ…) 

奈緒「い、いや、聞きたいのは山々なんだけどな?ほら。今日、見たいアニメあるから!」 

P「どうせ録ってるんだろ?」 

奈緒「見れるときは、リアルタイムで見て、さらに後で見直すのが通ってもんだ」 


P「そかそか。で、最近思ったことなんだがな」


3:2013/06/12(水) 02:24:47.32 :vOZgx1xq0

奈緒「おい、何しれっと話始めてるんだよ…」チラッ 

奈緒(ちひろさん、たすけて)ジー 

ちひろ「?」ジー 

ちひろ「…d(ゝc_,・。)グッ」 

奈緒「……」 

ちひろ(奈緒ちゃん、楽しそうね。邪魔しないようにしなきゃっと)カタカタ… 

奈緒「…」 

P「最近、薄々感じてきたことなんだが」 

奈緒「…うん」 


P「加蓮の俺に対する態度……デレデレじゃないか?」 


4:2013/06/12(水) 02:28:23.97 :vOZgx1xq0

奈緒「…へ?……今更?」 

P「ほら、出会った当初は」 


『アンタがアタシをアイドルにしてくれるの?』 

『でもアタシ特訓とか練習とか下積みとか努力とか気合いとか根性とか、なんかそーゆーキャラじゃないんだよね。体力ないし。それでもいい?ダメぇ?』 

『めんどくさーい』 

『ねぇ、プロデューサー。ちょっと休憩しよ』 


P「とか言ってたり」 


5:2013/06/12(水) 02:31:19.60 :vOZgx1xq0

『プロデューサー、私も…本当に輝ける? 』 

『プロデューサー、アタシちゃんとアイドル出来てる? 』 

『プロデューサー、頑張ってお仕事するのって楽しいね。』 

『 アタシ嬉しいよプロデューサー。昔テレビで見て憧れてたアイドルになれるなんて。ずっと憧れてたんだ。ホントにホントだよ? 』 


P「とか、ツンツンだったんだぞ!?」 

奈緒「……この時点で、既にデレてるよな」 

P「ん?まだだろ?」 

奈緒「ハァ?」


6:2013/06/12(水) 02:34:04.89 :vOZgx1xq0

P「それから少しづつ、打ち解けていってな。制服コレクションの時には…」 



『 Pさん、忙しいのに私のワガママ聞いてくれてありがと…。ずっと放課後デートって憧れてたんだ。今日だけ、ね。ふふっ 』 

『一緒だったら絶対上手くいくよ。そうだよね、Pさん』 

『Pさんが優しいから、私も優しくなれるの。ホントだよ?』 

『 ねぇ、Pさん…あの、手、握ってて? ふふっ、ありがと 』 



P「って言ってくれてな! 信頼してくれたようで、あの時は嬉しかったなぁ!」 

奈緒「…何で、惚気話を聞かされるハメに」ブツブツ


7:2013/06/12(水) 02:37:43.09 :vOZgx1xq0

P「でな、加蓮が風邪引いて、レッスン休んだときあったろ?あの時も…」 


『Pさん、ホントに来てくれたんだ…忙しいんだから、無理しなくてよかったのに…。えっ? もう、ただの風邪だってば。ホントだよ。もう、こんなに買ってきちゃって…食べきれないよ…』 

『こんなに食べきれない…Pさんプリン食べる? あーん』 

『感謝の気持ち、もっと伝えたいな。あっ。こっちこっち…ぎゅっ』 

『私、プロデューサーと逢わなかったら、ずっと変われなかった。Pさん、本当にありがとう。あなたは最高のプロデューサーだよ!』 


P「…これを聞いたときは、涙が止まらなかった」 

奈緒「…そ、そっか」 

奈緒(…帰りてぇ)


