伊織「何よ? その顔。本当のこと言ったら悪いの!?(近くに来なさいよ! もっと近くで声が聞きたいの!)」

P「お前は口を開けばそんな事ばかり……呆れるよ(みんなが見ているからな? ここで勘弁してくれ)」

伊織「認めらたいならそれなりの働きを見せてみなさいよ!(みんなが見てなかったらもっと近くても良いのね? わかったわ。にひひっ♪)」

P「はぁ……俺が何をしても認めないつもりだろ?(お前な……程々にしてくれよ?)」

伊織「さあね? やってみないとわからないんじゃない?(考えておくわ♪)」

P「……わかったよ(はいはい……)」


2 :◆IIiEuGs1j. :2015/08/14(金) 20:07:02.91 :SXE+a0rr0

伊織「ふん……わかったなら向こうに行きなさいよ(そう言えばパパとお爺様。お兄様達がいつ一緒にお食事に行けるのか、って言ってたわ)」

P「……(近い内に無理やりでも……でも)」

伊織「何よ?」

P「何でもない(俺なんかが居たら場違いかな、って)」

伊織「……ふん(場違い? 何を勘違いしてるのか知らないけど)」

P「……」

伊織「何よ。早く行きなさいよ(あの人達にとっても、もうアンタは家族みたいなものなんだから……それ言ったら怒られるわよ?)」

P「……わかってるよ(ああ。ありがとう)」


3 :◆IIiEuGs1j. :2015/08/14(金) 20:07:49.60 :SXE+a0rr0

P「それじゃあ、例の番組の打ち合わせがあるから……行ってくるな?」

律子「は、はい……」

律子「……」

伊織「少し眠いから寝てくるわ……」

小鳥「え、ええ……」

小鳥「……」

律子「……」

律子&小鳥「……はぁ」


4 :◆IIiEuGs1j. :2015/08/14(金) 20:08:36.26 :SXE+a0rr0

律子「やっと終わりましたね……」

小鳥「何であんなに仲悪いんでしょう? ちょっと前までは普通だったのに……」

律子「さあ……そういうの小鳥さんの方が気づきそうですけど」

小鳥「私にもさっぱり……」

ガチャ

春香「おはようございます!」

律子「丁度いい所に来たわね。春香」

春香「はい?」

小鳥「伊織ちゃんとプロデューサーさんのこと何だけど……」

春香「あ~……最近。仲悪いですよね。あの二人」


5 :◆IIiEuGs1j. :2015/08/14(金) 20:10:43.35 :SXE+a0rr0

律子「春香。何か知らない?」

春香「ん~……伊織もプロデューサーさんも私達には普通に接してくれてるみたいですけど……ちょっとわからないです」

小鳥「そうよね……」

律子「プロデューサーも伊織も普通に仕事はしてくれているし……」

春香「う~ん……」

真「おはようございます……って、どうしたの? みんなして」

やよい「おはようございます!」

千早「おはようございます」


6 :◆IIiEuGs1j. :2015/08/14(金) 20:12:12.51 :SXE+a0rr0

真「伊織とプロデューサー? 確かに仲が悪くなったよね。急に」

やよい「仲良くして欲しいです……」

春香「千早ちゃんは何か知らない?」

千早「ええ。高槻さんは可愛いわね」

春香「……」

千早「……この前。水瀬さんに聞いてみたのだけれど」

伊織『あいつの話なんかしないで(大好きよ)」

千早「って言われたわ」

真「うわぁ~……本当に何があったんだろ?」


7 :◆IIiEuGs1j. :2015/08/14(金) 20:14:16.65 :SXE+a0rr0

やよい「プロデューサーに聞いたら……」

P『伊織? ……普通だよ(あんまりくっ付かれるとこっちの身が……いや。何でもない)」

やよい「って言ってました!」

真「言葉通りと取れなくもないけど……やよいの前だから……って事もあると思う」

春香「だよねぇ……」

律子「伊織が何らかの理由でプロデューサーを嫌っていて……」

小鳥「プロデューサーさんも嫌気がさして来た……」

春香「それかも知れませんね!」

真「正解じゃないにしても近いかも知れないね」

千早「……それはどうかしら?」

やよい「千早さん?」


8 :◆IIiEuGs1j. :2015/08/14(金) 20:16:21.69 :SXE+a0rr0

千早「……まあ、言ってみただけなのだけど」

春香「あはは……もう! こんな時にやめてよ千早ちゃん!」

千早「ごめんなさい。みんなが暗い顔をしてたから……」

律子「……そうね。千早の言う通りだわ」

小鳥「私達まで暗い顔してたらダメですよね! 私達が何とかしないと!」

