凛「全くどうかしてると思わない?」

奈緒「え?」

加蓮「うん?」

凛「え?」

奈緒「お前は一体何を言っているんだ?」

凛「てい」ペシッ

奈緒「痛い!」


2 :◆iUFOzRwgx6 :2015/12/13(日) 22:32:43.20 :g1T1hlxDo

凛「一体も何もその通りの話だけど?」

奈緒「なんでまず頭叩いたんだよ……」

加蓮「凛、本気で言っているの?」

凛「?」

加蓮「いや、キョトン?じゃなくてさ」

凛「まずデレてもいないし」

奈緒「はあ」

凛「そして病んでもいない」

加蓮「そうかな?」


3 :◆iUFOzRwgx6 :2015/12/13(日) 22:33:30.97 :g1T1hlxDo

凛「ヤンデレってこういっちゃなんだけどまゆでしょ?」

奈緒「あー……まあアレはね?」

加蓮「まあそうだよね」

凛「私全然違うじゃん?」

加蓮「うん?」

凛「うん?」


4 :◆iUFOzRwgx6 :2015/12/13(日) 22:34:28.21 :g1T1hlxDo

奈緒「結構似てる所あると思うぞ」

凛「そうかな?」

加蓮「凛はさ、ヤンデレじゃないというなら自分ではどう思ってるの?」

凛「そうだね……別にデレているわけじゃないけどクーデレかな」

加蓮「クーデレ」

凛「クーデレ」


5 :◆iUFOzRwgx6 :2015/12/13(日) 22:35:48.56 :g1T1hlxDo

奈緒「あー……なるほど」

凛「奈緒はわかってくれたようだね」

奈緒「最初はそんな感じだったな」

加蓮「みんなちょっと引いてたよね」

凛「最初?引いた?みんな?誰?」

加蓮「未央と卯月」

凛「呼び出す」

奈緒「いや突然迷惑だろ」


7 :◆iUFOzRwgx6 :2015/12/13(日) 22:36:53.99 :g1T1hlxDo

-----

未央「やっほーしぶりん呼んだ?」

加蓮「早」

未央「いや、だって事務所のそばの店じゃん」

卯月「凛ちゃん、なにかあったんですか?」

奈緒「いや、凛が自分はヤンデレじゃなくてクーデレだって言い張っているんだ」

凛「まあ別にデレてはいないんだけどね」


9 :◆iUFOzRwgx6 :2015/12/13(日) 22:39:00.26 :g1T1hlxDo

卯月「まあ確かに最初の頃の凛ちゃんはプロデューサーさんに素っ気無い感じでしたよね」

未央「なんか正直ちょっと痛かったよね」

凛「?」

加連「キョトン?じゃなくて」

未央「そしていつの間にか病んだよね」

凛「?」

未央「いや、だからキョトン?じゃなくて」

卯月「そう言えばいつだったか美嘉ちゃんが……」


10 :◆iUFOzRwgx6 :2015/12/13(日) 22:39:31.31 :g1T1hlxDo

-----

美嘉「プロデューサー、何よそ見してるの。今はアタシが隣にいるのに、もー」

美嘉「あはは、冗談♪でも、今のちょっと凛っぽくなかった? よそ見すら許さない女、凛っ★」

-----


11 :◆iUFOzRwgx6 :2015/12/13(日) 22:40:47.84 :g1T1hlxDo

加蓮「あー、あの時の船上パーティーで」

未央「プロデューサーから美嘉ねえと一緒の時にこう言われたって聞いたよね」

凛「ふーん……」

奈緒「ほらそれ」

凛「え?」

加蓮「病んだ目だったね」

凛「病んでないよ?」


12 :◆iUFOzRwgx6 :2015/12/13(日) 22:41:31.94 :g1T1hlxDo

未央「うーん……でもただのヤキモチってレベルじゃないようなー……」

凛「未央まで何を言っているのさ」

未央「最初はさ?『ふーん、アンタが私のプロデューサー?』って言っちゃってさ」

加蓮「それそれ」

未央「『初めて会った時は、私のためにここまでしてくれるなんて思ってなかった……。ありがとう、プロデューサー。ふふっ、今度は私がプロデューサーのために頑張る番だね』」キリッ


