1:2015/03/03(火) 19:39:08.52 :DZIEkNlC0

プルルッ 

武内P「はい」 

凛『あ、プロデューサー?』 

武内P「なにかありましたか? あ、……なにかあっ、た……ぜ……?」 

凛『いいよ、無理して口調変えなくても』 

武内P「すいません。努力はしているのですが……」 

凛『道のりは長そうだね。……ゴ、ゴホンゴホン」 

武内P「風邪……でしょうか?」 

凛『そ、そうかも。ちょっと熱があって。……あ、その。お見舞いとかは、その……いいから』 

武内P「畏まりました。お体ご自愛下さい」 


2:2015/03/03(火) 19:39:49.40 :DZIEkNlC0

ピッ 

ちひろ「どなたからでしたか?」 

武内P「渋谷さんです。体調が優れないので本日はお休みすると」 

ちひろ「季節の変わり目ですからね。風邪、はやってるみたいですし」 

武内P「そのようです。全員に注意を喚起する必要があるかもしれません」 

ちひろ「そうですね。未央ちゃんも風邪でお休み中ですし」 

武内P「今後、仕事で支障が出る恐れもあります。 
    体調管理も仕事の一つだという意識を皆さんに持って頂きたいかと」 

ちひろ「そうですね。体調管理も仕事のうち、ですものねプロデューサーさん?」 

武内P「……あの」 

ちひろ「雨の中傘もささないで走ったら風邪ひいた。なんて他のアイドルの子にも笑われちゃいますものねー」 

武内P「申し訳ありません……」 

ちひろ「いいえー。 
    でも、弱ってる時の女の子には優しく接してあげないとダメですからね? プロデューサーさん」 

武内P「……はい。肝に銘じておきます」 

ちひろ「ちゃーんとお仕事終わったらお見舞いに行くんですよ?」 

武内P「その件なのですが」 

ちひろ「?」 

武内P「お二人とも、見舞いには来なくていい、と」 

ちひろ「あら」 

ちひろ(もしかして、卯月ちゃんのお見舞いに行ったことが伝わって……?) 

武内P「……嫌われて、いるのでしょうか?」 

ちひろ(落ち込んでるプロデューサーさんかわいい」 

武内P「あの……」 

ちひろ「あ、声に出てた」 


3:2015/03/03(火) 19:40:58.72 :DZIEkNlC0

ピッ 

凛「……」 

凛「……さぼっちゃった」 

凛「でも今日はレッスンしかない日だから……でもレッスンもちゃんとしなきゃ」 

凛「でも……」 

凛ママ『こーらー! ちゃんと寝てなさーい』 

凛「はーい」 



凛「……」 

凛「髪梳いてこよ」 


4:2015/03/03(火) 19:41:32.56 :DZIEkNlC0

凛「……そろそろ卯月たちのレッスンが終わった頃かな」 

凛「卯月、未央ごめんね。あとで埋め合わせはするから」 

凛「あと1時間くらいしたら来るかな?」 



凛「……」 

凛「なんか、お花とか飾っておこう」 


5:2015/03/03(火) 19:41:59.91 :DZIEkNlC0

凛「……」 

凛「全然時間が進まない」 

凛「本も全部読んじゃったし……」 



凛「……」 

凛「ハナコ入れちゃおうかな」 


6:2015/03/03(火) 19:42:27.21 :DZIEkNlC0

凛ママ「こら。何してるの」 

凛「あ、お母さん……ちょっと飲み物取りに」 

凛ママ「じゃあハナコは置いていきなさい」 

凛「はい……」 


7:2015/03/03(火) 19:43:11.46 :DZIEkNlC0

凛「そろそろみんな解散した頃かな」 

凛「あ、卯月からメールだ」 

凛「……うん、大丈夫だよ」 



凛「へー、そんなことがあったんだ」 

凛「未央も休み? 風邪流行ってるのかな」 

凛「まぁ私のは仮病だけど」 


8:2015/03/03(火) 19:44:14.95 :DZIEkNlC0

凛「……」 

凛「…………」 

凛「………………」 



凛(本当に来ないし!) 

