【SS速報VIP】心「は?お見合い?」モバP「ん?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437567530/



1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 21:19:00.38 :HkyV/oqg0

心「ちょ、なに勝手に決めようとしてんだよ☆こちとらガキじゃねぇっつの☆」 

心「あ、ちょっとふざけ……」ブツッ 

心「あー……ッチ」 

P「あの、佐藤さん、どうしたんですか?」 

心「こーらっ☆はぁとって呼んでって言ってんだろ☆」 

P「はぁ…で、どうしたんですか?」 

心「……プロデューサー、ちょっとこっちきてもらえるかな?☆」 

P「……シメたりは?」 

心「しねぇよ☆」


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 21:23:37.54 :HkyV/oqg0

心「プロデューサー、はぁとの恋人役やってほしいんだけど」 

P「は?」 

心「はぁ?じゃねぇっての☆やって☆やれ☆」 

P「いや、よく意味が……」 

心「はぁ……だからぁ!親が勝手にお見合いとかやろうとしてんの!いい年こいてアイドルなんかやってんじゃねぇみたいな!ふざけんなって話よ☆」 

P「……で、なんで自分がはぁとさんの恋人役を?」 

心「だからプロデューサーを恋人役に仕立てて、親にその件はあやふやにさせようって魂胆よ☆」 

P「……なるほど」 

心「……ど?」 

P「どうせ断っても無駄なんですよね?」 

心「わかってんじゃねーか☆」


4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 21:28:58.22 :HkyV/oqg0

P「でも、いいんですか?」 

心「あ?なにが?☆」 

P「自分なんかが恋人役やってて……」 

心「……はぁ?☆」 

P「いや、不満があるわけじゃないんですけど、なんでかなって……」 

心「別になんでもいいだろ☆気にしてんじゃねぇよ☆」 

P「はぁ……」 

心「じゃ、はぁとの親には伝えとくからね☆会う日程は後で伝えるから☆」 

P「……わかりました……」 

心「よろしくぅ☆」


5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 21:33:56.95 :HkyV/oqg0

P「はぁ……」 

ちひろ「どうかしたんですか?」 

P「いえ、別に……」 

ちひろ「大丈夫ですか?10連ガチャ引きますか?」スッ 

P「本当に大丈夫なので心配しなくて大丈夫ですって……はは」ガチャガチャ 

ちひろ「もう……連日のイベントで疲れてるんじゃないですか?心配ですよ……」 

P「いや、仕事以外で緊張することがありまして…」 

ちひろ「なんですか?それ」 

P「……いえ、これはちょっと……」 

ちひろ「そうですか……気を張りすぎないで、つらくなったら深呼吸してくださいね?」 

P「はい、頭に刻みつけておきます」 

ちひろ「もう10連いかがですか?」 

P「いただきます」ガチャガチャ


8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 21:42:25.07 :HkyV/oqg0

心「はぁ……」 

瑞樹「どうかしたの?」 

心「べっつにぃ☆はぁとはいつでも元気だよ☆」 

瑞樹「ほんとにそうかしら?」 

心「はぁ……はぁとも親がうるさいの☆結婚だのなんだのって☆うっせぇってカンジ☆」 

瑞樹「わかるわ!!」ガシッ 

心「はぁ?☆」 

瑞樹「いい?本当に危ないのは自分で意識し始めてからなの!!自分で『結婚しなきゃ』って思い始めたらもうおしまいなのよ!!」 

心「さっすがぁ先輩はいうことの重みが違ってくるぅ☆若干怖い☆」 

瑞樹「いい!?これからはおしとやかになんて言ってられないわ!チャンスは自分で掴むものなの!」 

心「ジャンプのセリフにありそうな決意どうも☆痛み入りまっす☆」 

心(結婚か……はぁ)


