【SS速報VIP】杏「杏・輝子・小梅のシンデレラジオ 第111回」 http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428327107/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 22:31:47.81 :4ID7vTGv0

シンデレラジオの続編です 
例によって、今回だけでも見れるのでよければどうぞ 


本編 
杏「杏・輝子・小梅のシンデレラジオ 第110回」 

外伝 
杏「菜々さんと その2」 


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 22:36:23.28 :4ID7vTGvo

杏「ラジオネーム『ちくわトンファー』さんからだよ」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
杏ちゃん、お願いです。 

Newニンテンドー3DSを買って下さい。 

もし、タダではやれないと言うなら 

僕の全財産である937円を差し上げます。 

もしくは、電源の入らなくなったワンダースワンと交換しませんか。 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

杏「イヤ」


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 22:37:17.22 :4ID7vTGvo

杏「杏」 

輝子「輝子…」 

小梅「小梅の…」 

小梅「シ、シンデレラジオー…!」 

輝子「シンデレラジオォォーー!!ヒャッハァ!」 

杏「シンデレラジオ~…ふわぁ」 

小梅「始まりました…杏・輝子・小梅のシンデレラジオ、第111回目…です」 

小梅「この番組は…CGプロのアイドルの、最新情報を…お届けしたり」 

小梅「ゲストを呼んで…お話したりする、番組です」 

小梅「パーソナリティは…私、白坂小梅と」 

杏「双葉杏と~」 

輝子「星輝子…の3人で、お届け…するよ、フヒッ」


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 22:39:02.99 :4ID7vTGvo

杏「111回目だよー」 

輝子「と、とうとう…理不尽な要求をするだけのハガキが…」 

杏「酷すぎる」 

小梅「今までは…要求の前に、何か他の話があったのに…」 

杏「それが本題なのか、ただの前置きなのかは分からないけど」 

杏「一応それがあって、最後にさらっと付け足す感じだったのに、それすら放棄しちゃったよ」 

輝子「全財産…937円って…大丈夫なのか…?」 

杏「小学生とか中学生だってもうちょっとお金持ってると思うけど…」 

小梅「お、大人の人だったら…不安…」 

杏「確実に自宅を警備してる人だよね」 

輝子「3DSを貰う前に…す、する事があると思う…」 

杏「だよね」 

小梅「ワンダースワンって…なんだろ…」 

杏「携帯ゲーム機だね。どれぐらい前のだっけ…杏は持ってないよ」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
10年以上は前のはずですね 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

輝子「ある意味…レアなのか…?」 

杏「でも、電源が入らないのはちょっと」 

小梅「遊べないね…」


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 22:40:44.12 :4ID7vTGvo

杏「ゲームと言えば、みんなやった?ダイスDEシンデレラ2」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
バッチェやりましたよ~ 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 
すっげー面白かったゾ~ 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 
1日限定とか勿体無さ過ぎるんだよなぁ 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 
輝子ちゃんを追加した3あくしろよ 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

小梅「特技とか…ステージとか…色々増えてたね…」 

輝子「パワーアップしてたな…」 

杏「ねー、アレ、ホント面白いからもっと遊びたかったのに」 

小梅「次…遊べるのは…また1年後…?」 

杏「多分ねー」 

輝子「わ、私のキャラ…なかったからな…フヒ」 

杏「輝子追加キャラにいなかったんだよねぇ」 

小梅「一緒に…冒険したかった…」 

輝子「ら、来年に期待…フヒ」 

杏「輝子は…ヴァンパイアとか?」 

輝子「ヴァ、ヴァンパイアか…悪くない…フヒ」 

小梅「カッコいい…」 

杏「毎年パワーアップしていって、3~4年後には超本格的なスゴロク型RPGに」 

輝子「でも…遊べるのは1日だけ…」 

小梅「や、やっぱり…勿体無い…」


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 22:41:47.10 :4ID7vTGvo

杏「さて、今回もスペシャル月間ということでゲストを2人以上呼んでお送りするよー」 

小梅「ぜ、前回は…桃華ちゃんと、クラリスさんが…来てくれたね…」 

輝子「悩み相談…色々、酷かった…フヒヒ」 

杏「いきなりだもんー」 

小梅「考える時間も…全然なかった…」 

杏「まぁ、悩みの内容もほぼネタみたいなものだったからよかったけどね」 

小梅「私達がアドバイスした人…どうなったかな…」 

輝子「悩み…解決できてるといいな…フヒヒ」 

杏「解決も何もない気がするけど…まぁ、いいか」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
割と好評でしたよ。カオスな悩み相談ということで 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

