【SS速報VIP】堀裕子「プロデューサーとサイキック温泉旅行」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433219798/



1 :◆C2VTzcV58A :2015/06/02(火) 13:36:48.71 :2152zZxq0

裕子「温泉街です!」 

P「おう」 

裕子「和風です!」 

P「そうだな」 

裕子「前回はお仕事でしたが、今回は完全にプライベートです!」 

P「休みに2人で小旅行ってやつだな」 


2 :◆C2VTzcV58A :2015/06/02(火) 13:42:38.57 :2152zZxq0

裕子「たくさん人がいますね」 

P「温泉としては有名どころだし、休日だしな。裕子も結構人気のアイドルなんだから、見つからないようにしないと」 

裕子「その点は心配いりません! この春菜さんからもらった眼鏡をかけて、変装はばっちりです!」 

P「サングラスならともかく、普通の眼鏡で変装になるのか?」 


3 :◆C2VTzcV58A :2015/06/02(火) 13:44:08.67 :2152zZxq0

裕子「まあまあ、そう言わずによく見てください。どうですか? 今日の私は知的なオーラがあふれているでしょう?」 

P「まー眼鏡効果で多少はインテリっぽさが増してるかもしれんが……隠しきれないアホの子オーラが打ち消して余りあるレベルだな」 

裕子「がーん! なんですか、アホの子って!?」 

P「……説明させる気か?」 

裕子「うぐぐ……で、でも私だって頭がいいところはあるんですよ。サイキッ九九とかできるんですよ」 

P「サイキッ九九ってなんだよ普通の九九と何が違うんだよ」 


4 :◆C2VTzcV58A :2015/06/02(火) 13:45:54.73 :2152zZxq0

裕子「温泉まんじゅうおいしいですっ」 

P「うん、うまいな。アツアツなのがちょうどいい」 

裕子「いくらでも食べられそうです」 

P「あんまり食べすぎると胃もたれ起こすぞ? 夜には宿で食事も出るんだし」 

裕子「はっ、そうでした! おかわりしようかと思いましたがここは我慢ですね」 

P「そうそう。偉いぞ」 

裕子「ふっふっふ。エスパーユッコは待てる女なのですよ」 

P「エスパー関係あるか?」 

裕子「特には関係ないです」 

裕子「あと、お土産に温泉まんじゅういっぱい買っておきましょう」 

P「帰ってからたらふく食べる気だな」 


5 :◆C2VTzcV58A :2015/06/02(火) 13:47:32.39 :2152zZxq0

ぶらぶら歩き中 


P「最近、超能力を使ったことはあるのか?」 

裕子「そうですね……3日くらい前に、友紀さんとプロ野球の話をしていたんですけど」 

裕子「友紀さんに『キャッツが優勝するように念を送ってよ!』とお願いされたので、サイキックお祈りしておきました!」 

P「へえ」 

裕子「今年はプロ野球界にとんでもないミラクルが起きますように、と」 


6 :◆C2VTzcV58A :2015/06/02(火) 13:49:43.22 :2152zZxq0

P「……いやしかし、キャッツは目下リーグ3連覇中だから優勝しても言うほどミラクルではないような」 

裕子「え、そうなんですか? あまりプロ野球には詳しくないもので……」 

裕子「ちなみに、どこが優勝したらミラクルなんですか?」 

P「そりゃーやっぱりスターの球団……はっ」 

裕子「どうかしました?」 

P「まさか裕子のサイキックパワーが……なわけないか」 

裕子「?」キョトン 


7 :◆C2VTzcV58A :2015/06/02(火) 13:53:14.94 :2152zZxq0

とある店にて 


P「ほう、この店はパワーストーンを売ってるのか」 

裕子「記念に何か買っていきましょう! きっと温泉ぱわーが詰まってますよ」 

P「ふむ。しかし俺には必要ないかもしれないな……なにせ、すでに超能力に目覚めつつあるから」 

裕子「えっ! そうなんですか!?」 

