【SS速報VIP】輝子「トモダチ付き合い」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433061149/



1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 17:32:39.45 :0e6YHmvh0

※複数P世界、安価スレ 
誤字脱字・駄文・亀注意 
オリジナル設定注意 
キノコ栽培は雑菌に注意


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 17:33:29.83 :0e6YHmvh0

珠美「珠美がお付き合いしますので大丈夫です!」

悠貴「私でも付き合えますかっ?」

星花「お付き合いしてくださらなくても……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431301891/ 

翠「集中力の要るお付き合いです……」

楓「気合いで付き合います」

亜季「少々お付き合い願います」

夕美「ローズマリーと今の付き合い」


時子「馬鹿らしくて付き合えないわ」


の続きです 
ぽつぽつと83作目 
シメジを占地と書くと一瞬読み方に迷います…………


3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 17:36:59.36 :0e6YHmvh0

ある雨の日 事務所 


シトシトシトシト………… 

ほたる「………………………」 

輝子「…………………………」 

ほたる「…………………………」 

輝子「……………ふ、フヒ………あ、あの…………」 

ほたる「…………………………」 

輝子「…………………………………」 


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 17:37:59.77 :0e6YHmvh0

輝子「………………き、聞こえてますかー……?」 

ほたる「…………………………」 

輝子「………………フヒ…………」 

ほたる「………………………………」 

輝子「………………………………」 

ほたる「………………雨…………」 

輝子「…………………………………」 

ほたる「……………………………」 

輝子「…………な、なあトモダチ……どうやったら私の存在に気づいてもらえるかな……?…フヒッ……ここにいますよー…………」 

アミガサタケ「……………………」


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 17:39:38.35 :0e6YHmvh0

輝子「…………フフッ……まあ私なんて空気だから仕方ないよな……」 

アミガサタケ「……………………」 

輝子「……ボッチ特有の隠密スキル………キノコーキノコーステルスショウコー………フヒ…………………」 

アミガサタケ「……………………」 

ほたる「……………………………」 

輝子「……………………………」 

ほたる「……………………はぁ……」 

輝子「……………………………」


6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 17:44:49.26 :0e6YHmvh0

ほたる「…………笑顔って…こうかな……?」ニコッ…… 
←窓ガラスに向かって笑顔の練習 

輝子「………………………………」 

ほたる「………まだ固いな…………こう…かな………?」ニコッ…… 

輝子「……………………………」 

ほたる「………ちゃんと……笑顔で出迎えてあげないと……」 

アミガサタケ「………………………」 

輝子「………………………………」 

ほたる「>>8」


7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 17:45:31.16 :QpfGW66G0
ほたるPさん…どうか無事で…

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 17:48:25.66 :ZnB1Mw0AO
ごめん……私のせいで……ずっと雨なんて嫌だよね……だからこうやって笑顔を……


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 17:55:01.48 :0e6YHmvh0

ほたる「…ごめん……私のせいで……ずっと雨なんて嫌だよね……だからこうやって笑顔を…………」 

輝子「…………な、なあ……トモダチ……」 

アミガサタケ「………………………」 

輝子「…………こ、これは声をかけていい奴なのか……?」 

アミガサタケ「……………………」 

ほたる「………………雨………」 

輝子・アミガサタケ「………………」 


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 18:02:49.81 :0e6YHmvh0

ほたる「……………はぁ………………………」 

輝子・アミガサタケ「………………」 

ほたる「………………………………」 

輝子「…………私たち……じゃ、邪魔者だな…………フヒ…………た、退散しますよー……」 

アミガサタケ「……………………」 

ほたる「…………………………」 

輝子「…………………………」ソロソロ……


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 18:13:16.94 :0e6YHmvh0

輝子「………………」ソロソロ……メリ 

業務用デスクの脚「痛い。」 

輝子「…ヒャアアアアアッ!!」 

ほたる「…………きゃっ?!」ビクッ! 