輝子「そ、そうなのか…」 

小梅「カオスな…悩み相談…」 

杏「どんな悩み相談だって感じだけど、好評だったならいいよね」 

輝子「フヒ…だな…」 

小梅「う、うん…」 

杏「あとは、桃華の部屋からラジオやるの、本人がノリノリなのが意外だったね」 

小梅「た、楽しそうだったね…」 

輝子「い…いつか、本当に…フヒヒ」


24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 22:43:43.01 :4ID7vTGvo

杏「さてさて、そんな感じで早速ゲストを呼んじゃおう~」 

輝子「今日のゲストは…誰だろうね…フヒヒ」 

小梅「じゃ、じゃあ…今日の…ゲストを、呼ぶね…」 

小梅「今日の…ゲストは…この方です…」 


酒が飲める酒が飲める酒が飲めるぞ 酒が飲める飲めるぞ 酒が飲めるぞ~♪ 

1月は正月で酒が飲めるぞ 酒が飲める飲めるぞ 酒が飲めるぞ~♪ 

2月は豆まきで酒が飲めるぞ 酒が飲める飲めるぞ 酒が飲めるぞ~♪ 

3月はひな祭りでで酒が飲めるぞ 酒が飲める飲めるぞ 酒が飲めるぞ~♪ 


杏・輝子・小梅「………」 

輝子「…た、多分分かった」 

小梅「わ、私も…」 

杏「前回からの流れで考えると…あの人とあの人…かな」


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 22:45:02.75 :4ID7vTGvo

志乃「お酒が飲めると聞いて…」 

礼子「はぁい」 

杏「やっほー、志乃さんと礼子さん」 

小梅「こんにちは…」 

輝子「ど、どうも…フヒ」 

礼子「今日はよろしくね」 

志乃「一緒に楽しみましょう…ふふ」 

杏「ウチはお酒は…と思ったら、スタッフが持ってきた」 

志乃「あら、嬉しいわ…。ちょっと、期待してたのもあったけど…」 

礼子「本当に飲めるのね」 

杏「なんかおつまみ的なものまで」 

小梅「ビスケット…かな?1枚1枚…何か、乗ってるね…」 

輝子「お、大人っぽい…」 

志乃「ふふ、楓ちゃんがこの番組で飲んでたの、知ってるのよ…」 

杏「そういえばそうだった…」 

志乃「だから、私もゲストで出る時はお酒を飲ませて欲しいと思ってたの…」 

小梅「そ、そうだったんだ…」 

輝子「じ…実現した…」 

礼子「打ち合わせ中に、期待するような目でスタッフを見ていたものね」 

志乃「そんな事してないわ…ふふっ」


27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 22:46:18.93 :4ID7vTGvo

杏「さてさて、ツイッターの方は…」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
うおおおおおお志乃さん!!! 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 
礼子さんたまらねぇぜ 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 
45-62(何がとは言わない) 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 
大人な雰囲気が最高やで… 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 
いいゲストだ…(恍惚) 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 
あぁ^~礼子さんとジューシーしたいんじゃあ^~ 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 
あぁ^~志乃さんとワイン飲みたいんじゃあ^~ 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

志乃「凄いわね…早すぎて読めないわ…」 

礼子「ふふ、みんな、熱くなりすぎよ。でも、いいわ…もっと盛り上げてみせて」 

杏「ジューシーしたいって何」 

小梅「何を…するんだろう…」 

礼子「杏ちゃん達には、ちょっと早すぎるかもしれないわね…うふふ」 

輝子「フヒッ…ど、どういうことなんだ…」 

礼子「もう少しオトナになれば、きっと分かるわ」 

志乃「あら、いいわね…ファンのみんなと一緒にワインを飲むイベント…」 

杏「大人の人限定のイベントだねぇ」 

志乃「そうね…。毎年やれば、今は未成年の子もいつかは参加できるわ…」 

志乃「毎月でも毎週でも私は全然構わないけど…ふふ…」 

礼子「本当に志乃の血はワインで出来てるんじゃないかしら…」


29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 22:48:03.47 :4ID7vTGvo

杏「じゃあ、2人とも、改めて自己紹介よろしくー」 

礼子「みんな、元気?高橋礼子よ。今日はオトナなラジオを楽しんでいってね」 

志乃「柊志乃よ…リスナーのみんなも、今日は一緒に飲みながら楽しみましょ…?」 

志乃「未成年の子は、残念だけどジュースね…ふふっ」 

杏「杏達もジュースだねー」 

小梅「うん…」 

輝子「お…お酒は…二十歳になってから…だな…フヒ」 

志乃「それじゃ、せっかくだから乾杯しましょ…?」 

杏「そうしよー。それじゃ、乾杯~」 

小梅「か、乾杯…」 

輝子「乾杯…フヒ」 

志乃「乾杯…」 

礼子「乾杯♪」 

志乃「あぁ、お仕事しながら飲めるなんて素敵…」 

礼子「いつも仕事しながら飲んでる気がするのだけど」 

志乃「あら、そんな事ないわ…。ボトルを持ってるだけよ、持ってるだけ…」 

杏「志乃さんホントにお酒好きだよね」 

志乃「もちろん…特に、ワインは大好きよ。これが無いと生きていけないわ」 

小梅「そ、そんなに…」 

輝子「私も…キノコがないと、生きていけない…い、一緒…?フヒヒ」


30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 22:49:05.95 :4ID7vTGvo

杏「じゃ、そんな感じで小梅提供よろしく~」 

小梅「あ…う、うん…じゃ、じゃあ…提供、言うね」 

小梅「え…えっと、杏・輝子・小梅のシンデレラジオ」 

小梅「この番組は…鈴奈庵の提供で、お送りします…」 

志乃「このワイン、全部頂いてもいいのかしら…?」 

杏「えっ、全部飲むの?」 

志乃「ダメかしら…?」 

礼子「程々にしておきなさいよ…?」 

志乃「これぐらい平気よ、平気…ふふ」 

輝子「い、いってみよー…フヒ」


31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 22:49:57.95 :4ID7vTGvo

小梅「今回は…ゲストに、礼子さんと、志乃さんが…来てくれてるよ」 

礼子「よろしくね」 

志乃「よろしく…」 

杏「志乃さん、早速2杯目だよ」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
もう1本買ってきた方がいいですかね… 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