P「ああ。試しにひとつ見せてやろうか」 

裕子「ぜひぜひ! どんな能力なんですか?」 


8 :◆C2VTzcV58A :2015/06/02(火) 13:56:40.22 :2152zZxq0

P「熱を生み出す超能力だ」 

裕子「おお! いったいどうやって?」 

P「まず裕子と視線を合わせる」 

裕子「はい」 

P「そのまま視線を合わせ続ける」ジー 

裕子「はあ」ジー 

P「………」ジー 

裕子「………」 


裕子「……はぅ」ポッ 

P「と、このように裕子の顔に熱を送ることができるわけだ」 

裕子「な、なるほど……でもこれ、なんだか恥ずかしいですね」カアァ 

P「(マジで騙されてる?)」 


9 :◆C2VTzcV58A :2015/06/02(火) 13:58:38.85 :2152zZxq0

夕方、旅館にて 


裕子「うわあ、いいお部屋ですね」 

P「露天風呂つきだからな。でも、ここの旅館は知り合いのツテで安く泊まれるんだ」 

裕子「夕ご飯の前に早速温泉に行きましょう! とりあえず最初は大浴場で!」 

P「部屋の風呂で混浴してもいいんだぞ?」 

裕子「混浴? ……はっ!? そ、そんな、いきなりはまずいですよ! この前と違って2人きりですし……」 

P「いきなりじゃなきゃいいのか」 

裕子「え、あ、それは……ま、まあ。きちんと心の準備をさせてくれるのであれば」イジイジ 

裕子「私のバスタオル姿とかは、以前の撮影でもう見せちゃってるわけですし……一緒にお風呂に入るくらいならですね」モジモジ 

P「(かわいい)」 


10 :◆C2VTzcV58A :2015/06/02(火) 14:01:35.44 :2152zZxq0

夕食中 


裕子「お鍋おいしいですね」モグモグ 

P「山の幸をふんだんに取り入れたメニューだな」 

裕子「温泉まんじゅうを我慢したかいがありました!」パクパク 

P「ははは。こうして見てると、裕子はまだまだ色気より食い気って感じだなー」 

裕子「むむっ、それは聞き捨てなりませんね。私だって早苗さんや雫ちゃんと同じく、セクシーなところあるんですから」 

裕子「ないすばでーですよ、ないすばでー」 

P「その発音ものすごく馬鹿っぽいからやめなさい」 

裕子「プロデューサー、『あーん』してあげましょう!」 

P「話聞けよ」 

裕子「はい、あーん」 

P「あーん」パクッ 


11 :◆C2VTzcV58A :2015/06/02(火) 14:03:59.50 :2152zZxq0

部屋風呂にて 


裕子「お部屋の露天風呂も気持ちいいですね~」フワー 

P「いざ混浴してみたらそんなに恥ずかしがらないんだな」 

裕子「考えてみたら、プロデューサーとはいつも一緒ですから。ちょっとお互い服を脱いでるだけです」 

P「その理屈で納得できるのはお前くらいだよ、多分」 

裕子「えへへ、照れちゃいます」 

P「一応言っとくと、全然褒めてないぞ」 


12 :◆C2VTzcV58A :2015/06/02(火) 14:04:59.94 :2152zZxq0

裕子「私の未来予知、ばっちり当たりましたね」 

P「未来予知?」 

裕子「次のオフはプロデューサーと温泉旅行って、この前予言したじゃないですか」 

P「ああ、そのことか」 

P「むしろあの発言を受けて、今日の旅行を企画したわけだが」 

裕子「細かいことはいいんです。私のサイキックパワーが未来を言い当てたんです!」ドヤッ 

P「まあ、それでもいいが……」 

P「それなら、俺もひとつ未来予知をしてみよう」 


13 :◆C2VTzcV58A :2015/06/02(火) 14:07:06.50 :2152zZxq0

裕子「プロデューサーも未来予知できたんですか?」 

P「温泉パワーで超能力が強化されたのだ。……お、未来が見えてきたぞ」 

裕子「わくわく」 

P「露天風呂で俺と裕子がキスをしている光景が見えた」 

裕子「ほうほう……って、えええっ!?」 

P「今は温泉パワーでサイキックパワーが好調だからな。おそらく正しい未来予知のはずだ」 

