【SS速報VIP】龍崎薫「ラブレター」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430817024/



1 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:10:34.13 :rEnfP9Ni0

―――事務所 


薫「ラブレターを書きたい!」 

舞「ラブレター?」 

千枝「好きな人がいるんですか?」 

薫「そうなの!今日学校でね!友達が『好きな人にはラブレターをあげるんだよ』って言ってて!」 

薫「それでね!薫も書こうと思ったんだ!」 

舞「えっと……誰に?」 

薫「あいお姉ちゃんだよ!!」


2 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:12:44.97 :rEnfP9Ni0

千枝「それで、私達にラブレターの書き方を相談しようとしたんですか?」 

薫「かおる、そういうの書いたことないから、みんなに聞いたら分かるかなって……」 

舞「でも私もそういうの分からないかなあ……」 

千枝「ありすちゃんとかなら相談に乗ってくれるかもしれません!」 

舞「たしかに!」 

薫「行ってみよー!!」


3 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:13:31.31 :rEnfP9Ni0

・・・・ 


ありす「どうしたんですか?みんなでぞろぞろと」 

晴「サッカーか?サッカーするか?」 

薫「サッカーはしないよ!」 

晴「何でだよサッカーしようぜサッカー」 

ありす「話進まないんでサッカーは置いといてください」 

舞「薫ちゃんが、ラブレターの書き方を教えて欲しいそうです」 

ありす「ラ、ラブレター!?」 

薫「ありすちゃん達なら分かるかなって!年上だし!」 

ありす「えぇ……」


4 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:14:33.88 :rEnfP9Ni0

ありす(正直私だって上手な書き方を聞きたいくらいだけど……) 

薫「……!」 

ありす(こうも頼りにされると断りにくい……) 