志乃「あら、いいの…?」 

礼子「ダメよ、志乃を甘やかすとどこまでも飲んじゃうんだから」 

志乃「もう、酷いわ…。お仕事中だし、私だって節度は守るわ…未成年の子だっているんだし」 

礼子「本当かしら…?」 

輝子「ふ、2人の会話が…大人で…凄い…」 

杏「面白いからずっと聞いてたいね」 

礼子「あら、遠慮することないのよ?折角なんだから一緒にお話しましょう」 

志乃「そうね…なかなか小さい子達とお話しすることってないもの…」 

杏「そーう?それじゃあ、どんどんやってこー」 

小梅「え…えっと…こ、今回も…ゲストへの…質問メールが、沢山来てるよ…」 

礼子「あら、みんなは私にどんな事を聞きたいのかしら」 

志乃「ワインの事なら何でも答えられるけど…」 

礼子「他の事もちゃんと答えてあげなさいよ」 

志乃「ふふ…どうしようかしら…」 

杏「それじゃ、メール紹介していくよ~」


33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 22:51:28.26 :4ID7vTGvo

杏「ラジオネーム『ヤムッグ』さんからだよ」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
礼子さんに質問です。 

礼子さんの必殺技である『ジューシービーム』が 

うっかり暴発して山を1つ消し飛ばしてしまった時、どんな気持ちでしたか? 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

礼子「ジューシービーム…?」 

志乃「礼子、そんな必殺技持ってたの…?」 

礼子「私も初耳なんだけど…」 

志乃「見たいわー…」 

礼子「ちょっと、志乃ってば」 

杏「見たーい」 

小梅「み、見てみたいです…」 

輝子「き…気になる…」 

礼子「もう、みんなまで…しょうがないわね、1回だけよ?」 

礼子「いくわよ…ジューシービーム♪」 

小梅「す、凄い…」 

志乃「ふふ、面白いわ…」 

礼子「面白いって、あのねぇ」 

杏「これが暴発して山が1つなくなったんだ」 

輝子「つ、強い…」 

礼子「そんな事した記憶無いんだけど…おかしいわね」


34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 22:52:59.19 :4ID7vTGvo

杏「次ー。ラジオネーム『ナロー』さんからだよ」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
志乃さんに質問です。 

事務所の中で、誰のCDが一番おつまみに合うと思いますか? 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

志乃「CDをおつまみにするの…?」 

杏「そもそも食べ物じゃないっていう」 

小梅「おせんべいみたいに…食べるのかな…」 

輝子「わ、割れたのが…口の中で刺さりそうだ…」 

志乃「おつまみよりは…みんなのCDの名前を使ったお酒を飲んでみたいわね…」 

礼子「あら、それはいいわね」 

杏「おー…なるほど」 

小梅「だ、誰のが…美味しそうかな…?」 

志乃「Coの子は…すっきりした味わいが多そうね…」 

杏「あー、『Twilight Sky』とか『Angel Breeze』とか『Bright Blue』とか」 

礼子「いいわね、美味しそう」 

小梅「わ、私達だと…『小さな恋の密室事件』…」 

杏「『あんずのうた』」 

輝子「フヒ…ど、『毒茸伝説』…」 

志乃「輝子ちゃんのはかなり辛口そうね…」 

礼子「流石に毒は入ってないと思うけどね…ふふ」


35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 22:54:13.17 :4ID7vTGvo

杏「これはラジオネーム『GOMA』さんからだよ」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
ゲストのお二人に質問です。 

ルンバに乗って、お仕事に行った事はありますか? 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

礼子「ないわね」 

志乃「ないわね…」 

輝子「で、ですよね…」 

志乃「あれって、人が乗っても動くの…?」 

礼子「流石に大人が乗ったら壊れると思うわ」 

杏「猫が乗ってるのなら見たことあるなぁ」 

礼子「あら、それは可愛いわね」 

志乃「案外、杏ちゃんも乗れたりして…」 

礼子「ふふっ、確かに」 

杏「えっ、杏も?」 

小梅「の、乗れたら…歩いてお仕事にいかなくて済むね…ふふ」 

杏「確かに…運んでくれる人がいない時は…」 

輝子「か、考え始めた…フヒヒ」 

礼子「杏ちゃんの場合、移動手段に使うより本来の使い方をした方が良い気がするけど」 

志乃「お部屋…綺麗にして貰った方がいいわね…ふふ」 

杏「物が散らかりすぎてルンバもまともに掃除できないかもしれない」 

輝子「か、片付けよう…」


37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 22:54:58.67 :4ID7vTGvo

杏「質問メールはこんな感じかな?」 

礼子「あら、もうおしまい?」 

志乃「もっと聞きたかったわ…」 

杏「気に入ってもらえた」 

輝子「フヒヒ…よ、よかった」 

志乃「面白いわ…こういうのを肴に飲むお酒も良い物ね…」 

礼子「なかなか無いから新鮮よね」 

杏「流石お姉さん方、ネタ質問すらおつまみ代わりに…」 

小梅「や、やっぱり…オトナ…」 

礼子「ふふ、まだまだ、こんなものじゃないわよ」 

杏「じゃ、FAXも紹介するよー。ラジオネーム『ジバチュウ』さんから」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
家にお酒もジュースもないので 

