1:2015/02/03(火) 18:13:26.12 :rXET5tGeo

森久保乃々「……」 

星輝子「……」 

乃々「あの……キノコさん」 

輝子「フヒ、なんだい……ボノノさん」 

乃々「いえ、なんというか……手持ち無沙汰じゃないですか?」 

輝子「うん……。でも、手伝うと言っても……大したこと出来ないしな」 

佐久間まゆ「お待たせしました~」 

乃々「とか言ってたら、準備出来たみたいです……」 

輝子「おお」 

まゆ「なんですか?」 

輝子「エプロン姿のまゆさん……すごく可愛い」 

まゆ「うふ、ありがとう」


2:2015/02/03(火) 18:14:08.06 :rXET5tGeo

乃々「スゴイです、言われ慣れてる感じです……。さすが元モデル」 

まゆ「正確には元読者モデルですよ?」 

まゆ「……よいしょっと。それじゃ、食べましょうか」 

『いただきます』 

乃々「スキヤキ、久しぶりです……」 

まゆ「ご飯多めに炊いてるので、おかわりできますからね」 

輝子「美味しそうだな……とくに、このシイタケがいい」 

輝子「シイタケはやっぱりこの形。Xbox360のトレードマーク……」 

まゆ「輝子ちゃん、ゲームするんですか?」 

輝子「あまりしないけど、キノコ関係の話題には目を光らせてる……フヒヒ」 

まゆ「シイタケがトレードマークなんて珍しいですねぇ」 

乃々「シイタケはあくまで俗称と思うんですけど……」


3:2015/02/03(火) 18:14:39.90 :rXET5tGeo

輝子「はふはふ……」 

乃々「まゆさん、なにか飲み物もらえませんか? 冷たいもの」 

まゆ「あっ、ごめんなさい、気づかなくて。何がいいですか?」 

まゆ「すぐ出せるものだと……牛乳、オレンジジュース、ジャスミンティー……」 

乃々輝子『ジャスミンティー……ッ!』 

まゆ「えっ、なにか変ですか?」 

乃々「飲み物でジャスミンティー勧められたの、初めてです……」 

輝子「なんか女子力高そうだ……」 

まゆ「飲んでみます?」 

乃々「はい、ぜひ」 

輝子「じゃ、じゃあ……私も」 

まゆ「持ってきますね。ちょっと待っててください」


4:2015/02/03(火) 18:15:14.71 :rXET5tGeo

輝子「……なんだか、まゆさんが雲の上の人に思えてきた」 

乃々「服も部屋もすごくオシャレです……女子寮だから、部屋の造りは同じはずなのに」 

まゆ「あまりジロジロ見ないでください。恥ずかしいです」 

まゆ「それに乃々ちゃんだって、結構可愛いお洋服着てるじゃないですか」 

乃々「親がそういう趣味で……もりくぼは、目立たない地味なのでも良いのに……」 

乃々「いえ、別に嫌いでもないですけど……」 

乃々「ごくごく……ふおお、ジャスミンの香り……!」 

輝子「こんなオシャレな飲み物が……! ま、まるでリア充になったようだっ」 

まゆ「なら沖縄の人はみんなリア充になってしまいますよ?」 

乃々「メジャー……なんですか?」 

まゆ「沖縄ではたしかさんぴん茶っていうんですけど、一般的に飲まれてるみたいです」


5:2015/02/03(火) 18:15:45.80 :rXET5tGeo

まゆ「以前撮影で沖縄に行ったときに気に入って」 

輝子「フヒ……私だったら『あ、美味しい』で終わったと思う」 

まゆ「乃々ちゃん、ご飯少ないですね。つぎましょうか」 

乃々「あっ、はい……。普段おかわりなんて滅多にしないんですが……」 

輝子「いや、仕方ない……それくらい美味しい」 

輝子「わ、私もおかわり……良い?」 

まゆ「ええもちろん。はい、どうぞ」 

まゆ「あっ、お肉とか追加しますね」


6:2015/02/03(火) 18:16:14.29 :rXET5tGeo

乃々「料理が上手くて、気が利いて、元モデルなくらい可愛くて……」 

乃々「もりくぼが男だったら……絶対お嫁さんにしたいです」 

まゆ「ふふっ、ありがとう」 

