P「いやー、それにしても卯月は可愛いなあ。」ナデナデ

卯月「プ、プロデューサーさん…///」

P「うむ!その照れた顔が実に可愛いぞ!!」ナデナデ

卯月「も、もう、恥ずかしいですってばぁ…///


2 :◆99skM4/jE2 :2015/08/31(月) 13:07:48.22 :ptI6hsoX0

ガチャ

未央「こらー!しまむーが困るまで撫で回す悪いやつは誰だー!!」

P「誰だ!俺のハイパー撫でむらタイムを邪魔する奴は!」

未央「ふっふっふ!聞かれたら答えないわけにはいかないね…!」

未央「私こそが!スーパー美少女本田未央ちゃん!私にかかればどんな悪事も全部お見通しなのだ!」キリッ

P「くっ、こいつが噂のスーパー美少女本田未央か…!」

未央「さあ観念してしまむーを解放するんだ!!」

P「やっと捕まえた島村卯月…誰が解放するか!」

未央「言うことを聞かないなら実力行使だよ!」キリッ


3 :◆99skM4/jE2 :2015/08/31(月) 13:08:23.70 :ptI6hsoX0

P「おっと、そんな暴力的な態度でいいのかい?」スッ

未央「…!おいやめろ!!それは…!」

P「ロングマフラーだ…!」

未央「お、おい!まさか…!」

P「ああ…!これで俺は卯月と強制イチャイチャ肩寄せモードに入らせてもらう…!」

未央「やめるんだ!!羨ましいぞ!!!」

卯月「あ、あの…こんな暑い日にマフラーは…」

未央「しまむー!分かってない!この男の狙いは…!」

P「そう…!卯月に汗をかかせてその臭いを堪能するって魂胆だよッ…!!!」

未央「うわあああ!!!羨ましいぞおお!!!」


5 :◆99skM4/jE2 :2015/08/31(月) 13:08:55.64 :ptI6hsoX0

P「ほう…羨ましいのか?だったらお前もこっち側の人間になればいいだけじゃないのか?」ニヤリ

未央「な、何を…!」

P「私 は 予 備 の マ フ ラ ー も 持 っ て い る」

未央「なんだと…!」

P「どうだ…?お前も卯月に密着して、卯月の汗の臭いを感じたくないか…?」

未央「…ッ!」ゴクリ


6 :◆99skM4/jE2 :2015/08/31(月) 13:09:46.18 :ptI6hsoX0

P「卯月から溢れる甘い香り…」

未央「や、やめろっ!」

P「その甘さにかすかな刺激を添える汗の臭い…」

未央「そ、それ以上言うんじゃないッ…!」

P「そして一心不乱に嗅がれた卯月はこう言うんだよ。」

P「『汗臭いのでそんなに嗅がないでください…』」

P「頬を微かに赤く染めてな…!」

未央「うわあああああ!!!!」

未央「しまむーー!!」ガバッ

卯月「み、未央ちゃん?!」


7 :◆99skM4/jE2 :2015/08/31(月) 13:10:18.43 :ptI6hsoX0

P「残念だったな。」ガシッ

未央「え?」

P「フハハハハ!!今のは俺がお前を捕まえるための策略だ!!」

未央「なっ…!ひ、卑怯者め…!」

P「まだそんな口が利けるとは…置かれた状況を分からせてやるか…!」ニヤリ

未央「くっ…私には何でもしろ!でもしまむーにだけは手を出すんじゃないっ!!」

P「ほう…なんでも、ねぇ…!」ニヤッ

未央「…ッ!」

P「グヘヘヘヘ…じゃあスーパー美少女本田未央ちゃんをたっぷり堪能させてもらおうかねぇ…!」ワキワキ


8 :◆99skM4/jE2 :2015/08/31(月) 13:10:55.99 :ptI6hsoX0

P「ああああ!!!ノリノリでアドリブの小芝居に付き合ってくれる未央可愛いよおおおおお!!!!!!」ナデナデナデナデ

未央「私もこのテンションに付き合ってくれるプロデューサーが大好きだぞッ☆」

P「あ゛~!なんやねんこの女神はー!!!」

未央「えへへ!」


9 :◆99skM4/jE2 :2015/08/31(月) 13:11:37.25 :ptI6hsoX0