代わりにカレーを飲みながら聞いています! 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

杏「カレーは飲み物ですね分かります」 

輝子「カレーを…飲む…?」 

小梅「ルーをって…事…?」 

杏「大食いの人が、よくカレーは飲み物って言うんだよ」 

輝子「そ、そうなのか…」 

小梅「お…お水じゃ…ダメなのかな…?」


38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 22:55:39.33 :4ID7vTGvo

桃華『お屋敷から出られないのは退屈ですわね…』 

桃華『貴方達、何か面白いことして下さる?』 

クラリス『お、面白いこと…そうですわね…』 

小梅『じゃあ…バイオハザードのゾンビのマネ…やります…』 

輝子『わ、私は…タマゴタケのマネを…』 

杏『一日中寝てるニートのマネでいい?』 

桃華『…もう、いいですの』 

杏『杏』 

輝子『輝子』 

小梅『小梅の』 

杏・輝子・小梅『シンデレラジオー!』 

杏「さて、次はこのコーナーいくよー。『ブラックシンデレラ』~」 

杏「普段アイドル達が絶対に見せることのない、危険な一面を妄想したものを紹介していくよ」 

杏「桃華お嬢様のお気に召さなかったようで」 

小梅「ゾ、ゾンビのモノマネ…ダメかな…」 

杏「杏は凄い見たいけど。バイオハザードのゾンビ」 

志乃「私も見てみたいわ…」 

礼子「そうね、折角だから見せてほしいわ」 

小梅「じゃ、じゃあ…やる…!」 

杏「お、じゃあやってもらおうじゃないか」 

輝子「と、突然の…モノマネコーナー…フヒ」


39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 22:56:26.83 :4ID7vTGvo

小梅「しょ、輝子さん…手伝って欲しい…」 

輝子「フヒ…?い、いいけど…何をすればいいんだ…?」 

小梅「わ、私が…ゾンビみたいに…ゆっくり歩くから…横を走りぬけようとしてほしいの…」 

輝子「わ、分かった…やってみる…」 

杏「リスナーに見せられないのが残念だね」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
後でもう1回やってもらって、画像載せておきましょう 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

小梅「じゃ、じゃあ…やります……う゛――………」 

志乃「あら、上手ね…」 

礼子「ふふ、可愛らしいゾンビね」 

杏「流石小梅」 

輝子「え、えっと…横を走り抜ければいいんだな…」タタタ 

小梅「あ゛―――……」クルッ 

輝子「フヒッ!?」 

杏「あはは、あるある。背中向けてる隙に横通り抜けようと思ったら」 

杏「凄い勢いで反転して襲い掛かってくるの」 

輝子「ビ、ビックリした…」 

小梅「あ、ありがとうございました…」 

志乃「ふふっ…面白かったわ…」 

礼子「ありがとう、小梅ちゃん」 

小梅「えへへ…」 

杏「じゃ、改めてコーナー進めていこう~」


40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 22:57:54.10 :4ID7vTGvo

杏「ラジオネーム『おうどん』さんから」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
日下部若葉が、1ヶ月1万円生活で9500円残して1ヶ月を乗り切った! 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

珠美『ヒャアアァァァァ!!!ヒャア!?やだあぁぁぁ!?』 

杏「凄い」 

小梅「ご、500円しか使ってない…」 

輝子「どうやったんだ…」 

杏「絶対サバイバル生活だよ」 

小梅「魚を獲ったり…木で家を建てたり…」 

杏「槍持って動物追い掛け回してるよ」 

志乃「若葉ちゃん、随分ワイルドなのね…」 

礼子「500円は何に使ったのかしら」 

杏「調味料…は最初からあるんだっけ?」 

小梅「確か…最初からあるはず…」 

杏「じゃあ、何に使ったんだろ」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
ホームセンターでサバイバルに必要な道具を買ったりとか 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

杏「そっちかぁ」 

礼子「ホームセンターに行くという選択肢が普通じゃないわね」 

志乃「食費以外の事に使ってるものね…」


41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 22:58:25.70 :4ID7vTGvo

杏「ラジオネーム『チャキッ娘』さんから」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
佐々木千枝のライブで、観客が全員土下座している! 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

珠美『ヒャアアァァァァ!!!ヒャア!?やだあぁぁぁ!?』 

杏「何そのライブ」 

小梅「な、何があったのかな…」 

輝子「歌ってる時も…ずっと土下座なのか…?」 

礼子「千枝ちゃんのライブの演出としてはちょっと考えにくいわね」 

杏「時子様のライブなら分かるけど」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
桃華ちゃんをママって呼ぶ方々と似たような感じの… 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

杏「あー…」 

志乃「桃華ちゃんを…?」 

礼子「どういう層なのかしら一体…」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
千枝ちゃんに辱められるライブ 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

杏「何て業の深いライブなんだ…」 

小梅「た、多分…ダメなヤツ…」 

輝子「だな…フヒ」


42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 22:59:40.65 :4ID7vTGvo

杏「ラジオネーム『ロッキー』さんから」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
高森藍子が、ピューマにキレイなハイキックを叩き込んだ! 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