凛ママ『ちょっとー! 凛うるさいよー!』 


9:2015/03/03(火) 19:45:30.99 :DZIEkNlC0

コンコン 

凛「!」 

凛「は、はい」 

卯月『私です、卯月です。凛ちゃん、風邪大丈夫ですか?』 

凛「卯月?」 


10:2015/03/03(火) 19:46:34.58 :DZIEkNlC0

ガチャ 

卯月「えへへっ。お見舞いに来ちゃいました~♪」 

凛「あ、ありがと」 

卯月「凛ちゃん、体調は大丈夫ですか?」 

凛「う、うん大丈夫。もうだいぶ楽になったよ」 

凛(仮病だし) 

卯月「よかったです~。あ、これお土産です」 

凛「なにかな? あ、ケーキだ」 

卯月「あんまり、お見舞いに向かないかも知れませんけど……」 

凛「ううん、嬉しいよ。ありがと卯月。……卯月?」 

卯月「……」 

凛「……食べよっか?」 

卯月「はっ! わ、私食べたさそうにしてました?!」 

凛「うん。待てされてるハナコみたいだった」 

卯月「うぅ~なんか恥ずかしいですぅ……」 

凛(かわいい」 

卯月「えっ? か、かわ」 

凛「あっ」 


11:2015/03/03(火) 19:47:06.73 :DZIEkNlC0

凛「ごめんね、あんまり人とか呼ばないからそんな椅子で」 

卯月「いえいえ~♪」キョロキョロ 

凛「……」 

卯月「」キョロキョロ 

凛「……あの」 

卯月「凛ちゃんのお部屋すっごくきれいですね!」 

凛「そ、そうかな? 普通だよ思うけど」 

卯月「私の部屋なんていっつも散らかってて。ママに綺麗にしてもらってもすぐ汚くしちゃって……」 

凛「へー。ちょっと意外」 

卯月「綺麗にするにはどうするのがいいんでしょうか?」 

凛「う~ん、物を置かないのが一番じゃないかなぁ」 

卯月「ううっ……努力します」 

凛「ふふっ。卯月、プロデューサーみたいになってる」 


12:2015/03/03(火) 19:48:00.09 :DZIEkNlC0

凛「部屋には人の性格が出るんだってね」 

卯月「ええぇ~! じゃ、じゃあ私はその、あれってことですかぁ?!」 

凛「それは卯月の部屋に行ってみないと」 

卯月「綺麗なときに……」 

凛「急にお邪魔しちゃおうかな」 

卯月「うぅっ、凛ちゃんがいじめる……」 

凛「冗談だよ、冗談」 

卯月「でも、凛ちゃんのお部屋はなんだか凛ちゃんだな~って感じがしますね」 

凛「どんなふうに?」 

卯月「う~ん……なんていうんでしょうか。……綺麗でかっこいい感じでしょうか?」 

凛(あ、恥ずかしいこれ。恥ずい) 

卯月「あ、凛ちゃん熱ありますか? 横になってたほう」 
凛「大丈夫。赤いけど熱じゃないから」 


13:2015/03/03(火) 19:48:33.70 :DZIEkNlC0

凛ママ「はいどうぞ二人とも」 

卯月「ありがとうございます!」 

凛ママ「これからもうちの子と仲良くしてあげてね?」 

卯月「はいっ!」 

凛(あ、これ恥ずかしい) 

凛ママ「でも本当に大丈夫? 風邪、うつっちゃわない?」 

凛「大丈夫だってば」 

凛ママ「病人が言わないの」 

凛「うっ」 

卯月「大丈夫ですよ。多分私のがうつったからですから。 
   二人とも……。私が病み上がりで抱きついたりするから……」 

凛「ち、違うって卯月! 気にしなくていいよ!」 

卯月「すびまぜんでじたー!」 

凛(未央が休まなければ!) 


