【SS速報VIP】みく「世話焼き」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1427554593/



1 :◆8dLnQgHb2qlg :2015/03/28(土) 23:56:33.71 :rDJaPVTu0

みく「ただいま」 

まゆ「おかえりなさい」 

みく「疲れたぁ……ってなんでいるにゃ!?」 

まゆ「だって、合鍵返せって言われてませんから」 

みく「う、それはそうだけど……」 

まゆ「そんなことより、今日はしょうが焼きですよぉ?」 

みく「ホント? じゃなくて、勝手に入っていいとは言ってないの!」 

まゆ「だってみくちゃんは食堂閉まってたら、ほっといたらスーパーのお惣菜で済ませてしまうじゃないですか」 

みく「みくだって料理くらいできるにゃ!」 

まゆ「面倒だからってしないくせに」 


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 23:58:54.81 :rDJaPVTu0

みく「そ、そういうこともあったりなかったり……」 

まゆ「たまにしかありませんし、遅くなるなら私がつくります」 

みく「ふんっ、みくだってやればできるにゃ。ほっときゃいいのに」 

まゆ「あらぁ? 今日は眼鏡かけてたんですねぇ?」 

みく「それは今関係ないでしょ」 

まゆ「そうですかぁ? 高校デビューで敬語で話してしまって今でもタメ口に直せない前川さぁん?」 

みく「表出るにゃ! このオカンが!」 

まゆ「不出来な娘を持つと苦労するんですよねぇ。ちゃんと生活できるか心配で心配で」 

みく「言ったにゃ!? この――」 


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/28(土) 23:59:28.09 :rDJaPVTu0

