1:2015/02/14(土) 00:57:47.82 :gyEBqZZn0

都内某所 ○Kストア 

黒井「ふむ、今日はセレブに酸辣湯にでもするか…」 

???「塩らぁめんと味噌らぁめん、一体どちらにすれば…」  

黒井「む?あれは高木のところの…」 


4:2015/02/14(土) 01:02:59.88 :gyEBqZZn0

黒井「奇遇だな。高木の所の三流アイドルよ」 

貴音「なんと。961プロの黒井社長ではありませんか」 

黒井「ウィ。一体ここで何をしている?」 

貴音「いえ、こちらのらぁめん、どちらにしたらいいか迷っておりまして…」 


6:2015/02/14(土) 01:07:57.41 :gyEBqZZn0

黒井「なら両方買えば良いではないか」 

貴音「生憎手持ちが心もとなく…」 

黒井(ここで恩を売って765プロに妨害工作するのも手か…) 

黒井「フン。それくらいならセレブな私が買ってやろう」 

貴音「真ですか!」 


8:2015/02/14(土) 01:12:46.18 :gyEBqZZn0

黒井「スーパーセレブの私には造作のない事だよ。高木の所の三流アイドルよ」 

貴音「大変感謝致します!」 

黒井「では会計を済ませてくる。外で待っていたまえ」 


13:2015/02/14(土) 01:18:32.13 :gyEBqZZn0

黒井「ではまた逢おう。へっぽこプロのアイドルよ」 

貴音「なんとお礼を申し上げればよいのか」 

黒井「そのくらい気にするな。アデュー」 

貴音「はい。このお礼はいつか」 


14:2015/02/14(土) 01:24:12.12 :gyEBqZZn0

───── 
─── 
─ 

都内某所 繁華街 

黒井「む、あれは四条貴音ではないか」 

貴音「これは黒井殿。ご無沙汰しております」 

黒井「ウィ。ここで何をしている?」 

貴音「本日はお休みを頂戴しておりますゆえ、散策をと」 


15:2015/02/14(土) 01:31:44.81 :gyEBqZZn0

黒井「ほう」 

貴音「黒井殿は?」 

黒井「セレブな私は観光がてら人間観察だ」 

貴音「なるほど」 

黒井「後はセレブな私が贔屓にする店へ食事に行こうかと思ってな」 


18:2015/02/14(土) 01:38:27.01 :gyEBqZZn0

貴音「なんと!」 

黒井(ついでに四条貴音も連れて行ってもいいが、パパラッチされても困るな…) 