ありす「わ、分かりました、任せてください」 

薫「ほんとぉ!?ありすちゃんありがとー!!」 

ありす「ともかく、ラブレターという事で、より相手の興味を惹ける文章である事が好ましいです」 

薫「うんうん!」 

ありす「著名な小説家が好きな人に送ったとされるラブレターを参考にすると良いかもしれません」 

晴「またゴーグルに頼るのかよ」 

ありす「グーグルです」


5 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:15:20.73 :rEnfP9Ni0

ありす「探せば色々ある物です、太宰治やサン=テグジュペリ……」 

晴「サンテグジュペリってサッカーチームみたいだな」 

ありす「知りませんよ」 

晴「ていうか見つけるのはえーな、何回も見たのかよ」 

ありす「い、いいじゃないですかそんな事はどうだって……」 

薫「とにかくこれと同じ事を書いてみればいいんだね!!」 

千枝「丸写しはさすがに……」 

薫「かおる、がんばりまーっ!」 

舞「行っちゃった……」


6 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:16:06.03 :rEnfP9Ni0

・・・・ 


千夏「あい、薫ちゃんからあなたに手紙を預かっているわよ」 

あい「ほう、薫から。何て言っていたんだい?」 

千夏「ラブレターだそうよ、お熱いわね」 

あい「ふっ、からかわないでくれ……どれ、可愛い便箋だ」 

あい「ふむ……」 

『まこと愛するあいお姉ちゃんへ』 

あい「えっ」


7 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:17:01.51 :rEnfP9Ni0

『ああ、ぜんせで君はかおるの妹か妻であった」 

あい「お姉ちゃんじゃないのか」 

『君こそはかおるの半身であることを、いつまでもそうであることを、いまにしていよいよはっきり感じる』 

『かおるは一人の、自立した存在ではない。かおるの弱点はことごとく君によせかけてしまった』 

あい「…………」 

あい「返事を書かなくてはな」


8 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:17:51.93 :rEnfP9Ni0

・・・・ 


唯「薫ちゃーん、あいさんからお手紙だよー☆」 

薫「わっ!おへんじ来たんだ!」 

唯「なになに~~?何のお手紙~~?」 

薫「あのね、あいお姉ちゃんにラブレターを書いたんだ!」 

唯「えーっ!薫ちゃん超大胆!唯もラブレター書いてみよっかな☆」 

薫「えへへ……!何て書いてあるのかな!」


9 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:18:45.13 :rEnfP9Ni0

『薫へ、漢字の間違いが多かったので添削させてもらうよ』 

薫「えっ」 

『飛び出す部分、飛び出さない部分、とめ、はね、はらい、これらをしっかり意識するのが大切だ』 

『だが薫の学年では習っていない漢字を使おうとしたのは立派だ。これからも頑張るんだよ』 

『東郷あいより』 

薫「…………」 

薫「あいお姉ちゃんひどいよ!!!」


10 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:22:27.28 :rEnfP9Ni0

・・・・ 


舞「ラブレターが添削されて返ってきた?」 

薫「そうなの……漢字をたくさん間違えたんだって……」 

ありす「ええ……?」 

???「アンタそれ全然相手にされてないって事じゃないの!!」 

薫「だぁれ!?」 

梨沙「フンッ」 

晴「お、梨沙じゃん」


11 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:23:27.36 :rEnfP9Ni0

梨沙「話は離れて聴かせて貰ってたわ!」 

千枝「聞き耳立ててたんですか?」 

晴「友達いねーのかよ」 

ありす「素直に混ぜてと言えばいいのに」 

梨沙「うっさい!なんで来た途端にdisられまくんなきゃならないのよ!」 

晴「そもそも何しに来たんだ?」 

梨沙「薫にラブレターの書き方を教えてあげに来たの!」


12 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:24:23.73 :rEnfP9Ni0

薫「わっ!梨沙ちゃんありがとう!」 

梨沙「礼には及ばないわ!こんなガキンチョばっかじゃどうせロクな案も出てないんでしょ?」 

晴「同い年だろ」 

ありす「同い年じゃないですか」 

梨沙「とにかく!アタシがパパに週に8回くらい書いてるラブレターを見せてあげるわ!これを参考にすれば楽勝よ!」 

舞「週8って……」 

ありす「さすがに引きますね」 

梨沙「だまらっしゃい!!」


13 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:25:41.18 :rEnfP9Ni0

梨沙「ハイこれ!気持ちを伝えるなら勢いが大事よ!頑張りなさい!」 

薫「うん!かおる頑張る!!じゃああっちで書いてくるね!!」 

舞「また走って行っちゃった……」 

千枝「漢字を間違えなければいいんですけど」 

晴「……しかしなー梨沙がなー」 

梨沙「何よ」 

晴「意外と優しいんだなーお前」 

梨沙「バ、バカ!!急に何言い出すのよ!!」 

ありす「…………」


14 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:29:05.51 :rEnfP9Ni0

・・・・ 


千夏「あい、またお手紙よ」 

あい「フッ、さっきは混乱して添削をしてしまったからな、今回はしっかり返事をしよう」 

千夏「本当に妬けるわね」 

あい「君達ほどではないと思うがね、では手紙を読ませて貰おう」 

『大好きなパパへ』 