輝子「そういえば、さっき元読者モデルって言ったけど……」 

まゆ「ええ」 

輝子「読者モデルと普通のモデルってどう違うんだ?」 

まゆ「一口に読者モデルと言ってもいろいろですけど……」 

まゆ「簡単なのは街中で声かけてその場で撮影、報酬をわたして終わり、というパターンですね」 

乃々「まゆさんは、事務所所属してたんですよね……」 

輝子「雑誌の表紙になったことも……あるんだよね? そこに飾ってある雑誌……」 

まゆ「ええ」 


7:2015/02/03(火) 18:16:48.47 :rXET5tGeo

輝子「それってプロと変わらないんじゃ?」 

まゆ「そう……かもしれませんね」 

まゆ「ただ、学業優先だったので、結構お仕事断ってたんですよ」 

乃々「仕事量少なかったのに表紙まで飾る、って…………」 

輝子「フヒヒ……チート?」 

まゆ「ズルはしてないですよ?」 

輝子「あっ、ごめん。そういう意味じゃなくて……えっと、純粋にスゴイって、言いたかった」 

乃々「でも今は……どちらかというとアイドルのお仕事を優先……してないですか?」 

まゆ「そうですね。プロデューサーさんが取ってきてくれるお仕事を断ったりなんて出来ませんし」 

まゆ「学校ではプロデューサーさんに会えませんけど、お仕事なら会えますから♪」


8:2015/02/03(火) 18:17:16.28 :rXET5tGeo

輝子「ボノノさんとは真逆だね……」 

乃々「そうかもしれません……」 

まゆ「乃々ちゃんはプロデューサーさんのこと嫌い?」 

乃々「嫌いというほどではないですけど……」 

乃々「アイドルのお仕事はやっぱり、もりくぼには向いてないと思います……」 

まゆ「嫌々やって今の人気なんだから、それはそれでスゴイと思うんですけどねぇ」 

輝子「ボノノさんが積極的にアイドルやったら、もっとファン増えるかな……?」 

まゆ「どうでしょう? これは私の偏見かもしれませんけど……」 

まゆ「乃々ちゃんのファンは、今の乃々ちゃんが好きなんだと思いますよ?」 

まゆ「新規のファンは増えるかもしれませんが、既存のファンは減る気がします」 

輝子「アイドルって難しいな……」


9:2015/02/03(火) 18:17:43.99 :rXET5tGeo

輝子「ところで、タレがかなり減ってきてるんだけど」 

まゆ「あっ、本当。継ぎ足しますね」 

まゆ「お酒は新しいのを開けないと……」 

乃々「まゆさんがお酒買ってるんですか?」 

まゆ「料理酒は未成年でも買えるんですよ」 

乃々「そうなんだ、知らなかった……」 

輝子「…………? どうしたの?」 

まゆ(涙目)「開かない……」アケテ 

乃々輝子(可愛い)


10:2015/02/03(火) 18:18:19.33 :rXET5tGeo

輝子「私もそんなに力強いほうじゃないんだけど……くくくっ」 

輝子「んぐぐぐぐぐっ……!」 

輝子「だ、駄目だ……ボノノさん、パス」 

乃々「あ、はい。一応やってみますけど…………ふんっ」 

乃々「んっ、くぅ……むーりぃ~」 

乃々「摩擦で手が痛いです……」 

乃々「キノコさん……こうなったら、ライブのテンションで……火事場の馬鹿力的な」 

輝子「なるほど。やってみよう……」 

輝子「すぅー……ふぅー……」 

輝子「いざっ!」


11:2015/02/03(火) 18:18:51.45 :rXET5tGeo

輝子「うおおおおぉぉっ!!」 

輝子「んだああああああぁぁぁっ!!」 

輝子「コンチクショォォォッッ!! 抵抗しやがってぇぇぇっ!!」ブンッ 

まゆ「わーっ、投げちゃダメ! 割れます!!」 

輝子「ハッ! ……あ、危なかった」 

乃々「全然開かないですね」 

まゆ「じゃあちょっと味変わっちゃうかもしれないけど、醤油と砂糖だけでいいですか?」 

輝子「うん」 

乃々「それどうするんですか?」 

まゆ「あとで他の人に開けてもらいます」 

まゆ(あっ、そうだ。これを口実にプロデューサーさんを招待しちゃおうかしら)