8:2013/06/12(水) 02:40:24.55 :vOZgx1xq0

P「あ、あと、忘れられない思い出。一周年記念LIVEの時なんてな!」 


『ここまで育ててもらったお礼…ステージの上で返すから! Pさんは最高のプロデューサーだって、証明してあげる!』 

『Pさん…もう少し…一緒にいて…』 

『Pさん…私ってちゃんと魅力あるかな?これからもずっとアイドルできるかな?』 

『その……ありがとう…Pさんも素敵なプロデューサーだよ』 

『なんかいい雰囲気かな…えっ…あはは。いいでしょ?』 

『Pさん、少し休もうか?…変な意味じゃないよ。ばか』 


P「く…、さすが俺の育てたアイドルだ…!可愛すぎだろっ!!」 

奈緒「ちひろさん、お先ーっ」 

ちひろ「ちょ、ちょっとまって!こんな空気の中置いてかないで!」 

奈緒「は、放せっ!」


10:2013/06/12(水) 02:44:07.56 :vOZgx1xq0

P「ここ最近だと…、この間のブライダルフェアだな!」 


『結婚とかはまだ実感ないなぁ。Pさんに見つけてもらうまで人生諦めてた私だし。あはは。でも人生でウェディングドレスを着られるなんて思ってなかったから、ちょっと…嬉しいな…』 

『私、北条加蓮は生涯Pさんを…なーんて、驚いた?』 

『ねぇ、Pさん、私…誓うから。何って…なんでも…ね 』 

『私はPさんと…私の、最高のプロデューサーと、ずっと一緒にいたいんだ…だから、これからも…ずっとずっとよろしくね』 

『人生で最高の日は今日かも…って毎日思うんだ。…ホントだよ?』 


P「思わずプロポーズしてしまいそうになったわマジで!!! いやー、シャレにならない破壊力だよ…」 

奈緒・ちひろ「……」


11:2013/06/12(水) 02:47:26.36 :vOZgx1xq0

P「ん?どうしたんだ。黙っちゃって」 

奈緒「それを聞いて何て言えばいいんだよ…」 

ちひろ「はい。ご馳走様でした。それじゃぁ、仕事しましょうね?」 

P「今週までに、やらないといけない事は終わりましたよ。あとは明日でも良いかな、っと思いまして」 

ちひろ「くぅ…、無駄に有能すぎでしょう!なら、私の手伝ってください!」 

P「いやいや、甘やかすとちひろさんの為になりませんので」 

P「そんなことより、今は加蓮の話ですよ!」 


奈緒「…アタシは帰るぞ」 

P「でな?奈緒」 

奈緒「まだ続くの!?」 


P「ここからが本題なんだが…デレんについて、どう思う?」


12:2013/06/12(水) 02:51:07.12 :vOZgx1xq0

奈緒「ど…どう思うっつわれてもなぁ…。アタシらには、あんまそういうとことこ見せねーし。」 

奈緒「Pさんから聞くと、ほんっとにデレッデレなんだな。普段とのギャップを感じるわ…」 


P「最初は、めんどくさーい。疲れたー。から、たまに見せるデレっとしたところが、ギャップがあって可愛かったんだけどなー」 


奈緒「…てかさ。ホントに最初の最初だけだろ?そんな態度だったのって。それに、あの頃だって…」 

P「うん。口では、あぁ言ってたが。いつも、最後まで残って頑張ってたよな加蓮…」 

奈緒「そうそう。Pさん、わかってるじゃん」 

P「当たり前だろ。ちゃんと見てるぞ…お前たちの、プロデューサーだからな?」 

奈緒「うん、その辺は信頼してる」


13:2013/06/12(水) 02:54:08.19 :vOZgx1xq0

P「っ 奈緒が信頼してるって…!ちひろさん、聞きました!?」 

ちひろ「あー。はいはい」カタカタ… 

奈緒「な、なに舞い上がってるんだよ!こんなのアレだからな、アレ!…えーっと!」 

P「社交辞令?」 

奈緒「そう、それ!てか、話脱線してんじゃねえし!//」 

P「照れるな照れるなー」ワシャワシャ 

奈緒「だぁぁぁっ、撫でるなっ、P!//」 

ちひろ(…微笑ましいですね)