9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 21:49:52.47 :HkyV/oqg0

prrrrr 

心「はーい☆……あ、チッ」 

ピッ 

心「はぁい☆みんなアイドルシュガーハートだよぉ☆」 

『なにをふざけているんだお前は』 

心「ふざけてんのはそっちだろ☆いらねぇ世話だっての☆」 

『な、これはお前の将来を思ってだな……』 

心「私が今年何歳だと思ってんだバカヤロウが☆進路決めかねてる中学生じゃねぇんだよ☆」 

『お前がいつまでもいい男を連れてこないから母さんと相談して……』 

心「だからいつまでもガキ扱いしてんじゃねぇって言ってんだろが☆男くらいいるってんだよ☆」 

『なっ!なぜ言わない!散々心配かけおって!』 

心「そっちが勝手に心配してるだけだろうが☆何度も言わせんじゃねぇよ☆」 

『と、とにかくその男をすぐに連れてきなさい!わかったな!』 

心「おーおー上等だよ☆ソッコーで連れて行くっての☆首洗って待ってんだな☆」ブツッ 

心「よーし……っと☆」


10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 21:59:56.60 :HkyV/oqg0

心「おーいプロデューサー!プロデューサーってば☆耳あんのかテメェ☆」 

P「あ、はい!はいなんでしょうか!」 

心「日程決まったから都合つけとけよ☆約束だからな☆」 

P「あ、き、決まったんですか?」 

心「もちのロンよ☆ビシッといってきてやった☆」 

P「そうですか……」 

心「じゃ、今日の残りの仕事軽くこなしちゃいましょうか☆」 

P「そうですね!行きましょうか!」 

心「仕事の話になった途端元気になってんじゃねぇよ☆空気読め☆」 

P「あ、すいません」 


11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 22:06:24.06 :HkyV/oqg0

スタジオ 

スタッフ「じゃ、お疲れさまでしたー!」 

P「お疲れ様でした!ありがとうございました!」 

心「……プロデューサー、後で裏来い☆」ボソッ 

P「ヒッ……な、何かやらかしましたか?」 

心「そういうことじゃねぇから早く来いって☆」 

P「は、はい……」 

スタッフ「やっぱ佐藤さんめっちゃ怖いな……」ヒソヒソ 

スタッフ2「ああ、年近いとは思えないくらい威圧感あるよな……」ヒソヒソ 

心「じゃ、お疲れ様でしたー☆はぁとまた頑張っちゃった~☆」バタン 

スタッフ「ふぅ……」 

スタッフ2「聞こえてたかと思った……」 

心「……後で覚えとけよ☆」ガチャッ 

スタッフ「ひぃえっ!?」 

スタッフ2「……」ジョバー 


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 22:21:53.70 :HkyV/oqg0

車内 

P「で、なんですか?」 

心「思い出作り、しに行くぞ☆」 

P「……は?」 

心「思い出つくるの☆デートみたいな?☆」 

P「ご、ごめんなさいよく意味が……」 

心「多分、根掘り葉ほり色々聞いてくると思うんだよね」 

P「はぁ」 

心「そこで、具体的なエピソードを話すためにデートしようって言ってんの☆」 

P「で、でもいいんですか佐藤さん、自分とデートなんて……」 

心「はぁとって呼べよ☆いいのいいの☆これも欺くため?みたいな?」 

P「はぁ……そうですか」 

心「それとも……嫌なの?」 

P「いえ!全く問題ありません!!はい!」 

心「そ、そうか……まあ当然だよな☆」 

P「はい!もちろん!はい!はぁとさんとお出かけできるなんてほんと嬉しいですよ!はい!」 

心「……はぁ?」 

P「ど、どうかしました?自分何か言っちゃいました?」 

心「……うっせぇ馬鹿野郎☆……こっち見んな……」 

P「ど、どうしよう……なんか言っちゃったかな……」 

心「……ばか……」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 22:28:31.28 :HkyV/oqg0

