P「……」 

雪歩「…あの…」 

P「……」 

雪歩「…プロデューサー…」 

P「……」 

雪歩「…ごめんなさい…」 

P「……」 

雪歩「…私のせいでこんな…」 

P「……」 

雪歩「…こんなことに…」 

P「……」 

雪歩「……」 

P「…大丈夫だ、雪歩…」 

雪歩「……」 

P「…お前のせいじゃない…」 

雪歩「……」 


2:◆hWMDndfuJ2:2015/03/10(火) 16:59:59.77 :3Uff9iMJO

P「……」 

雪歩「……」 

P「…それにしても…」 

雪歩「……」 

P「…すごいもんだな…」 

雪歩「……」 

P「…アメリカ…ロシア…オーストラリア…」 

雪歩「……」 

P「…中国…ユーロ圏…アフリカまで…」 

雪歩「……」 

P「…アマゾンのほうの話も聞いたぞ…」 

雪歩「……」 

P「…すごいじゃないか」 

雪歩「…やめてください…」 

P「……」 

雪歩「……」 


3:◆hWMDndfuJ2:2015/03/10(火) 17:06:46.45 :3Uff9iMJO

P「……」 

雪歩「……」 

P「…雪歩は…嫌なのか?」 

雪歩「……」 

P「…すごいことじゃないか…」 

雪歩「……」 

P「…世界で名前が知られるなんて…」 

雪歩「……」 

P「…芸能人だったら誰もが目指す夢だぞ…」 

雪歩「……」 

P「…アメリカどころか…」 

雪歩「……」 

P「…アフリカ…」 

雪歩「……」 

P「…アマゾンもだからな…」 

雪歩「……」 


4:◆hWMDndfuJ2:2015/03/10(火) 17:10:45.05 :3Uff9iMJO

P「……」 

雪歩「……」 

P「…やっぱり…嫌なのか」 

雪歩「……」 

P「……」 

雪歩「…嫌では…ないですけど…」 

P「……」 

雪歩「…複雑です…」 

P「……」 

雪歩「…男の人に囲まれることもありますし…」 

P「…なるほど…」 

雪歩「……」 

P「…そうか…」 

雪歩「…それに…」 

P「……」 

雪歩「…恥ずかしいです…」 


5:◆hWMDndfuJ2:2015/03/10(火) 17:22:01.72 :3Uff9iMJO

P「……」 

雪歩「……」 

P「…恥ずかしがることはないさ…」 

雪歩「……」 

P「…世界に名を轟かせたんだ…」 

雪歩「……」 

P「…もっと誇りに思ったほうがいい…」 

雪歩「……」 

P「…自信を持って…」 

雪歩「……」 

P「…ネガティブな自分を変えたくて、この世界に来たんだろ…?」 

雪歩「…そう…ですけど…」 

P「……」 

雪歩「…こんなことになるとは…」 

P「……」 

雪歩「……」 


6:◆hWMDndfuJ2:2015/03/10(火) 17:25:17.87 :3Uff9iMJO

P「……」 

雪歩「……」 

P「…まぁ、いいじゃないか…」 

雪歩「……」 

P「…アイドルとして、素晴らしいことだと思うぞ…」 

雪歩「……」 

P「…世界中どこに行ってもファンがいるんだ…」 

雪歩「……」 

P「…いつでも海外のライブに行けるじゃないか…」 

雪歩「……」 

P「…羨ましいぞ」 

雪歩「……本当ですか?」 

P「……」 

雪歩「…本当に…羨ましいと思いますか?」 

P「……」 

雪歩「…こんな生活が…」 


7:◆hWMDndfuJ2:2015/03/10(火) 17:30:31.07 :3Uff9iMJO

P「……」 

雪歩「…プライベートなんて…」 

P「……」 

雪歩「…あってないようなものですよ…」 

P「……」 

雪歩「…いつも…どこにいても…」 

P「……」 

雪歩「…世間という目に監視されてるんです…」 

P「……」 

雪歩「…最近は…」 

P「……」 

雪歩「…ずっと部屋にこもりきりで…」 

P「……」 

雪歩「……」 

P「…部屋ではパジャマなのか…?」 

雪歩「…部屋着です…」 


12:◆hWMDndfuJ2:2015/03/10(火) 17:44:54.62 :3Uff9iMJO

P「……」 

雪歩「……」 

P「…確かに、大変なことも多そうだ…」 

雪歩「……」 

P「…ここまで知名度が上がってしまうとな…」 

雪歩「……」 

P「…俺も…最近はちょっと大変だしな」 

雪歩「…すいません…」 

P「…いや、大丈夫だよ雪歩…」 

雪歩「……」 