14:2015/03/03(火) 19:49:13.57 :DZIEkNlC0

未央「」ブルッ 

未央「なんだろう、今しぶりんからの殺気を感じた……」 

未弟「ねーちゃーん? どうかしたー?」 

未央「あ、ううんなんでもないよー」 

未弟「病人なんだからおとなしくしとけよ 
   ……ねーちゃんなんか食べたいもんとかある?」 

未央「え?」 

未弟「び、病人には優しくしないとだからな」 

未央「こいつめー! お姉ちゃんは嬉しいぞー!!」 

未弟「やめ、苦しっ離せよ!」 

未央「フライドチキンね!」 

未弟「おかゆね」 

未央「えーっ?!」 

未央(プロデューサーは来なかったけど、まいっか) 


15:2015/03/03(火) 19:49:48.30 :DZIEkNlC0

凛(なんかほわほわ空間が未央から飛んできた) 

卯月「いただきまーす♪」 

凛「おいしそうだね」 

卯月「ほひひいへう!」 

凛「飲み込んでから」 

卯月「ほひ」 

凛「もう、ほらほっぺについてるよ」 

卯月「へ? ど、どっちですか?」 

凛「取ってあげるから動かないで」 

卯月「すいません~……んっ」 

凛「……はい取れた」 

卯月「ありがとうございます♪ ……? どうしたんですか? 真っ赤っかですよ?」 

凛「ね、熱かな?」 

凛(言えない。キス顔にみえてドキドキしたなんて言えない) 


16:2015/03/03(火) 19:50:41.36 :DZIEkNlC0

卯月「やっぱりここのケーキはおいしいです♪」 

凛(天使かな?) 

卯月「? どうかしましたか凛ちゃん?」 

凛「な、なんでもないよなんでも」 

卯月「凛ちゃんはチョコレートが好きだって聞いてたから、チョコレートケーキですっ」 

凛「ありがと卯月。……うん。おいしいね」 

卯月「今度はみんなで食べましょうね♪」 

凛「うん。……でも未央の好きなもののケーキだったら」 

卯月「フライドチキンケーキ、ですか?」 

凛「……あんまりおいしくなさそう」 

卯月「……そうですね」 


17:2015/03/03(火) 19:51:11.82 :DZIEkNlC0

未央「くしゅん」 

未央「……なんだろう。しまむーとしぶりんがしつれーなうわさしてる気が」 

未弟「病人はおとなしくしてろよー」 

未央「はーい」 


18:2015/03/03(火) 19:51:49.62 :DZIEkNlC0

卯月「」スンスン 

凛「……卯月」 

卯月「はい。なんでしょう凛ちゃん?」 

凛「あんまり部屋の匂い嗅がないでほしいな。恥ずかしいよ」 

卯月「はっ、ご、ごごごごめんなさい~! お花の匂いがするなーって思ってつい……」 

凛「あ、怒ってないよ」 

卯月「すいません~」 

凛「いいよいいよ」 

卯月「でも、本当にいい匂いがしますね♪ お花屋さんだからですか?」 

凛「そ、そうかな?」 

凛(言えない。プロデューサーが来ると思ってたから消臭して、好きな匂いの花ずっと置いてたからなんて言えない……) 

卯月「? どうかしました?」 

凛「なななんでもないよ。なんでも」 


19:2015/03/03(火) 19:52:24.71 :DZIEkNlC0

卯月「いいなぁ~お花屋さん」 

凛「そう?」 

卯月「はいっ! 私子供のころはお花屋さんにもなりたかったんですよ」 

凛「ふーん……。ん? にも?」 

卯月「はい。他にはえ~っと、お菓子屋さんに先生にお嫁さんに。あとは……アイドルも!」 

凛「いっぱいあったんだね」 

卯月「えへへっ」 

凛「そしてひとつはか叶ったんだ。えらいよ」 

卯月「みんなのおかげですっ♪」 

凛「卯月が努力したからだよ」 

卯月「えへへっ~♪ ありがとう凛ちゃん」 

凛(天使かな?) 