日曜日 

P「す、すいませーん!お待たせしましたー!」 

心「てめぇ女の子に待たせるとはいい度胸してんじゃねぇか☆ツラ貸せ☆」 

P「ど、道路混んでて……すみません」 

心「ふーん……ま、いいけど。車で来てるの?☆」 

P「あ、はい!移動するのが多くなるかと思いまして!」 

心「よくわかってんしゃねぇか☆行く場所あるんだよね☆」パサッ 

P「……?なんですか、これ」 

心「今日のデートプランだよ☆どうせ考えてこないだろうから紙にまとめてきてやったぞ☆」 

P「ど、どうもありがとうございます……」 

心「ほらほら早く車乗ってスタンバイしろよ☆行く場所が山ほどあるんだからな☆」スタスタ 

P「は、はい!待ってくださいよー!」バタバタ


16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 22:34:12.03 :HkyV/oqg0

ゲーセン 

心「………」 

P「……」 

スカッ 

心「あーもう!ぬいぐるみ取れない!!交代!」 

P「ええ!?自分UFOキャッチャー苦手で……あ、取れた」 

心「はぁ!?まじか!?」 

P「いやー位置が良かったんですよ。ありがとうございます。はいこれ」 

心「あ……あ、ありがとう……」 

P「うん!良かったですね!じゃあ次の場所いきましょうか!」 

心「あ、ああ!そうだ!遅れんなよ☆」ダッ 

P「ちょ、待ってくださいよ!」ダッ 


17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 22:40:36.83 :HkyV/oqg0

カラオケ 

心「ギンギラギンにさりげなくぅ~!」 
P(選曲絶妙だなぁ…) 