あい「パパ!?」


15 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:29:49.90 :rEnfP9Ni0

・・・・ 


唯「薫ちゃ~~ん、お返事だよ~~~☆」 

薫「やったぁ!!」 

唯「今度はちゃんと気持ちに応えてくれたらいいよねー」 

薫「うん!!読んでみるね!!」ビリッ 

『薫へ、父の日はもう少し先の話だな』 

薫「」


16 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:30:24.28 :rEnfP9Ni0

『お父さんへの手紙が間違って届いていたみたいだが、薫はとてもお父さん想いのようだ』 

『家族を大切に想う気持ちは決して失ってはいけないよ、もちろんそんな心配はしていないけれどね』 

『お父さんへのプレゼントを選びたいのであれば私も手伝うからね。薫の心を誇りに思うよ』 

薫「まちがえた!!!!!!」 

唯「間違えた!?」 

薫「なまえ!!!!!!!!!」


17 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:31:43.27 :rEnfP9Ni0

・・・・ 


梨沙「宛名をパパにしたぁ!?」 

薫「そうなの……」 

舞「それはあいさんもビックリするね」 

千枝「どうしますか?」 

晴「梨沙ー、別のラブレター見せてやれよ」 

梨沙「無理よ……」 

晴「なんでだよ?」


18 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:32:35.93 :rEnfP9Ni0

梨沙「だって手紙はほとんど同じ事しか書いてないし……」 

晴「同じ内容の手紙毎日送ってんのかよ」 

ありす「ほんとにドン引きしてますからね」 

梨沙「一言多いのよアンタらは!!!!!」 

薫「ごめんね……かおる、失敗しちゃった……」 

梨沙「あ、いや、別にアンタが謝る事じゃ……」 

???「あらあら、年下を泣かせるのは感心しませんわ」


19 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:33:11.53 :rEnfP9Ni0

梨沙「その声は……」 

桃華「ごきげんよう♪」 

舞「桃華ちゃん!」 

桃華「どうやら恋文の書き方に困っている様子、わたくしが手伝ってあげてもよろしくてよ?」 

梨沙「聞き耳立ててるなんてアンタも暇ね」 

ありす「あなた人の事言えないでしょう」 

晴「どいつも暇だな、オレも暇だよ」


20 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:34:00.13 :rEnfP9Ni0

薫「桃華ちゃんもてつだってくれるの!?」 

桃華「ええ、こんなお子様ばかりでは大した案も出ないでしょうし」 

晴「同い年だろ」 

ありす「同い年じゃないですか」 

梨沙「同い年でしょうが」 

桃華「気品が違いますの」 

梨沙「自分で言うワケ?」


21 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:34:40.47 :rEnfP9Ni0

千枝「桃華ちゃんは、どんなラブレターがいいと思いますか?」 

桃華「うふふ……よくぞ聞いてくれました……」 

桃華「高貴なる者に相応しい恋文……それは和歌ですわ!!」 

晴「和歌ァ……?」 

桃華「ええ!昔の方は31文字の和歌に想いを乗せて愛する人に届けていたそうです」 

桃華「なんとロマンチックな……そんな事をされて気持ちが揺らがない人などいませんわ!!」 

桃華「そんな訳で薫さん、わたくしの和歌選を貸してあげますから、これで恋文をお書きなさい」 

薫「あ……ありがとう……」


22 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:35:20.65 :rEnfP9Ni0

ありす「(これ薫さん和歌の事分かってないパターンじゃないですか)」 

晴「(つーかそもそも和歌ってギャグとかじゃねーのか!?本気か!?)」 

梨沙「(完全に本気っぽいわね……どうすんのこれ……)」 

薫「和歌……?」 

千枝「俳句のちょっと長いヤツです……」 

薫「まつしまや……」 

桃華「わたくしの案に度肝を抜かれたようですが、頑張るんですのよ、薫さんならきっと大丈夫です」 

薫「う、うん……頑張る……」


23 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:36:11.71 :rEnfP9Ni0

・・・・ 


千夏「あい、お手紙の時間よ」 

あい「フッ……次はお父さん宛てではないといいのだが……」 

千夏「分かっているくせに、あなたも意地悪ね」 

あい「私だって不安なんだ、そう苛めないでくれ。それでは読ませて貰おうか」 

『橋姫の 心をくみて 高瀬さす 

   棹のしづくに 袖ぞ濡れける』 

あい「和歌!?」


24 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:36:54.32 :rEnfP9Ni0

・・・・ 

唯「薫ちゃ~~んお返事~~~」 

薫「ぜったい漢字がまちがってるって書かれてる……」 

唯「めっちゃネガティブじゃん!!しっかり!!」 

薫「いいもん……かおる頭よくないし……」 

唯「お返事読も!?ね!?」 

薫「うん……」 

『さしかへる 宇治の河をさ 朝夕の 

   しづくや袖を 朽たし果つらむ』 

薫「…………どういう意味?」 

唯「ゆいも分かんない」


25 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:38:03.72 :rEnfP9Ni0

・・・・ 


梨沙「返事の意味が分からなかったぁ?」 

薫「うん……」 

梨沙「ありす、あんたが調べてやりなさいよ」 