14:2013/06/12(水) 02:57:14.65 :vOZgx1xq0

P「で、どこまで話たっけ」 

奈緒「た、たまに見せるデレたギャップが良かったってところ…?」 

P「そうそう、別に今のデレんが嫌だってわけじゃないんだけどな。前は前で、可愛かったよなって」 

奈緒「…まぁ、可愛いけど。惚気話のループなら、ホントに帰るぞ」 

ちひろ「といいつつ、聞いてあげる奈緒ちゃんマジ天使ですよねー」 

P「ねー」 

奈緒「ばっ、な、なに言ってんだよっ!!ちひろさんも、仕事するんじゃなかったのか!?」 

ちひろ「してますしてますー」カタカタ… 

奈緒「うぅ~…//」 

P「…」ナデナデ 

奈緒「だ、だから撫でるなって!!//」 


16:2013/06/12(水) 03:00:20.96 :vOZgx1xq0

―――――― 
――――― 
―――― 

P「で、だ」 

P「現状、デレデレ加蓮。略して、デレん。と」 

奈緒「…別にデレデレでも良いんじゃね。何か問題あるのか?」 

P「問題なぁ…。アイドルとして見れば、問題だらけな気がする。が」 

奈緒「…そりゃ、まぁ」 

P「それよりも!問題なのは、だな」 

奈緒「ま、まだ何かあんの?」 

P「おう、……それはな?」 

奈緒「……」 


P「加蓮が可愛すぎて、俺が問題を起こしてしまいそうなんだが?」 


奈緒・ちひろ「  」


17:2013/06/12(水) 03:05:32.51 :vOZgx1xq0

ちひろ「…爆弾発言いただきましたー」 

奈緒「ちひろさん、プロデューサー変えたいんだけど…いや、むしろクビにしたほうが良いんじゃね?」 

ちひろ「うーん、そうしたいのは山々なのですが。なにせあの人、仕事だけは出来ますからね…。人間性は置いといて」 

奈緒「確かに…。惜しい人を亡くしたな」 

ちひろ「えぇ、ほんとに…」 


P「あのー…。まだ何も起こしてないのですが…」 

奈緒「たった今犯罪予告が起きたばかりだろ」 

ちひろ「ちょっと擁護出来かねます」 

P「…」


18:2013/06/12(水) 03:11:14.71 :vOZgx1xq0

奈緒「ま、冗談は置いといてだな」 

P「割と本気だったよな?」 

ちひろ「いやだなー。冗談ですよ、冗談~♪ ……今後の貴方の行動しだいですけど」 

P「…」 

P「だ、だからこそ!問題が起きる前に、否、起こす前に!なんとかしないといけないと思ったところなんだ!」 

奈緒「ソウダナ…」 

ちひろ「人間辞めてるついでに、会社も辞めるっていうのはどうでしょうか?」 

奈緒「だめだめ、ストーカ-とかになりそうだろ?」 

P「辞めてねえし!! ならねえよ!!?」 


19:2013/06/12(水) 03:16:48.36 :vOZgx1xq0

P「で、どうしよう?」 

奈緒「加蓮のデレデレを抑えるか、Pさんが永眠するかの二択か」 

ちひろ「迷う必要は、なさそうですね」 

P「いや、その考えはおかしい」 

ちひろ「えぇ…、まだ何も言ってないんですけど」 

P「言わなくていいです」 

奈緒「んなこと言ってもなぁ。他に良い考えがないと…」 

P(…考えろ、考えろ。尊い命がかかってる!) 

P「」プシュー 

奈緒「あ、Pさんの頭から煙が上がってる」 

ちひろ「限界が来たようですね…」 

P「ど、どうにかして、説得して、デレデレを抑えるしかないと…」 


20:2013/06/12(水) 03:20:49.57 :vOZgx1xq0

―――――― 
――――― 
―――― 


~後日~ 


奈緒(協力して欲しいって…、一体どう説得するつもりなんだ?) 

