1:2015/02/02(月) 20:37:59.93 :xdClPTAS0

事務所 

P「おーい、やよい。ちょっと・・・」 

やよい「どうしたんですか?」 

P「実は、やよいにプレゼントがあってな」 

やよい「プレゼント?」 

P「これだ・・・」スッ 

やよい「これは・・・・・・お餅・・・・・・ですか?」 


2:2015/02/02(月) 20:38:50.56 :xdClPTAS0

P「そうだ。実家から大量に送られてきたんだが、食べきれそうにないんだ」 

やよい「いいんですか?こんなにもらっちゃって」 

P「いいんだ。家に置いといても、捨てちゃうからな」 

やよい「うっうー。ありがとうございまーす!家族も喜びまーす」 

P「それは良かった」 





春香「・・・・・・」ジー 


3:2015/02/02(月) 20:39:30.02 :xdClPTAS0

春香(やよい、あんなに喜んでる・・・・・・) 

春香(お餅、好きなのかな?) 

春香(ウチにも余ってるから、明日持ってこよーっと…) 


4:2015/02/02(月) 20:40:01.07 :xdClPTAS0

その夜 高槻家 

長介「ゲッ!姉ちゃん、またお餅貰ってきたの!」 

やよい「う、うん。プロデューサーからのプレゼントで・・・・・・」 

長介「いい加減にしてくれよ。この前社長から大量にもらったばっかりだろ!」 

やよい「そんなこと言ったって、断るのも良くないし・・・・・・」 


5:2015/02/02(月) 20:40:29.79 :xdClPTAS0

かすみ「たまにはご飯が食べたいよぉ」 

やよい「わがまま言わないの。せっかくもらったのに粗末にしちゃいけません」 

長介「うぅ・・・・・・。ご飯が、ご飯が食べたい・・・・・・」 

やよい「・・・・・・」 


7:2015/02/02(月) 20:41:01.64 :xdClPTAS0

次の日 事務所 

春香「ね、やよい。ちょっと、いいかな?」 

やよい「なんですか?」 

春香「これなんだけど・・・」 

やよい「これは・・・」 

春香「ジャーン!お餅だよ。やよい好きだよね?」 

やよい「え?」 


8:2015/02/02(月) 20:41:52.60 :xdClPTAS0

春香「遠慮しなくていって。昨日見てたんだよ」 

やよい「あっ、もしかしてプロデューサーと・・・」 

春香「やよい、すっごく嬉しそうにしてたし、好きなんだよね?お餅」 

やよい「はっ、はいっ!」 


9:2015/02/02(月) 20:42:37.34 :xdClPTAS0

春香「良かったー!困ってたんだよね。食べきれなくてさぁ」 

やよい「そうだったんですね・・・」 

春香「長介くんやかすみちゃんも喜んでくれるといいね」 

やよい「そ、そうですね。ありがとうございますっ」 

春香「いえいえ、どういたしまして」 





千早「・・・・・・」ジー 


11:2015/02/02(月) 20:43:44.04 :xdClPTAS0

千早(お餅が好物だったのね。高槻さん) 

千早(今日の夜作って、明日持ってこようかしら・・・・・・) 


17:2015/02/02(月) 21:34:35.69 :xdClPTAS0

その夜 高槻家 

やよい「ただいまー」」 

長介「おかえりー、って姉ちゃん!その手に持ってるのは、まさか・・・」 

やよい「あっ、これは、その・・・」 

長介「餅だろ!・・・ったく、今度は誰からもらってきたんだよ!」 


18:2015/02/02(月) 21:35:25.91 :xdClPTAS0

やよい「春香さんが、どうしてもって言うから・・・」 

長介「どうすんだよ、こんなにもらって」 

やよい「食べればいいでしょ。みんなで食べればすぐじゃない」 


19:2015/02/02(月) 21:36:14.42 :xdClPTAS0

長介「すぐって、あと1か月ぐらい食べないと無くならないじゃないか」 

やよい「それは・・・」 

長介「かすみを見てみろよ。餅ノイローゼになってるぞ」 

かすみ「モチは・・・イヤ・・・モチは・・・イヤ・・・」グスン 

やよい「・・・・・・」 

長介「もし次頼まれても絶対断ってくれよな!」 

やよい「・・・うん」 


20:2015/02/02(月) 21:36:51.72 :xdClPTAS0

次の日、事務所 

千早「高槻さん、ちょっと」 

やよい「!」 

千早「高槻さん、お餅が好きなのよね?」 

やよい「え、あ、それは違っ・・・」 


21:2015/02/02(月) 21:38:23.85 :xdClPTAS0

千早「高槻さん、お餅が好きなら早く行ってくれれば、私、いつでも 
作ってきたのよてっきり高槻さんが好きなのはもやしだけかと 
思ってたんだけど、お餅も好きだったのね私、お餅を作るのは、 
料理の中でかなり得意な方だし、ずっと高槻さんに 
ごちそうできたらいいなって思ってたんだけど、まさかこんな日が 
来るなんて、夢にも思わなかったわ。もらってくれるわよね?ねぇ?」 