ありす「すいません、グラブルやりすぎてタブレットの電池が切れました」 

梨沙「なんで肝心な時に使えないのよ!!」 

ありす「しょうがないじゃないですか!!AP溢れる前に使っておきたいんです!!」 

晴「桃華は分かるか?」 

桃華「…………分かりませんわ!!」 

梨沙「あんたもかい!!」


26 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:38:44.33 :rEnfP9Ni0

晴「どうするんだこれ……」 

薫「……」 

舞「……」 

千枝「……」 

ありす「……」 

桃華「……」 

梨沙「アンタ、ラブレターとか貰わないの?」 

晴「は?」


27 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:39:27.28 :rEnfP9Ni0

梨沙「アンタは、ほら、割とイケメンじゃない、女子からもラブレター貰うんじゃないの?」 

晴「えっ……まあ貰う事はあるけどよぉ、今日は6枚くらいだったかな」 

梨沙「めっちゃ貰ってるじゃない!!何枚か見せなさい!参考にさせるわ!!」 

晴「いやでもあんまそういうの人に見せるのよくねーだろ……」 

梨沙「背に腹は代えられないわ!!薫が告白できなくてもいいワケ!?」 

晴「そう言われると弱ぇんだけど……」 

梨沙「じゃあ決まりね、勿論内容を言い触らしたりしない、それは約束するわ」 

晴「分かったよ……」


28 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:41:20.15 :rEnfP9Ni0

梨沙「取り敢えずこれでいいわね」 

晴「オレもまだ読んでねーからな?」 

梨沙「開けるわよ」 

『結城晴さんへ』 

『愛しい人よ、あなたに出会う前、私はひとりで、どうやって生きていられたのでしょう』 

ありす「っ!?」 

千枝「どうしたんですか?」 

ありす「い、いえ……」


29 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:42:39.66 :rEnfP9Ni0

『あなたなしでは、私の人生は人生ではありません』 

『今、あなた以外の人はすべて、目に見えない壁の向こうにいるようでよそよそしく感じます』 

桃華「ロマンチックですわ」 

晴「ちょっと言ってる事が難しいな」 

『あなたといる1時間は1分間のように感じられます、少しでも長く晴さんと一緒にいたい』 

『お返事、待っています。いつまでも待てます」 

『親愛なる晴さんへ、たちb「わああああああああ!!!!!!!!!」 

晴「うわあああビックリした!!」 

梨沙「どうしたのよありす!?」 

ありす「やはり他人のラブレターを見るのはよくないです!!!!やめましょう!!!!」


30 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:43:14.40 :rEnfP9Ni0

梨沙「でも薫のラブレターを……」 

ありす「何かを参考にしようと言うのが間違いだったんです!!」 

ありす「好きの気持ちを伝えたいのなら!!!」 

ありす「薫さん自身の言葉じゃなきゃ駄目だったんです!!!!」 

梨沙「っ!!」 

薫「ありすちゃん……」


31 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:44:02.21 :rEnfP9Ni0

桃華「……わたくし、橘さんの言葉に感激いたしましたわ」 

桃華「気持ちとは言葉、それを借り物で繕っても、相手には響きません」 

桃華「目が醒めた思いです!!感謝致します!!!」 

晴「いい事いうなお前!!」 

梨沙「アンタの言う通りね」 

千枝「ありすちゃんかっこいいです!」 

舞「素敵ですね!!」 

ありす「えっあっ、まあ、それほどでも……」


32 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:44:40.25 :rEnfP9Ni0

薫「かおる、がんばる!!自分だけでラブレター書いてみるね!!」 

梨沙「薫ならできるわ、頑張りなさい」 

桃華「応援していますわ」 

薫「ありがとう!がんばりばーっ!!」 

晴「行っちまったな」 

千枝「今の薫ちゃんなら、きっと……」 

舞「大丈夫だねっ!」


33 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:45:18.43 :rEnfP9Ni0

・・・・ 


千夏「はい、お手紙」 

あい「毎度毎度済まないね、君にも唯にも」 

千夏「構わないわ、それより……」 

あい「?」 

千夏「薫ちゃんの顔、さっきとは少し違ったわ」 

あい「……ふふ」 

あい「そうか、それは読むのが楽しみになってきたよ」


34 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:45:50.91 :rEnfP9Ni0

・・・・ 


薫「お返事まだかな……」 

ガチャ 

薫「あっ唯ちゃ――」 

あい「薫」 

薫「あ、あいお姉ちゃん!?」 

あい「手紙、読ませて貰ったよ」 

薫「あ、う……また漢字まちがってた……?」


35 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:46:22.38 :rEnfP9Ni0

あい「そうだね、いくつかは」 

薫「しっぱいしちゃった……」 

あい「でも」 

薫「……?」 

あい「薫の言葉が、薫の気持ちが、きちんと伝わったよ」 

あい「だから、そのお礼を言いにきたんだ」 

薫「お礼……」


36 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:47:00.46 :rEnfP9Ni0

あい「薫に会って、今まで沢山のお仕事を一緒にやってきたね」 

あい「元気な薫の姿には何度も勇気づけられた」 