P(…よし) 

P「デr…じゃなくて、加蓮ー。ちょっと良いか?」コイコイ 

加蓮「うん? どうしたの、Pさん」 

P「お喋り中スマン、凛。ちょっと、加蓮借りるな?」 

凛「うん、気にしないで。加蓮だけで良いの?今なら奈緒も無料貸し出し中だよ」 

P「奈緒はいいわ。大事にしてやってくれ」 

奈緒「おい、モノ扱いかよ!」 

凛「ふふっ 冗談、だよ?」 

奈緒「ぐ///、いちばん年上なのに…っ」


21:2013/06/12(水) 03:23:45.10 :vOZgx1xq0

P「…」チラ 

奈緒「…」コク 

奈緒「な、なぁ凛、ちょっと話があるんだが…あっちの部屋行かないか?」 

凛「? ここじゃダメなの?」 

奈緒「あ、あぁ。…お、女の子同士の大事な話だからな」 

凛「奈緒が女の子同士の大事話って。…アニメの話じゃなくて?」 

奈緒「た、たまにはこんな日もあるんだよ! ほら、行くぞっ」グイッ 

凛「あっ」


22:2013/06/12(水) 03:26:35.49 :vOZgx1xq0

~別室~ 

ガチャ 

凛「奈緒、今日は強引だね」 

ちひろ「凛ちゃん、いらっしゃーい♪」 

凛「…ちひろさん? こんな所で、何してるの?」 

ちひろ「ふふふ…、これですよ、これ!」 

映像『…』 

凛「? これって…Pさんと加蓮…の映像?」 

ちひろ「はい♪ 現在進行形の生中継ですよ~」 

凛「…、どういうこと?奈緒」ジロッ 

奈緒(こ、怖い) 

奈緒「み、見てればわかる」


23:2013/06/12(水) 03:29:36.27 :vOZgx1xq0

加蓮「あれ、二人とも行っちゃった」 

P「…立ち話もなんだし、とりあえず座るか」スッ 

加蓮「…うん」スッ 

加蓮「それで、今回は何のお話なの?」 

P「…か、加蓮」 

加蓮「うん?」 

P「横だと話しづらいし、対面に座らないか? あと、もう少し離れてもらえると…」 

加蓮「え、私は平気だよ? こっちの方が話しやすいし、ね?」 

P「さ、さいですか…」


24:2013/06/12(水) 03:32:30.63 :vOZgx1xq0

ちひろ「ナチュラルに横に座りましたよ。しかも見てください。あれは…ほぼ密着じゃないですか!」 

奈緒「お、おぉ…。やるなぁ、加蓮…」 

奈緒「!」 

奈緒「り、凛? あれは軽いスキンシップみたいなものだから、気にするn……あれ?」 

凛「何のこと? あれくらい、普通でしょ?」 

奈緒・ちひろ「え」 


25:2013/06/12(水) 03:38:43.86 :vOZgx1xq0

P(よし、言うなら今か?) 

加蓮「…最近私、ツいてるのかも」 

P「っ… 何か良い事あったのか?」 

加蓮「んー、この間のジューンブライドも、なんだけど。ほら、今も。…Pさんと、一緒の時間が増えたなって」 

P「ほうほう」 

加蓮「…」ニコ 

P「それで、良い事は?」 

加蓮「えっ? えーっと Pさんと、一緒の時間を共有できてるのが、良い事なんだよ?」 

P「っ あ、あぁ、そういうことかっ! 嬉しいこと言ってくれる…。うん、プロデューサー冥利に尽きるよ、ありがとな。加蓮」 

加蓮「ふふっ こう言って、Pさんのポイントを稼いでおかないと。なんて、ね?」 

P(…あざと可愛い)


