※地の文あり 


2:◆uCbLPg/WnY:2015/02/16(月) 09:22:43.49 :sDZA5Cqh0

「プロデューサー、今日は飴が降っていますね」 

窓の外、降る飴は色とりどりに輝いている。 

ストロベリーの赤、メロンの緑、レモンの黄色。 

「ええ、雨が降ってますね」 

窓の外を見て、そう言って返す貴方の背中の猫はどこか寂しそうで。 

思わず口をついて出たこと葉は、猫へひらひらと舞い落ちる。


3:◆uCbLPg/WnY:2015/02/16(月) 09:23:17.46 :sDZA5Cqh0

「飴、お嫌いなんですか?」 

私は彼の鏡中を汲み取る事はできない。くすんでいるから。 

けれど、貴方は上下に裂けた背中で語る。 

「雨、嫌いなんです」と。 

「どうしてですか?」と尋ねるより早く、貴方の背中は口を紡いだ。 

ここから先は、キャッチボールで。 


4:◆uCbLPg/WnY:2015/02/16(月) 09:24:39.13 :sDZA5Cqh0

「どうしても、気分が高揚しなくて」 

「紅葉しないんですか」 

確かに球は青々とした森の奥から私めがけて飛んできた。 

外に降る飴とは大違い。緑一色。 

「楓さんは、雨、好きなんですか?」 

「私は……嫌いではない、ですね」 

町が虹色に染まる幻想的な光景は、一度見たら嫌いにはなれないだろう。 


5:◆uCbLPg/WnY:2015/02/16(月) 09:25:33.29 :sDZA5Cqh0

「そう、ですか」 

私が投げ返したボールは森の奥から暫く返ってはこなかった。 

そうして、事務所の机が音という傷で一杯になった頃。 

「……少し、昔話を聞いてくれませんか」 

森の奥から飛んできたボールはふらふらふらふら、 

躊躇いながらも私の足元へ着地した。 

「聞かせてください。プロデューサーの、昔話」


6:◆uCbLPg/WnY:2015/02/16(月) 09:26:23.66 :sDZA5Cqh0

私はそれを優しく手に取ると、今度は投げ返すでなく、森の奥へ足を踏み入れる。 

彼は、それを望んでいるはずだから。 

森の中、プロデューサーを見つけて隣に座り、ボールを手渡した。 

「……俺、この仕事を始める前、彼女がいたんですよ」 

しかし、私に返ってくるはずのボールは、大きく跳ね上がって天井に突き刺さった。 

斜め上、かしら。 

「……そう、なんですか」


7:◆uCbLPg/WnY:2015/02/16(月) 09:28:02.43 :sDZA5Cqh0

「驚きましたか」 

「ええ、驚きました」 

実はそこまで驚いてはいなかった。 

彼の愛用しているマグカップには、彼しか持っていない鍵がかかっているから。 

他の誰も、開けられはしないから。 

「その彼女に……こんな雨の日に、振られまして」 

「降られてしまったんですか」 

きっとそれは通り飴。 

降り始めは凄まじくて、色んな味が混ざり合って、美しいけれど。 

降り終わってみれば、残っているのは汚い色の、美味しくない飴溜り。 


8:◆uCbLPg/WnY:2015/02/16(月) 09:29:23.84 :sDZA5Cqh0

「……俺が、悪いんです」 

「プロデューサーは、悪くありません」 

だって、通り飴を予想できる人なんて誰もいないのだから。 

傘を持っていなくて降られるのは、当然だから。 

「いいえ、俺が……」 

それきり、プロデューサーは沈み込んでしまった。 

ずぶずぶと、私の視界から彼は消えていく。 

引き上げなければ、きっと自然に浮き上がってくるのを待つしかない。 


9:◆uCbLPg/WnY:2015/02/16(月) 09:30:17.94 :sDZA5Cqh0

「お散歩、しませんか」 

だから私は引き上げた。精一杯の力で。 

「……濡れますよ?」 

「構いません」 

「風邪、引きます」 

「大丈夫です。惹きませんから」 

どうも風邪さんは、私がタイプではないらしい。 

一度も私に惹かれた事がないというのは、それはそれで寂しい。 


10:◆uCbLPg/WnY:2015/02/16(月) 09:31:22.33 :sDZA5Cqh0

「……仕事が」 

「終わってますよね」 

知っていました。 

私が話しかけた時から、貴方は銃声を鳴らしていない。 

「……少しだけですよ」 

彼は錘のついた腰を持ち上げる。 

まるで事務所はムショのよう。 


11:◆uCbLPg/WnY:2015/02/16(月) 09:32:41.38 :sDZA5Cqh0

