―――事務所


李衣菜「すぴー……」Zzz…


加蓮「…………」ペラ ペラ…

泰葉「…………」

加蓮「あ、この髪型かわいい……今度真似してみようかな」

泰葉「こっちも加蓮に似合うんじゃないかな……どう?」ペラッ

加蓮「んー、どれもいいなぁ……髪型に合う洋服も欲しいよね」

泰葉「それじゃ、次のお休みに見に行きましょうか」

加蓮「うん、賛成♪」


李衣菜「すぅ……すぅ……」


2 :◆5F5enKB7wjS6 :2015/10/20(火) 21:52:47.10 :Hmix7xRIO

泰葉「……ふふ。よく寝てる」ナデ…

李衣菜「むにゃ」

加蓮「よっぽど疲れてたみたい……もう、私にはすぐ休めって言うくせに」

泰葉「最近は忙しかったものね……。こうしてのんびりできる時間もなかったし。それに……」

加蓮「それに?」

泰葉「加蓮の膝枕が気持ちいいから、じゃない?」

加蓮「そ、そんなの知らないし。変なこと言わないでよね泰葉っ」

泰葉「くすっ、はーい……♪」


3 :◆5F5enKB7wjS6 :2015/10/20(火) 21:54:30.20 :Hmix7xRIO

李衣菜「ん、んん……」モゾ

加蓮「あっ、お、起きちゃう……しーっ」

泰葉「しー……」

李衣菜「……むにゅむにゅ」スヤ…

加蓮「ほっ……。もう、泰葉のせいだからね?」

泰葉「えへ。ごめんなさい」

加蓮「まったく……」


4 :◆5F5enKB7wjS6 :2015/10/20(火) 21:56:40.90 :Hmix7xRIO

李衣菜「……ふにゃ……」

泰葉「あ、またお腹出してる……よいしょ」

李衣菜「んー……くぅ……」

加蓮「ほんと寝相悪いんだから……よく風邪引かないよね、李衣菜って」

泰葉「加蓮だったらすぐ熱出すわね」

加蓮「あのねぇ、それくらい免疫あるってば」

泰葉「本当?」

加蓮「……ごめんあんまり自信ない……」


5 :◆5F5enKB7wjS6 :2015/10/20(火) 21:59:32.04 :Hmix7xRIO

泰葉「ふふっ。大丈夫よ、風邪引いてもまたお見舞いに行くから」

加蓮「その前に引かない努力しますー。アイドルになってからは体力だって付いてきてるんだからっ」

泰葉「確かに……初めの頃は、レッスンの後は碌に動けなかったものね」

加蓮「あはは……当時はお世話になりました」

泰葉「ううん、私も楽しかった。……今まで周りは大人ばかりで、友達なんてほとんどいなかったから」

加蓮「……大丈夫。友達でしょっ」ギュ

泰葉「ん……うん、ありがとう。ふふ……」


6 :◆5F5enKB7wjS6 :2015/10/20(火) 22:01:37.33 :Hmix7xRIO

加蓮「えへへ。私もこうして色々話せる友達、いなかったからなぁ。今、すごく楽しいよ」

泰葉「うん、私も。加蓮がいて、李衣菜がいて、Pさんやちひろさんがいて……」

加蓮「幸せ者だね……私たちって」

泰葉「ええ。ずっとずっと、こんな幸せが続いたらいいのに」

加蓮「ううん、続けなきゃ。せっかく神様がくれたチャンスだもん、自分たちが頑張らないとね!」

泰葉「そうねっ」


李衣菜「…………」

李衣菜(……起きるタイミングが分からない!)


7 :◆5F5enKB7wjS6 :2015/10/20(火) 22:04:47.94 :Hmix7xRIO

加蓮「……ね、李衣菜もそう思うでしょ?」ポフ

李衣菜「……ぐ、ぐぅ」

泰葉「つんつん」

李衣菜「っ……」

加蓮「んふふ、起きてるの分かってるんだから~」

李衣菜「…………」

泰葉「途中から明らかに静かになってたのに、気づいてないと思った? ふふふっ」

李衣菜「……二人が幸せとかなんとか、恥ずかしいこと語ってるから起きるに起きれなかったんだよ……」ムクリ…


8 :◆5F5enKB7wjS6 :2015/10/20(火) 22:07:11.22 :Hmix7xRIO

泰葉「だって本当のことだもの」クスクス

加蓮「李衣菜がいたから私たち幸せなの~♪」

李衣菜「は、はいはい……そういうのはPさんに言ってあげなよ」

加蓮「え、結構言ってるけど? いつも幸せだよーありがとーって。ねー?」

泰葉「ねぇ?」

李衣菜「うわぁ……Pさんも大変だなぁ」


9 :◆5F5enKB7wjS6 :2015/10/20(火) 22:09:54.59 :Hmix7xRIO

加蓮「ね、李衣菜も幸せ?」

李衣菜「うぇ!? わ、私のことはいいじゃんっ!」

泰葉「じゃあ、幸せじゃないの……?」シュン…

加蓮「そんな……!」

李衣菜「えっ! あーいや、あのそのっ、そんなことないよ!」アセアセ


李衣菜「し、幸せ……、だよ?」ボソッ


10 :◆5F5enKB7wjS6 :2015/10/20(火) 22:11:44.74 :Hmix7xRIO

泰葉「え、なぁに? もう一度お願い李衣菜……♪」

加蓮「もっとおっきな声じゃないと聞こえないなぁ?」ニヤニヤ

李衣菜「……あぁもう! 分かったよっ。私も――」


がちゃ


P「ただいまー」

ちひろ「みんな~、あったかーい焼き芋買ってきましたよー♪」


李衣菜「――みんなと一緒にいられて幸せだよっ!」


P「ん?」

ちひろ「あら」


11 :◆5F5enKB7wjS6 :2015/10/20(火) 22:12:28.02 :Hmix7xRIO

うわああああああああああああああ!!!!!!



.


12 :◆5F5enKB7wjS6 :2015/10/20(火) 22:15:19.80 :Hmix7xRIO

―――


P「李衣菜はかわいいなぁ!」ワシャワシャ

李衣菜「ああああああいっそ殺してえええええ!!」


ちひろ「――加蓮ちゃん、泰葉ちゃん。今、幸せですか?」

加蓮「もちろん♪」モグモグ

泰葉「はい♪」ムグムグ

ちひろ「うふふ、焼き芋美味しいですもんね~」ハグハグ


13 :◆5F5enKB7wjS6 :2015/10/20(火) 22:17:28.07 :Hmix7xRIO

P「よーしよしよしよし……!!」

李衣菜「うううぅぅぅ、もう撫でるのやめてくださいっ! ち、ちひろさん、私にも焼き芋を――」

ちひろ「李衣菜ちゃんのはあっちですよ♪」

李衣菜「へっ?」


泰葉「はい、」

加蓮「あーん♪」

李衣菜「ちょっ――もおおお! 普通に食べさせてよーっ!」

「「ふふふっ♪」」


加蓮(いつまでも)

泰葉(この幸せが)

((続きますように――))



おわり


14 :◆5F5enKB7wjS6 :2015/10/20(火) 22:18:49.50 :Hmix7xRIO

というお話だったのさ
女の子と一緒に夕方の公園のベンチで焼き芋食いたいだけの人生だった


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/10/20(火) 22:22:32.15 :dnj55D4h0
クールが居ないんですけど乙乙


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】加蓮「幸せな」泰葉「日々」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445345421/