小梅「まゆさん、みくさんの部屋に行ってるのかな? 隣が静か……」 

小梅「……うん、ゆっくり映画見れるね」 

小梅「……誘わないよ? サメ映画マラソンは……さすがに付き合ってもらうの悪いから」 

小梅「……喧嘩するほど、仲がいいんだと思うよ?」 


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 00:03:00.86 :uYC9Vc9u0

まゆ「お隣さんの世話を焼くのは当たり前ですよ?」 

みく「世話焼くなら反対隣の小梅チャンにすればいいじゃん!」 

まゆ「小梅ちゃんは誰かさんと違ってしっかりしてますからね」 

みく「……うん、そうだね」 

まゆ「もうできましたから、食器出すの手伝ってくださいよ」 

みく「はぁ……もう先に食べてしまうにゃ」 

まゆ「みくちゃんはご飯とお味噌汁をお願いしますね」 

みく「はーい。いつもの場所だよね?」 

まゆ「そうですよ? 全部食器棚にあるはずですけど」 

みく「なんでみくより台所把握してるにゃ……」 


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 00:03:46.70 :uYC9Vc9u0

まゆ「みくちゃん早く来てください」 

みく「ちょっと待っててよ。今行くから」 

まゆ「はい、揃いましたね。それでは、いただきます」 

みく「いただきます」 


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 00:05:32.94 :uYC9Vc9u0

まゆ「はむ……今日も自信作です」 

みく「あむ……うん、いつも通り美味しいにゃ」 

まゆ「みくちゃんに付き合うとお肉ばっかりになるのは困り物ですけど」 

みく「当然の結果にゃ。最初にお魚出してきた以外まゆチャンはよくわかってるにゃ」 

まゆ「あのときは謝ったじゃないですか。まだ食べれないんですよね?」 

みく「せっかくお肉食べてるときにあれのことはいいの」 

まゆ「なんとかして食べさせたいですけどねぇ」 

みく「ノーセンキューにゃ。そんなのはみくが決めるの」 

まゆ「バランスと美味しい料理を思うと……」 

みく「だからオカンかって」 

まゆ「最近それも悪くないと思ってるので効きませんよ?」 

みく「もう、まゆチャンはどこを目指してるの……」 


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 00:17:05.13 :uYC9Vc9u0

みく「はむ……くぅ、このちょっと辛めの味付けがたまらないにゃあ」 

まゆ「相手に合わせて味付けを変えるのってやりがいありますよ?」 

みく「言うのは簡単だけど、なかなかできることじゃないよ?」 

まゆ「私はどんなものでも食べられるので、まだ簡単なんですよ。一部駄目ですけど」 

みく「辛いものだよね。そう言えば、Pチャンの好みってどうなの?」 

まゆ「Pさんは甘めがお好きですねぇ。卵焼きも砂糖派ですし」 

みく「あんなに堅物っぽいのに意外だにゃ」 

まゆ「普段はやせ我慢して食べてることもありますし。表情に出ないからバレないものですね」 

みく「Pチャンが苦しんでるの見てたの?」 

まゆ「私が苦手なものをつくることはありませんけど。好き嫌いはよくないですよねぇ?」 

みく「やっぱオカンだにゃこれ。みくに来ませんように……」 

まゆ「みくちゃんは強敵ですから。じっくり落としてあげます」 

みく「それもそれでなんか怖い!」 


12 :◆8dLnQgHb2qlg :2015/03/29(日) 12:07:19.07 :uYC9Vc9u0

みく「ふー、美味しかったにゃ」 

まゆ「ごちそうさまでした」 

みく「ごちそうさま」 

まゆ「すぐ片付けてしまいますね」 

みく「それくらいならみくがやっとくよ」 

まゆ「それじゃあ、二人でやりましょうか」 

みく「結局まゆチャンメインなのは変わらないんだね……」 

まゆ「細かいことはいいじゃないですか。早く片付けてしまいますよ?」 

みく「はーい」 


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 12:08:42.91 :uYC9Vc9u0

まゆ「水が冷たいですねぇ。あ、これしまっておいてください」 

みく「はいはい。だからそっち代わるって言ったのに」 

まゆ「好きでしてることですから。これもお願いします」 

みく「はい。これこっち?」 

まゆ「そうですよ……はい」 

みく「ん」 

まゆ「…………」 

みく「…………」 


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 12:09:53.07 :uYC9Vc9u0

まゆ「こんなものですかね」 

みく「終わりだね。それじゃ、お風呂入るにゃ」 

まゆ「はい。行きましょうか」 

みく「って準備してきたの?」 

まゆ「そうですけど?」 

みく「あ、うん。不思議そうな顔してセット取り出さなくていいから」 

まゆ「もしかして、ダメですかぁ?」 

みく「ああもう何度も一緒に入ってるでしょ。大丈夫だよ」 

まゆ「じゃあ早く行きましょう。早く」 

みく「コロッと変わったにゃ!」 


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 14:24:04.61 :uYC9Vc9u0

小梅「あ、静かになった」 

小梅「……たぶん、お風呂行ったんじゃないかな?」 

小梅「……今日は、ご飯もお風呂も済んでるから……寝るまで、ずっと見れるね」 

小梅「……え? サメはチェーンソーで切れるのかって?」 

小梅「……どうだろうね……試してみたい?」 

小梅「……ただのサメがいる海は……ちょっと嫌」 

小梅「……だ、だって、熱くて溶けちゃうから。もっと暗かったら……いいけど」 


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 14:24:38.88 :uYC9Vc9u0

みく「ふゅー生き返るにゃあ……」 

まゆ「温まりますねぇ。今日は大変でしたか?」 

みく「ダンスレッスンHELLモード」 

まゆ「ああ、あれを……私より得意だから羨ましいですよ」 

みく「動くのは得意だからね。まゆチャンは歌えるからいいよね?」 

まゆ「ボーカルレッスンとダンスレッスンだと、ダンスの方が疲れませんか?」 

みく「疲れ方が違うけど、確かに。動くからにゃ……」 

まゆ「苦手だとスパルタになりますからねぇ」 

みく「得意になっても鬼だにゃ」 

まゆ「うー……」 

みく「ほら、ぶくぶくしない。沈まないの」 


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 14:25:17.05 :uYC9Vc9u0

みく「そろそろ小梅チャンの誕生日のこと考えないとね」 

まゆ「そんな時期ですねぇ」 

みく「またライブあるだろうから、その後パーティーでいいよね?」 

まゆ「小梅ちゃんは遅くまで公演することはないでしょうし、みくちゃんよりは簡単ですね」 

みく「じゃあそれで決まりだにゃ! 今度はケーキどうする?」 

まゆ「つくれないこともないですけど……」 