輝子「フヒハハハハハ………こいつはクレイジーだぜ…………だ、大丈夫かトモダチ…………?」 

アミガサタケ「………………………」 

ほたる「しょ、輝子さん……?!」 

輝子「……………………あ、ど……どうも………………フヒ…………」 
←ちょっと涙目 


12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 18:20:05.19 :0e6YHmvh0

~~~ 

ほたる「すみません……すみません……!少し考え事をしていたので…………その…………全然気付かなくて………………!」オロオロ…… 

輝子「……あ…………は、はい……」 

ほたる「すみません……あの……足は大丈夫ですか………?私の不幸のせいで………」 

輝子「……ほ、ほたるのせいじゃ無いぞ………うん………だ、だから……な………?」 

ほたる「……すみません……………」 

輝子「>>14」 


13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 18:23:17.34 :6sqJKqS+o
そ、そうだ……。新しく万年茸ってキノコ育てたんだ……。ど、どうぞ

14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 18:23:41.20 :ZnB1Mw0AO
一体今日はどうしたんだ?いつもよりも悲しげな顔をして……

15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 18:24:00.62 :QpfGW66G0
↑外が不自然なくらいの大嵐に

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 18:24:26.17 :jhFeORVAO
(は、話しづらい……。よし、LINEで幸子ちゃんにどうすればいいのか聞こう)


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 18:31:53.09 :0e6YHmvh0

輝子「えっと………い、一体今日はどう…したんだ……?…い、いつもより悲しそうな顔をしてる………気がする…ぞ…?」 

ほたる「……………………………」 

輝子「…………………………」 

ほたる「………やっぱり……悲しそうに……見えちゃいますか………?」 

輝子「…えっ……あっ……そ、その……」 

ほたる「……すみません…………」 

輝子「……………………………………」


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 18:37:12.82 :0e6YHmvh0

ほたる「…………………」 

輝子「………………………」 

ほたる「…私が居ると……雰囲気が暗くなっちゃいますよね………」 

輝子「………………(ど、どうしよう………)」 

ほたる「…………………………」 

輝子「………………………………」 

アミガサタケ「……………………」 

シトシトシトシト…………


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 18:43:07.75 :0e6YHmvh0

輝子「………………な、なあ……?」 

ほたる「………何でしょうか…?」 

輝子「……あ、飴……………」 

ほたる「……はい……雨…ですね………」 

輝子「あ、えっと………そ、そうじゃなくてですね…………」ゴソゴソ… 

輝子「……き、キノコキャンディ…」 
っカラフルなキノコの包み紙の飴 

ほたる「………あっ……………」 

輝子・ほたる「…………………」 


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 18:48:29.01 :0e6YHmvh0

輝子「………い、要るか………?」 

ほたる「………えっと………じゃ、じゃあ…………」 

輝子「……フフッ………あなた中々勇気がありますね………う、嬉しいですよー…」 

ほたる「…………あ、ありがとうございます……?」 

輝子「………フヒ……あ、甘い物を食べれば………落ち着く……らしいぞ…?」 

ほたる「>>22」


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 18:54:48.21 :QpfGW66G0
飴を舐めながら「やっぱり私のせいなんでしょうか…加蓮Pさんもこの前お見舞いに行ったら体調を…ほたるPさんも心配ですし…私…」

22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 19:03:25.89 :Tgl5VOkaO
輝子さん……こんな私にも優しくしてくれるなんて……(泣き出す)


23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 19:14:26.88 :0e6YHmvh0

ほたる「輝子さん……こんな私にも優しくしてくれるなんて……」ジワッ…… 

輝子「ふ、フヒッ?!」 

ほたる「……ぐすっ………すみません………気を遣わせてしまって………」ポロポロ…… 

輝子「お、おい……だ、大丈夫か……?!」オロオロ…… 

ほたる「…………本当に…………すみません………」 
ポロポロ…… 

輝子「あ……え、えっと……………」 
オロオロ…… 

アミガサタケ「…………………」


24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 19:20:03.48 :0e6YHmvh0

~~~ 

シトシトシトシト………… 

輝子「お、落ち着いた…か……?」 

ほたる「……はい………すみません…………」 

輝子「そ、そうか……………」 

ほたる「…………………………」 

輝子「………………………………」 

ほたる「…………駄目ですね………私…………」 


25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 19:24:49.87 :0e6YHmvh0

ほたる「……こうやって……周りの人に迷惑をかけるばっかりで………」 

輝子「……………………………」 

ほたる「…………………………」 

輝子「……………あ、飴…美味いか……?」 

ほたる「…………はい………美味しいです………」 

輝子「…………ま、まだまだあるから……す、好きなだけ……食べていいぞ……?」 

ほたる「…………ありがとうございます………」 


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 19:32:03.86 :0e6YHmvh0

輝子「…………………………」 

ほたる「………………………」 

輝子「……わ、私は…別に迷惑とは…お、思ってない…ぞ……?……お互い様……だからな…」 

ほたる「………………でも……」 

輝子「………トモダチなら………あ、当たり前ですよー………………な、なんてな…………フヒ………」 

ほたる「………………………」 

輝子「>>28」


27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 19:35:07.28 :ZnB1Mw0AO
……ほ、ほたるはアタシの大事なトモダチだからな……?悩みがあるなら聞いてやるぞ?