やよい「は、はいっ!」 


22:2015/02/02(月) 21:39:11.32 :xdClPTAS0

千早「良かったわ。はい、じゃあコレ」 

やよい「あ、ありがとうございます」 

千早「いいのよ、高槻さんが喜んでくれて私も嬉しいわ」キャッキャッ 

やよい(・・・やってしまった。長介に何て言おう)シュン 





響「・・・・・・」ジー 


24:2015/02/02(月) 22:03:20.23 :xdClPTAS0

響(やよい、お餅が好きだったのか) 

響(そうだ!明日、やよいに沖縄のお餅をプレゼントしよう!) 


25:2015/02/02(月) 22:03:56.59 :xdClPTAS0

その夜 高槻家 

やよい「・・・・・・」 

長介「・・・それ、どうするんだ?」 

やよい「・・・これで最後、最後だから、みんなで頑張って食べよう。ね?」 


26:2015/02/02(月) 22:04:34.49 :xdClPTAS0

長介「・・・本当だからな!かすみにも約束してくれよな」 

かすみ「・・・・・・」シュン 

やよい「かすみ、ごめん。もう餅は貰わないから。絶対、約束するから」 

かすみ「・・・・・・」 


27:2015/02/02(月) 22:05:29.44 :xdClPTAS0

やよい(今度こそ、絶対断らなきゃ)グッ 


28:2015/02/02(月) 22:06:12.30 :xdClPTAS0

次の日 事務所 

響「やよいー」 

やよい(来た・・・!) 