26:2013/06/12(水) 03:41:59.75 :vOZgx1xq0

P「確かに、最近は…総選挙の結果も良かったし、仕事も増えて、付き添うことが増えたよなぁ。ま、忙しくなって、良い事だ!」 

P「これも、加蓮が努力してきた成果だぞ? …よく頑張ったなっ!」 

加蓮「うん、ありがとう」 

加蓮「でも、私が頑張って来れたのは、プロデューサーの…Pさんの、おかげだよ?」 

加蓮「ありきたりかもしれないけど、その…言葉じゃ伝えきれないくらい、感謝、してるから」 

P「…加蓮」ジーン 


P「今は付き添うことが多いが、これからは、一緒に行ってやれないことも増えてくるだろ。…だからな、その時は頼んだぞ?」 

加蓮「ふふっ、平気だよ? 私だって成長してるんだから。 ……けど」 

P「…けど?」 

加蓮「…一緒に行けるときは、ね?」 

P「っ! おう!勿論だ!」 


~~~~~~~~~~~~ 


ちひろ「何か見てはいけないものを、見ている気がしてきましたね」 

奈緒「…思ったより普通の会話だな」 

凛「…」ギリギリ


27:2013/06/12(水) 03:49:48.21 :vOZgx1xq0

加蓮「あ」 

加蓮「ねぇねぇ、Pさんっ」 

P「ん?」 

加蓮「総選挙で思い出したのだけど…こないだ約束した、アレ!」 

P「アレ?あー、アレね、アレ!」 


加蓮「うん。…Pさんのお家にお泊りの件ね。いつが平気かな? 私は、いつでも良いよ」 

P「初耳ってレベルじゃないんだが!?」 


加蓮「えー、ほら。総選挙で上位入ったお祝いに、なんでもって…言ったよね?」 

P「あ、あぁ、それか…。うん。出来ることだけって言ったよな? それ、出来ないことに入るから」 

加蓮「…私は大丈夫だよ?」 

P「いや、俺が大丈夫じゃないから! もっと他のことで、考えてくれ!」 

加蓮「むぅ 仕方ないなぁ」 


~~~~~~~~~~~~ 


凛「何それ…。その理論で行くと、私の方がもっとスゴいものだよね?…ちょっと交渉してくるから」 

奈緒「ちょ、ちょーっと落ち着けって!ほら、まだ何か話してるみたいだから!な!」 

ちひろ(次のSRは誰にしようかしら)


28:2013/06/12(水) 03:54:12.31 :vOZgx1xq0

加蓮「凛と奈緒、遅いね。何話してるんだろう…」 

P「さあなー。積もる話でもあるんじゃー」 

加蓮「…二人だけで、積もる話…ね」 

P「な、なんてなーっ? 適当に言ってみただけだ!」 

加蓮「別に…、イイケド」ムスッ 

P(仲間外れにされたかと、心配する加蓮かわいいよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ) 

加蓮「Pさん…変な顔してるよ。何考えてるの?」 

P「いや、今日も加蓮可愛いなって」 

加蓮「えっ!?」 

P「あっ」 

~~~~~~~~~~~ 

凛「…今、何て?」 

奈緒「ヨ、ヨクキコエナカタヨ?」 

ちひろ(総選挙5位だったし…、そろそろ、凛ちゃんの新SRも良いかなぁ)


29:2013/06/12(水) 03:57:33.64 :vOZgx1xq0

加蓮「…」 

P「あ…、は、はははっ! た、たまには加蓮のポイントも、稼いでおかないとな?」 

加蓮「え、えっと…。ふ、ふふっ…Pさんも上手になったもんだね?」 

P「お、おっとー、コレは高得点だったかー?」 

加蓮「…うん。超高得点だよ? …ありがとね。Pさん//」 

P「…オ、オウ」 

~~~~~~~~~~~ 

奈緒(こ、コイツは何やってるんだ?説得する気あんのか?) 

凛「…………」メラメラ 

奈緒(コワイコワイコワイコワイ) 

ちひろ(いや、でも正攻法ばかりではなく、たまには意外性も…未央ちゃんとかどうだろうなぁ)


30:2013/06/12(水) 04:04:27.45 :vOZgx1xq0

P(な、何でこうなった!?デレデレを抑えるんじゃなかったのか!?) 

P(ええい!タイミングとか、計っていてもダメだっ…無理矢理にでも、この空気を変えなくては!!) 

