【SS速報VIP】ちひろ「プロデューサーさんを00円から売りますよ」アイドル「買った!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434813199/



1 :◆s4UzFhF2kPKU :2015/06/21(日) 00:13:29.03 :kaXKOQIG0

ちひろ「オークション形式ですけど」 

モバマスSS


3 :◆s4UzFhF2kPKU :2015/06/21(日) 00:18:01.06 :kaXKOQIG0

ちひろ「安いよ安いよー!」 

ちひろ「何と無料、ただからのスタート。はい、そちらのもふもふちゃん500円!」 

「1か月のお小遣いでごぜーます」 

ちひろ「ああでも残念。1,000円、1,000円出ました!」 

「これ以上はむーりぃー」 

ちひろ「はい出ました4万円。さすがアラフォー、お金持ち!」 

「菜々は17歳です!」 

モバP「んんんん!!」ジタバタ 

ちひろ「活き良いよ。活き!」 


4 :◆s4UzFhF2kPKU :2015/06/21(日) 00:26:41.34 :kaXKOQIG0

ちひろ「煮て良し。やってよし!嗅いで良し! でも叩きはアウト!」 

ちひろ「5万、6万、どんどん上昇して」 

社長「な、なにをやっているんだい?」 

ちひろ「ああ社長。プロデューサーさんってば、ドリンクのお代踏み倒そうとしたので。6万9千円! でました、ロックですね!!」 

「ロックなアイドルは数字にもこだわるんです!」 

社長「代金回集かい? まあほどほどに頼むよ」 

ちひろ「はい♪ さあさあ、落札者には1週間着たシャツ、下着、靴下、フルセット!!」 

ちひろ「出ました大台。10万円! けど残念! すぐに12万円、高値更新です!」 

「はした金じゃ落とせないのね、わかるわ」 

ちひろ「他にいない? いませんかー?」 

「22万だにゃ! にゃんにゃん!!」 

ちひろ「ああっと、猫耳アイドル、一気に蹴散らすか―!?」 

凛「50万」 

ちひろ「え?」


7 :◆s4UzFhF2kPKU :2015/06/21(日) 00:32:46.69 :kaXKOQIG0

ちひろ「え?」 

凛「足りない? なら100万。一括で」 

ちひろ「ああーー! 来た―!! さすが第3回シンデレラガールズ!! 

凛「ていうか、皆そんな金額で買えると思うとか甘すぎじゃない? あ、決まりならフルセットジップ○ックに入れて持って帰りたいんだけど」 

ちひろ「ここで大台も大台、100万円!! そろそろ決まるか? 決まってしまうのか―!?」 

幸子「ふ、ふん! ならカワイイボクは500万です!」 

ちひろ「払えるのか中学生!!」 

幸子「当然です! 体で稼いだこのお金でプロデューサーさんを買って、あの恐怖を体験してもらうんです!」 

ちひろ「ああっと! 意外と目的が腹黒かった―!!」 

幸子(ほ、本当は一緒にバンジーやスカイダイビングで吊り橋効果を狙います。フフーン♪) 