13 :◆iUFOzRwgx6 :2015/12/13(日) 22:44:17.92 :g1T1hlxDo

凛「てい」ペシッ

未央「痛っ!なんで!?」

奈緒「それだけ聞くと痛いクーデレなんだけどなあ」

加蓮「問題はライバルに対しての態度だよね」

凛「ライバル?」

加蓮「例えば奈緒なんてプロデューサーに対して完全にツンデレじゃん」

奈緒「はぁ!?」


14 :◆iUFOzRwgx6 :2015/12/13(日) 22:44:52.22 :g1T1hlxDo

凛「蒼の拳を受けよ!アイオライトブルー!!」ゴッ

奈緒「痛い!」

未央「思いっきりグーパンした!」

卯月「待って凛ちゃん!話せばわかります!」

凛「けどライバルって言ってもさ」

未央「流した!」

奈緒「なんなんだよ……」


15 :◆iUFOzRwgx6 :2015/12/13(日) 22:45:42.20 :g1T1hlxDo

卯月「やっぱりまゆちゃんとか?」

未央「せなしー、くみねぇ、まり姉、えとちゃん……」

凛「そうだね、みんな魅力的だよね」

奈緒「なんか大人な対応してるぞ」

凛「いやいや……確かに私にとっては大事な先輩で仲間でライバルだからね」

未央「ふーん……クールな感じ出してるけど……」

凛「だから病んでない、クールのクーデレだって。いやデレてないけど」

加蓮「……奏」

凛「」ピクッ


16 :◆iUFOzRwgx6 :2015/12/13(日) 22:46:31.18 :g1T1hlxDo

未央「お?反応した?」

加蓮「楓さん」

凛「」ピクピクッ

奈緒「ライバルと思っている人の名前に反応するのか」

凛「いや違うし」

加蓮「菜々ちゃん」

凛「」

奈緒「愛梨ちゃん」

凛「」ピクッ

卯月「友紀さん」

凛「」

未央「あいあい」

凛「」ピクッ

卯月「美優さん」

凛「」ピクッ


17 :◆iUFOzRwgx6 :2015/12/13(日) 22:47:42.75 :g1T1hlxDo

奈緒「面白い」

加蓮「結構積極的にプロデューサーにアプローチしてる人に反応してる」

凛「そんなことないよ?」

加蓮「和久井さん」

凛「」ピクッ

未央「しぶりんわかりやすいー」

凛「違うよ?だからそんなんじゃないって」

奈緒「反応しなかった人に対して失礼だけどな」


18 :◆iUFOzRwgx6 :2015/12/13(日) 22:48:39.42 :g1T1hlxDo

加蓮「まゆとはまた違った感じでライバル見張ってそうだよね」

凛「そんなことしてないよ?」

未央「確かにまゆちゃんとは違った感じのプレッシャーかけてそう」

凛「だから違うって」

加蓮「ホントに?」

凛「ホントに」

加蓮「病んでない?」

凛「病んでないどころかプロデューサーにそういう意識持ってないから」


19 :◆iUFOzRwgx6 :2015/12/13(日) 22:49:55.98 :g1T1hlxDo

加蓮「ふーん……じゃあアタシがプロデューサー貰っちゃおうかな」

凛「え?」

未央「あ、じゃあ私が!」

卯月「え?あ、私が」

凛「それじゃあ私だって」

奈緒「は?え?……いやあたしが……」

「「どうぞどうぞ」」

奈緒「なんであたしがオチなんだよ!ダチョウネタならここは凛だろ!」


20 :◆iUFOzRwgx6 :2015/12/13(日) 22:50:42.24 :g1T1hlxDo

加蓮「なんか煮え切らないけど……凛と奈緒がプロデューサー意識してるってのだけはわかった」

凛「いやだから違うって」

奈緒「さらっとあたし巻き込むなよ!」

未央「いやーけどしぶりんがねー……私はてっきりしぶりんの本命はしまむーだと思ってたんだけどなー」

卯月「え?」

凛「いや、まあそれはそうなんだけどね」


21 :◆iUFOzRwgx6 :2015/12/13(日) 22:51:28.23 :g1T1hlxDo

卯月「……え?」

未央「あ、やっぱり?」

加蓮「え?卯月に対してヤンデレ?」

奈緒「あーなんかしっくりきたわ」

未央「まあしまむー頑張りなよ!嫉妬に狂ったしぶりんに刺されないように!」

加蓮「ヤンデレだからね」

奈緒「卯月ガンバ」


22 :◆iUFOzRwgx6 :2015/12/13(日) 22:52:24.92 :g1T1hlxDo

卯月「はい?……え?」

未央「じゃ、私たちは帰ろうか」

加蓮「邪魔しちゃアタシたちも刺されるかも」

奈緒「ごゆっくり~」

卯月「え?え?……凛ちゃん?」

凛「……病んでないよ?」ニコッ

卯月「……え?」








卯月「えーーーーーー!?」


23 :◆iUFOzRwgx6 :2015/12/13(日) 22:54:44.40 :g1T1hlxDo

終わり
ノリの良さそうなこの子達好き


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【SS速報VIP】渋谷凛「私がヤンデレとか言う風潮」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1450013494/