12:2015/02/03(火) 18:19:22.76 :rXET5tGeo

まゆ(醤油……)トポトポ 

乃々(お水……)トポトポ 

輝子(砂糖……)サッ 

輝子「しゅがーはぁと……」ボソッ 

まゆ「ンフッwww」 

乃々「ゴフッww」 

まゆ「ちょっと、輝子ちゃん」 

輝子「ご、ごめん……なんか思い出して」 

乃々「ごほっごほっ、げほっ……!」←むせた 

まゆ「乃々ちゃん、大丈夫!?」


13:2015/02/03(火) 18:20:02.18 :rXET5tGeo

・ 
・ 
・ 

輝子「ふぅ、食べ尽くしたな……」 

乃々「お腹いっぱいです……」 

まゆ「余分に用意したから余ると思ったんですけど、完食しちゃいましたねぇ」 

まゆ「しめにうどんもあったんですが……」 

輝子「……せっかくだから、食べたい」 

まゆ「入ります?」 

輝子「たぶん一玉くらいなら……」 

まゆ「乃々ちゃんは?」 

乃々「じゃあ、えっと……私は半玉で」 


14:2015/02/03(火) 18:20:30.54 :rXET5tGeo

輝子(……あれ? ひょっとして私一人で一玉食べる……?) 

輝子(…………あー、あー。三人で一玉分けるつもりだった……) 

輝子(満腹で頭が回ってないな……) 

まゆ「輝子ちゃん、あらかじめ茹でてますからすぐ食べられますよ?」 

輝子(フヒッ!? すでに用意されている……!) 

乃々「輝子さん……?」 

まゆ「……?」 

輝子「…………ヒィヤッハァァッ!! うどん!!」 

輝子「一本残らず駆逐してやるぜぇぇぇっ!!」


15:2015/02/03(火) 18:21:14.37 :rXET5tGeo

・ 
・ 
・ 

輝子「うぷ。もー入らない……普段の倍くらい食べた気がする……」 

乃々「全部食べたと思ったところに、まさか追撃でうどんが来るとは……」 

まゆ「二人につられて、私も食べ過ぎちゃいました……」 

輝子「あー……もう一歩も動けない」 

まゆ「実はここで残念なお知らせが」 

乃々「え?」 

まゆ「デザートにプリンを用意していたんですけど、流石に入らないですよね……」 

輝子「市販のもの?」 

まゆ「いえ、まゆの手作りです」 

乃々「……」 

輝子「……」 

乃々「…………少し時間空ければ」 

まゆ「食べますか」 

輝子「食べよう」


16:2015/02/03(火) 18:21:46.16 :rXET5tGeo

・ 
・ 
・ 

乃々「ごちそうさまでした……」 

まゆ「お粗末さまでした」 

輝子「またいつか一緒に食べたいな……」 

まゆ「レッスンが一緒のときは、また食事会しませんか?」 

乃々「準備大変じゃないですか?」 

まゆ「美味しく食べてくれるなら平気です♪」 

輝子「でも……自分で言っておいてなんだけど、まゆさんの負担にならない?」 

まゆ「全然。お料理するのは好きだし……それに」 

まゆ「友達同士でそんな遠慮は不要ですよ?」 

輝子「そ、そっか……ウン。そう言ってくれるなら」 

まゆ(ふふ、輝子ちゃんすごく嬉しそう)


17:2015/02/03(火) 18:22:17.12 :rXET5tGeo

まゆ「乃々ちゃんはどうですか?」 

乃々「もりくぼは……」 

乃々「…………」 

乃々「まゆさんのお料理食べられるなら……レッスン頑張れる気がしますけど」 

まゆ「じゃあ一緒のときは毎回作りますねっ」 

乃々「あ、はい……じゃあレッスン頑張るしかないですね……」 

輝子(フヒヒ……ボノノさんがレッスン頑張るほど魅力的なんだ) 

輝子(やっぱりチートだな……良い意味で) 




~後日~ 

マスタートレーナー「なにぃ、食べ過ぎて太った!?」 

マストレ「ばっかもーん!! ライブまで時間がないぞ!」 

マストレ「元の体型に戻るまで毎日地獄の特訓だ!」 

『むーりぃ~!!』


18:2015/02/03(火) 18:24:11.74 :rXET5tGeo

以上終了です 
3rd LIVEあたりでアンダーザデスク見れたらいいなぁ


20:2015/02/03(火) 18:27:32.19 :KKVHUIYeO
乙 
アンダーザデスクは公式でも仲が良さげでよかった

21:2015/02/03(火) 18:43:38.81 :BKH/SubO0
これはいい机の下同盟 
アンダーザデスク皆かわいい

22:2015/02/03(火) 18:52:58.84 :3gyo8CYDO
おつー 

…てっきり机の下で食ってるものと思い込んでた。 
んな描写ないのに

26:2015/02/03(火) 20:06:58.21 :Yac9HyW/O
机の下ズ、かわええなぁ…… 
ぼののにも声つかないかしら


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422954805