28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/31(日) 19:35:49.62 :QpfGW66G0


34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 13:23:01.74 :dPatujz/0

輝子「……ほ、ほたるは私の大事なトモダチ…だからな……?…悩みがあるなら…き、聞いてやるぞ………?」 

ほたる「…………………………」 

輝子「………話した方が楽になる…………フヒ……わ、私もよく…キノコに話してたからな……」 

アミガサタケ「…………………」 

ほたる「…………………………」 

輝子「……………………………」 

ほたる「………………甘えても………いいんでしょうか…………?」 

輝子「………あ、ああ…ウェルカムだ………うん……」


35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 13:24:11.89 :dPatujz/0

ほたる「……………すみません……」 

輝子「………あ、いえ………こ、こちらこそ………フヒ………」 

ほたる「…………………………」 

輝子「……………………………」 

ほたる「…………………ほたるPさんが………また…どこかに……行ってしまったんです……」 

輝子「…………………………」 

ほたる「……少しでも……自分に出来る事を……やらないといけない…………って言って…………」


36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 13:25:26.90 :dPatujz/0

ほたる「…………理由を聞いてもはぐらかされてしまって……………そのまま………………それで……………」 

輝子「………………………」 

ほたる「………………………」 

輝子「…………………し、心配………なんだな……?」 

ほたる「…………………はい………」 

輝子「……………………………」 

ほたる「……………もしかしたら………と思うと……すごく怖くて………………」


37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 13:27:51.71 :dPatujz/0

ほたる「……ほたるPさんの事を…………信じてあげないといけないのに……………信じてあげられなくて…………………」 

輝子「………………………………」 

ほたる「……………………………」 

輝子「…………………………」 
スッ……… 

アミガサタケ「……………………」 

ほたる「…………えっ…と………?」 

輝子「……………き、キノコを持つと………その………………い、いい感じに…………なる……なりますよー…………」 

ほたる「>>39」 


38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 13:30:13.51 :PGv5P1rj0
あ…すみません…私、また…

39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 13:32:31.52 :gaZ0RS9AO
……キノコですか?


40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 13:43:46.58 :dPatujz/0

ほたる「…キノコ……ですか……?」 

輝子「き、キノコ…ですよー……」 

アミガサタケ「…………………」 

ほたる「………………………………」 

輝子「………ど、どうぞ…」ズイ… 

ほたる「…………は、はい………?」 
ソッ……ギュッ… 

アミガサタケ「……………………」 

輝子「…………………………」 

ほたる「…………………………」


41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 13:52:39.70 :dPatujz/0

輝子「…………ど、どうだ………?」 

ほたる「………あ……そ、その……………ヒンヤリします……」 

輝子「……ひ、ヒンヤリか………………フヒ…………」 

ほたる「…………………………」 

輝子「………そうだな………ヒンヤリするよな……じ、ジメジメしたところに置いてたからな……」 

ほたる「…………は、はい………」 

輝子「…………………………………」 

ほたる「…………………………」


42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 13:59:37.20 :dPatujz/0

輝子「………今日はいい天気……だな………」 

ほたる「……………え、えっと……」 

輝子「……み、見ろ………トモダチも喜んでる………」 

ほたる「…………………………」 

アミガサタケ「……………………」 

輝子「……フフッ……し、湿度が高くて………ジメジメしていて……絶好のキノコ日和ですよー……」 

ほたる「……………………………」 

輝子「………………………………」 


43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 14:06:06.34 :dPatujz/0

輝子「………私は……あ、雨は…好き…だぞ………?…トモダチが元気だと……わ、私も嬉しい……からな……………フヒ……」 

ほたる「……………………………」 

輝子「……だ、だから………その………あ、雨も必ずしも…悪いものではないぞ………む、むしろ大歓迎だな……」 

ほたる「………………………!」 

輝子「………………い、言いたい事が………上手く言えない……………フヒィ…………」 

ほたる「………………………………」 

輝子「>>45」


44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 14:09:28.59 :gaZ0RS9AO
つ、つまりその…………ポジティブ……

45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 14:10:45.40 :PGv5P1rj0
つ、つまりだな、しめじやエノキだって好きな人はいっぱいいるからその… 


46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 14:19:14.38 :dPatujz/0

輝子「つ、つまりだな………し、シメジやエノキだって好きな人はいっぱいいるから………その……………」 

ほたる「……………?」 

輝子「……し、シイタケやエリンギばっかりじゃ………な、ないんだぞ……?」 

ほたる「……………………………」 

輝子「……………………………」 

ほたる「……………すみません………あの…………その…………………すみません…………」 

輝子「……………フヒィ……」


47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 14:30:12.93 :dPatujz/0

輝子「………………………」 

ほたる「………………………………」 

輝子「………あ………えっと…………だ、だから………その……ほたるは……シメジやエノキ……じゃないか………?」 

ほたる「…………シメジ………エノキ……………」 

輝子「………し、シメジにはシメジの良さが………え、エノキにはエノキの良さがある…………し、シイタケやエリンギにならなくて……い、いいんだぞ………?」 

ほたる「……………………………!」 


48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 14:39:53.57 :dPatujz/0

輝子「………む、無理に笑ったり……しなくちゃ……って思うのは…よくないからな………ほ、ほたるは……ほたるでいいと………私は………思う……ぞ………?」 

ほたる「………………………………」 

輝子「………ごめんな……わ、私はコミュ障だから………じょ…上手に言えなくて…………」 

ほたる「……………………………」 

輝子「……………………………」 

ほたる「…………………ありがとうございます……輝子さん………」 

輝子「…………フヒ………?!」


49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 14:47:00.14 :dPatujz/0

ほたる「………その……どうしても……うまく笑えなくて…………それで………………」 

輝子「……………………………」 

ほたる「…………輝子さん……」 
ギュッ………… 

輝子「ヒャア………?!」ビクッ! 