真「プロデューサーも伊織も同じ事務所の仲間……このままにはしておけないよ!」

やよい「プロデューサーと伊織ちゃんの仲直り作戦ですね!」

千早「……」

春香「千早ちゃん?」

千早「実は二人とも……好き合っていたりして」


9 :◆IIiEuGs1j. :2015/08/14(金) 20:17:08.15 :SXE+a0rr0

律子「……」

小鳥「……」

春香「……」

真「……」

やよい「……」

千早「……なんてね」

春香「もう、千早ちゃんたら!」

あはは

わいわい


11 :◆IIiEuGs1j. :2015/08/14(金) 20:19:49.99 :SXE+a0rr0

やよい「私がプロデューサーと伊織ちゃんに話してみます!」

千早「高槻さん……大丈夫?」

春香「無理しなくても良いんだよ?」

真「ボクが行こうか?」

やよい「大丈夫です! 伊織ちゃんもプロデューサーも大、大、大好きですから!」

律子「そう……任せたわ。やよい」

やよい「はい!」


12 :◆IIiEuGs1j. :2015/08/14(金) 20:44:43.10 :SXE+a0rr0

次の日。

伊織「……やよい。近づかないでくれる?(おはよう。やよい……また掃除なんかしてるの? 手伝うわ)」

やよい「……伊織ちゃんが何処かに行けば良いよ(大丈夫だよ! お掃除でピカピカになったらみんなが元気になったら、私も元気になれるから!)」

P「二人とも……挨拶ぐらいはしないとな?(二人とも。おはよう! 今日も頑張ろうな!)」」

伊織「鬱陶しいわね。何でアンタなんかにしなくちゃならないのよ?(おはよう……ごめんなさい。なかなか眠れなかったからぼーっとしてて……無視してた訳じゃないわ)」

やよい「……別に挨拶なんかわざわざしなくても良いかなーって(はわわっ!? お掃除に夢中でした!)」

P「……まあ、いいさ(いやいや。別に責めてる訳じゃないって……俺も結構ぼーっとしてるしな?)」

伊織「……いいなら話しかけて来ないで(にひひっ♪ 確かにそうね。ま、あんたのは疲れてから来てるのでしょうけど)」

やよい「わざわざ話しかけて来ないで欲しいかなーって(プロデューサー! 疲れてるなら無理しちゃ、めっ! ですよ?'」

P「……そうか(二人には敵わないな)」

全員「どうしてこうなった」


16 :◆IIiEuGs1j. :2015/08/14(金) 21:18:08.11 :SXE+a0rr0

律子「三人とも……行ったみたいね」

小鳥「……ええ」

春香「やよいまで……」

千早「反抗期な高槻さん可愛い」

真「いやいや! 可笑しいよ!? 昨日まで普通だったじゃないか!」

律子「何かあったのは確かね……」

小鳥「まさか……プロデューサーさんが二人に乱暴……」

千早「……それ以上言ったら私も怒りますから」

真「プロデューサーがそんな事する訳ないじゃないですか!」

小鳥「そうね……ごめんなさい」

春香「余計にわからなくなったよね……」


20 :◆IIiEuGs1j. :2015/08/14(金) 22:28:26.09 :SXE+a0rr0

亜美「律っちゃん? どったの?」

真美「顔が悪いですぜい。姉御」

律子「顔色が悪いでしょう。誰が姉御か」

真美「流石は律っちゃん……!」

亜美「素晴らしく素早い突っ込み……!」

小鳥「プロデューサーさんと伊織ちゃん、やよいちゃんのことなんだけれど……」

亜美「……」

真美「……」

真「二人は何か知らない?」

春香「待って! この流れは……!」

亜美「うわぁ……兄ちゃん達の話はしないでよ……(兄ちゃん達に何かあったの!?)」

真美「……朝からすっごく気分悪いよ→(心配だね。後で電話してみようか!)」

亜美「っていうか、真美もあんまり近づかないでくれる? そのテンション疲れるんだよね→(うわわわ~! すっごく心配だよ→! すぐに電話しようよ!)」

真美「は? わざわざ合わせてやってるのに、そんな態度とんの? ……はあ。もう良いよ(落ちつくのだ! 亜美隊員! こんな時こそ我々が落ちつかないでどうする!)」

真「」

春香「だから言ったのにぃ!」

千早「問題が増えただけね……」


29 :◆IIiEuGs1j. :2015/08/16(日) 01:32:49.17 :gDKCdbzB0

雪歩「はぁ……やっぱり男の人てダメダメ……あ、最悪なのはプロデューサーだけでした(プロデューサー! もうちょっと近くに行っても良いですか?)

響「この変態プロデューサー! 自分に近づかないでよね!(ちょっと! 最近。自分と一緒に居る時間少なくないか!? たまには一緒に居てよね!)