凛「………なにしてるの?」ジトーッ

P「ああ、凛か、卯月と未央とコミュニケーション取ってる。」

凛「取りすぎだよ。」

P「そうか?」

卯月「グッドコミュニケーションですっ♪」

凛「いや、十分パーフェクトでしょ。」

未央「ふっふっふ…私たちのパーフェクトはこの程度ではないのだよっ!」

P「じゃあパーフェクト出るまでもっとコミュニケーション取らないとな!」ナデナデナデナデ

卯月「そ、そんな簡単にパーフェクトは…出ませんよ?///」

未央「だから、もっと愛情込めて撫でなきゃだめだぞッ☆」

P「二人とも可愛い!可愛すぎるぞー!!!」ナデナデナデナデ


10 :◆99skM4/jE2 :2015/08/31(月) 13:12:11.34 :ptI6hsoX0

凛「…………」ムスーッ

P「どうした凛?」

卯月「あ!もしかして、凛ちゃんも仲間に入りたいんじゃないですか?」

凛「…!べ、別にそんなことないからっ!!」

未央「しぶりんが なかまになりたそうに こちらをみている !」

凛「み、見てない見てない!」

P「ん?いいぞ、凛もこっちに来いよ。」

凛「…!」パァッ


11 :◆99skM4/jE2 :2015/08/31(月) 13:12:38.24 :ptI6hsoX0

P「で、凛はどっちがいい?」

凛「え?どっちって?」

P「卯月撫でたい?未央撫でたい?」

凛「…えっ?」

P「あ、やっぱり二人同時がいいよな?しょうがない、譲ってやるよ。」

凛「えっ、ちょ、ちょっと

P「俺もちひろさんが戻ってくるまでに仕事片付けないとまずいしな。あ、凛はちゃんと時間になったらレッスン行くんだぞ?」

凛「え?あ、う、うん…」シュン


12 :◆99skM4/jE2 :2015/08/31(月) 13:13:16.65 :ptI6hsoX0

数分後

未央「もっと撫でてもいいんだゾ☆」

凛「うん…」ナデナデ

卯月「未央ちゃんばっかりズルいですー!」

凛「はいはい…」ナデナデ

凛「あ、そろそろレッスン行ってくるね…」チラッ

P「おう、気を付けてなー。」カタカタ

凛「…行ってきます。」

ガチャ


13 :◆99skM4/jE2 :2015/08/31(月) 13:13:51.83 :ptI6hsoX0

3人「「「可愛い!可愛い!可愛いよーー!!!!」」」

P「なあ、見たか?凛の顔?!なあ!なあ!!」

卯月「撫でられる私たちを見る羨望の眼差し!」

未央「プロデューサーが撫でてくれると思って期待する輝いた瞳!」

P「そして期待を裏切られた時のシュンとした顔!」

卯月「可愛い!」

未央「可愛い!」

P「可愛い!」


14 :◆99skM4/jE2 :2015/08/31(月) 13:14:20.93 :ptI6hsoX0

P「だが今日は凛の新たな魅力にも出会えたな!」

未央「うんうん!」

卯月「そうですね♪」

P「二人を撫でてる俺を見るあの軽蔑した表情…!たまらんな!!!」

未央「えっ」

卯月「えっ」

P「えっ?」


15 :◆99skM4/jE2 :2015/08/31(月) 13:15:04.10 :ptI6hsoX0

P「いや、だから、俺が二人を撫でてただろ?」

未央「うん。」

P「『うわ、何やってんのこいつ』みたいな冷たい目で俺を見てんの。ゾクゾクしねぇ?」

卯月「いや、私たちはちょっと…」ジトーッ

未央「プロデューサーってそういう人なんだ…」ジトーッ

P「あ、いい…!二人のその表情もたまらん…!」


16 :◆99skM4/jE2 :2015/08/31(月) 13:15:42.69 :ptI6hsoX0

未央「ま、まあプロデューサーの話はともかく…」

卯月「私たちを撫でる優しい凛ちゃんは良かったですね♪」

未央「そうそう…えっ?」

卯月「えっ?」

未央「いやまあ?それも良かったけどさあ?他にあったじゃん?!」