みく「小梅チャンが喜ぶのってなると……目玉とか……」 

まゆ「うぅ……小梅ちゃんのためなら……」 

みく「いや、無理はしなくていいと思うよ?」 

まゆ「め、目を瞑ってつくればなんとか」 

みく「危ないことすんのやめい!」 


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 14:26:13.07 :uYC9Vc9u0

まゆ「だ、だって……」 

みく「手伝ってもらってもいいんじゃないかにゃ?」 

まゆ「得意な人は全員予定があったはずなんですよねぇ」 

みく「えーと……ほら、意外と気づいてないだけで他にもできる人いるかもよ?」 

まゆ「ダメ元で探してみますかぁ」 

みく「聞き込みしてればどっかで見つかるかもにゃ」 


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 14:26:47.87 :uYC9Vc9u0

まゆ「そうだといいんですけどぉ……ダメなら私がつくりますよぉ……うふふ……」 

みく「あれ? まゆチャン大丈夫?」 

まゆ「ちょっときついですかねぇ……」 

みく「弱いんだから気をつけてよね。大丈夫? 立てる?」 

まゆ「一応支えてもらえますか?」 

みく「ちゃんと捕まってよ? ゆっくりだからね?」 

まゆ「ごめんなさい……」 

みく「そう思うなら遠慮なく頼るの!」 

まゆ「あぅ……そうします……」 


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 18:08:15.08 :uYC9Vc9u0

みく「とりあえずみくの部屋に入れたものの……どう? 調子戻ってきた?」 

まゆ「ずいぶんよくなりましたよぉ。なので、うちわください」 

みく「調子悪い人には渡せないにゃ。大人しく扇がれるがいいにゃ」 

まゆ「少しくらいいいじゃないですかぁ」 

みく「ちゃんと髪乾いてる?」 

まゆ「大丈夫ですよぉ……これじゃあいつもと立場が逆です……」 

みく「一つしか違わないのに何言ってるにゃ」 

まゆ「まゆの方がお姉さんじゃないですか」 

みく「この状況でそんなこと言うの?」 

まゆ「ああ、ぐりぐりしないでぇ」 


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 18:09:11.65 :uYC9Vc9u0

みく「もうまゆちゃんも疲れたでしょ? みくも疲れたし、早いけど寝ちゃおっか」 

まゆ「そうですね。もう11時ですし、いいんじゃないでしょうか」 

みく「それじゃあ送ってく……その枕は何?」 

まゆ「お泊りセットの準備は完璧に決まってるじゃないですか」 

みく「やたら大荷物だと思ったら!」 

まゆ「それじゃあ、もう寝ましょうか」 

みく「あのさ、みくの部屋にはベッドひとつしかないんだけど?」 

まゆ「問題ありませんよね?」 

みく「普通にみくのベッドに置かない!」 

まゆ「おやすみなさい」 

みく「上がりこむにゃ! ああもう狭いってば!」 


22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 18:09:53.53 :uYC9Vc9u0

小梅「……声、するね。戻ってきたのかな?」 

小梅「……また騒いでるね」 

小梅「……え? 竜巻に乗って飛ぶくらいは、するよ?」 

小梅「あれ? 近づいてきてる?」 

みく「小梅チャン!」 

まゆ「小梅ちゃんっ」 

小梅「みくさん、まゆさん、どうしたの?」 

みく「ちょっとこっち来るにゃ」 

まゆ「少し来てくださいねぇ」 

小梅「あ、う、宇宙人みたいに連れて……テレビとか、つけたまま……か、鍵閉めないと」 


23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 18:10:27.09 :uYC9Vc9u0

みく「これでいいにゃ」 

小梅「ぁぅ……ま、まゆさんの、部屋?」 

まゆ「そうですよぉ。それじゃあ寝ましょうか」 

みく「ちょっと広くなったからってどうだか」 

まゆ「小梅ちゃん小さいですし、みくちゃんのシングルよりは広いはずですよ?」 

小梅「両側からくっつかれると……苦しい……」 

みく「細かいことは気にしないにゃ」 

小梅「ぇー……あ、テレビとか、消してくれた?」 

まゆ「そういえば忘れてましたね」 

小梅「鍵も、閉めてくれたんだね。ありがとう」 

まゆ「……小梅ちゃん?」 


24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 18:11:01.15 :uYC9Vc9u0

小梅「映画途中になっちゃったけど……お泊り会、だよね……?」 

みく「そうだけど……」 

小梅「お泊り会って、夜は怖い話……するよね?」 

まゆ「ひぃぃぃぃぃ」 

みく「まゆちゃんどうし――人魂ァ!?」 

小梅「水の音とか、隙間風とか、柳の音とかは……お任せで」 

まゆ「やめてやめてやめてやめてやめてやめてやめてやめて」 

小梅「そう……? これは、去年の夏のことなんだけどね……」 

まゆ「みくちゃんみくちゃん」 

みく「何だにゃ?」 

まゆ「知ってましたかぁ? 目を瞑ると余計怖いんですよぉ?」 

みく「じゃあ開けときゃいいじゃん」 

まゆ「そんなことできると思いますかぁ?」 

小梅「余裕そう……だね? それでね、山道で迷ってるときに先の方に明かりが……」 


25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 18:11:26.42 :uYC9Vc9u0

まゆ「……! ……!」 

みく「一緒に締められるとみくまで苦しい……」 

小梅「……こんなところに宿があるって、変……だよね?」 

まゆ「――――――――」 

みく「え、これみくだけ聞くの?」 


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 18:12:07.47 :uYC9Vc9u0

小梅「どこからかなって思ったら、裏の方から……」 

まゆ「…………」 

みく「ま、まさか行かないよね?」 

小梅「ぴちゃ……ぴちゃ……って音が……」 

まゆ「!!」 

みく「だからこの効果音なんやねん!」 


27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 18:12:34.85 :uYC9Vc9u0

小梅「下からずる、ずるって……あれ?」 

まゆ「………………」 

みく「……zzzz」 

小梅「寝ちゃった、ね?」 

小梅「……疲れてるみたいだったから、軽いいたずらにしたよ?」 

小梅「……うん、おやすみ」 

小梅「おやすみなさい、まゆさん、みくさん……ふふっ」 


28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 18:13:54.68 :uYC9Vc9u0

以上です。読んでいただきありがとうございました。 
世間ではだりみくと言われていますが、まゆみくですよ!まゆみく! 


29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/29(日) 18:20:52.45 :dE9CfJo/0
ママゆだったか