珠美『ヒャアアァァァァ!!!ヒャア!?やだあぁぁぁ!?』 

杏「つよい」 

輝子「ど、どういう状況なんだ…」 

小梅「藍子さんが…ハイキック…」 

杏「ハイキックって事は、普通にやったらピューマに当たらないから」 

杏「ピューマが飛び掛ってきたところに狙って当てたって事だよね」 

小梅「カ、カッコいい…」 

志乃「お散歩してる間に身につけたのかしら…」 

礼子「ハイキックが出来るようになるお散歩って…」 

杏「エクストリームお散歩」 

輝子「動物とかが…襲ってくるのか…?」 

小梅「どこを…お散歩してるんだろう…」 

杏「サバンナとか?」 

礼子「本当に危険なお散歩ね」 

杏「野生動物の攻撃を華麗にかわしながら写真撮影もするよ」 

小梅「ゲ、ゲームみたいだね…」 

杏「そんな感じで、みんなが妄想したアイドル達の危険な一面を送ってきてね~」


43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 23:00:39.53 :4ID7vTGvo

杏「それじゃ次のコーナーいくよー」 

杏「『目指せご褒美!アイドルバトル』~」 

杏「パーソナリティチームとゲストでバトルをして、ご褒美ゲットを目指すコーナーだよ」 

杏「杏達が勝てば、勝った人数に応じたポイントが貰えて、それが一定数溜まればご褒美ゲット」 

杏「ゲストが杏達に勝てば、その場でご褒美が貰えるよ~」 

杏「杏達全員に勝てば、豪華なご褒美が貰えるから、ゲストも頑張ってね~」 

杏「現在パーソナリティチームのご褒美ポイントは3。ご褒美獲得まであと22ポイントとなってるよ」 

志乃「豪華なご褒美…お酒だと嬉しいのだけど…」 

礼子「その為にも、まずは杏ちゃん達に勝たないとね」 

小梅「今回も…お題がもう決まってるみたい…」 

杏「じゃあ、礼子さんにお題を読んでもらおう」 

礼子「ふふ、いいわよ」 

輝子「こ、今回の…バトルの、内容は……」


44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 23:01:22.35 :4ID7vTGvo

礼子「エイプリルフールバトル」 

礼子「とっくに過ぎてしまいましたが、4月と言えばエイプリルフールということで」 

礼子「事務所のアイドルの子を使って、1つ嘘を考えてください」 

礼子「うっかり信じてしまいそうな絶妙な嘘を考えた人の勝利です、だそうよ」 

杏「確かに4月1日は思いっきり過ぎちゃってるね」 

小梅「で、でも…4月の…最初の放送だから…」 

杏「だねぇ」 

輝子「う、嘘を考えればいいのか…」 

杏「それも、うっかり信じてしまいそうな嘘だからね」 

小梅「じゃ、じゃあ…ブラックシンデレラみたいなのは…ダメだね…」 

輝子「あ、あれは…ダメだ…フヒヒ」 

杏「明らかにおかしいもんね」 

礼子「ただ信じてしまいそうというだけではなくて、意外性もないとつまらないわね」 

志乃「そうね…信じてしまいそうな嘘でも、それがどうでもいいような嘘だと…」 

杏「確かに。信じてしまいそうで、なおかつ面白い嘘じゃないと」 

小梅「む、難しいね…」 

杏「普段コーナーにネタ送ってきてくれるみんなは得意そうだけど」 

輝子「フヒ…確かに…」 

杏「というわけで、シンキングタイムスタート~」


45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 23:02:21.93 :4ID7vTGvo

小梅「エイプリルフール…何か、ウソついたことある…?」 

杏「んー…ないかなぁ…気がついたら終わってる」 

輝子「私も…ない…」 

礼子「少なくとも、最近はついてないわね」 

志乃「いい年して、エイプリルフールではしゃぐというのも…ね」 

杏「い、いやいや、そんなことないってー」 

志乃「ふふ…ありがと…」 

輝子「エ、エイプリルフールって…いつ…始まったんだ…?」 

杏「んー…知らないなぁ」 

礼子「そういえば、聞いた事ないわね」 

志乃「他のイベントはなんとなく分かるけど…エイプリルフールはさっぱりね…」 

杏「最近出来たのか、昔からあるのかすら分からない」 

小梅「なんで…嘘をつく日なんて…流行ったのかな…」 

輝子「な、謎だな…」 

杏「昔、4月1日に1つの嘘がきっかけで滅亡した国があるとか」 

礼子「それだと、嘘をついてはいけない日、になりそうじゃないかしら?」 

杏「む、それもそっか」 

志乃「謎は深まりばかりね…」 

杏「あと、嘘ついていいのは午前中だけみたいなルールがあるんだっけ?」 

小梅「あ…き、聞いた事ある…」 

礼子「早めにネタばらしして、その日の内に後腐れをなくしなさいってことなのかしらね」 

輝子「た、確かに…1日中…騙されてるのは…良くない…」


46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 23:03:06.14 :4ID7vTGvo

杏「そろそろシンキングタイム終了だよー。みんな書けた?」 

小梅「書けた…」 

輝子「い、一応…書けた…」 

礼子「私も書けたわ」 

志乃「私もいいわよ…」 

杏「じゃ、最初は小梅から発表だねー」 

小梅「うん…」 

杏「それじゃ、小梅の考えた嘘はこちら~」


47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 23:04:14.07 :4ID7vTGvo

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
杏さんは実は双子 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