ほたる「…………………………」 

輝子「…………………………………」 

ほたる「>>51」


50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 14:53:36.99 :gaZ0RS9AO
(静かに泣く)

51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 14:54:46.41 :PGv5P1rj0
不安、なんです…朋さんも天使と悪魔が戦ってるのが見えたって言ってました…


52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 15:03:00.82 :dPatujz/0

ほたる「不安……なんです…朋さんも天使と悪魔が戦ってるのが見えたって言ってました………」 

輝子「………………て、天使と………あ、悪魔……?」 

ほたる「………何かの暗示かもしれないし………はっきりとは見えないそうですけど……………何か大きな事が………起きるかもしれないって…………………」 

輝子「…………………………」 

ほたる「………不幸が………起きたらと思うと…………………」 

輝子「…………………………」


53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 15:08:14.74 :dPatujz/0

ほたる「…………………怖いん………です…………」 

輝子「…………………………」 
ギュッ………… 

ほたる「………………………………」 

輝子「…………輝子Pは……こ、こうしてくれるから………わ、私も……………………」 

ほたる「…………………………」 

輝子「…………………………」 

ほたる「…………すみません…………すみません……………」


54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 15:20:31.60 :dPatujz/0

輝子「…………ご、ごめんな……私は輝子Pと違って……ちっこいから………………」ギュッ………… 

ほたる「………………………………」 

輝子「…………………………」 

ほたる「…………うう………」 

輝子「…………………………」 
ポン……ポン…… 

ほたる「…………………………」 

輝子「……と、トモダチの悲しみは………私の悲しみ……だからな………」ポン……ポン…… 

ほたる「………………………」 


55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 15:27:00.64 :dPatujz/0

輝子「……こ、ここには私と……ほたると……アミガサタケしかいないからな…………」 

ほたる「……………………」ギュッ…… 

アミガサタケ「…………………」 

輝子「…………………………」 

ほたる「………………ほたるPさん……」 

輝子「……………………………」 

ほたる「…………お願いだから………どうか……………無事で………」 

輝子「>>57」


56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 15:32:22.37 :gaZ0RS9AO
て、天使とか悪魔とか、よくわかんないけど……ほたるPはどんな危険なことをしても、いつもちゃんと帰ってきたんだろ……? 
だったら、信じればいい……ほたるPがほたるの親友なら、親友を信じろ……

57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 15:41:35.59 :3jVS+wSAO
↑(ほたる大泣き)