響「やよい?聞こえてるのか?」 

やよい「ひ、響さん。なんですか」 


29:2015/02/02(月) 22:06:45.92 :xdClPTAS0

響「コレなんだけど、自分からプレゼントさー」 

やよい「い、要りません。絶対に要りません!」 

響「え?」 

やよい「あっ・・・」 


30:2015/02/02(月) 22:07:37.88 :xdClPTAS0

響「えーとっ・・・。これは餅さー。やよい、餅が好きなんだろ?」 

やよい「ごめんなさい。お餅、好きじゃないんです」 

響「えっ、だって昨日千早からもらってたんじゃないのか?」 

やよい「そ、それはそうですけど」 

響「千早のお餅は受け取れるけど、自分のお餅は受け取れないっていうのか?」 


31:2015/02/02(月) 22:08:28.94 :xdClPTAS0

やよい「ごめんなさい。でも絶対に無理なんです。約束なんです!」 

響「そうか・・・。やよいは自分のことが嫌いなんだな・・・」 

やよい「ち、違いますよ。響さんのこと嫌いなんかじゃないです」 

響「いいさ。自分はどうせ嫌われ者さー」フッ 

やよい「違います。響さんは嫌われ者なんかじゃないです!」 


32:2015/02/02(月) 22:09:36.28 :xdClPTAS0

響「自分だって昔から気づいてたさ。みんなが自分のこと避けてること・・・」 

やよい「響さん・・・」 

響「グスッ、うわーん!やよいのバカー!」タッタッタッ ガチャ 

やよい「あっ、響さん、待って・・・」 

P「うおっ、と」ドン 

響「うわーん、プロデューサー邪魔さー」タッタッタッ 


33:2015/02/02(月) 22:14:44.33 :xdClPTAS0

P「響、どこ行くんだー?」 

やよい「・・・・・・」 

P「やよい、響は一体どうしたんだ?」 

やよい「プロデューサー、実は・・・・・・」 


39:2015/02/02(月) 23:13:41.94 :xdClPTAS0

貴音の部屋 

ピンポーン ピンポーン ピンポーン ピンポーン ピンポーン 

貴音「こんなに呼び鈴を連打するなど、まこと迷惑ですね」 

貴音「はて、いったい誰なのでしょうか」ガチャン 

響「たかねー!やよいがー、やよいがー」グスン 

貴音「響!そんなに泣いて、一体どうしたというのですか?」 


40:2015/02/02(月) 23:14:23.48 :xdClPTAS0

事務所 

P「えー!餅を食べきれないほど貰って困ってるって?」 

やよい「妹がもう餅ノイローゼみたいで・・・」 

P「そうだったのか・・・。それは悪いことをしたなぁ」 

やよい「プロデューサーのせいではないです。私が断っていれば・・・・・・」 


41:2015/02/02(月) 23:14:55.59 :xdClPTAS0

P「うーん、それにしても何か良い方法はないものかなぁ。いっそのこと、餅を全部捨てちゃうとか」 

やよい「それはダメです。みなさんからのプレゼントを捨てるわけにはいきません」 

P「でもなぁ・・・他に餅を処分する良い方法は・・・・・・、そうだ!」 

やよい「・・・・・・」 

P「餅パーティーをしよう!」 

やよい「もちぱーてぃー?」 


42:2015/02/02(月) 23:23:54.37 :xdClPTAS0

貴音の部屋 

貴音「なんと!?あのやよいがそんなことを・・・・・・」 

響「ホントだぞ。たぶん自分はやよいに嫌われてるんだ」 

貴音「響・・・。勝手に思い込むのは良くありませんよ。実際やよいが直接嫌いだと言ったわけではないのでしょう」 

響「そ、それはそうだけど」 


43:2015/02/02(月) 23:24:32.26 :xdClPTAS0

貴音「それなら、もう一度会って聞いてみればいいではないですか」 

響「ううっ・・・、自分、やよいにはあまり会いたくないぞ」 

貴音「そんなこと言ってないで、さあ、今一度、事務所に戻りましょう」 

響「ま、まあ、貴音がいるなら安心だぞ」 


44:2015/02/02(月) 23:25:30.35 :xdClPTAS0

事務所 

美希「春香のお餅、ふっくらしてておいしいのー」 

雪歩「お茶にも良く合いますぅ」 

春香「そう、ありがとう。お母さんが聞いたら、きっと喜ぶよ」 

P「そうか?俺のはパサパサしてイマイチだけどな・・・・・・」 

春香「プロデューサーさん・・・・・・、それって・・・・・・」 

P「え?」グフッ 


45:2015/02/02(月) 23:37:36.26 :xdClPTAS0

千早「パサパサで悪かったですね!」 

P「アッ、アハ、アハハハ。千早の餅だったのか。パクッ、うん、うまい最高だ」 

千早「もういいです!プロデューサーは今日から1週間私の餅の味見を務めてもらいますから」 

P「へ?1週間もか?」 

千早「嫌なんですか?」ギロッ 

P「アッ、アハ、アハハハ。た、楽しみだなぁ」 


47:2015/02/02(月) 23:38:47.85 :xdClPTAS0

亜美「あ、真美こっちにもお餅があるよ」 

真美「ホントだ。見た目は悪いけど味はどうなんだろう?食べてみよう」パクッ 

千早「・・・・・・」ワクワク 

亜美・真美「・・・・・・」モグモグ 




真美「うげー、もどしちゃいそうだYO」 

亜美「ホントだ。兄ちゃんのお餅の方がずっとおいしいYO」 


48:2015/02/02(月) 23:39:30.27 :xdClPTAS0

千早「・・・・・・」ブチッ 

千早「んああああああああああああああああ!!」ガシャン バタン ドゴーン 

P「千早、暴れるんじゃない。謝るから落ち着け!」 

やよい「千早さん!落ち着いてください。私、千早さんのお餅大好きですよ」 

千早「ハッ!私としたことが高槻さんの前で取り乱すなんて・・・」 

やよい「千早さんのお餅、少し変わった触感だけど、お雑煮に入れるととってもおいしくなりますよ!」モグモグ 