杏「な、なんだってー」 

輝子「そ、そうだったのか…」 

小梅「実は…みんなが知らないところで…替え玉大作戦は行われてた…」 

輝子「う、うさぎが替え玉だと思ってたら…」 

礼子「そっちはフェイクだったのね」 

志乃「そういえば、名前に『双』って字が入ってるわね…」 

小梅「う、うん…」 

輝子「な、なるほど…」 

杏「バレてしまっては仕方ない…今、ここにいる杏は双子の妹の方だったのだ」 

小梅「お姉さんの方は…今、何してるの…?」 

杏「家で寝てる」 

輝子「こ、交代で…休んでるのか…?」 

杏「そんな感じそんな感じ」 

小梅「このラジオも…交代で来てたの…?」 

杏「そうだよー」 

志乃「もう1人の本当の名前は…なんなのかしら…?」 

杏「あ…そこまで考えてなかった。じゃあ、杏を別読みして『きょう』ということで」 

礼子「漢字は同じなのね」 

杏「漢字で書く分にはどっちも嘘をついてないということになる!」


48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 23:05:41.89 :4ID7vTGvo

杏「じゃ、次は輝子が発表だねー」 

輝子「フヒ…分かった…」 

杏「じゃ、輝子の考えた嘘はこちら~」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
茜さんは実は朝はパン派 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

杏「これは意外だねぇ」 

小梅「あ、茜さん…朝も…ご飯たくさん食べてそう…」 

礼子「パンだとしても、凄い量を食べてそうよね」 

輝子「み、みちると…どっちが沢山食べるかな…フヒヒ」 

杏「志乃さんは朝ご飯どうしてるのー?」 

志乃「私…?私は勿論、お酒を…」 

杏「朝から!?」 

志乃「ふふ…冗談よ…」 

礼子「志乃の場合、冗談に聞こえないのよね…」 

小梅「れ、礼子さんは…朝ご飯は…?」 

礼子「私はカフェで頂くことが多いかしら。コーヒーと軽食をね」 

小梅「オ、オシャレ…」 

礼子「ふふ、そう?小梅ちゃんも、一度カフェで朝食を取ってみたらどうかしら?」 

小梅「う、うん…食べてみたい…」


49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 23:06:31.00 :4ID7vTGvo

杏「じゃ、次は礼子さんー」 

礼子「私の番?いいわよ」 

杏「それじゃ、礼子さんの考えた嘘はこちら~」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
夏美ちゃんは実は高い所が苦手 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

杏「えー、まさかの」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
元CAが… 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

礼子「ふふ、意外でしょ?」 

小梅「お仕事…どうしてたのかな…」 

杏「膝ガックガクさせながら震え声でやってたのかな」 

輝子「そ、それはヤバい…」 

志乃「お客さんが不安になりそうね…」 

小梅「高い所が苦手なのって…治せるのかな…?」 

輝子「む、無理じゃないか…?」 

杏「スカイダイビングするとか」 

礼子「それ、一生モノのトラウマになると思うわよ」 

杏「ダメかー」 

志乃「幸子ちゃん、よくやったわよね…」


50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 23:07:10.60 :4ID7vTGvo

杏「次は志乃さんー」 

志乃「分かったわ…」 

杏「んじゃ、志乃さんの考えた嘘はこちら~」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
礼子は実は33歳 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

杏・輝子・小梅「!?」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
!? 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

礼子「ちょっと、志乃!」 

志乃「あら、ダメだったかしら…」 

礼子「ダメに決まってるじゃない!」 

志乃「うっかり信じてしまいそうで、意外性のある嘘っていう点では間違ってないと思うのだけど…」 

礼子「そういう問題じゃないでしょ!」 

杏「ア、アカン…」 

輝子「な…何も言えないぞ…」 

小梅「う、うん…」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
やべぇよ…やべぇよ… 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

杏「つ、次行こう、次」 

志乃「うふふ…」 

礼子「んもう…!」


52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 23:08:13.41 :4ID7vTGvo

杏「じゃ、最後は杏だねー」 

杏「杏の考えた嘘はこちら~」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
恵磨は家で1人の時は乃々以上にネガティヴ 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

小梅「わ、わぁ…」 

礼子「あの恵磨ちゃんが…確かに、意外性はあるわね」 

輝子「乃々より…ネガティヴなのか…」 

志乃「1人にしておくのが不安になるわね…」 

杏「押入れにこもって、『もう無理…ホント無理…』ってずっと呟いてる」 

輝子「ヤ、ヤバい…」 

小梅「大丈夫…かな…」 

礼子「普段の反動、ということなのかしら」 

志乃「じゃあ、逆に乃々ちゃんは家で1人だと物凄くポジティブに…?」 

杏「何それ見たい」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
机の上でブレイクダンスとかしてますね… 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

杏「それポジティブっていうか危ない人じゃ…」 

輝子「乃々の…ブレイクダンス…」 

小梅「み、見てみたいかも…」


55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 23:11:10.93 :4ID7vTGvo

杏「さてさて、全員の回答が出揃ったので投票タイムだよー」 

杏「リスナーの皆は、誰のアイデアが一番いいと思ったか呟いてねー」 

杏「ハッシュタグを忘れずにー」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
双葉あんずと双葉おんず 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 
朝ごパンですね 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 
高所恐怖症なんで飛行機はいやーキツいっす(素) 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 
志乃さん!?マズいですよ! 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 
こりゃいけるんですけど!いけるんですけど! 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