駄菓子屋 

P「わぁ、懐かしいですね……」 
心「じゃ、おばあちゃんこれで☆」 
P「はぁとさん、自分が出すんで万札で会計は勘弁してあげてください」 

釣り堀 

心「ふぅ……はっ!」ピチピチ 
P(全く釣れない……) 
心「よーし、もっと大物狙うゾ☆」


19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 22:48:47.30 :HkyV/oqg0

公園 

心「ふぅ……遊んだ遊んだ☆」 

P「いやぁ、遊びましたね」 

心「……そういえば、こうやって遊ぶのも久しぶりだったかな……」 

P「最近はぁとさん忙しいですからね。」 

心「……そうじゃなくて……休みの日っていっつも家で家事やってテレビ見て酒飲んで終わりだったんだよね☆この感覚久しぶりってカンジ?☆」 

P「それは良かったですね。自分も楽しかったですよ」 

心「……それマジで言ってんの?☆」 

P「もちろん、おおマジですよ。自分もずっと仕事漬けだったので、こんな休日初めてですよ。はぁとさんといて楽しかったです」 

心「……わかって言ってんのか、それ☆」 

P「? なにがですか?」 

心「……はぁ、もういいよ☆さっさと帰るぞ☆」 

P「はぁ……」


21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 22:55:47.36 :HkyV/oqg0

車内 

P「それで、日程はどうなんですか?」 

心「来週の日曜、こっちのほうに親が来るんだってよ☆とっととお帰り願いたい☆」 

P「そうですか……」 

P「あっと、着きましたよ。はぁとさんの家」 
ウィィィン 
心「お、ご苦労☆」 

P「はい。どうぞ」 

心「……あ、そうだ」 

P「はい?」 

心「はぁとといて楽しかったっての、嘘じゃないよね?☆」 

P「はい!もちろんですよ」 

心「うん!それだけ聞ければ十分☆おやすみ☆」スタスタ 

P「はぁ……おやすみなさい」


23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 23:04:21.23 :HkyV/oqg0

P「……」 
ブゥゥゥン 

P「……今日は疲れたなぁ」 

P「……」 

心『うん!それだけ聞ければ十分☆おやすみ☆』 

P「……」ドキッ 

P「いやいや、まさかね。はっはっはっは!」 

P「はぁ……」 

P「まぁ……あれだよな……アイドルだし可愛いのは当然なんだけどな……」 

P「心さん可愛いなぁ……」 

P「ふー……」 

ブゥゥゥゥン


26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 23:14:11.93 :HkyV/oqg0

数日後 事務所 

心「おはよーございまーす!」 

P「あ、おはようございます、はぁとさん」 

心「明後日……わかってるよね?☆」 

P「はい!もちろん!」 

心「うんうん☆わかればよろしい☆」 

P「では、今日はまずラジオのスタジオ収録、テレビのコーナーの取材、食レポと……」 

心「おっけー☆」 

P「まだ時間もあるので待機ということで……」 

心「よっしゃ☆仮眠室で漫画読んでるね☆魁!男塾続刊置いてあったっけ……」スタスタ 

P「ふー……」スッ カタカタ 

ちひろ「……」 

P「ん?どうかしました?」 

ちひろ「プロデューサーさん……お金なら、いつでも貸しますから」 

P「ん?はい?」 

ちひろ「いつから心さんに借金してたんですか?」 

P「…はい?」


28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 23:18:29.59 :HkyV/oqg0

P「何の話ですか?」 

ちひろ「明後日がどうとか言ってたじゃないですか!いつからなんですか!いくらですか?!」 

P「やだな、自分はアイドルに借金するほど切羽詰まってませんよ」 

ちひろ「ほんとですかぁ?」 

P「ほんとですって」 

ちひろ「本当なら10連ガチャどうぞ」 

P「信用されてないなぁ」ガチャガチャ 

ちひろ「確かにお金には困ってないようですね…」 

P「でしょ?」 

ちひろ「うーん……」 

P「まあまあ、なんでもないですから。時期がきたら話します」 

ちひろ「……そうですか、わかりました」 

P「じゃ、仕事に戻りましょう」 

ちひろ「むー……」スッ カタカタ


29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 23:20:32.89 :X6FavMyoo
自然な流れで集金する事務員の鏡


30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 23:22:05.40 :HkyV/oqg0

日曜日 

心「着いた、ここだぞ☆」 

P「このホテルにはぁとさんのご両親が泊まってるんですね……?」 

心「あ、ここからは心さんでいいゾ☆親の前でそれだと若干キツいからな☆」 

P「自覚してらっしゃったんですか?」 

心「あ?☆」 

P「」


31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 23:24:47.81 :HkyV/oqg0

P「いえ、別に」 

心「ゴチャゴチャ言ってねぇで行くぞ☆」スタスタ 

P「あ、はい……」スタスタ 






佐藤父「どうも、父です」 

佐藤母「母でーす☆」 

P(うわキッツ) 

心「うっわうっぜ☆」 

P(それはあまり言えたことではない)


32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 23:31:13.66 :HkyV/oqg0

佐藤父「君が心の恋人かね」 

P「あ、はい……そうです」 

心「シャキッとせんかいこの野郎☆」 

P「は、はい!」 

佐藤母「プロデューサーさんなんですってぇ?うちの心ちゃんとやってるかしら?」 

P「はい、本当に真面目に仕事に取り組んでいまして……」 

佐藤父「おい!三者面談やってるんじゃないんだ。もっと真面目にやれ」 

佐藤母「は?」 

佐藤父「いや、違うんだ、今のは別に怒ってるとかそういうんじやないんだぞ?」 

佐藤母「あらぁそうなの?ごめんなさい……」 

佐藤父「いや、母さんが謝ることじゃ……」 

P(面白いなこの家族) 