58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 15:53:05.99 :dPatujz/0

輝子「て、天使とか悪魔とか、よく分からないけど………ほたるPはどんな危険なことをしても、いつもちゃんと帰ってきたんだろ……? 」 

ほたる「…………………………」 

輝子「……だ……だったら、信じればいい……ほたるPがほたるの親友なら、親友を信じろ……」 

ほたる「……………うう………ぐすっ……………」 

輝子「…………………………」 

ほたる「………うう………ひぐっ………ううう…………」ギュッ…… 

輝子「………………………」 
ポン……ポン……


59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 16:00:49.81 :dPatujz/0

輝子「………ほ、ほたるPは…必ず帰ってくる………き、キノコもそう言ってる…………」 

ほたる「……………輝子さん……………ううう…………」 

輝子「…………………」ギュッ………… 

ほたる「…………ううう………うあああん………」ギュッ………… 

輝子「…………だ、大丈夫だからな………」 

ほたる「……ううう………ぐすっ……………ぐすっ………」 

アミガサタケ「…………………」 


60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 16:09:15.43 :dPatujz/0

~~~ 


ほたる「………すみませんでした………服を濡らしてしまって………………」 

輝子「き、気にするな……ど、どうせ服には気を遣ってないからな……フヒ………」 

ほたる「……………………………」 

輝子「……………………………」 

ほたる「…………………ありがとう………ございます……」 

輝子「……………あ、ああ……」 

ほたる「…………………………」


61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 16:16:01.73 :dPatujz/0

輝子「…………………………」 

ほたる「………………………」 

輝子「……………あ………な、なあ………れ、レインコート…持ってるか………?」 

ほたる「…………レインコート………持ってますが………」 

輝子「……そ、外に……出てみないか………?」 

シトシトシトシト………… 

ほたる「…………………………」 

輝子「………あ、雨の中の散歩も………いいものですよー………?」 

ほたる「…………………………」 

シトシトシトシト………… 


62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 16:22:49.83 :dPatujz/0

事務所 中庭 


シトシトシトシト………… 

輝子(レインコート)「………………♪」 

ほたる(レインコート)「………………雨………」 

輝子「…い、いい雨だな………み、耳を澄ませてみろ……」 

ほたる「…………………………」 

輝子「…………………………」 

ほたる「>>65」


64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 16:24:19.90 :PGv5P1rj0
…あれ、何か聞こえませんか…?(迷子のぴにゃこら太発見)

65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 16:31:08.86 :3jVS+wSAO
とても静か……雨の音しか聞こえなくてなんだか心が落ち着きます……

66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 16:32:50.37 :gaZ0RS9AO
……こ、この声は…… 
(なぜか雨の中弾き語りをする李衣菜を発見)


68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 20:13:33.38 :dPatujz/0

ほたる「………とても静か……雨の音しか聞こえなくて…何だか心が落ち着きます………」 

輝子「……フフッ……い、いいだろ………?…こうして……雨に打たれてみるのも…………」 

ほたる「…………そうですね………」 

輝子「………わ、私はこうしているとな………自分もキノコになったような気分になれるんだ……………」 

ほたる「…………キノコに………」 

輝子「…………………………………」 

ほたる「……………………………」


69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 20:14:37.20 :dPatujz/0

輝子「………………………」 

ほたる「…………………………」 

シトシトシトシト………… 

輝子「……私のな……り、リラックス法……なんだ………モヤモヤがな………スッキリする……」 

ほたる「……………………………」 

輝子「………あ、雨の日限定だがな………フフッ……晴れてる日は……少し苦手ですよー………………」 

ほたる「……………………………」


70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 20:15:53.44 :dPatujz/0

輝子「……な、何も考えずに……ただ雨の音を聞くんだ……………」 

ほたる「…………………………」 

輝子「……………………………」 

シトシトシトシト………… 

輝子「………ほ、本当に………いい天気だ………」 

ほたる「……………………………」 

輝子「…………あ………………」 
バシャバシャバシャバシャ…! 

ほたる「……………!……あっ……ま、待ってください……!」 
バシャバシャバシャバシャバシャバシャ…!


71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 20:17:31.68 :dPatujz/0

~~~ 


輝子「……………………」 

ほたる「はぁ………はぁ………ど、どうしたんですか………?」 

輝子「………………………」ス…… 

ほたる「………………あっ……」 

ヌメリイグチ「…………………」 

輝子「………ぬ、ヌメリイグチ…………」 

ほたる「…………………………」 

輝子「>>73」


72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 20:23:01.36 :3jVS+wSAO
フヒッ……あ、新しいトモダチ……

73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 20:24:46.13 :DTIXK4Rfo
お、驚かせて……ゴメン……+↑


74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 20:32:18.47 :dPatujz/0

輝子「お、驚かせて……ゴメン…… 
フヒッ……あ、新しいトモダチ……」 

ヌメリイグチ「……………………」 

ほたる「…………………………」 

輝子「………あ、雨が続いたからな……………こ、こんにちは………」 

ヌメリイグチ「………………………」 

輝子「………そ、そうか………… フヒ…フヒハハハハハ………よろしくですよー……」 

ヌメリイグチ「……………………」 

ほたる「…………………………」 


75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 20:37:56.14 :dPatujz/0

輝子「…………キノコー……♪」 

ヌメリイグチ「……………………」 

ほたる「…………き、キノコー…?」 

輝子「……………………」クイクイ 

ほたる「…………えっと……………(しゃがめ……かな……?)」スッ…… 

輝子「…………こ、こっちに来い……」 

ほたる「………は、はい………」 
パシャパシャパシャ…… 

輝子「……………………………」


76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 20:46:59.26 :dPatujz/0

ほたる「…………………………」 

輝子「……………………」ス…… 

ほたる「……………?」 

輝子「あ、あれがカンゾウタケ……あれがコザラミノシメジ……あ、…あっちがキツネタケ…………」 

ほたる「…………えっと………………あっ………………」 

カンゾウタケ「…………………」 

コザラミノシメジ「…………………」 

キツネタケ「……………………」 

輝子「………フフッ………トモダチがいっぱいだぜ………フヒ……フヒハハハハハ……!」 

ほたる「………………………」


77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 20:57:30.11 :dPatujz/0

ほたる「………全然気付きませんでした……………」 

輝子「……ち、小さいから……し、視線を落とさないと気付かない…………フヒ………ま、マイフレンズはシャイなんだ…………」 

ほたる「…………………………」 

輝子「……………………………」 

ほたる「……………………かわいい……」 

輝子「……だ、だろ……?イカすだろ……キノコ?」 

ほたる「>>79」


78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 21:00:16.30 :gaZ0RS9AO
キノコたちは……自分が不幸だとか、誰かが心配だとか、思わないのでしょうか……