あい「薫がいるから、手本になれるように頑張れるんだ」 

あい「私も薫を世界一大切に思っているよ」 

あい「手紙、本当にありがとう。私もその気持ちに応えたいと思う」 

薫「……?」 

あい「……」 

薫「……!」


37 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:47:32.28 :rEnfP9Ni0

舞「……おでこにチューした……」 

千枝「すごいです……」 

桃華「盗み見なんて良くないですわ」 

梨沙「アンタもガン見じゃない」 

ありす「本当にみんな暇ですね」 

晴「でもすげーな……」


39 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:48:07.11 :rEnfP9Ni0

・・・・ 


千夏「あら、満足そうな顔じゃない」 

あい「そう見えるかい?」 

千夏「手紙を読んだら何も言わずに行ってしまうんだもの」 

あい「そうしなければいけないと思ったからね」 

千夏「どんなお手紙だったの?」 

あい「そうだね……漢字の間違いが沢山あって――」


41 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:48:40.34 :rEnfP9Ni0

あい「――ふふ、何て書いてあったかは、内緒にさせて貰うよ」 

千夏「そう、それなら別にいいわ」 

あい「気になるんじゃないのかい?」 

千夏「あなたの顔を見れば大体分かるからよ」 

千夏「とても、素敵なお手紙だったんでしょう?」 

あい「……その通りさ」


42 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:49:33.27 :rEnfP9Ni0

『あいお姉ちゃんへ』 

『ラブレターの書き方がわからなくて、いろんな人に手伝ってもらって、まねをしました』 

『でも、ありすちゃんがかおるの言葉じゃないとだめと言ったので、そうします』 

『あいお姉ちゃんはいつもかっこよくて、かおるがこまった時は助けてくれます』 

『大人になったらあいお姉ちゃんのような人になりたいです』 

『かおるはまだ子供だし、あいお姉ちゃんみたいにかっこよくないけど』 

『かおるはあいお姉ちゃんが大好きです、世界一大すきです』 

『かおるより』 



おわり





43 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:50:17.68 :rEnfP9Ni0

おまけ1 


唯「ちなったん、ちなったん」 

千夏「どうしたの?」 

唯「ラブレター、素敵だよね」 

千夏「そうね」 

唯「……」 

千夏「……」


45 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:50:51.56 :rEnfP9Ni0

唯「ラブレター、貰ったらどんな気持ちなのかなー」 

千夏「あなた学校とかで沢山貰うんじゃないの?」 

唯「ウグッ……そうだけどさ……」 

千夏「……フフッ」 

唯「え、なに?」 

千夏「からかって悪かったわ、はい、お手紙」 

唯「ちなったん……!」


47 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:51:47.49 :rEnfP9Ni0

千夏「あの2人を見てたら私も書きたくなったのよ」 

唯「ちなったん大好き!!はいお返事のお手紙!!!」 

千夏「えっ、もうお返事?」 

唯「書いてくれるって信じてたから!お返事書いてたんだよね☆」 

千夏「しょうがないわね……でも、ありがとう」 

唯「ゆいこそありがとう!!大好きだよ!!」


48 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:52:24.28 :rEnfP9Ni0

おまけ2 


『本日、あなたのお山をお迎えにあがります。愛海より』 

清良「これラブレターじゃなくて予告状じゃない、怪盗の」 

愛海「ごめんなさいごめんなさい!!嘘だから!嘘だから!!!」 

清良「愛海ちゃんの首筋ってとっても綺麗ね……頂いちゃおうかしら」 

愛海「注射はやめてえええええええええ!!!!!」


49 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:53:06.51 :rEnfP9Ni0

おまけ3 


ありす「好きの気持ちを伝えたいのなら自分の言葉じゃなきゃ駄目……」 

ありす「自分に気付かされる事もあるんですね」 

ありす「しかし、何とか自分のラブレターは回収できてよかったです」 

ありす「……」 

ありす「自分の言葉、か……」 

ありす「尻込みしてちゃ、駄目ですよね」 

『結城晴さんへ』 



おわり


51 :◆jjEzShkDDk :2015/05/05(火) 18:55:56.34 :rEnfP9Ni0

終わりです!!!ありがとね!!!!久々で緊張した!!!! 


過去作は 

西園寺琴歌「激論!朝までそれ可愛い」 

姫川友紀「冬の朝にキャッチボールを」 

城ヶ崎美嘉「これ入れ替わってるー!?」 

北条加蓮「正妻選手権だって」 

多田李衣菜「事務所で一番可愛い子って」 

木村夏樹「だりー、ライブどうだった?」 

白菊ほたる「スキヤキソング」 

棟方愛海「ノーブラオブリゲーション」 

です!! 

和歌の意味は忘れたから聞かないで!!


53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/05(火) 19:37:14.50 :tBsK7po9o
みんなが可愛すぎてニヤニヤが止まらんぞ!

54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/06(水) 10:34:17.29 :FslbqHfeO
和歌の下りは薫つながりで面白かったよ