20:2015/03/03(火) 19:53:25.09 :DZIEkNlC0

卯月「」ジー 

凛「……頭に何かついてる?」 

卯月「あ、いえ。……さらさらでうらやましいなーって」 

凛「そ、そうかな?」 

卯月「私はくせっ毛で……。この前もプロデューサーさんが来たときもじゃもじゃのままで……。 
   うぅ、思い出して恥ずかしいです」 

凛「私は好きだよ。卯月の髪」 

卯月「何もしないと大変なんですよ! それはもう、きっ○ろみたいに!」 

凛「久しぶりに聞いたよ、き○ころ」 

卯月「だから凛ちゃん見たいな髪質がうらやましいなーって」 

凛「そ、そうかな?」 

凛(言えない。プロデューサーが来ると思ってたからセットしてあるなんて言えない……) 

卯月「? どうかしました?」 

凛「なななんでもないよ。なんでも」 


21:2015/03/03(火) 19:53:54.57 :DZIEkNlC0

凛「……あれ? プロデューサーが卯月のお見舞いに来た日ってあの日だよね?」 

卯月「そうですよ?」 

凛(……ってことはあいつ、卯月の家でのほほんと癒されてから私たちのところに来たってこと?) 

卯月「大変な時に体調崩しちゃって、すいませんでした」 

凛「あ、ううん。全然全然」 

卯月「プロデューサーさんも体調悪そうにしてて……。あっ、でもゼリー食べたら元気そうにしてました」 

凛「……なにか話したりしたの?」 

卯月「え~っと、これから何をしたいですか? って聞かれたり……あとは~」 
凛「卯月はその質問になんて答えたの?」 

卯月「えっ? 私ですか?」 

凛「うん。良かったら聞かせて」 

卯月「えっと私は、またみんなで、最後まで笑ってライブがしたいなーって」 

凛「……卯月は強いね」 

卯月「え? えへへっ、そうですか? 
   ……本当はもっとプロデューサーさんとお話したかったんですけど、その後用事があるからってすぐ出て行っちゃいました」 

凛「そっか……。そういうことだったんだ」 

卯月「?」 

凛「卯月」 

卯月「はい凛ちゃん?」 

凛「ありがと」 

卯月「?」 


22:2015/03/03(火) 19:54:32.85 :DZIEkNlC0

卯月「あれ? 凛ちゃん凛ちゃん。これはお客様用のクッションじゃないんですか? 不思議な形ですけど」 

凛「それはハナコ用のクッションだよ」 

卯月「なるほど~、ハナコちゃんのでしたか~。……あれ? 今日ハナコちゃんは?」 

凛「今は下。病人の近くにいるのはよくないってお母さんが連れていっちゃった」 

卯月「へぇ~。……いいなぁ子犬」 

凛「卯月も飼ったりしないの?」 

卯月「飼ってみたいんですけど、お世話できるか不安で……」 

凛「だったら賢い犬を飼うといいよ。きっと卯月のお世話してくれるから」 

卯月「なるほど~賢いワンちゃんを飼うと……あれ?」 

凛「ふふっ」 

卯月「凛ちゃん酷い~!」 

凛「冗談だよ冗談」 


23:2015/03/03(火) 19:55:25.35 :DZIEkNlC0

卯月「あっ、私たちのCD見つけました~!」 