ちひろ「たった1ヵ月プロデューサーさん独占権に500万、500万! いないか、もういないかー!?」


8 :◆s4UzFhF2kPKU :2015/06/21(日) 00:37:39.41 :kaXKOQIG0

ちひろ「落札者はまさかの中学「1,000万」」 

ちひろ「聞き間違いか、聞き間違いか―!?」 

留美「1,000万で勝負よ」 

ちひろ「来た―! 震え、震えが止まりません! どうだ、どうだ―!?」 

留美「この1ヵ月で勝負を決める。この婚姻届にかけて」 

ちひろ「さあ大台に乗ってきた所で新ルール!」 

ちひろ「次から入札する場合、1番目の方は落札決定です。しかし! 2位の人にはイタズラ入札防止のため、入札額の半額を終了時に強制的に支払ってもらいますよー!!」 

ちひろ「ああ、聞こえる、聞こえます。阿鼻叫喚の声!」 

ちひろ「ならばもうこれで決まりか、決まりなのかー!」 


9 :◆s4UzFhF2kPKU :2015/06/21(日) 00:54:19.49 :kaXKOQIG0

ちひろ「そこの世界レベルアイドル、入札か、入札なのか―!?」 

「ふ、ふん! こんなの世界レベルの私には」 

ちひろ「声が震えている。説得力がなーい!」 

「ば、馬鹿にしないでちょうだい。この程度。いいわ! 1200万よ!」 

ちひろ「上げ方がみみっちい! みみっちいぞー!」 

「う、うるさいわ!」 

ちひろ「さあもうないか、もうないか? こうなれば2位の和久井留美さんには入札額の半額、500万が!」 

愛梨「えーっと、じゃあ2000万円で」 

ちひろ「ああー! 強い、初代シンデレラガールズは伊達じゃない!」 

ちひろ「決まり、決まりか―!?」 

愛梨「待ってて下さいね。やっぱり私はPさんがいなきゃ、ダメみたいです!」 

ちひろ「愛らしいこの子で決まり、なのかー!」 

「う、嘘よね、嘘よね!」 

ちひろ「そこの世界レベル大慌て! うるさいですよ―!」 


12 :◆s4UzFhF2kPKU :2015/06/21(日) 01:07:10.34 :kaXKOQIG0

「フハハハ! 悪しき心に染まりしプリンセスどもを打ち滅ぼすために、今こそ盟友を金色の鎖から解き放ちいざ行かん! アルカディアへ! 2,500万!」 

ちひろ「この背中がむず痒くなるのは、第2回覇者!」 

蘭子「今、魔界の頂点へ!」 

ちひろ「ああああ! 神崎蘭子ちゃん、神崎蘭子ちゃん! これで愛梨ちゃんは都落ち、無念、無念です!」 

蘭子「これ以上の魔力を持つ者は」 

ちひろ「これ以上は流石に収入の問題で限界か―!? しかしこう総選挙は者が揃い踏みだと、ああっと、凛ちゃん凛ちゃん、壁を殴らないでください! 修繕費が」 

周子「高いけど……Pさんといられるなら、賞金も合わせて出せる限界金額3000万でどう?」 

ちひろ「やはりきたかひゃっほー「5000万です…うふ」」 

ちひろ「な、何ぃ!?」 

周子「い、1カ月だよ?」 

まゆ「まゆの全財産、これでも足りないなら血でもなんでも……うふふ」 

ちひろ「怖い、ここまで来ると怖い! たった1ヶ月に5000万! 考えられません。ああっと、周子ちゃん顔がみるみるクールカラーへ!」 

まゆ「半端な覚悟でこないでくださいね…うふ♪」 

ちひろ「これはもう、他事務所ならともかく家にお金持ちは」 

ありす「ば、馬鹿げています!」 

まゆ「Pさんにはした金つける貴女達の方が…まゆ信じられません」 


15 :◆s4UzFhF2kPKU :2015/06/21(日) 01:31:15.14 :kaXKOQIG0

ちひろ「さあ制限時間もそろそろ。更に一人入札一回制限もあり、まゆちゃんで決まりか―!?」 

ちひろ「はいそこの3人組。3人で入札は禁止ですよ―」 

ちひろ「さっきから見ているだけだけど、杏ちゃんはどう?」 

杏「印税生活したいのに、無駄遣いはパ~ス~」グデー 

輝子「ろ、6千万。ふ、ふひっ」 

『!?』 

輝子「ごめん、まゆさん」 

ちひろ「あ、あのね、輝子ちゃんの年収じゃ」 

輝子「新種のキノコが当たって…これ、契約金で頂いた…。もうCMも出演決まって、フフフ、ヒヒ」 

ちひろ「ひーふーみー……たしかにあるわね」 

まゆ「貯金した方が良いんじゃないんですかぁ…輝子ちゃん。うふふ」 

輝子「キノコと親友さえいれば良い…フフ」 

まゆ「んむぅ……」 

ちひろ「はいまゆちゃん、爪かまない」 

ちひろ「じゃあこれにて閉廷!! へいてーい!」 

ちひろ(プロデューサーさんが踏み倒した額10万円。輝子ちゃんの6000万に、まゆちゃんの2500万。合わせた額から差し引いてもうふふふふ) 