黒井「……」 

黒井「と思ったが急用を思い出したのでこれで失礼するよ」 

貴音「そうですか…是非ご一緒にと思ったのですが…」 

黒井「それはまたの機会にしておこう。アデュー!」 


19:2015/02/14(土) 01:43:44.57 :gyEBqZZn0

───── 
─── 
─ 

赤坂 ブーブーエス 

春香「それでは続いてはこちらのコーナーでしゅ!」 

千早「!」 

美希「貴音ー!」 


20:2015/02/14(土) 01:46:44.37 :gyEBqZZn0

らぁめん、それは最早ただの食に非ず。 

日々探究、精進して行く道であり、人そのもの。 

らぁめんは文化、らぁめんは進化、らぁめんは可能性。 

今日もまた新しい出会いを探して… 



『四条貴音のらぁめん探訪』 


21:2015/02/14(土) 01:50:33.82 :gyEBqZZn0

貴音「雪とけて村いっぱいの子どもかな…」 

貴音「季節も少しずつ暖かさを取り戻してきて参りました。皆さんいかがお過ごしでしょうか?」 

貴音「四条貴音です」 

貴音「さて本日はすぺしゃるげすとの方に来て頂きました」 


22:2015/02/14(土) 01:55:09.46 :gyEBqZZn0

黒井「ウィ。ご紹介に預かりました961プロの黒井崇男と申します。以後お見知りおきを」 



赤坂 ブーブーエス 

P「!!??」 

律子「どういう事ですか!?」 

P「いや!俺も聞いてないぞ!」 


23:2015/02/14(土) 02:02:06.73 :gyEBqZZn0

貴音「さて、本日は黒井殿のお勧めのお店という事ですが」 

黒井「ウィ。よく私が伺う店をご紹介しましょう」 

貴音「それがこちらの揚○商人さんです」 


24:2015/02/14(土) 02:08:22.86 :gyEBqZZn0

貴音「わたくし初めて伺いましたが、大変趣のある佇まいですね」 

貴音「なんとお冷が茉莉花茶とは!」 

黒井「勿論無料サービスだ」 

黒井「ここは他のメニューも美味しいがやはりコレが一番であろう」 


25:2015/02/14(土) 02:15:32.11 :gyEBqZZn0

黒井「レディ、酸辣湯麺を2つ貰おうか」 

店員「柳麺と刀切麺はどうしましょうか?」 

黒井「柳麺は細麺の事だな。細麺を固めで頼む」 

黒井「あと搾菜と食後に杏仁豆腐を貰おう」 

貴音「手馴れておりますね」 

黒井「私は酸辣湯麺が流行る前からずっと食べているからな」 


26:2015/02/14(土) 02:18:22.57 :gyEBqZZn0

店員「お待たせしました~」 

黒井「ではいただくとしよう」 

貴音「はい。いただきます」 

貴音「!これは…!!」 

黒井「どうかね?」 


27:2015/02/14(土) 02:22:42.85 :gyEBqZZn0

貴音「このようならぁめんは初めて食したのですが…」 

貴音「真、美味でございます!!」 

黒井「はーっははは!そうだろう!……おっと失礼」 

貴音「はい!わたくしは真に感動しております!」 

───── 
─── 
─ 


28:2015/02/14(土) 02:24:47.16 :gyEBqZZn0

貴音「四条貴音のラーメン探訪、今週も素晴らしい出会いがありました。」 

貴音「黒井殿も本日はありがとうございました。」 

黒井「ウィ」 

貴音「では来週もまた、次の出会いを求めて」 


29:2015/02/14(土) 02:28:50.72 :gyEBqZZn0

───── 
─── 
─ 

765プロ 

P「おはようございま~す!いやぁ、昨日は大変でしたね」 



???「なにが大変だったのかね?貧乏暇なしプロデューサー君」 


30:2015/02/14(土) 02:33:26.94 :gyEBqZZn0

P「ぐっ、昨日も聞いたがこの嫌味ったらしい声は…黒井社長!」 

黒井「ウィ。少し顔色が優れないようだが、ちゃんと食事は取っているかね?」 

P「あなたのせいですよ…っと本日は一体どのような件で?」 

黒井「なに、貴音ちゃんがどうしても昨日の味が忘れられないと言ってな」 


31:2015/02/14(土) 02:39:49.51 :gyEBqZZn0

黒井「ここで私が直々にに作っているのだよ!」 

P「どうしてここで!?」 

黒井「ノン、ノーッン!やはり君はわかっていない様だね、五流プロデューサー」 

黒井「貴音ちゃんは少し前にエルダーレコードの社長と会った事を忘れたのかね?」 

黒井「誤解とはいえ騒ぎになったであろう」 


32:2015/02/14(土) 02:43:24.86 :reGmFhWH0
優しくて気配りもできる親戚のおじさん


33:2015/02/14(土) 02:44:40.33 :gyEBqZZn0

黒井「だから私がこうして出向いたわけだ」 

P「な、なるほど…」 


貴音「あなた様!黒井殿に作っていただいたこのらぁめん、真に美味でございます!」 

小鳥「わたしもいただいてます~!」 


35:2015/02/14(土) 02:47:53.60 :gyEBqZZn0

黒井「ではわたしはこれで失礼するとしよう!」 

貴音「黒井殿!またお願いしてもよろしいでしょうか!?」 

黒井「ウィ。勿論だとも。ではさらばだ!アデュー!」 

小鳥「お気をつけて!」 


36:2015/02/14(土) 02:49:23.29 :gyEBqZZn0

P「……」 

貴音「あなた様もいかがですか?あなた様?」 

貴音「面妖な」 



おわり 


37:2015/02/14(土) 02:51:22.38 :gyEBqZZn0

お目汚し失礼しました 

一応こちらの続編になっています 



38:2015/02/14(土) 02:51:46.81 :AboyvHTNo
なんだこのおっさんwwww

39:2015/02/14(土) 02:55:42.40 :Qt368I4DO
貴音をちゃん付けで読んで貴音の希望するらぁめんを作る親戚のおじさん(黒ちゃん)が見える


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423843067