凛「一応買っておいたほうがいいかなって」 

卯月「3枚もあるんですね」 

凛「……お父さんとお母さんがいっぱい買ってきて。これでも減ったんだよ?」 

卯月「えへへっ♪ 私のお家と一緒ですね」 

凛「へー。卯月のところも?」 

卯月「はい。パパもママもいっぱい買ってきてくれて。もーお家に来る人来る人に配って大変だったんですよ~?」 

凛「ふふっ。うちもそうだよ。お花買った人にプレゼントしてたときもあったし」 

卯月「えへへっ」 

凛「……卯月?」 

卯月「凛ちゃん、うれしそうです♪」 

凛「そ、そんなことないよ!」 


24:2015/03/03(火) 19:55:57.40 :DZIEkNlC0

卯月「ポスターも貼ってあるんですね♪」 

凛「うん。こっちには写真も貼ってあるよ」 

卯月「あっ、本当ですね。よく撮れてますね」 

凛「……うん」 

卯月「凛ちゃん?」 

凛「……今度は、最後まで笑顔でやり切ろうね」 

卯月「! はいっ! 私もがんばります!」 

凛「期待してるよ、お姉ちゃん」 


25:2015/03/03(火) 19:56:57.73 :DZIEkNlC0

卯月「お姉ちゃん……かぁ」 

凛「卯月、どうかした?」 

卯月「あ、いえ。大した話じゃないんですけど。 
   ……私一人っ子だから。お姉さんとか弟さんがいたらどんな感じなんだろうな~って考えちゃって」 

凛「うーん、私も一人っ子だから兄弟のいる感じはわからないけど」 

卯月「?」 

凛「もし、妹がいたらこんな感じなのかなって思うな」 

卯月「へぇ~……あれ? 私が妹ですかぁ?!」 

凛「うん」 

卯月「さっきはお姉ちゃんって言ってたのに!」 

凛「だって、ほっとけない感じとか、ちょっと抜けてる感じが妹みたいで」 

卯月「凛ちゃんひどい!」 

凛「ごめんごめん。ほらイチゴあげるから機嫌直してよ、卯月お姉ちゃん」 

卯月「うぅ~……しょうがないですね。妹の頼みですから」 

凛「イチゴは持っていくんだ」 


26:2015/03/03(火) 19:57:47.26 :DZIEkNlC0

卯月「そういえば、未央ちゃんにはお兄さんと弟さんがいるって」 

凛「うん。私も聞いたことあるかな」 

卯月「どんな方なんでしょうか?」 

凛「きっと未央を男の子にした感じじゃない?」 

卯月「あ、なんだか想像できますね」 

卯月「えへへっ」 
凛「ふふっ」 


27:2015/03/03(火) 19:58:21.25 :DZIEkNlC0

未央「くちゅん! あっれ~? もしかして本当に風邪ひいたかなぁ」 

未弟「ねーちゃーん? 起きてるー?」 

未央「あ、うーん。起きてるよー」 

未弟「これ、作ったから食べなよ。置いとくから」 

未央「えー? おかゆー? もっとこう、精のつく食べ物がおねぇちゃん食べたいなー。お肉とか!」 

未弟「文句いうならなしんこだからな」 

未央「オウ! プリーズウェイトマイブラザー!」 


28:2015/03/03(火) 19:59:00.10 :DZIEkNlC0

卯月「あっそうだ! ねぇねぇ凛ちゃん」 

凛(姉姉凛ちゃん) 