P「…俺も有名人になったみたいで、嬉しいよ…」 

雪歩「……」 

P「…事務所の場所も有名になっちゃったけどな…」 

雪歩「……」 

P「…どっかに移転しないとな…」 

雪歩「……」 


13:◆hWMDndfuJ2:2015/03/10(火) 17:52:04.06 :3Uff9iMJO

P「……」 

雪歩「…疲れますよ…」 

P「……」 

雪歩「…こんな生活…」 

P「……」 

雪歩「…こんな…」 



















雪歩「…統一宗教『雪歩教』なんて…」 


15:◆hWMDndfuJ2:2015/03/10(火) 17:55:41.86 :3Uff9iMJO

P「……」 

雪歩「……」 

P「…まぁ、大変だろうな…」 

雪歩「……」 

P「…統一宗教だもんな…」 

雪歩「……」 

P「…世界中の人に神として拝まれるんだもんな…」 

雪歩「……」 

P「…その理由が…」 

雪歩「……」 

P「…『可愛いから』だもんな…」 

雪歩「……」 

P「……」 

雪歩「……」 

P「…こんなに可愛かったら仕方ないけどな…」 

雪歩「……///」 


16:◆hWMDndfuJ2:2015/03/10(火) 18:02:50.20 :3Uff9iMJO

P「……」 

雪歩「……」 

P「…知ってるか?雪歩…」 

雪歩「……」 

P「…世界から戦争がなくなったそうだ…」 

雪歩「……」 

P「…雪歩教のおかげだ…」 

雪歩「……」 

P「…世界中の犯罪発生率が激減してるらしい…」 

雪歩「……」 

P「…今やほぼ0%だそうだ…」 

雪歩「……」 

P「…雪歩教のおかげだよ…」 

雪歩「……」 

P「…いや、雪歩の可愛さのおかげだ…」 

雪歩「……///」 


18:◆hWMDndfuJ2:2015/03/10(火) 18:09:43.06 :3Uff9iMJO

P「……」 

雪歩「……」 

P「…神レベルの可愛さだもんな…」 

雪歩「……///」 

P「…世界を統一出来るレベルの可愛さだもんな…」 

雪歩「……///」 

P「…神に身を捧げた人を改宗させるほどの可愛さだもんな…」 

雪歩「……///」 

P「…すごいな、雪歩は…」 

雪歩「…いえ、そんな…」 

P「……」 

雪歩「……」 

P「……」 

雪歩「……」 

P「…可愛い…」 

雪歩「……///」 


19:◆hWMDndfuJ2:2015/03/10(火) 18:15:36.83 :3Uff9iMJO

P「……」 

雪歩「…プロデューサー…」 

P「……」 

雪歩「…プロデューサーにそう言ってもらえるなら…」 

P「……」 

雪歩「…こんな生活も…」 

P「……」 

雪歩「…悪くないかも…しれないです…」 

P「…そうか…」 

雪歩「…はい…」 

P「……」 

雪歩「…えへへ…」 

P「…久しぶりに、雪歩の笑顔が見られたな…」 

雪歩「…えっ…」 

P「…やっぱり、笑顔が1番可愛いな…」 

雪歩「……///」 


20:◆hWMDndfuJ2:2015/03/10(火) 18:20:51.23 :3Uff9iMJO

P「……」 

雪歩「…それじゃあ…」 

P「…ん…?」 

雪歩「…行きましょうか」 

P「…行くって…?」 

雪歩「…式場ですよ…?」 

P「…式…?」 

雪歩「…結婚式ですよ」 

P「…誰か結婚するのか…?」 

雪歩「…ふふ、なにを言ってるんですかプロデューサー」 

P「……?」 

雪歩「…私とプロデューサーの、結婚式ですよ」 

P「…なっ…」 

雪歩「…もう、式場は準備できてますよ…」 

P「……」 

雪歩「…あとは私達だけです…」 


21:◆hWMDndfuJ2:2015/03/10(火) 18:21:53.18 :3Uff9iMJO

P「……」 

雪歩「…信者の皆さんには、もう言ってあります…」 

P「……」 

雪歩「…断れないですよ…」 

P「……」 

雪歩「…だって…」 

P「……」 

雪歩「…統一宗教の最高神で、唯一神の女神様との結婚ですから」 













P「…やってくれたな、雪歩」 

雪歩「……」ニコッ 

〜happy wedding end〜 


24:2015/03/10(火) 18:48:40.85 :MJ7c+P3DO
雪歩教百合主義組織コトリ派が蜂起しそう

30:2015/03/10(火) 22:14:28.35 :VtPbIJsP0
アイドルとしての最高到達点だな