杏「おんずって何、おんずって」 

小梅「ど…どんな漢字なんだろう…」 

志乃「いんずちゃんと、うんずちゃんと、えんずちゃんもいるのかしら…」 

杏「まさかの五つ子」 

礼子「1人のお仕事の量が5分の1になるわね」 

杏「やったーっ」 

礼子「飴玉とお給料も5分の1だけどね」 

杏「うっ」 

輝子「フヒ…ど、どっちがいいんだ…?」 

杏「ご、5倍にしてもらう」 

志乃「ふふ、杏ちゃんらしいわね…」


56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 23:12:20.59 :4ID7vTGvo

杏「結果が出たよー」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
1位:小梅(スタッフポイント5+ツイッター票約2割) 

2位:礼子(スタッフポイント2+ツイッター票約3割) 

3位:杏(スタッフポイント3+ツイッター票約2割) 

4位:輝子(スタッフポイント1+ツイッター票約2割) 

5位:志乃(スタッフポイント0+ツイッター票約1割) 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

小梅「あ、1位だ…よかった…」 

志乃「あら、スタッフさん、誰も私に投票してくれなかったの…?」 

杏「そ、それはそうだと思うよ…」 

礼子「ふふ…よく分かってるわね、いい子よ」 

輝子「で、でも…ご褒美は…」 

礼子「それよりも大事なのよ…」 

輝子「フ、フヒ…そう…なのか…」


57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 23:14:03.47 :4ID7vTGvo

杏「今回はどうなるのー?」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
ご褒美ポイント2とゲストチームにノーマル賞になります 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

杏「んじゃ、ご褒美ポイントは合計5ポイントかな」 

小梅「あと20ポイント…」 

輝子「や、やっと…5分の1か…」 

杏「そして、礼子さんと志乃さんにはノーマル賞のご褒美をプレゼントー」 

輝子「ノーマル賞のご褒美…どぞ…フヒ」 

礼子「ありがとう」 

志乃「何が入ってるのかしら…」 

礼子「この馴染み深い重み…」 

志乃「…あら、もしかして」 

礼子「多分、ね」ガサゴソ 

杏「この2人の様子…中身はまさか」 

輝子「や、やっぱり…アレなのか…」 

小梅「みたい…?」 

杏「にしてもゲストチーム、まさかの内紛だよ」 

礼子「いや、志乃が全面的に悪いんだけどね…」 

志乃「面白いと思ったのに…」 

礼子「貴女ねぇ…」


58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 23:14:45.08 :4ID7vTGvo

志乃「ふふ、やっぱりワインだったわ…」 

礼子「私達らしいご褒美、ということかしら」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
ノーマル賞なのでそこまでいいものではないですけど… 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

志乃「いいのよ…お仕事でお酒を飲めて、さらにご褒美も貰えちゃうなんて…」 

志乃「一番良いご褒美の方も、気になるのは気になるけど…ね」 

杏「やっぱり、Sレア賞だともっと高いワインだったの?」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
そうですね 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

志乃「ちなみに、そのSレア賞のワインはどうするのかしら…?」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
えっ…まぁ、スタッフで… 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

志乃「ふーん…」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
えっ 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