79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 21:13:14.11 :PGv5P1rj0
↑空から弱った状態の加蓮が落ちてくる(大人状態)


80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 21:24:41.45 :dPatujz/0

ほたる「……キノコたちは……自分が不幸だとか、誰かが心配だとか、思わないのでしょうか………」 

輝子「……む、難しい質問だな………キノコの言葉を……分かりやすく言うのは難しい…………」 

ほたる「………輝子さんには…分かるんですよね………」 

輝子「……あ、ああ………キノコはトモダチだからな………」 

ほたる「…………すごいですね………」 

輝子「…フヒ……あ、ありがとうございますー………はい………」


81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 21:33:11.41 :dPatujz/0

輝子「えっと………き、キノコは……自然の一部だから……………そ、その…………思ってるけど…思ってない………」 

ほたる「……………………………」 

輝子「あ………だ、だから……自分たちが……ちゃ、ちゃんと土に還って………巡るのを知ってるから……………って感じ……かな…?」 

ほたる「…………………………」 

輝子「………………………………」 

ほたる「………………巡る…………」 

輝子「……じ、自分たちが土に還っても………そ、それはまた新しい命につながるから………………」


82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 21:42:08.96 :dPatujz/0

輝子「……き、キノコは……自分たちの役割を知っているから……な…………」 

ほたる「………………………………」 

輝子「…………フヒ……………や、やっぱり難しいな………わ、私じゃ上手く言えない……………」 

ほたる「………………………………」 

輝子「………………………………」 

ヒュゥゥゥ…………バシャアアアアン!! 

ほたる・輝子「?!」


84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 21:46:31.89 :dPatujz/0

加蓮「………………………………」 

ほたる「………………か、加蓮さん…………?」 

加蓮「………………………………」 

輝子「…………………………」 

加蓮「……………………あれ………?…………あたし………………あ……急がなきゃ…………加蓮Pさんが…………」 

ほたる・輝子「………………………」 

加蓮「>>86」


85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 21:48:40.86 :gaZ0RS9AO
気絶

86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 21:49:23.98 :3jVS+wSAO
早く戻らないと加蓮Pさんが…加蓮Pさんが助からない……!
↑を言ったあとに>>85でお願いします。


88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 21:55:31.77 :dPatujz/0

加蓮「…………早く戻らないと加蓮Pさんが…加蓮Pさんが助からない………………!」ヨロ…… 

輝子・ほたる「………………………………」 

加蓮「……………………っ…………」ガクッ……シュウウウン………… 

加蓮「…………………………………」 

輝子「…………ふ、フヒ………………あ…………早く……い、医務室に連れていかないと…………!」 

ほたる「は、はい…………!」 

加蓮「………………………………」 

シトシトシトシト……… 


89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 22:01:02.82 :dPatujz/0

事務所 医務室 


加蓮「…………………………」 

清良「…………………………」 

加蓮「………………っ……………はぁ…………はぁ…………ここは…………?」 

清良「……医務室よ。気が付いたみたいね。」 

加蓮「………………………………」 

清良「……倒れていたのを輝子ちゃんとほたるちゃんが2人で運んできてくれたのよ。」 


90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 22:11:10.27 :dPatujz/0

加蓮「…………………………」 

清良「とりあえずお注射を…………」 

加蓮「…………っ!!……行かなきゃ……!行かな…………きゃ…………!!」 

清良「か、加蓮ちゃん……?」 

加蓮「………早く…………しない………と………………」ズギン……!! 

加蓮「……………っあ…!!」 

清良「………………………………」 

加蓮「っ…………ああ………ぐっ…………うあああ…………!…………っはぁ…………はぁ…………」 


91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 22:17:07.76 :dPatujz/0

加蓮「………………っはぁ…………っはぁ………………ありがとう……清良さん…………二人にもありがとうって言っておいて…………………」 
グググ………… 

清良「……………………」プス…… 

加蓮「…………えっ……………?」 
ガクッ………… 

清良「…………………………」 

加蓮「………………何……を…………?」 

清良「…………ただのビタミン剤よ。」 

加蓮「…………………………………」 

清良「>>93」 


92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 22:19:23.19 :gaZ0RS9AO
悪いけど、これ以上あなたに無理をさせるわけにはいかないわ。実際……あなた自身の命も、生きていられるのが不思議なほどに削られているのだから……

93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 22:19:35.27 :PGv5P1rj0
ちょっとだけ強めの自白剤も混ぜてるけれどね(デビルスマイル)

94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 22:21:41.32 :zLuu6ebp0
もしもし、晶葉ちゃん、あの装置って本当にできるの? 
加蓮ちゃんの半霊の力を加蓮Pさんに移し替えて延命する装置