ちひろ「プロデューサーさん 6千万円で輝子ちゃんが落札でーす!」 

輝子「フヒ……勝った」


17 :◆s4UzFhF2kPKU :2015/06/21(日) 01:43:01.49 :kaXKOQIG0

ちひろ「はーい♪ こちら付属のフルセットでーす」 

まゆ「うふふ、まゆにそのフルセット…300万で譲ってもらえませんかぁ?」 

凛「輝子、それだけでも売って! 500万出すから」 

輝子「だ、だめ。これで友達(キノコ)作る…から」 

凛「くっ」 

ちひろ「まゆちゃん、2500万」 

まゆ「くっ…これでいいですか」 

ちひろ「確かに」 

輝子「親友、い、行くぞ。1か月、よろしくな…」 

モバP「正直輝子で助かったよ……」 

まゆ「本来ならまゆが…」 

モバP「じゃあちひろさん、お務め果たしてきます」 

ちひろ「行ってらっしゃーい」 




社長「どうかね? 競売の方は」 

ちひろ「ええ、もうがっぽが、売れましたよ」 

社長「へー、それでいくらくらいだね? 20万程度かな?」


18 :◆s4UzFhF2kPKU :2015/06/21(日) 01:45:56.22 :kaXKOQIG0

社長「プロデューサー君と星さんが仲良く手をつないで歩いている所を見ると、彼女が落札したようだが」 

ちひろ「……です」 

社長「? 聞こえんよ」 

ちひろ「6000万です」 

社長「ろ、6千万!? 正気かい!?」 

まゆ「それに2番手だったまゆの2500万合わさって、8,500万です……うふ」 

社長「……ちひろ君、君の商才は確かに認めている」 


ちひろ「えへへ、どうも」 

社長「しかしいたいけな少女たちに何たるアコギな。プロデューサー君を1週間程度独占させるからって」 

凛「社長、1週間じゃなくて1ヵ月です」 

社長「そんなに休まれたら家はどうなるんだ!」 

ちひろ「そ、それはその」 

社長「1週間の休暇は働きづめの彼にはちょうど良い休暇だ。もちろん、彼女達、まゆ君にもお金は返金しなさい」 

ちひろ「そ、それだけは」 

社長「いいね」 

ちひろ「はい……というわけで、返すわ。まゆちゃん」 

まゆ「でも社長…Pさんを1ヵ月6000万で買った輝子ちゃんが」 

社長「心配するな。そうだな、1% 60万はちひろ君、君が貰いなさい」 


23 :◆s4UzFhF2kPKU :2015/06/21(日) 02:02:47.21 :kaXKOQIG0

社長「そして佐久間君。君も1%、25万を出しなさい」 

まゆ「は、はい」 

社長「これでプロデューサー君にスーツでも買ってやれ。きっと喜ぶ。そうだな、この日を開けておこう」 

まゆ「でも……」 

社長「次点で何も文句を言わず支払ったそうじゃないか。そのご褒美だよ」 

まゆ「……はい♪」 

社長「ただし、もう2度とこのようにお金を粗末に扱うんじゃない」 

まゆ「それには同意……しかねます」 

社長「それとちひろ君は渡した40万円を今後の彼のドリンク代に当てること」 

ちひろ「酷い!」 

社長「おや、それでも利は出ると思うがね」 

ちひろ「なんでもありません」 

社長「残りの残金は星さんに返金すること。いいね」 

ちひろ「……はい」ガクッ 

社長「二人には私から事の顛末を伝えておく。星君には1ヵ月から1週間に短くなって申し訳ないことをしたがね」 

まゆ(1週間なら……) 

凛(また開く可能性がある) 

留美(1週間でも時期を調節すれば……出来る!) 

社長(まったく、最近の若い子の金使いはよくわからんよ。あんな男のどこが) 

ちひろ(……社長から怒られたけど、もう2度と禁止とは言われていないわ) 

ちひろ(この次こそ稼ぐ!!) 

アイドル(手に入れる!!) 