千早「高槻さん、優しいのね。私、自信が付いたわ」ウルッ 

やよい「うっうー♪よかったでーす」 

千早「うふふ」 


49:2015/02/02(月) 23:40:42.91 :xdClPTAS0

P「それにしても響はどこ行ったんだ。貴音も電話に出ないし・・・」 

ガチャン 
貴音「やよい、やよいはいますか?ん?これは…」 

P「お?貴音、何してたんだ。ずっと連絡してたんだぞ」 

貴音「あなた様、これは一体?」 

P「ん?これか、これは餅パーディだ」 

貴音「餅ぱーでぃー?」 


50:2015/02/02(月) 23:41:51.96 :xdClPTAS0

P「765プロのみんなでやよいん家の餅を食べることにしたんだ。アイドル全員がそろえば半分以上消費できるだろう」 

貴音「なんと!ではやよいが響の餅を要らないといった理由は・・・」 

P「ああ、それなら、響がプレゼントする前に、社長と俺と春香と千早がすでに餅をあげてたから、もう食べきれない量の餅が高槻家にはあったんだ」 

貴音「そうだったのですか」 

P「それで、毎日餅を食べてたせいで、かすみちゃんが餅ノイローゼになっちゃったらしくてな」 

貴音「なんと!響、聞きましたか?もう出てきてもいいでしょう?」 

響「う、うん・・・」 


51:2015/02/02(月) 23:42:35.35 :xdClPTAS0

スタスタスタ

響「やよい!ごめんだぞ!」 

やよい「響さん・・・」 

響「自分、かすみちゃんのことも知らずに、やよいのこと『バカ』なんて言っちゃって」 

やよい「いいんです。私が最初に断っておけばこんなことにはならずに済んだんです」 

響「ううっ、やよいは優しいな」ウルッ 


52:2015/02/02(月) 23:43:03.95 :xdClPTAS0

やよい「響さん・・・。私、響さんのお餅食べてみたいです!」 

響「ホントか!ムーチー食べてみたいのか?」 

P「ムーチー?」 

貴音「響、ムーチーとは?」 


53:2015/02/02(月) 23:43:55.46 :xdClPTAS0

響「へへっ、ムーチーは沖縄伝統のお餅だぞ。こういう風に笹の葉にくるまれてるんだ」ササッ 

貴音「面妖な・・・。こういうお餅もあるのですね」 

やよい「うっうー♪いい香りがしますー」 

響「ちなみに味付きだから、料理する必要はないぞ」 

やよい「え、そうだったんですか?これなら長介やかすみも食べられるかも・・・」 


54:2015/02/02(月) 23:44:52.41 :xdClPTAS0

響「さあ、やよい早く食べてみてよ」 

やよい「いただきまーす」パクッ 

響「どうだ?」 

やよい「う・・・」 

響「う?」 






やよい「おいしいでーす♪」 


55:2015/02/02(月) 23:45:31.67 :xdClPTAS0

響「良かったぁ」ハァ 

やよい「お菓子みたいです。これならデザートとして食べられます!」 

響「そうか。アンマーも喜ぶぞ!」 

やよい「響さんのお母さんの手作りだったんですか。うらやましいです」 

響「やよいの家では、お餅作らなかったのか」 

やよい「えーっと、お父さんもお母さんも忙しくて・・・」 


56:2015/02/02(月) 23:46:16.56 :xdClPTAS0

響「そうなのかー。それじゃあ来年は自分がやよいとやよいの家族のために、ムーチーを作ってあげるさ」 

やよい「いいんですか?」 

響「自分がみんなに食べさせてあげたいさー。だからやよいは餅をプレゼントしたいって言う人がいてもあまりもらいすぎるのはやめてほしいぞー」 

やよい「うっうー♪響さんのムーチー楽しみです!」 


おわり 





57:2015/02/03(火) 00:00:35.62 :BGuB0psK0

P「ふぅー、一件落着だな」 

貴音「そのようですね」 

P「そういえば、貴音はまだ餅を食べてないな」 

貴音「はい、これからいただく予定です。非常に楽しみです」ジュルリ 

P「ハハッ、あんまり急いで食べると、のどに詰まらせてしまうかもしれないから気をつけるんだぞ」 

貴音「あなた様、いくらわたくしが食いしん坊だと言っても、そのようなことは決して・・・」 

P「冗談だよ、冗談」 

貴音「まったくあなた様ったら・・・では、いただきます」モグモグモグモグモグモグ 

P「お、おい貴音、いくらなんでも、ほおばりすぎじゃないか」 

貴音「こんなの・・・何でも・・・ありま・・・・・・ウッ!」 


58:2015/02/03(火) 00:01:35.84 :BGuB0psK0

P「おいっ!貴音、大丈夫か!貴音!」 

貴音「・・・・・・んくっ・・・・・・かっ!・・・・・・」 

P「ヤバイ。餅がのどに。クッ・・・こんな時一体どうすれば・・・」 

春香「ん?プロデューサーさんどうしたんですか?」 

P「貴音が・・・貴音が餅をのどに詰まらせちゃったみたいなんだ」 

春香「えーーーーっ!!」 

貴音「・・・・・・んくっ・・・・・・かっ!・・・・・・」 

P「何か、何か良い方法は・・・」アセアセ 

春香「貴音さん、しんじゃ嫌っ!」 

P「落ち着くんだ!春香!落ち着いて落ち着くんだ!」 

春香「プロ、プロ、プロデューサーさんこそ落ちっ、落ち着いてください」 

貴音「かっ!・・・・・・こひゅ・・・・・・」 

P「あー、どうしよう。なにか打つ手は」 

春香「あ!」 


59:2015/02/03(火) 00:03:39.21 :BGuB0psK0

春香「ごめんなさい。ちょっと寝ます」ムニャムニャ 





61:2015/02/03(火) 10:04:44.53 :5xESuqj1O
貴音しんじゃうww

63:2015/02/03(火) 19:36:30.60 :pZa7/hLAO
早く掃除機を貴音の口に突っ込むんだ! 
もう手遅れの気もするが


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422877079