95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 22:26:16.73 :dPatujz/0

清良「ちょっとだけ強めの自白剤も混ぜてるけどね(デビルスマイル)」 

加蓮「………………っ…………!!」 

清良「……気付かないフリをしていたけど、もう限界だわ。……具合が悪い人は見れば分かるの。」 

加蓮「………………………………」 

清良「……最近の加蓮ちゃんは…上手く隠しているつもりでしょうけど……明らかに消耗しきっているわ。」 

加蓮「………………だ、だったら…………?」 

清良「………………………………」


96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 22:31:49.26 :dPatujz/0

清良「…………加蓮ちゃんは…隠れて無理をする子だから…こうでもしないと話してくれないでしょ……?」 

加蓮「………………………………」 

清良「……………聞かせてもらえるかしら……?」 

加蓮「……分かった………………話す………………話すよ…………」 

清良「………………………………」 

加蓮「…………だから…………今だけは…………行かせて…………お願い……………!……もう失いたくないの…………!」 

清良「………………………………」


97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 22:36:37.94 :dPatujz/0

加蓮「………お願い……………加蓮Pさんが………………加蓮P……さんが…………」 

清良「……加蓮Pさんが……どうしたの……?」 

加蓮「…………死んじゃう…………分かるの…………頑張って…………繋いきたけど…………もう……………っ…………はぁ………………はぁ…………はぁ…………!」 

清良「……落ち着いて、加蓮ちゃん。加蓮Pさんが……死んじゃうって……?」 

加蓮「………嫌だ…………嫌だよ………………守らなきゃ…………あたしが………………私が…………」 

清良「………………………………」 


98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 22:47:29.81 :dPatujz/0

加蓮「…………大切な……者を…………守るんだ…………」 

清良「………………………………」 

ブブブ……ピッ 

清良「はい、もしもし。……………………はい…………はい…………」 

加蓮「………………………………」 

清良「………………はい…………はい………分かりました。」ピッ 

加蓮「………………今……の…………」 

清良「………………落ち着いて聞いて。………………加蓮Pさんが危篤状態に陥ったそうよ。」 

加蓮「>>101」


99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 22:48:30.32 :zLuu6ebp0
晶葉、前に頼んでいた私の力が無くなる代わりに加蓮Pさんの症状が良くなる機械はできた?

100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 22:48:57.29 :gaZ0RS9AO
……(卒倒)

101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/01(月) 22:48:58.60 :Y8aL/GzQO
>>99


112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 08:46:52.40 :OEDMXjmG0

晶葉の研究室 



晶葉「…………………………」 
ガチャッガチャッガチャッガチャッ…… 

プルルルル…… 

晶葉「む……………はい、私だ。」ピ 

加蓮「っはぁ……はぁ……晶葉、前に頼んでた私の力が無くなる代わりに……加蓮Pさんの症状が良くなる機械はできた?!」 

晶葉「……加蓮………?」 

加蓮「いいから答えて!!」 

晶葉「………あと一ヶ月くれ。一ヶ月あれば何とかする。」 

加蓮「……一ヶ月…………?」 

晶葉「この天才を以ってしても中々骨が折れる……何せ未知の部分が多すぎて手探り状態だからな……」 

加蓮「………………っ!!」


113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 08:47:49.24 :OEDMXjmG0

加蓮「今すぐ、今すぐ完成させて晶葉!!晶葉ならできるでしょ?!」 

晶葉「…!…無茶を言うな、私だって寝食を惜しんで打ち込んで入るが今すぐには無理だ!」 

加蓮「…………………………………」 

晶葉「…………済まない、だが………」 

加蓮「…………一ヶ月後じゃ……………………………」 

晶葉「えっ………………」 


114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 08:49:52.06 :OEDMXjmG0

晶葉「…………加蓮……?」 

清良「もしもし、晶葉ちゃん、私よ。」 

晶葉「……清良か…加蓮はどうしたんだ…?!」 

清良「気を失っちゃったの。とても疲れているから無理は無いわ。…………また掛け直して貰うわね。……それじゃあ。」ピ 

晶葉「……は、はあ…………」 

晶葉「……………い、今のは何だったんだ……?」


115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 08:58:28.91 :OEDMXjmG0

所 医務室 



加蓮「…………………………」 

日菜子P「……………………」 

懐中時計「…………………………」 
カチッカチッカチッカチッカチッカチッ…… 

清良「………………………………」 

日菜子P「………心が壊れてしまう。」 

加蓮「…………………………」 

日菜子P「……体も心も…既に限界に近い。……無理矢理にでも休んでもらうよ。」 

清良「……………………………」 

日菜子P「>>117」


116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 09:00:18.95 :oZXrr7qAO
それに、それだけじゃないんだ。何か嫌な予感がする……加蓮ちゃんだけではどうしようもできない、ね

117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 09:02:03.67 :26ik3ZBc0
↑加蓮、目が醒めると意識が天界に