24 :◆s4UzFhF2kPKU :2015/06/21(日) 02:05:13.67 :kaXKOQIG0

星家 

輝子「どうだ、美味いか?」 

P「ああ、美味いよ」 

輝子「ほっ」 

輝子「食べるために作るのはかわいそうだけど……みんな血肉となって私の中に入っていく」 

P「友の分まで強く慣れるな」 

輝子「い、イエス! フレンド、イズマイパワー」 

P「にしてもすみません、急にお邪魔しちゃって。輝子のお母さん」 

輝子「食べ終わったら…ふ、風呂に行こう」 

P「そ、それはまずいだろ」 

輝子「だ、大丈夫。と、トモダチとお風呂、入ってみたかったから」 

P「水着は着ろよ。それが条件だ」 

輝子「よ、よし、決まり」 

P「にしてもこのキノコ美味いな。輝子が作ったんだって?」 

輝子「フヒ。愛情たっぷり、友情たっぷりだからな……たっぷり食べていいぞ。フヒ」 

P「ありがたく頂くよ」 

輝子「そ、そうだ。どうせなら食べさせてあげる。……く、口を開けて」 

P「あ、あー」 

輝子「あー…」 

輝子(お泊まり会、た、楽しい…) 

P(久々にこんな休暇も良いか) 

P「1週間お世話になります」ペコリ 

輝子「お、お世話します」ペコリ 


26 :◆s4UzFhF2kPKU :2015/06/21(日) 02:16:33.75 :kaXKOQIG0

競売終了後事務所にて 



凛「社長って女のくせに何で私たちの気持ちが分からないのかな」 

まゆ「さあ、どうせ女捨ててるとかじゃないですかぁ?」 

凛「まゆは良いじゃん。デートの約束貰えて。私なんて何も無しだよ」 

まゆ「でもPさんをバカにされました……許せません」 

凛「あ、それは言えてるかも」 

留美「にしてもP君も怒らないのよね。Mなのかしら」 

ちひろ「確かに、あんまり労っている様子ないのよね。むしろ私の方が皆やプロデューサーさんのことを」 

まゆ「社長って、Pさんにもぶっきらぼうな口調ばっかりですし……」 

凛「あーあ、競売またやりたいのに」 

ちひろ「ねー。みんな喜んでたのに」 

まゆ「正直返金は嬉しいですが、まゆとしては次回にまた口を出されるのが……」 

留美「あの年で独身、ああはなりたくないわね」 

社長「好き勝手言ってくれるじゃないか」 

ちひろ「しゃ、社長……」 

社長「だいたい私の甥を競売にかけたことを許しただけでも、心は広いと思うがね」 

ちひろ「お、甥!?」 

凛「ってことは」


27 :◆s4UzFhF2kPKU :2015/06/21(日) 02:17:08.98 :kaXKOQIG0

まゆ「社長ってPさんと……」 

社長「無論、想像通りだ。ちなみに今でも彼の御両親とも仲がよくてね。定期的に連絡や食事会を」 

留美「もうしわけありません」ド 

凛「もう2度と」ゲ 

まゆ「こんな口はききません!」ザ 

ちひろ「だからなにと」ッ 

「「「「義父様と義母様にだけは」」」」 

社長「さあて、どうしようか……」 

「「「「お許しぉお!」」」」 

社長「じゃあ反省文10枚。あと佐久間君にはあの約束は無し。代わりに塩見君にでも行ってもらおう」 

まゆ「そ、そんな」 

ちひろ「わ、私にはないですよね? へへっ」 

社長「ボーナス半減」 

ちひろ「ぐふっ」 

社長「今回はあいつが悪いから強くは言わないが、次は無いからな」 

社長「返事!」 

「「「「は、はい!」」」」 

社長「よろしい」 


28 :◆s4UzFhF2kPKU :2015/06/21(日) 02:21:56.33 :kaXKOQIG0

終わりです。 


34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/21(日) 10:36:16.69 :sLa643g8o
社長が正妻なのかと一瞬思ったが、おばさんか 

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/21(日) 00:17:13.17 :oBTUlto50
00円で買ってシェアできれば魔王の企みは阻止できるはず…!



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】ちひろ「プロデューサーさんを00円から売りますよ」アイドル「買った!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434813199/