心「いつまでも茶番やってんじゃねぇぞバカ夫婦☆」 

佐藤父「なっ、親に向かってバカとは……」 

佐藤母「やぁねぇ、褒めてたのよ今のは」 

佐藤父「そ、そうなのかね?」 

P「いや、自分に聞かれましても……」


33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 23:39:35.65 :HkyV/oqg0

佐藤父「うちの心はもう26だ。正直今すぐにでも結婚してほしいが、ろくでもない男では困る。君を疑っているわけではないが、一度見ておいたほうがいいと思ってな」 

佐藤母「悪気はないのよぉ?ほんとよ?」 

P「いえいえ!こちらこそわざわざご足労いただいて……」 

佐藤父「ふん、心の将来に関わることだ。苦ではない。」 

心「だからガキ扱いすんなって言ってんだろうが☆」 

佐藤父「俺の子供はいつまでも俺の子供だ!心配してなにが悪い!」 

心「いい加減子供信頼して一人で社会生活送らせろって言ってんだよ☆いちいち口出さなくていいんだよ☆」 

佐藤父「毎月送ってやってる仕送りも全部送り返してきおって……意地を張るのももうやめろ!」 

心「意地張ってんのはそっちだろうがってこの前から言ってんだろうがよー☆」 

P「まあまあお父さん、少し落ち着いて」 

佐藤父「まだ君にお父さんと呼ばれる筋合いはないはずだぞ!」 

P「は、す、すいません」 

佐藤父「全く……君もちゃんと覚悟はあるのかね?これから心と共同生活を始める覚悟が」 

P「もももちろんあります!」 

佐藤父「……ほう」


34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 23:45:30.96 :HkyV/oqg0

佐藤父「ちゃんと心と社会生活を送れると断言できるのだな?」 
P「もちろん!です!」 

佐藤父「生涯心と共に生きると誓うのだな?」 
P「もちろんです!」 

佐藤父「病めるときも健やかなるときも心を愛すると誓うんだな?」 
P「もちろんです!!」 

心「おいやめろ何の公開処刑だよ☆」 

佐藤母「うふふふ……☆」


35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 23:53:27.45 :HkyV/oqg0

佐藤父「……一旦、母さんと心は部屋を出なさい」 

心「は?なんでだよ☆」 

佐藤母「まあまあ、ちょっとこっち来なさい☆ね?☆」 

心「ッチ……」 
ガチャ 

佐藤父「ふぅ……」 

P「あの……」 

佐藤父「色々試すようなことを聞いてすまなかった。謝る」 

P「そ、そんな、顔あげてください……」 

佐藤父「それで……仕事はどうだ?心はちゃんとやってるか?」 

P「ええ、最近順調に知名度も上がってきてます」 

佐藤父「この間心がテレビに出てるのを見たよ」 

P「あ、ありがとうございます……」 

佐藤父「あんなに楽しそうに仕事をしているとは思わなかったよ。君のサポートがあってのことだろうな」 

P「そんな、自分なんかは微々たる力で」 

佐藤父「謙虚なんだな」 

P「そんなことは……」 

佐藤父「君に最後の質問をしたい。正直に答えてくれ」 

P「は、はい!」


36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/22(水) 23:56:45.82 :HkyV/oqg0

佐藤父「心のことは好きか」 

P「……はい、好きです。大好きです」 

佐藤父「それはよかった。今日はそれを聞きに来たんだ」 

佐藤父「あんな娘のことだ、替え玉でも用意するんじゃないかと思ってな」 

P(……) 

佐藤父「だが、君の目は嘘をついてるようには見えない。本当に心が好きなんだな」 

P「……はい」 

佐藤父「それだけ聞ければ、十分だ」


37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/23(木) 00:00:35.79 :jecu0Y0p0

佐藤父「母さん、帰ろう」 

佐藤母「あらぁ。もういいの?」 

佐藤父「聞きたいことは聞いた。もうここにいる必要はない」 

佐藤母「せっかくだから色々見て回りたかったんだけど……」 

佐藤父「そ、そうか?じゃ、じゃあもう少し見て帰ろうか……」 

佐藤父「……プロデューサーくん、また会おう」 

P「は、はい!」 

心「……何の話してた?」 

P「……いえ、なんでもありませんよ」 

心「なんだとこのやろう☆」 

P「あはは……」


38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/23(木) 00:05:34.59 :jecu0Y0p0

車内 

心「全く、最初から最後までムカつく親父だった☆」 

P「いいお父さんじゃないですか」 

心「どこがだよ☆コラ☆」 

P「……心さん、一つ、言いたいことがあるんですが」 

心「なんだよ☆」 

P「好きです」 

心「……はぁー……」 

心「そういうのもっとムード大切にしてくれよな☆男だろうが☆」 

P「ははは、そうですね……すいません」 

心「……私も、大好きだけど……」 

P「……ありがとうございます。」 

心「てめぇもうちょっとリアクションしろよ☆恥かしいだろ☆」 

P「すいません……あははは」 

心「ふふっ……」


40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/23(木) 00:12:09.42 :jecu0Y0p0

事務所 

心「おはよー☆」 

P「おはようございます」 

心「かたっくるしいゾ☆おはようでいいだろ☆」 

P「そうですね、おはよう」 

心「きゃっ☆照れるだろが☆」バシッ 

P「ええー……どうしろっていうんですか」 

心「……そのままで頼むゾ☆」 

P「はい、わかりました」ニコニコ 

心「はぁとは先に現場行ってるから、後からシクヨロ☆」 

P「はい、行ってらっしゃい」 

心「行ってきまーす☆」 

P「ふー……」 



P「心さんは可愛いなぁ」 

終わり


41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/23(木) 00:13:37.00 :LQJaNiaOo
おつ 
はぁとさんは可愛いなぁ!!


42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/23(木) 00:14:36.89 :jecu0Y0p0

オチなくてごめんなさい佐藤さん誕生日おめでとうございます。 
読んでくれた人みんなに感謝します。ありがとうございました。 

幸子Pとしてプロポーズに夢みがちな幸子を提案します。


43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/07/23(木) 00:17:49.28 :lvCC/+9X0
はぁとさんめっちゃ可愛い