私の足を、鎖が縛る。私が誘ったはずなのに、思うようには進めない。 

きっと、伝えられること葉は少ないから。 

「では、生きましょうか」 

それでも私は歩かなくてはいけない。無期限の刑期は、今破られたから。 

「……はい」 

牢屋の扉を開けて、彼は外へ出て生く。 

私は、その後を憑いていく。


12:◆uCbLPg/WnY:2015/02/16(月) 09:33:48.44 :sDZA5Cqh0

幽霊のようだ。私は。 

見えもしないものを見て。見えるはずのものを見ないで。 

「どれが楓さんの傘ですか?」 

「私の暈はこれです」 

バッと彼の前で暈を開く。 

飴色の空に、金環日食が咲いた。 

「えっと、俺の傘は……」 

「暈、一つでいいと思います」


13:◆uCbLPg/WnY:2015/02/16(月) 09:35:43.96 :sDZA5Cqh0

「え、いやでも」 

「二人で入ればいいじゃないですか。哀愛暈、です」 

そう、この暈に入れるのはお互いに辛い想いを持っている人だけ。 

愛し、哀され。人々はできてる。 

「……楓さんが、いいのなら」 

「ええ、構いません」 

そっと、彼は私に実を寄せた。 

彼は熟した林檎。私はまだ青い果実。 

どうも、相反して赤くなってしまいそうだ。 


14:◆uCbLPg/WnY:2015/02/16(月) 09:36:33.95 :sDZA5Cqh0

「……」 

飴の降る町を、二人、哀愛暈で歩いていく。 

ぽつ、ぽつりと。 

飴の音だけが聞こえてくる、静かな喧騒。 

「……私は」 

「へ?」 

最初に口を開かせたのは、私。 

「私は、誰かと付き合った事はありません。ですがプロデューサーが悪いとは……」 

「……いいえ、俺が悪いんです。気にしないでください。俺が、この仕事に熱心に……ああいえ」


15:◆uCbLPg/WnY:2015/02/16(月) 09:37:52.60 :sDZA5Cqh0

そこで彼はこと葉を一旦切り、二つに分かれたこと葉を見やった。 

どちらを放すべきか、悩んでいるようだ。 

「この仕事を熱心にやりすぎたのが、問題だったんです」 

「……プロデューサーの仕事を理由に、降られたんですか」 

「……ええ」 

当たり前だ。熱くなりすぎた心は、水で冷やさなければならない。 

空から降った飴は、さぞ、冷蔵庫でキンキンに冷やされていたのだろう。 


16:◆uCbLPg/WnY:2015/02/16(月) 09:40:08.16 :sDZA5Cqh0

「……もう一つ、理由、ありますよね」 

「え……」 

ただ、貴方が放したこと葉は、私の欲しかった方ではなかった。 

私が欲しかったのは、貴方が口に押し留めたもう一つのこと葉。 

「それは……」 

口篭る。 

もごもごと、こと葉を歯で磨り潰して、飲み込もうとしているようで。 

良薬を飲んでいるような苦々しい表情で、貴方は立ち竦んだ。


17:◆uCbLPg/WnY:2015/02/16(月) 09:41:12.72 :sDZA5Cqh0

「……まだ、言えません」 

「癒えませんか」 

彼の心に残った傷は、そう簡単には治らないようで。 

いいえ、治せないようで。 

「ええ……今は、まだ」 

「では……待っていますから。いつか、話せる日を」 

「……はい」 

彼のその返事に、私は微笑んだ。 


18:◆uCbLPg/WnY:2015/02/16(月) 09:43:43.12 :sDZA5Cqh0

「あ……」 

ふと、傘を下げると雨はすっかり止んでいた。 

空には、お日様が顔を出している。 

「雨、止みましたね」 

「そうですね……じゃあ、事務所に戻りましょうか」 

「はい」 


19:◆uCbLPg/WnY:2015/02/16(月) 09:44:35.96 :sDZA5Cqh0
  
次に、飴が降るのはいつになるのだろう。 

きっとその次の飴が降る日に、貴方は今日飲み込んだこと葉を放してくれるだろう。 

顔を出したお日様は「残念だったな」と言わんばかりに笑い。 

私の心は、混ざり合った飴たまりのように、複雑だった。 



終わり


20:◆uCbLPg/WnY:2015/02/16(月) 09:46:02.56 :sDZA5Cqh0

他人の見る風景を言葉で表す事はとても難しい事だと学びました。 

一応、誤変換はありません。『こと葉』なども全て意図的なものです。 

それでは、ありがとうございました。


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1424046107