凛「なーに卯月」 

卯月「プロデューサーさんの敬語、少し抜けてきたんですよっ♪」 

凛「へー。今日電話したら相変わらずだったけど」 

卯月「卯月って呼ばれちゃいました~♪ えへへっ♪」 

凛「……ふーん」 


29:2015/03/03(火) 19:59:27.90 :DZIEkNlC0

凛「ふーん……!」 


30:2015/03/03(火) 20:00:02.53 :DZIEkNlC0

武内P「えっくし!」 

武P「……?」 


31:2015/03/03(火) 20:00:36.18 :DZIEkNlC0

凛「ねぇ、卯月はさ。プロデューサーのこと、どう思ってるの?」 

卯月「えっと? ……えっ? えっえっえー!? りりり凛ちゃん?!」 

凛「あ、その、変な意味じゃなくて。なんていうか。信頼、とか意思疎通とか。そういうの」 

卯月「あ、なるほど~。ちょっとびっくりしちゃいました」 

凛「ごめんごめん」 

卯月「う~ん、そうですね……」 

凛「……」 

卯月「時々おしゃべりが少ないなーって思うときもありますけど」 

凛「口数が少ないのはいつものことだからね」 

卯月「それでも、やっぱりプロデューサーさんは私を選んでくれた人だから。夢を叶えさせてくれた人だから」 


32:2015/03/03(火) 20:01:21.27 :DZIEkNlC0

卯月「プロデューサーさんは、私にとって王子様なんです♪」 


33:2015/03/03(火) 20:01:59.70 :DZIEkNlC0

凛「…………へぇ」 

卯月「だって、綺麗な衣装も、素敵な音楽も、夢みたいな舞台だって。み~んなプロデューサーさんが作ってくれたから。ぜーったいに王子様なんです!」 

凛「王子様っていうよりは野獣みたいな見た目してるけどね」 

卯月「……確かにそうですね」 

卯月「えへへっ」 
凛「……ふふっ」 


34:2015/03/03(火) 20:02:42.25 :DZIEkNlC0

武内P「はっくしっ!」 

ちひろ「まだ風邪、残ってますか?」 

武内P「あ、いえ体調は大丈夫です」 

ちひろ「それじゃあ、誰かがうわさしているのかも知れませんね?」 

武内P「噂、ですか」 

ちひろ「はい。凛ちゃんとか卯月ちゃんとか未央ちゃんとか」 

武内P「……」 

ちひろ「気になります?」 

武内P「あ、いえ。そんなことは」 

ちひろ「お見舞いに行っちゃえばいいんですよ♪」 

武内P「……しかし、不要と言われたのでしたら」 

ちひろ「いーくーのー!」 

武内P「……はい」 


35:2015/03/03(火) 20:03:09.09 :DZIEkNlC0

凛「でも、卯月の王子様……か」 

卯月「はい♪ 王子様、です♪」 

凛「恋する乙女みたいだね、卯月」 

卯月「へっ? ……そ、そそそそそそんなことはないですよ! ただえっと、その……! ち、違いますからねっ!」 

凛「はいはい」 

卯月「じじじじゃあ凛ちゃんはぷぷプロデューサーさんのことどう思ってるんですか?!」 

凛「え? 私?」 

卯月「そうですよ! 私だけ言わされるなんて不公平です! 
   ちゃーんと、凛ちゃんの想いも、お姉ちゃんが聞いちゃいますからねっ!」 

凛「お姉ちゃんって。まぁいいけど」 


36:2015/03/03(火) 20:04:06.85 :DZIEkNlC0

凛「私にとっての、プロデューサー」 

凛「………………」 
凛「…………」 
凛「……」 

凛「……ごめん卯月。まだ答えられないかも」 

卯月「え~?! 凛ちゃんズルイです!」 

凛「ごめん。なんていうか、まだ卯月みたいな答えが見つからないんだよ」 

卯月「そう、なんですか?」 

凛「うん。……でも」 

卯月「でも?」 


37:2015/03/03(火) 20:04:48.32 :DZIEkNlC0

凛「信じたい人、かな?」 


38:2015/03/03(火) 20:05:40.06 :DZIEkNlC0

卯月「…………えへへっ♪」 

凛「? なに卯月」 

卯月「ううん。なんでもないですよ~♪」 

凛「……気になるよ。何で笑ってるの卯月」 

卯月「なんでもないですよ~♪」 

凛「もう、教えてよ卯月」 

卯月「えへへっ♪ 昔、お母さんが教えてくれたんですよ」 