卯月「うーん……」


17 :◆99skM4/jE2 :2015/08/31(月) 13:16:13.11 :ptI6hsoX0

未央「去り際だよ去り際!!」

P「去り際?」

卯月「何かあったんですか?」

未央「見てなかったの?!!」バンッ

P「いや、だってパソコンいじってたし。」

未央「チラッとこっち見たんだよ?!明らかに何かを期待する目で!」

P「…!も、もしかして…!」

卯月「今日の晩御飯、ペペロンチーノだったらいいなあ!って、」

未央「それはしまむーの期待じゃないの?」

卯月「ペペロンチーノ美味しいじゃないですかっ!」

P「まあ、美味しいから大丈夫だろうけどなあ。」


18 :◆99skM4/jE2 :2015/08/31(月) 13:17:59.75 :ptI6hsoX0

未央「私が言いたいのは!」

P「頑張ってなと言いながら撫でられるのを期待するチラ見だろ!」

未央「そうだよ!」

P「そしてそれに気づかなかった俺に軽いため息をつくコンボ!」

未央「そうだよ!」

P「完全にスルーしてたなんて…俺ってばできる男!!」

未央「私が言おうとすること全部言うなんて本当にいいとこ持ってくね!!」


19 :◆99skM4/jE2 :2015/08/31(月) 13:18:40.21 :ptI6hsoX0

ガチャ

ちひろ「プロデューサーさん?」

P「あ、お疲れさまですちひろさん、どうしました?」

ちひろ「ドアの前に顔真っ赤にした凛ちゃんがいるんですけど…?」

P「えっ」


20 :◆99skM4/jE2 :2015/08/31(月) 13:19:06.64 :ptI6hsoX0

凛「え、えっと…プロデューサー…?」

P「な、なんでいるんだ?」

凛「時間間違えてたから戻ろうとしたんだけど…」

卯月「も、もしかして…聞いてました?」

凛「…うん」カアアッ


21 :◆99skM4/jE2 :2015/08/31(月) 13:19:41.87 :ptI6hsoX0

凛「あ、あのさ!べ、別にそういうの期待したりしてないからね?」

凛「ま、まあ、撫でたいって言うなら別に嫌とは言わないけど…」チラッ

P「…」

卯月「…」

未央「…」

凛「みんな、どうしたの?」


22 :◆99skM4/jE2 :2015/08/31(月) 13:20:12.25 :ptI6hsoX0

P「卯月は右から、未央は左から、悪いが俺は正面から行かせてもらうぞ。」

卯月「はいっ!」

未央「分かったよ!」

凛「え、な、何?何の話?」


23 :◆99skM4/jE2 :2015/08/31(月) 13:20:51.52 :ptI6hsoX0

P「うおおーー!凛可愛いよおおお!!」ナデナデナデナデ

未央「しぶりーん!!!」ナデナデナデナデ

卯月「凛ちゃん!凛ちゃーん!」ナデナデナデナデ

凛「ちょ、ちょっと!!」

凛「あ、暑苦しいから!やめてーっ!」


24 :◆99skM4/jE2 :2015/08/31(月) 13:22:31.62 :ptI6hsoX0

終わりです。
HTML化依頼出してきます。


25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/31(月) 13:41:54.45 :ex5xqwkno
もっと撫でていいぞ!

26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/08/31(月) 14:17:33.84 :hhMTKWbtO
これがトラプリだったら凛のところに奈緒が入るんやろなぁ
乙っした


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】モバP「卯月を撫で回す」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440994032/