1:2013/06/12(水) 22:58:30.49 :1D3bwKdSO

アイマス×chicago poodle「流星」


2:2013/06/12(水) 22:59:29.06 :iku2oLvO0

P「流星?」 

貴音「つきましたよ、あなた様」 

 誰も知らない秘密の場所に 

P「おっここかー。いい場所じゃないか」 

 君を初めて誘った日は 

貴音「この場所を知っているのは、私だけですから」 

 言葉一つ選んでる間に 

P「おー星がよく見えるなー。」 

 数え切れないほどの流星を見た 

貴音「今宵は流星群が見える日ですからね」 

 どうなんだろう? 

P「そっかぁ。ありがとうな、そんな日に誘ってくれて」 

 それが知りたくて 

貴音「いえ、・・・あなた様ですから」ボソッ 

 あともう一歩、踏み出せずにいたままで 

P「ん?何か言ったか?」 

貴音「・・・なんでもありません」ムスッ


3:2013/06/12(水) 23:00:10.71 :iku2oLvO0

 煌く空を眺めてる 

P「しっかし綺麗だなー流星群」 

 その横顔に見とれてた 

貴音「・・・」 

 sha la la la 僕に気づいて笑ってた 

P「?どうした?俺の顔何か見て」 

 catn't stop loving you 

貴音「・・・今宵は月も・・・いえ」 

 言いかけてやめた言葉をしまいこんで 

貴音「大したことではありませんよ」スッ 

 そっと君に触れた 

P「わっ!いきなりくっついてくるなよ」 

貴音「今宵だけですよっ」フフッ


4:2013/06/12(水) 23:00:42.73 :iku2oLvO0

 春のかおり 夏の木漏れ日 秋の風 冬の静けさ 

貴音(あれから一年・・・) 

 時の流れに気づかないままで 移り行く季節に戸惑っていた 

貴音(一年というものは、あっという間ですね) 

 どうしてだろう? なぜに時間は 

貴音(プロデューサー殿も最近は事務所にも戻れないようです) 

 互いを知らぬ間に変えてくの? 

貴音「・・・今年も、お誘いしたかったのですが」ボソッ 


5:2013/06/12(水) 23:01:13.26 :iku2oLvO0

 きらめくそらの片隅で ひとりきりの月を見てた 

貴音(一人で見ていると、流星より月に目が行きますね) 

 sha a la la 胸の奥が軋むようなメロディ 

貴音(独りで佇む・・・まるで今の私のようですね) 

 Don't stop loving me 

貴音「・・・あなた様」ボソッ 

 同じ景色を見てるはずの君は今頃何を想うの? 

貴音(今はどちらにいらっしゃるのでしょうか?)


6:2013/06/12(水) 23:01:40.11 :iku2oLvO0

 求め合うだけでなく与え合うものもあるって 

貴音(あなた様と出会って、私はここまで来ることができました) 

 教えてくれた 

P「・・・ぉーぃ!おーい貴音ー!!」 

貴音「・・・あなた様!?」 

 この場所でいつもふたりで 

P「ごめんな、遅くなって」 

 重ね合った思いは今も 

貴音「今日は来れないと思っていましたのに」 

 煌く空を眺めてた 

P「今晩はここにいるんじゃないかなーって思ってさ、早めに切り上げてきたんだよ」


7:2013/06/12(水) 23:02:06.17 :iku2oLvO0

 あの星にかけた願いが今 

P「今日は流星群の日だろ?」 

 僕の中で動き始めた 

貴音(去年のことを、覚えててくださったのですね・・・) 

 can't stop loving you 

貴音「あなた様?」 

 誓うよ 

P「どうした?」 

 そっとだけどもっと 

貴音「ふふっ」 

 そしてずっと君のそばにいよう 

貴音「これからも、よろしくお願いします。あなた様」 


8:2013/06/12(水) 23:03:47.11 :iku2oLvO0

以上です。 

ChicagoPoodleアルバム:Oneより、「流星」でした。 

インディーズ曲ですが、個人的に好きな曲だったのでSSにしてみました。


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1371045510