小梅「し、志乃さんが狙ってる…」 

輝子「フヒヒ…」 

礼子「ダメよ、志乃」 

杏「というわけで、『目指せご褒美!アイドルバトル』でした~」


59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 23:15:45.64 :4ID7vTGvo

小梅「つ、次は…お知らせのコーナー、です」 

小梅「『自分だけ花見の集合時間が8時間早かった』が開催中です…」 

杏「場所取り係乙」 

小梅「ほ、本当は…『花見DEドリームLIVEフェスティバル』です…」 

小梅「今回も…イベントの様子が後日、テレビ放映されるので…お楽しみに…」 

杏「残りラウンドもあと少しだよー。頑張ってね」 

志乃「花見酒…良いわね…」 

輝子「志乃さん…イベント中、ずっと飲んでた…」 

礼子「洋子ちゃんをあんなに酔わせて…」 

志乃「ふふ…楽しくって、つい…」 

小梅「限定ガチャ、桜舞う☆ハイカラロマンガチャが開催中です…」 

小梅「志希さん、周子さん、夕美さんのコスト21、思い出エピソード、肩書き付きの新SRが登場です…」 

小梅「肩書きを設定すると、アイドルが新お仕事演出のローディングキャラとして登場します…」 

小梅「さらに、対象アイドルをゲットすると、ぷちデレラ&ぷち衣装もプレゼントです…」 

杏「こっちもドリーム報酬があと少しだよー」


60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 23:16:22.78 :4ID7vTGvo

小梅「第4回シンデレラガールズ総選挙が開催中です…」 

小梅「総選挙で1位に輝いたアイドルは、Sレア[シンデレラガール]の肩書き付きで登場します…」 

小梅「さらに、キュート、クール、パッションの各タイプ別上位3名のアイドルによる9人組ユニット」 

小梅「1位~5位のアイドルによる5人組ユニットの楽曲が、次期シングルCDに収録されます…」 

小梅「みなさん、アイドル達に清き一票を…お願いします」 

杏「中間発表がさっききたね。上位3人は月末ガチャの3人だよ~」 

小梅「わ、私は…Coで9位…」 

輝子「私は…Paで9位…フヒ」 

杏「杏は全体5位、Cuで4位だねー」 

杏「でも、まだまだ最後までどうなるか分からないからね。みんなよろしくー」 

小梅「よろしくお願いします…」 

輝子「よ、よろしく…フヒ」 

志乃「ふふ…応援、よろしくね…?」 

礼子「みんなの熱い声援、期待してるわよ?」 

小梅「『フライデーナイトフィーバーキャンペーン』が開催中です…」 

小梅「アニメ放映開始を記念して、様々なプレゼントや盛り沢山のコンテンツをお届けします…」 

杏「というわけで、ここで1曲ー。加蓮で『薄荷 -ハッカ-』~」


61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 23:17:03.86 :4ID7vTGvo

小梅「エ、エンディング、です……」 

志乃「あら、もうおしまいなの…?」 

礼子「お楽しみはこれからなのに…」 

輝子「フヒ…い、いつも…あっという間…」 

杏「ワイン、ホントに空にしちゃったよ…」 

小梅「志乃さんが…殆ど飲んじゃった…」 

志乃「ふふ…美味しかったわ…」 

礼子「顔、ちょっと赤くなってるわよ…」 

志乃「大丈夫よ…このぐらいは、平気…」 

杏「2人とも、今日はどうだったー?」 

志乃「とても楽しかったわ…。ワインも飲めたし…また、呼んで欲しいわ…」 

礼子「私も楽しませてもらったわ。また、ゆっくりお話しましょう?」 

小梅「う、うん…また来てね…」 

輝子「待ってる…フヒ」 

杏「じゃあ、最後にメールを紹介するよー」 

杏「ラジオネーム『ランポ』さんから」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
礼子さんと志乃さんは17歳です! 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

礼子「あら、それぐらい若いって事かしら?ふふ、ありがとう」 

志乃「でも、17歳だとお酒が飲めなくなっちゃうわ…」 

杏「そっちを気にするんだ…」


64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 23:19:18.53 :4ID7vTGvo

杏「こんなFAXも来てるよー」 

杏「ラジオネーム『双葉ハンズ』さんから」 

杏「そんな東急ハンズみたいな」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
双葉暗頭(あんず) 

双葉陰頭(いんず) 

双葉雲頭(うんず) 

双葉燕頭(えんず) 

双葉怨頭(おんず) 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

杏「う、うわぁ…」 

輝子「字が…怖いな…」 

杏「あんずからおんずまで、全部漢字で書かれてるんだけど、字がおかしい」 

小梅「『ず』が全部、頭で…あんは…暗黒のあんで…いんは…陰のいんで…」 

小梅「うんは…雲のうんで…えんは…えっと…」 

礼子「ツバメ、ね」 

小梅「ツ、ツバメのえんで…おんが…怨霊のおん…」 

杏「なんか、必殺技の名前みたいだよね」 

輝子「ちょ、ちょっと、カッコいい…?」 

志乃「ふたばを、そうようって読んだらもっとそれっぽくなるわね…」 

杏「そうようあんず…そうよういんず…」 

輝子「もう…誰なのか分からないな…フヒヒ」


67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 23:21:19.09 :4ID7vTGvo

小梅「じゃ、じゃあ…杏・輝子・小梅のシンデレラジオ、今日は…ここまで…です」 

小梅「お相手は、白坂小梅と」 

輝子「星輝子…と」 

杏「双葉杏と~」 

礼子「高橋礼子と」 

志乃「柊志乃でお送りしたわ…」 

小梅「また来週…」 

輝子「ヒャッハァーー!!終了だァーーー!!」 

杏「ばいばい~」 

礼子「それじゃ、またね」 

志乃「また会いましょ…ふふ」 

小梅「ふ、双葉かんず…」 

輝子「双葉きんず…フヒ」 

礼子「双葉くんず?」 

志乃「双葉けんず…」 

杏「双葉こんず…って、これ五十音全部いるの?」


69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 23:22:44.67 :4ID7vTGvo

―番組終了後― 

小梅「お疲れ様でした…」 

輝子「お疲れ様…フヒヒ」 

杏「おつかれー」 

礼子「お疲れ様」 

志乃「お疲れ様…」 

志乃「さ、打ち上げにいきましょう…」 

杏・輝子・小梅「えっ」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
えっ 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

志乃「いかないの…?」 

礼子「志乃、まだ昼間よ…」 

―――――――――――――――――――――――――――――――― 
まだ仕事が山ほど残ってますので… 
―――――――――――――――――――――――――――――――― 

小梅「私達…レッスンが…」 

輝子「だ、だな…」 

志乃「えー…」 

杏「そんな残念そうに言われても…」 

礼子「全く、志乃ったら…。今夜、付き合うから」 

志乃「ふふ、流石礼子ね…」


71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 23:23:40.34 :4ID7vTGvo

―その頃事務所では― 

P「ちひろさんは髑髏杯でお酒を飲むんですよね」 

ちひろ「プロデューサーさんが爆死した時は杯にしてあげますので覚悟して下さいね」 


おしり


75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/06(月) 23:26:03.27 :4ID7vTGvo

総選挙、まだまだこれからですね 
頑張りませう 


見てくれた人ありがとう