貴音「この下郎! 私の前から……いいえ。この事務所から立ち去りなさい!(あなた様あなた様あなた様あなた様あなた様あなた様あなた様……)」

美希「そこの人。邪魔だから消えて?(ハニー!! ハニーにはミキに優しくする義務があるの! だから、ミキをもっと甘やかしても良いと思うな!)」

千早「……歌以外に興味はありません。プロデューサー……特にあなたの事は(今は歌い続けたい。それだけ……でも、いつかは……あ、ぷ、プロデューサー!? な、何でもありません!)」

真「……はぁ。何ていうか……ここまで来ると嫌いとか通り越しちゃいますよね(プロデューサー! 最近。女の子ぽくなったと思いません? ……ですよね! やりぃ! 恋したらボクだって……あっ! な、何でもありませんよ!?)

春香「……可笑しいのは私たちの方だったりして?」

律子「春香! しっかりして!」

小鳥「全く。使えない人ですね……あの人(プロデューサーさんが、みんなが居てくれるから今の事務所があるんだと思います!)」

春香「……う」

律子「春香? 春香!!」


30 :◆IIiEuGs1j. :2015/08/16(日) 01:35:25.61 :gDKCdbzB0

春香「律子、さん……」

律子「春香! 大丈夫なの?」

春香「……」

春香「……私は大丈夫ですよ」

律子「は……良かった……私はてっきり……」


31 :◆IIiEuGs1j. :2015/08/16(日) 01:39:34.21 :gDKCdbzB0

春香「プロデューサーさん……ううん……あの人」

律子「え?」

春香「何でこの事務所に来たんでしょう? 役に立たないくせに(プロデューサーさんにクッキー焼いてみたんですけど……喜んでくれるかなぁ……今日は一味違うんだけど……いつも頑張ってくれるし……褒めてくれるし……えへへ)」

律子「は……春香……?」


32 :◆IIiEuGs1j. :2015/08/16(日) 01:44:03.97 :gDKCdbzB0

律子「……」

律子(春香の言うとおり……私が可笑しいのかしら……?)

律子(みんなが普通で……私が異常……そうなの……?)

P「律子?」

律子「プロデューサー……」

P「急に飛び出してびっくりしたぞ……ほら、事務所に帰ろう」

律子「プロデューサー!」だきっ

P「おうっ!?」びくっ

律子「私! 私……自分が……自分がわからなくなって……」

P「何だからわからんが……不安にさせたみたいだな」

律子「私……」

P「ああ。落ち着くまでそうしてたら良い」


33 :◆IIiEuGs1j. :2015/08/16(日) 01:47:39.84 :gDKCdbzB0

律子「……お恥ずかしい所をお見せしました……一生の不覚」

P「ははは……俺にしてみれば役得だったな」

律子「わ、忘れて下さい! むしろ私が忘れますから! ……はい! 忘れた!」

P「……律子」

律子「な、何ですか?」

P「……律子には無理ばっかりさせている」

律子「そんな事……」

P「だから俺は俺なりに律子を支えたいんだ」

律子「プロデューサー……あなたって人は……うふふ」


34 :◆IIiEuGs1j. :2015/08/16(日) 01:52:42.63 :gDKCdbzB0

律子「さっきの台詞……臭かったですよ?」

P「ひ、酷い……」

律子「ま、プロデューサー殿らしかったと言えばらしかったと思いますけど」

P「そこまで言うか!」

律子「プロデューサー殿のような低知能な人間らしい、無様な言葉でしたねぇ?(でも、ありがとう……元気が出ました!)」

P「……そうか(だったら良かったよ)」

律子「はぁ……貴方みたいな人と同じプロダクションに居ると思うと自分が情けなくなるわ……(さあ、帰りますよ? 私たちの事務所へ!)」


35 :◆IIiEuGs1j. :2015/08/16(日) 01:55:31.63 :gDKCdbzB0

高木社長「……気づいたら事務所内がギスギスした雰囲気になっていた」

高木社長「……」

高木「どうしてこうなった?」

end


36 :◆IIiEuGs1j. :2015/08/16(日) 02:00:08.15 :gDKCdbzB0

新種のウィルスが発見された。

好意を抱く又は近しい人物に冷たい言動を取ってしまう病気。

治療法は見つかっておらず、病状が進むと……最悪のケースは()が取れてしまうという恐ろしい病気である。


37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/16(日) 02:04:01.54 :B2ds3D1CO
実は黒井社長の言動は愛情の裏返しだった…?

38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/16(日) 02:11:46.72 :rbbJTM2oo
つまんね(とても面白かった乙)

40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/16(日) 03:13:55.48 :avx1lAyDO
くそつまんなかった、もう失せていいよ(すごい面白かったけど新種のウイルスにかかった社長を見てみたかったかも)

41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/16(日) 05:14:16.25 :n+zdoDWc0
はぁ?よくこんな糞SS書けたね……もう二度と書かなくて良いよ(乙でしたー。面白かったよ、また何か書いてくれると有難いな)


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】伊織「……鬱陶しいわね」P「……そうか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1439550347/