凛「?」 


39:2015/03/03(火) 20:06:08.29 :DZIEkNlC0

卯月「その人のことを信じたいって思ったら、それは好きと同じだって♪」 

凛「……ふーん」 


40:2015/03/03(火) 20:06:55.21 :DZIEkNlC0

凛「じゃあ卯月。ちょっとこっち向いて」 

卯月「なんですか? 凛ちゃん」 

凛「私は、卯月のことも信じてる。何があっても、絶対に」 

卯月「へっ?」 

凛「……それだけ」 










42:2015/03/03(火) 20:07:58.02 :DZIEkNlC0

卯月「長々とお邪魔してすいませんでした」 

凛ママ「いいえー。またいつでも寄ってらっしゃい? こんなにかわいい子だったら娘に欲しいわ~」 

卯月「えへへっ」 

凛「こら、お母さん」 

卯月「また来ますね凛ちゃん」 

凛「うん。いつでも」 

凛ママ「いつでも来てね?」 

卯月「はいっ♪ それじゃあ失礼します」 

凛「うん。また明日事務所でね」 

卯月「はい。また明日♪」 


43:2015/03/03(火) 20:08:23.74 :DZIEkNlC0

凛ママ「いい子ねぇ」 

凛「いい子でしょ?」 

凛ママ「一緒にがんばりなさいよ?」 

凛「うん。今度はもう一人も連れてくるよ」 

凛ママ「あの活発そうな子?」 

凛「まぁ、そうかな」 

凛ママ「それは楽しみね~。あ、お客さん。私お店戻るね」 

凛「うん」 


44:2015/03/03(火) 20:09:13.77 :DZIEkNlC0

凛「…………」 

プルルルル、ピッ 

凛「あ、プロデューサー? ごめん心配かけて。体調はもう良くなったよ。明日には戻れると思う」 

武内P『……それはよかったです。ですが無理はなさらず』 

凛「うん。……そ、それでさ。その……うず」 

武内P『どうかしましたか?』 

凛「……これからも私たちをよろし、く」 

ピッ 

凛「……切っちゃった」 

凛「…………これからはもっとプロデューサーと、もっと普通に話せるといいな」 

武内P「……あの、渋谷さん」 

凛「え? ……えぇえええ?! い、いつから?! いつから!!」 

武内P「渋谷さんが電話と取り出したときには」 

凛「言ってよ!」 

武内P「その、申し訳ありません」 


45:2015/03/03(火) 20:10:12.40 :DZIEkNlC0

凛「……聞いてた?」 

武内P「……ええと」 

凛「聞いてた?」 

武内P「はい……」 

凛「……まぁ、いいけどね」 

武内P「努力しま、する」 

凛「…………とりあえずさ。今度からは凛って呼んでよ。私も」 

武内P「えっ? ……あ、その……凛、さん」 

凛「……うん、まだそれでいいや。……私のほうが恥ずかしい」 

武内P「努力する」 

凛「うん」 

武内P「凛」 

凛「えっあ、な、なななに?」 

武内P「これからも、宜しくお願いします」 

凛「……うん。よろしくプロデューサー」 










47:2015/03/03(火) 20:11:07.12 :DZIEkNlC0

凛ママ「凛ー? まだ戻らない……不審者!」 

凛「私のプロデューサーだってば!」 


48:2015/03/03(火) 20:12:06.17 :DZIEkNlC0

ぱじゃむーイズ天使


49:2015/03/03(火) 20:14:10.09 :mSckK7w2o
ぱじゃむーイズ天使!

50:2015/03/03(火) 20:15:58.47 :yHRhz9hW0
ぱじゃむーイズ天使!

51:2015/03/03(火) 20:16:20.68 :PdEkdN420
ぱじゃむーイズ天使!

52:2015/03/03(火) 20:17:00.51 :orScSreo0
卯月はいつだって天使だろ?

55:2015/03/03(火) 21:56:38.44 :kM5XjcEWo
卯月はアレだよ 
普段は天然でほわほわして周りから心配されるけど、いざとなると芯のあるしっかりしたお姉ちゃんなんだよ


元スレ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1425379148