P「な、なぁ…加蓮、大事な話があるんだ。聞いてくれ」 

加蓮「あ、うん。Pさんの話がまだだったね」 

加蓮「脱線してごめんなさい。続き、お願い。」 

P「…」ゴクリ 


~~~~~~~~~~~ 


凛「…大事な、話?」 

奈緒「お。ようやく、話出したぞ…忘れてるのかと思った。 ね、ちひろさん。……ちひろさん?」 

ちひろ「え、あ、はい。聞いてますよ? 勿論、奈緒ちゃんも候補の一人ですよ」 

奈緒「…」


31:2013/06/12(水) 04:11:10.56 :vOZgx1xq0

P(…心を鬼にして…説得っ) 

P「…」 

加蓮「…」 

P「…勘違いだったら、恥ずかしい話なんだが」 

P「最近の…、加蓮の俺に対する態度なんだが、少し、いや、かなり…デレデレじゃないか?」 

加蓮「…えっ?…で、でれでれ…って」 

加蓮(Pさん、鈍感だと思っていたのに…気付いて?) 

P「凄く可愛くて、魅力的な娘から好かれてるってことは、正直すげー嬉しい」 

加蓮「…//」 

P「俺個人としては…な?」 

P「けど、アイドルとして…それは、どうなのかってところだ」 

加蓮「っ!」


32:2013/06/12(水) 04:14:25.23 :vOZgx1xq0

加蓮「……」 

P「…察しが良くて助かるよ、加蓮」 


P「男をドキっとさせるような言葉を並べたり、やたらスキンシップが過剰だったり」 

P「魅力的なことは、アイドルとして、悪いことではない。むしろプラスだろう」 

P「しかしな?対象に問題があるんだよ。加蓮なら、わかるだろう?」 


加蓮「……ぅ、ん」ウルウル 

P(…うぅぅぅ心が痛いぃぃぃぃかれぇぇぇぇぇん)ズキズキ 


~~~~~~~~~~~~~~ 


凛「…」グスッ 

奈緒「…」ウル 

ちひろ(…感情移入しちゃって…)


33:2013/06/12(水) 04:18:06.49 :vOZgx1xq0

P「俺も…男だからな。悪い気分じゃない。むしろ嬉しいんだが」 

P「けれど、加蓮はアイドルだ」 

P「問題になれば、ファンは悲しむだろう。これからのアイドル生活にも支障がでる。その他の可能性も、たくさんだ…」 


加蓮「ご、ごめ…ん、ね…ッ…P、さ…ん」ポロポロ 

加蓮「…き、き…たくな、ぃ…」ポロポロ 

P(あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああぁぁぁぁ) 


P「…だから、だからな」 





P「加蓮、結婚しよう」





35:2013/06/12(水) 04:23:05.13 :dICeP5LIo
…あれ?


36:2013/06/12(水) 04:28:00.26 :vOZgx1xq0

奈緒「…は?」 

ちひろ「い?」 

凛「 」 


奈緒「は、はぁあああ!?」 

ちひろ「な、な、なに言ってるんですかあいつ!!!?」 

凛「  」 


奈緒「あ、あの馬鹿P!どういうつもりだ!」 

ちひろ「と、とりあえずもう終わり!あっち行きましょう!」 

凛「   」


38:2013/06/12(水) 04:35:25.64 :vOZgx1xq0

ドタタタ ガチャ バタン! 



奈緒「おい!!!」 

P「おう、奈緒…見ててくれたか?」 

奈緒「どういうことだよ!!Pさん!!!」 

P「はははっ、何がー?」 

奈緒「ッ 問題起こさないって……自分で言ってただろ!?」 

P「??」 

奈緒「とぼけてるのか!?」 


P「ばっかだなー。問題って何だ?問題なんて起こってないだろー(白目)」 


ちひろ「く、くるってる…」


39:2013/06/12(水) 04:45:48.47 :vOZgx1xq0

P「逆転の発想です。問題だと思うことが、いけなかったんですよ。だって、お互いこんなに愛し合ってるわけですし!」 

P「つまり、問題だと思わなければ、何事も無問題!というわけです(白目)」 

奈緒「ピ、Pさん…?」 

ちひろ「…手遅れですね」 

加蓮「 」 

P「加蓮…」ギュ 

加蓮「!?」 

P「返事を聞かせてもらえるか?」 

加蓮「え…え!……え?………え!?」 



……………… 
…………… 
……… 



凛「ハッ」 

凛「……夢?……良かった」 





奈緒「いや、夢じゃねぇから」 


おわりん


40:2013/06/12(水) 04:58:15.75 :vOZgx1xq0

くぅ~疲ry 


うん。中盤から後半ダレたのは言うまでも無く!もう少しさくっとまとめられれば良かったのですけど 
もうこんな時間ですね 
お付き合いいただき、ありがとうございました!


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1370971031