118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 09:08:33.90 :OEDMXjmG0

日菜子P「……それに、それだけじゃないんだ。何か嫌な予感がする……加蓮ちゃんだけではどうしようもできない、ね。」 

清良「…………………………」 

日菜子P「…………何かが起きる…」 

清良「…………加蓮ちゃんの看護は任せてください。」 

日菜子P「……ふふふふふふふ…………ありがとう。……私も偶には働かねばね…………」 

加蓮「…………………………」


119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 09:16:09.72 :OEDMXjmG0

日菜子P「…………………………」 

懐中時計「…………………………」 
カチッカチッカチッカチッカチッカチッ…… 

清良「………………まだ、この事はみんなには秘密にします。」 

日菜子P「……それがいいだろうね。万が一にも傷は残せない。」 

清良「……………………………」 

日菜子P「…………後は任せたよ。」 

清良「……はい…………」


120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 09:21:23.76 :OEDMXjmG0

??? 



加蓮「……………………あ……れ……?」ムクッ…… 

加蓮「…………ここ……前にも………………」 

こずえ「…………………………」 

加蓮「…………こずえ……?」 

こずえ「……ちからをつかっちゃ、だめ。」 

加蓮「………………………………」 

こずえ「……ちからをもう……つかわないで……」


122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 09:27:38.90 :OEDMXjmG0

こずえ「……かれんが…………きえちゃう…………だめ…………」 

加蓮「…………………………」 

こずえ「……かわらないね…………ひとのために……みをささげようとする………………あのときも…おなじ…………」 

加蓮「…………………………………」 

こずえ「………たましいが……めぐったまの………かれんは『かのじょ』の………」 

加蓮「…………………………………」 

こずえ「>>123」


123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 09:30:12.82 :26ik3ZBc0
豊穣の女神の…

124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 09:34:53.27 :oZXrr7qAO
ひとのために、てんしであることすらすてたてんし……


125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 09:39:42.60 :OEDMXjmG0

こずえ「ほうじょうの……めがみの…………」 

加蓮「……………………!!」 

こずえ「………………………」 

加蓮「…………こずえ……ちゃん…………いや…………こずえ………………」 

こずえ「…………ときがきてしまったのぉー………おはなし……しなきゃだめなときが…………」 

加蓮「………………………………」


126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 09:47:14.62 :OEDMXjmG0

こずえ「……………ついてきて。」 

加蓮「…………………………」 

こずえ「………かれんのしりたいことを…………おしえてあげる……」 

加蓮「…………………………………」 

こずえ「…………だいじょうぶ……ここにはじかんがむげんに……あるから。」 

加蓮「………………じゃあ……教えて。あたしの事……他にもいろんな事。」 

こずえ「……………………」コクッ……


127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 09:52:08.19 :OEDMXjmG0

事務所 廊下 



ほたる「……加蓮さん…………大丈夫……でしょうか………?」 

輝子「ふ、フヒ…………し、心配だな…………」 

ほたる「…………………………」 

輝子「………………………………」 

ほたる「…………私の……せいなんでしょうか………………?」 

輝子「……フヒ……?!」 

ほたる「…………私の近くにいると…………みんな…………」


128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 09:56:40.66 :OEDMXjmG0

ほたる「…………私の不幸のせいで………………」 

輝子「ち、違うぞ……!と、トモダチは……居たら幸せになれるものだ!!」 

ほたる「…………………………!」 

輝子「だ、だから…………ほたるが居たら…………ふ、不幸とか………違う………!!」 

ほたる「………………………………」 

輝子「>>130」


129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 10:01:05.96 :oZXrr7qAO
何でも自分のせいにしたらいけない……!

130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 10:14:41.92 :26ik3ZBc0


131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 10:34:49.86 :OEDMXjmG0

輝子「な、何でも自分のせいにしたらいけない……!ほ、ほたるは悪くない…………!」 

ほたる「…………………………」 

輝子「ほ、ほたるのおかげで……し、幸せになった人もいるからな…………」 

ほたる「…………………………」 

輝子「……だ、だから……その……気にしなくていい…ぞ…?」 

ほたる「………………………」


132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 10:41:56.77 :OEDMXjmG0

輝子「………き、清良さんたちを 
……し、信じる……………」 

ほたる「…………………………」 

輝子「………………………………」 

ほたる「……あ、あの……私何か出来る事がないか聞いてきます…………!」 

輝子「…………じゃあ私は……た、体力がつくキノコを………フヒ…………: 

ほたる(…………信じて…………私に出来る事をしないと…………!) 




間に合うのか…………?


133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 10:48:01.69 :OEDMXjmG0

風雲急を告げる………… 
加蓮P編に一区切りがつきそうです 

少しシリアスが続きそうです………… 

不穏なフラグを立てつつ……次回以降に続きます


134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 11:28:00.06 :BTUYb05sO
皆シリアス好きなんだな…… 
俺はどっちでもいいけど

135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 13:56:03.91 :AzK7rth90
シリアスより大西ちゃんもっと出して欲しい