裕子「そ、そそそそうですか。き、キスですか……あの、魚のキスではないですよね?」 

P「仮に魚のキスだとして、俺と裕子がそれをするってどういう意味になるんだ」 

裕子「ですよねー」 


14 :◆C2VTzcV58A :2015/06/02(火) 14:08:32.84 :2152zZxq0

裕子「………」モジモジ 

裕子「しょ、しょうがないですね。予知されてしまっては、本当に仕方ないですね、はい」 

P「何が仕方ないんだ?」 

裕子「何って……プロデューサー、今日はいじわるです」 

P「さっき酒飲んだから、まだ酔いがまわってるのかもしれん」 

裕子「私もお酒が飲めるようになったら、プロデューサーにいじわるしちゃいますからね」 

P「気が早い話だな。まだあと4年あるぞ」 

裕子「いいんです。4年後もきっと一緒にいますから」 

裕子「それより……サイキック大困りですが、未来予知を現実にしちゃいましょう」ニコッ 

P「(なんだこのかわいい生き物は)」 


15 :◆C2VTzcV58A :2015/06/02(火) 14:09:53.70 :2152zZxq0

しばらく経って 


裕子「ふう……」 

P「結構な時間お湯に浸かったな。のぼせる前に、そろそろ出るか」 

裕子「ですね」 

P「………」 

裕子「? どうかしましたか、ジッと見つめて」 

P「いや。いまさらだが、髪おろすと印象変わるなーと思ってな」 

裕子「どんな風にですか?」 

P「なんか色っぽい。温泉効果も入ってるけど」 

裕子「色っぽいですか。なんだか照れますね」 

P「もともと、黙ってれば美少女だしな」 

裕子「そうそう黙ってれば……って、どういう意味ですかそれ~!」 


16 :◆C2VTzcV58A :2015/06/02(火) 14:12:59.72 :2152zZxq0

P「冗談だ、冗談。その底抜けに明るい性格が俺は好きだし」 

P「裕子の明るさに元気をもらったことも数知れずだ」 

裕子「……そうですか。今私、褒められてます?」 

P「そこそこ褒めてる」 

裕子「じゃあ私も、プロデューサーのことをそこそこに褒めてあげます」 


裕子「まず、私に目をつけて担当プロデューサーになってくれたこと」 

裕子「次に、私を一生懸命プロデュースして、どんどん知名度を上げてくれたこと」 

裕子「それと……」 

P「それと?」 


17 :◆C2VTzcV58A :2015/06/02(火) 14:14:29.18 :2152zZxq0

裕子「……最後のは、やっぱり秘密にしておきます」 

P「なんだそれ。気になるなあ」 

裕子「さっきのいじわるのお返しです。さっ、そろそろあがりましょう」ザバァ 

P「あ、おい。そんなに勢いよく出ると」 

裕子「はい?」 

ズルッ(←バスタオルがずれて胸元が露わになる音) 

裕子「………」 

P「……ないすばでー」 

裕子「……あ、あわわ」カアァ 


18 :◆C2VTzcV58A :2015/06/02(火) 14:16:04.09 :2152zZxq0

裕子「さ、サイキック大失敗……!!」 


おわり 


19 :◆C2VTzcV58A :2015/06/02(火) 14:17:30.23 :2152zZxq0

お付き合いいただきありがとうございました 

ユッコはまさにPaという感じがして好きなキャラです


20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 14:34:22.31 :jsILSXf/0
乙 
サイキック可愛かった

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 15:27:43.46 :Ucrml7w+O
サイキック乙

23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/06/02(火) 20:27:42.60 :i0GmnOTjo
サイキック良かった